オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-07-04 (Sun)
 先日、娘が卒園したプリスクールからサマースクールの案内が
 届いた。卒業生対象のクラスもあり、参加している人もいるのか
 なと思いながらも、毎年ずっと行けずじまいだった。

 夏は塾の夏期講習が詰まっていて、サマースクールにどんなに
 行きたくても予定が空いていない。今年は特別なイベントがある
 ので、是非参加したかったのだが、6年生の夏休みはそれどころで
 はない。朝から晩まで塾に詰めっぱなしで、夏が終わるころには
 あまりのハードさに笑うしかなくなってくると聞いている。

 娘も懐かしがって「行きたいなあ・・・でも来年まで無理だよね」
 と言うのを聞くと、こんな年齢で受験をすることが悪に思えてくる。
 そうは言っても、今更やめるわけではないので、もっと本当は子供
 らしいことをたくさん経験させたいのにできないもどかしさに少々
 苛立つ。

 実は娘はこの夏から個別指導に切り替えて塾の一般授業をやめた。
 もちろん大きな模試や日曜特訓には参加するので、完全に縁が
 切れたわけではないが、もう新しいことを学ぶこともあまりない
 ので、これからはできていない積み残した部分を復習し、完全に
 定着させる時間に使おうと思った。

 次々と新しいものに手を出さずに、今までのテキストや問題集が
 まだ全然完璧ではないので、それを何度も繰り返す方がきっと
 娘のためにはなると信じたからだ。

 英語も今は次々と新しいものをやらずに既存のものをとことん
 使うことに徹している。たまに新作のDVDを買うことがあるが、
 せいぜいその程度だ。

 だからかけ流しがうちではメインの方法になるわけで、それが
 なかったら、きっと時間などどこからも出て来ないだろう。

 ところが、学校からは図工の絵の成績が特に優秀な5人に
 ポスターを4枚描けということで、娘がしっかり選ばれてしまい
 うれしいはずなのに困った状態となってしまった。
 何とか先生に頼んで2枚にしてもらったけれど、娘は描く気満々
 で、絵を描く時間を作るために勉強が早く終わると言う副産物
 がついてきた。
 休憩時間にポスターの下絵を描いている娘は、勉強しているより
 ずっと集中しているので、やはり好きなものだからこそ恐ろしい
 勢いで上手くなるのだと納得した。

 今年は環境と人権のポスターを描く予定だが、学校では一応
 絵が上手いと皆から思われている手前、意地でも入賞したいと
 思っているようで、その気合いの入り方を見ていると、それを
 勉強にも向けてほしいよと思わないでもないが、何かに秀でる
 ことはずっと我が家が求めてきたことだし、勉強よりどちらかと
 いうと、芸術系に進ませたいと生まれた時から思っていたから、
 これは本来の夢に近づいていると見た方がいいのだろう。

 思ってもいなかった英語が得意になり、ピアノは受け付けなか
 ったくせに絵だけはなぜか上手くなり、最近はストーリーも考え
 るようになって、文章まで上手くなってきたので、理系に進ませ
 てと思っていたけれど、案外文系の物書きなんかになるんじゃ
 ないかという気もしてきた。

 子供の能力や好みは、こんな風に段々変化する。
 こうなってほしいなと思っていても、意外な方向へ進むことも
 十分ある。だから早期教育であまり早くからこれだと決めてし
 まわない方がいいのかもしれない。
 後になってどんな才能が出てくるかわからないのだから。

 それにまだもっと変化する可能性もある。それが小さい頃にやっ
 た色々なお稽古ごとの変化形なのかどうか・・・検証はできないが
 蓄積された経験や知識は、後に花開くことにつながっているのか
 もしれない。

 そう考えると挫折したピアノもスイミングもどこかで役立つに
 違いないと思えてくる。(思いたい・・・
 
 成果だけで見れば、早期教育は決して逃げ切りにならないし、
 むしろ後から伸びることの方が多いのも事実だ。
 今自分の娘を見ていても、早期教育で頑張らなかったデザインや
 文章力の方がぐんと伸びてきているので、ああやはりそうなんだ
 と余計に思ってしまうというのもあるが・・・

 昔、娘は感想文など書くのは嫌いだった。あらすじがずらっと並ん
 で、とにかく原稿用紙を埋めればいいでしょ的な文章でごまかし、
 親の私が見ても、これはお世辞にも上手くないなという程度の物
 だった。それが急に上手くなってきて、書き出しも工夫されている
 し、感想もありきたりの「かわいそうだった」とか、「ひどいと
 思った」のような語彙が乏しい感想ではなくなってきた。
 年齢が上がったからというのもあるが、目のつけどころもいいし、
 人に読ませる感想が書けるようになっている。
 練習など何もしていないのに、好きな本の文章を暗記するほど
 読み込んで語彙を増やしていったから、そういうものが書ける
 ようになったのだろう。娘の才能の一番すぐれているのは、英語
 でも何でもなく、この好きなものを何度も見たり聞いたりすると
 すべて頭の中にインプットされて、それを自由に引き出しから
 取り出してアレンジしたり応用できるところにある。

 この力ができたことこそが、早期教育のおかげかもしれない。
 成果はすぐに出るものではないけれど、ちゃんと形を変えて生き
 続けていき、やったこととは違う方向かもしれない新しい物に 
 思ってもいなかった力を発揮することもあるのだと、ようやく
 わかってきた気がする。

 それに仮に何のメリットも実はないのだということがわかっても、
 子供と過ごした楽しい記憶はだけは本物だし、育児がつらいもの
 から楽しいものへと変わっただけでも十分効果はあったのだと思う。

 

 朝10時から塾に行ってまだ帰ってこない娘に
 応援クリックよろしくお願いします。
 (現在夜9時)
 努力報われてほしいなあ・・・
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
 
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

NoTitle * by うっかり主婦
読めば読むほど娘さんの趣味、うちとよく似てます。
好きなものに対する情熱はちょっと凄いですよね。
早く受験が終わって思い切り描けるといいんですが。
うちも今年受験なのでそこも共感します。
それにしても凄いスケジュールですね!!
うちも夏休みの合宿は1日11時間勉強すると聞いていますがいまのところそこまでの勉強時間ではありません。通塾も週二回、2時間程度ですしね。

水泳はもっと小さい頃勧めたのですが絶対イヤといわれ今になって習いたいと言い出し通ってます。
受験時間のことを思うと少し複雑ですが・・・・・・。
いよいよあと半年。
ドキドキしますv-356

うっかり主婦様へ * by まめっちママ
うちとは何かと共通点が多く、いつも別の意味で
悩みますよね。(笑)
日曜特訓は、やたら時間が長いので、これは
忍耐と根性を試されます。
塾はうちも個別週3回です。1時間半しかないので、
復習やテスト勉強もできるようになるかなとちょっと
期待してます。
半年って早いですよね。
なんかあれよあれよと時間がたって、どうしよう
と焦ります。でも、一生懸命やってるので、報われ
てほしいです。
一生にこれ以上勉強することなんかないんじゃ
ないかというぐらい夏はど根性ですしね。
こんな経験をしている子はきっと将来強くなる
と信じて頑張るしかないですね。

* by maple
こんばんは。
すごく興味深い内容でした。
あと数年もすれば子供が自分でやりたい事を選ぶようになります。
今は親主導で親がやらせたいことをさせてますが、そのうちそういういうわけにもいかなくなるんですよね。
子供には子供の人生があるので、親として子供の選んだ道をサポートしてあげられるよう今から心構えをしておかないといけないなって思いました。

maple様へ * by まめっちママ
そうですね。
小さい頃は親がある程度道を作ってやれるんですが
子供の才能がそれについてくるかどうかは別で
違う方向の方がいい場合もありますね。
それがわかった時、親が今までかけた時間とお金
はどうするのとあきらめきれず、方向を誤ると
子供はつらいですね。色々道を複数示してやって
どれか子供が一番ぴったりくるものを選べると
いいですよね。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。