オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2011-02-08 (Tue)
 受験が終了してようやく一段落つき始めた今日この頃。
 私の知らない間に世間では様々なことが起きていたようで、英語
 もようやく娘の通うスクールのクラスが決まり(実際はいけるか
 どうか学校に通ってみないとわからないのだけれど)

 そろそろ本腰で受験を振り返り、中学生活に向けて新たなる旅立
 ちをしようかなと思い、今日はその決意表明と少し思うことがあ
 るので、それを書くことにする。

 中学受験については、もう一つのブログの方でかなり詳しく
 新しい企画が始まっているので、そちらをご覧になっていただ
 けたらと思うが、そちらと連動して今回は英語教育のあり方につ
 いての私の率直な感想を述べたい。

 我が家の場合、いわゆる教材を買って、たまたま娘がはまってく
 れたことがきっかけで、プリスクールなどというものにも偶然
 なんとかいかせることができたという幸運が重なってここまで
 来ることが出来たわけで、決して私がすごかったなどということ
 はなく、褒められることがあるとしたら、裏方さんでよく頑張っ
 たなというぐらいしかなく
、えらそうにノウハウを伝授したり
 あたかも自分が教祖のように偉くなったとはとても思えなかった。
 そういう手段も環境も持たずに、別の方法で子供の英語力を伸ば
 して来られた方も世間には大勢いらっしゃるし、そのどれもが
 その時たまたまそういう状況だったということで、どれが正しく
 て何が一番などということも言えはしない。あるとしたら好きか
 嫌いか、自分ができる状況に近いかどうか、その一点でしかない

 んじゃないかと思っている。

 海外(英語圏)に在住していて英語が出来る子供はそれだけで
 当たり前すぎると思われるし、親が英語を話せる家庭に生まれた
 ら、これまたできて当然で環境が違いすぎると言われ、教材を
 買ったら買ったで、お金をかけたんだから当たり前でしょと言わ
 れたり、環境が多少恵まれていることに人はかなり敏感になって
 しまうものだ。

 ただ、それを口に出してしまうと、それは単なる妬みにすぎなく
 なる。自分が好きでその環境を選んだわけではなく、たまたま
 そうなったということに責任を持つことも出来ないし、ずるいと
 言われてもどうしようもないことで困惑するだけなので、そうい
 うことで不毛の争いをしても意味はないとずっと思ってきた。

 その中で私ができることは何だろうと考えてみた。
 自分はそんな大それた事は出来ない人間なので、別に何もしなく
 てもいいのかもしれない。けれども縁あってブログを書き始めて
 それが多少なりとも影響を与えているのだとしたら、やはり言動
 には気をつけないといけないとも感じている。
 大したこともできない親がちょっとだけ環境に恵まれて子供が
 小さな成功をしたとして、それを単に結果報告しただけでは、
 社会貢献したとは言えないだろうから、教材を買えるお金を
 アフリカの子供達のために毎月寄付する活動にまずは参加した。
 時折送られてくる手紙で無事に学校に通えているんだなと安堵し
 少しは我が家でも役にたっているんだと思えるようにもなった。

 次に何をしたらいいのか考えた時、せっかくやってきたブログで
 子育てが一段落ついて手があいた世代だからこそ、今一番忙しく
 て大変な幼児を抱えていらっしゃる人達に何か楽に手間暇をあま
 りかけなくても済むように情報を提供したり、役立つサイトを
 紹介して英語育児に使えるようなものを代わりに見つけてあげ
 たりすることで、誰もが英語育児をやってみたいというハードル
 を下げることができるかもしれないと思うようになった。

 それには無料であることが条件で、私が一生懸命何の得にも
 ならないことを時間をかけて探してみたり、書くのに膨大な時間
 がかかっても、便利なソフトの使い方の解説を書いてみたりする
 のは、社会貢献の一つと位置づけているからで、本当にまめだ
 なと自分でも呆れることがあるのだけれど、なぜか余計なことを
 やってしまう。でも、それで喜んでくれる人もいるからこそ、
 自分がちょっとは役立っていて、社会につながっているのだと
 実感できてそれがうれしくてこうしてまだ未だにブログをやめる
 決意もできず続けている。

 ここまで来たらとことん更新して下さいなんていう奇特な方も
 おられて、本当に有り難いことだなと思う。

 でも、そういう多くの善意に支えられてここまで来られたこと
 に感謝を忘れて立場の違うものへの攻撃を加えたり、少しのこと
 を揚げ足取りしたりするような風潮が蔓延しているのだとしたら、
 それは建設的ではないし、誰も幸せになりはしないとも思う。

 私自身も自戒の念を込めて私の信条でもあるバランス感覚を忘れ
 ずにもうしばらくこのブログを続けていきたいと思う。

 


 もういい加減飽きたよと思われる方も
 今後の中学生になった娘がどんな変人に
 なっていくか楽しみだなと思う方も
 様々な人が気になる(大嫌いだけど見たいも可)
 ブログであり続けたいまめっちママに
 応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 ブログセンター 
 


 
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (15) * Trackback : (0) |

ブログのリテラシー * by メイは苺のメイ
ついに言及しちゃいましたね(笑)
このままスルーされるかな?と思ってましたが、でも、いかにもまめっちママさんらしい記事でほっとしています。

私はもう何年もこちらのブログを拝読してますが、だからと言って、私自身が英語育児を実践しているとか、子どもが中学受験の予定があるとかいうことは全くありません。
私の子どもは、七田にもDWEにもプリ・インターにも縁の無い、普通の公立小の低学年です。

それなのに、何故こちらのブログを愛読しているか?それは「子育て」に迷ったり、思いつめたりして、自分の子どもを追い詰めてしまいそうになった時に、まめっちママさんのブログを読むことで、バランス感覚を取り戻し、「子どもの幸せを願う一人の母親」としての原点に立ち戻ることが出来るからです。

まめっちママさんの記事は、決して誰をも傷つけない芯の強さ、自分を省みる謙虚さがあります。だから記事を読む人間に、まめっちママさんの言葉をすんなりと受け止めることが出来ます。
それはまめっちママさんがこのブログを書く『動機』が、成功者としての驕りではなく、感謝に根ざしているからなのだと思います。

是非、いつまでもこのブログを続けて下さい。
お嬢さんの今後の成長を、本当に心から楽しみにしています。

* by うんぺー
まめっちママさんこんにちは
アタシも、英語育児をしている母親の一人です。
自分ではどうすればいいのか解らなくなった時、ここに来て、過去のブログなどを見て参考にさせて頂いて、とても感謝しています。
たまたま環境が整っていたとしても、その環境を作るのは親であることが殆どだと思うし、まめっちママさんの裏方としての努力や力は素晴らしいと思います!
でも、確かに好き嫌いってとても大切ですね。
子供と一緒に毎日英語を聞いているけど、やっぱりアタシは英語が出来ないし。。。

もうしばらく何て言わず、
まめっちママさんの負担にならなければ長く続けて欲しいなぁ~

メイは苺のメイ様へ * by まめっちママ
本当に何年もおつきあいくださってありがとう
ございます。健忘症のように同じようなことを
書き続けてますが、後から読者になられた方も
いらっしゃるので、スパイラルのように話題が
時折前に書いたことに戻ります。
そんなブログですが、いつもコメントを残して
下さる方以外にもたくさんの長い間陰から支えて
くださっている人たちの存在がとても大きいなと
感じています。
たまにこんな風に思われていたんだと気づかされ
たり、メールなどもいただいて初めてわかるようなこと
があったり、気づかないところで自分の書くものが読ま
れていて、見えないところでもしかしたら誰かを傷つけ
ている可能性だってあると思うと、匿名のブログで好き
な人だけ読めばいいとか、嫌いなら来なければいいのだ
と言いたい放題にすることもできないなと思います。
なので、自分なりのスタンスでバランスを取ってきたつ
もりですが、ネットで不特定多数の人に読まれるものは、
気をつかいますね。
でも、いい人たちに恵まれているなと思うことは日々感じます。
調子にのってもう少し続けていこうかな・・・・
単純ですね。(笑)


うんぺー様へ * by まめっちママ
環境を作るのは親ですか・・・そうですね。
そう言ってもらえるとうれしいです。
自分では大きなことができないので、本当に
目立たない裏方作業ばかりになってましたが
ブログは私の仕事のようになってたので、これが
ないと一日が始まらないぐらいの存在だったのも
事実なので、もう少ししぶとく続けてみますね。
ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます * by -

* by さくら
 初コメントです。以前、メールで質問させていただいたことがあるものです。
 本当に、面白いです、毎日、読んでいます。そして、いろいろ考えさせられます。もうすぐ、1歳になる息子がいますが、どのように子育てしようか悩みながら、自分ができること・したいことを思いついたら、エクセルに書き込みしています。まめっちママさんのブログはとても参考になります。私も、国語育児と英語育児したいと思っています。
 息子には、ともかく楽しく人生を送ってもらうことが目標ですが、「楽しい人生」って一言で言っても内容は濃いです。内容が濃いほど「楽しい人生」なのかもしれません。
 まめっちママさんのすごいところは、沢山ありますが、特に、一方的な教育ではなく、子供の意思をくみ取っているところが素敵です。こんな子供(大人)になってほしいと思って、親は教育しているでしょうが、親の意思と子供の意思が違ったとき、子供としっかり話し合ってお互い納得して(時には、譲り合って)、教育を進められる親がどれだけいるでしょうか。親の意思優先になっていることって多いと思うんです。親は、良かれと思っているので、子供の意思と反して、ただ強制していることに気づかないことが多いのではないかと思います。
 これからも、楽しみにしています。わからないことがあったら、また、質問させてください。
 

さくら様へ * by まめっちママ
毎日読んでくださってありがとうございます。
もうそんな風に言われると、それだけでうれしくて
その日一日が楽しくなります。(笑)
最近は自分でも受験ばかりに目がいって、ブログ
を充実させる暇もなかったので、ろくな記事が
なかったかもしれません。でも、やっと終わって
中学に入学するので、今度はまた違った英語の
話が書けるかもしれません。英語だけじゃなくて
このブログは元々母語重視英語はそれに付随して
いるサブ的なものという位置づけなので、メイン
の国語力が伸びて英語も伸びる、決して早期英語
教育絶賛でもなく、ヒステリックな英語早期教育
反対でもない、バランス良くたくさんの子供に
必要な教育の中に英語も混じって存在するという
スタンスで今後もその方向性は間違っていないと
確信して書いています。
それを理解して頂いて、何かに迷った時に基本に
立ち返るためにここに来られる方が多いので
そういうブログであり続けたいです。
派手な成果は今後もそんなに出ないと思いますが、
受験との両立もできたし、本当にそれ以外の
才能も伸ばすことができたので、やってきたことが
連動して少しずつ花開いて行く手応えのようなもの
を感じています。そういう歩みを見守ってくれる
多くの善意の読者の方あってのブログだなと最近
つくづく思います。


* by Molly
まめっちママさんこんにちは。
上手く言えませんが、この記事を読ませていただいて、なんだか嬉しく思えました。

自分の子どもたちの成功体験だけであたかも教祖様のごとくふるまえる方というのも、小心者(&問題児のガキンチョ2ひき)の母から見たら、ある意味、すごい事だと思いますが、ネット上で見ただけで他者に攻撃的な意見を書いたりそう言える権利を主張したり・・・(ネットではありがちですよね)。それは常識ある大人として、人の上に立つ(立ちたい?)人間としてするべきことではないと思ったもので。

まめっちママさんのブログが末永く継続されることを願う一読者の独り言でした。

* by なー
まめっちママさん、
いつも楽しく読まさせて頂いております。
まめっちママさんのブログに出会えて心から嬉しく思います。
これからも教育についてや娘さんの可愛いらしいエピソードなど紹介してください☆
いつもお返事有難うございます☆

Molly様へ * by まめっちママ
ありがとうございます。
末永く続けられたらいいなと思いますが、娘の
気分次第のところもあって、反抗期もいまだに
続いてますし、素直に順調に進んでくれるかどうか
気まぐれで好き勝手に家の中で何かやってますから
英語をびしっとやってくれるかどうか・・・・
限りなく怪しい雰囲気です。
こんな娘なので、世間に自慢するほどのものは
ないんです。変人度はちょっと飛び抜けているかも
しれませんが・・・(悲)
なので我が家を参考にしたら、子供はみな変人になるかも?!(爆)

なー様へ * by まめっちママ
こちらこそいつもコメント頂いてありがとう
ございます。娘の変人エピソードはいくらでも
毎日湧いてきます。いつかアップしようと思って
いるんですが、めっちゃ変な貯金箱も作ったん
です。
というか面白いんです。学校でかなりうけてみんな
が集まってきたらしいですけど・・・・
勉強よりもやっぱりそっち系なのか?と思わない
でもないです・・・・

* by じょあんなT
あまりに難しいテーマなのでコメントを書きたいと思いながらコメントができないでいました。
うまく行っている人を見る平凡かそこまでも行かない人たちの気持ちを考えるっていうのは至難の業です。
妬むとか僻むとか私も好きではないのです。
でも、格差っていうのは確かにあって、それを超える財も手段もツテもないとき、夢をかなえる道からどんどん逸れていくわが子を見るのはきっと辛いだろうと思うのです。
私は今の世の中なら親が情報を検索するぐらいの努力をすることで事態はずっと変わると信じていて、それすらしないで文句を言うというのはあまり感心できないと思っています。もちろん、海外にいたりして目的言語を習得しやすい環境にいる子に勝てる状況なんてそんなにはつくれないのですが、そういう海外にいる子は文化差で交友関係に母国語圏内で普通に暮らしている子より苦労したりするのだし、それならばその面ではわが子は恵まれているのだと思うとか、自分の子の置かれている状況の中で最善をつくすことが大事なんだと思っています。
だから
「そのどれもが その時たまたまそういう状況だったということで、どれが正しくて何が一番などということも言えはしない。」
というのは本当に尤もだと思います。
私はお嬢さんのためにまめっちママさんのしていることを聞くのが好きです。前を向いている人がいるということで自分たちも自分なりの前向きをするのだと思うことができます。
もう一つのブログも見に行きます。うちの子の英語力ではこちらにとてもついていけないので参考にさせてもらうという点ではもう一つのブログのほうが参考になるのかなと思いつつ、バランス、というのを見せてもらいたいと思います。
中学の時間帯と英会話スクールの時間帯が合うといいですね。
ブログの更新楽しみにしています。

じょあんなT様へ * by まめっちママ
難しいテーマというか、あまり深く考えこまずに
一般論として見てもらえればと思います。
人の気持ちをすべて考えてなんていうのは確かに
無理なことです。どういう書き方をしても、違う
受け止め方をしてしまう人がいることもあるし、
どうしようもない格差があることも事実です。
でも、なんて言うのか・・・最低限のマナーという
か、人として何かを言ったりしたりする時は、愛を
もってやりたいなと思うんですよね。
そこがあるのとないのとでは、全然違うんです。
うちでは、娘が一番楽天的で前向きです。私は
こう見えても意外と考え込んでいるんですよ。

学力向上ブログの方は、受験が終わって結果が
出たので、やっと自分のやってきたことについて
書いても現実味が出てきました。
今まではまだ結果も出てないので、それがいいのか
悪いのか言えなかったというのもあったのですが、
ようやく一つの方向性というか、これでよかった
と言えるものができたので、ブログも新しく
リニューアルしました。といっても、続きを書いて
いるだけなんですが(笑)
塾の選び方とか、勉強の仕方とか、今後アップ
されていくと思うので、よければ見に来てやって
ください。少しは参考になると思います。
塾の情報には詳しいですし、内部の人間だから
こそ余計に塾のよいところも悪いところもわかり
ますから、また何かありましたらいつでもご相談
下さい。

* by mherese
素晴らしい記事に感動いたしました。
そして皆さまのコメントを拝読し、私も大変共感を得ております。
ブログを通じての社会貢献、まさに今の時代の、そして近未来の社会貢献ですよね。まめっちママさんが片手でポチリとブログを閉じればそれで終わりのこの世界。でも、それをせずに全世界にいるであろう読者ブロガーの皆さまのために更新をされていて、いつも皆さまの心の栄養になっているのだと思います。
私も皆さまと同じように楽しく拝読し、そして勉強させていただいております。これからも更新、楽しみにしております。

mherese様へ * by まめっちママ
感動なんて言われると、もう恥ずかしくて
自分はそんな大した人間じゃないのになんて
思ってしまいます。
ブログでの社会貢献というか、まあ物好きなんで
しょうね。余計なお世話かもしれないようなこと
をせっせとやってる訳ですから。
でも、小さいけれど誰かが喜んでくれるのなら
やっててよかったなと思えるんですよね。
私の方こそ皆さんから勉強させてもらってること
が多いです。
いつも暖かいコメントありがとうございます。


コメント







管理者にだけ表示を許可する