オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2010-09-28 (Tue)
 10月になると、どこも入試説明会を開くので、土曜日と日曜日は
 ほとんどどこかの学校の説明会で予定が埋まっているなんてこと
 になりそうな予感。

 塾では一括で願書を取り寄せてくれるので、行かなくても問題は
 ないと言えばそうなのだけれど、すべての学校のものが揃えられ
 る訳ではないし、見たこともない学校を受けるのもどうよと思う
 ので、一応可能性として受けるかもと思う所だけは、見学に行こ
 うと思っている。

 娘の友達の塾では、集められるだけ集めてくださいなんて言われ
 ているらしく、そんなに集めても今は統一入試になっているので
 実際ほとんどの学校の試験日が同じで、体が一つなんだから、
 全部受けられるわけでもなく、受験料を考えたら、一校2万円は
 するので、お試しに受けてみようなんていうほど、我が家はお金
 も余っていない。(むしろ恵んでほしいぐらい・・・
 そこは厳選して受けないとしょうがない。

 一体どこに行くのかさっぱり予想もつかない娘。
 でも、先日テレビで神技的外科手術の様子を見てから、やはり
 何か思うところがあったようで、本来ならそんな気持ち悪いもの
 は、死んでも見られないほど根性なしの娘が、あの生々しい画面
 を気持ち悪いと連発しながらも、最後まで見ていたのは、それほ
 ど人を助けたい一心で自分の時間も家族も二の次で仕事に打ち込
 むドクターの気迫を感じたからだと思う。

 少し前までは、自分にはとても解剖とかできそうもないので、
 医者は無理かもと言っていた。
 (もっとも大学の方からお断りされる可能性大)
 
 でも、また少しだけ医者を目指して頑張ってみようかなと思い
 始めたようだ。本当は上まで上がれる学校に入学して好きな絵や
 英語をやって行く方がいいんじゃないかと思っていた。
 アートの世界の方が絶対に娘には合っていると思うから、それで
 いいじゃないのと方向を決めかけていた。

 でも、まだ火は消えていなかったようで、自分はやっぱり人を助け
 る仕事がしたい・・・安易に楽な学校に行くより、厳しくても頑張
 って大きな夢に向かってみたいと思ったようだ。

 実際はそんなに変わったわけではないが、気持ちを再確認して
 中学で楽な道を選ばないという決断はついた。

 私の方は心配なので、一応色々手は打つつもりだが、本人は
 いたって楽天的で、「絶対○○中学に受かりそうな気がする」と
 言う。(いや、偏差値まだ足りてませんけど・・・・・)

 まあこの自信があれば、緊張せずに普段以上の力を発揮する
 こともあるかもしれない。おどおどして落ちるかもとマイナス
 思考になるよりはいいだろう・・・

 先日本命の学校を見学に行った時も、いつもならろくに説明会の
 内容など聞いていない娘が、その学校で出る傾向を聞いてから
 家でもその部分を特に念入りに暗記しようとしているので、
 おかしかった。

 親がいくらやきもきしても、本人が絶対にこうしたいと思わない
 限り、エンジンはかからないものだ。
 あとわずか・・・今頃まだこんな状態というのも暢気すぎるが
 鬼の集中力で残りの日を過ごしてくれるように祈るばかりだ。

 英語は、なぜか「Teen Titans」なんて懐かしいものを今頃、もう
 一度見たいと言い出して、アマゾンでDVD買ってほしいなどと言っ
 てみたり・・・・時々昔のものが揺り戻されるようで、これが
 娘の英語を忘れないようにしてくれているのかもしれない。

 

 妙に古いことを覚えているので、一年生の頃に私と喧嘩したこと
 や、最初に怒られた時のことなどが急に思い出されるらしく、
 「あの時はショックだった」とか・・・・言い出し、こっちは全然
 覚えていないのに、何という細かいことをしつこくいつまでも
 覚えているんだとびっくりすることがある。

 記憶力がものすごくいいというか、どうでも良いことだけ覚えて
 いるのか・・・・微妙だけれど、インパクトがあることは忘れな
 いという記憶のメカニズムを上手く利用して、英語も勉強も上手
 くやってくれたらいいなと思う。
 


 願書を並べてみても、合格するわけではない
 けれど、なんかたくさんあるとどれかには
 受かりそうな気がしてくる・・・・
 そうなってほしい・・・・・
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング 

 
  
関連記事
* Category : 受験
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する