オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-07-18 (Sun)
 先日、楽天とユニクロが社内英語公用語化を実施するというニュ
 ースを読んだ。

 もはや英語は話せて当たり前で、会社内でも英語を普通に使えな
 い人はいらないということのようだ。

 これに対しては賛否両論あるようで、英語さえ話せれば、他の
 ことができない人でもいいのかとか、日本人同士でも会社内で
 英語で話すことの利点はあるのか?など個人的には私も賛成
 できそうな意見があったが、いくら否定的な意見を出したところ
 で、現実として経済界は英語が世界標準になっているのも事実で
 日本では日常生活に必要ないけれど、それでも世界中と取引する
 ような会社で働くとなると、絶対に必要だろうし、更には第3の
 言語も出来た方がいいなどということになっていくのは、もう
 世の中の流れで止められないことのようだ。

 技術は一流のものを持っている日本が韓国に負けてしまうのも
 この言語の壁が原因かもしれない。もちろん複合的な要因
 があり、行政の縦割りとか、規制の多さとか日本独特の慣習が
 邪魔をしているふしはあるが、それでも日本ほど英語が日常に
 ほとんどなくても過ごせる快適な国は先進国の中ではあまり
 ないので、競争に負けるのも仕方ないのかもと思えてくる。

 ところが、そんな日本でも最近英語ができないとちょっと困る
 かもしれないと思うことがある。
 私はiphoneを使っているのだが、ご存じアプリケーションをダウン
 ロードすることで、どんどん携帯が進化していき、使いやすくなる。
 日本の携帯のように最初から色々なことができるわけではない欠点
 をアプリを入れることで補いつつ、更にミニパソコンとしての機能
 も併せ持つことができるのが便利で、もはや手放せない存在となっ 
 ている。このアプリなのだが、使いたい便利なものが大抵は英語で
 ここでも英語がわからないと、せっかくの便利なものも機能半分に
 なってしまう。

 私は決して英語ができる人とは言い難いが、アメリカアマゾンも
 利用して買い物しているし、今のところアプリでも英語がわからな
 いから使えないということはない。

 便利で愛用しているものの大半が英語なので、今までなら日本に
 いるから英語は特にいらないと言えたものが、最近はそうも言え
 なくなってきている現状に、世界の流れはもはや止められないの 
 だと思った。
 
 だからと言って、子供には超早期から英語をやらせないと出遅れ
 ると焦るのは短絡的だと思うが、適切なアプローチで英語を
 身近なものに感じられるように仕向けるのは親の務めかもしれな
 い
なと思った。

 早期教育を助長するのは基本的にはあまり賛成ではないけれど、
 何らかの働きかけは必要で、何もせずに子供がやりたいと言う
 までただ待っているというのも、このご時世ではもはや通用し 
 ない考え方なのかもしれない。

 


 環境ポスターの下絵が出来上がり、日ごろの
 大雑把な性格とは全く別人のように細かい
 色塗り作業をしている娘・・・
 その根気を社会に少しでも向けてほしいよと
 思いながらもそのままでもいいかなと思って
 しまうまめっちママに応援クリックよろしく
 お願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング


関連記事
* Category : バイリンガルへの道とその後
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by Fuzzy
おはようございます^^

私も先日、韓国のSAMSUNG社に入社するにもTOEICで700点以上が必要で、課長になるには900点以上が必要という記事を読みました。
700点もそうですが、900点なんてかなり上級者ですよね。
本当に世界は英語ができて当たり前になっていますよね。
勉強ができても英語ができないと入社できない(汗)

私も早期教育が必ずしも賛成とは思っていませんが、勉強が好きとは感じられない我が家の娘には、幼児期にプリスクールで一芸を身につけさせた方がいいかなと思ってます。
息子と違って娘の場合、大きくなってからコツコツとやるタイプにはどうも思えないi-229
子供の性格等を見極め、親が環境を与えてあげるのも私もありかと思います。




Fuzzy様へ * by まめっちママ
TOEIC700点以上っていうのも結構普通の人には
ハードル高いですよね。900点なんて気が遠くなりそう
です。(笑)
こつこつ出来ないと言えばうちもそうですよ。
よく言えば自力で考える能力が高いので、暗記しないと
だめなものではなく、思考力のいるものが得意という
一見賢い子のように見えるんですが、その実、地道に
王道を行かないので、中途半端に適当に生きるところが
あだになる。親的にはもう少し真面目にこつこつ
やりなさいと言いたいのですが、どうにもこうにも
変わり者で、普通のやり方ではこの子はだめなんだと
いう感じなので、これが困るんです。
英語も感覚ですいっとここまで来てしまったため、
地味な努力型ではないのが、後々ためにならないん
じゃないかと心配しています。
親としては、今後その部分をできるだけ注意して
見てやりたいと思ってます。

英語ガラパゴス!? * by リンゴ好き
「社内英語公用語化」が始まった背景には、日本企業の将来性に対する危機感があると思います。

三木谷さんが言う「英語さえできれば日本人は海外でも成功する」というのは、かなりキャッチーなフレーズだけど、日本企業の危機感を示しているし、これまでどうにも動きの鈍い日本企業を、何とかして動かそうという強い信念と策略みたいなものを感じますね。

例えば、facebookやtwitterのような、社会を変えていくような会社の若い経営者は、そもそも起業する段階で「国内」なんてことを想定していませんよね~(ま、彼らはアメリカ人ですけど)。

そういう意味では、英語ができないことから来る「個人の意識における壁」の方が、実際の国境や規制よりも、日本人の力を強く制限してしまっているのかもしれませんね。

私は、社会のこういう動きから見ても、親子英語っていうトピックはとても面白いと思うんです。

それだけに、英語ができないのを学校教育のせいにしたり、英語の早期教育を批判する「抵抗勢力」に負けず、人柱的に(爆)、その行き先(実例)を示してくれる、まめっちママさん達のようなblogは、子供にきちんとした英語を身につけさせたいという後人にとって、とても貴重な情報ソースだと思います(ありがたや~(^人^))。

p.s.
日本人のTOEIC信仰は結構すごいですね(血液型占いみたい)。
ただ、TOEIC900点以上のスコアを取ったことはあっても、英語力が「ムムム」な人を、私は結構知っているので、趣味としてやっている人は、ともかく、点数=英語力とはならないということは意識しておいた方がいいと思っています
(ま、私は受験したことがないので、偉そうなことは言えませんけど...)。

また、
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51434781.html

この(↑)記事にあるように、国家戦略的に、日本に国際都市を作るってのも、いろんな意味で良いのかもしれませんね。ま、そしたら、結局は英語が必要になるんですけどね...

リンゴ好き様へ * by まめっちママ
社内英語公用語化がいいか悪いかは別として、日本企業
は国内ではすでに飽和状態で劇的な経済成長は望めない
ことを知ってますから、当然世界を視野に入れると英語
は最低限できないとという考えになりますよね。
親子英語ですが、学校教育もこういった人たちの取り組
みや工夫を少しは見習ったらどうかと思うこともあり
ます。(笑)
うちの娘の幼少期は今以上に誰も英語なんてやって
ませんから、近所の幼稚園に行かない選択は勇気が
いることですが、なぜかほとんど悩むことなく流れに
乗って一番その時によかれと思った方向へ進むことが
できたのは、ラッキーでした。

そういう経験も含めてとりあえずちゃんと日本語も
おかしくならずにここに娘は存在してますから、
論より証拠で、一部のどの世界にも存在する偏った
狂信者が失敗した例を殊更に取り上げて反対などという
不毛の争いは避けたいと思ってます。
早期にやらなくても英語はできますし、アドバンテージ
もずっと続くわけではないけれど、それだけではない
別のよいこともたくさんあり、それこそ広い視野で
英語教育は見ていかないといけないと思ってます。
何歳で英検何級とかを競うのではなく、これからの
日本でどうやって英語と付き合っていくのか、そっちの
議論の方が大事だと思っています。

TOEICが900点以上の人でもいまいちの英語力の人の
話は確かに聞いたことがあります。
不思議ですよね。たぶんテストとして対策をして
受験したからかもしれないですが、実践でサバイバル的
に覚えた人は使う必要性があるので、より上手になる
んでしょうね。私が中国で出会った商社マンは、英語
中国語、タイ語、ドイツ語少々他にもロシア語も少し
操る人でしたが、見ていてああこうやって覚えて行く
んだというぐらい積極的に溶け込んでました。
中国語も上手かったです。私は4年間学んでそれなりに
話せるという気持ちで中国に行ったけれど、実際
結構現地の人の話す言葉は聞きづらかったです。

ホテルマンは英語を話せる人がフロントでしたが、
中国語で尋ねると中国語、英語で聞くと英語で答えて
くれました。公共の場では、やはり当時の中国でさえ
(まだ人民服ばかりの灰色の世界)
英語ができる人を配置してました。今ならもっと英語
熱がすごいので、街中の人でも英語を少しぐらい話せ
ないとだめだと国を挙げて教育しているとか・・・
(上海万博のためですが)
どう見ても流れは英語ができて当然という方向へ
向かってます。ならばできるようになるしかない・・・
う~ん、私のへぼい英語ももう少し何とかしないと
いけないですね。
まあ楽天やユニクロに勤めることはないですが(爆)




コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。