オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-01-12 (Wed)
 本格的な受験勉強に突入してから英語が聞こえない環境にも慣れ
 てきて、静かなのはやはりいいなと思う反面、不思議なことに
 今までなら英語なんて嫌いで仕方無かった私が、英語の音がない
 ことに寂しさも感じている。
 またガンガンかけ流しが聞こえることをむしろ望んでいるような
 気もして、これが長年続けて来たことの成果なんだと感じた。

 ものすごく上達したわけではないけれど、音がないと物足りない
 ぐらいにはなったわけだから、やはりやめないことこそが最強
 なんだと思った。

 こつこつ努力タイプではない娘にはクリアするのが難しい継続
 という課題・・・それが実際は今日までずっと続いている。

 その理由はなぜだろう。暗唱させられたりするのが大嫌いで、決
 して幼児教室でも模範生ではなかったし、好みじゃないものは何
 度音を聞いても覚えなかったのに、英語だけは奇跡のようにすぐ
 に頭に入り、使えるようになった。

 洋画などの台詞は難しいものも多いし、私などはいくら聞いても
 覚えられないことの方が多く、全然頭に残った気がしない。
 それが娘は、始めて聞くものでもちゃんと意味を理解して楽し
 めるだけでなく、何度か聞くと台詞を暗記してしまっている。
 
 無理にここまで覚えなさいではなく、更に都合のいいことに私が
 あまり英語に詳しくないことがよかったのか、細かいことを言わ
 ずにすんだので、娘は自分のペースで苦痛なく英語を勉強と思わ
 ずに趣味の一部のように感じることができたからだろう。

 巷で言われている英語は勉強するななどというキャッチコピーは
 きっとこういう状態を大げさに言ったのだと思う。

 もっとも実際勉強しないでできることなどないので、一流になり
 たいなら、当然ながら勉強として学ぶ英語も必要で、娘が果たし
 て一流になるかどうかは、今後のこの部分を継続してやれるかど
 うか・・・そこにつきる。
 
 今まで遊びの一環としてやってきた英語だけに、娘が一気に中学
 で理屈っぽい勉強に抵抗を覚えるのは怖いが、行く予定の学校は
 毎日早朝テストがあるらしいので、いやでも自分の一番得意な
 教科で負けたくはないだろうから、頑張るんじゃないかなという
 期待も込めて、あえて受験校に選んだ。

 娘も、怠ける自分には少し厳しめで課題が決まっていてやらざる
 を得ないような状況に追い込むことで、なんちゃって英語を脱却
 するつもりでいるようだ。他の教科も同じで、毎日の積み重ねを
 重視して今度こそ好きなものだけやって嫌いなものは何度見ても
 聞いても受け付けない状態を克服するのだと決めている様子。
 
 この心がけがいつまで続くかはわからないが、やっとやる気を出
 し、小学校の自分とは違うイメージで家庭内と同じ本当の自分を
 積極的に出して行くつもりだと意気込んでいる。

 大きな転機が訪れそうな予感がする中学生活。
 合格して晴れてその夢がかなうといいな。




 絵馬に合格と書かれた証書を手に
 して喜ぶ姿を漫画で描いてきた娘に
 応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育 
 
 人気blogランキングへ

 ブログセンター 


  
関連記事
* Category : 英語勉強法
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

* by hama
こんにちはヾ(=^▽^=)ノ受験が終わって一息ついているところ申し訳ありません。お伺いしたい事があります。
プリ卒園後の英会話教室はどんな基準で選びましたか?
最近通い始めた英会話教室はオリジナリティ溢れる企画が多く楽しそうですが、やはり年齢とか、文字が書けるかということでクラスが決められてしまいます。せっかく、少しプリに通い会話にも幅が広がりそうな時期にテキストにあわせてという内容がいいのかどうか考えてしまいました。まめっちママさんの娘さんとは年齢が違うので理解度が違うと思うのですが、何か日常会話も伸ばせる良い方法があれば教えていただけますか?
その英会話教室には一応プライベートやスピーキングやフォニックスの別講座もあります。これで補うべきですか?

おてすきの時にでもコメントください。よろしくお願いします。


hama様へ * by まめっちママ
プリ卒業後の英会話スクールは難しいです。
普通クラスでは全然レベルがあいません。
小学生の1年ぐらいでは、英語を話せる純日本人
は帰国子女ぐらいしかいませんしね。ネットでは
たくさんの英語育児をされている方がいて、幼稚園
児でも英語がある程度話せたり、分かる子供がいる
のですが、実際は少数派です。近所にいるのかと
言われればいません。それで普通のクラスでは
無理があるので、自ずと帰国子女のクラスになり
ます。幸いにも娘は帰国子女がたくさんいるスクールに
通っていたので、一緒にやれる子供がいましたが、
それでも年齢は幅が広く、娘は一番小さかったので、
話題についてくのがこれまた苦しい。
英語力より年齢の壁ですね。なので、実はプライべートに
している子供が多いです。それで余計に同じようなレベル
の子供がみつからないということになって大変でした。
プリ出身の子としばらく一緒にやってましたが
受験もあるし、習い事もあるので、時間帯が合わず
ずっといっしょと言うわけにはいかなかったです。
会話重視なら多少のレベルは気にしないで少し
低めでもかまいませんが、やはり読み書きレベルで
あわさないと結局退屈してきます。
娘がそうでした。何度見学しても読み書きレベル
が合わないと面白くないそうです。
子供が楽しいと感じられるか・・・・結局は
そこに行き着くのですが、あまりにも遊びだけで
得るものがなかったというのも親的にはお金を払う
わけなので、ちょっと考えてしまいますよね。
そのあたりのバランスが難しので、よく色々見学
してバランスが取れている所を選ばれるといいと
思いますよ。うちは2校かけもちでした。一番
多いときは3校かけもちで、一つは英検対策的な
ことをしてくれる所、一つはゲームもするし会話も
する所、もう一つは英字雑誌を読んだり、文法を
英語で学んだりするいわゆる勉強系の所、それら
を組み合わせてやっていました。低学年までは
それで乗り切りました。高学年からは、一つに
しぼり、5年生の夏ぐらいでやめました。
こんな感じですが、また見学したり体験されたら
教えてください。どういう感じだったかを聞くと
およそのことはわかるかもしれません。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。