オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2017-05-21 (Sun)
 大学生活にも慣れ、課題をいかに上手く回すかも少しずつ要領を
 得てきた娘。絶滅種についてのプレゼンを資料とにらめっこしながら
 必死に考えて、自分なりにこれhというものを作って発表しました。

 普段シャイであまり話さない娘なのですが、こういう発表になると
 意外としっかりはきはきできるのです。

 率先して手を挙げて意見を言いたがる子ではないので、グループ
 討論が苦手でしたが、プレゼンは自分の準備した図表と説明を
 どうすればみんなにわかりやすく聞いてもらえるような内容にできる
 か、そこがポイントになってくるので、単に日常会話ができるというの
 とは違う難しさがあります。

 娘はレイアウトを考えたり、インパクトをもたせていかに人目をひくか
 を考えながら作ったらしく、先生から非常に褒められたそう。

 帰国子女の友達からも、普段のシャイさを知っているだけに、驚か
 れたようです。昔から新聞作りが得意だった娘ですが、紙でやって 
 いたことが今はパソコンのパワーポイントでやるという構造に変わっ
 ただけで、案外そういう方向の仕事も向いてそうだなと・・・・

 大学に入って視野が更に広がったのはいいことだなと思いますね。
 海外イコール視野が広がるというのではなく、自分のまだ知らない
 分野の勉強をしたりすることでもそういう効果は得られます。

 情報と一口に言っても様々なものがあるので、学年が上がるにつれ
 て学部内で分かれていきます。

 どの方面に行っても、今後必要になっていく分野ではあるので、更な
 る進化を遂げて活躍してくれたらいいなと思います。
 とりあえずは、毎週出される課題をきちんとこなし。TOEFLの点数を
 底上げし、どこに出しても恥ずかしくないようなレベルになることと、
 自分に自信を持って堂々と生きて欲しいなというぐらいですかね。

 どうなることかと思うようなドジで抜けている娘でしたが、なんとか
 やっているので、親が手をかけすぎなくても子供は育つというとこ
 ろでしょうか・・・





 丸投げ感満載だけれど
 親はいつまでもいるわけじゃないんだと
 いうことで、しっかり自立してもらいたいと
 思うまめっちママに励まし応援
 よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
* Category : 大学英語
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-05-17 (Wed)
 よく小さい子供の英語の発音の良さに親が驚くという話しはあります
 が、それは真似するのが上手な幼児の性質上そうなることが多いと
 いうことです。

 大人から外国語をやってここだけは幼児に負けるなと思うのは、この
 発音の部分です。

 娘は日本で育って家庭内も日本語、学校も公立小学校、英会話教室
 も5年生から行かなくなり、流行のウェブレッスンも嫌がって挫折。
 そういう状況なので、一般の大人から始めた人と大差ないわけです。

 本当に幼児期に真剣に英語教材を使って、プリスクールに3年ほど
 通っただけです。家庭内ではもちろん維持のためにドラマやアニメ
 は英語で見ていましたが、積極的に話す機会はなかったし、使う
 環境もなかったわけです。

 それでも発音の美しさは目を閉じて聞いて入れば、日本人のそれと
 はあきらかに違うのです。

 帰国子女のそれとも違う、そうなんというのかアナウンサーのような
 英語かな・・・・・

 美しい正しい英語を聞いてきたおかげで、変なくせがつかず、とても
 聞きやすい恥ずかしくない英語という感じなのです。

 抑揚やジェスチャーをもう少しつけた方がいいという欠点はあります
 が、発表するから録画して欲しいという娘を携帯動画で撮っていて、
 こんなに美しい英語を話すんだとあらためてびっくりしました。

 幼児期のたった一つのアドバンテージはこの発音だったんだと・・・

 一つと書きましたが、要するに発音が美しいのはリスニングができ
 るからということなので、二つかな・・?
 聞いた通りに発音できるという能力・・・ここだけはさすがに小さい時
 に身につけた方が有利であると言わざるを得ないです。

 後天的に努力でいくらでも身に付く英語ですが、自然で違和感のな
 い発音を習得できたことは、娘が得た宝物なのかもしれません。





 
 決して早期教育否定派ではない
 まめっちママに愛の応援
 よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村



関連記事
* Category : 英語勉強法
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

幼児期英語 * by ななこ
 こちらのブログも定期的に更新されるようになり一読者として大変嬉しいです。娘さん、大学生活が充実してらっしゃるようで、ご本人の努力ももちろんですが、ご両親の子育てや家庭の雰囲気が反映されているからこそなのだと思います。
 発音の美しさ(耳から聞いたものをそのまま音として出せる能力)は幼児期ならとても簡単に体得でき、その後も定期的に触れさせればキープできるのですね。幼児期英語教育について迷うところが多く、積極的に取り組むことへの迷いがあるのですが(そして私の惰性もあり積極的にできてないのですが)、こうしてその後の経過が分かるブログがあると大変参考になります。

ななこ様へ * by まめっちママ
いつもコメントありがとうございます。
こちらも復活させましたが、あまり更新できていない状態で
申し訳ないです。
そして向こうの方が今度は疎かになっていて・・・ww
元々こっちが本命のブログだったので、今後はまたこちらを
メインに書いていこうかなと思います。
中高一貫教育はひとまず終了したので、英語教育の集大成
をそろそろしていこうかなと思います。

個別記事の管理2017-05-12 (Fri)
 毎度毎度喧嘩うってるようなタイトルですいません。
 娘の大学での話なんで、そういうこともあるのねぐらいに思って
 下さい。

 TOEFLの点数で英語のクラス分けがされたという話は書いたと思い
 ますが、上級生と帰国子女ぐらいしかいないクラスの中で、娘はとて
 も苦痛に感じていて、そのせいで痩せたというぐらい、娘の感覚と
 みんなの感覚がずれているようなんです。

 当然そこにいる人達は留学したい、ギャップイヤーは海外で色々
 な人とふれあって考え方の幅を広げられるとか・・・・

 まあ当たり前にほぼみんな同じ意見なんです。
 インターンシップについても、いい点はもちろんあるし、社会経験を
 大学時代に積んでおくのは建前上は悪くないと思います。
 そういう話題を英語で討論しているのですが、ほぼほぼ全員同じ
 だというから、そうかなと疑問に感じているのが娘なのです。

 実際、ただ働きの労働力にされていたり、囲い込みして就職活動の
 妨害をしたりするとか・・・きれいじゃない部分も多く、学生の間は
 大学の授業をしっかり学んで学生でしかできないことをやる期間だと
 考えるのもありだと思うのですよ。

 それがですね、一律ほぼ全員マイナスを指摘したりする意見が出ず、
 海外に行く発言しかなく、娘が発言すると寒い空気が流れるらしいん
 です。

 娘は英語さえできれば人生バラ色なんて考えていないし、日本の
 物作り技術や日本から発信するものの素晴らしさを逆に海外にと
 考えているので、外国人が日本語をもっとやりたい、日本を知りた
 いになるような創作活動をしたい方向性なんです。

 発信するために英語が必要ならそれはもちろんやるけれど、英語
 圏でかぶれてきて、日本人同士なのに授業以外で英語を話す姿
 などを見ると、痛いと感じてしまうし、実際帰国子女の生徒でも
 英語圏が長い人と一年ぐらいしか留学していない日本語が母国語
 の人では、完全に根本が違います。

 日本に帰ってきたのだから、生活言語は日本語です。
 回りもみんな日本語を話して大学生活を楽しんでいます。
 そこに英語で話し続ける人がいて、海外最高みたいな話になれば
 当然痛いと感じることだって出て来るんです。

 娘のクラスは英語が堪能な人が多いけれど、最近英語で話し続け
 ていた帰国子女の一人が疲れたのか、娘のところによってきて、
 もっと早くあなたと友達になっておけばよかったと言うんだそう。

 もちろん狭い国内だけではなく、世界に出て視野を広げること自体
 は素晴らしいことです。それは私も娘に体験してもらいたいと思い
 ますが、どんなものにもプラス面とマイナス面があるので、偏らずに
 上手にバランスを取って、双方の架け橋になれるような活動ができ
 るなら、それが一番なんですよね。

 とにかく日本はアメリカなどの制度を後から真似しがちなんですが
 国民性や日本の感覚にあってないことも多く、ただ取り入れるだけ
 なら、逆に大学生の貴重な時間を搾取するにすぎない危険性もある
 ことを知っておいた方がいいかなと思います。

 


 娘の日本大好き指向も
 偏ってると言えば偏ってるので、 
 今の授業が案外バランスを取ってくれる
 んじゃないかと実はこっそり期待している
 まめっちママに応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村




 
関連記事
* Category : 日本語のすすめ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-05-09 (Tue)
 タイトルが過激に・・・・
 いえ、これはですね、世間でいうところの文法ばかりやっているから
 ダメなんだという論説の真逆のことで、それを高校でやってはダメで
 しょうという、実体験に基づいた話だと思ってください。

 文法をやらなくてもいいのは、幼児期と小学生ぐらいまでで、中学と
 高校からはやはりきちんと従来の日本式の文法授業をやるべきだと
 いう結論です。

 今幼児をお持ちの皆様は、将来中学選びや高校選びでスーパー
 イングリッシュとか、そういう類の名前のついたコースがある学校を
 考えておられるのではないかと思います。

 もちろん幼児期から英語をしっかりやって来られた方にはそういう 
 選択が大いにあってもいいと思いますが、中高一貫校では小学生
 の頃に受験勉強が大変で英語なんてやっている暇がないという
 子供達が多くを占めています。

 そういう子供達に、いきなり英語でグループ討論するとかをやって
 しまうと、なんとなく雰囲気でわかるけれど、きちんとした英語を学べ
 ないまま、時代の先取りみたいな教育をしている気分になって、大学
 受験で困って予備校に泣きつくということになるわけです。

 幼児期に土台のある子にはそういう授業は面白いかもしれません。
 でも、娘が学校の英語に求めていたのはそれではなく、自分が自然
 に習得したことを他の人に説明できない、いわゆる教えられないとい
 うのをなんとかしたいから、きちんと説明してもらえる授業でした。
 幸いにも娘の高校は予備校から招いた先生が受験指導していたの
 で、そういった格好よさだけの授業がなかったのはよかったかなと
 思います。

 私達日本人は日本語を何も苦労なく話しますよね。
 でも、なぜそう言うのかを正しく説明できないから日本語教師になる
 ことはできません。娘も感覚的に気持ち悪い、この言い方じゃないと
 いう漠然としたことしか言えないのです。

 友達からどうやったらリスニングできるようになるかなと聞かれても
 幼児期からやっていたからでは何のアドバイスにもなりません。
 過去に戻れないのだから、それでは手遅れということになってしまい
 大人から習得した英語の達人がたくさんいる中、安易に幼児から
 やればいいんだなんていうことは無責任すぎて言えないわけです。

 だから幼児期に頑張るんだというのは間違いです。
 頑張りすぎて学業が疎かになってしまっては、単なる英語馬鹿で
 終わるだけで、正直英語が話せるぐらいでは特別なスキルでも何で
 もないです。

 もちろん話せるにこしたことはないけれど、やりすぎてしまってそれ
 しかない状態にしてしまっては、普通に中学から頑張っている子供
 達でも頭の良い子は大抵英語もできてしまうので、すぐに追いつか
 れます。

 センター試験などでは娘より筆記の点数がいい友達もたくさんいま
 した。なんちゃってであやふやな部分がある娘は、筆記が満点では
 なかったので、リスニングはさすがに満点でしたが、それだけでは
 特別なアドバンテージにはなりえないというのが受験の現状です。

 幼児期にはこういったことまで想像はできないと思います。
 だからこそ将来を見据えた地に足着いた英語教育を親は選択しな
 いといけないなという気持ちで、このブログを再開したわけです。
 
 うちの事例も単なる一つの例でしかありませんが、少なくとも英語は
 忘れていませんし、交換留学できる基準のTOEFLの点数には到達
 しています。大学では英語の授業がプレゼンや討論などになってい 
 ますから、今こそ今までやってきた英語を実践に移す時なんだと
 思います。

 実用的な英語は大学からで十分。
 社会人になってそれを使う仕事につけば、すぐに慣れます。
 土台作りをしっかりバランスよくやっていれば、英語偏重教育になら
 ずにすみます。

 娘が英語力を帰国子女並に保ちつつ、理系科目もそれなりにできる
 というので、大学では友人達からある程度リスペクトされているという
 から、なんだか不思議な気分です。高校では決して超優秀ではなか
 ったので・・・・
  
 娘の友人達はそろいも揃って高学歴で、医学部現役合格が3人も
 います。(国立です)
 
 ちなみにその子達は英語を幼児からやっていたわけではありません
 全員中学からスタートしています。ほぼみんなセンターでは娘と同じ
 ぐらいの点数を取っています。受験英語はどうでもいいんだという方
 にも、そこをきちんとおさえているのとそうでない英語とでは後々困っ
 てくるということだけは声を大にして言いたいです。

 



 復帰直後から言いたい放題
 で申し訳ないなと思いながらも
 同じ方向ばかりのブログでは
 面白くないでしょうということで
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村
 
関連記事
* Category : 高校英語
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-05-07 (Sun)
 ブログ再開と言いながらなかなか更新できずにいましたが、新しい
 カテゴリーを作ってみました。

 幼少期からやっていた英語も娘が大学生になり、中身もガラッと
 変わっています。高校までは受験英語で文法や読解など、実用的
 とは言えないような英語でしたが、大学に入って使える英語という
 か、どんどん自己主張しないとやっていけないような英語になって
 娘のような目立ちたがらない子には、結構辛い授業となっています。

 入学してすぐに受けたTOEFLの点数でクラスわけされた結果、
 娘は2年生のクラスに飛び級になってしまいました。

 わずかの人数だけが一番上のクラスになったらしいのですが、
 これが言うほどうれしくない。
 
 2年生は昨年一年間でやり方も知っているのでいいのですが、
 娘は初めてで、出される宿題に四苦八苦しているみたいですね。
 英語が難しいのではなく、調べ物が多く、図表を用いてプレゼンした
 り、グループ討論して意見をぶつけ合ったり、動画をとって次の授業
 までにネット経由で上げるとか・・・・私達の時代ではなかった授業
 形式ばかりで、準備に時間がかかるのがストレスになっています。

 パソコンは使えて当たり前、英語は話せるという前提で進んでいくし、
 出される宿題の説明もすべて英語。質問も英語でしかできないので
 いやでも英語を使わないといけない環境になりました。

 元の土台があるので、いざ使う環境があれば、たぶんすぐに慣れて
 一年間の授業でかなり力がつくのではないかと思います。
 正直、子供時代にはやりすぎなくていいです。
 帰国子女と同じクラスでやっていけるぐらいの英語力はついている
 ので、むしろ学業をきちんとやってよかったです。

 英語だけではできることは限られていますが、他のことが出来た上
 で英語力があるのは強いです。
 幼児期に英語を極める意味がそう考えるとものすごく薄い気がして
 中学受験から英語とは遠ざかっていた娘ですが、趣味で聞いてい
 た洋楽や映画のおかげで、親の私は何もしていませんが、ライティ
 ング力もしっかりついているようです。

 これは国語ができるならではのことで、英語が話せても論理的思考
 ができないと、文章の組み立てがおかしく、人にわかってもらえる 
 文章は書けません。

 母語が確実であるからこその英語です。
 大学の授業を受けてみて、娘の英語力が確実に幼少期より上が
 っていることも確信できました。発音もクリアでなめらかです。
 家庭内では、英語を話すような人もいないし、必要もなかったので、
 全くの日本語環境でしたが、英語を忘れることはなかったです。
 文法がむしろ不完全で、予備校講師の目からみると、おかしな所が
 多々あるのです。

 ということで、このカテゴリーでは、大学生になってから娘が困って
 いるところや、英語の授業のあり方について、気になった点を書いて
 行こうかなと思います。




 大学生になってちょっとほっそりした娘・・・
 どうやら彼ができたよう・・・・
 (千年に一度の奇跡と人は言う)
 というより痩せたのは英語のストレスの方が
 大きいという娘に愛の応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村
 



 
 
関連記事
* Category : 大学英語
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by マリー
まめっちママさん、ご無沙汰しております。
お帰りなさい&お待ちしておりました!!
遅くなりましたが、お嬢さん大学ご入学おめでとうございます(^^)


「パソコンは使えて当たり前、英語は話せるという前提で進んでいくし、
 出される宿題の説明もすべて英語。」

「英語だけではできることは限られていますが、他のことが出来た上
 で英語力があるのは強いです。」

「これは国語ができるならではのことで、英語が話せても論理的思考
 ができないと、文章の組み立てがおかしく、人にわかってもらえる 
 文章は書けません。」

今は遠く娘と離れていて、娘がどう現地で奮闘しているか、
たまに呟く様子でしか解らないのですが、
まめっちママさんが仰っている事、
娘は実感しているだろうと主人と私は推測しています。

予想通りの経験をして、それを踏まえて
次に結び付けてくれたら親としては嬉しく思います。

そして何より・・・

「母語が確実であるからこその英語です。」

本当にその通りだと思います。
小さい頃は英語を緩めると抜け落ちると思われがちですが、
実際はそんな事はありませんよね。

親が英語をやらせるのではなく、ジャンル問わず子供自身の興味に
何らかの形で英語が関わっていれば、
英語が抜け落ちる事はない。

お嬢さんの、

「元の土台があるので、いざ使う環境があれば、たぶんすぐに慣れて
 一年間の授業でかなり力がつくのではないかと思います。」

に同感です。
一年後の成長とお嬢さんの夢の実現を応援しております。

これから興味深いお話しを楽しみにしております!

マリー様へ * by まめっちママ
お久しぶりです。こちらこそご無沙汰してしまって申し訳ないです。受験って本当に神経がすり減る一大イベントなんだなと実感しました。娘は全然プレッシャーなくひょうひょうと受けたみたいですが、親の私はどこが一番娘にいいんだろうと毎日大学入試要項とにらめっこの日々でしたwでも、娘にとって最適な大学と思えるところに決まって本当によかったなと思ってます。英語がメインではないのですが、一年生の間は英語漬けになりそうで、来年ぐらいから娘の専攻はプログラミングになりそうです。英語と離れていたけれど、やはり英語がかかわってくるというのも不思議な縁です。うちでは英語の優先順位は低かったのに、今こうしてちゃんとまともに英語を使って授業を受けてその上で娘の理系の知識が活かされているのを見るとこれでよかったんだと思えます。ブログはボチボチになりますが、頑張って更新していこうと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。