オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-05-30 (Wed)
 つまらないと書くと語弊があるが、内容がつまらないという意味
 ではなく、例文を読むだけの普通のCDは、よほど聞こうという
 姿勢がないと勉強色が濃くでてしまい、娘のような集中力が著し
 く欠けている子にとっては苦痛となる。

 元々子供には、小さい子なら尚更そうだが、淡々とした声だけよ
 り、映像がついていたり、バックミュージックや効果音で興味を
 引くような工夫がないと、教材としては使えないことが多い。

 それで一工夫して、読み上げるだけの単語集にBGMをつけてみよ
 うと思った。そうすることで随分聞く気がおきてくる。
 
 娘が今まで英語を覚えて来られたのは、映画音声やDVDからの
 入力で、それらのすべてが場面を思い浮かべることができるよ
 うな臨場感たっぷりの音声だったので、そういうものは市販の
 教材ではなかなか難しく、自分で作るしかない。
 となると、せっかく我が家のパソコン(Mac)には最初から音楽
 編集機能にすぐれたGarageBandというソフトが入っているので、
 それを使わない手はない。
 
 娘は私よりはるかに使いこなしていて、自分の歌にエフェクト
 をかけ、伴奏の音楽と合わせてネットにアップしたりしている。
 たまに英語で歌っているらしいのだが、私に聞かせてはくれない。
 絶対に見るなと固く言われているので、あえて詮索しないけれど、
 聞く気になればいくらでもできる。娘は基本的に携帯にロックも
 かけていないし、ネットでアップしているサイトのログイン情報
 は私も知っている。使っているハンドルネームもわかっているの
 で、調べるのは簡単なことだからだ。

 娘も私のブログは見ない。うちでは不思議に思われるかもしれな
 いが、家族の誰も私がやっているブログのことをよく知らない。
 書いていることやタイトルはもちろん知っているので、読もうと
 思えばいつでも読めるけれど、あえて見ない。そういうルール
 みたいなものが存在する。

 別に見られて困る訳ではないし、嘘を書いているわけでもないの
 で、構わないのだが、娘も自分のことが話題になって色々書かれ
 ているのを見るのは恥ずかしいだろうし、見れば書くなと言われ
 そうなこともあるので、知らぬが仏ということで、お互いあまり
 個人のやっていることは見ないことにしている。

 リアル友人にもブログの存在はほとんど知らせていない。
 知っている人が何人かいるけれど、誰も見ていないのではないか
 と思う。私が個人的に仲良しクラブで友人向けに書いているわけ
 ではないので、多くの方にこんな英語育児もあるのだよという事
 と、娘が直面している困ったことをこれからどう克服していくか
 を自分なりに記録していこうと思って書いているだけだ。

 話がそれてしまったが、娘の方が最近パソコンに詳しくなりつつ
 あるので、何事もはまるとみるみるうちに習得していくものだな
 と感心している。

 そんな娘のつぼにはまるような面白い教材を作ってやろうと思い
 ボーカロイドの曲でも使って単語集を編集してみたら、さぞかし
 聞く気もおきるだろうなと思い、歌が入っていないカラオケバー
 ジョンをBGMにして作成中だ。

 さすがに英単語のバックミュージックとして歌入りは邪魔だろう
 から、娘の好きな歌をチョイスして作ってやって、流してみたら
 喜ぶかなと親馬鹿丸出しな自分がちょっと恥ずかしい。

 そんなことしなくても普通にこつこつ勉強できるタイプだったら
 よかったのだが、娘は自分が興味のないことは全て遮断してしま
 うし、脳の働きがちょっと違うので、そういう子には普通のやり
 方では効果は得られない。だから色々工夫して娘に合う方法を
 日々模索しているのだ。

 書いて覚えるとか、反復練習してとか、そういう常識が通用しな
 い娘のために何ができるのか・・・・今はそのことだけが気がか
 りで、長所を伸ばすことでできない事を克服していくしかない
 と思っている。

 仕事が忙しくなって、授業のコマ数が8コマぐらいになりそうなの
 で、ブログ更新もなかなか難しいのだが、編集する暇が果たしてあ
 るのか・・・・・でもそういうのをやるのが元々好きな私は今まで
 以上にパソコンの前にへばりつく時間が増えそうで、これでまた
 ダイエットが遠ざかるなあ・・・・・(そっちかい!)




 
 夜中にブログを書いていると
 お腹が空いてきて、つい食べそうに
 なる生活習慣不良のまめっちママに
 しょうがないけど、応援してやるかと
 思われましたらポチッとお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育
関連記事
スポンサーサイト
* Category : 教材について
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-05-28 (Mon)
 随分長く更新をさぼってしまい、今までの私なら考えられない事
 が起きているなと自分でも驚いているが、今後このブログをどう 
 していくかを現在思案中だ。

 実はこのブログ、娘が小学校の2年生の頃から書いているので、
 かれこれもう6年になる。そろそろ引退してもいいかと思わない
 でもないのだけれど、なぜかずるずると書き続けているのは訳が
 ある。

 娘は偶然の早期教育から英語を習得し、気づいたら英語を日常
 的に違和感なく受け入れるぐらいに成長していた。

 それ自体はとても喜ばしいことで、今も中学で英語だけはそれほ
 ど苦労せずとも授業が受けられるし、テスト勉強はほとんどフリ
 ーパス状態で、必死で単語を覚える苦労もないので、もうやって
 てよかったと心底思える。

 でも、それで早期教育大賛成で、娘みたいにやればバイリンガル
 もどきぐらいにはなれるんだということを言いたいのではなく、
 むしろそれをしたために娘の持っていた隠れた問題点を発見する
 ことが遅れたのだということを最近になって感じるようになった
 ため、このブログの方向性を少し変化させようと思っている。

 基本的には中学生活がメインになるので、サブブログであった
 はずの「新お笑い学力向上委員会」の方に今後はたくさん記事を
 アップしていくことになるのだけれど、こっちの英語ブログは
 バイリンガル教育の実録でもなく、どうすればバイリンガルに
 なれるかをレクチャーするものでもなく、自然体で英語と向き
 あう娘の姿を書ける時に書いていくという感じでいこうと思う。

 六年間で培ったノウハウ的なものはたくさんある。
 プリスクールもインターもイマージョンも一通り見てきた。
 英語教育でできることはやり尽くしたと言えるかもしれない。

 でも、それだけでは片付けられない娘の不可解な言動が私を悩
 ませ、娘の成長を素直に自慢したり喜んだりする単純な記事は
 かなり前から書けなくなっている。
 (元からあんまり書いていないつもりではあるけれど・・)

 まあそういうわけで、面白い記事が少なくなっていることは
 申し訳ないと思っているのだけれど、別ブログの方で、今の
 娘の姿を書いていく予定なので、、今後はあちらのブログの
 更新が多くなるかもしれない。

 ああ、もちろんこっちのブログもしつこくまだ置いておくつもり
 だけれど、何かこちらでしか書けないようなことをどうしても
 書きたい時は、また大演説してしまうかもしれないので、そこは
 ご了承下さい。




 久しぶりすぎてすっかり
 お客さんも減ってしまって
 ブログが寂しくなっているので
 景気づけに応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



 

 

 
 
関連記事
* Category : その他
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-05-16 (Wed)
 娘の学校で行われる小テストの英語の点数の付け方が不思議な
 のは、何度か過去にも書いたが、とにかく学校という所では
 教科書通りの解答を書くことを求められる。
 それ以外の英語表現がたとえあったとしても、生徒同士の交換
 採点の場合は、特にそれがあっているのかどうかもわからないし、
 採点しにくいという理由から、唯一の解答でないと基本的には×
 にするという何とも変な採点がまかり通っている。

 先生が一手間かけてチェックすれば済むことだが、毎日の膨大な
 テストをいちいち細かくみている暇がないのか、テキスト通りで
 書くことしか認められていない。今回もMay I open the window?
 とCan I open the window?の二通りが考えられる解答欄にどちら
 か一方の解答のみ正解という納得しにくい問題が出されていた。

 厳密に言うと、違いはあるのだけれど、そういうことを聞いてい
 るのではない問題で、先生もその違いを明確に説明していないの
 で、生徒達はなんとなく釈然としないまま終わって、文句を言っ
 ているという状態だったらしい。

 娘もそのあたりでいつも悩んでいるのだが、まあそんなことで
 いちいち引っかかっていても仕方ないので、いかに間違わずに
 正確に減点されない英作を書く練習をした方がはるかに建設的だ
 なと私は思っている。

 ニュアンスとか、ネイティブっぽさなんて所詮日本人には難し
 すぎるので、練習して鍛えるなんてことは非効率的すぎる。

 外国で何年か暮らしてくるとかすれば、そういうことも可能かも
 しれないが、受験生や普通の日本の学校で真面目に英語を勉強し
 ている多くの子供達には、酷な要求だ。

 だからあえてそこは無視して、文法的に間違いと言われない英文
 を書くということに焦点を絞って勉強した方がいいとアドバイス
 してきた。なかなか親の言うことは素直に聞けない年頃なので、
 実行にうつせない娘だが、負担なくできることはないかと考えて
 思ったのは、一行日記というか一行で自分の今日の出来事を語る
 ということだ。むかついたことや、クラスで起きた出来事、ある
 いは友達に言われたことなど、何でもいいから一番印象に残った
 ことなら覚えているだろうから書けるはずだ。

 今日、先生に「お前は入試の時より学力が落ちている気がする」
 と言われて、むっちゃむかついた。

 例えばこんなことを英語で書くだけでも結構難しいと思う。

 あるいは、

 クラスメイトの田中君が眉毛を剃り落としてしまって
 まろまゆになって、クラス中に爆笑された。

 こんなのなら楽しく書けるじゃないかと提案してみた。

 そういうのならいくらでもあるよという娘。

 弁当箱を学校に置き忘れて、今日は弁当なしで学校に行く羽目に
 なったので、途中コンビニで弁当を買った。

 こういうのを毎日一つだけ書くのは、負担にならずにできそうだ。
 電車内で考えてもいいし、わからないところは、それこそ家に
 戻ってきてからパパに聞けばすむ。うちはそういう受験のプロが
 家にいるのだから、活用しない手はない。今まで本当に何一つ
 父親の働きなどなく英語は習得したので、正直世間からお父さん
 が英語の先生だから、できるのねなんて言われるのは心外だった。

 英語なんて今時の教育熱心なパパさんみたいに、自分が絵本を読
 んでやるとか、英語のビデオを一緒に見るなんてうちには無縁の
 ことだったのだから。

 でも、これからはもっと役だってもらわないと困る。
 一行日記なら、娘がちょろっと書いて、それを添削するだけで
 いいのだから。時間もそれほど取られないし、面倒すぎるという
 ことはないだろう。それすら見てやれないのなら、今後一切英語
 にも受験にも口だし無用の引導を渡してやろうと思う。

 と過激なことを言っているが、実際なかなか親子間では上手くい
 かないことは私もよ~くわかっている。娘の古文を見てやろうと
 思っても、本人が真剣にならないことでしょっちゅうバトルして
 いる訳だから。そういうのを避けたい心理で旦那ももしかしたら
 距離を置いているのかもしれない。
 〔男はこういう時ずるいと思う。)

 ということで、できるかどうかわからないけれど、参考書を買う
 のではなく、できるだけ面白い出来事を英作するという戦法で
 やってみようと思う。

 本当にアイデアはあっても、実行することは超難しいものだ。




 
 日食眼鏡を買ってしまったので、何としても
 晴れてもらわないと困ると損得勘定で考える
 まめっちママに応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育


 
関連記事
* Category : 日々の取り組み記録
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by じょあんなT
1行日記、いいですね。うちもいつかは添削サイトなどを利用してそんなことができるといいなと思っています。(安くないので、お父さんが活躍されるのが羨ましいです。)うちはまだなにしろインプットが全く不十分なので、例文付き語彙リストをおぼえているという現状です。こういうとき、言語獲得期って、複雑なことを短期間でできるんだなって実感します。うちはこれから学習型でどれだけ効率よく負担をかけないかの問題になります。
自分の言いたいこと、を英訳するパターンがつくのは実力になると思います。うちも早くその段階にいけるよう頑張りたいです。

じょあんなT様へ * by まめっちママ
日記は長いと絶対に書けないだろうなって思うので、
せいぜい1~2行でその日の出来事を一つだけ英作する
という感じでいいかなと思ってます。
インプットはかなりできていると思うので、後はうまく
正しい英語で簡単に書くということを練習できればいいな
と思うのですが、まあうちの場合いい加減な子なので、努力
するというより適当に大体できればいいじゃんという姿勢
がだめですね。
じょあんなさんの娘さんは、毎日きちんと色々やりこなし
ているようなので、それだけですごいですよ。
うちとは全然勉強に対する姿勢が違うので、あんまり
根詰めなくても大丈夫だと思います。何せ年齢もまだ
うちよりかなり下なので、あまり今からきちっとしすぎる
と、中学ぐらいでいやになる可能性もありますから、ゆっ
くりでいいと思います。うちは本当に才能はそこそこある
はずなのに努力が嫌いという残念な子なので、それがもう
親的には本当にどうしたらいいものかと悩みの種です。

個別記事の管理2012-05-14 (Mon)
 娘の学校の中間テストまであと10日ほどとなった。
 そろそろ暗記物をスタートしないといけないので、歴史の必殺
 プリント的なものを少しずつやり始めている様子。

 今丁度江戸時代をやっている。なんで5月で江戸?って感じもし
 ないでもないが、昔中学受験のためにと買った歴史漫画が、今更
 のように役立っている。

 ほとんど読まずにお蔵入りさせてしまい、しかも大人買いした
 漫画本だったので、私的には勿体なくて、何とか使いこなして
 から売るなりなんなりしようと思っていたものだ。

 ところが、急に娘がテスト勉強のために使い始めた。更には
 歴史探訪のCDもかけながら、五街道や江戸の三大改革の名前と
 概要を覚え直し始めた。私がセットしてかけ流してもらおうと
 思っていた英語を歴史CDに替えて、それをかけ流し歌いながら
 テキストを眺めている。確かに耳だけより目で見て口ずさむ方が
 もっと効果的だと思う。

 英語も昔なら聞くだけだったものを、テキストの文字で確認する
 ようになってきた。一度視覚に焼き付けて、耳から継続して聞く
 ことで、初めて深い理解ができるのだということに、自分で気づ
 き始めたということだ。
 これでちょっとほっとするが、何せ集中力が持たない子なので、
 1時間もすると、携帯を眺めたり、パソコンをちょろっと見たり
 気が散るので、今後いかにして集中する時間を長くできるか、そ
 れがテストの点数を上げる鍵を握っている。
 
 興味がない時、実際にすぐに役立たない時に買っておいたもの
 でも、後で使えるようになることもあるので、少々邪魔だったけ
 れど、置いておいてよかった。

 売ってしまってから急に読み直したくなることも意外とあるし、
 時期尚早で使えないだけで、本当はもっと大人になってからの方
 が効果的なものもある。だから失敗したかなと思う教材も、後で
 使えることもあるのなら、まあそれほど後悔しなくてもいいので
 はと思えるようになった。

 今もたまに衝動買いしてしまうことがあるので、気を付けないと
 いけないのだが、お蔵入りさせても常に目につくところに置いて
 あれば、何かの時にああこれあったなと手に取って、読み出す事
 もある。だから私は整理整頓にこだわるのかもしれない。

 きちんと整理して分類されていたら、取り出しやすいので、使う
 確率がぐっと上がるし、どこにいったのかわからないような状態
 にしてしまうと、そもそもあったことすら忘れてしまうから、
 結局お金の無駄になるだけなので、面倒でも時々整頓して使い
 やすさにこだわることは大事なのかなと思う。

 それでも時折こんなんあったんだというようなものが出てくる
 こともあり、教材は多すぎない方がやはりベストであることに
 は違いない。

 あまり関係ないが、ネットとカードで買い物すると、いらない
 物でも買ってしまう傾向がある。

 うちの旦那は最近カードを決して切らない。
 どうしてもほしい場合は、お金を下ろしに行って現金で払うこと
 にしている。そうすると、その場での衝動買いを防げるからで、
 今お金がないから、ちょっと考えさせてと言えるらしく、それで
 もやはりほしい、どうしてもわき上がってくる気持ちを抑えられ
 ないぐらいほしいものだったら、たとえ面倒でもお金を下ろしに
 いって買うだろうということで、そうしている。

 実際、そうしてから無駄使いが減った。
 カードを切らないから、高い買い物をする時は慎重になる。
 しかも現金を下ろしに行く間にも考えることができる。
 途中でやっぱりやめようかなと思い直すこともできるし、行く
 のが面倒だから今日はやめようとブレーキをかけることもでき
 る。そこでブレーキがかかるぐらいのものは、それほどほしい
 物ではないということなのだ。

 後で冷静になってみたら、買わずに帰ってよかったとなる事の
 方が多い。逆に帰ってからでも気になってしょうがないという
 場合は、また買いに行けばすむことで、そこでなくなっていたら
 それは縁がなかったということなのだと諦める。
 こう決めて行動すると、自分が本当に必要なものがわかってくる。

 娘にもこういう部分は見習ってほしいなと思う。
 私はカード払いばかりなので、ちょこちょこ買いが多く、金額は
 大したことなくても、積もり積もっていく傾向があるので、お金
 が少しも貯まらない残念な人になってしまうのだ。

 昔ほど教材にはお金を使わなくなったし、今は割と考えてから
 買うようにはしているが、元々買い物好きな性分ゆえ、色々見て
 ああこれいいなと思うと予定外のものを買う傾向は、やはり直り
 そうもない。

 


 年齢のせい?なのか風邪が全然治らず
 鼻炎がひどすぎて夜眠れず、ソファで
 一人鼻詰まりと戦いながら頑張るまめっちママに
 どうか愛の応援クリックをよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

関連記事
* Category : 教材について
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-05-10 (Thu)
 なぜか縁あって英語を教えることになって、早2ヶ月。
 それなりに順調にテキストを進めてはいるけれど、今丁度ややこ
 しい時制のところをやっていて、現在完了進行形だの過去完了
 だのをやっていて、きちんとここを説明しておかないと、英作
 文で困ることになるだろうから、こちらもかなり丁寧に時間の
 概念を説明している。

 そんな時、たまたまaroundという単語が出てきて、これについて
 説明していたら、意外にも彼女たちはアラフォーとかアラサーの
 アラがこのaroundのことだと知らなかったことが発覚!

 10代のことなんてアラテンかなと言うので、またびっくり!

 teenagerって言葉知らない?と聞いたところ、知らんそれ何?
 ときたので、常識だと思っていたこの言葉がすでに高校生の間
 では死語になっているのかも・・・・・

 う~ん、年代の差を感じてしまう。

 そう言えばそんな言葉は最近ほとんど聞いたことないなあ・・

 自分の時代では常識だったことが今は全くそうでないことって
 案外多いのかもしれない。

 講師業などをやっていると、若いというだけで得だなと思う。
 人気が命の職業なので、感覚が若くないと、中学生や高校生と
 話を合わせられないというのがあって、ギャグ一つ言ってもすべ
 ったりすると、もう授業が苦痛になってしまう。

 自分の感覚で面白いと思っても、彼女たちの感覚では、それ何?
 となることもあるので、常に情報収集は怠れない。
 でも、真の力をつけるためには、いらぬ事を言って人気取りして
 いる場合ではないのに、一部若い講師の中には、派手な授業で妙
 にはりきりすぎの人がいることも事実。

 生徒もまだ良い物を見分ける目というのが育っていない未熟な
 場合が多く、面白ければそれでいいという風潮も問題だなと感
 じる。

 まあ今のところ、こぢんまりとした塾で高校生から小学生までを
 少人数で教えているので、以前のように教室に100人いるとか
 そういうプレッシャーはないのが救いだ。

 そういうところで華やか?にやっている頃は、今よりずっと
 ストレスの日々だった。最初就職したての頃に、体中に湿疹
 が出たのを覚えている。それほど強烈なストレスはそれまで感
 じたことがなかったので、あれから見れば今は有り難い環境だな
 と思う。

 深夜帰宅ばかりしていて、12時前に帰ることなどほとんどなく、
 朝は予習に必死で、夜は授業でマイクを持って大声で話して
 いるもんだから声はつぶれるし、のどは痛いし・・・・それは
 もう考えられないほど過酷な仕事だった。

 でも、その時の勉強のおかげで今があるし、こんな年齢になって
 も再就職がすっとできたのだと思う。

 一時期必死で勉強するということは、やはりとても大切なことで
 芸は身を助けるじゃないけれど、身に付いたものは、いざという
 時に必ず役立つということを身を持って知った感じだ。

 娘にも若い時に勉強して損することなどないということを早く
 分かってほしいと思う。がむしゃらに何かをやるということを
 今までほとんどしてこなかったので、今ここで踏ん張って何か
 をやり遂げてほしいと願うのだけれど、親の心がなかなか通じず
 早く反抗期が終わってほしいとそればかり思う日々だ。





 風邪をひいてしまって
 鼻炎の悪化とのどの痛み、咳で
 苦しくてソファに寝てばかりになっている
 まめっちママに愛の応援よろしくお願いします
(クリックで病気が早く治る気がしないでもない・・)
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育
関連記事
* Category : その他
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ごま
こんにちは。
年代の差。最近感じますねぇ、私も。
職場のデスクでYouTubeで音楽を聞くんですが聞いてる音楽がなんと15~20年前の曲。
しっかり口ずさめるんですよね、私。
あぁぁぁぁ、年ですかねぇ。

アプリの仕上がり楽しみですね♪
きっとすごいのが仕上がるんだろうなぁ、私も楽しみにしています。

ごま様へ * by まめっちママ
年代の差って知らないうちに出てますね。
流行に疎くなったのもありますが、感性の面でも私と娘
とでは、面白いと感じるものが違うんですよね。
全然面白くないと思うネタでも娘は笑っているし・・・
この世代間ギャップを埋めるのってかなり難しいですね。

アプリは会社から出るらしいので、具体的にはどういう
ものに仕上がってるのかはわかりません。
でも、元の単語集は旦那が作ったもので、予備校の
教材として授業でも使っています。
それのアプリバージョンのようです。

続編はこっちで勝手に作っているもので、いずれは
新しいコンテンツとして出すつもりですが、まだ少し
しか完成してなくて、少しずつ出してバージョンアップ
で対応していくことになるかもです。


個別記事の管理2012-05-07 (Mon)
 我が家がパソコンをMacに変えてから、すっかりAppleファンに
 なってしまい、最近はwindowsをほとんど使うことなく過ごして
 いる。当然ながら電話もi phoneなのだが、今まではアプリを購入
 する立場だったのが、近々アプリを提供する側になりそうだ。

 会社から出すアプリなので、個人的な所有物ではないが、英単語
 関連のアプリで、元の単語集を作ったのは他ならぬ我が家の旦那
 で、すべてのデーターはこちらにある。

 今はその続きとなる作品を制作中で、これが我が家の家内工業 
 と言えるぐらい、私も娘も総動員で頑張っている。

 娘の描くイラストもそう遠くないうちに日の目を見そうな感じで
 気の長いまだまだ完成には時間がかかるが、結構面白いものが
 できあがるんじゃないかと思う。

 アプリが出たらまたここで紹介するが、とりあえず近況はこんな
 感じだ。

 さて、当の娘はどうかというと、日々のプリント整理が少しだけ
 できるようになり、(先生のおかげ)小テストも手抜きが少なく
 なってきた。英語は相変わらず、あまりやっていないけれど、
 学校の授業がかなり進んで高校の範囲にもうすぐ突入しそうなの
 で、文法や構文などは意外と学校の教材をしっかりやることで
 きちんとした英語を学べそうな雰囲気にはなっている。

 こうでないと私立に行かせた意味がないので、そこはよかったか
 なと思うが、連休中は、やはりどうしても遊びの部分が多くなっ
 てしまい、宿題を済ませて時間が余ると、パソコンにへばりつき、
 時々旦那の仕事を手伝い、作品鑑賞会を開いて、ああだこうだと
 いちゃもん?をつけて、旦那がまたそれを意見の一つとして聞い
 て作り直すという地味な作業を繰り返している。

 そんなこんなで連休は終わりを迎え、また仕事の日々が始まる。
 もう少し休んでいたかったなと思わないでもないが、あまり休み
 が多いと、仕事に戻る気力が失せるのと、何かといらぬお金が
 飛ぶのが痛いので、これぐらいで丁度いいのだろう。






 お弁当作りがまた始まると思うと気が重いけれど、
 苦手な事を克服して少しは料理上手になりたい
 まめっちママに応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



 
関連記事
* Category : その他
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by mherese
まめっちママさんこんばんは!
パパ様製作のアプリ!!すごいですね!!
対象年齢などはありますでしょうか???
最近は本当にたくさんのアプリがあってすごいな~と驚いています。
使いこなせたらかなり身になりそうですね!
楽しみですv-10

mherese様へ * by まめっちママ
アプリそのものは作ってないんです。
元になる単語集を作って、それが予備校内でも
授業用の単語集として使われています。
続きはこちらが勝手に作っているのですが、これは
面白いものができそうです。アプリとして出せる
かどうかはわかりませんが、現時点では携帯で見られる
ように作ってます。i phoneと普通の携帯、パソコン
i pod touch 、ウオークマン、DSなどで見られることは
確認しています。出来上がったものは順次娘の携帯に
入れてます。子供でも使えるというのがポイントなんです。
まだ制作途中なので、いつ完成するかは未定ですが、なる
べく早く世の中に出したいとは思ってます。

個別記事の管理2012-05-04 (Fri)
 子供が大きくなるということは、あらゆる面でとても楽になると
 いうことなんだと最近つくづく思う。

 小さい頃は少しでも目を離すと、何がおきるかわからないので、
 神経をいつも使っていたが、今では少々放っておいても、自分
 でちゃんとご飯も食べているし、適当に風呂も入って時間になる
 と勝手に寝てくれる。

 だからといって何もせずに放置するわけにはいかないが、この年
 齢ぐらいになると、夜の留守番も大丈夫になるので、気持が楽だ。
 最近は旦那とよくでかけるので、娘が一人で留守番していること
 が多くなった。親と一緒にどこでも行くのは、すでに卒業した感
 じで、友達とカラオケに行ったり、プリクラを撮ったり・・
 楽しくやっている様子。だから親の後ろめたい気持ちなどとは
 裏腹に、本人はどこかへ親がでかけてくれる方が有り難いのだ。

 ちょっと行ってくるわと言うと、うれしそうな顔でこっちを見て
 くるので、まあそんなこともありかなと思う。

 この連休中は娘は宿題がどっさり出ているので、それをやる日々
 になっているが、親の方は連日アウトレットだ、百貨店だと行き
 まくっているので、さしずめ不良親というところだろうか。

 買い物もほどほどにして、昨晩は深夜映画を見てきた。
 阿部寛主演の「テルマエ・ロマエ」で、予想以上に面白かった。
 ちなみに原作の漫画はこちら
(表紙がちょっとあれなので買いづらいのが難点)
  ↓ ↓ ↓
 

 いつも私の見たい映画に難癖つける旦那でさえ、面白いことを
 認めたぐらいなので、我が家では文句なしに☆5つだ。

 ハリウッド映画にありがちな派手なアクションはないが、お風呂
 というテーマであれだけ楽しい映画を作れるって、今までなかっ
 たんじゃないかと思う。

 日本人なら普通に日常に見かけるお風呂グッズやトイレのおしり
 洗浄、温泉の風景など・・・・それが外国人の目には、ああいう
 風に映るのだということも、しかも時空を越えて古代ローマと
 リンクしているという一見荒唐無稽に見えるものが、実によく
 考えられて作られていて、不自然な感じがしないのもいい。

 深夜映画に行ったので、実は眠くなって寝たらどうしょうと思っ
 ていた。旦那も眠くなるようだったら、面白くないってことや
 から、自己責任ということやでとか・・・そんなひどいことを
 最初は言っていた。それが眠くなるどころか、最後までずっと
 楽しませてもらえて、ちょっとほろっとしたりもして、いや、
 なかなかいい映画に仕上がっていたと思う。この間見た洋画が
 我が家では不評だったので、今回は当たりでよかった。
 
 それにしても深夜だというのに、お客さんも意外といるもんだと
 驚いた。(自分もその一人のくせに、不良親してすんません

 明日は京都の嵯峨嵐山でトロッコに乗る予定。
 これもチケットがなかなか取りにくいと聞いていたので、連休に
 取れたのはラッキーだった。
 長いと思っていた連休ももう残すところあと2日。
 リフレッシュしてまた頑張ろう。




 連休は楽しいけれど、お金がガンガン
 出て行くのが怖いまめっちママに
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育
関連記事
* Category : その他
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by ごま
こんにちは。
わぁぁぁ楽しそう(><)
あ、その映画ネットで紹介されてるのをどこかのページで見ました!!
面白いらしいですね。
私も見たい~。

最近我が家は映画館に行ってないんです。
DVDばっかり。
おでかけっていいですよね、やっぱり。
残りのGWもめいいっぱい楽しんでください♪

ごま様へ * by まめっちママ
映画はとてもよかったんですよ。でもね、トロッコ列車
乗れなくなったんです。旦那が朝から体調不良なのと前日
祖母が吐き戻して、病院へ行って点滴打って薬飲んだら
大分よくなったようですが、そういう体調の祖母を連れて
は到底無理だし、元気なのは私と娘と祖父だけで、その
祖父もばあちゃんに付き添いしてるから、置いてはいけない
でしょ?で、結局娘と私と二人で行ってこいなんて・・・
そんなことなら行かない方がましということで、チケット
は払い戻してもらったの。残念です。仕方ないと言えば
そうなんですが、旦那の場合、大したことないのに、どう
も人混みがいやなのと、乗る気じゃない気持ちが表れて
こうなったのかなと思わないでもないんですよね。
だって結構家にいて、元気だし、テレビ見たりパソコン
したりできてるしね・・・・・
まあ家でじっとしておけってことかなと・・・・・
またの機会に乗ればいいので、これで最後ってわけでも
ないし、しょうがないです。
体を休めて仕事に備えようと思います。

* by じょあんなT
うちも「テルマエ・ロマエ」見に行きましたよ。朝イチで行ったのに結構席が埋まっていました。(これについては、ムビチケとか、座席購入方法また勉強しないと、ただ早起きするばっかりの古いやり方じゃスマートにできないんだろうなと思います。)
本当に面白いと思いました。現地のローマ人役のエキストラの中に阿部さんがすっぽりはまってるところなんて、つい吹き出してしまいました。
JOちゃんは宿題たくさんですか。たいへんですね。でもひとりになることができたほうが、疲れない勉強法がみつかりそうですよね。お友達とも気兼ねなく遊べるでしょうし。うまく遊びながら勉強はかどるといいですね。
トロッコはせっかく席がとれたのに残念でしたね。普段お仕事でお疲れなのかもしれませんね。
まめっちママさんの業界ではいつが休みを取りやすいんでしょう?教育関係って、一般企業とは違うときに休みがとれそうに思うので、また空いているときに見ものの場所に行けるといいですね。

* by マリー
レルマエ・ロマエをご覧になったんですね。
随分前に主人が原作を読んでおり、
映画化が決まってからチェックしていました。
まだ観ていません・・・(T_T)
我が家は子供だけで夜の留守番は難しく、
レイトショーは随分ご無沙汰しています。
はやく不良親になりたい私です。
前々から見たかった「阪急電車」を見ました。
ぐんぐん引き込まれていくお話で、
ラストがとってもほんわかしました(*^_^*)
邦画もいいものですね。

じょあんなT様へ * by まめっちママ
面白かったですよね。この映画!
最初全然期待してなかったんです。漫画の方も読んでなか
ったし、どんな話かいまいちわかってなかったもので・・・
でも、すごく面白かったです。こういうジャンルもあるのか
ってびっくりでした。
深夜はすいてますよ。(笑)
私はいつもネットで前もって座席を購入しておくんですが
いい席がさすがに深夜なので空いてました。ど真ん中で
みんなその辺に固まってる(笑)

こんなことやってるから体調崩すのかもしれません。
ちょっと反省して休養とって次の日はじっとしてました。
うちは休みが少なくはないんですが、正月も年末も忙しい
ので、暇な時は入試が終わった3月とかですね。
夏休みは結構ハードです。盆休みは長いので、遊びには
いけますが、授業の段取りがあるので、そんなに気楽には
できないです。
私の方は、普段週3日の仕事なので、そんなに大変じゃ
ないです。こういう働き方ができるのが、講師業の特典
ですかね。夕方の3時間ほど働くスタイルなので、朝や
昼のうちに用事もすませられるし、娘の帰ってくる時間
までにご飯の支度をすませ、運がよければ、娘が帰る頃
に自分の仕事も終わり、丁度同じぐらいになったりも
するので、朝から出勤よりはいいです。

お金は確かにそんなにですが、この時間でこれだけなら
まあ納得かなと・・・・・
フルタイムで講師業に復帰すれば、もっと家計は楽に
なるでしょうけど、それはとっても大変すぎて私の体
がもたないと思うんです。深夜営業になりますからね。
毎日夜の11時帰宅ではちょっと困ります。
娘を放ったらかすことになるし、勉強も少しは見てやら
ないとまだ中学2年生ですしね。

マリー様へ * by まめっちママ
この映画は面白いですよ。是非見てください。
阪急電車テレビで見られました?あれもいいですよね。
うちはあの沿線に近いので、見ていてもローカル色が
豊かで余計に楽しいです。旦那は合計3回も見たので、
かなり気に入っているようです。役者さんがみんな
適材適所でよかったです。宮本信子さんの演技は
やはり秀逸ですね。マルサの女とかともまた違って、あの
役がとってもはまっていましたしね。

それぞれのドラマが上手くリンクされていくところが
すごく自然な感じで、あり得ない設定じゃないところが
いいのかなと思います。ご都合主義ではなく、ああいう
出会いがありそうだと思わせるところなんかもリアルで
よかったです。

個別記事の管理2012-05-01 (Tue)
 今更という感じかもしれないが、うちになぜか全巻揃っている
 「ドラゴン桜」を急に読み返したくなった。

 

 随分昔に読んだので、すっかり忘れているところもあったが、今
 読んでみてあらためて気づいたことがある。

 それは娘の学校でやっていることとかぶる部分がとても多いとい
 うことと、弁護士桜木の考え方が、実はものすごく理にかなって
 いて、私の考える物差しの基準と非常に一致しているということ
 だ。あんな勉強がすべてという考え方のどこがと思う方もいらっ 
 しゃると思う。でも今読み返してみると、決してそれは世の中
 勉強だけできればいいと言う事を言っているのでもなく、また
 東大が誰でも簡単に入れるんじゃないかということを言いたいの
 でもないことがよくわかる。

 単に漫画を面白くする都合上、少し大袈裟に刺激的に描いている
 だけで、本質は別の所にあるのだと思う。

 小手先のテクニックや、一年足らずの勉強でそう簡単に東大な
 んて入れないことぐらい誰でも知っている。
 ただ、あの中で私が一番共感出来る部分は、実は学力こそ一番
 公平な物差しだと言い切るところだ。
 
 人間は勉強以外のことも総合的に見ないといけないのは、当たり
 前のことだけれど、では、誰が公平にそれを判断するのか、一つ
 も偏見なしに、あるいは全員が納得できるような判断基準がある
 のかということを考えた時、そこにはグレーゾーンが必ず存在し
 てしまう。

 コネがもしかしたらあるかもしれない。見た目の雰囲気などで
 損をしてしまうことだってあるかもしれない。
 そんなこちらの努力だけではどうしようもないようなことを
 排除してただ一つの点数というものさしだけは、誰がみても
 間違いなく公平なのだという論理は、決して間違いではないと
 思う。

 それと人生のある時点で、必死に勉強することは、これから
 先に生きて行く上で必ず力になるはずで、そのために日本一の
 東大を目指してそこに入ることを目標にすることは悪いことで
 はない。東大を出たって使えない人がいるとかは、その後の話
 で、チャンスの幅が広がる切符を手にするための目標が東大
 であるというのは、非常にシンプルでわかりやすい。
 単に東大としたのは、一番インパクトがあって漫画にし易いか
 らというだけのことだ。

 そう考えて読むと、この漫画はとても意味がある。
 言い過ぎ、それはちょっとどうかなと言う部分があることは確
 かだけれど、それを差し引いてもうなづける点が多い。

 勉強に必死になることを悪とする風潮があるのは、前から納得で
 きなかった。スポーツや勉強以外のことで幼少期からスパルタで
 頑張ってきた人との扱いの差が激しすぎるからで、環境に一番
 左右されにくく、誰もがチャレンジできる学歴というものに対し
 て、もう少し偏見をなくした方がいいとは思う。
 
 誤解のないように言うが、うちでは子供に対して学歴至上主義
 はとっていない。むしろ海とも山ともわからない物へチャレンジ
 させたいと思っているぐらいだ。でも、客観的に見ると、勉強
 するということが一番自分をたやすく変えることができる方法
 であることも事実だ。

 私がこの年になって再就職で困らなかったのは、皮肉だけれど
 やはり前職のキャリアがあったからで、少しでも名前が通った
 予備校で専任をしていたことは、それだけで最初の書類をパス
 する威力があることも事実だ。
 誰でもスタートラインが同じとは限らない。その段階でふるい落
 とされることがないようにするための切符を手に入れるために
 水戸黄門の印籠のような効果があるのが、ドラゴン桜で言うなら
 東大ということになるのだろう。
 
 私の場合、それが予備校の講師という肩書きであった。
 これがなければ、極論を言うと、教育に関して色々語っても
 素人の戯言にしか聞こえないし、たとえ真実を述べたとしても
 人の信用度がまるで違っていただろう。
 人は肩書きに弱いのだということは、悲しいけれど紛れもない
 事実で、そのことを身に染みて最近感じることがあったので、
 またドラゴン桜を読み返したくなったのかもしれない。

 あそこに描かれていることは、決してそれが全て正しいという
 訳ではないだろうし、そういう生き方とは違うことで成功した
 例も山ほどあるので、単なる一つの可能性にすぎない。
 それに昨今のこの不況状態では、学歴のプラチナ切符でさえ
 どうなるかわからないような危うい状況なので、時代が少し変わ
 ってしまったため、以前ほどのインパクトはない。
 それでも人を引きつける論理展開は、今読んでも面白い。

 娘のようなぼんやり何も考えていないようなタイプには、これぐ
 らいの刺激が必要なのかもしれない。
 さり気なくテーブルの上に置いておいたら、何やら読み進めてい
 た様子。さて何を感じてくれただろうか・・・・
 決して東大に入ってほしいから置いたのではないことぐらい
 理解できるとは思うが・・・・・
 (うちは関西在住なので、関東方面にはお金の都合上行って
  ほしくない。できれば自宅から通える範囲でお願いしたい)
 

 


 
 最近立て続けに寝過ごすことが起きて
 娘から全く信用されなくなった・・・・
 というか、そもそも今でも一人で起きられずに
 親頼みするのが悪いんだと逆ギレするまめっちママに
 愛の応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

関連記事
* Category : コラム
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。