オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-07-07 (Wed)
 時々、娘は電車で暇な時、私になぞなぞのようなメールを送って
 くる。一時期パスワードシリーズにはまっていた時は、文字を
 並べかえて暗号を解くみたいな問題が多かったが、先日送ってき
 たメールはカタカナ読みした英語を平仮名で書いて、何て言って
 いるかを当てさせるというものだった。

 「いふゆーとるーりーうぃっしゅふぉーるりべんじじゃすとあん
  たいざすれっどおんいっつねっくぷりんぐざすれっどばいんど
  ゆーとぅあかぶなんうぃっずみー・・・・・」


 ?????チンプンカンプンわかりません状態だったが、よく
 見ると、これってアニメのDVDの中のセリフのよう・・・

 ああ、あれねとわかったが、娘にはこういう風に聞こえている
 んだとちょっとおもしろかった。

 元々英語をカタカナで表すのはものすごく苦手で、低学年の頃は
 スポーツをスポートと書いていたし、バイオリンは書けなくて
 混乱し、今でも伸ばす音は書き方がよくわからないみたいで
 さすがにケーキとかそういうのは慣れてしまうと間違えないが、
 それも最初はケイクと書いていた。

 これは英語を早期にやっていて困った点と言えなくもないが、
 慣れの問題なので、今はカタカナ英語も何とか日本語らしく
 書けるようにはなったが・・・・

 そういう耳から聞いたまま覚えた英語を日本語にすると上記の
 ような感じになるようだ。

 セリフなので、多少聞き洩らしている部分があるようだが、
 結構細かい部分もちゃんと聞こえていて、これが真剣に聞いた
 のではなく、勉強しながらのかけ流しで覚えたのだから、その
 効果はやはりすごいと思う。

 こういうのはいくらでも覚えられるのに、歴史や地理の教科書
 は、こんな風に頭に入らないのが不思議でしょうがない。
 でも、興味がないものは素通りして、好きな物は何をしていて
 もちゃんと残るということだから、いかに興味を持たせるかを
 工夫していくことが今後の課題かなと思った。

 ちなみに先ほどの英語は

 「If you truly wish for revenge ,just untie the thread
  on its neck.
  Pulling the thread bind you to a covenant with me」

 たぶんこう言ってるんじゃないかと・・・・・
 (めっちゃ怪しい・・・)

 ここはアニメ「地獄少女」の決め台詞の部分なので、私でも何と
 なくそれだよなとわかっただけなので、本当はもっと細かい部分
 で何か言っている可能性は高い。
 (親の英語力がないので、なんとも判断できない・・・)

 まあ、でもこういう遊びの中でも英語を続けているので、それ
 が何とか娘の英語を退化させることなく、今日まで保持させて
 いるのかなとも思う。

 英会話する機会はほとんどない我が家でも、色々工夫の余地は
 あるということで、子供がこうして英語を書いて送ってきたり
 した時に、フォローしてやれば、親が無理に恥ずかしがる子供
 に英語で話せと強要しなくてもすみそうだし、自ら使う機会を
 持って自分なりに忘れないように努力していこうと思うんじゃ
 ないかと信じている。

 

 
 このおたくなアニメ・・・日本語がまた渋くて
 恰好いいので、英語と日本語両方見ることで、相乗
 効果を発揮するのが個人的にはかなり好きかも・・・
 英語だけより断然日本語でも見ることをおすすめ
 します。(お勧めされても…見ないだろうな
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
 
 
 
関連記事
* Category : アニメ、ドラマで学ぶ
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

アルファベットとカタカナ * by リンゴ好き
アフファベットのカタカナ変換については、この先もいろいろ面白いことが起こりそうですよね。

例えば、オランダのサッカー選手のSnyderのカタカナ化の方法がマスコミ各社で異なってますよね。スナイダーってのは「英語読み」ですよね。
「er」だったら「ー」、teacherだってティーチャーだろ、みたいな理屈でしょうか...
アルファベット=英語ではないから、この場合オランダ語読みに近いスナイデルでいいと思うんですけど...

あ、中国の人が日本人の名前の漢字を中国読みで言いますよね。あれも、大分違和感があります。それは逆もあるんでしょうけど...

ところで、中国ではSnyderみたいな固有名詞にも、漢字当てはめちゃうんでしょうか?どの漢字をあてはめるかどうやって決めるんだろう?、とか、国際的なニュースを速報するときとか、どうしてるんだろう?アルファベットのままかな?っていろいろ考えちゃいました。ご存知でしたら、教えてくださいませ。<(_ _)>

リンゴ好き様へ * by まめっちママ
中国には漢字しかないので、固有名詞はすべて
漢字を当てます。外来語がものすごい勢いで
入ってきてるので、その都度漢字を当てるのは
大変みたいですが、日本の国土地理院のような部署
にあたる名前は忘れましたが、そういうところで
決めて、新華社などが発表するようです。
音をそのまま当て字で書く場合と、意味で表す
場合の二通りがあります。オリンピックなんて
音であらわすので、奥林匹克となります。
カナダとかの国も音で表すので加拿大のように
なりますが、アメリカはなぜか音ではなく美国な
んですよね。(笑)ややこしいです。覚えることが
すごく多くて中国人でも一つではないようですよ。
携帯電話でも言い方はいくつかありますし、まあ
日本語でも若者が言葉を作ってそれがいつしか普通に
使われて社会的な地位を得たみたいな感じですね。

読み方については、確かに日本名は中国読みされてしまいます。それは日本人も中国人の名前を日本の漢字の読み方にしてしまうので、同じですが(笑)
でも違和感がありますね。自分じゃないみたいで。
大学では当たり前のようにそう読まれていたのですが
やっぱりなんか違うなあって今なら思います。


!! * by リンゴ好き
ご返答ありがとうございます。
漢字の当て方はトップダウン式なんですね。さすが中国!確かに漢字とアルファベットが入り混じった文章とかみたことないですもんね。

日本語だとコンセンサスを得られる前にカタカナで表現できちゃいますが、例えば、「英語では(発音を)知ってるけど中国語ではどう書くんだろう」、みたいな時は、当て字を好き勝手に使っちゃったりしてるのかな?
しばらくして、ナントカ院が決定するまで…

日本人は年を取るほど、聴いた音をカタカナに変換するというシステムが脳の中で強化されていき、そのせいで、英語の発音が難しくなっている、という気がするんです。

だから、カタカナでも、もう少し聞いたままの英語に近く変換するくせをつければ、もっと英語らしい発音ができ、それまでフィルタリングしてしまった音も聞き取ることができると思うんですよね。

日本人の英語上達の手法として、「どうカタカナ化するか」は意外と大切なトピックだと思います。

リンゴ好き様へ * by まめっちママ
外国語をカタカナに表すのは本来難しくて
どうしても近い音というよりは知ってる音に勝手に
変換されてしまうようです。
音声教育が充実していなかったので、学校でも
先生が教科書を読んで文法説明して終わりみたいな
勉強ばかり私の世代は経験したので、耳が硬直して
るんでしょうね。(笑)

娘はずっと耳から英語を勉強してきたので、私より
ずっと正しい音を聞き分けています。
関係ないですが、iphoneのアプリで若者撃退みたいな
アプリがありましたよね。
あの音が娘にはすごくいやな音に聞こえるそうです
が、私には聞こえません。ああ、すでに耳の
老化が始まっていて、どうあがいても聞こえない音
が自分にあるのだということを知って愕然となり
ました。
英語の音も小さい頃に聞いていると、ちゃんと
微妙な聞こえないような音も捉えることができる
のかもしれませんね。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。