オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-03-24 (Thu)
 今日、スーパーに行ってちょっと驚いた。
 つい何日か前までは、こちら(関西)では普通に物があり、買い
 だめしている人は近所ではみかけなかったのだが、東京の水が
 汚染されているという報道の後、その影響なのか、ミネラルウオ
 ーターの数が思い切り減っている。よく見ると、そこにこんな
 張り紙がしてあった。

 緊急の防災準備は大丈夫ですか?

 これではまさに消費者の心理として、そうだ買わなきゃになるよ
 うな文面だと思った。しかも一人何本までという注意もしていな
 いので、いくらでも一人で買い占めることができる状態になって
 いる。こちらでは普通に生活して買いだめなどしていなかった人
 までが、何とかごにペットボトルを何十本も入れているのを目撃
 してしまった。

 確かに日本のどこにいても安全な所はないかもしれない。
 いつ何が起きてもいいように準備することは大切なことかもしれ
 ないが、今は東日本の方が本当に困っているわけで、直接被害が
 ある方へ優先的に回すために棚の商品を減らしていますと書いて
 あるのなら、理屈として納得できるのだが、これでは品薄を引き
 おこしているとしか思えない。

 近所のコンビニでは電池類は優先的に東日本に回すので、供給が
 少ないことをご了承下さいと書いてあり、それが節度ある店の
 対応ではないのかと思った。

 この買いだめを促すような張り紙をしているスーパーには行きたく
 ないと思ってしまった。

 備蓄は普段からすることが大切で、我が家も阪神大震災後、カバン
 に生理用品やトイレットペーパー、ペットボトルの水を一時的に
 何とかなるぐらいの分量だけ詰めて玄関においている。
 決して買いだめなどではなく、万一何も持ち出せなくても、カバン
 だけ持って出れば、すぐに次の日から困るということはないように
 支援が届くまでの分だけは用意してある。

 時々中身チェックをして、消費期限が来ると食べたり飲んだりしな
 いといけないわけで、今何十本も買いだめする必要は関西ではない
 わけだ。

 冷静な対応をして元気な人が支援することが大事なのであって、
 皆が一斉に不安になって自己防衛に走っては、復興するものも
 しなくなる。

 もちろん国も東電も隠さずに真実を出すことが条件だが、原爆から
 復興した広島や長崎の例からも、今は知恵を出し合い、乗り越える
 ことができる段階にまだいるはずなので、今一度何をすることが
 大事かを考えて行動しようと思う。

 

 
 ささやかな支援しかできないけれど、
 普通に暮らすを実践しているまめっちママに
 応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 

 
 
関連記事
* Category : その他
* Comment : (15) * Trackback : (0) |

* by なー
まめっちママさん、素敵です。
本当こちらは水がありません!今だに食品も品薄で参ってしまいます。
どうにか子供達の世代まで持ち込まず、今の世代で解決したいですね。
改めて原発に反対です。

なー様へ * by まめっちママ
こっちも段々水がなくなってます。
なんでそうなるのかよくわかりませんが、別の
スーパーでは被災地への支援のため供給量が少なく
なることをご了承下さい。とあったので、たぶん
買い占めではないとは思いますが、でもお一人様で
たくさん買うのはお控え下さいとあったので、やは
り少しは影響があるのかもしれませんね。
他の品物は豊富にありますし、水だけないのは
不自然なんですが、やはり原発の影響ですね。
こっちから送る目的で買う人もいるとは思いますが
できれば個人で大量に買ってしまうと、不安をあお
るようになるので、やめて冷静に対処してほしいで
す。たとえ親戚に送るのだとしても、節度を持って
一人2本までとかにして、一気にカート全部に詰める
ようなことは避けたいですね。私が見た人はカート
すべてが水だったので、それはないんじゃない?と
思いました。

* by ブンはは
こんにちは。こちらは埼玉ですが、水はまったく売っていません。

スーパーでは少しずつ入荷する分を、妊婦さんと乳児のいる人限定で販売するお店もあり、大賛成です。

水のペットボトルが潤沢にあれば、子どもは全員、水道水を飲まないほうがいいのです。本当は、指標以下であれば放射性物質を身体にいれていいなどとということは決してないそうです。

日本中が子ども達にお水をまわすという意識をもってもらえるなら、大勢の子どもの安全が守れるのにと思います。

ブンはは様へ * by まめっちママ
東日本は大変な状況だと思います。ご苦労お察しします。
こちらでは、普通に水道水を飲めばすむことですし、積極
的に東日本の方に水を回してあげてほしいと思います。
そのためにスーパーが仕入れを少なくしているのなら、大い
に協力していきたいのですが、どうも置いてあるボトルを買
い占める人がいるようです。もちろん被災地に送るのかもし
れませんが、まだ個人で勝手に送ることは受け付けていない
はずなので、恐らく親戚から頼まれて送るのか、あるいは
防衛本能でそうしているのか・・・・
でも、それでは関西に親戚や知り合いがいない人は本当に
困りますよね。特に子供を抱えて居る方は、そういう知り
合いがいない場合、本当に水がなくて困っているわけです
から、だからこそ自治体やスーパーやメーカーが組織単位
で水を東日本に回すことが一番だと思います。個人が買い
占めて送るのは、やはり不公平ですよね。スーパーに申し
入れをしようかと思いました。特に張り紙をしている
スーパーは、それを書く前に東日本支援を先にして余った
商品を棚に並べて、皆さんに協力をお願いするのが筋だと
思っています。


個人も受け付けていますよ。 * by メイは苺のメイ
既にうちは何回か送っています。
(送られても来ますがfrom北海道/海外)
東京からは送れるのですから「関西だから送れない」ということは無いと思います。

参考まで。

メイは苺のメイ様へ * by まめっちママ
そうですか。個人でも送ってもいいのですね。
新聞などを見ていても個人が色々送るとかえって
仕分けが大変だし阪神大震災の時に大量に物が
送られてきて困ったということを聞いていたことと
義援金の方がいいと書いてあったりもするので
個人の品物は遠慮していました。
そういうことなら役立つものを送りたいと思い
ます。
できるだけ元気な人が支援することが大切ですね。

* by 個人不可です
個人から被災地の特定個人あるいは特定団体への輸送は
いわゆる【宅配便】ですから可能ですが、
個人から被災地自治体や避難所への【救援物資】は受け付けられていません。
各地NPOが被災地NPOや避難所自治会と連絡を取り合って直送することは活発化していますが、
この活動は個人の救援物資とは完全に一線を画しています。
個人的宅配物と救援物資は「被災者を支援する」という意味で似たような意義がありますが、
被災者が特定か不特定かという違いは、物資の定義をまるで違わせてしまいます。
絶対に混同させてはいけない認識です。

個人の志の救援物資はお住まいの自治体やNPOに託してください。
個人で被災地避難所には絶対に送るべきではありません。
それは、被災地自治体が切願していることだからです。
理由は、絶対的にマンパワーが足りず、二次災害を生じるからです。

まめっちママさんの認識は正しいです。
誤った情報は被災地の二次災害を生みます。
阪神の二の舞にならないよう、被災地の要望に耳を研ぎ澄ましましょう。

個人不可です様へ * by まめっちママ
わかりやすい説明ありがとうございます。
個人で被災地に直接物を援助物資として送るのは
不可ということですよね。これは阪神大震災の時の
仕分けの大変さととても使えない不要品の処分の
ような感覚で物を送って来た人が少なからずいたか
らだと思います。物流が滞るので、個人で送るより
自治体に託す、あるいはNPOに託すという形でなら
必要な物資を送ることができるということですね。
関西に親戚知人がいない方で本当に困っている
被災者の方へ確実に物を届ける手段で送りたいと
思います。ありがとうございます。

* by ルーシー
当地は市が市役所サイトで救援物資を募集してました。
今は一旦受付終了し、被災者受け入れ支援金募集のみです。
具体的に品目や求められる状態(箱単位でとか新品のみとか)が明確に提示されたので
分かりやすく、すぐに市民が反応し、たくさん提供されたようです。
私も水割用の買い置き水2箱(汗)や新品毛布やタオルなど
自宅にあるものから求められた物を提供しました。
要請のある物を要請の数だけ送る、
と言う取り組みは個人ではできません。
寄付しかできない個人にはありがたい呼び掛けでした。

個人不可さんへ * by メイは苺のメイ
私は「個人でも可能だ」と書きました。
でもそれは「個人→被災地自治体」「個人→個人」だけを意味して書いたわけではありません。
「送る方法はある」「実際に送っている人はいる」
そういう意味で書きました。

まめっちママさんが「買占め≠援助物資」と決め付けておられているのが、いかがなものかと思ったので。
因みに我が家には数日前、ミネラルウォーター(軟水)が一箱届きました。
北海道の義父が、娘を思って送ってくれたものです。
「買占め」と謗られたかもしれませんが、義父としてはそうせずにいられなかったのでしょう。
義父の気持ちはありがたく受け取り、そのミネラルウォーターは近所の赤ちゃんのいるママ達におすそ分けしました。
これまでに、逆に「今日牛乳が売ってたから御宅の分もと思って」と譲って貰ったりしてましたから。

要は、色々なケースがあるのだから、決め付けるのはどうか?ということです。

我が家では、大地震の直後、「阪神大震災の例をとっても個人の援助物資は迷惑なだけ。必要なのはお金」という私に対し、主人は「今必要なのは金じゃない。援助物資だ!」と主張して譲りませんでした。
そこで私は主人の許可を得ないまま、私の結婚前の貯金の一部を某テレビ局の口座へ。
娘は自分の貯金の半分を、学校の代表委員会を窓口にしてユニセフへ。
それぞれ、精一杯の額を募金しました。

一方主人はどうしたか?
まず、主人の会社が援助物資を募集していたので、その求めに応じて、水や食料品やトイレットペーパーを大量に買いこんで提供していました。
その後、古着や古靴の提供を呼びかけていた団体を探し出し、我が家のクローゼットをひっくり返して、体型が変わって着れなくなってしまったけれど、物が良くて今でも充分使用に耐える物を選び、その団体が他県にあったので、片道1時間かけて運んでいました。

その後主人は、私が「阪神大震災の時、ボランティアは現地で嫌がられたみたいだからやめておきなさい」というのも聞かず、東北にボランティアに出かけて来ました。
そして現地で、自宅避難(自宅は無事、お金も無事。だけど物資が決定的に不足している)の方達と知り合い、「賞味期限切れでもいいから、何か送って下さい」と懇願されて、帰宅するなりまた買出しに行って、大量の食パンを買って(ガスが通っていないので調理しないで食べられるものとして)、今度は宅配便で個人宅宛(何件か)に送っていました。
「量が多すぎるんじゃない?」と聞きましたら、「東北の人は助け合いの精神が強いから、余分に届けば、近所の人にも配るだろうから」と言っていました。

主人は、阪神の時、関西支社にいて被災しています。
そして、事情があって祖母に育てられたので、お年寄りに対して思い入れがあり、被災地の映像を見ると、いてもたってもいられないそうです。

私がいいたいのは、本気で「送りたい!」と思ったら、いくらだって方法はあるし、現にそうしている人はいるってことです。
避難所への個人送付は避難所にとっては迷惑だ、なんてことも、本当に「助けてあげたい!」という気持ちがすぐにわかること。
(だって、どこにだってそれについての言及はあります)

本気でやろうとすれば、自ずと方法は見つかるんじゃないかと思います。
自分にはその方法がわからないから、それは出来ないし、誰もしていない筈、という思い込みは、どうなんだろうな?と思います。

訂正 * by メイは苺のメイ
誤:本当に「助けてあげたい!」という気持ちがすぐにわかること。

正:本当に「助けてあげたい!」という気持ちがあれば、個人が避難所に直接送るのは迷惑だというのはすぐにわかること。

です。

失礼致しました。

ルーシー様へ * by まめっちママ
市役所で救援物資を募集するのは良い方法ですね。
何が一番必要でどれだけ送ればいいのかが具体的に
示されれば、不要な物を送って迷惑になるような
ことは避けられますね。もちろん今は何を頂いて
も迷惑などということはないと思いますが、できれ
ば品物はこっちの方がほしいという被災地の要望
のようなものに沿った形で団体を通して送る方が
有り難いのではないかと私も思います。
いったん大きな組織に個人の物資を預けてそこから
まとめて送る方が恐らくこまごま届くよりはいいで
しょうから、呼びかけてもらえると助かりますね。

* by -
メイは苺のメイさんのおっしゃりたいことに一定の理解はできます。
ご主人が被災者の助けになりたい一心で行動されたことも尊いと思います。
すべてを救えないけどやらないよりやった分だけ助けになるのは間違いありませんから。

しかし、だからこそなのか、メイは苺のメイさんは感情的になって論点がずれています。
決めつけはだめとおっしゃりながらあなたの文面にも一刀両断的傾向がありませんか。
まめっちママさんは本文において買占め≠援助物資と決めつけていません。
買いだめする人を見た事実と、買い置きを促進するような張り紙に異を唱えているだけです。
先のコメント内容も送る方法があるから送ってよいとは限らないと指摘されているだけです。
個別の事情は多岐に及びますから、漠然と「送れる」という情報発信だけでは危険だという提起だと思います。
一般論しか言及されていませんし、すべて否定している意図はくみ取れません。
お怒りを買うことを恐れずに言えば、
最初にあなたがもう少し具体的な言葉を添えていたら良かったと思います。

メイは苺のメイ様へ * by まめっちママ
すいません。私の書き方がまずくて誤解を
招いてしまっていますね。
私の住んでいる近くにはスーパーが3軒あります。
その二つでは、被災地に優先的に品物を回すため
こちらでは商品が平常より少なくなっていることを
ご了承下さいと書かれていて、お一人様2本までで
お願いしますと張り紙もしてあります。コンビニ
でも同じです。
ところが一つのスーパーでは、買い置きは大丈夫
ですか?みたいなことが書いてあって、棚が空っぽ
に近い状態になっているんです。その張り紙に不自然
さを感じ、さらにその中でカート全部を水で一杯にし
ているおばさんを見たわけです。
あまりにも他のスーパーと対応が違うので驚き、
そういう文面では、大量に買わないつもりの人で
も買ってしまうかもしれませんし、送る目的なの
かそうでないのかがわからなくなってしまいます。
だからこそ本数制限があり、その中で家に備蓄し
ていた物や、それこそ新品でまだ使っていない
日用品などを具体的に自治体などが指示してまとめ
て送る窓口を設けて送るのなら大賛成なのです。
阪神大震災の時と違って今は自治体などの指示で
新品であることや箱単位でなどと注文がついて
いますから、とうてい着られないような古着を
送りつけたり、中をあけてみたらとんでもない
不要品の処分をする目的のものが入っていたとか
そういうことはなくなっていると思います。
個人で受け付けていないと書いてしまったのは
そういう理由からで、とりまとめて送る方法は
他の自治体などで始まっていることを聞いたこと
があるので、我が家も市役所などで品物を受けつ
けているのなら、本当に必要なものを送ろうかと
思っています。うちは元々あまり自分の家で
使うものでも買い置きがない家なのもので、送る
ほどの量がありません。それで送るとなると買って
送らなければいけないのですが、コンビニもスー
パーも今は制限していますし、仕入れそのものを
東日本優先にしていますから、正直毎日見にいって
も品物がありません。九州でさえ品物がなくなって
いるという記事もみました。それらがすべて被災地
に適切に送られているのなら全く問題ないのです。
行動しようと思えばどうやってでもできるのは
事実です。まだまだ私の行動力が足りないのだと
も思います。募金はもう何度もしていますが、
商品は家にないもので、水は無理としても、箱ティッ
シュやトイレットペーパー、下着、歯ブラシなどは買
いにいって送れそうです。
そうすることの方が大事なら動ける時にするべき
ですね。呼びかけを待つより自分で動くことの方
が大事だということですね。すいませんでした。
スーパーのことがどうも頭にあって、行動が後手に
なってしまいました。こういうコメント欄では、言葉が
足りず、誤解を招きやすいのでそこがブログなどの欠点
だとも思います。メイは苺のメイ様のおっしゃることは
よくわかります。困っている親戚に物資を送ることでさえ
買い占めと受け止められては困るということも理解して
います。誤解されても送りたい気持ちもとてもわかります。
ただそういう手段で手に入らない人、忘れられている本当の
被災者がいるということも事実なのです。
全く届かない地域などがあったりもするのです。
バランスがきっと悪いんですよね。外国人記者が何とか入っ
ていけるのに、その避難所にはほとんど物資がなかったなど
という記事を読みました。
そういう不手際をまず解消して適切な場所に適切
な物がきちんと送られるようにすることが一番
大切なのだと思います。


個人不可様へ * by まめっちママ
すいません。私の書き方不足で感情的な
ことになってしまいました。
コメント欄の中で限られたスペースしかない
ので、言葉の行き違いもあったかと思います。
私も日々、バランスよく記事は書いているつもり
ですが、まだまだですね。
ただ被災地への支援という観点と放射能漏れによる
水汚染とが一度に起きたゆえに混乱しているという
のが現状でしょうね。物流がどこかで止まっている
可能性もありそうです。増産するにも工場が計画
停電で上手く機能しないということらしく、それも
品薄になる原因ですよね。とにかく原発が一日で
も早く危機を脱出する以外、この現状を打破する
方法はないですね。






コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。