オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2010-08-19 (Thu)
 またタイトルが挑戦的で、お叱りを受けるかもしれないが、色々
 経験してかなり無茶もやってきて、迷走したからこそ言えること
 がたくさんあるので、伝えておきたいと思う。

 もう私が語らなくても「エチカの鏡」でS&Sスクールの話は十分
 すぎるほど見られたことと思うので、それとは関係なく、私自身
 が、やはり早期教育の進め方でやってほしくないと思うことが
 あるので、そのことについて書くことにする。

 早期教育がいいか悪いかという次元の論争は無意味なので、
 ここではしないということで、するならば、どういうやり方が
 一番いいだろうと建設的に考えてみた。

 早期教育と言えば、超低年齢でできるからこそ、世間ではすご
 いと褒める。これは水戸黄門の印籠のようにば~んと見せると、
 はは~とひれふすほどの効果があるのも事実だけれど、よく考え
 ると、全然すごいことではないので、実際は大半が少し大きくな
 れば皆できることに過ぎないと考えると、英検を2歳から受けて
 史上最年少になっても、単なるギネスブックみたいなもんで、い
 くら早く受けてもそれを使う年齢になる頃には皆その級はクリア
 しているのだから、なぜその子供らしいその時期にしかできない
 時に、大人になってからでは決して感じられない感動を与えてや
 らないのかと思う。

 うちの娘の英検2級合格でさえ、早すぎると思っているのだ。
 小学生になるまで、回りから英検どうしますか?と言われ続け
 てきたけれど、受ける気はさらさらなかったので、小学生に
 なってようやくマークシートがどういうものか理解できるよう
 になったから、受けてもいいかなという気になったが、それでも
 住所の漢字は書けないし、受験場所の大学名も難しかったから
 随分大変だった。

 親がつきっきりでないと受けられない子供が椅子に座って試験を
 受ける・・・それをさせる親が存在するということが不思議で
 仕方なかった。もちろんうちの娘よりずっと優秀で、住所も
 マークもばっちりできて、じっと集中もできるという子供もいる
 だろうから、それは親のしつけと育て方が素晴らしかったんだ
 ろうなと思うけれど、それでも2歳なんていうのは論外で、その
 年齢は魔の2歳児と言われるぐらい、親がてこずり育てにくい
 のが普通だから、テスト会場にいるなどというのがあり得ない
 年齢の壁を無視した行動だと思ってしまう。

 それでもできるのだからいいのかもしれないが、その年齢なら
 もっとやれることが他にあるでしょと…余計なお世話的なこと
 を思ってしまう。

 なぜ最年少でないといけないのか?それはまるで事業仕分けで
 「なぜ一番でないといけないのですか?2番じゃだめですか?」と
 言ったのに似ている気がする。

 科学者からおしかりを受けそうなので、下手に素人考えでどうの
 こうのと言うつもりはないけれど、記録は抜いたら必ず抜かれる
 のが常なので、それを競うぐらいなら、もっとたくさん他の
 人々のためになる政策にお金を使いたいと考えること自体は決し
 て方向性として間違ってはいない。

 その話とこの話はちょっと違うかもしれないが、低年齢を競う
 ような方向が早期教育では断じてないと思うので、間違っても
 何歳で何ができたというところだけに目をむけないでほしいと
 思う。

 それより、その年齢でしかできないことをやれなかったことの
 方が後々大人になってから、後悔を残すことになっている場合が
 ものすごく多いので、納得いくまで無駄に見えることをやる
 勇気も必要だと思う。

 人は誰でも自分ができなくて後悔したことを子供には同じ道を
 歩ませたくないと強く願うもので、勉強をあまりしなくて後悔
 したから子供には学歴をと考えたり、あるいは、じぶんが英語を
 話せなかったから子供には苦労させたくないと考えたり・・・
 こういうことはよくあることなので、余計に親心が行き過ぎて
 もっともっとさせたい病になる傾向があるように思う。

 そこをどれだけバランスよくできるか・・・自分の勝手なエゴ
 の押しつけにならず、それでいてやれる時期に最大の努力を
 惜しまず、才能と可能性を広げてやれるか・・・

 一見矛盾している物同士だけれど、どちらかしかできないのでは
 なく、どちらも上手くやりたい・・・ちょっと欲張りだけれど
 できれば素晴らしい・・・そんな早期教育ならやってもいいなと
 思えた。だから本来なら早期教育反対派だった私も年齢を競った
 り、誰かと勝ち負けを争うことなく、昨日の自分より今日の自分
 が進歩したねとうれしくなるような方向でやれるならやってみよう
 となったわけだが、うちができたかどうかは、まだもう少し大人
 にならないとわからない。

 少なくともあの時期にしかできなかったことは、たくさんさせた
 つもりだ。外遊びは死ぬほどやった。太陽を一杯に浴びて、じっ
 とすることなどほとんどなかった娘は、自由に生きていたと思う。
 (たぶん・・・・)

 英語教材を買い、ちょっと遠い幼稚園にも行かせてしまったけれ
 ど、それでも毎日が刺激的で楽しかったと言える。現在は小学生
 らしい生活は、確かにできていないけれど、10歳までは、そこで
 しかできない子供の生活を満喫させてやれたとは思っている。

 お稽古ごとや英語やら、回りから見れば大変なことをしていたよう
 に思うかもしれないが、あれほど楽しく経験豊かな子供時代は
 地元の幼稚園に通っていたら、絶対に得られなかっただろうから
 英語保育をしていてよかったと心から思う。

 アドバンテージも逃げ切りも、思うほど早期教育であるわけでは
 ないけれど、それだけではない豊かな人生経験をさせてやれた
 だけで、お金も使った甲斐があったというものだ。

 皆が一流にはならないし、同じことをしても差が出るのが現実な
 ので、もしかしたら損したと親が思うこともあるだろう。

 お金をかけた割に大して物にならなかった・・・
 
 そんなリスクも十分あるけれど、それでも何か特別に輝く物を
 見つけてやりたくて、出来る範囲でやるのなら、そこに損得勘定
 は関係なく幸せな思い出が残るのなら、誰にも批判する権利など
 ないのだとも思う。

 早期教育は成果の先取りという意味合いが結構深いので、私は
 今でも、もろ手を上げて賛成ではないけれど、やり方を工夫して
 ゆっくり進めれば、ほとんどの場合、大きくなってからもただの
 人にはなっていないように思う。

 だからうちでは、適度に早期教育で勉強の習慣をつけ、観察した
 り自分で何かを発見するひらめきと粘り強さの両方を兼ね備えた
 人になってほしいと願っている。

 娘の性格は粘り強いかどうかは、ちょっと疑問だけれど、頭を
 フル回転させ、その時どうしたら一番いいかを考える子供には
 育ったような気がする。

 例えば、迷子になっても娘は決して泣かなかった。4歳児が
 都会のど真ん中で親とはぐれて、どこかわからない場所であっ
 ても、その時使える知恵を最大限に活かして切り抜ける・・・
 そういうことができる子だった。
 決して人について行ったり、泣いて通りすがりの人に保護しても
 らうタイプではなく、一番近いデパートに行き、インフォーメー
 ションセンターのお姉さんに保護してもらっていたぐらいだから、
 私も驚いた。娘が行きそうな場所、唯一知っている所は・・・
 私の頭もフル回転したが、きっと娘ならあそこに行ったはずだと
 思った私は、はぐれた場所から行ける最短のデパートの入口が
 意外に近いことに気づき、そこしか娘が行くはずはないと思い
 探しに行ったら、ちゃんとそこに娘は待っていて、何食わぬ顔で
 大人しく座っていた。

 昔からそういう機転がきく子だった。携帯の充電が切れたら
 ちゃっかりソフトバンクに駆け込み、充電してもらっているし
 私と連絡が行き違いになり、何度電話しても私とつながらなかっ 
 た時は、交番のお巡りさんが家を訪ねてきて、私に何かあったの
 ではないかと娘が知らせたようで、そこまで頭が回るのかと
 驚いた。危機管理は人一倍教えてきたから、娘も普段はぼ~と
 していて、忘れ物ばかりするし、今言ったことを3秒後に忘れる
 魚のような性格なのに、こういう時は誰よりも要領よく一番
 その時にしないといけない事をちゃんとできる子に育ってくれた。

 早期教育してもしなくても、こういうことはできるのかもしれな
 いが、少なくとも何歳で何ができましたを競うより、生きる力を
 つけてたくましく切り抜ける人になってくれる方が私は何倍も
 うれしい。
 
 親がつきっきりになって勉強を仕込むより、何かあった時にどう 
 すればいいかを教える・・・そういう親でありたい。
 親の勉強ってそういうものではないのだろうか・・・?

 
 


 しっかりしすぎている娘だけれど、
 忘れ物はいつもダントツで、先生から
 すべての物を預かっておきますと
 言われる情けない部分がどうにも直らない
 ことに悩むまめっちママに応援クリック
 よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング

 
 

 
 
 
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (8) * Trackback : (0) |

挑戦的 * by リンゴ好き
私も「挑戦的な」コメントしたくなりました(爆)

というのも、
池田信夫さん(@ikedanobu)のこんなtweetを見たからかも。

「デジタル教科書なんてどうでもいいから、英語をせめて北朝鮮より上にしてほしい。」
「それでも多くの日本人は、沈んでゆく日本からexitできない。英語がへただから。ひどい英語教育は、国民を「座敷牢」に閉じ込めるための政府の深謀遠慮かもしれない。」

http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51451544.html

ついでに、孫さん(@masason)のtweetも...
「保守派は現実を見る。革新派は未来の現実を見る。」

早期教育でも何でもいいから、とにかく英語できるようになりましょう!!

早期教育推進派が革新派かどうかはわかりませんが、
じっとしたままでいたり、人任せにしていては、
状況がどんどん悪くなるってのが、日本教育における現状のようです。
ポジティブに、世界中どこでも行きぬける力を身につけ(させ)たいですね。

リンゴ好き様へ * by まめっちママ
日本人にとって英語は永遠の課題のようですね。
北朝鮮より下だとか・・・そういうのもよく
聞きますが、実際比べる対象が違うので、
日本人と北でテストを受けている人の
層がそもそも違いすぎるというのもあるようで
すから、比べるのは無意味だなと思います。
見栄えのいい人だけ受けさせたら点数は上がりますしね。

塾で言うなら灘に受かりそうな子供を集めて
テストを受けさせた場合と、一般クラス全部で
テストをうけさせてどっちが平均高かったかと
言ってるようなもんですから。

まあ小さい頃にやった方が確かに英語を聞きとる
能力だけは高くなりますから、家で英語を聞く
環境はあった方がいいですね。

でも、小学校でやってる英語は本当にだめです。
あんなのでは英語はものになるどころか
中学高校で落ちこぼれをもっと作ってしまい
ます。やるならとことん中途半端ではなく
毎日英語の時間があるぐらいにしないと、
一週間に一回だけ英会話スクール以下のことしか
できないでは、予算の無駄使いだと思います。

音声教材を配布して宿題に出すぐらいでないと
定着もしないでしょうから、そんなことも
できないようなら国語の時間を増やして作文
指導したり、それこそ討論したりした方が何倍も
有効だと思います。

熱くなってきましたね。(笑)
英語教育は議論している暇があったら、とにかく
最前線の英語保育の現場を見てほしいです。
だからといって行き過ぎた英才教育の現場を
うつすから、また異常だとなって、ますます
普通にこつこつやっている多くの親たちの努力
がまともなものに見てもらえなくなる・・・
これがいけませんよね。テレビもそこんとこ
考えてほしいです。
やり方は様々ですが、英語教育もやっていると
不思議と段々方向性が似てくるんですよ。
結局、試行錯誤しているうちに見つける結論が
同じだからで、そこに到達するプロセスは違う
けれど、到達点は限りなく似ているなと、最近
つくづく思います。



* by maple
こんばんは。
まめっちママさんの意見激しく同意です!
私も娘に一過性のものではなく、一人でもたくましく生きていける力を持った人間になってほしいです。
最近はテレビで煽られることが多くなってきましたよね。
でもそういう情報に流されずに親が信念を持って取捨選択しながら我が子にとって最善の方法をとることができる、これが大切なのかなって思います。

それにしても娘さんすごいですね~自分できちんと問題を安全かつ確実に解決する方法を考える事ができるなんて。
我が子にはまめっちママさんの娘さんのようになってほしいなってつくづく思います。
私もバランスよくエゴで推し進めるのではなく子供の可能性や将来を信じて頑張ろうと思います。

maple様へ * by まめっちママ
賢明な英語育児をされている人達は
テレビに踊らされたりはしないですよね。
ああそういう世界もあるのねぐらいに見て
おいて、良い部分だけ吸収していけばいいわけ
ですから(笑)
でも、結構自分はまともだと思っていても
実はそれでもかなり行き過ぎているということ
はよくあります。

親子英語をされている中では普通のことでも
外から見れば十分テレビとかわらないよと
言われるようなこともあるとは思います。

私もそのことがわかっているので、自戒の念
も込めて、ブレーキをかけながら進んでいこう
と思ってます。
でも、今のお母さん方はちゃんと見るべきところは
見て、上手に子育てしてるなと感心します。
mapleさんも上手にバランスいつもとってますよね。
私が娘を育てていたころは、こんなに冷静じゃなかった
ので、もっとちゃんと計画的にやっておけばよかったです。
本当に人間って後からわかるんですよね。


* by Fuzzy
おはようございます^^

Souも小学生になり、今までとはレベルが違う英会話教通っているものですから、私の周りでも「英検受けるけど一緒にどう?」という、お誘いが増えてきました。
実は私もまめっちママさんと同じで、「そのテスト内容が分かる年齢になってからでいいんじゃないの?」と思ってる人なんです。

隣に保護者つきの受験もなんですが.........
私はどうも内容自体をよく理解できていないというのが嫌なんです。
内容というのは英語自体は理解しているのかもしれませんが、ある年齢に達さないと理解できないことってあるじゃないですか?
例えば右、左や季節感など。(うちのSouは、未だにどの順に季節がくるのか知ってるのかな?怪しい^^;)
私はそういう事をしっかり理解できるようになってからでいいんじゃないかなぁと思ってます。それでこそ合格の意味があるんじゃないかな?

Souは今、スピーチコンテストに向け頑張っています。このスピーコンテスト参加を決めたのは、英検とかより、今もっている等身大の英語で人前で自分のことを語れるようになって欲しいからです。

よく「あんなにお金かけたのに」という話は聞きますが、我が家では「子供は親を裏切るもの」と思ってお金がかかるものと諦めています(笑)ただ、自分達(親)も悔いは残りたくありませんからね。
お財布と相談して、かけれるものはかけてあげたいと思います。

娘ちゃん、お勉強頑張っていますね!
埼玉からいつも応援してますよぉ^^

Fuzzy様へ * by まめっちママ
Fuzzyさんもやっぱり年齢が来ないと理解でき
ないことをわからないままで何でもいいから
合格させてしまえとは思わないタイプなんです
ね。うちと同じですね。

確かに英検でも何でも合格点は意外と低いので
まぐれ合格あるんです。うちみたいに(爆)
でも、それこそ言葉も意味も背景も政治のことも
色々わかってないのに、英語は何となく読める
し、リスニングはできてしまうから、合格ライン
に到達できなくはないんですよね。

色々な考え方があるので、合格すればこっちの
もんだという考え方もありですが、うちは少なく
とも、納得してないことはうれしくないタイプ
です。特に娘はそういう傾向がありますね。

それにしてもお金はかかりますね。
うちも今塾代がすごい!英語の比じゃないです。
もうこれ全部貯金できできたら、どんだけ豊か
なんだろうって思っちゃいます。(笑)
でも子供は裏切るもの。確かにそうです。
期待しすぎてがっかりするぐらいなら、最初から
そんなことしなければいいのです。勿体ないと
考える人は、早期教育はするべきじゃないんで
すよ。見返りを期待しない、もし成功したら
もうけものぐらいの気持ちで子供と楽しく勉強
できたらそれでいいのよと思える人がやるべき
だと思います。何が何でも一流にならないと
した意味がないと言うなら、ほとんどの人は
失敗になりますからね。そうではなく、子供に
可能性や夢を与えたいという親心で、そこには
損得だけではないものがあると私は思ってます。

親が思うようにならないことなんて山ほど
ありますし、それでお金をあんなにかけたのに
なんて言ったら、子供は誰もかけてくれとは
言わなかったとなりますしね。
そうはならないように楽しくやりたいですよね。

fuzzyさんちのsou君はたのもしいですよ。
いつも前向きやる気満々だし、スピーチコンテスト
も予選通過されたんですよね。
おめでとうございます。
頑張ってますよね。うちは帰国子女扱いに
なるんですよ。日本育ちで幼稚園時代にプリに
行っただけで、小学校は公立だし、親も日本人
で、どちらかが英語話者でもないけれど、枠が
素人扱いにならないんですよね。
長い年月海外にいたほとんどネイティブの子と
同じ扱いになるので、このコンテストは最初
から去年は枠外でした。今年は何か帰国組の
エントリー枠もできたようですが、うちは
受験生なので、やってる暇がなく残念です。
その分、sou君の活躍応援してますよ~。




* by hama
S&Sのサイトみました。教室が遠くて逆によかったです。もし近い場所だったら冷静な判断ができず通わせてたかもと思うと。。。メディアの影響は恐ろしいですね。

私も英検はどちらでもいいと思います。英検は国内でしか通用しないし、会話力とはあまり関係ないですよね。
今通ってるプリでも英検は受けることができますが適当な時期にと考えてます。嬉しいことに、プリに附属して言葉の学校が開講します。まめっちママさんが話題にしていた速読速聴の学校です。うまく利用できればと思います。

毎日暑いですけど、正念場ですね!受験勉強&サポート頑張ってくださいね!

hama様へ * by まめっちママ
S&Sはうちの娘が幼稚園の頃からプリスクール
ママの間では注目されてましたが、親がものす
ごく熱心でないとついていけないです。
私の友だちが実家がそっちの方面なので、見学
に行ったんですが、それはすごかったそうです。
朝子供と一緒に登園して親もそのまま後ろで一緒
に授業うけるんですよ。
それぐらい子供のやっている授業の中身を把握
しておいて、家でもフォローするような家庭でな
いとついていけなさそうです。
5歳か6歳で英検2級なんてざらにいます。
子供でも訓練次第で静かに座って授業を受けたり
天才に育つことは可能なんですね。

でも、天才に育つことやハーバードに入ることが
幸せかどうか・・・それだけが成功者のように
言われるのには違和感があります。
お金にもならないのに、世界の貧しい人や恵まれ
ない地域のために奔走している人達もいると
思うと、エリートになって勝ち組になるための
勉強をまだ赤ちゃんのような時期から始める事
にものすごく抵抗があります。

お金はあったに越したことはないし、このご時世
だから少しでも役立つ勉強をして社会で困らない
ようにスキルを身につけることには全然反対で
はないし、子供の可能性を伸ばすのも大いに賛成
なんですが、金にならない芸術や研究もする人
がいるからこそ、多様な価値観から素晴らしい物
が生まれてくるような気もするんですよね。

うちは娘がアフリカに学校建てるとかそっち系
なので、英語でデイベートできて、人を言い負
かすような口にならないで、誰も見ていなく
ても、ひっそり何かを一生懸命やってそうです。
もうからないだろうな・・・(爆)

コメント







管理者にだけ表示を許可する