オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-02-28 (Tue)
 先日、私と旦那とだけで「IN TIME」を見てきた。

 

 発想は面白いのに、2時間で収めたものだから、一つ一つを描き
 切れず、勿体ない映画になっていた。
 期待していただけに評価が厳しめというのはあるけれど、映画の
 レビューなどを見ていても、多くの人が同じように感じているよ
 うで、これから見る人はあまり期待して見ない方がいいかも。

 このままでは、何か物足りないので、次はこれを見に行こうと
 考えている。

 「ヒューゴの不思議な発明」

 

 旦那は前回の「タイム」に懲りて、やっぱり洋物は嫌いだと思っ
 ているので、一緒に見てくれるかどうかは微妙だけれど、私は
 すごく見たい。DVDで見てもいいのだけれど、大画面3Dで
 やはり迫力ある映像を楽しみたいと思う。見てよかったなら、娘
 のためにDVDを購入し、英語の勉強に役立てることもできるので
 先に見ておいた方が何かと都合がいい。

 映画は音声が情景を思い浮かばせてくれるので、頭に残りやすい
 し、娘はいつも5回ぐらい聞くと台詞を覚えてしまうので、英語
 表現を身につけるのには、それが一番楽でてっとり早い方法だ。

 私も最近何気に難しい単語が口から出てくることがあったので、
 あれ?こんな単語いつ覚えたんだろう、何か知ってるぞと思える
 ようになったので、遅かったけれどやっと少し英語が頭に残り始
 めたのかもとうれしくなった。

 今までは真剣に聞かなければ、素通りするばかりで少しも頭に
 英語が残らなかったのに、知らないうちに単語を少しだけ覚えて
 いる自分に気がついてびっくりしている。

 これが継続しているということなんだなと実感した。
 亀より遅い歩みでナメクジにも抜かれるぐらいの進度だけれど
 昔と比べると格段に英語の力は上がっているように思う。

 でないと怖くて塾で英語を教えるなんてことにはならないと思う
 し、そういう機会に恵まれたことで、自分のスキルをもっと
 上げて娘と対等に英語の話ができる日も来るのかもしれない。

 今年は新しい仕事の年になり、娘ももう一歩飛躍する年であって
 ほしい。順調に数検も合格して次は準2級だし、漢検も上手く行け
 ば準2級に到達するかもしれない。英検も今年中に決着をつけて
 準1にとりあえず合格して、娘の希望通り、中3までで1級に
 合格できたらうれしいんだけれど、そう上手くいくかどうかは
 わからない。バランスよくすべてが揃って学力も伸ばすという
 方向から大きくはそれずに来ているので、これからも大きな先取
 りはせず、地道に確実に力をつけていけるように頑張ろうと思う。




 アマゾンで買ったものが届かないことが
 あってから、アメリカアマゾンで買い物
 するのがちょっといやになり、できるだけ
 他のところで買おうと消極的になっている
 まめっちママに、そんなこと言わずに頑張れ
 の応援クリックよろしくお願いします
 (頑張れって何をって感じだけれど・・・・)
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育


関連記事
スポンサーサイト
* Category : 映画で学ぶ 
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by マリー
お正月にミッションインポッシブルとリアル・スティールを見てきました。
娘に感想を聞くと、
「どっちも話は面白かったけど、ミッションインポッシブルは
難しい言葉が(スパイ用語だと思う)たくさんあった。
リアル・スティールは簡単な言葉だった。」でした。
日本語を介して難しい語彙力をためるのと、
同じように英語もためるはまだ難しそうです。
もう少し大きくなったら始めようと思います。

マリー様へ * by まめっちママ
最近娘は友達と映画に行くので、日本語吹き替え
で見ることの方が多いんです。それで英語の勉強には
全然なりません。だから面白かったものはDVDを購入して
家で編集するしかないですね。今度見に行く予定の
「ヒューゴの不思議な発明」はアマゾンですでに予約が
できるので、そっちを買ってもいいのですが、映画館で
見てきたいなと思ってます。
娘は「荒川アンダーザブリッジ」を見に行く気満々
みたいですが・・・英語とはほど遠いです・・・

* by ごま
こんにちは。
映画いいですよね~。
私たちも映画よく見ます。
でもね、HUGO見逃してしまったのです(T-T)
すっごくよさそうですよね!

In Time、私は聞いたことない映画なんですがジャスティンが出てるんですね~。
DVDでチェックしてみなくっちゃ♪

* by リコ
こんにちは~!まめっちさんお久しぶりです^^;やっぱりお嬢さんの英語は定着しているからこそ、中学生になっても消えないんでしょうねお^^うちの息子は今度小学2年生、TINTINやトレジャーハンターなど冒険ものが好きです^^♪ Amazonはまだ痛い目にあったことがないのでのほほんとUKやUSからも買っているリコです^^;
DVDやボードゲームが安いんですよね~☆

ごま様へ * by まめっちママ
この映画ね、俳優はすごくいいんですよ。
それに設定もとっても面白いのに、今一つ深く掘り下げら
れてないため、薄い内容になってしまったんですよ。
未来社会では時間を売って生活するというのがスタイルに
なっていて、みんな25才になると寿命が残り一年とカウント
ダウンされるようになるんです。金持ちは時間を買えるし
いつまでも生きられるけれど、貧乏な人は自分の寿命を
売って、その日の生活資金にしていくので、働いて得られ
るものより日常生活費の方が高ければ、どんどん命は短く
なります。そしてカウントがゼロになったら、路上で
惨めに死んでいくんですよね。最後はどうなるのかと期待
したけれど、あまり面白くなかったし、人の心の葛藤が
描ききれていないので、感情移入がしにくい。
そういうところが惜しい映画でしたね。「HUGO」は
期待して見られるかな?と思ってますが、どうでしょうね。
前評判がいいだけに、あれ?っと思うことがないことを
祈ります。

リコ様へ * by まめっちママ
アマゾンは今まで届かないなんてことなかったんですが
初めて郵便物が行方不明になりました。
向こうで買うと安いじゃないですか。それでDVDとか
しょっちゅうお世話になってたんですが、たまにあるん
ですよね。こういうことって・・・・
まあまた懲りずに買うとは思いますが(笑)

娘の英語は一応忘れない程度に定着したみたいです。
問題はその後どう伸ばすかですね。
中断して中学受験もあったし、学校に入学してからは
今度は漢検や数検、日本語検定など様々なものがあるし
授業の宿題もすごく多いし、進む速度も半端じゃないし、
それに模試のプリントとか、もう毎日よく勉強させてくれ
る学校です。なので英語をやる暇が正直ないです。
だから今やらないといけないことを優先し、英語は暇が
あったら、先に進むという感じで、力を落とさないように
するのが精一杯でしたね。この一年は要領を覚えていかに
このたくさんの課題をこなすかで明けくれたので、2年生は
少し手を抜きつつ、それでいて余力を英語に回せるように
したいなと思ってます。

個別記事の管理2012-02-26 (Sun)
 私の高校時代にはゴダイゴなんていうグループが存在していて
 (古い話ですいません)映画「銀河鉄道999」の主題歌なんかが
 流行っていた。よく吹奏楽で演奏される曲なので、今の若い子供
 達でも知っていることもあるが、どういう歌なのか娘は知らなか
 った。

 それもそのはず、娘の聞いている曲はボーカロイドばかりで、こ
 れは最近googleの宣伝で見たことある人も増えたんじゃないかと
 思うので、認知度も上がった気がするが、それでもまだまだ世間
 的にはマイナーな部類に入るもので、AKBなら国民のほとんどが
 知っていても、ボカロ(普段娘達はこう呼んでいる)はその
 何十分の一も知られていないと思う。

 ちなみにこういう宣伝

 

 もっとも中学生や高校生の間ではかなり流行ってはいるのだけれ
 ど、一般的な歌とはそもそもカテゴリーが違うので、親世代では
 それ何?知らんがなという世界だ。

 それで私的には名曲だと思っているゴダイゴの「銀河鉄道999」
 をこれだよと教えたくて、つい最近映画「銀河鉄道999」とその
 続編の英語版を衝動買いしてしまった。

 

 英語の勉強もかねて名作が見られるのだから、いいじゃないと
 私は思うので、値段も安いし、これなら費用対効果も抜群だしと
 勝手に親の趣味で購入してしまった。
 娘にとってはいい迷惑かもしれないけれど、かけ流しも最近ネタ
 切れになってきているので、新しいものを投入する目的もあった。

 英字新聞の方も細々と読み進めていて、この間は医療ドラマ
 「チームバチスタ2」の天才救命医役として出ていた俳優西島
 秀俊さんの記事を読んでいた。(これは私の好みとも一致する)

 日本のことを英語で読む方が実際は役立つし、国内のことを知ら
 ずして海外のニュースばかり聞いても、今の娘達にはまずは自国
 のことを学ぶ方が先だろうということで、Asahi weeklyを選ん
 だのは、結構よかったかなと思っている。

 耳から生きた英語表現を学び、目からニュース記事などで固い
 表現を学ぶという二本立てでしばらく英語は進みそうだ。

 


 この間、寝ぼけて朝制服を着替える時に
 パジャマのズボンといっしょにパンツも
 脱いでしまってストーブの前に座り込んで
 いた娘を発見し、もうちょっとで起きてきた
 パパと遭遇するところだった危機一髪の
 やばい状態に慌てたまめっちママに
 それはびびるでしょと思った方は共感の
 クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



関連記事
* Category : アニメ、ドラマで学ぶ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-02-23 (Thu)
 学校の授業を決してなめているわけじゃないけれど、娘はどうも
 英語の先生が苦手な様子で、できるだけ目立たず、ひっそりいつ
 も以上に静かに存在感を消し、授業を淡々と聞いてるらしい。

 先生に誤解されるから、どんな時でも顔を上げてきちんとにこ
 にこしながら時には頷きながらでも聞きなさいよと言ってあるの
 に、そういうことが極端に苦手な娘は、時として空想の世界に入
 りこみ、赤ペン先生がどうたらこうたらとか、訳のわからない事
 を考えながら、ぼ~としていることがある。

 そういう時に限って突然あてられ、

 「ちょっとhardとheardを発音してみて。
  ○○(娘の名前)はほとんどネイティブだから。」

 は~~~~~??!!!
 うち外人ちゃうし・・・・・
 日本でしか暮らしたことないし

 
 そういうのが一番苦手な娘は、実は学校である暗唱大会の選手に
 も決して立候補しようとはしない。英語を覚えるのは簡単だけれ
 ど、人前で目立ったりするのが極端に嫌いで、まして暗唱大会み
 たいに抑揚をつけてジェスチャーもつけてなんてことになると
 恥ずかしさマックスでそんなことできるわけないやんとなるそう
 だ。これはこれで困ったことだけれど、英語しゃべってみてと
 言われたり、好奇の目でみられることがとても苦痛だというのも
 わかる。

 クラスのみんなの視線が一斉に注がれると、もう舞台で一人立た
 され、台詞をすべて忘れた役者みたいな心境になってしまうのだ
 ろう。別に極度のあがり症だからというのではなく、元々そうい
 う目立つことが嫌いな性格なのだ。

 もう顔がほてって心の中で超焦りまくりだった娘は小さい蚊の鳴
 くような声で、発音してみたけれど、それじゃ聞こえないから
 もう一回大きな声で言ってと、これまた空気を読んでくれない
 先生が催促する。こうなったら、覚悟を決めて無茶苦茶美しい
 発音で言ってしまえばいいのにと私は思うのだけれど、やるのは
 娘なので、そんな簡単に言わんといてとこっちに八つ当たりして
 くるから、こちらも大変なとばっちりを受けることになる。

 一目おかれている英語なんだから、誰も調子に乗っているとか
 できもしないのに自慢するなとか、そんな事は言わないと思う。
 大したことないのに目立とうとするから敵を作るのであって、
 ここは指名されたのだから堂々としていればいいのに・・・・

 こういうところは妙に日本人だなと思う。
 プリスクールで育ったのに、しっかり日本人的感覚が身につい
 ているようで、ちょっと寂しい気もする。

 でも、目立つことが目的ではないし、本当の実力を身につける
 ためには、もっと努力して勉強しないといけないことが山ほど
 ある。

 この間も受験には良く出る第4文型を第3文型に書き換える問題
 を聞いてみて、いい加減な感覚で解いていることが判明したば
 かりなので、そのあたりも気になる。

 例えば She bought me a camera.を第3文型にすると
 She bought a camera for me.となるが、for meをto meにして
 しまうとか・・・・初歩的なことだけれど、学校英語ではこうい
 う文法問題が結構出てくるので、きちんと覚えておかないといけ
 ないのに、その辺は結構アバウトになっている。

 英作が今一つしっかりしないのもこの辺りのいい加減さから
 くるのだと思う。それがわかっているので、あまり娘に過大な
 期待をして何でも出来るでしょ的な目ではみてほしくないのだと
 いうのもある。

 発音はきれいかもしれない。確かに耳もすごくいい。
 でも、英語は外国語として学んだのであって、決して母語が二つ
 あるような状態ではないのだから。うちは真性バイリンガルとは
 ほど遠い、なんちゃってバイリンガルもどきでしかない。

 娘には娘なりの悩みも意地もあるのであって、私達にはわからな
 い部分で何かを感じているのかもしれない。

 実際は何も考えてないんだろうとは思うけれど・・・・・
 今も居眠り船こぎ状態で、テスト前だというのに、まあ気楽な
 こと!

 そういう風に育ってみたかったわ。




 
 「Mサイズのマックシェーク買ってきて」と
 言ったら、「えっ?エグザイルのシェーク?」
 と聞き返す耳が腐っている娘に、そう聞こえるの
 わかるよと言う方は応援クリックよろしくお願いします
 (そんなんあったら、飲んでみたいわ)
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



関連記事
* Category : 中学英語
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by ごま
こんにちは。
まぁた来ちゃいました♪
あ~いやですね、急に言われちゃうの。
年齢的にいやかもしれない。
大人が「気にするな」と言っても気になるだろうし。。。
う~ん難しい。
先生がもうちょっとだけでも乙女心読んでくれるようになるといいですね。


ぷぷぷ(笑)
下にいただいたコメントで「がんばってるのね、貯金も」というのを読んで笑ってしまいました。
だって、今月はかなぁぁり無理して貯めたんですもの。
食卓削りましたよ。
でも体重減らないのはなじぇ?
3ヶ月続けて同額貯金できたら「本物認定」申し込みちゃおうっかな(笑)

なるほどぉ、まめっちママさんは教えるだけじゃなくて生徒数のことも頭においておかないといけないんですね。
実は私の職場もまったく同じことで頭を抱えています。
生徒数を増やすためにいろいろ新しい授業を取り入れたい私たちと、今あるクラスの生徒数を増やせという上司。
折り合いがつきません。
はぁ~どうなることやら。

もうすぐ週末ですね♪
週末は羽伸ばすぞ~

ごま様へ * by まめっちママ
何でも急にあてるらしいのよ。みんながわからない
単語とか出てくると必ずあててくるとか・・・・
娘はたまに日本語をど忘れするので、そういうのいや
なんですって。恥ずかしいし、目立ちすぎるのもいやだし
放っておいてほしい・・・そんな感じですね。

それにしても10万ってすごい額よ。
うちは逆立ちしても出てこない。食費が削っても削っても
どうにも減らないの。私の食材の回し方が下手なんだろうな
そんなに無駄な物は買ってないのに、食費がすごくかかって
るのはなんでかな・・・・?
それにね、教育費。私立にいかせてちょっと個別指導
つけたら、もう大変。これ以上無理ってぐらいお金が
限界になってます。その上、私も旦那も結構使うタイプ
じゃない?だからもうお金なんて全然たまりません。
貯金同盟の一番駄目会員だな。
うちは緩く3万円貯金でいいかな・・・・
それも怪しいんだけど・・・・・
でもこれからは燃費のいい車になるし、ごまさんと
おそろいだ~って喜んでます。(笑)
いつかエコカー同士で集まって会いたいですよね。
今度日本に帰ってきたら、関西に遊びに来ません?
京都なんて行って、日本の文化をこごま君達にも見せて
あげたいな。

* by マリー
頭で考えなくても口から英語が飛び出す感覚って、
幼少期からの経験で学ぶ英語力のなせる技、
何となくの英語感覚を大事にしたいですね。
テストの得点に結びつかないところが辛いですが・・・

マリー様へ * by まめっちママ
何となくの感覚は勉強して身に付くものじゃないのは
わかってるんですけれど、それだけに頼る娘の不真面目さ
が気になってつい口が出てしまうのが一番最近の悩みです。
テストの得点がよくても社会で使えなければ意味ないのも
事実ですが、学校にいる限りはそれも大事んことなので
上手く両方頑張ってほしいなと思います。

個別記事の管理2012-02-18 (Sat)
 受験や中学での勉強の忙しさから、日々英語をあらためて勉強す
 る時間がほとんどない娘の英語の力とはどれぐらいあるのか・・
 
 英検やTOEICなどの受験である程度は、その力量が測れるとは
 思うが、細かい所でどこが弱点なのかは、問題を解いて分析し
 てみないとわからない。

 うちの場合、受験で英語から離れ、それまでも塾通いやら何やら
 で日本語重視だったので、当然洋書などはあまり読まずにきた。
 たまにスクールで読んでいたけれど、多読とはほど遠く、読むな
 ら歴史本、参考書、漢字、語彙問題集となり、英語の語彙を増や
 す暇はなかった。だから正直どれぐらい英語が伸びているのかは
 わかりづらかった。

 中学に入って、英語が始まり、外国人講師に英会話を習う時間も
 できたので、今までよりは英語にふれる時間は確保できたが、
 中学1年生のレベルでは、到底娘の持っている英語力を補うには
 足りず、知っていることの再確認をしているにすぎない。
 それでも今までは自然に口から出る感性できた英語が、文法的
 説明などを先生からしてもらうことで、へ~そうだったんだと
 思うこともあり、理屈の後付け作業とでもいうのか、そういう
 状態が現在は続いている。

 一ついいことは、年齢が上がったので、今までは何のことかも
 わからなかった長文が読めるようになってきたこと。つまり
 長文読解の部分で点数が取れるようになったことは大きい。

 小学生の低学年では、そこがクリアできず、合格すれすれの点数
 を運がよければリスニングでかせぐという危うい方法で乗り切っ
 てきたことも事実で、そんな運まかせはいつまでも続きはしない。

 だからお休み状態で今日まできてしまったわけで、そろそろ内容
 も考えてわかる年齢になってきたので、真面目にやってみるかと
 最近準1級の問題をやったところ、弱い部分が判明した。

 それは語彙の部分と英作文の2つで、ここが半分しか取れない事
 が問題で、まあ仕方無いなあと思う。語彙を増やすための読書を
 していないし、時間がなかったから耳は鍛えたけれど、書く方を
 疎かにしていたので、スペルミスや文法があやふやなところなど
 改善点がたくさんみつかった。

 エレガンスにネイティブみたいに書く必要は全然ないのに、感覚
 で適当に書くことで逆に点数につながらないという典型的な例で
 入試には全く不向きな英語の伸び方をしていると思う。

 要するに勉強してきちんと正しい使い方を学び直し、もっと英語
 の活字を見る機会を増やさないといけないということで、英字
 新聞はやはり必要だなと思った。
 それと英作文のまずい部分を添削してもらう必要があるようで、
 私にはそれはできないので、よい先生にそこを見てもらうしかな
 い。旦那がいるじゃないかと思うけれど、それがなかなか親子で
 は難しく、今の反抗期の娘を忍耐でみてやるほどうちの旦那は気
 が長くない。

 身につけた英語のプロセスが違うので、娘のようなタイプを教え
 ると、きっと切れてしまうと思うからで、家庭内ではどうも難し
 いと思う。

 頼りになるのは、やはりサタデースクールかと気持ちが傾いて
 いる。娘も人から直されたものは素直に受け止めるタイプなので
 信頼しているスクールの先生からきちんと直してもらえれば、
 その方が反抗的にならずにスムーズに行くのかもしれない。

 まあこんな感じなので、それこそ運がよければ滑り込めるかも
 というぐらいの英語力であることはわかった。

 ちゃらんぽらんな娘にしては、よくここまで来たなと思う。
 本当なら忘れ去っていてもおかしくないぐらい勉強の方にシフト
 していたのだから。一度深く身に付いたものはそう簡単にはなく
 ならないということなのだろう。

 それぐらい10才ぐらいまでは真剣に英語に取り組んできたのだ。
 その下地がなかったら、今頃何のための早期教育だったのかと
 いうことになっていた可能性も十分あったと思う。

 とりあえず、今年は漢検、数検、日本語検定どれもみなレベルが
 そろってくる学年になると思うので、バランスよくすべてが伸び
 たと言えるように頑張ってほしいと思う。

 


 合唱部で歌うことに最近目覚めた娘は
 音楽方面にもようやく目をむけてくれそう
 になってきたのはうれしいんだけど、昔
 ピアノも続かず、ダンスもやめて歌なんて
 はなから嫌いだった子がなんで今頃?みたい
 で、ちょっと遅すぎるんちゃうと思わない
 でもない悩めるまめっちママに応援よろしく
 お願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

関連記事
* Category : 英検準1級へ向けて
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by うらら
娘さん合唱はじめたんですね!私自身が中高大と合唱部だったんでついつい反応してしまいました。合唱だと英語やラテン語のうたもあるので娘さん大活躍でしょう。(私は…はい…rの発音ができないのに声だけはでかくてばかにされました。ほんと英語に関して良い思い出ないです)発声なんかも合唱は西洋のものなんで英語の声の出し方知ってると有利な気がしますです。

これからの娘さんの成長ますます楽しみですね。

うらら様へ * by まめっちママ
合唱部といっても、そんな大袈裟なものではないようで
なんだかあやうい音程で練習してます。
パートがアルトなので、ソプラノにつられるとわめいて
ますよ。(笑)
美術部もやめるとか言ってて、まだ続いているし、結局
二つかけもちしてるんです。もうますます勉強しない子に
なってますね。でも、好きなことができる間はした方が
いいと思ってます。心残りになって大人なってからも
そればかり気にする人生も寂しいので・・・

* by ジャンママ
昔の英語教育で文章を一字一句辞書を片手に
訳していたあのころに戻ってみるといいかもしれませんね。 細かいところまで注意深く読みとるクセをつけた勉強をすればお嬢さんの力なら楽に準1はパスできると思います。
アメリカ人だって、高卒レベルの英語は自然に身につかないものですよ。

ジャンママ様へ * by まめっちママ
アドバイスありがとうございます。
娘に欠けているのは、細かいところまで丁寧に一字一句
辞書で調べて読み飛ばさないことなのは、百も承知で
それができるようになんとかしたいといつも思ってます。
どうしたらうちみたいながさつな子が注意深く読むことが
できるようになるんでしょうね。本当に困ってます。
ちゃんと勉強しないとアメリカ人でもきちんとした英語は
習得できないですよね。当たり前のことがちゃんとできる
子に育ってほしいなと思います。

* by ごま
まめっちママさん♪
まぁたご無沙汰しておりますが、お元気そうですね。
私は変わらず元気にしております。

うん、うん、書いたものを添削してもらうのってすっごく大事ですよね。
私も先週末テストがあったので、その下準備のために小論書いたんです。
職場のバイトの方が元は新聞社の記者として仕事してらした方なので、その方に文法の添削お願いしたら見事に真っ赤でした(笑)
「なんで?どうして?どうしてこの表現じゃだめなの?」と聞きまくったので、その彼女は今後添削頼まれないために私の一発合格真剣に願っていたんじゃないかしら。(笑)

まめっちママさん、聞いて聞いて~。
今月貯金10万です!
来月の里帰りに使うので正確には貯金とは言えませんが、いいの、いいのそんな些細なことは(笑)
とりあえずやればできた!と喜んでおります。

ごま様へ * by まめっちママ
ごまさんからコメント頂くととってもホッとします。
ああ元気で頑張ってたんだって。貯金も(爆)
アメリカに長く住んでるごまさんでも、添削されると
文法直されるんですか?きっとみんな厳しい人達で、上手
な文章を書くためにあえて間違いじゃないけれど、それこそ
エレガンスな文章を教えてくれてるんですよね。
いいなあ。娘にも誰か教えてくれないかな・・・・

で、肝心の貯金!!
10万もできたんですか!!!
ずる~い。うちは原資が元々ぎりぎりなので、ちょっと
気を抜くとマイナスになって下ろしてしまうんですよ。
収入増えないかな・・・私の仕事の頑張り次第なんですが
これもね・・・増やすっていっても、講座が国語という
性質上、英語みたいに需要が多いわけじゃないので、高3
生がかけこみで国語力を何とかしたいとか、中3生が、
受験のために国語をとりあえず最後の一年で頑張るとか・・
あるいは、中学受験の小学生がやるぐらいかな・・・
一番後回しになっちゃう科目なんですよね。だから受講者
が多くないので、講座をたくさん確保するためには、かけ
もちして塾回らないといけないの。
今漢文を読んでるんだけど、もう漢字ばっかりで、娘なら
拒否反応起こして放棄してるだろうなって・・・(笑)

なんとか仕事もお金も貯金もごまさんを見習って頑張り
ます。

個別記事の管理2012-02-15 (Wed)
 どうでもいいと私は思うのだけれど、最近は友達にチョコをあげ
 るのが主流になって、娘も随分たくさんの友達にチョコを配って
 いた。多くは手作りで大量に作ったのを小分けして友達に配る
 というのが多いが、中には1つ1つ買って渡すという子もいる。

 うちの娘は買う派なので、できるだけ良い物を友達にもあげたい
 なんて言って選んでいたが、それをするとお金もかかるので、必
 ずしもいい方法とも思えないのだが、こだわりがある娘は、自分
 の作った変なチョコを適当に何個か袋に入れてみんなに一律に配
 るというのが、どうもいやだそうで、見栄を張りたい訳じゃない
 けれど、大事な友達にはちょっと変わったいいチョコをプレゼン
 トしたかったのだそうだ。

 男子にはあげないの?と聞くと、あげたい子がいないし、そんな
 事考えたこともないと素っ気ない返事だった。

 友達の中には自分が誰からどれだけもらえるかわからないから、
 日にちをずらしてもらった人数を確認してから、その分だけ
 作るなり買うなりして渡すという経済的?な子もいたそうだ。

 色々な考え方があるものだと思った。
 
 娘と同じ買う派の子は、やはり見栄え重視と自分があまり作る
 のに自信がないというのもあったようで、人それぞれ得意な事
 も違うので、それはそれでいいと思う。
 逆に節約意識ばかり働いて、一律誰でも同じで本当に義理的に
 作って配るのだとしたら、手作りイコール心がこもっている
 とも言えない気もするし・・・・

 いつからこんな習慣ができたんだろうと不思議に思う。
 昔は友チョコなんてなかった気がする。
 同僚の男性に義理チョコを配ったことはあったけれど、同性に
 はそんなことした覚えが私はない。

 そう言えば旦那も今年たくさんチョコをもらってきたが、昔は
 それこそ高級なゴディバとかをくれる生徒が結構存在したのだ。
 それが今は、手作りクッキーやチョコが増えた。
 まあ単純におっさんになったから、女子高生からそれほどいい
 チョコをもらえなくなっただけだろうけれど・・・(笑)

 それでも毎年20個ぐらいもらってくるので、いつもお返しが
 大変で、最近はみんなせこくなったと、たまに嘆いているのが
 おかしい。

 この時期はどこも台所を占拠されて大変だったと言うお母さん
 方が増えるのも面白いし、大イベントが終わって、経済効果も
 あってよかったよかったというところだろうか。

 我が家も来年は手作りしてそれこそすごいねと言われるような
 美味しいチョコを配ってみたいものだ。
 でも、私が料理下手で娘もとんでもない変なパンを作った経験
 があるし、普段から娘の作る物ってシュールで首をかしげる
 物ばかりなので、まともなチョコができるとは、どう考えても
 思えない・・・・

 ちなみに娘が過去に作った変パンはこれ・・・・・
 実は最初、薔薇を作るつもりだったのが、どこをどう間違えると、
 こんな形になるのか・・・・
 
 




 一体どうやるとああいう形になるのか
 不思議で仕方無いまめっちママに愛の応援
 クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



 
関連記事
* Category : 学校生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-02-11 (Sat)
 うちも含めて早期英語教育を実践している家庭にとって、耳が
 痛いというか、考えさせられる現実が娘の学校で強制受験させ
 られる英検の結果だ。

 中学生になるまでは、小学校英語以外何もやっていなかった子
 が、たった一年で3級にほぼみんな合格していく。

 娘の友人は、今回準2級一次に合格した。もちろんぎりぎりだっ
 たらしいが、受かったらぎりぎりでも合格は合格だ。

 まだ二次があるので、これはちょっと難しいかもしれないが、
 それでも中学1年で準2に合格したら立派なものだ。

 学校授業だけで本当に娘の学校からは大量に英検合格者が出る。
 うかうかしていたら抜かれるのは時間の問題だなと思う。

 まあうちの場合、先生もわかっているので、何も言ってこない
 けれど、そろそろ準1に合格しておかないとやばいかも・・・・

 娘は危機感もそれほどなく、

「すごいね。そのうち抜かれそうやわ。」と友達を褒めて、何も
 感じていない様子。
 まあこれがうちの娘のよいところと言えばそうなんだけど、少
 しは競争意識とかないのかな?

 もっとも準2級と2級の間に大きな壁があるので、そう簡単に
 合格はしないけれど、中3で結構な数が2級に合格するのが娘
 の学校なので、まじですごいなあと思う。

 みんなの頭がというより、それをやってしまう学校の頑張りに
 驚く。こういうことがあると、一年でできることを幼少期に
 何年もかけて英検を受けさせることの意味が限りなくなくなっ
 ていく。もちろん英検は級を競うものではないし、本当の目的
 は、英語へのモチベーションを高め、自分の頑張ってきた英語
 の力がどれぐらいあるのかを見るためのものだから、幼児が
 受けても全然問題はないのだけれど、そのために親が問題集を
 させてテスト対策して叱ったりすることが起きるのだとしたら
 それは本末転倒で、本来なら座って受験することすら難しい
 年齢なのに、じっとさせることを強制するような受験があった
 としたら、相当ストレスを与えているなあと感じる。
 
 だから私は小学生になってからでいいといつも思っている。
 せめて自分で名前が書けて、指示通りマークできて住所とか
 受験会場名が一人で書けるようになるまでは無理しなくても
 全然問題ないと思う。

 追いつくのはたやすいから、焦る必要は本当にないなあと日々
 感じることが多い。うちの娘の漢検も小学生の間に2級なんて
 大それたことを考えると、全く無理~という感じだが、今なら
 娘のような全然漢字が得意でない子でさえ3級ぐらい受けられ
 るのだ。

 数検もしかり。何もしなくても学校の勉強で中1で3級合格は
 全然難しくはない。中2にもなれば準2合格者がたくさん出る
 だろう。学校で色々やってくれるので、私立に行った甲斐が
 あったというもの。

 私立でも緩い所も厳しいところも色々あるので、一概には
 言えないが、面倒をきちっとみてくれる学校に入れると、う
 ちみたいにサボる子には都合がいいのだ。

 先取りはいいことも山ほどあるが、最終的に大学受験を見てい
 ると、公立からでも賢い子は賢いし、先取りの偏差値が高かっ
 た学校の子がどうしてそんなことになっている?ということ
 もあるし、本当に人生はわからない。

 電車で聞いたとある高偏差値男子校の生徒の会話が印象的だ。
 本来なら東大や京大にいけそうな頭の彼らがいわゆる私立の
 最難関に入るのも下手すると難しいかもという状態になってい
 るらしい。で、そんなことになるのなら、中学でその大学の
 付属に入っていればよかったよなという会話で、中学受験時に
 入っていれば偏差値がずっと下で余裕で入れたのに、大学で
 入れないかもしれないなんていう現実・・・・・

 こういう例もあるわけで、英語の先取りとつい重ねて考えて
 しまった。もちろん英語の場合、ちょっと勉強とは違う面も
 あるので、机上の勉強で習得した英検が幼児と同じだとは
 乱暴すぎて言えないとは思う。

 話せない高得点TOEIC受験者とか、そういうこともあるし、
 幼児期の英語こそ逆にやっていてよかったと言える面もある
 ので、やっぱりバランスなんだなと思う。

 幼児にしかできない感覚を親子で楽しみ、英語への抵抗がない
 うちにセンスを身につけさす。そして大人になってから学問と
 しての英語も習得し、感覚だけできた英語を名実共に自分の
 得意科目へと昇格させる。これがうちでは理想なんだけれど、
 結構これが難しいのだ。

 


 サタデースクールに行かせて娘に自覚して
 もらうしかないかなと結局考えはいつも
 そこにたどり着いてしまう・・・・
 お金はないし・・・・う~ん、宝くじの一等
 当選金が大幅に値上げされるらしいけれど、
 そんなことせんでいいから、当選本数増やして
 ほしいと切望するまめっちママに応援よろしく
 お願いします。
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育 

 
関連記事
* Category : 中学英語
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

No title * by マリー
私の言い現したかった事を全て代弁して頂いたコメントでした。
特に
「幼児にしかできない感覚を親子で楽しみ、英語への抵抗がない
 うちにセンスを身につけさす。そして大人になってから学問と
 しての英語も習得し、感覚だけできた英語を名実共に自分の
 得意科目へと昇格させる。」・・・のくだりは、
私が日々思い描く英語子育てと一緒、
理想と現実は程遠い毎日です。

マリー様へ * by まめっちママ
そうですね。理想と現実はなかなか一致しませんね。(笑)
うちも英語感覚が身に付いたから、今度は机上の勉強で頑張り
大人としての学問的英語をプラスしていこうと思ってたんですが
なまじ英語の感覚があるため、かったるい文法を一から学ぶのが
ものすごく苦手になってます。
それじゃだめなんだよと言いたいのに、わかるからと言って
細かい勉強をサボろうとする傾向が見られて困ってます。
本当難しいですね。子供の教育って・・・

個別記事の管理2012-02-08 (Wed)
 英語育児まずはここから第65回

 実は娘は、いつもこのブログでは楽天的で、何も気にせず進むお
 気楽タイプとして登場しているが、実際、確かにそういう部分が
 ほとんどで偽りはどこにもないのだけれど、そんな部分ばかりで
 もなく、こだわりがあると先に進めないという別の顔も持ってい
 る。そんなところどこにあるのか?と思われるかもしれないが、
 例えば、数学などをやっているとそれが顕著に表れてくる。

 公式を素直に覚えてそれに当てはめて解くだけの問題を、いつま
 でも考えていたり悩んでいることがたまにある。
 決して理解できないとか馬鹿なのかというとちょっと違っていて
 なぜそうなるのかを納得しないと先に進めないようだ。

 不思議だと思うと、とことんこだわり、とにかく覚えてやればい
 い的な方法では、決してやってはくれない。

 そういうところを併せ持っているので、自分が必要と思わない事
 にはやる気も示さず努力もできないということになるらしい。
 
 つまりなまじ自我が強すぎて、自分の基準に合わないことには
 たとえそれがどんなに有益なことであっても、受け付けないと
 いう面倒な性格なのだ。

 最近いつも思うのは、一番伸びるタイプは素直なこと。
 指導者の言うことを素直に受け入れて実践できるタイプだという
 こと。こう言うと、何か人の言う通りに動くだけじゃつまらない
 と感じるかもしれないが、その道のプロが長年経験で得たノウハ
 ウをそのまま受け入れて努力できる子は、いいなりとかそういう
 マイナスイメージではなく、実は一番何をやっても伸びていく物
 で、時には愚直すぎると感じても、それが後に大きく開花する例
 がいくらでもある。

 いや、実際は才能の部分がほとんどだよと内心思う人もいるだろ
 うけれど、確かに一部そういうこともないとは言えないけれど、
 そんな一握りの特別な例と比べても仕方ないのであって、大多数
 の一般の子供がどうやって伸びていくのかを考えるのが親として
 正しい道だと思う。

 たまに奇跡的に5歳で英検2級だとか、そういう子が存在するが
 そんな例を一般的だと勘違いするから、英語育児熱も行きすぎた
 り、投げやりになったり、途中であきらめたり、あるいは自分の
 子供をふがいないと感じてしまったりするのだ。

 成長の一般的な壁を無視した本当に特殊な例なのであって、真似
 してできることではないのだから、自分の子供は自分にあった
 方法でしか伸びないのだということに気付いて、取り入れられそ
 うな部分だけ借りて、後は日々自分が観察してこれが一番喜ぶ
 なあと思えるような方法を積極的に取り入れていけばいいだけだ。

 それはある子供にとっては、大好きな絵本読みの場合もあるし、
 ある子にはごっこ遊びであったり・・・・またある子はお話
 好きだからスカイプでおしゃべりするとか・・・・
 それぞれみんな違っているけれど、一番いきいきする方々を
 上手くメインにすえて進めていけば、自ずといつかは道は開けて
 いくのだと思う。

 気の長い話になるので、先がなかなか見えず、いらいらしたりす
 ることも多いとは思うが、子供はすぐに成長するのは本当で、
 うちもすでに今度中2になるのだから、え?このブログが始まっ
 た頃は確か小学2年生じゃなかった?って思うぐらい本当にすぐ
 に年月なんて過ぎてしまう。

 その割に全然進んでませんねという感じで、申し訳ないのだけ
 れど、受験して一回り大きくなった娘の姿は随所に現れていると
 思う。(態度もでかくなった・・・・
 英語はゆっくりとしか進んでいないので、大きな成果がないけれ
 ど、その間に漢検や数検、日本語検定なども進んだし、何より
 受験という大きな試練を乗り越えたことは、何にも変えられない
 経験だったと思えるので、バランスを追求するという当初からの
 趣旨と相反することはないと自負している。

 今年は英検準1級を本気でチャレンジしようと思っている。
 問題を解いてみても、まだ5点ぐらい正直足りないのだけれど、
 受験のブランクが大きい割に英語力はそれほど落ちていないなと
 ちょっと安心する範囲にとどまっている。

 うちは天才でもないし、勝手に英語ばかり伸びてくれるような
 都合のいい子でもない。親自身の英語も今一つだし、教えること
 など何もなくて、してやれることは少ない。
 せいぜい教材のお金を出してやることや、有益なサイトなどを探
 して提供したり、かけ流し音源を作ることぐらいで、後は娘の
 やる気と本人が一番好きな方法でしか伸びないと思う。

 だから生真面目に取り組んでくれる疑問をあまり持たずにいて
 くれる子の方がこういう場合は、有り難かったりする。
 毎日決めたことをちゃんとやれるということがどれだけ貴重か。
 一日何ページの英語ワークブックをこなし、洋書を毎日何冊読む
 なんていう理想的な方法で進めるのも、素直さゆえだなと思う。

 残念ながらうちはそうではなかったので、別の方法でやっていく
 しかないけれど、男の子は小学生の間までは素直な場合が多いの
 で、上手にのせて反抗期が来る前にある程度まで基礎を作って
 やることが大事かなと思う。

 早期教育は決して今でも全部賛成とは言えないけれど、勉強した
 りするための基礎作りを親子で楽しむためなら、それが英語であ
 っても、とても意味があると思える。

 目的を間違えず、成果の先取りでは決してないのだということ
 さえわかっていれば、ある程度の早期教育はとても有利に働く
 こともまた事実なのだから。



 
 最近容姿が気になる年頃の娘は
 爪楊枝で目の上の脂肪を取り除くために
 日々マッサージ?に励んでいるのだけれど
 その努力英語にも向けてくれないかなと
 思う。こんな気持ちわかるよという方は
 励ましてポチっと応援クリックしてやって
 ください。
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育
 
関連記事
* Category : 英語育児 まずはここから
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by マリー
『やる気と本人が一番好きな方法でしか伸びないと思う。』に同感です。

習得率やスピードだけで考えると、
素直に効果的に物事を習得する方が、
効果もすぐに現れると思うのですが、
娘は打てば響くタイプではなく、

たくさん観て、聞いて、読んで、話す、
楽しめる事が第一で英語力を
積み上げてきました。

親の目からすると時間が勿体ない
と思ってしまいますが、
本人のやる気と一番好きな方法が
何よりなのだと思います。

以前、教えて頂いた単語サイト
娘よろこんで取り組んでいます。
特にクロスワードがお気に入りです。
ありがとうございました!

マリー様へ * by まめっちママ
うちも打っても響かないタイプです(笑)
最近はもう親の言う通りになんか全然ならないです。
でも、自分が自覚することでしか何事も伸びないの
は本当ですよね。だから環境を整えたり、色々な
選択肢を示してやることしかできません。
サイト情報がお役に立ててよかったです。
できるだけ子供が楽しめるものを探していますが
充実したものは有料系が多くて、英語サイトの
有料のものって、よほど有名どころでないと
ちょっと手を出しにくいのも事実ですよね。
また色々役立つものを見つけたら紹介しますね。

* by tibitama
分かる気がします!
納得してからでないと出来ないってわかります
でもなんか突然繋がったように分かったり
不思議な時があります

似てるかな?娘さんとv-10

tibitama様へ * by まめっちママ
納得しないとできない人って意外といるのですね。
そうなんです。娘も突然つながってああそうなのね
となって、そこからはどんどん吸収して忘れないん
ですが、そこまでくるのに時間がかかるみたいです。
人それぞれで面白いですよね。
だから成果が早くでる子も遅い子もいるし、成長の
仕方はみんな違うってことを頭にいれておけば、あ
きらめずに頑張れるのかなって思います。

度々(^^ゞ * by masyaまま
>最近いつも思うのは、一番伸びるタイプは素直なこと。
 指導者の言うことを素直に受け入れて実践できるタイプだという
 こと。

これ、うちも痛感してます。
うちは、スイミンをやってるんですが、お休み勝ちで息子の半分くらいしか練習にこない子でも、上記のタイプの子は息子よりも覚えも上達も早いです。ガンガン抜かれて行きます。

息子はというと........
全然コーチの言う事を聞かずに我流で泳いでるので、上達は遅いです。(その分楽しいみたいですが(-_-;))

一時が万事こんな子なんで、傍で見ていて切ない(涙)

ある日、突然繋がるというところも同じです。

コーチもそこらへんはわかってくれているみたいで
(子供のパターンを見分けてるみたいです)
息子に関しては、「スイッチ(が入るのを)待ち」だそうです。

何事も、とにかく、地道な積み重ねが大切と思っているので
効率が良かろうが悪かろうが、英語もスイミングもとりあえず
細くとも地道に続けて子供の様子を見て行こうと思ってます。

masyaまま様へ * by まめっちママ
素直に聞ける子ってうらやましいですよね。
うちは親の言うことはあまり素直に聞かないで、先生が言うと
聞くタイプかな?先生でもとても信頼している人に限るんですけ
ど、頑固で納得しないと絶対に進めないんですよ。
突然つながるまでが長くて、気長に待っているしかないわけです
が、たまに泣けてくることもありますよ。
本当にこういうタイプの子は、扱いが難しいですね。
でも、どんな子でも必ず伸びる可能性はあるし、それがどういう
ことでスイッチが入るのかわからないのですが、信じて続けて
いくしかないのだなとも思ってます。
お互い、地味に気長にいきましょうね。(笑)

個別記事の管理2012-02-03 (Fri)
 英語育児まずはここから第64回かな?

 あまりにも回数が多くなり、当初の予定ではもっと短いつもりだ
 ったのが、こんなに長く延びていまだに続いているという現状・・
 まあそこは愛嬌で笑ってスルーしてください。

 今回書こうと思うのは、子供のタイプ別でどういう英語の進め方
 がいいかについてだ。

 今までの英語歴をふり返って、自我が強くて素直に親の言う通り
 にならない手強いところがある娘のようなタイプと、親の立てた
 計画に乗って進んでくれるやりやすい子供とでは、やはり英語育
 児の進め方も同じであっていいはずはないと感じた。

 今はブログもサイトもたくさんありすぎて、情報には困らない中、
 みんなのやり方がそのままあてはまるとは限らないので、自分の
 子供に本当にあった方法や教材は何かということを、取捨選択す
 る能力のようなものが親に求められている気がする。

 語りかけ育児がいいらしいと聞くと、語りかけ本をアマゾンで
 ポチっとしてしまうことも、ORTが絵本としていいと書いてある
 と、それを買ってみようかなとか・・・どれも間違いではないけ
 れど、統一性がなくなり方向が定まらない教材マニアに陥る危険
 性を十分にはらんでいる。私も乱れうち的に教材を投入したので
 無駄も死ぬほど多かったと反省している。ただ違うのは人から
 与えられた情報でなく、自分が試しうちしてやってみないと本当
 のところがわからないような状況だったからで、もし成功例が
 当時たくさんあったら、真似して無駄に回り道しなくてもすんだ
 かもとは思う。

 娘が小さい頃は、前を歩く先輩がほぼいない状態で、その当時
 英語を0歳や1歳からやっている人の話など聞いたことがなかっ
 た。なんかDWEという英語教材があるらしくて、ほしがる人が
 多いようでタウン誌の譲ってくださいコーナーでよく見かけた
 ので、そんなに幼児教材って人から譲ってもらわないといけない
 ほどのものなのか?としか思わなかったぐらいで、知識といえる
 ようなものは私には全くなかった。

 だからすべて手探りで、教室探しも教材も幼児教育の世界に飛び
 込んだのも自己流で、回り道をしすぎたなと今なら思える。

 それにネット環境も不十分で、光はおろかADSLすらうちにはなく
 サイト一つ見るのもじりじりとゆっくりとしか画像が出てこない。
 いらちの旦那などは、そんな環境でパソコンなど見るはずもなく
 私もまだ定額制でなかったネット環境で、見れば見るほど電話代
 がかかるのは、とうてい使えないと思い、電話帳が情報のすべて
 だった。なんともお粗末な環境だったと思う。

 だからこそあまたの試行錯誤を繰り返し、教材もたくさん買って
 しまった。

 0歳から1歳の頃の娘は夜寝ない、上向きに置くと泣きわめく、
 すぐにお腹をすかせて目覚める、とにかくゆっくりさせてくれな
 い子だった。だから教育なんて考えられず、なんとか人並みに
 昼間起きて夜寝てほしい、それだけを考えて育てていた。

 ここだけを見ると育てにくさはピカ一だが、その後の娘は驚く
 ほど実は育てやすかったんじゃないかという成長をした。

 子供はすぐに病気になり、親が仕事を休むことがどれだけ大変か
 その苦労を知っているので、娘がそういう病気をほとんどせずに
 健康だったことは、今思えば有り難すぎることだった。

 それに自立心が早くからあり、親離れが実にスムーズにいった事
 も助かった。幼稚園や保育園に送っていくたびに泣かれてつらい
 思いをされている方が多いのを見ても、娘はすんなりバイバイで
 きて、さっと2才の時から保育の先生のところに馴染んでくれた。

 しかも外国人で英語しか話さない環境に放り込んだにもかかわら
 ず、それをつらいと思うこともなく、適応能力の高さに驚いたも
 のだった。一つは親を信じていたこと、迎えにきてくれるのは
 わかっているから、寂しくなんかないのだという幼児とは思えな
 い冷静な判断力がすでにあったということで、精神年齢の高さが
 娘の英語育児に大きく影響したことは間違いないと思う。

 言葉も早く、すぐにしっかりとした日本語を話し始めたので、
 元々言語を吸収する能力は高かったのだろう。そういう娘の
 適性がたまたま英語という手段を得て、開花したと考えるのが
 妥当かなと思える。

 もし違うことをしていたら、こうはならなかったかもしれない。
 偶然請求した英語教材を買ったことも、娘のような未知のものへ
 非常に興味を示す子供にとっては、渡りに船だったのだろう。

 好奇心旺盛で、常にじっとしていない子だったからこそ、耳から
 聞こえてくる英語ならたとえどんなに暴れていても、他のことを
 して遊んでいても、それは日常に普通に溢れている日本語の声と
 同じにしか感じなかったのだと思う。普通に生活して聞こえてく
 る音ならストレスにもならないし、親にやらされているという
 感覚も持つはずがない。それは当たり前に自分の遊びの中や生活
 の中に存在しているものであって、構えて英語をやるぞというよ
 うな類のものではなかったからだ。

 この自然体でやる英語スタイルこそが我が家にあったやり方だ
 ったので、知らず知らずどんぴしゃの方法を選択していたようだ。
 その後の回り道は色々あって、買わなくてもいい教材などもあっ
 たが、教材を買わずにできる便利サイトの活用や無料教材の紹介
 を英語育児ここからシリーズの中でも書いているので、そこを
 参考にして頂けたらと思う。

 とりあえず、強制的にレッスンさせたり、興味を示さない物を
 与えて、洋書ばかり読み聞かせたりという不自然なことを一切
 せずに、日本語の本を寝る前に読み聞かせ、英語は遊んでいる
 間だけさりげなくDVDをつけたり音を流したりする程度で
 心理的な負担をかけずにやってきたことがうちではよかった
 ようだ。これはうちの娘のような落ち着きのないじっとしない
 子供向けの方法で、洋書に耳を傾けて膝の上でじっと聞いてく
 れるような子には、それこそORTなどの教材が効果を発揮する
 と思う。

 だからうちが与えた教材というのは、映像教材であっても、音
 だけにしてしまってそれを聞くスタイルが早くからできあがっ 
 たと言える。これだけは直感のようなもので、娘にはこれが
 一番いいと思ったからで、次々と与えたものもすべて音声メイン
 にして継続してきたことが一番負担を与えない方法だった。

 幼少期はこれで上手くいってここまで来られたけれど、今また
 新たな問題に直面し、今度は落ち着いて文字から学ぶ英語に
 シフトしないといけない段階なのに、それがまだできていない
 ことをなんとかしないといけない。それを現在娘流にどうにか
 自然体でできないかを模索している最中だ。

 長々と書いてしまったが、子供のタイプ別にやり方が変わるのは
 当たり前で、自分の子供がどういうタイプなのかを見極め、それ
 に近い事例を参考にするのは、今のネット環境に無数に溢れてい
 るので、やりやすいのではないだろうか?

 それを助ける一つとしてこのブログの存在があるのだとしたら、
 とてもうれしい。






 次回はじっくり型の子供の取り組み方を
 考えてみようかと思う
 是非読みたいなと思われましたら
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 
関連記事
* Category : 英語育児 まずはここから
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by ☆masyaまま☆
初めまして。
masyaままと申します。
現在年少の息子がいます。

うちの子も寝ない子でした。私が連続で3時間以上寝れるようになったのは子供が乳離れした2歳近く。

最近はWEBレッスンや他の英語育児をされている方との交流などをさせてみたいのですが、気が向かないと大人や先生の思惑通りの行動をとってくれないタイプなのであきらめました。

もうしばらくは子供の様子を見ながら家庭で気長に取り組むスタイルがいいのだと最近悟りました。

お嬢さんのタイプが(全くというわけではありませんが)息子と似ているところがあるので、参考&目標にさせて頂いてます。

☆masyaまま☆様へ * by まめっちママ
コメントありがとうございます。
気が向かないと親の思うように動いてくれないのは
うちもずっとそうでした。英語を話す交流会に連れて
行っても、知らん顔(笑)あの子英語できるの?と
思われるぐらい無視。そういう子でした。今も
娘は必要性や緊急性がない限り、無駄に英語を話し
て見せびらかしたくはないと言います。
そういう頑固な子だから親がこれやってくれたら
もっといいのにと思うことは山ほどありますが、
自分がやらなきゃと思わない限り、決して上手く
はいかないようです。だから時期を待つというの
はとっても大切なことなんだと思います。
いつまで待っても何にもなかったら・・・・そう
いう不安もすごくありますが、親が環境を与え、
いつでもできる準備だけはしておけば、大丈夫
ですよ。本人の中で何か思うところがあるのです。
じっくり話を聞いてあげて、まず賛同してあげま
しょう。でもね、とすぐに否定しないことが一番
難しいなと最近つくづく感じています。

英語で表現できる子=自己表現が強い子 * by リコ
まめっちさん♪こんにちは♪今回も待っていました~第64回目座談会♪(勝手に座談会とすいません
^^; そうなんです!息子も好奇心の塊でしたから、相当パワーのいる子育てです(笑)でも、私の与えるものではおさまりきらないので面白いです!思うに、英語で表現するのにぼくが!私が!ですから おとなしいわけないかとも思ってしまいます
(笑)

でもある意味こだわってくれると、こちらも探しやすいですよね♪そのかわり、嫌なものは嫌!と英語がなったら…
またそんな心配をしている間は今のうちにしっかり英語の根が消えないようにしておけばいいんですよね??おしつけにならない程度に(おしつけても跳ね返ると思うけれど)♪
まめっちママさんのブログでパワーをもらっています!!楽しんで英語育児していきたいと思います♪

* by Wondermama
お久しぶりです。ワンダーママです。
なんだか、ほんとだなーってしみじみ。さっそく記事にさせていただきましたが、よかったでしょうか...
もし何かありましたらおっしゃってください。

迷ったときは、ひそかにまめっちさんのブログを愛読させていただいています(笑)また遊びにきます♪

リコ様へ * by まめっちママ
そうですね。いつの間にか座談会的な感じになってますね。(笑)
でも、みんなが参加してそういうこともあるよねとか、うちは
違ってたなとか、色々な事例が出されてお互いに情報交換して、
よりよい英語育児ができたら理想です。
意志がはっきりしている子供はやりやすい面もある
けれど、反面一度いやとなったら頑固にいやとはねつけます。
うちのスカイプはその典型で、コールが鳴ると、不機嫌その
もので、居留守使おうかなとか・・・
もうそういうのを見ていると、無駄に強制しても仕方無いな、
やめようになりました。
親もさっと切り替えて当たりのことだけやって、はずれの
ことはすぐに撤退するという勇気ができました。(笑)


Wondermama様へ * by まめっちママ
記事にして頂いてみんなにそういう気持ちを
共有してもらえたらうれしいです。
どの子も同じじゃないし、絵本をじっくり聞いて
くれない子もいて当たり前です。静かに座っている
子ばかりじゃないから世の中面白いんですよ。
その子にあった方法がきっとあるはず。
そう思ってうちもまだ未だに試行錯誤中です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。