オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-04-13 (Wed)
 娘が13才になった
 英語を始めたのが1才半だったので、かれこれ11年半ぐらい英語
 と向き合っているわけだ。7才までは英語にかける時間が十分あり、
 そこで今の英語力の基礎となる部分はできあがったと言える。

 とはいえ、できあがったのは耳の回路ぐらいで、きちんと英語の
 部屋と日本語の部屋がわかれたことで、翻訳作業が必要なくなっ
 たという一番原始的な回路がやっとできたということで、決して
 英語の基礎学力がすでに仕上がったという意味ではない。

 この基礎ができあがった上に受験英語を積むという順番で英語を
 やる機会に恵まれたことは、娘にとって大きな財産になったと思う。

 私達親世代は、この根本の回路をもたずに理屈で言葉を習得しよう
 としたから大変な苦労をしたわけで、これが娘のように最初から
 回路を分ける方法からスタートしていたら、きっともっと日本人は
 英語を苦痛なく話していただろう。

 順番が間違っていただけで日本の英語教育が悪いわけではない。
 話すことと聞くことに抵抗がなくなった娘が、外国人として限り
 なく英語ネイティブに近づくためには、学問としての英語が必要
 だから、学校でやっている単語テストも娘は丁寧に学習している
 し、先生の話すことをきちんと聞いて学習態度は非常にいい。
 できるから授業中に寝るなだということは間違ってもないので、
 その謙虚な態度は今後もずっと持ち続けてほしいと思う。

 13才になって特に変わったことなどないけれど、あの小さかっ
 た娘が一人で電車で中学に通うなどとは、想像もつかなかった。

 毎日送り迎えしていたのが懐かしいぐらいで、あの頃と同じなの
 は、お弁当を毎日また作り出したということ。
 違うのは中身に文句を言い、人と比較したり無理なリクエストを
 してくるところで、かわいいお弁当を作れと言われても、大の
 料理苦手な私はそんなすごいお弁当は無理なので、心の中では
 文句言うなら食べるなという気持ちなのだけれど、なんとかそれ
 っぽく見せるように頑張ってみたり・・・・
 暇になるかなと思ったけれど意外と毎日忙しいし、宿題を見てや
 らないと大変なことになるほど、学校はハードで時間もない。

 昨夜は古文を見てやったのだが、初めての子供が聞いたら、きっ
 とちんぷんかんぷんで、このノートじゃ困るだろうなと思うよう
 な書き方だったので、久しぶりに予備校講師時代に私が作った
 オリジナルプリントを登場させ、勉強させなければいけない状態
 になった。
 
 先生が何を教えたのかは一目瞭然なのだが、それは先生の目から
 みてわかるということで、子供がすぐに理解するとは思えず、
 基礎を定着させるまでは、面倒をみてやらないといけなさそうだ。

 中学からは、一人で勉強してもらおうと思っていたけれど、急に
 手放すとえらいことになるほど中身は難しい。

 確かこういう文法は高校からだったような気がするのに、いきな
 りこれですか?というぐらい習っている。英語もアルファベット
 は出来て当たり前、単語は読めて当然というレベルが要求されて
 いる気がする。ということは漢字も娘は四苦八苦しているけれど、
 できて当然?ということになるわけで、消化不良をおこさないよ
 うに親がまたしても管理したり手伝ったりする必要があるのかと
 思うと、やはりあまりにも進みすぎる教育は疑問符がつく。

 家庭学習で進みすぎるのも同じで、ほどよく先取りして定着させ
 ることこそが大事なのであって、進めばいいというものではない
 ことは、塾でいやというほど経験した。

 少なくても繰り返してやることこそが真の学力につながるのに、
 教材が多すぎるのは今後セレクトして、あるいは問題もできれば
 勝手に捨てる勇気も必要かと思う。

 よく男の子がルーズで宿題をやらないと親が嘆くが、自分の中で
 取捨選択しているだけのことで、必要ないものを生真面目にとに
 かく先生が言ったから全部ちゃんとやらねばと思うことの方が、
 むしろ学力の伸びを阻害してしまうこともあるので、そのあたり
 を親が上手く導いてやれればいいなとは感じる。

 勉強をつきっきりで見るのではなく、加減を教えて自分で無理の
 ないプランを立てられるようにちょっとだけアドバイスしてやる
 それが上手く機能すれば一番いいのだけれど・・・

 言うは易く行うは難しで、なかなか世の中そんなに順調にはいか
 ないものだ。




 誕生日プレゼントを大分前に先に渡してしまっ
 て、しかもその時ケーキも食べてしまった
 ため、当日何もないのもどうかと思い、二度目の
 ケーキを買わざるを得ない状況に陥った大甘の
 まめっちママに応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育
 
 
 
関連記事
* Category : その他
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by なー
娘さんお誕生日おめでとうございます☆

学校の授業のスピードが恐ろしい程早そうですね。でもやってやろう!という決意とやる気で皆さん奮闘するんでしょうね!

先日、小学3年でイジメのような事があったと聞いて赤ちゃんのうちが一番だなとつくづく思いさせられました。
時代はどんどん流れていきますし、娘にとってベストを尽くしてやりたい!と強く感じてます。

まめっちママさんのパワー少し頂きたい☆

なー様へ * by まめっちママ
13才って子供とも大人ともいえない微妙な年です。
誕生日を迎えてちょっと大人になったような気も
しますが、もう少し子供でいてほしいなという気持ち
もあります。どんどん手が離れていくので、こちらは楽
ですが、やっぱり寂しいですね。
幼稚園ぐらいまでが一番かわいいですよ。
何をやっても素直で伸びる時期ですしね。(笑)
なので今のうちにいっぱい子供と遊んでおいて下さいね。
そのうち勉強のことばかり気になってきて、親子
喧嘩もするようになりますから(笑)

* by ごま
こんにちは。
娘さんのお誕生日おめでとうございます。
13歳。
いよいよティーンの仲間入りですね♪

そっかぁ~、もう授業が始まってるんですね。
中学1年生。
小学生と中学生では言葉の響きからして違いますよね。
古文かぁ、懐かしいなぁ。
まめっちママさんという強い見方がいる娘さんはどの教科もきっと自分のものにしていくことでしょう。
これからも楽しみですね^^

お弁当作りがんばってください。

ごま様へ * by まめっちママ
ありがとうございます。13才になりました。
早いですよ本当に。小学2年生ぐらいでこの
ブログに初登場してますから、信じられない
ですよね。
古文は私が面倒をみられる教科なので、確かに
娘はラッキーといえばラッキーですが、好きか嫌い
かで成績って違ってくるので、私が得意でも
娘がそうなるかどうかはまだ未定です。
でも、なんか先生が厳しそうなので、やらないと
いけない雰囲気で毎日頑張ってますよ。
いやもう娘が自主的に頑張るなんて珍しすぎて
だから雨なのかしら(笑)
今、外は雨なんです。せっかく植木に水やりした
のに、また雨!私がやるといつもこうなるんです。

そうそう、お弁当。結構頑張って工夫してます。
かわいいピック使ったりして、見栄えもよくして
みたりね(笑)今までの私なら適当につめて終わり
だったけど、ちょっと一手間かけるみたいな・・・
注文がうるさくなってきたので、仕方無くですが。

* by mherese
お嬢様、13歳のお誕生日おめでとうございます!
まめっちママさまの記事を拝読していると、将来の娘を想像してしまい、とても楽しみになります。「どうなっているかなぁ」と想像してみるも、全く想像できず、楽しみ半分、不安半分。でも、子供はなるようになると言いますか、育つように育つ?のでしょうね。案ずるより産むが易し・・・心配ばかりせず、今を一所懸命に・・・ですよね。

お嬢様、13歳ってことは、何か雑誌など読まれているのでしょうか?私が小6、中学校一年生くらいの頃、確か雑誌を手に取り始めた頃だったように記憶しています。それと、お化粧水を使い始めたのも中学一年生だったような。(笑)今思えば何とも微笑ましいと言いますか、ニキビとか気にしていたお年頃の女の子・・・といった感じですね。ふふ。

mherese様へ * by まめっちママ
ありがとうございます。13才になりました。
やっと中学生になったばかりで、雑誌類はまだ
読んでません。あえて言うならジュニアエラです。
ファッション雑誌系はまだ見てないです。
でも、興味はありそうです。洋服はほしがるし
髪の毛も気にするようになっているので、昔みたい
にぼさぼさのヘヤーで学校に平気で行くのはなくな
ってきました。
年頃の女の子してますよ。一応(笑)

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。