オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2010-09-11 (Sat)
 娘の入試本番まで残すところあと4カ月。毎日気分は乱降下して
 落ち着かない。気を紛らわすために髪を切ってみたりもしたけれ
 ど、気休めにすぎないこともわかっていて、自分でも馬鹿なこと
 をしているなあと思う。
 
 娘は現在塾の一般授業を受けず、個別指導のみで頑張っているが
 塾をやめてみて初めてわかったのだが、回数を多くしたり長時間
 やればいいというものではなく、時間は短くても回数も少なくて 
 も、適切なカリキュラムを立て、それに沿ってやれば、塾と同じ
 効果いやそれ以上の効果があるということで、英語も同じだなと
 感じた。漠然と色々なものを手当たり次第にやるのではなく、順番
 に進めて行くと、必ず力がつくというカリキュラムがあるものを
 やはりやるべきなのだと。

 だから基礎を身につけるには、親の自己流より最初だけは教材を
 併用することが望ましいのだと思う。

 もちろんそのカリキュラムを自分で作れる方、例えば英会話の
 講師であるとか、先生である場合はそういうものも必要ないか
 もしれないが、一般の素人ならノウハウを借りた方が、後々に
 役立つとは思う。

 うちが塾をやめたのは、私も講師のはしくれだったことと受験業界
 に身を置いていたので、ある程度何をすべきかがわかったからとい 
 うのも大きい。とはいえ、中学受験は専門ではないし、算数も理科
 も親が思う以上に難しいので、その部分は個別指導で補習してもら
 い、残りの教科は家で面倒をみる方向で頑張っている。

 とりあえずどこかには入学するだろうから、入ってからは英語を
 今までやれなかった分たくさんやりたいと思う。

 中学卒業までに1級は合格したいと思う。高校生活はその英語を
 武器にして、他の教科を頑張ることにし、中学の間は通塾せず、
 自宅学習で学校の勉強をしっかりやり、基礎学力をつけることに
 専念しよう。

 早くから通塾しなくても、たぶん今までの経験から言っても間に
 合うので、高校生から通塾し、大学受験に備えれば十分そうだ。

 うちの場合は、コツコツ型ではないので、長期間地味に頑張るより
 ある程度学校のことをしっかりやり、最後の2年ぐらいで受験向け
 の勉強をする方が性に合っていそうな気がする。

 短距離で勝負をつけるチーターのような感じなので、長距離は苦手
 な娘には、のんびり期間とラストスパートの期間と両方が必要だ。

 

 先日切った髪が気に入らず、同じ店に行けない
 根性無しの私は、別のお店にこっそり行き、
 切り直してきた・・・・でも、そのお店が何と
 斜め向かいにあり、二階の窓から向こうのスタッフ
 の顔が見えるぐらいの距離だったのにびびり、
 びくびくしながら座っていた情けないまめっちママに
 励まし応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング


関連記事
* Category : バイリンガルへの道とその後
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する