オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-02-18 (Fri)
 娘が学校で万葉仮名を習ってきた。今なら平仮名や片仮名ローマ
 字があり、そこに漢字が混じって日本語が成立しているが、万葉
 仮名はすべて漢字で表すので、現代人の私達には習わないと読め
 ない。

 その中で面白い企画があった。
 隣の友人に万葉仮名で短い手紙を書くというもので、友達が
 返事も書いてくれるようになっている。

 あまりにもおかしかったので、ちょっと載せてみる

 代乃奈何人 憶川作牟子加 以無加川太等 刀宇寸流?
 (世の中におっさんしかいなかったら、どうする?)

 友達の返事がこれ

 以夜天酒。曽列八安久六多。
 (いやです。それは悪夢だ。)
 
 更に最後に感想が書かれていたのだが、これが娘らしくて面白い。

 こんなに漢字ばかりだと、漢字が大の苦手の私は泣いてしまうと
 思いました。ひらがなが一番です。

 そんなに嫌いですか・・・・・漢字・・・・

 外人に生まれ変わるというぐらいだから、嫌いなのはわかるけれ
 ど、日本語の素晴らしさは漢字が表意文字だからこそで、平仮名
 ばかりだと全然意味が分からない文章になり、本当に読みづらい
 ことこの上ない。読書は日本語の本ばかり読んでいる娘なので、
 決して英語の本のせいで漢字嫌いになったわけではないが、なぜ
 だろう・・・?国語力もあるほうだし、読書感想文コンクールの
 学校代表にも選ばれているほどなのに、こうも毛嫌いするのは
 不思議で仕方無い。

 ただ、一つはっきりとした理由がある。
 日本の学校では、漢字のはねやとめや書き順などに時間をかけ、
 まずは漢字を覚えるということに膨大な時間をとられる。
 他の国などのように文字を覚える事に時間をとられずに済んで、
 もっと論理的に文章を書くことに時間を使えるというのがうらや
 ましいらしい。

 私は日本語は漢字と平仮名と片仮名とローマ字の絶妙なバランス
 があってこそ美しいと思っているが、子供は必ずしもそうは
 感じていないよう。

 もっと論理的思考を身につける時間を持たないと、諸外国に
 言いたいことも言えず、いつも押されてしまう情けない国に
 なってしまうじゃないかとも言えるので、些細なことに時間を
 かけるよりは、常に論理的に物を言える訓練をしなさいと
 旦那も言う。

 ニュアンスよりわかりやすさ、簡潔さこそが大事だと二人の意見
 は一致している。そうは言っても、それが漢字やらなくてもいい
 という免罪符にはならないので、やってもらわないと困るのだけ
 れど、気持ちは何となくわかる気がする。

 学校では確かに宿題が漢字の書き取りばかりで、作文などが
 出たことはないし、ディべート的なこともほとんどやっていない
 ようだ。昔私の小学校時代は結構道徳の時間などにそういうこと
 をやっていたような気がするが、今は何を見てもなごやかで
 同じですという意見が10人ぐらい参観日では続き、同じなら次に
 行けばいいものを全員に同じことを言わせて平等に当てましたな
 どというおままごとのような授業を展開している。

 これは今の教育の一番の弊害と言える部分だが、多くの日本人
 が結果平等主義を支持しているのなら、これもありなのかなと
 思う。機会の平等をと私は思っているが、横並び意識が強い
 日本人は、これで平和を保ってきたとも言えるので、何でも競争
 弱肉強食でなくてもいいのだと若者が草食化することも、絶対に
 悪いとは言いきることができないような気もする。

 もっとも我が家の旦那は肉食系なので、論理的にシンプルに
 日本語もなるべきだと考えていて、古文の主語がない文章などは
 苦手で仕方ないそうだ。言いたいことをガンガン言って、回りく
 どい表現はいらない、結論から言え、その後に理由を述べていく
 話し方をしろとよく言われる。

 英語はそうかもしれないけれど、日本語は語順から言っても
 結論は後にくるんですと言いたいけれど、娘もその傾向があり
 やはり我が家は娘と旦那が似たもの同士で、私だけがちょっと
 違うタイプだといえる。

 娘と旦那が仲良しなのは微笑ましいけれど、何でもあちらに
 感化されていくので、強烈な個性を持った者同士団結している
 ようでなんかむかつく大人げない自分にたまに苦笑してしまう。


 

 毎日相変わらず寄り道三昧で、おたくな話題で
 盛り上がり、人生を一番謳歌している娘・・・
 能天気でいいなあと横目でみながら、今後の学費の
 心配をする小心なまめっちママに応援クリック
 よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 ブログセンター 



 
関連記事
* Category : 日本語のすすめ
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

ろんり * by リンゴ好き
今回のエントリ記事もとても面白かったです。いろいろ考えさせられました...

で、思い出したんですが、
「高校生のための文章読本」という本の中に「良い文章」とは、
1.自分にしか書けないことを
2.だれが読んでもわかるように書いた文章
という素晴らしい判定基準(定義)が示してありました。

2の点では、論理的な思考とか、論理的な文章といったものが、
やはりベストなのかな、と思います。
これって、日本語だから、欧米の言語だからってことではない、
普遍的なことだと思うのです。

日本人だから、日本語だから、論理的な思考ができない、論理的な文章が書けない
というのは、「良い文章」を書けないことへの何の理由も述べていない、ですよね。
(まさに、非論理的!!)

聞く側、読む側に、察することや空気読む?ことを強要するような文章や、
一定のコンテキストを持った人だけに通じる文章(思考)というのは、
この先ますます価値を失っていくのではないかと思います。

これを「グローバル化」と「(日本)文化を大切に」というような話と捉えると、
何だか小難しい複雑な話になりそうですけど、
多様な人を相手にしたときに、非論理的なことばかりいってると、誰も話聞いてく
れないよ、ってことですよね。
(また、文化を大切に!というなら、なおさら、その文化について、誰にでもわかるように、
説明できないといけないはずです!)

別に「論理的な思考ができないという文化」=「日本文化」ではないですし、
日本人が非論理性というものを(自ら)身につけたという訳でもないわけで、
漢字も大切ですが、「良い文章」を書ける能力の育成、教育って絶対必要だと思います。

リンゴ好き様へ * by まめっちママ
良い文章って、確かに誰が見てもわかる文章だと
思います。日本語とか英語とか関係なく、論理的に
きちんと説明してあると気持ちいいですね。
読んでいて何を書いているのかわからない文章に
遭遇することがよくあります。
でも、そういう文章を入試問題なんかに出題して
さも難しい問題だろうみたいに答えられない設問を
出す学校もあったりして、作った人の国語力に
問題ありなんてこともありますね。(笑)
話はそれましたが、漢字は大事だけれど、それ以上
に論理立てて話す訓練や書く訓練も大事なので、そ
こんところをもう少し学校でもやってほしいですね。
決して漢字ドリルが悪い訳ではないんですが、人に
よませる文章を書くことや、うなるような論理展開で
自分の持論を展開できれば、外交面でも国益になると
思うんです。同じですとしか答えない
子供達の発表を見るほど残念なことはないですよ。
参観に行くたびに愕然としますから。

* by バニラ
うちも漢字が苦手ですが、確かにテキストでも漢字の留め、はね、払い、書き順に拘りますよね。

書道をみるとわかるのですが、書き順や留め、はね、払いが、その”美”を形成してます。
英語だとカリグラフィなどがそうです。
カリグラフィは、線を引っ張って、線の分量で文字の配分を決めたり、文字の型を形成して統一することで美が生まれます。

漢字(文字)が美しいという美的感覚は、日々に感じることで感性を磨かれるだけに、反復練習で暗記するよりも大切と私は考えています。
書道家の紫舟さんはご存知ですか?
物凄く斬新な方で、作品がとっても気に入ってます。
娘にもそういう作品や作風に触れさせることで、文字を綺麗に書くこと、文字を書く楽しさを教えているので、亀モードでしか覚えられないのですが、漢字練習自体は嫌いではないようです。
ただ、日本語の文字として美しさのバランスを取っているのは、漢字ではなくひらがなだと思うのですが・・・。
文章の中身も大事ですが、字が綺麗だとやっぱり、内容をすっ飛ばして「うつくしぃ~」と恍惚としてしまいます。

今は漢字が苦手で大変でも、いつか娘さんも外国に行ったら、漢字が読み書きできて良かった、漢字って芸術であり、哲学なんだというのがわかると思います。
そういう時が日本人として誇りに思うし、またそういうことを英語で説明できるときに、英語を話せてよかったと思える瞬間だと思います。

バニラ様へ * by まめっちママ
そうですね。漢字の美しさに目覚めてくれたら
いいのですが、書道やらせておけばよかったと
後悔してます。
この間、ダウン症の天才書道家の女の子のテレビ
を見ました。すごかったです。あの字は何というか
邪念がなくて感じるままに何かが体に乗り移る
そういう感覚ですね。
概念を体で覚えさせる、それを全身で感じる姿
感動しました。人の心をうつものを生み出すって
ああいうことなんですね。娘も見てたのですが、
どれだけ心に響いたか・・・・
いつかわかるのかな・・・
とにかく漢字をいやな反復練習とうけとめている
間はだめですね。何かきっかけがあって日本を
意識してくれたら、その時は日本文化の素晴らしさ
の一つとして漢字や平仮名が全く別物に見えてくる
かもしれませんね。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。