オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2010-07-22 (Thu)
 英語育児まずはここから第45回

 今回からしばらくは、年齢別にどこまでやればいいか、して
 はいけない(しない方がいいと個人的に思う)ことは何かに
 ついて小学校に上がるまでを振り返って書いてみる。

 今は、生まれる前から子供には英語を身につけてもらいたい
 という希望をもっていて、計画的に胎教などをされている方も多
 いと思うが、0歳児は基本的に眠ることが成長に一番大切なこと
 なので、個人的にはかけ流しのようなものは、まだしなくても
 いいと思う。潜在意識に働きかけることが悪いわけではないが、
 睡眠の深さが成長にどういう影響をん及ぼすのかよくわからない
 ので、長時間の音の洪水は親が子守唄を歌ったり、静かに語りか
 けるのとは違うので、英語の音声をずっと一日中つけっぱなしは
 しない方がたぶんいいと思う。

 それと当然ながらこの時期にフラッシュカードをしつこく見せる
 のは避けてほしい。0歳児は静かに見てくれるし、動き回らない
 ので、寝たままの子供に見せやすいからといって、たくさん見せ
 すぎると、無表情のサイレントベービーに稀になることがある。

 もちろんそんな風になるのは例外的に長時間親がフラッシュして
 しまった場合なので、普通の生活で怯えることはないけれど・・・

 それとダメづくしで申し訳ないが、家庭環境が許せば、この0歳児
 の時にプリスクールに長時間預けるのもお勧めではない。

 どうしても働くために必要なのだという場合は仕方ないけれど、
 それでも日本の保育所に3歳までは置いてほしい。

 英語ばかりで0歳から育った子供は、日本語が本当に怪しくなって
 いるので、親がコミニュケーションに苦労するほど英語の方が
 できるという場合もあるので、英語を母語にしたいと考えている
 場合は別として、日本語を母国語にしたいのなら、0歳からの
 プリスクールはできるだけ避けてほしい。

 こう書くと、何だか0歳児は何もしない方がいいように思えてくる
 が、そういう意味ではなく、やりすぎないことが大切だということ
 なので、極論で0歳児はやっちゃいけないんだとならないように
 お願いします。

 ただ、プリスクールの例だけ見ると、バランス良くバイリンガル
 になった子供は、4歳過ぎて通ってきた子供達ばかりで、これは
 本当に早期からやるほどいいというものではないということ
 を証明している。

 もっともその子供達も家庭では何らかの英語の取り組みはやって
 おり、地味にこつこつ教材などで楽しんで英語をやっていたと
 いう人ばかりなので、何も働きかけないで4歳までぼーとして
 それでプリに来ただけで英語ができるようになりましたではない
 ので、日本語を伸ばしながらほどよく英語も取り入れてきた
 バランスタイプが一番伸びている
と言えるのではないだろうか。

 では、0歳児にほどよく英語を取り入れるには、何が一番いいの
 だろうか。我が家は0歳のころは英語どころではなく、とにかく
 人並みに寝てほしいというそれだけだったので、夜中にお腹を
 空かせてすぐ起きてくる食いしん坊の娘にほとほと困り果て
 体重が異常に増えて行くのを止めることが至上命令だったので
 英語は正直考えもしなかったので、うちの例では0歳児にこれを
 やりなさいと言えるものは正直ない。
 (ないんかい!と怒らず読んで下さい)
 でも、寝かしつけるために音楽をかけてお腹の上で心音を聞か
 せていたことだけは覚えている。

 だから静かな音楽は子供にも心地よいのかもしれない。
 スピードラーニングのバックに流れている音楽がクラシックで
 それがあることで、すっと脳に英語が刻まれていくのと似ている
 ような気もする。そう考えると小さい音で英語の歌を流したり
 することは有効と言えるのではないだろうか。

 おんぶばかりしていたので、密着することで安心感を得ていた
 娘は、いまだにうつぶせ寝をして、お腹をぺたっとつけている
 のが一番心地よいと言う。
 だからこの時期は取り組みより親子の一体感の方がうちでは優先
 度が高かった。育てにくい子供だったので、取り組みはもっと
 ずっと後で、2歳になる前ぐらいからようやく軌道に乗り始めた
 というところだろうか・・・

 そういう訳で、あまり参考にはならないと思うが、0歳からスター
 トしないと遅いということはないので、なかなか子供がぐずって
 上手くいかない場合や、おでかけに大変な苦労が伴い、英語の
 音声を車でかけたりDVDを見せて大人しくさせられない場合など
 でも、焦ることなくできる時にできることをやればいいと思う。
 要はそこであきらめて何もしなくなることが一番いけないのであっ
 て、スタートの早い遅いではない


 次回は一番成長する2歳ぐらいにした方がいいことと、しなくて
 もまだ大丈夫なことを書く予定。
 あくまでもうちの場合なので、これも子供の成長速度に合わせて
 親が適切に判断されることをお勧めする。
 
 
 

 クールでシビアな娘が
 「いつまでもあると思うな親と金とサンタ」
 と言っているのを聞いて、例のサンタいない事件
 (過去記事「サンタはいない衝撃の告白」)
 が思い出され、旦那にめっちゃむかついてしまった
 まめっちママに励まし応援クリックよろしく
 お願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング


  
 
 
関連記事
* Category : 英語育児 まずはここから
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

うちの子、2歳なので * by Cassis
こんにちは。

うちの子2歳なので、次の記事を楽しみにしてます(^^)♪


Cassis様へ * by まめっちママ
なるべく早めに書きたいとは思いますが
記憶が薄れてきているので、老化した頭と
戦いながら思いだしてみます。

* by りゅうママ
ふむふむ・・・・

私もとっても興味深く読ませてもらいました。

私もなんとなく0歳の時から英語の歌を聴いたり歌ったりしてましたけど、語りかけは返事がない子にはやりづらく日本語ばかり(^^;

本格的に始めたのは日本語で意思疎通がちょこっとできるようになった1歳半からでした。

上の子は割と何でも集中してやってくれたし、本とか一日中読まされてたけど下の子は全然で、これからどうしていこうかと悩んでます(^^;;
実際、あまり何もしてない現状です~。


もうすぐ2歳だから、私も楽しみにしてます!

りゅうママ様へ * by まめっちママ
子供よって素直に親の言うようにやってくれる
場合もありますし、全然興味のかけらも示さない
場合もありますし、本当にこれがいいと言うのは
一つじゃないですよね。
うちの子もぷいとどこかへ行ってままごと
しながら、また戻ってきて英語のビデオを
ちらっと見るけれど、特に前に座り込んで
熱中するでもなく、いつもちら見しかしなくて
集中していることはまずなかったです。
だからレッスンなんてするのは難しかったので
とにかく聞こえるようにしておけばいいだろう
的な大雑把なやり方でした。
それでも子供ってちゃんと聞いてます。
親が必死にならなくても、やりたいことを
やって自由にしている中で、脳はちゃんと処理
してくれてるみたいですよ。

大らかにいいきましょう。
親がちまちまこだわらないことが一番だと
思います。


コメント







管理者にだけ表示を許可する