オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2015-08-21 (Fri)
 高校2年になってから受けた二つの模試が戻ってきた。S台模試と
 S研模試だが、どちらも同じぐらいの成績で、学内の立ち位置は
 まあまあというところだった。

 学内二桁は絶対取るという前提で受けているが、目標は30番以内
 なので、それにはまだちょっと足りない。

 中身を見てみると、いつものことながら英語が一番できているが、
 数学が少しずつあがってきている。ただ、つまらない計算ミスが
 あり、そこは取れないといけないでしょという大問一で間違えて
 いるのは致命的なのだが、確率ができはじめているし、難しい問
 題で正解しているので、亀の歩みだけれど、頑張りが実を結び始
 めたのかという気はする。

 問題なのは、国語だ。

 娘は決して国語が苦手ではない。むしろ現代文の評論は得意だっ
 たのだが、この二回の模試はどちらも国語が一番悪い。
 一つは古文、漢文ができていないということなのだが、主語があ
 いまいな古文は、英語のようにすっきり読めないという。

 現代文は、言葉の説明一つ一つが気になり、誰が読んでもわかる
 ように書いてくれないと、行間を読みれと言われてもどうしてい
 いのかわかりにくいということのようで、これは放置できないな
 と感じた。

 今、夏期講習で私は高3生を受け持っているが、国語のセンスが
 ある子は、知識がなくても、設問から解答を予測できる能力を持
 っていて、古文も単語を少々知らなくても、何となくわかるから
 マークだけなら、それほど勉強しなくても何とかなってしまう。

 国語は勉強しなくてもというのは、こういう子供達なのだが、娘
 は残念なことにこの手の類の子ではない。

 論理的で主語がきちんとある英文なら理解できても、古文や漢文
 は、そうはいかないので、苦戦している。
 ただ、そんな娘みたいな子でも、得点できる方法はあるし、解答
 の見つけ方は訓練次第である程度習得できる。

 それには家勉だけでは限界があるなと感じた。
 私が今使っているマーク模試の過去問を、娘もやってくれればい
 いのだけれど、親とでは上手くいかず、学校に早朝から行ってし
 まう娘は、数学と物理、化学で手いっぱいで、国語をやらないと
 いけないのはわかっていても、あえて家でそれをじゃあやりまし
 ょうかには、なかなかならない。

 「それをするぐらいなら、夏休み明けの復習テストの勉強をする」
 とか、「地理の暗記をする」になってしまい、やはり親だから甘
 えているのだというのが一番のネックになっている。

 それならば、やはり外注しようということで、一度休会していたZ
 会を復活させようと思った。前は数学と英語の受講だったのだけれ
 ど、それは学校で十分だし、英語は受講する必要もないだろうとい
 うことで、(本当は受けた方がいいのだけれど)あえて得意科目は
 受講せずに、自力ではなかなか手つかずになる国語を受けようとい
 うことになった。

 これなら問題をやって提出しないといけないわけだから、時間を
 作ってでも頑張るだろうし、私がそれを見てやれるので、添削さ
 れて戻ってきたものをチェックできるし、どこがどういけないの
 かも把握できるので、早急に手を打てると思ったのだ。

 娘もさすがにちょっと国語のできが順位を下げていることを気に
 しているので、今回はやりたくないとは言わなかった。

 数学が復調してきているので、後は国語をもっと得意科目に昇格
 させて、理科、社会が入ってくる模試に備えようと思う。

 今回模試の成績を見ていると、娘のライバルになるであろう友達
 と同点で3人同じ順位だった。それぐらい実力が伯仲している。
 ものすごくできる友達との差も実はそれほどあるわけではない。
 でも、わずかの差でもそこに何十人もの争いがあるのだと考える
 と怖い。大きなミスをすれば、たちどころに転落する危険もある
 ということなのだ。

 そういう激しい競争にすでに突入し始めているということで、の
 んびりなどしていられないなと、気がひきしまる。

 娘もいつもなら前日にちょろっとしか勉強しない夏休み明け課題
 テストの勉強をし始めている。これも大きな変化だ。
 地理の暗記に苦心しているようだが、今からやっておくことは悪
 くない。そういう類のものは直前でも間に合うと言われているが、
 娘の場合はそうはいかないのがわかっているので、人は人。

 直前の暗記で頭に詰め込めるタイプとそうでない子とでは、やり
 方も違うはず。だから人に惑わされることなく、自分に合った方
 法で、時間はかかっても最善の手段を見つけて欲しい。

 後回しにできない状況を作り出して、習慣化してしまえれば、ま
 だまだ勝算はある。毎朝自分で起きて早朝学習しに学校に行ける
 ようになった娘だから、やればできないことはないと思う。

 いつかやるではなく、いまでしょの気持ちで頑張ってくれたら
 いいなと願っている。




 8月も残り10日ほどになり、またしても
 大型台風が接近中・・・・
 仕事に影響が出ないといいけど・・・・
 大雨の仕事は出勤がつらい・・・
 駅までタクシーに乗りたくなるまめっちママに
 励まし応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



 
関連記事
スポンサーサイト
* Category : 日本語のすすめ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-08-16 (Sun)
 来年は娘が高3なので、受験で旅行どころではないだろうから、
 今年は母のふるさとでもある北陸の温泉に行ってきた。

 もう何十年も前からずっと変わらぬ景色で、どこまでも田んぼが
 広がっている。温泉宿は年月と共に少しずつ古くなっていくので、
 改装を重ねてはいるものの、目覚ましい発展はなく、いつ行って
 も変わらぬ景色がそこにあった。

 都会暮らしになれた私には、ずっと住めるかと言われたら、たぶ
 ん無理だと思うが、しばらくの滞在なら心が癒されるのどかな風
 景だ。ここには深夜まで塾通いするような子供はいないし、そも
 そも塾や予備校という類のものすら存在していない。

 一番大きな温泉駅前に一件だけ個別指導塾があったが、いわゆる
 大手予備校などは、この辺りには無縁のようだ。

 こういうのを見ると、いつも考えてしまう。
 都会にいると当たり前のように塾や中学受験があるけれど、そう
 いうことを経験しない子供達もまた少なくはないのだということ。

 地方出身者が大学にたくさんいた現状を見ても、本当に今の都会
 の異常なまでの勉強過熱ぶりが、本当にいいのかどうか、毎回心
 が揺れる。周りでは当たり前のように私立に通いつつ、更に塾や
 予備校通いの子供達が存在する。

 私の塾にもたくさんそういう子供達がいるし、個別と予備校の
 併用も少なくない。公立高校の大半の子供達は塾に通っているし
 私立でも娘の学校は確かに塾通いが少ないけれど、それでも通っ
 ている子はいる。

 うちは今全くの塾なし家勉だけれど、特に困ってはいないので
 やはり今必要としていることは何かを考えて行動するのが一番
 いいのだと思う。

 娘に個別指導をつけていた時は、娘がまだ自分でやる気を出して
 いない時期で、参考書も読みはしなかったぐらいだったので、そ
 ういう子には、話しやすい先生の存在がどうしても必要だった。
 でも、今、娘は自分でどんどん勉強しているし、言われなくても
 起きて、自主的に日曜登校し、自ら調べたり、参考書をしっかり
 読み込んだり、学校を最大限に利用して頑張り始めたので、そう
 いう時期が来たからこそ、塾をやめる決心もついたのだ。

 自分が塾業界で働いているくせにこんなことを言うのはどうかと
 思うが、塾が必要な子供達はたくさんいる。でも、いらないと
 いう子も存在する。それぞれが必要なサービスを上手く利用でき
 るのが一番いいということなのだろう。

 塾に行かないと受験はできませんよではなく、何がどれぐらい
 必要なのかを親子でよく話合い、どうしても家でできないことや
 先生の助けが必要なことは、素直に塾や予備校にお世話になると
 いうぐらいの感覚でいいのだと思う。

 有名予備校の映像授業を見れば何となく安心みたいな風潮がある
 が、高額な授業料に見合っているのかどうかを鑑みて、それでも
 役立つと判断できるなら、それもよし。

 ただ流されるだけではない確かな選択眼を持っていないといけ
 ないとつくづく思うこの頃。

 不安がなくなったわけではないし、理系選択した娘がどうなるの
 か、怖いこともたくさんある。でも親の心配をよそに娘は目標に
 向かう気持ちだけは、確かなものになった。
 結果がついてくるかどうかは、正直わからないけれど、やるだけ
 やって進むだけだという強い目的意識は確実にできた気がする。

 今年の夏の旅行は、そんな娘のささやかな息抜きだったけれど、
 列車の中でも娘は勉強道具を広げていた。少し疲れると眠ったり
 携帯のリズムゲームをやったり、お気に入りのyoutube映像の
 「サウスパーク」を見たりしながら、再び勉強するという、いつ
 もとそれほど変わらない生活態度で旅行中も過ごした。

 ここでだらっとなったり、そのままズルズルと怠けぐせがついた
 りすることなく、きちんと自分で管理できたことは、大きな進歩
 と言えるんじゃないかと思う。

 短い夏休み、残りわずかだけれど、後悔のない夏になればいいな。




 私の夏休みもあと二日。
 また仕事に戻っていく日々がくる・・・
 いつか一ヶ月ぐらい長期休暇できるように
 なりたいなと思うまめっちママに
 励まし応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育
 


関連記事
* Category : コラム
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-08-07 (Fri)
 今年の4月から、ずっと学校での居残り学習を継続している娘。
 最近は早朝学習もしているので、ほぼ一日中学校にいるという
 信じられない生活をしている。

 夏休みになったというのに、補習があるらしく、みんな出席して
 いるというから、これも驚く。

 娘は英語の補習は受けていない。でも、クラスのほとんどが英語
 の夏期講習として受講しているらしい。そのかわり娘は化学を
 受講していて、割と役だっていると思うという感想なので、塾に
 行ってはいないけれど、学校でその分勉強しているのだと思えば
 まあ、悪くないやり方だと思う。

 もちろん学費にしっかりそういったお金は含まれているのだとは
 思うが、塾にいかなくても、それなりに力がつくように学校がし
 てくれるので、私の生徒がみんな塾の夏期講習に毎日来ているの
 を見ても、それほど焦る気持ちはない。
 
 英語と数学の受講が圧倒的に多い現状で、化学や物理を受講して
 いる生徒は個別指導では見当たらない。

 娘の場合、化学、物理を映像授業で見て、学校で講義を聴くこと
 で、夏期講習と同じようなことをやっているのだと思うことにし
 ている。大手予備校でわざわざ大金を払わなくても、何とか少な
 いお金で最大の効果を上げられればいいなと思う。

 幸い、動画授業をi padで家で見て、参考書などをよく読み、更に
 わからないところを学校の友達や先生に聞くことで、今のところ
 何とかなっているような気はする。

 バリバリ理系はかなりしんどい選択だったが、暗記の多い社会を
 やるよりはいいということで、娘はわかれば解ける物理が好きな
 のだ。化学も暗記分野は点数が低かったのだけれど、理解できれ
 ば得点出来る分野では、期末テストでも結構頑張っていたのを
 見て知っているので、後はいかに効率よく暗記できるか・・・・
 担任の先生にもそれを指摘されているので、この夏に基礎固めを
 しっかりしておこうと思う。

 それにしても毎日暑いのと、急な天候の変化もあって、昨日なん
 て、いきなり雷と大雨が降ってきたし、水やりすると、やっぱり
 雨になるジンクスは顕在だ。

 微妙な天気の時に、例えばちょっと曇っていて、どうかなと言う
 場合、念のために水やりすると、その後必ず雨になってしまう。
 せっかく水やったのに、なんで雨降るんだよと悔やまれるけれど
 不思議なほど、雨は水やりすると降る。

 まあそんなことはどうでもいいことだけれど、最近、あまりにも
 暑いと頭痛が起きるようで、一種の熱中症なのかもしれない。
 職場のエアコンが効かず、本当に暑いので、そのせいで仕事の後
 は、疲れがひどくなる気がして、何とかならないものかと、毎年
 夏が来ると思う。

 建物の構造的に今のエアコンが修理しても上手く働かないらしく、
 何がどうなっているのかしらないけれど、とにかく毎年夏は最悪
 なのだ。

 でも、私はまだ室内仕事なのでましだと思わないといけない。
 私の父は未だに外で仕事をしている。高齢にもかかわらず、よく
 頑張っているなと思う。でもそのせいで元気でいられるし、ボケ
 もなく若々しく足腰もしっかりして、80にもなろうというのに
 スマホなんかも持っていたりする。

 元気でいるということがいかに有り難いか、娘もまだ高校生だし
 大学入試をまず突破し、就職して一人前になってくれるまでは
 頑張らねばと思う。

 私も最近運動すると頭痛が起きたりするし、以前ほどアクティブ
 ではいられなくなっているが、娘もせっかく頑張り始めている 
 のだから、負けてはいられない。

 幸いにも、今日でしばらく仕事はお休みで、長期お盆休暇に突入
 する。十分リフレッシュして次に備えようと思う。





 インコも暑さには意外と弱いらしいので、
 日中留守の時でもエアコンはかかせない
 今も元気に鳴いておもちゃの鈴をかぶって
 ご機嫌なので、それだけが癒しになっている
 まめっちママに暑さに負けるなエール
 よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育
 
 



 
関連記事
* Category : 学校生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。