オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2011-01-30 (Sun)
思い立ったが吉日!
以前通っていた英会話スクールに行ってきた。
娘に合うクラスが今度こそ見つかるといいなあという希望をもって
いたので、授業見学させてもらう事になり、久々に外国人講師と
おしゃべりする事になった。
最初に習っていた先生がまだ日本にいるそうで、帰国組が多い中、
珍しく長い間日本にいるのは、たぶん日本人の奥さんがいるのだ
ろう。(娘が、指輪をしているのを見たらしい)
先生選びで苦労するのは、いい先生だと気に入っても、すぐに
帰国してしまうことで、永住していて日本語も英語も達者で学力
もある外国人を探すのは至難の業だ。

ならば日本人講師でもしっかりしている人に習う方がいいのかも
と思う。

毎回この問題で悩むので、先生選びは英語を続けている間ずっと
続きそうだ。

今日は入学する学校で講習会があり、英語の授業を初めて受けた。
先生は日本人だったが、受験にはやはり日本人講師の方がいいと
思う。それで補えない部分だけ外国人に任せればいい。

数学の授業もあり、予習してきた部分のテストもされるので、おち
おちしていられない。今日のテストは100点取れたそうだが、最初
が肝心で、さぼってスタートで出遅れると、後々まで大変だから
しっかり勉強するようにと個別指導の先生からも言われている。

受験が終わっても楽にはなれないということで、子供には生きにく
い世の中になったものだと思う。




束の間の休息を楽しむ娘を見ていると
つい甘くなって洋服やDSのカセットを
買ってやりたくなる相変わらず貯金でき
ないまめっちママに応援クリックよろしく
お願いします

 ブログ村 子供の教育 
 
 人気blogランキングへ

 ブログセンター 



関連記事
* Category : 英会話スクールで学ぶ
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

根性仮説 * by リンゴ好き
私は日本の英語教育を評価するための個人的体験を持っていない(因みに、小学校と大学は日本、中高・大学院はアメリカです)のですが、JOちゃんの英語については、リスニング力(ヒアリング力?)もあるのだし、いわゆる受験英語や学校の英語を超えたところで力を伸ばせるんじゃないかな~、なんて、思っちゃいます。
(ま、そうは言っても、私も自分の子供にどうやって言語習得をさせようか悩んでいるので、まめっちママさんのような方のブログを覗いてたりするんですけど)

「受験英語や学校の英語を超えたところ」というのは、例えば、「英語達人列伝」に書かれた人達のような英語習得法...かな(いや、すさまじすぎて参考にならないかもしれませんが、間違いなくモチベーションは上がるんじゃないかと思います。超オススメ本です!!)。

「英語達人列伝」は、国内にいながら、ネイティヴ以上の英語力を獲得した日本の英語達人たちについて、(達人!?)斎藤兆史さんが書いた本です。
斎藤さんは、現代の英語教育は会話中心すぎる!とよく仰って(怒って)ますよね。

先日、茂木健一郎さんと斎藤さんが英語について対談をしたそうですが、

茂木さんの「多読、多聴を重視する「インプット」仮説,話す、書くを重視する「アウトプット」仮説,生のやりとりを重視する「インタラクション」仮説,どれが正しいのでしょう?」という質問に、斎藤さんは一言「根性が大切だ、という根性仮説でしょう」答えたそうです。
(この対談内容は、朝日出版社CNN English Express5月号に掲載されるそうですよ)

根性仮説...これが「日本人の英語習得」に対する包括的な答えなのかも。

リンゴ好き様へ * by まめっちママ
英語達人列伝のAmazonレビュー見てきました。
最近の会話重視軽薄英語は私も問題だなと思って
いましたし、読み書き学校英語の大切さはとても
理解できるので、まだ読んでませんが、概ね
共感できると思います。
ただ、人は求めているものが違うので、皆がー
ここまでの達人レベルなりたいかは別ですから
楽しく会話できればいいんだ、旅行に困らない
レベルで普通の日常会話ができることが目的なんだ
という人も多いのを知ってます。
うちの目指す方向はもちろん会話ではありませんし、
今後は読み書き重視でいくつもりですが、幼少期
から英語をやる家庭では、ともすれば子供にアウトプットばかりさせたい傾向があります。
日本語も人並み以上にできて他の分野にも秀でて
いるこの本に出てくる達人のようなレベルを
求めていないという気がします。
とにかく親の世代でできなかった英語を子供には
楽に習得させたいと願う英語コンプレックスの
裏返しのような気持ちが結構あります。
マスコミもいけないんですけどね。低年齢で
あることを殊更に取り上げるから、変な方向で
英語熱が上がってしまって、本来の正統派?
の勉強法がだめであるかのような方向に向かって
しまってます。
教科書が悲しいほど薄っぺらいんです。
明治時代に戻れとは言いませんが、よい部分は
残して現代の新しい方法も取り入れつつバランス
よくやりたいですよね。

脱情報統制のための英語 * by リンゴ好き
今の日本であれば、ほぼ何の苦労もなく個人が国内で英語国と同等(それ以上?)の英語環境に接することができますから、かつての達人達はうらやましがるでしょうね。

札幌農学校にあった英書を全部読んだ新渡戸稲造とか、ブリタニカ百科事典を2度通読した斎藤秀三郎とか、求めて到達できるレベルではないし、まねできる人なんて万に一人もいないと思うんですが、かつて日本にはこんなすごい勉強をした人がいたんだって知るだけでもとても楽しめると思います(なんだかやる気になる!!)。

それと関係ないかも、ですが、最近Wikileaksのことやチュニジア、エジプト情勢など世界中で(英語圏で)話題になっているトピックと日本での報道内容とのギャップがどんどん大きくなっているのが気になってます。

薄っぺらい教科書と同様に、世界で起こっていることに対する日本語の情報ソースや日本のマスコミの報道内容が本当にぺらいんです。どこかの国と同様に日本でも情報統制?が行われているんじゃないかと思うほどです。

マスコミの偏った世界観に汚染されないためにも、個人が能動的に情報ソース(少なくとも英語で)にアクセスする力、能動的に世界を知ろうとする姿勢を身につけたいし、教育もそういう方向へと向かってほしいですね。

リンゴ好き様へ * by まめっちママ
事後承諾で申し訳ないんですが、紹介してもらった
本のことを次の記事で書かせてもらいました。
情報に英語でアクセス出来る力は大事ですね。
私のように大して日常に英語が必要ではない人でも
できないと困る事がありますしね。
娘には英語のサイトでも自由に読める力と会話力を
つけさせてやりたいと思います。
まあ達人の真似は無理そうですが(笑)

コメント







管理者にだけ表示を許可する