オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-04-19 (Tue)
 英単語の早朝テストが、いよいよユメ単から出されることになり、
 いきなりガンガン出てくる単語にクラスは少々パニックぎみだそ
 うで、ありえへんとクラスメートが連発。

 まあ毎日10個ずつとかやるのは、初心者にはきついだろうな。
 それも簡単なものばかりかと思いきや、そうでもなく、いきなり
 冷蔵庫とか蛇口とか出てくるし・・・・

 娘にとっては慣れた単語でも、冷蔵庫なんて結構スペルも長いし
 第一に発音がかなり難しい。
 日本人先生が教えているのだけれど、発音がやや日本人っぽいの
 で、LとRがあまり区別されていないらしい。robotの発音なども
 どうも違和感があるそうだ。でも、そんな事は些細なことなので、
 しっかりとした基礎を教えてもらえるのなら、そのあたりは特に
 気にはならない。それに学校では別に英会話の授業もあるので、
 その時間は外国人の先生が英語で授業をする。たまに日本人先生
 がフォローして日本語訳を言うのだが、まだ一年生で完全英語の
 みの授業はさすがにきついだろうから、フォローがないと、指示
 されていることがわからないので、それでいいと思う。

 5年生の夏以降英語から遠ざかっていた我が家だが、これでまた
 英語を耳にする機会が増え、ネイティブの発音を聞く機会ができ
 たので、英会話スクールに行く時間が無い娘にとっては有り難い
 ことだ。

 それにしても英語を個人的に習っていた子はいるものの、多くが
 初めてあるいは、小学校で少しだけ英語があったという子が大半
 なので、やはり英語を幼少期からやっている子は受験組には珍し
 いことなんだと思った。

 英検も3級まで取っていればかなり優秀だということで、いかに
 受験と英語の両立が難しかったかがわかる。

 英語で先行しようと思えば、自然と英語ばかりやることになり、
 日本語がどうしても疎かになることは避けられない。

 洋書を読むことを優先すると、日本語の本のレベルがあまりにも
 低くなる傾向があり、それでは本末転倒も甚だしい。

 娘は日本語の本ばかり読んでいたけれど、それでも日本語力は
 人並みよりは上かもしれないが、一流かと言えば違うように思う。

 娘の学校にも塾にも漢検2級の子がいたし、3級4級もかなりいた。
 受験偏差値の高い子供は大抵英語は後回しなところがあり、過酷
 な中学受験が本格的になる5年生までにできあがった英語力を
 維持するのがやっとという状態で、なかなか何でもできるという
 のはないものだと思った。

 今のところ単語テストではそんなに困っていないが、何せ娘は
 スペルがかなり無茶苦茶なので、漢字もそうだが書くということ
 にどうも苦手意識があるようだ。

 発音通り書くとおかしくなるというのもあって、そこは逆に
 日本語読みしてスペルを覚えるというのもありなのかもしれない。
 そのあたりの柔軟さを今後身につけていくと、もっと上手に英語
 とつきあっていけるかもしれない。

 
 
 毎朝7時前に家を出て学校に行く娘が
 お風呂でいつも居眠りして沈んでいるので、
 救いださないといけないのがかな~り
 面倒だと思っているまめっちママに
 クリック応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

関連記事
* Category : 中学英語
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by なー
娘さんでさえスペルミスがあるのですね!
フォニックスだけではスペルも限界があるのでしょうか‥?
初心者みたいな質問ですが(汗)
でもネイティブの方でもミスしますし、漢字と同じように忘れたり抜けていたりとあるのでしょうね!

まめっちママさんの昔の記事を何度も読み返していますが素敵なママだなとつくづく思います。

なー様へ * by まめっちママ
ありますよ。あるなんてもんじゃなく、もう
スペルは漢字と同じで、書かないとできません。
読めるし聞く事も出来るし、話せるけれどスペリ
ングはまた別なんですよ。
それにコンマのつけかたとか、そういうのも
わかりません。ピリオドなんてしょっちゅうぬけ
まくるし、おかしなことがたくさんあって、これ
本当に大丈夫か?と思います。

昔の記事は結構気合いが入って書いたものが多い
んですが、もう書き尽くした感じで、最近は
書くことがなくて困ります。(笑)
中学にもなると、親のでるまくってないじゃない
ですか。いつまでも親がついて幼児に英語教える
みたいにはしないですから。勉強としての英語に
なってきているので、もうこれができるようにな
ったとか、教材がどうのとか、そういうレベルは
卒業しちゃったわけで、これからは大人の英語
の仲間入りをしていくわけですから、親子英語
っていうカテゴリーもなんだか遠くなってしまっ
てます。それでもいずれは皆さんが通る道だから
大きくなると、こうなるんだという見本になるよう
に頑張って行きたいなとは思います。
私自身は全然素敵なママとはほど遠いです。
人間がまだまだできてませんね。日々反省ばかり
です。




コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。