オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-06-07 (Mon)
 英語育児まずはここから第44回

 ここまで様々なサイトの利用や英語環境に必要な機器をそろえた
 りして、それなりに順調に来た英語育児だが、教材をバランスよ
 く取り入れながら、やるべきことは大体やった、後は実際にどの
 ぐらい子供が伸びたかが知りたい、そういう気持ちになってくる
 のが普通で、要するに1年ぐらいたつと、成長の度合いを計りたく
 なるのが親というものだ。

 最初は3歳ぐらいで少し成果(英単語を言ったり、短いセンテンス
 を言う)
が見え始め、次に幼稚園時代には、子供自身に自我が芽生
 え、親の思い通りにいかなくなってくる時期がやってきて、更に
 日本語の伸びが著しくなるので、一気に英語への不安が増す時期が
 到来する。

 このあたりで親が大抵教材をガンガン投入し始めたり、あるいは
 インターナショナルへでも行かせようかとか、迷いも生じてくる。
 実は、ここまで来ている人はかなり成果が出ているパターンで、
 本来あまり焦らなくてもいいのだが、まだあまり目立った英語
 の発話がなく、わかっているのかどうかはっきりしないという
 大人しい子供の場合、親はどこまでできていれば、一応英語育児
 をやった甲斐があったと言えるのか・・・どうしてもそこが
 気になるのではないだろうか。
 
 ここまでできないといけないというのは、正直ないし、自分
 がどのレベルまで子供を持っていきたいのか、どういう方向で
 英語を伸ばしたいのかで、基準も違ってくるが、一応の目安と
 して、簡単な洋書絵本がたどたどしくても読めるレベルには
 到達したいところだ。例えば、お勧めの「Froggy」シリーズ
 などは、ちょうどいいレベルで、聞くだけなら少し小さい子でも
 大丈夫で、読みのレベルとしては、少し上がるけれど、それでも
 これぐらい読めれば上出来だと思う。
  ↓ ↓ ↓(かなりお勧め絵本、CD付きが特にいい)
 

 もちろん個々のレベル差があるので、これでは簡単すぎると
 いう方もいらっしゃるとは思うが、このレベルの本でも正確に
 話せるかというとたぶん難しいもので、実際の読みのレベルは
 もっと上でも会話レベルは園児ならこれぐらいのものができれば
 十分すぎるぐらい素晴らしいと言える。
 しかも自力で全部読めたら相当なもので、フォニックスの基礎や
 サイトワードで鍛えていれば、そう悩んで読めなくなるほどの
 レベルではないし、CDがものすごく楽しいので、このシリーズぐ
 らいが自分で楽しめるようになるように、小学校に上がる前まで
 に頑張るという到達レベル目標を立てると、あまり迷わなくても
 いいように思う。

 もっと他にもいい教材はたくさんあるが、薄さや値段、ストーリー
 の面白さなど、お手軽に楽しめるので、このぐらいを目安に
 無理なく到達できる目標をもつことで、発話が少々少なくても
 一応のレベル確認はできるのではないかと思う。
 
 ただ、文字の導入は早くなくても間に合うので、むしろ日本語の
 レベルだけは上げておいてほしい。そうすることで、ワーク
 ブックをやるにしても理解力があるので、スムーズにできるよう
 になる。英語なんだから日本語は関係ないではなく、知能を発達
 させないと英語力も伸びないのだということで、肝心な部分を
 置きざりにしないように、知育を伸ばすことにまずは専念する
 と、結果的には英語もできるようになる。

 娘も色々な絵本を年長さんの頃には楽しんでいたが、楽しいCD
 つきのものがやはり印象に残っている。
 絵本だけのものより音がある方が断然大きくなってからも記憶に
 残りやすいようだ。冊数より質の方を私は重視しているので、
 何百冊も読むのもいいけれど、特に好きで手垢がつくほど眺め
 聞きたおしたものは、ずっと長く心に残り、確実に英語回路を
 作ってくれる基礎となるので、たくさん買わなくても手に取り
 たくなるものを与えてやってほしい。

 

 
 
 今年もポスター描きに気合いが入って
 勉強はすぐに眠くなるくせに、絵だけは
 何時間も集中できる娘が不思議で仕方ない
 まめっちママに、応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング 
 

関連記事
* Category : 英語育児 まずはここから
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by hama
いつも拝見して参考にさせて頂いてます。以前に質問させて頂いたhamaです。
洋書選びには困っていましたので、大変役にたちます。早速購入してみます。まだまだ質問したいことがありますので、今後もよろしくお願いします。

hama様へ * by まめっちママ
洋書選びは、数が多いので、何を選んでいいのやら
迷いますよね。
日本のものだったら、親がある程度知っていたり
見てわかるものが多いので、本屋でチェックしたり
もできますが、洋書はなかなか中身も見られないので
人の口コミとか、アマゾンのレビューぐらいしか
頼りるものがないですしね。口コミも信じて買って
みたら、ちょっと全く違っていたなんてこともあり
ますから、自分の子供にぴったりのものって意外と
難しいものです。
また質問など具体的にありましたら、ブログ上でも
記事の形を借りて書くこともできると思います。
お役に立てるかどうかわかりませんが、できるだけ
思い出しながら書いてみますね。


コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。