オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2010-08-23 (Mon)
 毎日暑すぎて体がだらっとしてしまい、ついエアコンのきいた室内
 に閉じこもりがちになる。そんな中、娘は今日も朝から日曜特訓
 に出かけていたので、夜の9時過ぎに帰宅するまで、12時間!

 昼も晩も塾でご飯を食べるので、なんだかかわいそうになるが、
 熱中症になる人が今年は異常に多いようなので、室内で涼しく勉強
 できるのは、まだましかなと思うことにしている。

 これだけ忙しいと、英語の時間は限りなくゼロになり、かけ流し
 でさえ最近は日本語になっている。ではいつ英語をやればいいの
 かということになるが、受験が終わるまでお休みにしてしまうの
 も一つの手ではあるけれど、それでは心配になるので、あまり
 好ましいとも思わないけれど、休憩時間に見ているyoutubeの英語
 字幕を読んだり、あるいはコメントの英語を見たりして、外国人
 が何を考えてどんな感想を持ってるんだろうと好奇心一杯の娘は
 マニアックに勉強しているようだ。

 すらすら読めるのは、こういう時に便利だなと思う。
 私は英語の文字がどっと並んでいると、いらっときて殺意を覚える
 (誰にやねん?英語に・・・?)ほどなので、できるなら読みたく
 ないと思ってしまう方だが、このご時世では、英語で書かれている
 情報を読みとれないと、世の中に乗り遅れるし、不便も感じるので、
 仕方なく眠くなるのを我慢して英語の活字を読んでいる。

 でも、娘はストレスを感じないで英語を普通に読めるので、情報を
 ネットからそのまま訳さず読みとれるのは、やはり強みだ。

 世界を見ていると、英語が標準になってしまっているので、いくら
 正当な理由があって英語至上主義になってはいけないと唱えたとこ
 ろで、やはりある程度の英語力はないと困るのも事実だ。

 もっともその情報の英語が読めても、基礎になる知識の部分が欠如
 していたら、何を言ってるのか理解できないだろうから、単なる
 会話馬鹿ではだめなのは言うまでもないけれど・・・

 外資系企業が必ずしもいいわけではないし、日本企業が言葉だけ
 英語にしてみても、国内では日本人同士で英語で会話する必要も
 ないだろうし、込み入ったことは母語で話す方が自然なのも事実
 だが、これだけ世界の垣根がなくなっていくと、普通に国内でも
 英語が公用語になるべきだとは思う。何十年先の未来を考えると
 その方向に進むしかないだろう。

 今はまだ時期ではないと思うが、学校での英語教育がやっと議論
 され始めたばかりで、遅れすぎているので、まずはそこから
 すべての子供が英語を普通に理解して一応使えるレベルぐらいに 
 はもっていかなければいけないと思う。

 一部の特殊な人達だけで盛り上がってハーバードだの何だのと
 言う前に、国内で英語が普通に身に着くようにすることが先決だ。
 
 国は遅々として英語教育を進ませないので、自分でやるしかない
 のだけれど、受験もちまちまと重箱の隅をつつくような問題を
 出したり、やたら長い計算で時間だけかかるような問題を出して
 根気と根性だけを見るようなことはやめて、新しい問題形式に
 してほしいとも思うが、努力するという基本の部分を評価する
 のは、日本的なよさでもあるので、斬新な発想は出てきにくい
 けれど、平均的な能力の大量生産は可能なので、その特性をいか
 して、英語教育も一定レベルにそろえるのは、日本なら案外でき
 そうにも思うのだけれど・・・・
 
 まあ愚痴ってみても仕方ないので、前向きに自分が工夫してやる
 しかない。

 そういうわけで、相変わらず我流で枠にとらわれない英語勉強法
 でうちはやっているが、使えるものは何でも使う方向で、たとえ
 それがゲームであっても、漫画であっても使い方次第でいくらで
 も役立つと考え、規制しまくることは今後もうちではないだろう。

 こんなことを書くと、だらしない家庭で甘いなと思われるかもし
 れないが、この間、「プレジデントファミリー」がいきつけの
 場所に置いてあったので、久しぶりに読んでみたが、あまりにも
 絵に描いたような家庭ばかりで驚いた。

 塾で成績トップの子供の家庭はどんな様子かというようなもので
 どの家庭にも共通しているのは、朝型で家族全員そろって朝食
 を取り、ニュース談義を親子で繰り広げる・・・
 もううちなんかと比べたら、月とすっぽんほど違うので、ああ
 うちはダメダメ家庭だとそこだけを見たら思ってしまうほど違っ
 ていた。

 父親がまた教育熱心で子供の勉強を見てやれる高学歴・・・
 格差を見せつけるような家庭環境だったが、本当にそういう家庭
 でないと頭のいい子は育たないのかは疑問だけれど、親の無関心
 より確実にいいのは間違いなく、関わり方はステレオタイプで、
 例外があまりないのは気になるが、真似してみる点も多く、これ
 が雑誌の売れるゆえんなのだと思った。

 うちは全員朝食卓を囲むなどということは、まずないので、その
 時点で☓なのだけれど、親子の仲がいいという点は少し共通して
 いるかな・・・?

 パパは全く勉強を見るタイプじゃないし、私も基本的には勉強
 をつきっきりでは見ないので、予定管理しかしていないし・・・
 娘が先に起きて勉強していることだってある・・・(反省)
 朝は冬眠中のカエルを無理矢理おこしたぐらい死んでいる状態の
 私なので、とても6時前に起きるとか、そういう無理なことは
 できないので、最初からしないことにしている。

 テストの日とかはいやでも起きるが、普段夜型の仕事の旦那に
 合わせて生活しているのに、朝出勤の人と同じシフトでは動け
 ないのが当然で、理想と現実は違うと割り切ることで、うち流
 の勉強の仕方でやっている。
 
 標準と思われる?ような型にはめようとするから、親も子も
 疲れるし、それからずれると、うちはだめなんだとなってし
 まい、落ち込む原因になるので、自分の家庭環境で可能なこと
 を自分が無理だと感じないレベルで頑張ることで親子間で合意
 していればそれでいいのだと思う。

 とはいえ、小さいうちは親子で決めたと言っても、ほとんど親が
 誘導して押し付けただけなので、実際の子供の意志などは、実は
 ないわけだが、それをあたかも子供が自分で決めたと錯覚するよ
 うに導いて、子供の満足が得られるように持っていくことが一番
 上手くいく秘訣だと思う。

 

 
 最近作文が得意になって、人より違った
 視点で鋭く書くことに生きがいを感じている
 娘・・・・案外物書きなんかになっていたり
 するのかも・・・ちょっと理系ではない道も
 考えておいた方がいいのかなと・・・今から
 悩んでどうする状態のまめっちママに
 応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング



関連記事
* Category : 英語勉強法
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する