オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2010-08-02 (Mon)
 久しぶりにi padねたでも。
 我が家には実は私と旦那とで2台のi padがある。私の方は主に
 家族や自分の予定管理のために電子手帳の代わりとして、あるい
 は据え置きタイプの電子カレンダーとして、また写真を入れて
 いわゆるデジタルフォトフレームのようにしたりして使っている。
 電子書籍を読んだり、雑誌のちら見などにも重宝していて、買って
 よかったなとつくづく思う。

 その中でも英語の雑誌見本が丸ごと読めてしまうFujisan
 のアプリは中身が濃くて重宝している。

 前から読もうと思ってそのままになっていた毎日ウィークリーの
 電子版の見本がダウンロードできるし、他にも週刊STやジャパン
 タイムズウィークリーなども読めるのでうれしい。

 見本誌とはいえ、無料でこんなに読めるのだから有難い。
 そういうものが何冊もあるので、i padの大画面ならではだなと
 感動している。

 旦那の方は何に使っているかというと、実はまだ完成に時間がかか
 るので、発表の段階ではないが、英語教材を作成しているので、
 それのデーターを入れている。ムービーとして出来上がった作品を
 iphoneとPSP更に各社携帯に対応できるように私がファイル変換し
 たものを実験的に入れている。

 それぞれが自分の用途でi padを活用しているわけで、デジタル
 機器を使って勉強する時代はもうすぐに到来すると思われる。

 予備校でも近いうちに標準装備になりそうな気がする。

 ところで昨日、初めて3Dテレビなるものを家電量販店で見た。
 やはりとても迫力があり、うちの超厚型ブラウン管テレビとは
 雲泥の差だった。画面の美しさもさることながら、2Dで録画
 した子供の運動会のビデオなども3D変換できるらしく、それは
 すごい機能だなと思った。

 あまりに画面がきれいなので、次は絶対に3Dにしよう。
 (と言いながら、まだ今のテレビにしがみつく
 ショップの人の話では、メガネなしで見られる3Dテレビは、当分
 普及しないとのこと。メガネなしのものもどこかが出したと思う
 が、今よりもっと画素数が多くないときれいに見えないそうで、
 技術的には可能でも、当分は今のメガネありが続くとのこと。
 
 3Dと言えば、USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)に行った
 時、シュレックやセサミストリートが大画面で飛び出してきて、
 娘はいつも目をつぶってばかりで、メガネをはずして見ていた
 ことを思いだす。ターミネーターに至っては、ずっと目を閉じっ
 ぱなしで、何しに行ったのか状態だった。

 それがあそこまでではないが、家庭で体験できるのだから世の中
 何て進歩したのだろうと思う。

 来年は受験合格祝いにUSJにまた行くと思うが、ディズニーランド
 も行けたらいいなあ・・・(実はまだ一度も行ったことがない)





 9月から日曜特訓で最難関コースに行くことに
 なった娘・・・・この夏どこまで苦手な社会が
 克服できるか・・・それが勝負かも・・・
 来年娘が笑ってディズニーランドに行けるように
 心優しいみなさん応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング



 
関連記事
* Category : 洋書、雑誌、新聞で学ぶ
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

バランスのとれた英語力 * by リンゴ好き
夫婦それぞれでiPad持ちなんて、かっこいいですね。

ところで、まめっちママさん、英語教材を作成されてるんですね~
私の短い塾講師経験から感じたことは、日本の英語教育の比重(というより、受験英語の比重でしょうか)は、英語の読みリスニングに比べて、「英語を書く」ということへの比率が低いということです。

私は英作文の担当だったのですが、かなりのレベルの英文を読み、理解できる学生でも英文を書くということに慣れていない、英語力全体でみるとバランスを欠いている、という印象を持ちました(大学に入ってから矯正されるのでしょうか...)。

writingについては、かなり専門的に集中したトレーニングが必要だと思いますが、本屋でたまに見る、高校生や受験生向けの英作文の教材には、良いと思える教材が少ない気がします(受験には適しているということなんでしょうかね~?)。

どの言語についても、writingが最も難しいということは言えると思いますが、以前トニー・ラズロさんが、「一番難しいこと(writing)から始めると簡単なこと(reading,listening,
speaking)も含めて身に付く」といったようなことを仰ってました。

これって結構「有り」なやり方だと思うんですよね~。writing中心に総合的な英語力を養うようなカリキュラムって日本ではあまりないんじゃないかなって気がします。難しいんでしょうかね...

リンゴ好き様へ * by まめっちママ
贅沢って言われるかもしれませんが、夫婦で
それぞれi padを別の目的で使っています。
色々使用しているのは断然私の方です。旦那
は教材のデーターしか入れてないかも(汗)

で、英語のライティングですが、これ確かに
一番難しいです。リーディングとスピーキング
より難しいですよね。でも、日本語で考えた場合
作文が上手いのは、語彙力があることと、筋道
だてて論理的に展開できる文章力があるかどうか
なので、英語の力というよりは、基本の背景
知識不足からくるものも大きいように思います。

英語って論理的なイメージがありますが、予備校の
先生が問題作成したり解答解説作る時に、悩んでしまう
ような文章によく出会うので、英語だから論理がはっき
りしているわけでもなさそうです。
要は書いた人の文章力と論理に矛盾がないか
どうかなんですよね。

英作文もある程度基本の構文を押さえておけば
減点はされないですよね。思想信条では点数
つけにくいので、一番無難に誰が読んでも
意味が通るように書いてあるかどうかその一点
で、だからシンプルな英文が実は一番減点され
にくく、スマートに書いていることになると
予備校の英語講師の間ではそういう基準で生徒
の作文指導はしているそうです。

これって確かドラゴン桜でも同じようなこと
言ってましたね。(笑)
あれは、ある程度テクニックとしては正しい
と思います。
現実は簡単じゃないですが・・・

大学入試のことばかりになりましたが、グーグル
に入社した日本人が受験英語は役立ったと言って
るのを聞いても、必ずしも受験英語は悪くない
ですね。ただ、英作文を書くには、他の知識が
不可欠で、それがまあ私がよく言ってる
幼少期でも知性を伸ばすことが英語力を結果的
には伸ばすことになるという論理につながって
いたりするんです。

なんか長くなりましたが、娘の英作文もそろそろ
なんとかしないといけないです。中学受験が
終わらないことには、そんなものやってる暇が
全くないので、今はひたすら耳から頑張ります。

* by mherese
まめっちママさんおはようございますv-10
i-pad、我が家にもあるのですが、あの画面で慣れてしまった後にi-phoneを見ると画面の小ささにイライラしてしまう私です。(^^;)
ところでリンゴ好き様とまめっちママさんの上の↑コメントのお話、とても為になりました。英作文、私もすごく苦手なのですが(←まずこの苦手意識からしてダメですね。汗)、ライティング中心の勉強法、とても気になりますよね。一番良いのは本人が自分のやり方を見つけることだとは思うのですが、私なんかは自分のやり方自体が確立しなかったものですから、形から入るタイプの私のような人間は最初から先生に色々と手ほどきを受け、そこから自分なりの英語勉強法を探ったほうが良かったのだと今になって思います。最初から自分で色々模索しすぎて結局モノにならなかった私の脳・・・(涙)
ちなみに私は大学の英語でリーディングが一番点数が悪かったのですが、ある程度「読みこなす」という力もすごく大事ですよね。やっぱり日本語でも英語でも、「文字を読む」って大事なのだなぁと感じます。話が反れてすみませんっv-12
応援ポチリ♪

mherese 様へ * by まめっちママ
そうですね。
英語は耳から聞いて覚え話せることが大事なのは
いうまでもないですが、読むことも書くことも
文字を通しての勉強もやはり大事です。

バランスよくやらないと、会話だけでもだめだし
読めるだけでもだめ。上手く耳も目も使っていき
たいですよね。

私も英語の成績は低空飛行してましたから、
本当にもっと勉強しておけばよかったと後悔
しています。娘ができて一緒に英語をやり始め
てから、はじめて日常会話の超簡単なことが
理解できるようになったんですよ。
今だからこそ色々わかるようになりましたが
本当に昔こういうことがわかっててちゃんと
やってれば今頃英語には苦労してなかったかも
と思うと、自分の力のなさが悔やまれます。

コメント







管理者にだけ表示を許可する