オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2006-11-07 (Tue)
 この10月の終わりと11月の頭に、立て続けにハロウィン
 パーティーがあった。

 日本でも最近認知度が上がってきて、仮装グッズもたくさん
 売っている。毎年のことなので、結構衣装が大変で、今年は
 何にしようかといつも迷う。

 今まで娘は、ウイッチや悪魔系、動物系と色々なものに仮装
 してきた。
 パワーパフガールズのブロッサムになったこともある。

 でも、何よりもゲームをしたり、お菓子をもらったりすること
 が楽しいみたいだ。

 娘が参加したのは、卒園したプリスクールのパーティーと
 地元の英会話スクールのパーティーだ。

 二つのパーティーは内容的にはさほど変わらない。
 先生にトイレットペーパーを巻きつけて競うマミー(ミイラ)
 ゲームや、お菓子を入れてもらうバッグを手作りしたりする
 など、どちらも子供には楽しいのだが、子供達の英語力は
 やはり全然違うようだ。
 
 週1回のスクールでは、定番の言い方はできるが、会話を
 スムーズにするレベルではない。

 例えば、彼らはまだ進行形や過去形を正しく使えない。
 He is play tennis.とか言う子供もいる。

 もちろんこういうことも中学で正しい文法を習えば、解決
 することだが、ここで注目すべき統計がある。

 
 

 中学で英語ぎらいになる子供が急に増え、高校ではもっと
 増えるという結果だ。

 これがどういうことを意味するのかは、人によって違うと
 思うが、だから

 文法をやる授業が間違っているのだ!
 という誤った発想にだけはなってはいけない。
 
 誤解のないように言うが、会話力イコール英語力ではない。
 日本に住んで、英語を使わない環境の中では会話が流暢で
 ないことはあたりまえで、そのことで日本人の英語がダメだ
 とか、文法ばかりの英語をやめよなどという短絡的な発想に
 なるのはとても危険だと思う。

 私が言いたいのは、英会話スクールの子供の英語が下手だと
 いうことではなく、結局絶対的な時間が少なすぎることから
 本来必要な確かな文法力が備わらず、正しく話せないと
 いうことだ。
 
 遊び英語で英語が得意と錯覚している子供が、中学で急に
 文法を習うと戸惑いが生じる。

 挙句の果てに英語嫌いになってしまえば、元も子もない。

 英検の早期受験には問題点が多いが、3級ぐらいまでなら、
 こういう英語嫌いの子供を増やさないためにも受けた方が
 いい。少なくとも英語のモティベーションを高めることに
 は大変役立つと思うから。

 日本という国で英語を学ぶことの難しさを痛感している。
 

 ブログランキング参加中。
 皆様の暖かい応援よろしくお願いします。
   ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング

関連記事
* Category : プリスクール
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。