オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-07-03 (Sat)
 英語を伸ばすには英会話をするのではなく、知力や他のことを
 伸ばすことが大事だと今まで何度か書いてきたが、巷の英会話本
 には、こんな時どう言う的なものや、言えそうで言えない英語表現
 などというような無限に覚えることが出てきそうな物がまだかなり
 存在する。

 決してそういう本がいけないと言う訳ではないし、簡単な表現を
 積み重ねていくことで、初心者は英語で話すということに対して
 怖いという感覚を持たずに進んで行けると言う点では、それも
 ありかなと思う。(私のような英語ど素人には効果的)

 でも、これは私の持論だけれど、表現本を何冊買っても、違う
 シチュエーションに遭遇すればたちまちしどろもどろになるのも
 多く見てきたので、やはり暗記して使うというのは、限界が
 あるなと感じていた。

 娘は塾に通っていて、算数で素数だとか素因数分解などという
 ものを知識として知っており、実際にどういうものかも理解し
 ているのだが、英単語でそれを知らなくても、映像で算数に関す
 る話が流れていた時、
 「ああこの意味わかるよ。素数の話をしてるね。」
 と私がさっぱりわからない英語を平気で聞いて理解していた。

 いつその単語を覚えたのかと思ったら、覚えたのではなく、理解
 していることだから、映像で出てきた数字が素数で、それの
 説明だとわかったから、話が全部すんなりわかったと言う。

 つまり素数がprime numberで素因数分解がprime decomposition
 なんだということを知っていたからではなく、知識が英語を助けた
 というパターンで、これが彼女の英語の覚え方なんだと今更の
 ように感心した。

 こんな単語は日常会話には出てこない(たぶん)だろうし、普段
 そんなに使うことはまずないと思うが、こうやって単語の幅が
 広がっていくのだなということを目の当たりにして、英会話だけ
 やっていたら得られなかっただろう効果のようなものを感じた。

 もっともその前に普通に意思疎通できる最低限の日常会話レベル
 には到達していなくてはいけないのだけれど、その上に行く方法
 のようなものが見えた気がした。

 私より格段に英語のセンスはいい娘だが、このなんとなくわかって
 しまう英語も、よく考えたらそれこそ膨大な時間のかけ流しで
 洋画やアニメを聞き続けてきたからで、我が家は洋書をほとんど
 今は読んでいないけれど、聞くのは毎日必ずやっているので、やは
 り効果的なのだろう。

 世間が多読ブームで洋書を読まないといけないかのような雰囲気
 になっているが、我が家では英語以外に学んだことや経験が土台
 になって、そこに耳から英語が入ってくることで相乗効果が出て
 いる
と確信した。

 人それぞれで自分にあった勉強法がきっとあるのだとは思うが
 少なくともうちでは、今のところこれが最強だと思える。

 だから受験社会に現在苦しんでいるけれど、これが頭に入ってい
 れば、英語でも同じことをたぶん説明できるはずだし、その証拠に
 銀閣寺がしょぼくなった理由を外国人に語れると自信たっぷりに
 娘は言うので、これが表現本しか学んでいなかったら、そうは
 いかないだろうなと思った。

 英語は使えなくなるどころか、ますます磨きがかかって複雑な
 ことが理解できるように進化したと思う。

 使ってないと忘れるよは、確かに当たっているけれど、全く何も
 見ない聞かないで放っておくとそうなるということで、形をかえ
 て継続していれば、別の進化も見られるのだということもやっと
 納得できるようになってきた。

 正直小学生になったばかりの頃は、幼児の英語なんて忘れて
 しまうかもしれないと怖くて仕方なかった。私が日常に
 英語を話す人ではないので、家で会話を英語で続けていくこと
 で子供の話す環境を整えるなどということも無理だったし、
 また海外経験もない親の怪しい英語を聞かせても、それ以上に
 伸びるはずがないので、それなら私にもできることを精一杯
 やってやればいいだろうと開き直って今日まで来た。

 うちではこれでよかったのだと思う。

 まだどうなるかはわからないが、英語は特別なものではなくなっ
 たことだけは確かだ。

 


 そもそも素数って何?という人も
 多そうな話についていけるだけでも
 日本人としてはこの年齢なら十分かな
 と思ってしまった親馬鹿まめっちママに
 応援クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
 

 
 
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。