オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2011-06-10 (Fri)
 昔、娘がまだ小学生の低学年だった頃、「TIME For Kids」と
 いう雑誌を年間購読したことがある。

 その頃は、親が読んでほしいと思うものをレベルもよく考えずに
 購入していたような気がする。決して読めない訳ではないが、難
 しいことにかわりない。

 低学年には理解しにくいことも今思えば山ほどあった。
 でも、英検だけが先行したため使う教材がどんどん難しくなり
 本来の年齢とかけ離れたものになっていたことは否めない。
 今ならこれらの物でも読んで十分意味が理解できるし、大人の
 感覚で面白いと感じることも可能だが、当時は無理をして分から
 ない話題を理解しようと健気に頑張っていたのだろう。

 日本人の子供でネイティブでもないのに、目標だけは高かったの
 だと思う。もちろん進める間に進んでおくのは悪くない。勉強が
 忙しくなってきてからでは、英語に手が回らないし、中学でも
 助かることは間違いないからだ。

 ただ、中学3年ぐらいか高校生になると、出来る子は追いつくし、
 追い越すことができるのも英語という科目の宿命だ。

 もちろん英語を勉強として考えず、意思伝達の手段と考えるのな
 ら、幼少期に英語を聞いて育った子は断然有利だ。生活英語など
 も自然と身に付くので、いずれ海外に留学しても、いきなり生活
 で困らないぐらいにはしておきたいというのなら、幼少期からや
 る意味は大いにあるのかもしれない。

 専門性の高い職につくわけでもなく、特に英語で身を立てるつも
 りがないなら、今のように軽く楽しい娯楽性の高いものを聞いて
 気楽に英語をやっていればいいのだと思う。

 では、うちはどうなのだろう・・・・?
 娘は特に英語でないといけないようなものにこだわっていない。
 むしろ日本語の方が好きらしいので、何でも英語でというのは逆
 にうけつけないと言う。

 本当なら日本語アニメも英語では見たくないそうで、それは声の
 イメージが違うのが耐えられないというおたくな感覚からなのだ
 が、なんだか分かる気はする。元々日本の作品を英訳しても、そ
 の世界観を一ミリも崩さずに伝えるのは難しいものだ。

 それは翻訳物の宿命みたいなもので、その国の言葉で見たり聞い
 たりするのが一番なのは言うまでもない。だとしたら、日本の物
 は日本語で、海外の作品はその国の言葉でというのが理想なのだ
 が、より高度な英語を習得するのには多少母国語の力を借りない
 と難しいこともあるので悩ましい。

 娘の頑固な性格から、最近はランダムに英語をかけ流すのも困難
 になってきた。声のイメージが合っているもの、世界観が崩れて
 いない物は受け付けてくれるが、変な部分だけが大人になって、
 昔のように親の趣味で決めたりできなくなってきたのだ。

 何でも英語で見て読んでくれた低学年の頃とは違って、今は母国
 語の言葉遊びを楽しんでいるようなので、そこに英語で聞きなさ
 いとか、洋書を読みなさいと言ってもうざいと思われるのがおち
 で、自分から読もうと選んだ物以外は勝手に購入しても読んでは
 くれない。漫画ならいいのかというと、それも違う。
 これも世界観があるので、むやみに英語版で読みたくないそうだ。

 う~ん難しい年頃になった。かけ流しの大原則であるよく知って
 いる物であること、理解がしっかりできているものであることと
 いう基準に照らすと、逆に日本語で知りすぎている場合、英語で
 聞くのは完全な世界観破壊だそうで、じゃあどうすればいいのか
 ということになってきて、今までの幼児期の常識が完全に通用し
 なくなっている。

 最近、幼児期の英語の弊害が幾つもあると書いたのは、こういう
 今までの常識で上手くいっていたものが、大人になるにつれて
 適用しにくくなってきたということで、それに中学英語という
 受験向きのものが加わったので、余計にややこしい状態になって
 いるのも悩ましい。
 こればかりは子供が大きくなってみてはじめて分かることで、
 成長して英語も一人立ちできるのかと思いきや、また新たな問題
 に直面し、いつまでたっても生涯学習とはこのことかと思った。
 年齢に応じた悩みが出てきて、それをクリアしてもまた今度は
 違った問題に直面し、英語を極めようとすればするほど勉強は
 無限にあり、目眩がしてくる。

 もっとも娘はそこまで深く物事を考えているとはとても思えず
 適当に好きなように英語を聞くこともあれば、全く聞かない日も
 あったりと、相変わらずの楽天家をやっているが・・・・

 自分でも何かをしないといけないとは思っているようで、雑誌
 系なら読むのも気楽だからと時々買っている。
 月刊誌か年鑑だと、頻繁に発刊されないけれど、まとめて読め
 るのが便利なので、面倒くさがりの娘にはぴったりらしい。

 そういうわけで今年は久しぶりに「TIME For Kids Almanac」
 を買ってみた。
  ↓ ↓ ↓
 

 様々な分野の話が載っているので、興味のないものは飛ばしても 
 いいし、適当に暇な時に眺めていれば、それだけで十分勉強にも
 なるだろう。

 今はゆるりと楽しんでやってくれれば取りあえずOKということ
 にしておこう。




 最近いつも娘とパパが同じような格好で寝ている
 のを目撃し、親子やなあと感じてしまうまめっち
 ママに応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育
 
 

 

 
 
 

 

 
 
関連記事
* Category : 洋書、雑誌、新聞で学ぶ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する