オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2010-11-26 (Fri)
 今日娘は、卒業してから本来なら行くであろう地元の中学に授業
 を体験しに行った。

 娘の小学校では、大多数が公立に進学するので、6年生は卒業間近
 になると、分散して割り当てられた授業を体験に行く。

 今回、娘は英語の授業ということになったのだが、この前京都に
 総合学習で行って英語の通訳をちょっとやったので、それを見て
 いたクラスメートが娘を英語の授業担当にあてたようだ。

 娘は家庭科とか美術とかそういうのを見たかったそうだが、英語が
 得意だということで英語の授業になってしまったとぶつぶつ言って
 いた。

 日頃やっていないことを見たいという気持ちはなんとなくわかる。
 恐らく英語はちょっと簡単すぎると感じるかもしれないので、
 中学生になったらこんなことができるのだというものを見たいと
 思ったのだろう。

 ただ、受験するので公立中学には行かない確率が高いが、それで
 も中学という雰囲気を感じて新しい世界に踏み出すことを喜んで
 くれたらいいなと思う。

 さて、肝心の授業の方だが・・・・・
 
 期待はしていなかったので特に驚くことはないけれど、以前書い
 た英語教育の針が会話に大きく振れて基礎学力が疎かになって
 しまっているという現実をはっきり見せてもらった。

 CDを使った授業などは、今までの私達の世代ではなかったこと
 なので、リスニングを重視した方向は評価できる。

 でも、その内容は・・・CDから聞こえて来る英単語を手元に
 配られたプリントの中の絵から探して線で結んでいき、ゴール
 するというもの。その単語が日本語でもよく知っているミルク
 ピザ、サンドイッチ、バナナ、ハンバーガー、ホットドッグなど
 でリスニングを鍛えるというのにはほど遠い感じがする。
 もっとも日本語になっている英語は発音が日本語的になっている
 ので、それを正しい元の発音で聞くといういう目的なら、まあ
 意味はあるかもしれない。でも、この程度を中学でまだやってい
 るというのは正直驚いた。
 これでは基礎学力は身に付かない。それどころか以前より英語が
 できなくなる可能性もある。過去記事で同時通訳の鳥飼さんの
 インタビュー記事について書いたが、娘がもらってきた英語の
 プリントをみると、これは大変だと思わざるをえなかった。
 もっとも今日の授業は小学生が見学に来ていたので、易しめにし
 ていたのかもしれないが、日本人講師が好きな食べ物や色につい
 て英語で質問し、それに答えるというあまり小学生と代わり映え
 のしない授業で、少しテンポが速くなって数が増えたという程度
 だったそうだ。

 話せる使える英語にシフトする方向性は間違いではないと思う。
 でも、やらないといけないことを捨ててただ楽しく定型文を
 練習するだけでは、やはり英語は身に付かないように思う。

 文法中心で読解ばかりの過去の英語から今度は絵ばかりで定型
 文を練習することしかしない英語へと大きくチェンジ・・・

 その中間のどちらもバランスよくにはなぜならないのか? 
 良い教材はいっぱいある。幼児がそれを使ってかなり英語が
 話せるしかも読める子供に育っている事例が全国にたくさん
 あるというのに・・・

 中学生なら理屈もはっきり説明すればわかるのだから、幼児より
 ずっと早く習得することが可能なはず。今の耳から聞く英語と
 今までの英語を組み合わせ、更に英語圏のワークブックや絵本
 を導入していけば、英語のできない日本人という過去のコンプ
 レックスも、近い将来にはなくなるのではないかと思うのだが・・

 こちらが思うような方句になかなか行かないことにもどかさしを
 感じる。勉強は英語だけじゃないし、他のことにも予算は必要
 だから、それだけを手厚くすることは公教育では無理なのか・・・
 そう考えると私立という選択肢になる。

 日本が世界で大国として生きていくためには、英語はどうしても
 必要な手段だと思う。だからこそそこに予算を割いてほしいと
 願う。すべての子供達が日本の未来を担って世界を舞台に活躍
 できるように、そのためにできることをしていかないと、本当に
 世界から取り残されてしまうのではないかと思う。

 
 
 学校では大人しく無口に思われている娘が
 塾友と中庭でふざけていて、跳び蹴りをした
 瞬間をクラスの子に見られ、もう一つの
 裏の姿を見たと言われて落ち込んでいる・・・
 そんなことで落ち込まんでももっと他に
 あるでしょと思わないでもないまめっちママに
 応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育 

 人気blogランキングへ

 ブログセンター  
    

 
関連記事
* Category : 学校生活
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

う~ん、不安になる * by じょあんなT
公立組にとっては中学は忍耐のときとしか言えませんねえv-292
たぶんそれは、中学でついていけなくなる子がないように、下のほうで合わせてしまっているんだと思います。できる子は学校の外で伸ばさないといけない。まあ、レベルに合わせて友人ができるのでそれなりの成績をとれば似たような勉強を家や塾でしている子とつきあえるようになると思いますが。(学校によってはひどいマイノリティになることもあるんですが)
中学の3年間を効率的に学習できる私学はうらやましいです。
もともと公立の中学の学校での生活は内申を稼ぐための人間学習の場ととらえているのですけれどやはりその内容を聞くと不安になりますね。
中学では絶対塾にいかすし、メインはそちらにするつもりなんですけれど。
パソコンの教科書ガイドの中学の教材はいいので今の中学の英語学習は自分の時代より良いと思い込んでいました。
貴重な情報ありがとうございます。対策考えようと思います。

* by mom
来年から小学生(5~6年生)も英語必修化になりますよね。特に期待はしていませんが、中学の授業内容を聞いてビックリしてしまいました。
以前、「幼児期から英語に親しんでこなかった場合、中学英語をきっちり学び高校時代に留学して、かなりバイリンガルに近づける…」というような内容の本を読んだことがあります。文法をしっかり学んでから、その文法を無意識レベルに落としていく(大人になってからしゃべれるようになった人と同じだと思いますが)、今の中学英語ではそれさえも不安に感じてしまいました。
文法ばかりでダメだから会話中心になったのなら、そちらをもっとしっかりやってほしいですよね。耳から学ぶのはとてもいいと思いますが、それって児童英検のレベルより低いんじゃ…と思ってしまいました。

じょあんなT様へ * by まめっちママ
公立の授業がすべてこんな感じではないと思い
ますが、たぶん小学生が来ていたからかなと
思いたいです。もう少し会話もレベルアップして
いるとは思いますが、娘より上の世代では、まだ
幼児期に英語をやっていたという家庭はほとんど
ないので、恐らく初歩の初歩からスタートして
行く感じになるとは思います。
でも文法を悪者にするのはいただけないです。
きちんと教えてその上でリスニングも強化して
いくのが筋だと思いますね。
大人になって習得した人はしっかりしていますよ。
英語で苦労してますから、その分勉強をすごく
している。右か左しかないのではなく、中間で
バランスよく伸ばせないのかと・・・・
課外授業が必須になってきますね。でもそれは
本来おかしいことなんですよ。そこで家庭環境や
お金のあるなしが影響してくるので、格差を固定化
してしまいますよね。それは絶対にあってはいけ
ないことだと思います。同じような境遇の似た
レベルの子供が仲良くなるのは仕方ないですが
異なる環境の人への思いやりも配慮も育ちにくく
なるだろうなと思います。
日本政府はどこを見ているのだろと思います。

mom様へ * by まめっちママ
家庭で英語の取り組みをされている方には信じられ
ないレベルでしょうね。
もちろん公立ですから、先にやっている子供に
合わせる必要はどこにもないんですが、文法を
系統立ててきちんとやってくれるからこそ、家では
それ以外のリスニングや会話や絵本や海外のテレビ
などで実践的な部分を積むという感じで相乗効果
が期待できるわけじゃないですか?
それがこれだと家庭で全部やらないとだめなのか
と、それこそ親の英語の出来不出来が今度は影響
してくる・・・?こういう悪循環はよくないです。
どんな環境にあっても、親の学力や財力にも関係
なく子供達が伸びるということを証明しないと
未来はどうせ格差は固定化されるのだという無力感
が漂う社会になってしまって、それは決して国の
ためによくないと思うんですよ。
とっても心配です。こうしてブログ上でも発信
し続けているのも、多くの成功されているもっと
小さい子供達の姿ややり方を世間の人に知って
もらいたいという気持ちもあるからなんですよね。
これだけ情報があるのだから、学校も思い切った
ことをやってほしいですね。図書館にORTやCTP
を常備して貸し出し、CDで勉強して暗唱テストを
するとか・・・朝の10分テストでそれをやるだけで
中学生ならあっという間に習得しますよ。
英語のできるお母さんが地域の取り組みとして
やるしかないのかも・・・・でもそれは本来公教育
でやることなんですけどね。学校がしないから民間
でというのは間違っている。
日本の未来を真剣に考えてしまいますね。

* by mherese
まめっちママさんこんにちはv-34
公立中で体験授業があるのですね!
皆さんおっしゃっているようにその内容では先行き不安感満載ですねv-12高校で良い学校にと受験を考えておられるご家庭では塾で埋め合わせをされるかと思いますが、そうでない生徒さんとの差が物凄く開きそうで学校側もある意味で大変そう・・・。先生方の中でも「コレではダメだ」と思いつつ、色々と自分たちだけでは変えることができないもどかしさを抱えながら教育なさっていらっしゃる先生方もいるのでしょうね。

「トップに立たなければ組織は変えられない」とドラマ・医龍3の稲森いずみさん演じる加藤先生もおっしゃっていましたけれど、文科省レベルで英語教育改革がないと一部地域で高水準を目指しても国レベルで子どもたちの英語力が上がることは当分ないのかもしれませんね。。。

mherese様へ * by まめっちママ
トップが変わらないと何もできないというのは
本当ですね。先生の責任ばかり追及しても
実際、上からの通達には逆らえないところが
あるでしょうから、そこはとても気の毒かなと
思います。
工夫しても限界があるのは理解しています。
まずは小学校の英語があまりにもひどすぎる。
6年間やってなんであれだけ?と思うことばかりで
あの延長だと中学も期待はできません。
私は小学校の英語教育導入には全然賛成では
ありません。現状のカリキュラムのまま導入する
ならばという前提ですが、あれのために貴重な
時間を削るなら、他の授業をやって国語力をつけ
た方が絶対に役立ちます。あるいはもっと社会の
時間を増やしてほしいです。
国のトップの方が英語に対して全然わかってない
のが問題なのですが、高校から英語で授業に
いきなり飛躍させようとするところも怖いです。
日本は経済大国かもしれませんが、政治は2流だ
なといつも思います。

コメント







管理者にだけ表示を許可する