オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2010-07-28 (Wed)
 英語育児まずはここから第49回

 小さい頃から英語育児をされていると、子供の目覚ましい発達と
 時期が重なって口から英語がどんどん飛び出してくる時期が訪れ
 親は、眼を輝かせてもっと伸ばしてやりたいと思うものだ。

 それで幼稚園に入るぐらいの頃には教材がどんどん増えて、更に
 英語をとなっていくパターンがとても多いので、ここでしておいた
 らいいことと、あまりしなくてもいいことを書いておく。

 うちの場合なので、すべての子供にあてはまるわけではないこと
 を前提に読んで下さい。

 まず、この時期はある程度物ごころがついて、理屈が理解できる
 年齢なので、ここで読みを強化していくことが、そのあとずっと
 英語力を維持していくのに役立つ。

 そこで英語絵本などを本格的に読み始めるといいのだが、実際の
 聞いてわかるレベルより、やや易しい目のものを選び、とにかく
 短くて一冊が終わるようなものを何冊も暗唱していくのが一番
 早い。それこそ一行か二行で終わるものでいい
のだが、そう
 考えると、世間でいいと言われているORTは、まさにその目的には
 ぴったり合っているわけで納得がいく。

 娘が小さい頃は、まだブログなどというものも、ほとんど存在せず、
 取り組みの情報などは、なかったと言ってもいい。だから幼児
 教室(たまたま公園で知り合ったママ友から聞いた)で手に入った
 教材を使うことになり、それが「リタラシーリンクス」だった。

 冊数も多いし、すぐに読める短さがとっつきやすかった。
 暗唱用に作られたものなので、ストーリーを楽しむと言うよりは、
 使える英語をお話のようにしたと言った方が適切な作りになって
 いて、これをとにかく出かける時に持参して、かけ流しにも使っ
 ていた。

 娘は正直暗唱は嫌いで、これを次の週にテストするから覚えて
 来なさいと言われると、絶対にできないタイプだったので、気に
 入ったものだけ勝手に何度か聞くうちに覚えたという事の方が
 多く、暗唱文集などの小難しいものは、興味がなかったので何度
 かけ流しても覚えなかった。これは自分の脳で選択して遮断して
 いるとしか思えず、何でもかけ流せば頭に入るわけではなく、
 更には意識的に聞く努力をしても、全く記憶に残らないものも
 あるのだということなど、脳の不思議な働きを見て、これが
 最善だとすべての人に言えるようなものは、ないのだと思った。

 一人ひとり違うのだから当たり前のことで、DNAだって異なる
 のに、同じやり方で同じ作用をするはずはない。だから幼児教室
 で言われた通りにすべてやっていたなどということはなく、自分
 でチョイスして暗唱もうちはもうやらないと決めて、無理に覚え
 させなかったし、それを競ってどこまで進むかなどには全く
 興味がなかったので、他の子がシールを貼ってもらってどんどん
 進もうとマイペースでのんびりしていた。
 そもそも進んでどこどこまで行きましたを競う趣旨ではなかった
 はずなのに、教室でこうも取り組みが違うのかと驚いたことも
 あった。そういうわけで、自分と相い入れない部分は捨て、良い
 と思ったことをひたすら実践していくことが、結果的に子供の
 ためになった
と思える。

 こんな感じで、強制せずにお気に入りのものを何度も聞いたり
 見たりすることで、英語が常にそばにある状態を続け、ようやく
 ワークブック的なものもできるようになってきたのが4歳半ぐらい
 のことだった。

 その後の進歩は目覚ましく、遅めにスタートしてかえってよかった
 と思えることばかりで、おむつを外す時に似ているなと思った。

 やっていけないことは、暗唱の強要で、頭が受け付けないものを
 いくら流しても覚えないし、するべきではないと思う。
 仮にそうやって覚えたものは、すぐに忘れるし、それこそテスト
 で一夜漬けで必死に覚えたけれど、苦痛を伴ったせいで、終わっ
 た途端忘れるというあの状態に似ている。

 暗唱はとてもいい方法なのだけれど、やり方を間違えると、英語
 を使えるものにするどころか、覚えるのが大変なものという感情
 を植え付けるだけで、子供にやらせる時は注意が必要だ。

 我が家の話しなので、暗唱が好きでどんどん覚えて褒められて
 先に進むことが励みになるような負けん気の強い子供の場合は、
 少々多めでも子供がやると言っている間は、どんどん進んでも
 問題ないと思う。

 やはりケースバイケースということで、親しかわからない子供の
 性格と個性に合わせて進めて行くことが一番ということだろう。


 


 舞茸がダイエットにいいらしいということで
 連日舞茸料理になっているまめっち家・・・
 昨日は舞茸とエリンギの炒め物、今日は舞茸
 ハンバーグ・・・明日は舞茸丼?・・・・
 いつまで続くのか舞茸ブーム・・・
 流行にはあまり乗らない主義だけれど、茸類は
 ヘルシーで体によさそうなので、しばらくは
 続きそうな予感・・・・
 舞茸好きな方、応援クリックよろしくお願いします
 (なんのこっちゃ!?)
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング



 



関連記事
* Category : 英語育児 まずはここから
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する