オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2015-11-27 (Fri)
 先日紹介した帰国子女の男の子の二回目の授業をやった。
 一応、片方が日本人の親なんだから、何だかんだ言っても
 日本語はある程度できるでしょ?私がここに書いている事も
 多少大袈裟にバイリンガルについて否定的なんじゃないのか
 と思われている方もいらっしゃるかと思う。

 具体的にどんな状態なのかを書けば、たぶんとても大変な
 状況であることがわかるぐらいのレベルで、あまりも気の毒
 で、何とかしてやりたいけれど、厳しい状態が続いている。

 彼は春には中学生になる。

 なのに今やっているのは、小学一年生のドリル。
 しかもできは半分ぐらいなのだ。

 例えばどんな言葉がわからないかというと、ずるいという
 ごく普通に使う日常レベルの単語ですら、意味がわからない
 そういうレベルだ。

 むしろ狡猾と漢字で書いてやる方が理解できる。
 これは漢字圏だったからこその恩恵で、まだ救われるのだが、
 小学一年生だと、逆に日本人の子供にはそんな漢字で教える
 ことはまずないし、平仮名で書かれているテキストは彼にと
 って、かえってわかりにくく、かといって、それより難しい
 レベルは到底無理という・・・・非常に困難な年齢と内容の
 アンバランスに苦しんでいる。

 そしてもう一つ悩ませているのは、日本独特の読み方のバリ
 エーションがあまりにも多彩だというところ。

 これも私達は一月はいちがつと読めるし、一つはひとつと読み
 一個はいっこと普通に読める。でも彼には一がひとと読んだり
 いちと読んだり、いっと読んだりするのが、あまりにもわから
 なさすぎて、覚えるだけでもう大変な状態なのだ。

 三日月と書いても、さんではなく、この場合はみだし、日も
 にちやら、ひやら、かやら・・・・・・そりゃ混乱して一年生
 レベルでも苦労するのは当たり前だ。

 そしてもう一つ大変なのは、辞書。
 日本語の国語辞典は使い物にならない。
 日本語を日本語にしてあるわけだから、日本語から中国語で
 ないと、彼には使えない。

 これは親が購入して使えるようにしてやらないといけない事
 だと思うが、どうも母親が日本人じゃないので、そのあたり
 のフォローができていない。

 更に学校が気になるので、そっと聞いてみたところ、まだ
 友達はいないらしい。
 みんなと遊べない。孤立してわからない授業を6年生の教室
 で聞いている彼を思うと、胸が痛い。

 せめて学年をさげて勉強できればいいのだが、そういうシス
 テムにはなっていないようで、日本は本当にそういった点で
 遅れていると感じる。

 今日の授業テキストには、七夕とかひな祭りとかが出てきて
 玉入れという言葉も出てきたが、彼にはどれも理解できない。
 七夕はこちらで織姫、彦星と書いてやったら、わかると喜ん
 でくれた。玉入れは運動会でやるものだと、これも絵を描い
 て教えた。もう日本語教師と同じだ。

 私は国語教師ではあるけれど、日本語教師ではない。
 だから専門的にもっと上手に教えてやれたらいいのだが、
 塾内で唯一中国語が理解できる人間として、彼に少しの中国
 語でフォローできるのは他にいないし、何かわからない時は
 中国の漢字を書いてやると、辞書に頼らずに、時間短縮で
 意味を理解してもらえるので、私の出勤する曜日に合わせて
 来てもらっている。

 これでもバイリンガルと親は思っている。
 日本語はわかると言っていたから、もう少しちゃんと話せる
 と思っていたが、前担当した子は日本人学校に放課後通って
 いたので、これよりは遙かにましで、2学年ぐらいの差しか
 なかったし、やりやすかった。でもこの子は違う。

 根本的な読み書きができないし、簡単なレベルの単語も怪しい。
 一年ぐらいたてば、かなりましになるとは思うが、その間の
 苦労は計り知れないなと感じた。
 家では今も中国語で会話しているのだろうか・・・・
 だとしたら一年では足りない。
 
 家庭内のことは、こちらには計り知れないけれど、子供の言語
 は、帰国した年齢、現地にいた時の状況などで、上手くバイリ
 ンガルに育つ場合と、どっちもダメなセミリンガルとに分かれ
 る。それがとても怖い。

 この子がそうならないように、祈るのみだ。



 母語の確立ということがとても
 重要で、これなくしてバイリンガルは
 あり得ないと確信しているまめっちママに
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



関連記事
スポンサーサイト
* Category : コラム
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-11-22 (Sun)
 今日はちょっと辛口の記事を一つ。
 (いつも結構辛口じゃないかというツッコミが聞こえる)

 最近、娘の目覚ましい成長に驚いている親として、やはりこ
 れが真実なのかなという結論に到達した。

 幼少期は色々娘に幼児期教育なるものをやってきたし、それ
 なりにお金もかけたけれど、一つだけ絶対にしなかったこと
 がある。

 それはあれこれ育児書や教育本を読まなかったこと。
 様々な教育論が世の中に溢れ、これはしていけないとか、何々
 を伸ばすにはどうすればいいかとか、食べてはいけない物の
 リストだとか・・・・

 そういうのがあまりにも多すぎて、何を信じてどうすればいい
 のか、かえって親達が迷走する原因を作っているんじゃないか
 と思えて、自分の直感と観察力を頼りに、最善をつくせばいい
 のだと、割り切ってきた。

 何かをとりあげてインパクトのある部分をクローズアップす
 れば、そうなんだとおろおろしてしまう、親の子を思う心理を
 逆手にとったような本があまりにも多いので、私はそういう
 物を読まずに、全力で日々子供に向かい合って育ててきた。

 それが正しいかどうかはわからないけれど、少なくともうち
 では、イレギュラーな出き事の方が圧倒的に多かったように
 思う。英語育児だってしようと最初から思っていたわけでは
 ないし、幼児期教室になんていれるつもりはさらさらなく、
 教材を買って子供に勉強させる?あり得ないとさえ思ってい
 たぐらいなので、もう生まれる前から胎教だの、本を読みあ
 さるなど、あるはずがなかった。

 実際、生まれると教育どころじゃなく、夜寝ない。授乳なん
 て一時間しかもたない。母乳は全然でない。想像以上に大変
 な子育てがスタートした。

 けれどもなぜか全然悩むことはなかった。
 それは子供が健康に育ってくれることだけを考えて、日々体重
 が増えて色々な物が食べられるようになってきて、少しずつ
 感情表現が豊かになっていく子供を見るだけで楽しかったから
 で、賢い子になるようにとか、0才から英語をなんていう考えが
 なかったからこそ、私にストレスがたまることなく子育てでき
 たのだと思う。

 少し大きくなってベビーカーに乗ってくれるようになって、暴
 れなくなってきた頃から、外での活動ができるようになり、そ
 こから世界を広げていこうかなと考え出したので、それまでは
 観察と忍耐と寛容の精神で乗り切ってきた。
 
 幼児教室に行ったのも、友達作りのためだけだったし、教材を
 買ってしまったのは、このブログでも語っている通り、成り行
 きと勢いだけだし、娘が英語を話す子になったのも、適性が
 たまたまそっちにあっただけで、他のことをさせたかった私の
 思惑とは違う方向に進んでしまい、まあそれもいいかと適当に
 流して、その時一番これだなと思うことを直感でやってきた
 ことが、結果的にはよかったのだと思える。

 計画を立てても子供はその通りにはなかなかならない。
 だからといって、何もせずに放置せよというのではない。
 日々のしっかりとした観察は最重要で、子供の適性を見誤らな
 いことこそが、成長には一番大切なことだと思う。

 そして何より自主性を育てることに重きを置いて、自分で決断
 して自分でピンチを切り抜ける力をつけてやる。
 これだけは親がちゃんと子供につけてやらないといけない教育
 だと、高校生になった娘を見て確信した。

 勉強ができれば、それに越したことはないし、スポーツができ
 て、芸術センスに溢れる子だったらいいなとか、優しい子なら
 それでいいよとか、親の願いは様々だけれど、親の作り上げる
 作品ではないし、生きた一人の人格として接することこそが、
 子供の強い心を育てると私は思っている。

 今、娘は一人でほとんど何でもやっている。
 まあできない部分もあるけれど、勉強に関しては、これしか
 ないのだという固い決意があるし、友達の選び方や環境も自ら
 こうあるべきという形が出来上がった。

 娘は自分よりできる友達に囲まれているのが好きだ。
 普通、自分が一番下だと卑屈になる子が多いが、娘は違う。
 自分の友人がこんなにも優れているんだと、誇りに思うそうだ。

 ことわざにあるような鶏口となるも牛後となるなかれは、娘に
 は通じない。学校でも少しランクを落としてそこで一番になる
 方がいいという子もいるが、娘はそうではないのだ。

 たとえ下になっても、自分より優秀な人がたくさんいる世界だ
 からこそ、がんばり甲斐があるのだと。そういう人達を目標に
 して、上を目指していきたいという上昇志向というのだろうか
 そういうのがはっきり出てきたのは、親として驚いている。

 決して上を目指せと言ったことなどないし、むしろ私が慎重
 すぎて、冒険しなかったことの方が多いのに、娘ははっきりと
 自分の方向性を私に示してきている。

 こんなにも娘のプライドが高く、上昇志向の持ち主だとは
 正直思わなかった。私より遙かに楽天的で何も考えていない
 と思っていたのに、確固たる信念が出来上がっていたのだ。

 うちの場合は、娘が鉄の心臓の持ち主で、どんな時も動揺す
 ることなく、進める性格だったので、こういう教育でいけた
 可能性はもちろんある。これが神経質でもっと弱い心の子
 なら、違った方向性になっていたかもしれない。

 すべては結果論でしかない。
 だから育児書を私はあてにしない。
 自分の信念通りにやって、その通りになって成功しました
 という事例より、違ったという方が遙かに多いと思うからこ
 そ、惑わされることなく地に足つけた子育てをしないといけ
 ないと思うのだ。

 たくさんのダイエット本のように教育論もたくさん巷に溢れ
 ているけれど、自分の子供の教育は、自分だけのオリジナル
 テキストであるべきで、一人として同じにはならないのだと
 いう当たり前のことを頭に置いて、これからも信じすぎず、
 放置せず、上手に距離を置きながらやっていければ最高だ。

 
 

 
 年賀ハガキを買った・・・・
 また面倒くさい印刷しないといけないのか
 と、今から気持ちが重くなっている
 まめっちママに励まし応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育




関連記事
* Category : コラム
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-11-22 (Sun)
 タイトルださくてすいません。
 何年か前に中国からの一時帰国の男の子の国語を担当した話
 を書いたことがあるが、また今年新たに小学校6年生の男の子
 の帰国子女を受け持つこととなった。

 日本人とのハーフなので、日常会話はどうにかできるらしい
 と聞いていた。しかし問題なのは、母親が日本人ではないと
 いうこと。家庭内で接する時間の長い母親の母語が当然ながら
 強くなり、現地でも中国語の学校に通っていて、日本人学校に
 は行っていなかったので、家庭内のわずかな時間がその子の
 日本語習得の場だった。しかも家庭内言語が中国語だそうで、
 お母さんは日本語ができるらしいけれど、子供よりはましと
 言うレベルだ。

 実際に担当してみるまでは、どのぐらいのレベルか全くわから
 なかったのだが、バイリンガルとは言えないどころか、平仮名
 片仮名が読めて簡単な単語でならどうにか意志疎通できるとい
 うレベルだった。

 小学1年生のドリルからスタートとなり、学校では授業特に
 国語と社会と理科が全くついていけない状態で、算数だけは
 あまり言語に影響されないのと、先に2年ほど現地で進んでいた
 らしいので、なんとかできるようだが、授業はただ座っている
 だけらしく、週3で日本語を勉強することになった。

 漢字は書けるので、日本語に漢字を当てると、意味はわかって
 くれるのだけは助かった。でも、この状態を見て思ったことは、
 家庭内で日本人の母親が英語で子育てした場合、これと同じな
 のではないかということ。
 日本に住んでいるので、日本語はできるようになるのが幸いだ
 けれど、英語はかなり怪しいレベルになりそうだ。
 
 この子と全くの逆バージョンだと考えれば、英語が日本語と同じ
 レベルになるはずがないことは一目瞭然だ。

 この子も中国語は完璧だ。ただ違うのは、この子はこの先日本
 に住むということなので、追いつくのが相当大変なレベルであ
 ることは間違いない。
 
 これも一例なので、上手に両言語が伸びるパターンももちろん
 あるだろうし、こんな風に偏ってしまう場合もあるということ
 で、ケースバイケースだとも思う。
 ただ、リスクが大きいことは常に考えないといけないと改めて
 思ってしまう事例ではある。
 この子の場合、日本に戻ってくるという前提なら、なぜもう少
 し日本語をしっかりやらなかったのだろうと思う。
 
 相当重症なので、学校でもつらそうで、しかもサポートはほと
 んどないと聞いた。いじめらしきこともあったようで、子供の
 言語環境の激変は本人に責任がないだけに、親も子供だからす
 ぐに慣れるだろうとか、そういったことを安易に考えずにしっ
 かりサポートしていく必要があるのではないかと感じた。

 他にも様々な困難があるのだが、それはまたの機会に書くこと
 にする。




 子供の自習性を育てることこそ
 最善なのだとつくづく思う今日この頃
 どんな環境を与えても本人にしか
 壁は登れないのだということを痛切に
 感じて仕方無いまめっちママに応援
 よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



関連記事
* Category : コラム
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-11-09 (Mon)
 高校2年になってから、毎日早朝登校、居残り学習を続けてき
 た娘。それだけでも大きな変化だったが、五科目模試が遂に
 始まり、更なる勉強が必要になってきたのか、あらゆる誘惑を
 すべて断ちきって、携帯からアプリを削除した。

 通学時間も勿体ないので、時間短縮するべく、学校に近い祖父
 母の家から通いたいと言い出した。

 毎日はさすがに祖父母の負担が大きいので週に3日だけ、むこ
 うから通学することになりそうだ。
 でも、そうすると娘の着替えやら部屋着、学校の制服の替え、
 教科書類などもややこしいことになり、こちらにも週末戻って
 来るとなると、両方を行き来するために、向こうとこっちに
 色々同じ物を置かないといけないことになる。

 娘はあまり深くは考えていないようだが、娘一人が来るだけで
 祖父母は何かと気を使うことになりそうだ。
 
 しかし、娘がこうまで変わったのはなぜだろうと考える。
 人間すぐには変われない生き物だが、彼女の場合、決めると
 行動は早い。その分気が変わるのも早く、物作りをすると言っ
 ていた娘は、今はそれを指揮する会社を自分でやりたいという
 方向性に変わっている。

 もちろん会社をやるためには、自分もわかっていなくてはい
 けないし、こういう物を作りたいという原理を自らが理解して
 いれば、具体的にそれに適した人材を捜すこともできるだろう。
 一歯車ではなく、自らがこういうのがあったらいいなと日頃
 考えていることを誰にもダメだしされずにやるためには、自分
 の会社でなくてはいけないということのようだ。

 どんなにアイディアがあっても、トップがダメなら実現できない。
 それなら自らやりたいと思うのは、娘には自然なことなのだ。
 私はどうしてもリスクや経営のことを考えてしまう文系人間な
 ので、私のような慎重派と娘のような無鉄砲派が上手く補い合
 えばいいのかもしれない。

 まだまだ先の話で、実際どうなっているかは誰にもわからない
 が、娘は根っからの楽天家で、失敗したらという文字は辞書に
 なさそうで、とにかくいけると思って生きているので、それが
 私にはうらやましいやら、呆れるやら・・・・

 たぶん娘は私ではなく色濃く旦那の血を引いているのだと思う。
 二人が暴走しないように私がセーブ役になっていくしかない。
 家族が上手く機能しているなと思うのは、こういうところで、
 お互い補い合いながら、よりよい方向へ行けたら最高だ。
 



 今日は珍しく短めの文章で
 拍子抜けした読者の皆様
 申し訳ありません。またより
 パワーアップして(せんでいいって?)
 いい記事を書けるように応援よろしく
 お願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育


関連記事
* Category : その他
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。