オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-09-06 (Mon)
 英語育児まずはここから第54回

 帰国子女の英語力保持などに頭を悩ませてきた様々な人達の試行
 錯誤の結果、英語力の保持には文字読みが深く関係しているという
 傾向が見受けられ、どうやら会話だけでは維持はできないらしく、
 学校で英語の読み書きをどれぐらい習ったかで、その後の英語力
 の持続も違ってくるということがはっきりしてきた。

 その結果を踏まえて、国内で英語育児をしていく上で、読みは
 はずせないということで、親の英語絵本読み聞かせが早くから
 始まり、読みの低年齢化も加速してきたように思う。

 方向性としては間違っていないし、読みを習得して自力で英語の
 本をどんどん読むようになれば、難しい単語も自然習得したり
 親が話したこともないような単語も覚えるので、いずれはやらな
 いといけないことではあるが、国内で育てている場合、日本語が
 メインであることを忘れてはいけないので、日本語の作文や日記
 も合わせてやらないと、正直日本語は学校でもやるから大丈夫
 だろうなどというのんきなことを言っていると、滅茶苦茶な
 日本語作文や感想文を書いていることに驚くことになる。

 学校はそういうことを最近ほとんど授業でしないので、放ってお
 くと多分ひどい日本語力になることは間違いなく、これはゆとり
 教育の最大の失敗だと言える。昔の人の書いた文字や文章を今の
 同年代の若者と比べて見れば一目瞭然だ。現代人の文があまりにも
 幼稚で字も下手くそなのがよくわかる。

 日本語力ははっきり言ってものすごく低下している。
 まして英語重視で日本語はまあいけるだろうと高をくくっていると
 致命的に文章構成がおかしいまま成長する。

 英語日記の前に必ず日本語日記で今の日本語のレベルをチェック
 しておいた方がいいと思う。
 
 その上で、幼稚園時代のまだ時間がある時、つまり日本語力に差
 があまりない時に、少しフォニックスやサイトワードを入れてお
 くと、英語育児を進めて行くのが楽になるので、幼稚園時代の2年
 か3年は、一番英語がやりやすい時期だと言えるのではないか。

 私はそれより前に英語の読み書きは不要だと思っている。
 0歳から4歳ぐらいまでは、聞くことに専念し、頭の中に英語の部屋 
 を作ることが大事なので、どちらかというと、絵本は見るだけの
 絵は多少細かくても何が書いてあるか探す系のものがいいかも
 しれない。子供はそういう細かい所を発見するのが得意なので、
 字を読むより絵を楽しむ・・・それを徹底した方が注意力もついて
 じっくり何かに取り組むことができる子になる可能性が高い。
 「I SPY」などはそういう意味でも幼稚園時代にかなりお勧めだ。

 セット教材などにも絵本はついてくるが、それは耳からと映像で
 入力がしっかりされているからこそ活きてくるわけで、単独で 
 使うものでは本来ないので、絵本は映像とCDがあって連動してい
 るものであれば最高に効果があると言える。

 では、幼稚園時代に読む絵本の数はどれぐらいあればいいのか?
 うちでは正確に数えたわけではないが、CTP全部とリタラシーリン
 クスだけでも200冊ぐらいにはなるので、それ以外のものを入れて
 およそ300冊(もうちょっと少ないかもしれない)
 それぐらいは読んだと思う。
 
 この数字が多いのか少ないのかはよくわからないが、実際に
 家にあるのは、リタラシーリンクスとその他の絵本だけなので、
 何度も読んだのは、150冊ぐらいではないだろうか?
 なのでそれほど多くはないと思う。むしろ少ないものを回しなが
 ら活用していたと言える。定着率を上げたいなら、何度も繰り返
 す方が効果的なのは言うまでもないので、次々と新しいものを買
 わずに、何度も読み返すことにした。そのおかげで、すぐに飽き
 るという子供特有の現象は、意外とうちでは少なかったように思う。

 多読多聴の原理からいくと、もっとがんがん与えて数多くの事例
 に出会うことで、使われ方を習得するという方法もありだとは
 思うが、お金の面でも洋書は高いので、そんなにガンガンと言う
 訳にはいかないだろう。でも、海外の無料サイトなどから絵本 
 を補っていくことで、多少なりとも多読の環境を整えることは
 可能だ。なので、多読と精読の組み合わせがいいのではないかと
 思う。

 こちらのサイトなどがおすすめ
  ↓ ↓ ↓
 http://www.magickeys.com/books/

 年齢別に適切なレベルに分かれているので、選び方で迷う方には
 便利だと思う。

 小さい子供向けのものは、文字もこんなに少なく見やすい。
  ↓ ↓ ↓
 buzzy bee

 このようなものを集めて自分で絵本にする作業をすれば、少し
 手間はかかるが、たくさんの短い絵本をお金をかけずに手に入れ  
 ることも可能だ。

 親ができることは、こういう裏方仕事であることの方が多いので
 これならどんな英語下手でも必ずできるので、是非ひと手間
 かけてあげてください。

 


 何を血迷ったのか、髪の毛を20センチ以上
 切ってしまい、涼しくなりすぎて何だか
 落ち着かないまめっちママに応援クリック
 よろしくお願いします。
 (これで娘からチャウチャウと言われずにすむ)
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング


関連記事
* Category : 英語育児 まずはここから
* Comment : (9) * Trackback : (0) |

* by mizuno
初コメです。

英語の読み書きの前にまず日本語力は必要ですよね。

参考になります。

mizuno様へ * by まめっちママ
コメントありがとうございます。
日本語あっての英語ですから、日本語力の
伸びがないと英語もそれ以上にはならないです。
また興味がありましたら、ブログに遊びに来て
下さい。

* by mayumi
まめっちママ様
初コメントさせて頂きます。
ブログはいつも読ませて頂いており、
とても参考になっております。
現在、CTPや英語DVD等を利用し
英語育児を少しずつ始めていおります。
1歳10ヶ月の母です。
最近本にあわせて単語を拾って発音することも
あり、もう少ししたら暗唱を始めようかと
思っております。
お忙しくなければお伺いできれば幸いです。
まめっちママさんはCTPとリタラシーリンクスを同時に使っておられたのでしょうか?
CTPをやった後にストーリテラーに進もうかと考えているのですが、リタラシーリンクスははずさず行くべきですがね?背伸びをせず、短い本をたくさん与えた方がよいとは思うのですが、お使いになってどうだったかお伺いできれば幸いです。
これからもブログ参考にさせて頂きます

mayumi様へ * by まめっちママ
コメントありがとうございます。
CTPとリタラシーはたぶん同時期にやっていたと
思います。うちは読みは遅かったので、4歳から
5歳ぐらいの話です。

リタラシーリンクスですが、現在は販売終了に
なっているようです。なので中古でしか今後は
手に入らないみたいです。
そのかわりにI can readという新しいDVDの絵本
教材が出たようです。同じぐらいのレベルで
見た感じはとても便利そうです。

そういうわけなので、CTPを中心に進めて行き
レベルを見ながら次のストーリーテラーにするか
どうか決めればいいのではないでしょうか。
CTPだけでも結構すごい量ですから、それを
きちんとやてからでもいいとは思います。

今は本当に色々な教材が出ましたよね。
私の時代よりもっと豊富で、もう買うことは
ないですが、もし娘が今幼稚園だったら、きっと
あれこれ試してみたと思います。(笑)

ネットには無料で小さい子供でも楽しめる
デジタル絵本のサイトがたくさんあります。
それらを上手くパソコンに保存して活用する
のもいいですよ。私のブログでもカテゴリー
英語育児まずはここからシリーズを最初から
読んでいただければ、詳しく保存の仕方や使っ
たソフトなどを紹介していますから、是非
難しいと思わずにチャレンジしてみてください。
教材費って馬鹿にならないですしね。(笑)



* by mayumi
まめっちママさん
アドバイス、どうもありがとうございました。
実はまめっちママさんの
「英語育児まずはここから」1回から
読みふけた隠れファンです(笑)
いつも的確なブログがとっても参考になります
これからも、楽しみに読ませていただきまし。
ありがとうございました。

便利な世の中ですね~ * by Cassis
無料サイト、増えてきましたね~。
便利だけど、あまたあるサイトの中から探すのは大変なので、紹介記事は役に立ちます~♪

とはいえ、うちの子は最近、絵本の読み聞かせにあまり興味がわかないみたいなんです。
何か工夫が足りないんだろうか~、それとも、なんとなく私が面倒くさく思ってしまっているのを察知しているんだろうか~?と…。

我が家は今、CTPのかけ流し中です♪

Cassis 様へ * by まめっちママ
確かにたくさんあるサイトから探すのは大変です
よね。私も娘が小さかったら、なかなかそんな
暇なこともできなかったと思うので、今だから
色々ネットサーフィンしながら、ああここいいな
あとか、これは小さい子に役立つだろうなとか
もう自分の娘には役立たないのに、つい見てしまいます。(笑)
絵本はうちも実はそんなに好きな方じゃなかった
んです。どちらかというと音が聞こえる動く映像
DVDの方が好きでしたね。他のことをしてても
それって出来るじゃないですか。絵本だとうろうろ
できないから、じっと座って聞かなきゃいけない。
そういうの苦手な落ち着きのない子だったので、何か
適当にあっちで折り紙して、こっちでお絵かき、時々
ちらっとDVDを見るなんてことをいつもやってたので、
絵本は動くと読めないんですよ。(爆)
ルルーちゃんも、もしかして好奇心が旺盛だから
静かに座って何かをするより、アクティブなこと
の方がいいのかもしれないですね。

* by hama
こんにちは。英語の絵本、まだあまり持っていないです。今はまだ二歳なので、日本語重視にしています。ところで、オックスフォードリーディングツリーは購入したことありますか?音声のついた絵本はやはりCTP?がおすすめなのでしょうか?

hama様へ * by まめっちママ
うちも4歳ぐらいまで英語の絵本はなかったです。
CTPもうちにはなくて、園で読んできたみたいです。
ORTも少しは読んだと思いますが、うちには
ないです。でも、あれはとてもいいものだと
思いますよ。どちらがいいとかではなく、好きか
嫌いかかもしれないです。音源がCTPの方が面白い
んですよ。でも、カリキュラム性とか総合力で
考えるとORTも優れていてどちらも今の英語育児
にはあって損はしないものだと思います。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。