オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-10-30 (Sat)
 受験生とはいえ、24時間勉強しているわけではないので、たまに
 は息抜きも必要だと、個別指導から帰ってきた娘は、たまたま
 やっていた「ハリーポッターと賢者の石」の映画を英語で見始め
 た。昔は怖がって目をつむって見ようともしなかったのだが、
 今ではそういうこともなく、普通に見られるようになった。

 ちょうどそこに祖母から電話がかかってきて、また器用に娘は
 電話で話しながら、英語を聞いているので、この子には日本語
 も英語も関係なく、普通の言葉として自然にどちらも聞こえる
 のだなとあらためてうらやましく思った。

 私はハリーポッターの英語が正直難しいと感じる程度の力しか
 ないので、電話しながら聞くなんてとんでもないことだけれど
 そういうことができてしまうのが、子供のうちに英語を習得
 した特権なのかなとは思う。

 それに甘んじることなく、精進していってほしいと思う。
 最近は活字で英語を見ることがほとんどなかったので、前から
 買おうと思ってそのままになっていた英語本を買った。
   ↓ ↓
 
 
 アマゾンのギフト券がたまったからで、そういうきっかけでも
 ないと、この時期になかなか受験参考書以外の本を買う気には
 なれないので、丁度よかった。

 英語をやっている人には有名どころの単語本なので、曖昧だった
 単語や意外と知らない単語を覚えるのに、眠くなる単語集のCDで
 は、どう考えても無理でしょと思うので、こういったネイティブ
 の子供が使うものをやる方が覚えやすいことも事実で、英検対策
 の単語集のように、あまりにも単調で最初から脳がシャットアウ
 トしてしまいそうな物は、娘には全く合っていないので、ちょっ
 と気楽にイラストが載っている物の方が、頭には残りやすいんじ
 ゃないかと思う。
 
 ただ、カラーイラストでもなく、絵が外国特有の感じで、日本の
 少女マンガや少年マンガなどに慣れていると、下手くそな汚い
 絵だなと思ってしまうのも事実で、中身が大事なのはわかって
 いても、つい娘などは「何?この絵!へぼい」などと言うので
 この頃の子供は見た目も重要視するので、なかなかぴたっと
 はまるものを与えるのが難しいと感じる。

 ゲーム世代の子供なので、美しいコンピューターグラフィックな
 どに慣れていて、ああいうイラストを期待するものだから、ざら
 半紙に殴り書きしたような白黒イラストでは、満足できないの
 かもしれない。

 見た目と言えば、受験も半分ぐらいは制服のかわいさや学校の
 美しさで決められているようなもので、まだ子供ゆえ、学校の
 ことなど正直わかるはずもなく、親の好みと世間の評価と偏差値
 で何と無く決めたというのが本当の所だと思う。

 親が勧めて見に行ったら、結構きれいだったとか、制服がよか
 た、クラブがよさそうだったなど、ほとんどが表面の見た目でし
 か判断出来ないのは仕方ないことだ。だから親がある程度決めて
 しまって、レールを敷いてしまうと子供はそれに乗ることが普通
 に感じてなんとなくそのまま行ってしまったになるのだろう。

 それこそが作戦なのだと言う方も多いとは思うが、子供も
 馬鹿ではないので、いずれ自分のやりたいことに気づくだろう
 し、親に反抗もする。その時に親子でどれだけ話し合って方向
 を決め直すことができるか・・・親があきらめきれず、どうして
 今頃そんなことを言うのにならないように、今から心しておかな
 いといけないなと思う。

 うちの場合は、すでに超反抗期に突入しているので、言いたい
 放題になっている。このバトルがちょっと早く訪れ過ぎたなと
 は思うが、受験して入ってからこんなはずじゃなかったと言われ
 るよりはいいかなと思うことにしている。

 


 最近は外食することが唯一の楽しみに
 なてしまって、「今日は何食べる?」が
 合い言葉のようになっているまめっち家に
 愛のクリックよろしくお願いします。
 (クリックしてもご飯はグレードアップしない
  のが悲しい・・・・
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 人気blogランキングへ
 

関連記事
スポンサーサイト
* Category : 動画で学ぶ
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by なー
娘さん羨ましいです!きっと娘さんにとっては普通の事なのでしょうね!
英語が苦手な私からしたら天才です。
うちの娘もハリーポッターに興味があったようで英語で見せました☆
きっと内容は分かっていなそうですが、良いきっかけになりました。

なー様へ * by まめっちママ
私も英語苦手なので、娘にいつも
ママはこの英語わかってるの?と言われ、うっと
なっています。リスニングは全くかないません。
というか英語はどれも全部負けてます・・・(泣)
親の成長速度なんて子供に全く追いついてません。
なのであきらめて長く生きてきた経験で勝負です。

* by ルーシー
ウチの娘もハリポタをこないだ録画してました。
英語で観てたので、わかって観てる?って聞いたら
『失礼ねv-41』って怒られました・・・
カートゥーンは上手く使いこなせてないなぁ・・・
息子は面白がって読んでたんだけど。

英検1次合格しました。
合格点より6点上回りました。
でも、2次は・・・無理だと思う。
確か今回だめでもあと2回は1次免除で受けられるはずなので
その間に受かればいいかなっと。

ルーシー様へ * by まめっちママ
すごいですね。一次合格するだけで十分すぎる
成果ですよ。二次は三回チャンスがあるから
一次さえ受かってしまえば、なんとかなるんじゃ
ないかしら。おしゃべりが好きな子ならばっちり
ですよ。えらいえらい。
うちは最近外では根暗なので、一次受かっても
二次でぶすっとしそうです。それも困るな・・・・
今日は人権ポスターの表彰式だったんです。
緊張しまくりで、顔がひきつってました。
思ってたよりずっと大げさな式典だったんです。
トロフィーと賞状もらえて大喜びでしたが
考えたらこれって、受験より何倍も確率的には
入選するの難しかったんですよね。ああこれが
入試でもそうだったらうれしいんだけどな・・・
1000人ぐらいの中から式典に出られたのが10人
ですから・・・ポスター部門で小学生と中学生
合わせて10人、後は作文部門と標語部門があって
それぞれ入選者が式典に出たんです。
そんなすごいとは思わなかったので、めっちゃ
うれしかったです。まあこんなことでもないと
日頃、勉強ばかりで滅入ってくるので、丁度
よかったかなと思ってます。


個別記事の管理2010-10-28 (Thu)
 タイトルだけ見ると誤解される方がいらっしゃるかもしれない
 が、生まれつき賢い子が天才で、努力して賢くなったのが秀才と
 いうステレオタイプの分け方とは違うということを、最初にこと
 わっておこうと思う。

 ほとんどの子供は秀才型で、時期は遅い早いがあるが、自分が
 思い立った時に努力を始めて、その道を究めるべくこつこつ精進
 する。いわゆる世間で思っている通りのタイプと言える。
 そこには親がお金をつぎ込んで学業のために家庭教師をつけたり
 早期教育で先取りしたため伸びた子供もいれば、自分が興味を
 持って猛勉強し始めたから急激に伸びてきた子供もいて、共通点
 は、人より一生懸命努力したということだ。

 では、天才型とはどういうタイプなのだろうか?
 これは最初から賢くてあまりガリ勉しなくても出来る子供と
 思われているが、確かにそういう点もあるのだが、多くの世の中
 で天才と言われている人が、普通の努力とは違った方法で伸び
 著しく欠陥も持ち合わせ、決して順風満帆に受験成功組になると
 は限らないなど、ちょっと変わった特徴を持っている。
 
 一種の障害といえるもののせいで足りない部分を他の才能で
 補うとでもいうのか、そういうタイプもこの手に多い。

 特別に生活に支障がないけれど、少し違った思考プロセスがあり
 一般的な美徳とされる根性で頑張る系の努力などとは全く違う
 独特のやり方で物事を習得していくタイプ・・・そういう人も
 天才型と言えるかもしれない。

 最近スケートの真央ちゃんを見ていて、彼女のようなタイプは
 努力型をあてはめてはいけないのではないかと思うようになっ
 てきた。
 一般的な美徳の努力の型にはめすぎて、なかなか成果が出せない
 のは、自分の練習不足調整が足りないなどという健気すぎる発言
 を聞く度に、十分過ぎる努力をしてきているのだから、方向性が
 もしかしたら違うのかもしれないよと言ってあげたくなる。

 練習嫌いですなどというタイプの選手がたまにいると、日本人
 はこぞって叩く材料にしがちなのだが、勉強でも普段から要領よ
 くやり、本番前はむしろ普段以上に早く寝たり、休養を取る方が
 ずっとよい成績を残すことができる場合が多い。
 
 だから天才型と言われるタイプは何が効果的でやりすぎてもやら 
 なさすぎてもだめだということを本能的に知っているタイプなん
 じゃないかと思う。

 自分のスタイルを知っているからこそ、人と違っていても個性的
 すぎても、それを上手く活かして伸ばすことができる・・・
 私が考える天才型はこんなタイプだ。

 とかく根性で頑張る姿を褒めがちになるが、それは確かに美しい
 けれど、決してそこにあてはまらない変人タイプで苦労している
 埋もれた天才型も実は意外とたくさん存在しているような気がし
 て仕方ない。

 自分流のスタイルを貫くのは本当に難しいと思う。
 

 

 単なる変人なのか、天才に化ける可能性が
 あるのか・・・何とも微妙な娘・・・
 どっちにころんでも、親は丸ごと受け入れて
 世界に一人しかいない存在と思っている
 親馬鹿管理人に応援クリックよろしく
 お願いします。
 (一票入れても娘は天才になりませんが・・・
  管理人は舞い上がって更新頻度があがります)

  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 人気blogランキングへ
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

天才 * by リンゴ好き
「天才」といえば,Mark Zuckerberg(FacebookのCEO)やLarry Page(Googleの創始者の一人)のような(古くはSteve jobsやBill Gatesのような)天才が日本ではなぜ生まれないのか,といったことが教育関係でも話題のトピックになりますよね。
幼児教育でも「わが子を天才に!」みたいなことにも、親はすごく敏感ですよね(私もそうかも...)。

ただ、日本では,「コツコツ努力」というのがひとつの教典の一説みたいになっていて,会社や大学(高校,中学)含め、日本社会における様々な場面で「その姿勢だけ」が強いられているように思います。

そのため,それ以外の手法で「ある結果」を出した人間を認めない,そういうやつは,スキあらば皆で叩こう!潰そう!みたいな...
やっぱり個性的な天才を許さない社会なんですかね。
みんなが貧しくて,みんなが豊かになりたくて,同じことだけやることが当たり前だった時代の美徳を,豊かになった現代人(特に未来を創る子供)に強いるのは,単なるノスタルジーというか,やっぱおかしいと思うんですよね。

娘さんの持っているような個性的な素晴らしい部分が,そうしたシステムや慣習、古い価値観で潰されないようにして欲しいな~と思います。
と同時に入試という旧来からのシステムにも負けないで打ち勝って欲しいです。

最後に,なかなか面白い内容だったので,映画「ソーシャル・ネットワーク」のトークイベントの記事へのリンク載せておきますね。
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20101025_social_network_mark_zuckerberg/

リンゴ好き様へ * by まめっちママ
日本では確かに天才は育ちにくいですね。
人と違うということで、マイナスになっても
プラスイメージではなかなか見てもらえない。
それを伸ばす機関がそもそもないですし、
そういう子供は規定の枠にはまれないので
生きづらいです。
私は基本的にはこつこつ努力することの大切さ
を子供にも説いていますが、根性論でひたすら
苦行のように努力せよは嫌いです。
その子にあった努力の方法というか手段があって
もいいと思うので、真面目に暗記に励み、書いて
覚えるを繰り返せというような指導はあまりした
くないんです。ただ、受験はどうしてもそういう
部分が必要になってきて、クリエイティブだけ
では上手くいかないことも多くて、それがジレンマ
と言えばそうですね。
でも、そういう苦行も乗り越えていくほどの
超個性で逆に誰も文句が言えないほどの力を
発揮できればそれが一番なんだとは思いますが
果たして自分の子供がそうなるかどうかは、わか
りません。(笑)
記事読んできました。私はFacebookもTwitter
も実はまだやってないので、ちょっと刺激され
ました。
ただ、元々SNSはそれほど興味があるわけでは
ないんです。ブログやっててミクシーのコミュの
管理人やってるくせに可笑しいですよね(笑)
色々始める時のきっかけみたいなものがあって
縁なのかなと思っています。
ブログを始めたのも、本当はちょっとわけありで
パソコンの世界に逃避したんですよね。
ミクシーもいきさつがありまして・・・
まあそんなこんなでネット世界に結構のめりこん
で、現在は職業ブロガーみたいになってます(爆)

個別記事の管理2010-10-25 (Mon)
 今朝、娘は5時半に起きて下に降りていき、私が起きるまでに
 実はあることをしていた。

 別に隠すことでも何でもなく、むしろ親なら喜ぶようなことな
 のだけれど、なんで今更と思う出来事だったので、もう少し
 それを早くやってほしかったよと思ってしまった。

 昨日、塾のテストがあり、その帰り本屋で娘はある学校の赤本を
 買っていた。その学校は一番最初に私と娘が見に行った学校で、
 今から2年ほど前の話なのだが、気に入って机に名前まで書いて
 きた(あかんやろそれ)ぐらいの学校だ。

 ただ、あまりにも偏差値が高く、絶対無理でしょというぐらい
 の難易度なので、猛勉強しないと難しい、いやそれでも運が伴わ
 ないととても無理な学校だったので、志望校からははずしていた。
 
 もちろんこの世の中に絶対に無理などということはないし、努力
 すれば何とかなる頭は持っていたはずなのだけれど、何せうちの
 娘はいまだに本気モードの70パーセント程度しか出しておらず
 ちょっと前までは50パーセントぐらいの余力を残し、受験勉強
 していたあまりの楽天家だったので、120パーセント出さないと
 受からないような学校を、そんな甘いいい加減な努力で受けよう
 なんておこがましすぎると思っていた。

 だからいよいよ最終志望校を決めないといけないこの時期になっ
 て、確実に受かりそうな学校ともう少し最終調整すれば、何とか
 なりそうな学校を決め、そこの赤本(過去問)を買って、ラスト
 スパートをかけようという計画をこちらは立てているのに、娘は
 急に今頃になって、やっぱりあの学校を受けたいなどと寝ぼけた
 ことを言い出し、全然偏差値足りてないよと思うのだけれど
 受けさせてほしいなどと言う。
 あまりにも非現実的なので、とりあえずは、自分の今行けそうな
 志望校の過去問を先にやって固めてしまいたいと思うので、そん
 な受けるかどうかもわからない学校の赤本は親としても買う気に
 なれなかった。

 それを知っているので、娘はこっそり自分のお小遣いで赤本
 を購入し、早朝に自分で算数の問題を解いて、本当に無理なの
 かどうか確かめていたのだ。

 彼女の実力なら算数はかなり難問でも解けるので、一番自信が
 ある教科をやってみたのだとは思うが、意外とできたらしく
 今度は理科もやってみたところ、半分ぐらいのできで、ちょっ 
 と苦しい。やはり6割は取れないとどう考えても無理だ。

 子供がやる気になっているのだから、いいじゃないかと思うかも
 しれないが、受験は遊びじゃないので、ちょっと試しに受けて
 みようなんていう軽いのりで受かるわけではない。

 1点を争う戦いなのだから、確実に基礎力をつけるのが先でしょ
 と思ってしまう。今頃そんな気持ちになるぐらいなら、もっと
 前から勉強しておけといいたい。

 でも、まだ時間はあるので、万に一つの奇跡がないとも言えない。
 どれぐらい彼女が本気モードを出せるか・・・それ次第なのだけ
 れど、鬼門の漢字の強化と理科の知識分野の確認もある。

 それと最大の壁・・・社会。

 これがもう致命的にできないので、それを一体どうするつもり
 なのか・・・・

 確かに最近は、毎日社会の復習をしているので、かなり前より
 はできるようになってきているが、それでも苦手にかわりはない。

 こんな状態で一体娘はどうやって逆転するつもりなのだろう・・・
 妙に落ち着いて、何とかなるとまだ思っているからすごい。

 努力しようという気持ちは大事なので、やりたいようにやれば
 いいとも思うが、対策を間違えて受かるところも受からないに
 ならないようにだけはお願いしますよ。

 心の中で毎日祈る思いだ。

 英語なんかどこに行ったんだ?と思うほど今はそれどころでは
 無い状態が続いている。ただ、時事問題的なものは英語でも
 聞くようにしているので、今日も速読速聴英単語core1900だけ
 はかけ流しておいた。

 頭に入っているかどうかは知らないが、娘の場合、耳と手は分離
 してちゃんと両方できるので、聞きながら勉強することは、それ
 ほど難しいことではない。

 親の方がストレスで心臓に負担がかかる。最近胸が苦しいのは
 きっとそのせいだと思う。

 


 気分転換にクローゼットの整頓をし、いらない物を
 捨て、掃除力で運気アップを狙うまめっちママに
 励まし応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 人気blogランキングへ
   
関連記事
* Category : 受験
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by ごま
こんにちは。
いよいよという感じがこちらにも伝わってきました。
「受験は遊びじゃないからためしに受けてみようが通用しない」というのを読んで、そうなんだぁ~。と妙に感心してしまいました。
私はかなりの楽天家で、「受けたいの?あらそう、じゃなぁ試しに受けてみたら?」というタイプなので、甘いのねと痛感しました。

考えてみればそうか、日本ではすべてが積み重ねで、それを発揮できるチャンスは1度のみですものね。
アメリカだと、一度社会人になってから学校に戻る生徒もたくさんいて、そしてそういう生徒を受け入れるところもたくさんありますが、日本は受け入れ先がないですものね。

娘さんの想いかなうといいですね。



ごま様へ * by まめっちママ
アメリカは社会人になってからも、また転職を
繰り返してもそれほどハンディにならない国です
よね。むしろスキルアップをしたと見なされ、そういう
受け皿があるところがいいですよね。
日本は新卒優遇、年齢制限ありで優れた人材でも
運悪く就職できなかったら、本当に今は正社員に
なることがとても難しくなっています。
そんな日本だから受験も一発勝負みたいな所が
あって、特に統一入試になってから、初日にほとん
どの学校がテストをするので、重なってうけられ
ないんです。だからこそ、そこで受からないと、とて
も苦しくなります。試験日がずれているので
娘がうけようとしているところは受けられるのです
が、それも最初に合格していればの話で、そこで
万一落としていたら、もう絶対に受けてはいけない
ようなすごい学校です。初日不合格ならそこは
あきらめて、滑り止めの学校の後期日程しか
ないんですよ。でも、受けたいとか恐ろしいことを
言うので、どこまで楽天的なんだと呆れています。

* by なー
娘さんの行動は親として嬉しいですね!感心します☆いずれうちの娘にも来る受験の事を色々と考えちゃいました。
浄化は大事ですね!
娘さんの志望校合格を祈ります☆

* by マイヤー
娘ちゃん、赤本を自分で買うなんて、
なんていじらしい。。。
偏差値が高くても問題と娘ちゃんの相性が
合えば、良い結果が期待できるかも☆彡
ですよね~(●^o^●)がんばれ、娘ちゃん!
(娘ちゃんみたいに自分から率先して
やってくれればいいのに、
うちの子供達は母がガミガミ言わないと
机の前には行きません(T_T))

なー様へ * by まめっちママ
お小遣いで買ったというのは、確かにいじらしい
んですが、その前に努力しなさいよという話で・・
プライドだけで受けたいなんて言っても、実力が
伴わないとどうにもなりませんしね。
買ってでもやってみたかったその根性・・・
もっと早くみせてほしかったです。(笑)

マイヤー様へ * by まめっちママ
いやいや、なかなかうちも自分から机には
行かないですよ。テレビもいつまでも見てるし・・
そろそろ勉強したらと言うと、あっそうだったと
勉強モードに入るぐらいです。
ガリ勉じゃないので、もうまだ時間めっちゃある
やんという時でも、やること終わったから休憩
になるし、本当に受験生?って言いたいです。

個別記事の管理2010-10-22 (Fri)
 英語教育については、様々な意見があり、どれもそれなりに一理
 あるので、賛成反対共になかなか落としどころが見つからない。
 相変わらず早期教育反対か賛成か、小学校からの英語教育は
 どうあるべきなのかなど、毎度同じ事の繰り返しで、半ばあきら
 目気味で、私も微力ながら今までは親子英語のカテゴリーで、
 それなりに持論を展開してきたが、かみ合わない事も多く、なか
 なか上手く伝わらないもどかしさのようなものも感じていた。

 人間は自分が一通り経験しないと、理論や理屈だけでは納得で
 きないもので、特に子供が小さいと、まだその先が見えないの
 で、今やっていることが成長して大人になった時にどういう形
 になるのかがわからないのもあって、試行錯誤で情報に飛びつく
 ことも多い。だから一度同じような思考の人が集まると、それが
 あたかも正しいことのように錯覚し、狭い世界観に固まることに
 なるのも随分たくさん見てきた。

 私も昔は、英語教育については何もわかっていなかったと思う。
 今もわかっているとは言い難いけれど、かなり子供の英語に関し
 ては、ほとんどのことをやり尽くしたので、何が効果的で何が
 いけなかったのかなどもわかってきた。

 そんな中で、昨日、ああこれだと思うものに初めて巡り会った。

 同時通訳者で、テレビやラジオの語学講師としても知られている
 鳥飼玖美子さんへのインタビュー記事だ。

 ちょっと長い記事なので、部分抜粋になるが、非常に痛快な話し
 ぶりですかっとした。

 前半部分はざっと要約すると、今まで学校英語の文法、訳読中心
 の英語のせいで会話ができないと怨念のように思ってきた中高年
 の人が、子供には読み書きなんかいいからしゃべれないとだめな
 んだということで、会話重視にシフトしすぎて基礎学力そのもの
 の低下を生んでしまったということについてで、彼女はこう言っ
 ている。
 
 「私に言わせれば、これまで企業人が外国に放り出されて何とか
  英語でやってこられたのは、読み書きの基礎力があったからな
  んです」

 ここからは、記事のインタビューをそのまま掲載する。

 -「コミュニケーション重視か文法訳読重視か。
   鳥飼さんはどちらの立場ですか」

 「どちらも正しいんです。『コミュニケーションが大事』という
 のも、『読み書きを重視しないとだめ』というのもその通りです。
 ですが、今の子供達はどちらも出来なくなっている。もう論争は
 やめて、両方できるような、しかも日本人の特性に合った、最大
 限の効果を出すような教育方法をみなさんで考えませんか、と
 言いたいですね。ある程度の基礎学力を身につけたら、学校教育
 としては使命を果たしたと思っていいのでは。あとは本人の努力
 です。」

 ここは重要なポイントだと思う。英語を極めた人ほど学校英語の
 有意義さを説いている。母語が違う人が英語という言語を媒介に
 して意思疎通するのに、ネイティブと同じでないといけないと
 いうことはなく、よくアメリカ人はそんな風に言わないなどと
 言う事に対しても、鳥飼さんは「アメリカでは言わないでしょう
 が、日本では言うんですよ。それでいいんです」と言ってのける。
 
 そして最後にこうしめくくっている。

 「お互いに英語が外国語で、下手な英語を話す人同士が
 『本当はあなたの母語が話せたらいいんだけど、ごめんなさいね』
 『いやいや私こそ、日本語を話せないのでごめんなさい。
  しょうがないから英語で話しましょう』というわけですから
  日本人は日本人らしい英語を話し、相手は例えば中国人なら
  中国人らしい英語を話し、でも基本は守っているから英語と
  して通じる、コミュニケーションが出来る。これが、あるべき
  国際共通語としての英語です」

 言い回しにこだわったり、その地域でしか通じない英語を格好
 よくしゃべることではなく、きちんと共通語として機能する
 ための基本を文法でも教える、使う時には細かいことを気にせず
 使えばいいのだという、実にシンプルで的を射た発言だと思う。
 色々な論争を見聞きしてきたが、どれも極論が多く、相手を論破
 することだけに命をかけているのかと思うような論調が多い中
 久しぶりにすきっとした気分になった。

 ここには長すぎて全部載せられないので、もっとそうそうと思う
 部分がたくさんあったのだが、少なくとも今後の英語教育の方向
 は、遅かれ早かれそうなるだろうなと思う。

 経済界の人も、政府のおえらいさんも一度真剣に教科書を見て
 みるといい。すると公教育と私立中学でも教科書に雲泥の差が
 あることがわかるだろう。

 その上で、まだ絵ばかりの会話調のテキストで効果のない英語
 教育を続けてくのか・・・・
 それはあまりにも分かりきった結末になるだろう。

 

 
 冠詞の使い方がいまだによくわからず
 混乱するまめっちママに応援クリック
 よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 人気blogランキングへ
 

 
 
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (14) * Trackback : (0) |

* by ルーシー
元国連事務総長の明石氏は、某インタビューで
『今、私が使っている英語は、灘(中学・高校)で習った英語です。』
って言い切ってました。
日本の学校英語教育が読み書きを軽んじる傾向になりかけた頃の記事で、
嗚呼、読み書き算盤を軽んじるなってお考えなんだなと思ったものです。
今回ノーベル賞を受賞なさった根岸教授も
『日本の(詰め込み)教育賛成』と明言なさりましたね。

知識の礎がないと、発展は為し得ないってお考えが
全く違う分野でご活躍のお二方に共通しているというのは、
何をかいわんや、ですね。

* by さくらのはっぱ
ううーん。
英語が良く分からない私には高度な話題ですが。
日本語(母語)の場合は、普段から耳しているから会話が先で、読み書きは後から押さえる形になり、英語は日常的に聞いていないから、読み書きから始まって、その土台があって始めて会話が出来るってことですか?

ちなみに、私自身は圧倒的に語彙力不足が英語嫌いの元々の原因だったろうと思います。授業のスピードに単語の意味の暗記力が追いつかなかったってことかな?^^;
日本人にあう英語教育ってどんなものでしょうね。
小学生時代の英語は評価なしで、毎日1冊づつ英語の絵本の読み聞かせ・・・・とかどうでしょうね?それとも簡単な読み書きも小学生からした方がいいのかな?
英語育児、英語教室通わせている人はとても多いけど、何もさせていない人も決して少数派ではありませんから。英語のレベルも子どもによって本当にバラバラで・・・
それでも、地元小学校でもそうなのですが、5年生でやっていることが幼稚園児とおなじなのはどうか・・・・と思います^^;

なんちゃって英語教育しかしていないので、コメントのレベルが低くてごめんなさいね。

鳥飼さんのインタビューの引用はとても納得できました。
本人が好きで、とか趣味で英語を極めるのならそれはそれでとめませんが。
親として、私が桃太郎に望むのは国際共通語としての英語でOK。と改めて思いました。
まあ、そこまでの手助けすら出来ているとは言いがたいですが・・・^^;

さくらのはっぱ様へ * by まめっちママ
インタビュー記事を全文載せられたらよかった
んですが、抜粋なので、こちらの意図が100パーセント
は伝わらなかったかもしれませんね。
読み書きから始まってではなく、あまりに文法を
疎ましく思いすぎて振り子が今度は会話しか教えないと
いう極端な方向へふれてしまったんです。

それで今度は基礎もわからないで定型文ばかり
覚えて薄っぺらいことになってしまったので
結局大した会話も出来ず、更に前なら文章を
頭で作って考えることぐらいはできたのに、今度
はそれすら怪しくなってしまった・・・・そう
いうことだと思います。

だから両方できないとだめだということで、
スタートは聞くから始めて、もっと小さい頃から
鍛えておいて、中学ではその基礎の上にきちっと
した標準で通じる決まった英語の形(文法や構文)
を教えてになるのが筋だと私は思います。

ここを話せたらいいんだと無視したり、流行って
いる俗語ばかり覚えてもそれは違うよということ
なんですよね。

私は英語はお世辞にもできるとは言い難いんです
が、あなたの英語はわかりやすいと言われてます。
学校英語の基本しかわからないんですが、それを
頭で考えてでも文章を作れるから、確かにぎこち
ないけれど通じます。英語を話して通じなかった
ことはありません。発音が悪いから通じないと
思っている人が多いようですが、実際はそんな
ことはないです。多少rができなくても通じます。
状況でわかるので、直してくれますよ。
ちゃんと文章になっていればわかってもらえる
んですよ。たぶん通じなかったというのは、文の
構造そのものがめちゃくちゃだった可能性が高い
です。中国語では四声がおかしいとちょっと話が
かみ合わないこともありますが、それでも何となく
通じます。途中でおかしいことに気づくので・・・
言葉って慣れなので、基本を勉強していれば、
環境が英語ばかりになった時は必ずできるように
なりますよ。基礎のある人は応用もできるんです。
そこを間違えている極論が出てくるのを諫めて
るんだと思います。

読み書きは小学校の高学年ぐらいからスタートして
もいいかもしれません。音声教材をもっと充実させ
て、家で聞いてくる宿題を出すとか・・・
絵本を週に一冊は音声付きで読んでくるのを
ずっと続けるだけでも、小学生なら効果があるん
じゃないかと思います。

ルーシー様へ * by まめっちママ
国際的に活躍している方や、高度な英語が必要な
人ほど必ず学校英語が役立つと言いますよね。
我が家は仕事柄私立中学生もたくさん見ていますが
レベル高いです。中3で高校2年レベルはやって
ますね。それでいて授業も英語の時間は英語で
やっているところもあるので、リスニングも会話も
できて更に受験英語もできるようになるから、それは
もうレベルが高いんです。こういう状況を見ているので、
英語はやり方次第でいくらでも中学からでも、
高度にそれでいて使える英語も身に付くんだと確信してます。
娘のなんちゃって英語なんて全然だめですよ。
確かに洋画も見られるし、リスニングは抜群に
できますが、入試問題は怪しいもんです。
見れば意味もわかってしまうし、言いたいことは
わかるので、読むには困らないんですが、実際に
問題を解いたら、おかしなところがいっぱいで
それでも話せたらいいんだとなるのかもしれません
が、それだって教養レベルで見ると低いもんです。
だから両方できるようになってほしいですね。

両方のバランスが大切ですね * by うっかりpapa
こんにちは。

私は研究者なので、時々国際会議に参加しますが、みんな自分の国のなまりで色々な英語を話しています。その中で、「日本人の英語は分かりやすい」と言っている人は結構多いです。質疑応答では悲惨な場合が多いですが、これはヒアリングの問題なので、ヒアリングの練習はもっと必要だと思いますが。

私も基本的に学校英語で勉強してきただけなので、シンプルな文章しか話せませんが、"You are too polite!"と言われることが良くあります。くだけた表現を知らないだけなのですが、"rude"と思われるよりはずっと良いかなと思っています。

私は個人的に、仕事で使う英語に関しては、学校英語をしっかり学習しつつヒアリング強化をするのが良いのではないかと思っています。


うっかりpapa様へ * by まめっちママ
そうですね。ヒヤリングの問題を解決できたら
日本人の英語のレベルはかなり高いですよね。
本来もっと胸をはってもいいと思うんですが
慣れていないことと、英語を使わずに生きていける
環境だから上手く使えないんですよね。
学校英語はやはりしっかりやった上で、もう少し
幼少期にヒヤリングを重点的にやれば、かなり
改善されるように思います。
おっしゃる通り、rudeよりpoliteの方が絶対に
いいですしね。

* by うらら
私も娘にはネイティブのような英語話者
になることはまったく求めておらず、
将来自分の日本人としての考えを
共通語の英語で伝えられる人に
なってほしいと思っています。

そのレベルであれば、
何歳からでも第二外国語は身に付く
のだから、幼児期にあまり多大な
エネルギーをかける
のもどうかと思ってもいます。


ただ私は、中学からの英語で、まったく
できないなばかりか、まさに怨念を抱いてる
人間の一人なので、どうしてそこまで
だめになったのか、

その疑問を解くために
娘には幼児期から少しの補助を
しています。

個人的には、絵本を音原付で
読むというのは、小学生ぐらいでも
良い取組みのように思えます。
楽しく沢山の英語に触れらる方法
のように思います。

言語はある程度の量をこなさないと
やはり身にはつかないのだとは
日々実感していますので。

英語の教科書が
そんな薄っぺらいなんて…今度
教科書見てみようと思います。

それではますます身に付かない方向に
振れてしまってるように思えますね。


うらら様へ * by まめっちママ
中学のテキストは私立だとかなり難しいのを
使ってます。それに比べて公立小学生が使っている
評判の悪い英語ノートは、本当にこれどうよと
思うような内容です。初めての子供にはそれで
いいのかもしれませんが、幼稚園児でもわかるよ
という内容では、小学生ならではの理解力が
勿体ないと思ってしまいます。
本当にORTでも英語教材として使えばいいのにと
思わないでもないのですが、そういうのは出てこないんですよ。
CTPでもいいですよね。小学生なら
必ず使えます。そういうので耳と目と両方を少し
ずつ鍛えていけば、中学で文法が入って来たとき
役立つのになと思います。

幼稚園児は、DVDなどの映像で楽しく英語を学び
小学生からは、そこに文字などの理屈を入れながら
更なる理解を深める・・・そして中学で正式に
文法なり構文を習い、今までの英語がそういう
仕組みになっているのだということをリンクして
いけば英語で躓くなんてことはないと思うんです。
時間と量が日本では足りなさすぎるんですよね。
上手にやれば、幼少期に必死になりすぎずに
ほどよく上手く伸びることは可能だと思います。

そういう方向に早くなればいいのにといつも思い
ますが、世の中は極論の方が面白いので、そういう
刺激的な論調に傾倒してしまう人も多いですね。

* by Cassis
鳥飼さんの話、すごくうなづけました~!
そう! 「どっちか」でなくて「どっちも」ですもん。

中学生からでも高度な英語レベルに到達できる、っていうのも、周りに「実例」と言える知人が何人もいるので、分かります。

ヒアリングも、発音も、「大きくなってからではできないのか」と言われれば、「そんなことない」という例を身近に何人も知ってますですが、この点に関しては、小さい頃からやっていた場合の恩恵は大きいですね~。

もっとも、発音って完璧でなくても通じるし♪

英語の発音って、下手に「英語っぽく」話そうとして、(間違って)やたらと巻き舌する人より、無茶しない人の方がすっきりしていて聞きやすいですね。

フランス語に関しても、「仏語っぽく」と変にボソボソ話す人が一番聞きにくくて・・・。
フランス人の先生が「中国人と日本人の発音は聞きやすい」と言っていたので、無理しなくても「通じる」と思ってます。

ところで。。。最後の「冠詞の使い方がいまだによくわからず」のところで、大きく、大き~くうなづきました(>_<)
わたしも、いまだによく分からないです~!

cassis様へ * by まめっちママ
発音はそれほど気にしなくても通じますね。
日本人の習ってきた丁寧な学校英語は意外と
好評ですしね。わかり易いいわゆる標準英語って
いう範疇に入るんでしょうね。イギリス英語でも
なく、アメリカ英語でもない、若者がしゃべってる
生きた英語ではないかもしれないけれど、ちゃんと
通じる礼儀正しい英語です。
外国人がため口で話してきたら、やっぱりちょっと
どうよと思います。それと同じですよね。
一生懸命話そうと努力してくる外国人には
好感がもてます。だから日本人英語でもいいと
開き直って堂々と話せばいいと思います。
冠詞は日本語にない概念なので、もう気にしない
ことにしてます。多少違っても通じますし、
娘でも適当にしゃべってますよ。口から出てくる
ままになんでそこがaなのかtheなのかもわかって
ません。外国人の先生から慣れですと説明され
そんなもん無理~と思いました。(爆)
でも、入試ではそうもいかないので、ある程度
基礎概念は習得して置いた方がいですよね。
私は分からないときは何でも所有格にしてごまかし
ます。(あかんやろそれって・・・笑)


個別記事の管理2010-10-20 (Wed)
 昨日、娘は学校の社会見学で金閣寺や清水寺などに行ってきた。
 英語を使って外国人に話しかけ、写真を一緒に撮るという設定だ
 ったので、誰が何を言うかを決めて、最初に声をかける役や、
 写真を実際に撮る役などに分かれ、グループ単位で行動した。

 娘は外国人に
 「May I take a picture with you?」

 と最後に言って写真のシャッターを押す係だったので、自分は
 ほとんど写らず、相手の外国人が写真を撮ってあげるよと言っ
 た一枚だけにしか写っていないそうだ。
 これも何だかどうなの?と思わないでもないが・・・・・

 なぜみんなで交代でシャッターを押して全員が写るようにしな
 かったのか・・・気が利かないというか、撮っている人が写ら
 ないということに誰も気づかないのは、子供だからなのか・・
 
 娘も毎度のことだが、それで特に何も思わないタイプで
 人の世話をせっせと焼いてたくさん写真を撮って喜ばせている
 ので、自分が全然写っていないことなど気にもかけていない。

 本人が気にしていないのだから、特に問題はないのかもしれな
 いけれど、親としてはこういう時に協力して相手を思いやった
 りすることを学ぶべきなんじゃないかと思った。

 たかが遠足の写真のことだから、写っていなくても別に構わない
 し、ちゃんとプロの写真屋さんは来ていたので、たぶんそちら
 に写っているとは思うが、そういう問題ではなく、おかしいと
 思ったことにきちんと意見を言うことが大事で、いつも何も言わ
 ずに、自分一人で抱え込むのが親的には心配で仕方ないのだ。

 みんなから写真上手く撮れてると褒められて、それだけで満足
 してしまう娘・・・・
 まあ今回は楽しく過ごしていたようだし、本人が写真に写りた
 がらないタイプなのでそれでいいかと思うことにするけれど・・

 ちなみに声をかけた外国人は、実際は英語圏の人ではなかった
 が、皆フレンドリーでいやな顔もせず、写真に収まってくれた。
 オランダ人やブラジル人など様々な国の人がいたが、母語が違う
 人同士がコミニュケーションするために必要なものは、やはり
 英語
なんだと再認識した。

 母語が同じ者同士なら、母語で会話するのが普通で、その方が
 きちんと正確により込み入った話もできるが、異なる環境の者
 同士をつなぐ手段として英語はできた方がいいのは間違いない。

 慌ただしくあっという間に終わった社会見学だが、娘は他の
 ガイド付きの外国人観光客の様子も観察していたようだ。
 
 「ガイドさんの英語が何か変やった。発音が聞き取りにくい」

 「でもガイドさんって英語力は高い人のはずやから
  あんたがちゃんと聞き取れてないんちゃうの?」

 「違うと思う。だって外国人誰も聞いてなかったもん。
  あの英語わかりにくすぎる。」


 まあどういう人がガイドをやっていたのかわからないが、
 正式なガイドではなかったのかもしれない。
 
 それにしてもいつも娘は控えめ過ぎる。

 友達とプリクラを撮った時も、三人いると必ず端っこで
 真ん中に写るのはいつも同じ子ばかりだったり・・・・

 目立つ所にちゃっかり行く友達と、残りものでいいという娘・・・
 もっとちゃんと自己主張しなさいと思うのだけれど、別にそこま
 でして目立たなくていいと思っているので、暖簾に腕押し状態。

 人を押しのけて自分だけいいとこ取りするよりはいいのかもし
 れないけれど、あまりにも気が弱いので大丈夫かと心配になる。

 修学旅行でお土産屋さんのおじさんに、買う気も無かった自分
 の誕生石でもないペンダントを、ちょっと見ていただけで
 「300円。」と手を出されて、思わず買ってしまったという
 情けないこともあった。
 この話は参観日で伝説になった。
 (あまりにも恥ずかしい・・

 娘は絶対にウインドウショッピングはしない。
 店員さんに呼び止められて説明されると、買ってしまうのが
 怖いからだそうだ。私なんかは、厚かましく散々見たのに
 買わずにまた今度にするわと言えるのだけれど、娘は長い時間
 見たりすると、もう買わずに店から出られないと思ってしまう
 タイプで、じゃあそれくださいと勧められたものを買うことに
 なるから、買う予定のないお店には入らない、それしか自分を
 守れないと言う。
 
 街中でアンケートなどにつかまったら、どうするのだろう・・・
 今からでもちゃんと自己主張できるように訓練しておかないと
 いけないと思う。
 
 

 雨が降りそうで降らないので、植木の水やりを
 するのかしないのか・・・すっきりしない
 まめっちママに応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 人気blogランキングへ


   
  
 


 
 
 
 

 
 
関連記事
* Category : 学校生活
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by ごま
お久しぶりです、まめっちママ。
変わらずお元気そうでなによりです^^
娘さんは遠足だったのですね。
外国人に話しかけたり、写真を撮ったり楽しそう~。
娘さんが写真に写れなかったのは親としては残念ですよね~。
誰の写真が見たいってやっぱりわが子ですし。。。
でも愚痴も言わずにみんなが楽しんでいるのならと写真を撮ることに徹する娘さんのやさしさ。
とっても素敵です。

バージニアはつい先ほどから雨が降り始めました。
まめっちママさんは結局植木に水やりしたのかしら?

ごま様へ * by まめっちママ
ごまさん、お久しぶりです。
とっても心配してたんです。どんなに忙しくても
学業と母親業と主婦を立派にやりこなしている
ごまさんが、ブログの更新ずっとしてなくて
そんなこと今までなかったから・・・
でもお元気そうでよかったです。
あいかわらずうちはお金が貯まらず、貯金同盟
の一員なのにどうしようかって思ってます(笑)

植木は結局水やりしたんです。でも次の日
雨でした。・・・・・


* by さくらのはっぱ
こんにちは♪
「母語が違う人同士がコミニュケーションするために必要なものは、やはり英語」
すごく納得です。

数少ない海外旅行経験で香港に行った時、現地の若い人はほとんどが英語を話せました。
旅行のグループに英語が堪能な友人が一人いたことと、現地の親切な人に助けられてフリータイムもつつがなく過ごせました。
日本もこうなるべきだろうなと思った覚えがあります。日本語に共通語があるように、英語はやっぱり世界共通語になるのだと。
桃太郎には完璧は求めないけど、コミュニケーションがとれる程度には出来るようになって欲しいですね。(自分は棚上^^;)

娘さん、意外と控えめなキャラなんですね。
多才なところは別として、性格的には私自身とかぶる部分が多いなァ~と、いつも感じながら読んでます。「自分とかぶる」と書いたあとに言うのもなんですが「お人好し」なんだと思いますよ♪
損得で考えちゃうと損することもあるけど、その分どこかできっと良いこともあります♪
ただ、大学生くらいになった頃から、宗教の勧誘や、キャッチセールス、友人から来る下着や化粧品の販売などには気をつけてくださいね。
お金も消費しますが、無駄な時間も使ったりします。(本人が納得してやっていれば良いですが。断れないと無理に納得しようとする気持も働くので注意が必要です。)
私は、結婚してやっとキッパリ断れるようになりました^^;(三十路を過ぎてやっと自立できたってトコでしょうか・・・・)

さくらのはっぱ様へ * by まめっちママ
お返事遅れてすいません。
英語ってとりあえず、母語が全く違う人同士でも
これさえ話せたら意思疎通できるという言語です
よね。中国でもホテルでは英語が通じるので、
私は中国語で訪ねましたが、友人は英語で話して
ました。その国の言葉がわからなくても、英語
を媒介にして話せるので、やはり英語は出来た方
がいいと思いました。

娘なんですが、本当に断れないタイプなんです。
普段から大学での麻薬の誘惑とか宗教、それから
保証人のこととかそういう絶対に毅然としていない
と困ることに対しては、口を酸っぱくして注意し
てます。そうでないと大変な事に巻き込まれそう
なので、今から教育しまくりです。
親がしてやれることって教育しかないですからね。
勉強を教え込むのではなく、こういう社会勉強
こそ親がしっかり教えておかないといけないこと
だと思ってます。

個別記事の管理2010-10-19 (Tue)
 昨日、インフルエンザの予防接種に行ってきた。
 年明け早々、我が家は受験に突入するので、、万全の体制で臨む
 べく、予防接種の副作用云々より、かかって寝込むリスクの方が
 何倍も高いと判断し、今年も例年通り接種した。

 昨年は接種にもかかわらず、軽いA型インフルにかかってしまった
 のだが、だからと言って意味がないとか、副反応を必要以上に
 恐れて受けないなどということにはならない。

 軽くすんだし、私たち親の方も必ず受けるようになってからは
 一度もかかっていないからだ。

 昨年マスクを大量に買って備蓄してあるので、今年は何も準備
 しなくてもよさそうだ。

 それよりも残りの日々、親の精神がどこまで冷静にいられるか
 そちらの方が問題だ。今からセンスのいる算数や国語を劇的に
 伸ばすのは難しいだろう。でも、まだ暗記の分野でいくらでも
 点数を稼げる余地が残っている。娘にかけているのはこの分野
 なので、まだチャンスがあるということでもあるので、更なる
 点数の上積みをするべく頑張ってもらおう。

 英語の方は、この何日間かけ流しをほとんどしていなかったが、
 昨日は久しぶりに「時をかける少女」の英語バージョンを聞き、
 流れている音楽に癒された。
 曲は奥華子さんの「ガーネット」と「変わらないもの」
  ↓ ↓ ↓(このアルバムは名曲ぞろいだと思う。)
 

 更に携帯のアプリで有酸素運動をしながら、口では奈良時代と
 飛鳥時代の重要事項の確認をするという、普通ではありえない
 ような勉強法でやっている。

 でもこの時が調子の良いときで、机にじっと向かっていると、
 すぐに眠くなり、いつまでもだらっとしてしまうので、もう
 この際何でもありで、目が覚めてすっきりできるのなら、たとえ
 逆立ちしていようと、ヨガのポーズであろうと、もう気にしない
 ことにした。

 変人なのは十分わかっているけれど、平凡がいやだと言い切る
 娘は、自ら変人街道まっしぐらで、それを楽しんでいるように
 見える。(他人のふりをたまにしたくなる)

 最近は無難にまとまる若者が多いと聞く。
 小さくそこそこ幸せだったらいい・・・・なんだか日本の未来
 が寂しい。だからちょっと変わっていて何かやりそうな娘みたい
 な子が生きにくいのかもしれない。

 いや、実は学校で根性を見せると言って、体育館の二階から
 マットを大量にしいてジャンプしたことがある。男の子が尻込み
 する中、真っ先に飛んで平気だった娘を見て後から悪ガキが
 何人もジャンプしたので、クラス中に広まってしまった。
 (その節はご迷惑をおかけしました・・・
 
 そんなこともする娘は、普段は超がつく優等生で、塾の先生から
 は奥ゆかしいなどという全く当たっていない評価をしてもらって
 恥ずかしい限りなのだが・・・・

 今日は社会見学に行っているので、帰ってきてからまた面白い
 話を聞かせてもらうことにしよう。
 外国人に話しかけて写真を撮ってもらうというミッション?
 もあるので、さてグループがどうなったのか・・・楽しみだ。

 いざという時は娘が何とかしているとは思うが、英語を話せると
 いうことをグループのメンバーはあまり知らないので、どういう
 展開になるのか・・・

 

 
 奥華子さんの曲「変わらないもの」に感動して
 涙する娘に応援クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 人気blogランキングへ

 
   
 

 
関連記事
* Category : 日々の取り組み記録
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-10-16 (Sat)
 過去記事で娘が超簡単な英単語でいつも必ず忘れるものがあると
 いう話を書いたが、昨日はeggplant(なすび)を忘れ、やはり
 日常に英語を使わないので、そういう生活でしか出てこない単語
 ほど逆に忘れるのだということがはっきりした。

 こういう現象があると、親はあたふたして大変だ英語忘れたと
 なるのだけれど、英語のアニメも、ドラマ「ハンナモンタナ」を
 見ていても、特に問題無く見られるし、ちゃんと私に意味を訳し
 てくれるので、英語を忘れているのではない。

 そう言えばなすびなんてドラマに滅多に出てこなさそうだし、
 映画のシーンにもありそうもない。仮にそういうのが出てくると
 笑えるかもしれない。日本の昔の朝の食事シーンなどでは
 出てくる可能性があるかもしれないが、まあアメリカドラマで
 は、せいぜいトーストやシリアルやパンケークぐらいだろうから
 娘が目にしないものを口から言えないのは、ある意味仕方ない?
 ことなのかもしれない。

 うちでは別にそれを特別大変なことだとは思わないので、仮に
 その単語が出てこなくても、状況で何かわかるだろうし、日常
 生活をもしも海外ですることになれば、そんなものはすぐに
 目にしてその場で理解できることだ。

 だから日本で英語を使って生活しようなどとは全然思わない。
 子供のバイリンガルは、ちょっと油断するとすぐに忘れて
 使えなくなるという強迫観念があるようだが、それはたぶん
 こういうちょっとしたことなのだと思う。

 もちろん放っておくと、どんどん他の単語も忘れる可能性も
 無いわけではないが、もう中学生になるのだから、これから
 学校でも英語が始まり、英語を耳にしない日や目にしない日
 などないだろうから、このまま忘れるなどということは
 恐らくないだろう。

 ここまで維持できれば、子供の英語もやった甲斐があったと
 いうもの。何事も継続していれば、0パーセントになるなど
 ということはない。あきらめてしまうのか、続けるのか・・・
 その忍耐こそが成功と失敗を分けるのだと思う。



 朝から模試に行った娘。
 その後も個別指導の授業と自習がある
 土曜日も日曜日もゆっくり朝寝ていられない
 親子に応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 人気blogランキングへ


   
関連記事
* Category : 英語表現
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by なー
興味深いタイトルでした!確かに!忘れやすい単語はありますよね。
これは私も該当します。

大人の英語には多読と言いますが中々上手くいきませんし語彙もすぐ忘れます。右脳を鍛えなくては!と七田先生の本を買ったりしています(泣)
親子で英会話はまだまだ長い道のりです(>_<)

なー様へ * by まめっちママ
なぜか娘は特定の単語をよく忘れます。
クジャクなんか何度言っても忘れるので、
まるでそこだけ記憶が抜け落ちるのかと思う
ほどです。

でも、そういうことってありますよね。
日本語でも単語が出てこないことって。
まあ「なすび」は忘れないですけど(笑)

親子で英会話は、なかなかできないです。
子供が恥ずかしがって英語力云々より、親とは
英語で話したくないなんて年頃になるので・・・
そのあたりが難しいので、うちでは最初から
日本語でしか会話しませんでした。

* by バニラ
うっかり忘れること、ありますよね。
私は忘れるだけじゃなくて、言い間違える事もあります!

今朝も・・・道端で犬を散歩させている人がいて、夫が「大きい犬だね。秋田犬かな?」と言ったので、私は、「いや、あれはシベリアン・ハスキーだよ!」と言いたかったのに、出てきた言葉は、英語のシベリアン・ハスキーの”サイベリアン・ハスキー”といつも口にしている娘のオモチャが混じり、思いっきり「いや、あれは”シルバニアン・ファミリー”だよ!」と大きな声ではっきり、くっきり言ってしまい、夫に「はぁ?何言ってんの?」と笑われました。ってか、自分で言っておいて、自分でも大うけしてしまいました。
ええ、私の英語力なんてこんなもんですよ!

バニラ様へ * by まめっちママ
言い間違いありますね。
私の場合は、それ以前の問題で単語そのものを
知らないので、レベル低すぎです。(汗)
バニラさんの場合は、うっかり言い間違えただけ
だから、私とはレベルが違いすぎますよね。

でもおもしろい合体です。(爆)

個別記事の管理2010-10-15 (Fri)
 このブログの古い読者の方なら娘の奇行ぶりもご存じかと思う
 けれど、小さい頃と比べてますますパワーアップしているよう
 な気がする。

 現在リビングの隣の和室で娘は勉強しているが、そこに大き
 めのテーブルがあり、冬はこたつ、夏はそのまま座卓として使
 えるようになっている。

 その机の上にアルマジロ座りして、ごちゃごちゃ言いながら
 理科の知識の暗記をしていたので、あまりにも行儀が悪いと思い
 そんなとこに乗って勉強なんてできないでしょ!と注意したら

 「うちは、こうやって何か言いながらこの姿勢でないと
  楽しく暗記なんかできへんの!これが一番覚えられるから
  放っておいて!もううるさい。ママの声が邪魔!」


 机に向かって集中して勉強することもたまにあるけれど、大抵
 娘は何か変なポーズで勉強している。

 しゃちほこのポーズとか・・・・
 
 なんでまともなのがないんだろうといつも思うけれど、産まれた
 時から決して上向きには寝ず、ずっと蝉が樹に止まっているよう
 なポーズでしか寝なかったし、じっと一つの所に座れない子で
 勉強道具があちこちにあって、さっきまで和室の座卓の上だった
 のに、ふと見ると、今度はリビングのカウンターの上だったり、
 あるいは、トイレに籠もっていたり、地べたに広げていたり・・
 なんて落ち着きの無い子なんだろうと悩んでいた。

 でも、段々わかってきて、普通の物差しで見てはいけないのかも
 しれないと思うようになってきた。
 誰に迷惑かけるわけでもない、人には極めて親切で優しいし、
 誰も見ていなくてもそういうところでこそ一生懸命仕事をする
 タイプの娘の個性をそのまま認めようと思えるようになった。

 だからこの何日かで立て続けにポスターが入選したのも、娘の
 独特の個性が認められたようでうれしかった。
 昨日は夏休み前に描いて出した税金ポスターが今年も入賞したと
 娘から聞いたところだったので、これで三冠も達成し、絵に関し
 ては大満足の結果になった。

 残るは、受験だけで、これも三冠達成だったらいいのにと思う。
 本命にはまだ偏差値が足りないのだけれど、本番に強い娘なら
 何とかするのではと思ってみたり・・・・

 思えば今までもそろばんで優勝した時も、本来の力があまり出し
 切れていなかったのに、たまたま他の子もそれほど上手い子が
 いなくて優勝してしまったりとか・・・英検だって実力が余裕と
 は言い難かったのに合格しているし・・・節目の大きなイベント
 で何も取れなかったことが一度もないような気がする。

 塾内でも商品がかかっていた時はちゃんと巨大ノートをゲットし
 ているし・・・・一番でなくてもその次のものぐらいは、必ず
 ものにしてきている。

 世の中には、普段以上の力を発揮し、本番に最高のものを手に
 入れる子供が確かに存在する。娘の以前通っていた塾にも
 必ず本番では最高のものを手に入れる強運の女の子が存在した。

 この運を呼び寄せるか否かは、きっと心の持ち方も大きな影響
 を与えているんだろうなと思う。
 楽天家で、ポジティブなほど幸運が向こうから舞い降りてくる
 そんな気がして仕方ない。

 何かスピリチュアル系の話になってしまったが、このカリカリ
 している時期、心が折れそうになりながらも頑張るしかないので
 今までの良かった時のことをイメージして、少しでも明るい気持
 ちで進んでいきたい。

 今も後ろで足でリズムを取りながら勉強しているが、この子に
 は凡人の感性ではついて行けない世界がきっとあるのだろう。

 

 冬服をそろそろ出そうと思ってみたら
 娘の服がほとんど小さくなってしまって
 着られないことが判明!
 そう言えば体操服だけは、大きめを買って
 おいたので、1年の時の体操服を5年夏
 まで着たのを覚えているが・・・・
 (無理すぎる・・・買ってやれよという話だけど)
 お金がどこかから湧いてこないかなと
 つい思ってしまうまめっちママに
 応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 人気blogランキングへ


   
関連記事
* Category : 日々の取り組み記録
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by バニラ
その覚え方は、画期的だと思います。
立体的に体を使って覚えるほうが、ある意味、覚えやすいと思うんですよ。
大体、ノートに同じことを繰り返し書いて覚えるっていうほうが、覚えにくいのかも!
うちの子も、相当変わったスタイルで、やっぱり丸まっています。。。タオルだのシーツを突起物にひっかけてテントを作り、部屋は明るいのに、わざわざ暗い場所を作り、懐中電灯をたよりにその暗いテントのなかで丸まりながら、ごちゃごちゃやってます。
でも、こういう変なスタイルは新しい暗記法として形態化して、しゃちほこのポーズで覚える歴史とか、アルマジロのポーズで覚える公式とか、絶対に面白いと思います!
ヨガだって、奇声を発するし、変なポーズもとりますが、立派に精神世界の思想として確立してますもの。
うちも、娘にもっと変なポーズで覚えるように言っておきます。

バニラ様へ * by まめっちママ
バニラさんちのミントちゃんも丸まって勉強
してるんですね。うちと本当に似てますよね。
うちの子供やミントちゃんのような子は、どうや
っても普通の感覚で考えてはいけないんですよね。
奇行と思われることでも、本人はいたって真面目
に意味を持ったものとしてやってるわけですから。

本当にアルマジロ記憶法でも出そうかな(爆)

* by mherese
まめっちママさんこんばんは♪
お嬢様の体勢のこだわり、すごく共感してしまいました。私も昔から落ち着く体勢というものが存在していて、寝相でもそうなのですが、やはり人によって落ち着く体の位置というものが存在するのですよねぇ。面白いですね(^^)ちなみにうちの子は左向きで寝るが一番落ち着くようです。胎児のとき、胎内で左向きで寝ていたのかもしれませんね。
お嬢様のお試験、着々と近づいていますね。
きっと神様がお嬢様に一番相応しい場所に決めて
くださると思います☆

mherese様へ * by まめっちママ
体勢って言ってもあまりにも変なんです。
普通に座った方が楽じゃないの?と思うこと
ばかりで、姿勢が悪くなっても困るので、どうな
のかなと・・・・
でも、確かに人には居心地がいいスタイルって
ありますね。私は逆に横向きより上を向いて寝ない
と、なんか眠れないんです。
人それぞれ面白いですね。
入試はなるようにしかたぶんならないだろうと
思います。どこになるかは本当に神のみぞ知る
ですね。

ウチも * by ルーシー
たいがいヘンです。
シャチホコは娘もやります。
体を伸ばすと脳のひだも伸びる気がすると。
ひだが伸びたら、記憶の接着面が広がると。
わけわかんない~

英検、微妙だけど大丈夫…たぶん?
『右手に英検の天使が光臨した気がする』
と言う、
信憑性弱すぎな自信で書いた作文しだいです…

ルーシー様へ * by まめっちママ
脳のひだが伸びたら逆にだめなんじゃ
ないのかしら?(爆)
いやいやそんなことはどうでもいいんですが
英検、天使が降臨したんですか。面白いですね。
うちも受験の神様が降臨してくれないかな・・・
今はもうそれだけです。

受験って絶対安全ってことがないんですよ。
何が起きるかわからない。全落ちする子もいる
わけですから・・・
これだけは避けたいですね。
実力の似た子が受けるので、ちょっとのミスが
命取りになるし、本当に最後までわかりません。

でも、受かったらうれしいですよね。
お互いよい結果が出ることを祈りましょう。


個別記事の管理2010-10-14 (Thu)
 昨日、習ってきたビデオの編集をするために再び古いビデオの
 整理を始めた。あまりにも多いので、茫然自失で途中放棄しそ
 うになっていたのだが、そうも言ってられないので頑張ること
 にした。

 今日取り込んだのは、娘が4歳頃の映像で、プリスクールで
 ちょうど英語が口から出始めた頃、英語で過ごすことが普通に
 なって楽しくなってきた頃のものだったので、懐かしく見て
 いた。

 英語も読めるようになってきているので、その時の映像が鮮明に
 残っているのは、我が家では貴重なもので、早く編集してきれい
 な記録に残しておこうと思った。
 読んでいたのは、うちで大活躍のラボパーティーの絵本で
 クリアな発音で抑揚も効果音も臨場感たっぷりに読み上げて
 いる。でも、ところどころおかしいところがあるので、恐ら
 く完全に文字を読んでいたのではなく、暗記してしまった
 フレーズを文字に合わせて読んでいたのだと思う。まだそこ
 までフォニックスは完璧じゃなかったし、読み始めたばかり
 で、あんなに長いものをすらすら読むのは難しいだろうから
 頭に入っていたフレーズを口から出して、それに合わせて本
 のページをめくっていたのだろう。
 それでもかなり正確にページをめくっていたので、大体の
 文字は読めていたようだ。
 家で他人が見ていないので、まるで一人芝居をしているかのよう
 に何役もこなし、声まで変えて読み上げている姿が妙に可笑しか
 った。本当に素直でかわいい。(今では・・・・・・

  
 よく聞いていると、日本人が苦手なthやrの発音も出来ている。
 thに関しては、プリスクール内でも出来ること出来ない子がいて、
 入園の年齢が高かった子で、すでにかなりきつい関西弁が定着し
 ていた女の子は、やはり発音の癖がちょっと日本語チックで
 難しそうだった。ネイティブ講師から何度直されても、修正し
 にくかったようで、ここだけを見ていると、母語が固まってか
 らの発音はある程度母語に影響されるのは、仕方ないことだな
 と感じる。でも、微妙な発音は少々できなくても、会話そのも
 のに問題は生じないので、子供は恥ずかしいという感覚などな
 く、がんがんしゃべるものだから、実際はその女の子が一番話
 せるように見えていた。

 外国人として英語を習っているのだから、母国語のようになら
 ないのは仕方ないし、発音だけにこだわっても、伝えたいこと
 が言えないなら意味はない。少々下手でも中身があることを
 話せば、相手は尊敬して聞いてくれるのも事実で、子供特有の
 発音のよさなどは、見た目が格好いいだけで、その実は、大し
 たことではない。でも、親なら子供がぺらぺら話しているのを
 見るのはうれしいし、やった甲斐があったなと実感できる瞬間
 でもあるので、つい発音が美しいことにほれぼれしてしまう
 親馬鹿な自分だったと思うと恥ずかしい限りだ。



 

 毎日体重計に乗って体脂肪率を真剣に
 見ている娘・・・・
 見た目はスリムだけど、スーパーモデル体重を
 目指すとか何とか言うので、今は成長期なんだから 
 あまり無理なダイエットすると、それでなくても
 足りない頭に栄養がいかなくなるよと言ったら
 めっちゃ切れられた・・・・・
 (冗談なのに・・・)
 こんな娘に応援クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 人気blogランキングへ

 
  
 
 
 
関連記事
* Category : 日々の取り組み記録
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by なー
娘さんのダイエットおもしろいですね☆気にする年頃なのもまた可愛いですね!
うちの娘はまだ本を読めません。暗唱はしておりますが、読んでみて?と単語だけを見せると「ん??分からない!」となります。
本が読めると入り込めますしワクワク感も出て子供も楽しいですよね☆

なー様へ * by まめっちママ
ダイエットにこだわり過ぎてちょっとそこまで
しなくてもいいのにと思います。
その根性勉強に回してほしいなと思うのですが
そうはいかなさそうです。(笑)

本はそのうち読めるようになりますよ。
暗唱してるうちに、文字とリンクしてきますから
自然とある程度読めるようになるのは時間の
問題だと思います。

個別記事の管理2010-10-13 (Wed)
 先日、人権ポスターが入選したことを学校からの電話で知って
 「夏休み中、受験生にもかかわらず頑張った甲斐があったね」と、
 喜んでいたところに、今度はその時同時に描いていた別のポスタ
 ーも入選して、消防局の防災カレンダーに載ることになったと
 今日、担任の先生から連絡があり、二重の喜びで受験のストレス
 もちょっとだけ解消したような気がする。

 娘の一番得意な分野なので、どうしても入選したかったそうだ。
 気合いの入り方が勉強の時とは全然違うので、いつも他のことで
 もそうだったらいいのにと思わないでもないが、まあ何にしても
 何かに頑張り認められることは、それだけで素晴らしいことだか 
 ら、ささやかなお祝いをした。
 (といっても、ちょっと外食しただけなんだけれど・・・)
 この調子で受験まで機嫌良く頑張ってくれたらなと思う。

 今日は私の方はアップルショップに行き、ムービーの作り方を
 勉強してきた。娘の古いホームビデオを編集して整理しないと
 いけないので、せめて見栄えがちょっとでもましなものを作っ
 てみたいと思い、マンツーマンの勉強会に行ってきたのだ。

 Macのいいところは、こういうシステムが整っていることで
 わからないことはいつでも予約すれば教えてもらえる。

 年間9800円で、何度予約しても時間さえ空いていれば、その
 値段でマンツーマンレッスンが受けられるのだから、これを利用
 しない手はない。

 今まで撮りっぱなしで、そのままになっていた古いビデオが
 生き返ると思うと、うれしい。この機会にホームページもリニュ
 ーアルして、もう少し格好いいものを作ってみようかな・・・
 こんなことをしているから、運動不足になり、パソコンから離れ
 られなくなるのだ。

 というわけで、今日は一日出ていて、さっき帰ってきたばかりで、
 娘も今、塾の宿題の国語をやり始め、私は習ったことを復習する
 ために作品作りでもしようかと思っている。

 やることがあるのは楽しいけれど、お金は相変わらず貯まらず
 来年からの学費どうするんだと焦るが、今の塾代をあてれば
 何とかなるでしょと楽観的に考えている。

 思えば昔英語にかけていたお金も相当だったから、もうお金が
 ないのは特に珍しいことでもないけれど(と開き直る)
 子供に残してやれる物は、教育しかないとも思う。
 
 お金がいくらあっても、それでは得られないものもあると思う
 からこそ、多少?(いや、かなり)無理をしてでも、教育費は
 削らずにここまで来た。

 見返りや損得ではない、親としての愛で子供にできるだけの事
 をしてやりたかった。迷惑だったかもしれないし、もっと他に
 やるべきこともあったかもしれないが、少なくともこの12年間
 後悔したり、やらなきゃよかったということはなく、またして
 も私の持論「この世の中に無駄な物は何もない」に行き着く。

 この言葉は私の座右の銘でもあるので、たぶんこれからも前よ 
 りは慎重に調査してから物事を進めるとは思うが、やはり思い
 立ったら突き進んでしまいそうな気もする。

 懲りない奴だとつくづく思う。

 


 懲りないまめっちママにしょうがないなあ
 応援してやるかと思われましたら、ポチ×3で
 お願いします。(厚かましさも相変わらず
 せめて一つでいいです。(まだ言うか!)
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 人気blogランキングへ


 
 
  
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (10) * Trackback : (0) |

* by バニラ
受賞二つ目もおめでとう!!!!
親として子供の努力が報いられた時ほどうれしいものはないですよね。しつこくおめでとう!!!
受験という暗く重苦しい空気のなかで、よくがんばったよね。偉い、偉い!!

うちは、一人娘だから、残そうと思えば、財産とか残せることはあるんだろうけど、それらはみんな投げ打って、やっぱり教育一本です。
知識こそが財産だと思っています。
お金とか土地って状況によっては無くなるけど、身についた知識って減らないし、横取りされたり、他人と奪い合うってことがないから。それに、一人っ子だけに、親がいつ何時先に亡くなって、ちゃんと身を立てていけるだけの知識やスキルを持たせていれば、なんとかやっていけると思うからです。
でも・・・うち、まじめに極貧状態ですから。

これからの受験本番に向けてまたがんばってね。
応援ぽちぽちぽち。



バニラ様へ * by まめっちママ
教育しか本当に子供に残すものってないですよね。
お金は使ったらなくなるけれど、身に付いたスキル
はそう簡単にはなくならない。
そう思うからこそやっていけるんだけど。
受験の重苦しい雰囲気は、親の私の方がすごく
感じます。子供は案外平気なんですけどね。
焦ってるのは私ばかり(笑)
お互い学業の方頑張ろう。
いつもありがとうね。

* by なー
おめでとうございます!!
芸術面を評価される事は本当に嬉しいですよね!生まれ持った才能や感受性の豊かさを感じます。
ママさんの教育方針素敵です☆共感します(^-^)

メディア鎖国 * by リンゴ好き
AppleのOne to One、よかったですか?(「聞くは一生の恥、聞かぬは男の意地」では限界があるかも...)実は私も利用してみたいんです。

最近私はiPhone4のiMovieかなり使ってます(Adobeっ子なもので、desktopではPremiereですけど)。「撮って編集してすぐMobileMeにUP~」ってこの流れ、ホント気持ちイイです。

めちゃくちゃ個人的な印象でしかないけど「情報」に対する感度がするどい人のほとんどがMac使ってるんじゃないですかね~
テレビ(マスコミ)で垂れ流される情報を何も考えずに受け取っちゃってて、しかもそれに無自覚な人たちは別なんでしょうけど...

あと、日本では存在すらしてないことになっちゃってる新AppleTVや、先日発表されたGoogleTVとかホント素晴らしいと思うんです。
それに、iPhoneやiPadのテレビアプリ(ABC,BBC,CNNなど)も、とてもいい感じですよね(Chilean Miner Rescueのニュースなんて、ホント見入っちゃってます)。

こういう製品やアプリに危機を感じた(のかどうか知らないけど)、日本のテレビ局は電子書籍ネタばかり取り上げて、AppleTVやGoogleTV(その背後にある映像配信システム)について煙に撒くつもりかもしれないけど、だいたい、Apple TVもGoogleTVも日本で使えないのは、既得権益を守ろうとしてる「あの人達」のせいなんですよね。早く崩壊して欲しいです!!

このままでは、日本ではiPadの素晴らしさも活かしきれないし...

あ、また場違いなところで不満をぶちまけてしまってますね。失礼しました。

リンゴ好き様へ * by まめっちママ
One to one 行ってきましたよ。
楽しかったです。これから色々ビデオ編集してし
まいそうです。(笑)
担当してくれた方の力量ってあたりはずれは
多少あるみたいですが、同じお店の中でもやはり
one to oneのスタッフの方は、どこか格好よかった
です。こちらのどんな質問にも答えてくれるのは
有り難いですね。

Macのお店に行くと、老若男女様々なひとがいて
この人は何を勉強してるんだろうって聞きたくな
ります。特にパソコンとは縁がなさそうな高齢の
おばあちゃんと言ってもいいような人が熱心に自習
してる姿は、普通のパソコンショップでは見られ
ない光景ですしね。

最近、i padに対抗するものがたくさんでてきま
したね。携帯もいよいよスマートフォンが出そろ
ったという感じですし・・・
一人で何台か持って使い分ける時代も来るのかも
しれませんね。
うちでは、来年パソコンが全員Macになりそう
だし、携帯も娘が変える予定なので、すっかり
Mac一家になりそうです。(笑)


なー様へ * by まめっちママ
娘の感性が素晴らしいかどうかはわかりませんが
人より変わってるとは思います。
十分すぎるほど変です・・・(爆)
でも、絵を描いている時は、プロのまなざしで
真剣そのものです。ちょっとこだわりがあるというか、
納得いくまでとことんやり直すところなど
旦那と同じで親子だなと思います。
私のように適当なところで効率よく次に行って
しまう人とは違ったタイプのようです。


* by hama
受賞おめでとうございます。受験勉強しながらのというのが、またまた感心します。是非作品のアップお願いします!私の息子も今のところ造形が大好きです。何か役にたつかといえば、そうではないけど、創造力は素晴らしいですよね。
受験勉強も娘さんらしくやり抜いてくれることでしょう。

hama様へ * by まめっちママ
受験勉強しながらきちんとポスターを描けた
のは、親としても誇らしいです。
宿題を親がやってしまうことが当たり前のように
語られる中学受験もある中、3枚も描いて頑張った
娘を褒めてやりたいと思います。
まだまだ大したこと無い娘ですが、色々なことに
チャレンジして才能を伸ばして行ってほしいなと
思います。

* by フルーツトマト
ちょっとご無沙汰している間にv-405
お嬢さん、がんばりましたね~v-315

私は自分が絵を描くのが苦手だったので、
絵の上手な人ってすごくうらやましいです。
なんだろう、あの才能。見たものをそのまま
コピーして、絵にできる人っていますよね。
あれは、やっぱり生まれもってのものですよね。

自分が苦手だった分、子供は絵画教室に少し
通わせたのですが、絵画より、時々やる工作が
好きになってしまって・・・・
でも、絵に対しての苦手意識はまったくないので
その点だけでも、よかったかな

ポスターって、絵の上手さもさることながら
アイデアが大事ですよね。アイデアって応用力
とか生きる力にもつながって、いると思います。

ちょっと、話がそれるのですが、昨日の朝の
テレビで、大沢たかおさんと徳光さんとの対談で
世界を旅していて感じたのは、「今の日本は自分たちの
親の世代が築いてきた遺産を、使い
きってしまったような気がする」
というようなことを言っていました。CNNのニュースでは
日本のことをあきれたような口調で
報道していると。


私も海外にいた時(かな~り前ですが)、そうい
えば、そう感じたな。でも、すっかりこの日常
に慣れてしまったなと思いました。世界から見た
日本。それを日本にいて、肌で感じるためにも
やっぱり英語は必要なんだと感じました。


発想力と英語を持ち合わせたお嬢さんに
日本の未来がかかっている!
ガンバレ~

もちろん、我が家も少しづつ・・・・がんばります



フルーツトマト様へ * by まめっちママ
絵は確かに才能の部分もありますね。
でも、何事も磨かないとただの石ですから
親としては一生懸命やってほしいです。

日本の未来・・・ちょっと心配です。
確かに先人が築き上げた財産を食いつぶして
いる感じがしますよね。
将来に大きなつけを回さないようにしないと
大変なことになりそうです。
今の若い人たちはハングリー精神もあまりない
そうですしね。留学にも出たがらないって
聞きました。もちろん留学イコールバラ色でも
何でもないですが、チャレンジ精神がなくなって
きているのは事実ですよね。
安定志向が増えたというか・・・・
それも日本があまりにも平和過ぎるからかも
しれないです。

個別記事の管理2010-10-12 (Tue)
 毎年近所の商店街では、ハロウィンの催し物があり、ジャック・
 オ・ランタン作りを子供達は楽しむ。個性的なパンプキンが並ん
 でいて、見るだけでも楽しい。 
 地元の英会話スクールでは、子供達に仮装させ、商店街や街をね
 り歩くのもほぼ恒例となった。

 ここの英会話スクールは、昔娘が一時期お世話になっていたこと
 があるので、今でもパーティーへの案内状が届く。

 本当に2歳までのわずかな間にお世話になっていただけなのに、
 こうして今でもずっと覚えていてくれるのはうれしい。

 何度かここの校長先生とはお話して、娘のマンツーマンレッスン
 をお願いしたのだが、時間が上手く合わず、基本的に子供のうち
 は、たくさんの中で楽しく学ぶ方がいいよと言われたので、その
 プランは結局実現はしなかったが、今もこうしてお誘いが来るの
 で、いつかまた今度はかなり大きくなって上達した娘の姿を
 見てもらいに訪ねてみようと思う。

 さて、今日はこのジャック・オ・ランタン作りの動画とサイトを
 載せておく。

 

 早回しなので、ちょっとめまぐるしいけれど、大体の手順は
 わかるので、ゆっくり子供と作ってみるのもいいかも・・・

 彫るのはちょっと大変だなと言う方は、ジャック・オ・ランタン
 のケーキ作りなどはいかが?・・・
 (画像をクリックすると、サイトにいける)
  ↓ ↓ ↓
 http://www.bettycrocker.com/recipes/jack-o-lantern-cake/ec0c3f0a-038b-43a7-9f14-def07b8e62f9

 こちらは、作り方が載っている英語サイト
  ↓ ↓ ↓
 http://www.wikihow.com/Carve-a-Pumpkin

 http://www.amishgourds.com/site/1278922/page/633920


 色々あるので、自分の気に入ったわかりやすいものを参考に
 やってみると、英語の勉強にもなって一石二鳥かも・・・?
 英語が達者なママやパパなら説明文を英語で言いながら、子供と
 遊ぶこともできるので、そういう限定的な英語タイムは大いに
 あってもいいのではないかと思う。苦手ママも文字が書いてあれ
 ば、それを練習して読んで説明することもできるので、活用して
 みて下さい。

 

 
 相変わらずのしらたきダイエットを続けている娘・・・
 今日はしらたきの麻婆豆腐丼・・・・
 (段々まずそうになっていく・・・
  まあ私が食べるんじゃないからいいけど
 
こんな娘に応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 人気blogランキングへ


 
 
関連記事
* Category : その他
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-10-11 (Mon)
 10月と言えばハロウィン
 以前は毎年どんな仮装をしようかと悩み、あれこれネットを漁っ
 て衣装を買ったりもしていたが、この何年かそういう行事とも
 縁遠くなり、娘は寂しがっていた。

 日本ではまだまだ根付いたとは言えないハロウィン・・・
 英会話スクールでは盛んに行われているけれど、夜に家々を
 訪問して「Trick or treat」なんて言って、お菓子をもらうほど
 浸透していない。

 そんな中で英語育児をやっている方なら、今月はハロウィン
 テーマにして、子供とかぼちゃを掘ってジャックオランタンを
 作ったりしてちょっと雰囲気を楽しんでみたりするのもいいかも
 しれない。昔なら売っていなかったオレンジ色の巨大パンプキン
 が、最近はスーパーに置いてあったりもするからびっくりする。

 さて、今回は今月にふさわしい動画がアップされているとある
 海外サイトを紹介しようと思う。
 
 meddybemps.com

 動画はこちら
  ↓ ↓ ↓


 こちらはスクリプト付きで絵本のように読める
  ↓ ↓ ↓
 pumpkin.jpg

 非常に盛りだくさんのサイトで、迷路やパズルもあり、ちょっと
 した瞬間記憶のゲームもあって、誰がどんな帽子をかぶっていた
 かを思い出しながら、人物と帽子をマッチさせるゲームなども
 楽しい。

 使い易いサイトなので、英語が多少苦手でも大丈夫だと思う。
 

 外国独特のタッチの絵が良い雰囲気を出していて
 日本の絵とは感性がまた違って楽しいなと思う
 まめっちママに応援クリック
 よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 人気blogランキングへ


 
関連記事
* Category : おすすめサイト
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by なー
ハロウィンのイベントが大好きなので日本ももっと盛り上がると嬉しいです。
このサイトの絵とても可愛いらしいですね☆
ご紹介有難うございます☆覗いてみます!

* by うめ★hiro
サイトご紹介ありがとう
ご存知かもしれませんが

テレビ番組 ご紹介
アメリカの高校生向けの番組
CNN students news
NHKBS1 放送
CNNのサイトに動画 scriptものっています
社会科系クイズがあったり、おもしろい出来事・映像の紹介もあるのでもあるので小中学生でも 楽しめるのではないでしょうか

なー様へ * by まめっちママ
そうですね。日本でももっと盛り上げるといいんですが・・・
どうしても商売と結びつけてしまうので、バレンタインとか
もそうですよね。日本では本来の意味が薄れてお菓子が
たくさん売れたらいいなとか、グッズをパンプキンにして
売れればいいとか、なんかそんな気がします。
まあそこが日本的で何でもありなのがいいのかもしれませんが

うめ★hiro様へ * by まめっちママ
CNNですか。そうですね、そろそろそういうのが
いいかもしれないですね。なかなか今は見ることができ
ませんが、中学に入ったら是非とも見せたいと思います。

社会は基礎知識ができてきたので、ようやくニュースも
聞けるかなという感じになってます。
まだやっと公民を習い始めたところなので、国会や
内閣、裁判所の仕組みや選挙なども理解し始め、世界情勢
に目を向け始めたこともあって、今まではワールドカップ
も上海万博も今ひとつぴんとこなかったのが、そういう記事を
真剣に読むようになってきました。なので今後はニュースも
英語で聞けるようにたぶんなってくると思います。
いつもありがとうございます。



個別記事の管理2010-10-08 (Fri)
 話は去年に遡るのだけれど、娘は5年生の時、広報委員をやって
 いた。クラス新聞を作る仕事がメインで、よくメンバーで集ま
 って盛り上がっており、一番娘が楽しそうにしている時間だった
 と言える。そこに一人の女の子がいた。一緒に広報活動をしてい
 る時は結構愉快な子で娘も気に入っていたのだが、実は大変な
 悪癖があることが判明!

 人の物を盗む常習犯で、本人は借りただけで盗んでいないと言う
 からたちが悪い。カラーペンを借りて返さない、催促すると
 さっき机の上に置いて返したと言い逃れをする。でも、机には
 何もなく、無いというと、返した置いたの一点張りで、らちが
 あかない。最初の頃はそれでも、その言葉を信じて返したものが
 誰か他の子がまた使ったのか、あるいは落ちたのかでどこかへ
 行ってしまったのかもと思うようにしていた。

 しかし、そういうことは一度ならわかるが、毎回そうなると
 誰もが不審に思ってくる。娘はからかわれやすいので、特に
 そういうちょっとしたペンとかを取られやすいのだが、ある時
 決定的な証拠を見つけた。娘は印をつけていて、傷の位置とかを
 把握していたので、同じ所に同じ傷と印を持つシャーペンを
 その子が平気で自分の筆箱に入れているのを見つけ、間違い
 ない、自分のものだと確信したらしい。

 ところがその子はあくまでも自分のものだと言い張り、たまたま
 同じものを買っただけと言い逃れを続けるではないか。

 それで娘はある日黙って取り返して家に持って帰ってきたのだが
 結局そのことについて、本当にその子の買ったものなら、盗まれ
 たともっと騒いでもいいはずが、何一つ言わず平常通りにして
 いる。つまり元々自分のものではないから、騒げないという事
 だ。そんなことが何度もあり、今度は別の子のカラーペンが一式
 盗まれた事件が起きた。現場にはその子しかいないので、もう
 間違いなく犯人なのはわかっている。返してと言ってももちろん
 無駄だった。

 でも、一番驚いたのは、その子の家にまだそれほどひどい盗みの
 常習犯とは思わなかった頃に、娘と友達3人が遊びに行った。
 皆、広報委員だったので、集まって次の記事の相談をするつもり
 だったらしい。その時、娘は塾があるので、早めに帰ってきたが
 残っていた一人があろうことか、盗みの疑いをかけられたのだ。

 「うちの部屋にカンの箱があって、そこに2万円入ってたのに
  あんたらが来てなくなった。弁償して」

 これには驚いた。娘はそんな箱があったことすら知らず、もちろん
 後に残った子もそんなことをしていない。結局狂言だったようで
 お金ほしさにそこまでうそをつくかと思うと寒気がした。

 もし、これが本当なら親が学校に「盗難がありました」と届ける
 はず。2万もなくなっていて、友達が遊びに来てその名前もわか
 っているのなら、何らかのリアクションがあってしかるべきだ
 と思う。それが何もなく、いつのまにかそんな話も消えていた。

 以前、娘が友達からお金のトラブルに巻き込まれた時は、私が
 学校にかけあい、お金を取り返し相手の親が謝るという事態に
 なったことがあるので、本当なら親が出てくるでしょう。

 ないということは、明らかな狂言ということ。

 こういうことが重なり、今度は通っている塾でも人の物を盗む
 ようになり、遂にあいつは人の物をぱちる(盗むこと)
 といううわさが広まってしまい、塾にいられなくなったそうだ。

 そして挙げ句の果てに「パチットモンスター」などという不名誉
 なあだ名がつけられ、聞く所によると、もう受験もしないかもし
 れないそうだ。その子と同じ塾に通っている娘の友達が、最近
 その子が塾をやめて受験もあきらめたそうだと伝えてきた。

 ここまでになるまで、一体親は何をしていたのだろう・・・・
 いくら働いているとはいえ、娘の持ち物が増えていたり、買って
 やった覚えも無いものがあれば気づくんじゃないかと思う。

 受験の前に人としての根性を叩き直さないといけない気がする。
 子供達は無邪気なので、一度ぐらいそういうことがあっても
 特に仲間はずれにすることもなく、運動会では一応応援もして
 いたのが救いだった。娘の学校は本当におとなしい学校で、
 荒れていないし、おぼこい子供が多い。だからいじめも存在せず
 そういう意味では非常に居心地はいい。

 だからこそ、こういう子供が特にとがめられることなく、小さい
 物をちょっと拝借するというくせがついてしまい、段々エスカレ
 ートしてしまったのだろう。

 それにしても、運動会の声援

 「パチットモンスター頑張れ~」はないでしょう・・・・・

 そんなんでいいんですか?この子の悪癖・・・
 もっと大人になってからが怖い。

 親はまだ知らないのだろうか・・・このあだなの由来を・・・



 
 
 子供達のあだ名の付け方の発想が面白いなと
 思ってしまった不謹慎なまめっちママに
 応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 人気blogランキングへ

 

関連記事
* Category : 学校生活
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

* by なー
恐ろしくなりますね。
実は私が中学生の頃このような子がおりました。
よく盗まれました!
今は大人しくなりましたが変わった子でしたよ(>_<)

お聞きしたいのですが(何度も書いていると思います!誠に申し訳ありません。) 3歳4ヶ月の娘に語彙をどう増やしていくか悩んでいます。
アドバイスがありましたら宜しくお願いします。

なー様へ * by まめっちママ
やっぱり盗癖のある子っているんですね。
社会人にもいますよ。会社のロッカーのものを盗むとかね
万引きもそうですが、罪の意識は薄いんですよ。
見つかったら払えばいいんでしょみたいな・・・あとはスリル
ですよね。遊び感覚でやってしまうのが怖いです。
まあ犯罪とはいえなくても、ずるいことする人はいっぱい
いますけどね。

本題ですが、語彙はやはりたくさん見て聞くしかないと思い
ます。教材一つからでは得られる物が限られてしまうので
この年齢からは、海外の子供向け良質なDVDとかを
少しずつ買って見せてあげるのがいいですよ。
ちょっと前まではケーブルテレビとかでニコロディオンの
番組やってたので、あれはよかったんですけどね。
子供に見せても大丈夫なものが多かったから。
「ドーラ」とか「ブルースクルーズ」「オズワルド」
「リチャードスキャリー」などのアニメがいいと思います。
あと、うちでは「バーニー」がとっても好きでしたね。
このあたりのDVDなら教育上も悪くないと思います。

それと日本の昔話などの英語版はおすすめです。
勧善懲悪の概念が身に付きますし、ハッピーエンドで終わる
ものばかりではないのがいいですよ。最近のお母さん方は
この手の昔話を読ませてないので、浦島太郎の話すら結末を
知らないことがあります。人魚姫なんて泡になって消えるの
に、ディズニーの話はめちゃくちゃですね。
あの方がハッピーエンドで安心するのかもしれないですが・・
まあそんなことはいいんですが、古くからあるものは
それなりに価値があるからこそ生き残るので、よいものは
いつの時代にも受け継がれていくべきだと思ってます。
そういうわけで、日本語も英語も昔話系をお勧めします。
これらを上手にバイリンガルバージョンで見たり読んだり
することで、日本語も英語も両方バランスよく伸ばして
いければ理想ですね。

* by なー
お返事有難うございます。
社会人でもいるのですね・・!娘は巻き込まれないでほしいと願います。
盗まれるなんてショックですもんね(>_<)

語彙のアドバイス嬉しいです!娘はキャラクターによって見ないものがあるのでDORAなら女の子ですしハマってくれそうです☆
確かに!!ディズニーはハッピーエンドばかりですね!
日本昔話の日英いいですね(^-^)語彙を増やしていきたいと思います☆

心強いアドバイス感謝します☆

個別記事の管理2010-10-08 (Fri)
 娘の学校では、ことば科という時間があり、俳句などをよく作る。
 私はこの時間が意外にいいなと思っていて、下手に中途半端な
 英語なんていれるぐらいなら、よほどためになると思っている。

 英語育児をやってきたのに、英語はいらないというのもおかしな
 話だが、本当に今のままでは英語は話せるどころか、下手をすれば
 幼稚園児にも負けてます状態なので、英語育児を家庭で実践されて
 いる方なら、びっくりするぐらいの内容しかやっていないことに
 がっかりするのではないかと思う。

 もちろん公立小学校なので、英語を特別に家で熱心にやってきた
 人向けに授業するわけではないから、それはそれでいいのだが、
 ならば無理に成果のあまりないことを入れるより、ことば科のよ
 うなものをもっと取り入れた方がよほど役立つと思っている。

 国語力や漢字力が低下している昨今、携帯やパソコンで変換でき
 るから書けない漢字は増える一方だし、子供の漢字を見ていても
 恐ろしく当て字のオンパレードで、これがゆとり教育の弊害だと
 思うことが山のようにあるので、定型文をいつまでもやっていて
 いまだにABCソングやらお天気しかやらない英語なら、いっその
 ことやめて感想文を書いたり、辞書引きの時間などを作ったりす
 る方がどれだけ役立つかと思う。

 娘は紙の辞書も買って持っているが、学校でたぶん一度も使って
 いないように記憶している。
 そのくせ紙の辞書でないとだめで電子辞書は禁止とか訳のわから
 ない理屈もあったりして、そんなことより使ってなんぼのもんで
 しょと思うのだけれど・・・・
 
 段々口調がエスカレートしてきたが、今日はそんなことを言いた
 かったわけではない。ことば科の授業で娘は俳句を作る時に
 いつもとても大人びた作品を作ってくる。子供らしい元気な俳句
 というよりは、まるで大人が手直ししたかのような整いすぎてい
 る俳句を作る。例えば子供なら空のくもが食べ物に見えたとか、
 動物にたとえたりとか、そういうものが多く、季語をよく考えて
 きれいにまとめるというよりは、自由奔放に作り、そのまんまや
 んと思うような内容だったりすることが多い。

 どうも娘はそういうのが苦手らしく、何かちょっとひねりを入れ
 ないと気が済まないタイプで、ものすごくひいき目に見れば、ど
 こかの俳人が作ったのかもと思うような美しいものを作る。
 先生からは

 「あなたの作品いつも大人っぽいね」と言われている。

 娘は子供らしさを全面に出して賞をねらうとかではなく、自分の
 理想とするものを作るつもりでいる。

 そんな娘が最近作った俳句があの有名な松尾芭蕉の
 
 ふるいけや かわず飛び込む 水の音

 この俳句にあまりにも似ていたので、私が思わず

 「芭蕉の俳句をぱくったみたい。もうちょっと他の表現
  の方がよかったかもね」


 と言ってしまった。すると娘は

 「えっ?これ全く自分で考えて作ったんやで。
  そんな俳句知らんし」


 と言う。ちなみに娘の俳句は

 「古池や かわず飛び込み 水しぶき」
 
 どう見ても、芭蕉を真似たでしょとしか思えないできなので、
 誤解されても仕方ないけれど、感性が似ていたのかもしれない。

 これがあったからかどうかわからないが、その後娘は

 「うちたぶん松尾芭蕉の生まれ変わりやわ。♪」
  (絶対違うと思う) 
 
 ちょっと前までは聖徳太子の生まれ変わりと言っていたので、
 ちょっとトーンダウン?したものの(芭蕉さんごめん
 あまりにも聖徳太子ではすごすぎるので、芭蕉ぐらいかなと
 失礼千万なことを言って笑っている。

 どっちも違うと思うけれど、思い込みもここまで行くとなんか
 そんな気がしてくるから不思議だ。もっとも娘の最大の奥義?
 (特技です)は同時にいくつもの音を聞き分けて、すべて理解
 して返事もできるというものなので、確かに聖徳太子っぽい?
 かも・・・・一番すごい技は、電話で会話しながらテレビの英語
 音声を聞きつつ、CDの別音声も同時に聞いて、場面がどこかが
 ちゃとわかって、途中からシャドーイングまでしてしまうこと。
 あまりにすごすぎてその時だけは娘が宇宙人に見えた。

 話は戻るが、例の俳句ではなく他に作ったものは結構季語も考え
 て美しい響きで作られているので、意外な一面があるのだと最近
 になって、親の私も知ったところだ。
 どうもこのところ、国語関係の才能が伸びて来て、理系だと思い
 こんでいたのに、別の側面が見えだしたので、やはり親がレール
 を一つしかひかないのは、よくないなと思った。

 遅咲きで伸びる才能もある。思いもよらなかったものが好きになる
 可能性もある。だからこそ早期教育では、幅広く経験させてきた
 のだ。一つを極めることより、今はまだもう少し浅く広くやって 
 いつか目覚める新たな才能のために充電しておこう。

 

 なんだかお金になりそうもないものばかり
 好んでやる傾向がある娘・・・・
 まあそれもいいんですけど、ちゃんと食べて
 いけるかなと心配になるまめっちママに
 応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 人気blogランキングへ

 
関連記事
* Category : 日本語のすすめ
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by ルーシー
今朝メールチェックの時にこの記事読みました。
娘がすぐそばにいたので、ふと思い立って聞いてみました。
母「タルーラちゃん、『かわず』って知ってる?」
娘「知ってるよ!
トイレのことを昔は『かわず』って言ってたんでしょ?」
・・・
言ってねぇよ!!ってツッコみそうになりました。
かろうじて、「それを言うなら厠ね」とサラリと訂正しましたが。

ちなみにウチの息子は4年生の時、
【ポストさん 一杯ひっかけ ほろ酔いかい?】
って言う俳句(季語なし)を作り
杓子定規な担任教師にこっぴどく叱られてたなぁ。
私は名句だと思ったんだけど・・・^^;

ルーシー様へ * by まめっちママ
面白いですね。厠なんて言葉、どれだけの小学生が知ってる
かな・・・でも、それを言えるってある意味すごいと思う。
たとえ間違っててもね。(爆)
読書から得た知識なんでしょうね。どこかで見たか聞いたか
それが頭の中でごっちゃになったって感じですよね。
息子君の俳句はすごく上手いと思うよ。
なんでそれがわからないんだろうね。
日本的な教育の大きな欠点ですよね。やっぱり海外に出て
正解なんじゃないかしら。息子君の場合、頭も抜群にいいから
日本にいたら勿体ないしね。

うちの娘も頭はそれほどじゃないけれど、日本的じゃない
から、公立小学校は息苦しいみたいです。

俳句もね、なんかこれが?って思うようなものばかり
選ばれるみたいです。どう見てもへたくそで、俳句になって
ませんけどの作品が多いです。
なんか親が書いてるとでも思われているのかな・・・・
学校で書いてくるんで、私なんかいつそれがあったかさえ
知らないし、大体うちの娘は置き勉なので、教科書なんか
全然持って帰りません。いつも忘れた頃にしかお手紙は
出てこない。すでに終わったことばかりとかね(爆)

人より精神年齢が高いので、やりにくいみたいです。

子供らしさ * by リンゴ好き
詩や俳句は、自分の感性を(ことばとして)表現するものですから、理想を通すという娘さんの姿勢が本来の求められるものですよね。

「空のくもが食べ物に見えた」とかっていうのは、案外子どもが、「こういう事言ったら、大人が喜ぶんじゃないか」的に「空気を読んで」のことなのかもしれません。

そういう意味では、娘さんは空気読めない感じで良いですね!!(褒め言葉ですよ(笑))

茂木健一郎さんのtweetで、こんなんがありました。
--引用--
しかし、今朝の天声人語、ひどかったなあ。
抽象的で、感覚的な言語で政局を語る「芸」。
何のヴィジョンも伝わってこない。
そもそも、このコラムはなぜ「匿名」なのか。
昔から名文という世評があるようだが、
私は中学生時代から、心を動かされた記憶がない。

30年程前の夏の課題。叔父が「天声人語をスクラップして感想書けば絶対に賞がとれる」と。
やってみたら本当にとれた。

子どもの絵画展は、
「動物を大きくデフォルメして周りに小さく子どもを画け」ば、金賞。
審査員が安心するものが「正解」
--引用おわり--

「子供らしさ」は、ただ大人が安心するための単なるげんそうなのかもしれません。
それって小さくまとまり過ぎですよね。

リンゴ好き様へ * by まめっちママ
なるほど。子供らしさは、大人が安心するための幻想なんです
ね。そう言われるとそういう気がします。
確かに大人に受ける作品を作ってこびるのもなんだかいやです。
娘はそういうことを一切しないタイプなので、損することが
多いんです。このあたりは旦那にそっくりです。
職人気質でいいものを作るためには、絶対に自分を曲げない。
変な所ばかり似ますね。まあそこが娘の良いところでもあるん
ですが・・・
小さくまとまると言えば、今の若者は留学もしないし
日本から出たくない指向が強いそうですね。ノーベル賞も
過去の研究ばかりで、新しい人材がもっと自分を試す
ために海外に飛び出すとか。そういうこともあまりない
のを嘆いてましたよね。なんか先細りで心配です。
娘みたいなちょっと型破りな子供は日本では生きにくい部分
もありますが、個性的な今のままでずっといてほしいなと
思います。


すごくいい! * by Fuzzy
おはようございます!

凄くいいですね!
娘ちゃんの、本気で「松尾芭蕉の生まれ変わり」と言い切る姿!!
私、そういう子大好きですi-237
友達の子にも娘ちゃんに似た子がいて(インターに通っています)将来大物になりそうな匂いがします^^
真剣にそいう言い切れる子って、なかなかいないと思いますよぉ。
娘ちゃんは、素敵な個性の持ち主ですね。

ところで↑の「パチットモンスター」怖いですねぇ。
親は何も知らないんですかねぇ。
早く芽を摘んであげないと(もう芽じゃなさそう?!)将来が怖いです。
子供のあだなつけの発想、我が家のパパも「面白いなぁ」とウケてましたよ(笑)


Fuzzy様へ * by まめっちママ
個性的と言えばそうなんですが、相変わらずでしょ?
昔から面白すぎる子だったので、家では飽きないんですが
これが学校や外ではものすごく大人しいんです。
変に大人びているので、いつも冷静で子供らしくはしゃぐ
というのが少ないような気がして、もっと自分を出した方が
いいよと言ってるんですが・・・・
難しい年頃です。
私も最初聞いたとき、めちゃうけました。
パチットモンスターって面白すぎますよね。
ポケモンをもじってのことだと思いますが、上手く考えた
なあと・・・・でも、そんな応援されて複雑ですよね。

親はごく普通の人だし子供も見た目は大人しくて、そんな
ことしそうもない感じなんですよ。
私が一度本人に説教したことあるんですが、別の件で・・・
その時もどちらかというと、大人しくてまるでこちらが
一方的に何か口うるさいおばちゃんが説教してるみたいに
なってしまいましたが、盗みを反省するどころか、こちらが
与えてやったチャンスも無視して、相変わらず盗む癖が直ら
ないんです。
親もなんとか気づいて本気で怒らないと、ばれてないことを
いいことにもっと重大なことが起きてからでは遅いんですけ
どね。難しいです。

個別記事の管理2010-10-06 (Wed)
 先日、ママ友がこんな話をした。

 「早期教育で頑張っても、最近は年齢が上がるとできることばか
 りの気がして、あんなにお金をかけたのは、何だったのかと思う。
 英語もかなり頑張って色々教材を買ったりして、それなりに頑張
 ったけれど、現実、小学生になってからは他のことも忙しいし
 それだけやってるわけにはいかないので、勉強もさせないといけ
 ないしね。」

 この言葉は高学年になって身にしみて感じることが多い。
 うちも早期教育をたまたまやって、英語はそれなりに成果も出た
 が、例えばスイミングスクールに通って平泳ぎまで何とかたどり
 ついたものの、体力もまだなかった小学1年生の頃は、沈みそう
 になりながら、平泳ぎをしていて、結局そこで一応泳げるから
 いいかとやめた。でも、あんなに不細工な泳ぎ方だった平泳ぎも
 今なら学校の水泳の時間だけで、泳げるようになっている。

 もちろんこれはスイミングを趣味としてやっている緩い基準だか
 らで、本格的に選手を目指したりする場合はもちろん別だ。
 何事も一流を目指すなら、きちんとした指導者を求めてお金も
 かけるのは当たり前で、プロゴルファーにしても卓球の愛ちゃん
 にしても、スケートの浅田真央ちゃんにしても、すべて皆特別
 なコーチをつけ、それ一筋にやっているので、どんな世界もお金
 をかけずにできることは、素人の範囲でしかないのかもしれない。

 でも、ほとんどの人はそこまでのプロを目指していないので、
 そう考えると、小さい頃にお金をかけすぎず、その分を貯金して
 将来の学費に備える方がよかったんじゃないかとか、話は尽きな
 かった。うちも塾は最小限でいいと思っている。何もかけないの
 は、このご時世非現実的すぎるが、後から十分追いつくものには
 それほどお金をかけなくてもいいと思えるようになってきた。

 そんな中で勉強は一番実はお金がかからないと思われていたが、
 最近はそれすらお金次第である程度なんとかなってしまう現実が
 あり、厳しい世の中になったものだとつくづく思う。

 英語に関して言うならば、早ければ早いほどいいと逆に思われて
 いるが、早くて得することはリスニングの回路ぐらいで、実際
 スピーキングやライティングは小学生になってからの方が楽に
 習得できてしまう。高学年にもなると、理屈でフォニックスも
 わかってしまうので、本読みも幼少期には読めるようにするのが
 大変だったのに、あっけなくできたりするので、ならば幼い頃
 にしかできないことだけをやって、行きすぎた英語熱は必要ない
 んじゃないかとさえ思うようになってきた。

 日常会話を英語でやっている家庭さえ存在するが、そこまでしな
 いと本当に英語は話せないのかという疑問すら出てくる。
 そんなことが本当なら、私の世代で英語を話せる人なんて皆無の
 はずで、70代や60代の親を持っている人なら、そんな馬鹿な話は
 ないことぐらいすぐにわかる。

 もちろんその時代の親に育てられて苦労したからこそ、英語は
 自分の子供には早くからやって楽に習得させたいという気持ちの
 裏返しになるのだとは思うが、幼少期に耳の回路を作るために
 英語を聞かせて子供向けの海外アニメなどを見せて育てれば、
 うちの娘のように私が全く英語で話しかけなくてもちゃんと
 英語がわかる子供に育つので、それ以上のことを英語だけに
 費やす必要はないと思う。それをするならもっと今しかできな
 い日本語の方をやらないとねと、そのママ友とは意見が一致した。
 
 小さい頃から親にことわざで説教されたから、日本語の使い方は
 結構マスターできたし、だから「もうあんたは馬耳東風やね」
 とか、そういう会話を親子で楽しむ方が日本では大切かもねと
 そんな話をして盛り上がった。

 こんなことを言う私たちはれっきとした英語育児経験者なので
 決してやってもいない人が早期教育に反対して、目くじらたてて
 根拠のないことを言って不安を増幅させているのとは、根本的に
 違う。やったからこそ何がよくてどこまでなら効果的かという事
 をわかるのであって、やみくもに反対、日本語が先だとか、そう
 いう事を言うつもりはさらさらない。
 むしろ文字も早いほうがいいと思うし、英語も3歳ぐらいから
 始めた方が確実にものすごいスピードで単語も覚えるし、ネイテ
 ィブ感覚というのか、必死に日本語訳して聞かなければ英語を
 理解できないようなことはなくなるので、そこだけは早くてよか
 ったと思える。だからこそ英語育児を細々とでも続けているのだ。

 本当に早期教育に何の意味も見い出さないのなら、こんなブログ
 も書いてはいない。

 ほどよくやってきたおかげで、一流ではないものの、どれも
 2流(3流かもぐらいにはなったような気がする。
 極めてはいないが、やった事はほとんど一定水準以上にまでは
 伸ばすことができた。
 後はこの中から子供が何を選択するかだけだ。

 英語は洋画の簡単なものなら聞いてわかるぐらいまでにはなった
 ので、ここまで伸ばしてやれれば、ここから先は自分で伸びて
 いくしかない。親が手助けできる最大のところまでは一応やった
 と思えるので、ここから一流を目指すのか、他の道に行くのかは
 子供次第だ。

 早期教育は、選択肢を増やし、そこから自らの力で歩んでいく
 ための下準備にすぎない
のだということを、親も肝に銘じて
 ぼちぼちとやっていきたいと思う。



 10年以上撮りだめしたビデオ整理は正直きつい・・・
 しかもこのビデオ・・・・カセットテープだから
 丸々取り込みに時間がかかる・・・・
 泣けてくる・・・・・でも、画質がもう劣化しまくり
 で、どうしてもやらないといけない・・・・
 ブログよりこっちの方でくじけそうになる
 まめっちママに励まし応援クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 人気blogランキングへ

 
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by sa-chi21
おはようございます。

小学校入学まで半年となって、

幼稚園卒園したら習い事何をはじめようかな♪

とルンルンしてる今日この頃です!!


オール2流かひとつだけ1流かですけど、

ひとつだけ1流は博打のような感覚があります。
ハイリスクハイリターン

幼稚園児ですら、いまだにこの子はコレッっていうのを見出す観察眼が親にありませんっ(^^;

これから子供がどんな大人に成長していくのか??
子供の性格と特徴をみながら、とりあえずいくつかは「入り口」を準備して、、そしてオール2流になっちゃうかもしれませんが、まあ、それでも将来心豊かに(+経済的にも困らない豊かさもあるように)人生謳歌できる人になってほしいなぁと思いをはせるばかりです。

> 早期教育は、選択肢を増やし、そこから自らの力で歩んでいくための下準備にすぎない

素敵な言葉です☆


* by なー
早期教育をやると利点や成長の悩みなど色々な事に敏感になってしまう所がありますが、きっと将来の糧になってくれると信じて無理なく楽しんでいけたら・・と思います!
子供のパワーに追いつかなくてはいけませんね☆

sa-chi21様へ * by まめっちママ
一流を目指してそれ一筋は本当にハイリスクハイリターン
ですよね。もし、ものにならなかったら、それこそもう
他につぶしもきかないし・・・・
恐ろしいなと思ってびびりの私にはできません。
でも、本当はそれぐらい一筋にやって、たとえだめでも
後悔しないと思えるような強い心にあこがれたりもするん
ですよ。もし全員が安全志向になってしまったら、世の中
から素晴らしい芸術なんかなくなってしまいますしね。
なので、二流で揃えて食べていけるぐらいにしてやりたい
なんて、欲張りな調子いいことを考えるんです(爆)
仕方ないよね。博打のような人生って・・・・やっぱり
できたらやりたくないです。

なー様へ * by まめっちママ
そうですね。早期教育って色々楽しいことも多いけれど
悩みもつきないものです。
親がついぶれてしまうのも早期教育かもしれません。
でも、本当にこの世の中に無駄なものは何もないという
のが私の座右の銘なので、そう信じてやっています。
やり過ぎず、ほどほどにそれでいて将来確かに何らかの
形で役立つことを信じて。

横レスで恐縮ですが。 * by ルーシー
こないだウチの娘が
『ハイリスクハイリターンって危険大だけど成果も大って意味だよね?
けど、危険大ってことは失敗の可能性大ってことよね?
じゃ、成果がないって可能性も大じゃん!
そんなのヤじゃん!?
タルーラはローリスクハイリターンがいいな♪
ところで、ローリスクハイリターンって
低気圧高水圧って感じしない?
って仰いました。

こんな意味不明な5年生、
日本に何人といないだろうな・・・
最近フツウの会話ができるようになり安心していただけに
この一件はフラッシュバックのような衝撃でした・・・

ふと、ハイリスクハイリターンに反応しただけです。
関係ないコメントですみません。

ルーシー様へ * by まめっちママ
いやあ、なかなかちゃんとハイリスクハイリターンの
意味分かってるからいいじゃないですか。
この会話そのものが結構高度な感じですよ。(笑)

うちの娘もおかしさは相変わらずです。
あんたの脳はどうなってるんやと割ってみたくなりますよ。
次回の記事では、変ぶりを久しぶりに書いてみようと思い
ます。元々お笑い系娘が偶然英語にはまったという設定
ですしね。

個別記事の管理2010-10-05 (Tue)
 英語中心にやってきた我が家も、ここ2年ほどは学業中心にシフト
 し、忘れないように英語の音だけは日々聞こえる状態で、なんと
 かやっているが、いよいよ残すところあと100日となり、受験校
 を確定しないといけないと思っている。

 受験校は成績はもちろんのことだが、偏差値で大体ここでしょと
 決められるものではなく、最終決定に至るまでは、随分考えない
 といけない。

 うちの場合、まず女子校が基本的に性に合わないので、共学で
 となること、家からあまりに遠いのは6年間を考えると、子供の
 負担が大きすぎるので、これも考慮しないといけないし、更に娘
 の性格を考えると、厳しすぎる所は途中で学校をやめてしまうか
 もしれないというリスクがあり、それらすべてを満たす所となる
 と、それほど選択肢は多くない。

 その中でここなら通ってもいいなあと思える所は、数校しかなく
 更に家庭内で意見がまた若干違うので、全員が納得できる学校と
 なると・・・・・頭が痛い。

 それでもいくつか絞って、今月は学校説明会などもたくさんある
 ので、とりあえず行ってみて、インスピレーションでここだと
 思えたかどうかで決めようかと思うのだが・・・・

 それともう一つは入試問題の傾向で、娘の大嫌いな細かい面倒
 くさい計算が延々と続く忍耐だけで解く問題が好んで出題され
 るような所はこれまただめ。

 問題の傾向は実に様々で、実力があればどんな問題でも大丈夫だ
 と思っていたのだけれどそうでもなく、やる気がなくなる問題と
 いうのが存在し、娘のように集中力がある時は恐ろしく冴えてい
 る頭も、一度いやになると地を這う点数になって、日頃なら60点
 ぐらいは最低でもとれる模試や入試問題が、30点ぐらいに平気で
 下降するので、これがある限り博打をしている気分で、もう毎日
 心安まる時がない。

 こんなことは小さい頃にはわからない。いざ中額受験するぞと
 決めて、最終学年になって初めて経験する問題で、幼少期に早期
 教育しても、ここだけは大きくなってみないと何とも言えない。

 昔は塾も早目に入れて、勉強の習慣をつけ、先にやり始めた子供
 のアドバンテージは結構有効だと思っていた。でも、実際は
 今なら塾は4年生からもっと言うなら5年生からでも十分だと
 思うようになった。更に言うなら、大手塾の一斉授業もほとんど
 必要ないかもとさえ思う。

 まあこれは色々な考えがあると思うし、やはり塾の情報は
 馬鹿にできないもので、大勢の中で切磋琢磨することのメリット
 も感じているので、子供の性格をよく考えて使える所は大手塾を
 目一杯利用するのがベストだとは思う。

 うちでは塾は最小限で、毎日の宿題に追われるようなことがない
 ように毎日詰めるなどということはなく、間に復習したり宿題に
 余裕を持って取り組めるように拘束時間は極めて短めに設定して
 いる。でも、この今の勉強スタイルになるまでは、紆余曲折があ
 り、ようやくたどり着いたという感じで、決して順風満帆という
 訳ではなかったのだ。

 そんな訳で、メインにやってきた英語は今はお休み状態で、とに
 かく受験に向けて頑張るのみとなっている。
 もちろん特殊な例だとは思うが、バックで英語の音声はいつも
 流れている。娘はそれがあっても勉強に支障がなく、耳だけは別
 回路のように動いているので、考えの邪魔にはならないらしいの
 で、英語音声は心地よいBGMの一種として幼少期からやってきた
 唯一の特殊能力として今も確実に役立っている。

 
 
 今日の勉強

 個別指導の宿題 理科 
 公開模試対策としての社会公民の問題再チェック
 英語かけ流し音声   久しぶりのトータリースパイズ 
 日本語かけ流し音声  歴史探訪CD

 


 しらたきで焼きそばを作ってほしいと
 なんかまずそうなリクエストをする娘に
 応援クリックよろしくお願いします。
 ちなみにしらたきカルボナーラパスタは
 結構いけることが判明!(ほんまか?)
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 人気blogランキングへ


 
関連記事
* Category : 受験
* Comment : (7) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

* by フルーツトマト
カテゴリーが変わったんですね。
私はお気に入りから、お邪魔してるので
気づかなかったんですけど。


受験、いろいろ悩みますよね。
うちはこの先、高校受験があるけど
いろいろと調べていくうちに、大手の塾より
個別指導か、家庭教師がむいてるかな~
と考え始めました。

関西とはいろいろ事情が違うので
いちから調べなければならず、
高校受験は親の情報量による
とも、地元で言われていて、悩みが多いです
まめっちさんとは、今後もご縁があると
いいなぁと思うので、細々とでもブログを続けていただけると
うれしいです。v-318

* by マイヤー
ブログが探せなくなる一歩手前で
気付いて安心しました(^_^;)
いよいよですね!これからの3~4ヶ月、
本当に大変だと思いますが
まめっちママさんと娘ちゃんの今までの
がんばりが実りますように祈ってますv-22









フルーツトマト様へ * by まめっちママ
そうなんです。カテゴリー変えてみました。
本当は親子英語で根を下ろそうと思ったのですが、
最近は勉強ばかりで英語ねたも少ないので、書くことが
無い状態です。それで他にも色々書いても教育全般なら
誰が読んでもそれなりに役立つと思うので、こちらに
しました。もっと前から周知徹底してお知らせすれば
よかったんですが、なんだかそれもどうよって感じなので
本当に読みたい方は探してでも来てくれるし、たぶん
フルーツトマトさんみたいにお気に入りに入れていたり
ミクシーの日記をブログに設定しているので、そこから
でも来られると思って、あまりしつこいお知らせはしな
かたんです。
ブロガーの方なら、ブログのリンクにしてくれているはず
なので、ランキングになくても、検索すればすぐ出てきます
から読む気があればいつでも来てもらえる・・・そう考え
ました。
塾選びはゆっくり色々見た方がいいですよ。
うちはあまり選択の余地がなかったので、結構困りましたが
今の個別指導スタイルはとても合ってます。理解不十分だった
理科の単元がかなり得意になりましたし、娘も気に入ってます
先生もとても褒め上手で、一斉授業では、最上位クラスの
プレッシャーをかけられ続け、怒鳴られるは、人格否定され
るはと、散々でした。たぶん発破をかけて頑張らせたいという
熱意だったとは思いますが、体調を崩してしまったので、
行き過ぎはよくないですね。
そんなわけでうちの経験はやはりブログで残しておきたいそう考えました。
早期教育と英語や学業の関係は、ようやく
本当のところがわかってきました。まだ小さい子供さんを
お持ちの方は、渦中にあるので、未来が見えないとは思いま
すが、自分で経験しないとなかなかわからないもんです。

そんなわけで、まだもう少しお手伝いできるかもしれない
と思うので、ブログは細々とでも続けていきますね。


マイヤー様へ * by まめっちママ
ありがとうございます。読んでくれる方は必ず
探してでも来てくれるって信じてますから(笑)
でもミクシーの日記に設定してるので、大丈夫ですよ。
それにタイトルいれて検索すれば、出てきます。
マイヤーさんにはいつも陰から応援して頂いて本当に
感謝してます。カテゴリーが変わっても、変わらず遊びに
来て下さいね。

* by Tantan
こんにちは。いつもブログ拝見しています。まめっちママさんは本当に強い方なんだなと思います。そして、ブログの内容はいつもご自分に正直なんですね。娘さんの大変な時期にブログを続けるのも精神的に相当強くないとなかなかできないことかと思いますし、英語と中学受験の両立も特に帰国子女でもない者にとってどれだけ難しいかと思います。

中学受験のため英語を断念せず、6年の今まで続けて来られたことが、どれだけ将来役に立つことか。まめっちちゃんが英語が好きだったこともあるかと思いますが、継続には色々なご苦労もあったのではないですか。

我が子はまだ小学校3年生ですが、英語とスポーツをできるだけ続けたいこともあり、中学受験については未だ迷っています。ここまで両立されたまめっちママさんとまめっちちゃんを本当に尊敬します。英語は5年でやめてしまったら殆ど忘れてしまいます。6年の秋まで両立、なかなかできることではありません。これから2月まで少し英語をお休みしてももう大丈夫なのではないでしょうか。子供が英語に触れなくなることが怖い私でもそう思えます。

残り数ケ月、がんばってくださいね。




Tantan様へ * by まめっちママ
なんだか強い人だと言われると、気恥ずかしいです。
本当は毎日不安で一杯ですよ。しょっちゅう旦那からは
ぶれるなと言われてますし・・・
でも、落ち着いて自分の信念に基づいてやっていくしか
ないんだとも思います。
娘の気迫が今ひとつなので、本当に大丈夫なのかと心配
ばかりしてますが、本人が落ち着いていることが一番なので
親の私がおろおろしてはいけないなと思います。

英語はたぶんもう忘れることはないところまで来ている
と思いますが、実践経験が少ないので、それはこれから
娘が海外に短期留学したり、学校からも研修旅行したり
するでしょうから、そこで鍛えてもらおうと思います。

残り数ヶ月何とか良い結果を残したいです。
もう本当にどこでもいいよという気分なんですよ。(笑)

個別記事の管理2010-10-04 (Mon)
 突然ですが、ブログのカテゴリー変更をしました。
 最近、英語関連の記事が少なくなってきて、娘の受験が間近に
 迫ってきているのもあって、書く内容がそっち方面ばかりになり
 申し訳なく思っていて、親子英語で限定すると、記事が書きづら
 いので、子供の教育全般ということで、前から考えていたカテゴリ
 リー変更に踏み切りました。

 ブログそのものを休止することも考えたのですが、急になくす
 訳にもいかず、残す方向でとりあえず勉強全般、英語ももちろん
 ありで、時には他のことも好きに書けるようにした方がいいと
 判断しました。ランキングから来られている方は、急にいなく
 なって慌てるかもしれないので、子供の教育のカテゴリーをご覧
 になってください。他のランキングはそのままにしてあります。

 過去記事から来られた方にはご不便をおかけしますが、ぼちぼち
 暇を見つけてランキングバナーの貼り直しをしていきたいと
 思っています。今後ともよろしくお願いします。



 ブログ村 子供の教育

 人気blogランキングへ

 
 
関連記事
* Category : その他
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-10-04 (Mon)
 ビデオの整理を初めて娘の過去の映像がどんどん出てきたので、
 一体いつ頃から英語が分かり始めたのかを観察してみた。
 すると半年の間にDWEの青のBookぐらいはすべて理解できるよ
 うになっており、1歳の終わりにはすでに文字も認識していて、
 指で絵本のアルファベットを正確に指さしていた。

 まだ言葉ははっきりしないが、自分の名前と年齢をセンテンスで
 話していた。単語はかなりの数を覚え、主な動物、食べ物、天気
 体の部位の名前はもちろんのこと、動詞もかなり理解しており、
 こちらの指示はほとんど分かってその通り動けるようにもなって
 いた。一番驚いたのは、数の認識で10以上の数を英語日本語両方
 で理解しており、正確に日本語でも同じことが言えたので、この
 時期はまさにバイリンガルだったと思う。

 絵辞典でafraidを指さしながら、怖い怖いと日本語でも言ってい
 たので、ちゃんと分かって見ていたようだ。

 これが英語を初めて半年足らずのことで、週一回の絵会話教室
 で英語をやっている小学生と比べても、はるかにその英語の認識
 度は高かったように思う。もちろんまだフォニックスなどはでき
 ないので、英単語を読むことはできないが、絵を見て何の単語か
 は判断していて、CDに合わせてページをめくることもできたし
 私がclapどれかなと(日本語で)言うと、前のページに戻って
 探しだして指し示していた。

 娘本人がこのビデオを見て

 「英語の一番基礎の部分ほとんどわかってるやん。
  うち、こんなんやったんや・・・・」

 と、驚いていた。本人の記憶はこの程度なので、もしも親の私が
 この後何もしなければ、恐らく昔はこんなに英語できたんだ
 知らなかった!で終わっていたと思う。

 親が教えるわけではないが、毎日準備していつもそこに英語があ
 るという状態だけは必ず続けることで、娘の英語は確かなものに
 なっていったと言える。

 私のように「cryってやって」みたいな言い方しかできなかった親
 でも、できる範囲の最大のことを毎日やって、記録に残すことで
 飽きずに忍耐を楽しみに変えて英語育児を続けられたのだと思う。

 もし、これが取り組みしなきゃとか、今日もレッスンできなかった
 とか、そういう焦りでやっていたら、たぶん続いていなかったと
 思う。日本語で指示を出しても平気、発音は無視、返答がなくて
 もがっかりしない、しつこくためさない、この姿勢が英語を伸ばす
 秘訣だった。


 こうして4歳直前まで家庭学習を続けたおかげで、プリスクールに
 入っても、娘は少しも遅れをとることなく、更に一学年上に入って
 そこでも半年で日常生活のほとんどを英語で話せるようになった。

 どんなに夏休み明けに日本語があふれてきたクラスにいても、一人
 英語を守り続け、絵本も読めるようになった娘は、そこから飛躍的
 に英語力を伸ばしていった。

 彼女の確固たる信念と英語へのプライドが日本語を話すことを許さ
 ず、周りに引きずられるこもなく進んで行けたのは幸運だった。

 たまたま巡り合わせがよかっただけかもしれないが、英語育児を
 成功させるのも失敗するのも、根気と忍耐、寛容やおおらかさが
 親にあるかどうか
だと思う。神経質、きっちりしすぎは、よい結果
 をもたらさない。頑張りすぎも同じで、幼少期は多少できないこと
 があっても目を半分つぶれるぐらいでないとやっていけない。

 娘のビデオを見返しても、うろうろ行儀悪くテーブルの上に乗っ
 て絵本を眺めたり、マイクを持ってその上で歌ってみたりしてい
 る姿が残っているが、家庭の方針もあるかとは思うが、注意
 しすぎても、せっかく気分が乗って英語モードになっているのに
 水をさすことになるので、そこは愛嬌で適当に流しておいても
 いいと思う。

 我が家は自然体を心がけたので、英語はバイリンガルにさせるた
 めに必死で親が教え込むものとはほど遠いものとなった。

 でも結果はちゃんと英語を普通に日本語と変わらない状態で聞き
 分け、他の事をしながらぼーとしていても理解できるほどに育っ
 ている。

 日本人の子供が親も英語を全く話せない環境で、周りも日本語
 だらけの中では、バイリンガルはちょっと無理だとはっきり
 昔は言われたのだ。それを可能にする第一歩がDWEで、うちの
 場合は七田式やラボの教材だった。

 それをちょっとだけ工夫し、使いこなして体力も使い、情報を
 探して自分の足で確かめに行き、それはアクティブに生活する
 ことで、ここまで来られた。話せないハンディなどはそこには
 何一つなく、気づけば全然英語はだめだった私でも、懇談で
 外国人の話を通訳なしで7割はわかるようになり、何とか意志を
 伝えることぐらいはできるようになったのだから。

 もっとも今でも英語はそんなに好きじゃないので、できれば日本
 語でお願いしますよという感じなのだが、大人でも子供向けの
 教材をいっしょに見ているだけで、随分英語は伸びるものなの
 だと驚いた。海外経験の長い人から見ると全然だめな英語だけ
 れど、宇宙語にしか聞こえなかった英語が少しは聞こえるように
 なって、大体こんなこと言ってるよなとわかるようになっただけ
 でも進歩だと思う。

 親以上にはならないと言われる英語力は、親が英語を教え続けて
 いる限りそれ以上にはならないだろうし、親の間違いやくせが
 そのまま子供に受け継がれるので、それがない白紙の状態で
 娘だけが私より遙か彼方に行ってしまったのは、かえって良かっ
 たと思える。

 どちらにしてももう私が手を出せる範囲ではないし、すでに筆記
 でも勝てないと思う。センター試験の問題をやっても、たぶん
 何年か前にすでに抜かれたので、今はもっと差がついているはず。

 親の威厳は英語に関しては全然ないので、今は他の国語力で
 何とかカバーしている状態だが、それもちょっと危うい。
 作文も感想文もかなり娘は上達したので、親の文章で変な部分
 を指摘するぐらいになってきた。こっちがちょっと適当に書いて
 同じ言葉が何度も出てきたり、へたくそな文章を書いていると、
 ここはこの言葉いらないでしょとか言ってくる。

 かなりやばい・・・・漢字が娘は苦手なので、まだそこはかなり
 差があるが、他の部分は結構厳しい。

 これが成長なんだとうれしい反面、親もうかうかしていられない
 なと気を引き締めて今後は行かないと・・・


 
 入試過去問で一教科だけで疲れ
 力尽きた娘・・・大丈夫かな・・・
 4教科あるんですけど・・・・
 こんな娘に応援クリックよろしく
 お願いします
  ↓ ↓ ↓
  ブログ村 子供の教育

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング 
 
 
 
関連記事
* Category : 英語勉強法
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by なー
お返事有難うございました。
ママさんの言葉は心に響きますし感慨深いです!
バイリンガルにさせるには諦めず忍耐の強さが必要ですね。
素敵なブログに出会えて感謝です!

なー様へ * by まめっちママ
お役に立てたかどうかわかりませんが、バイリンガルは
継続することに意義があるので、これからも頑張って
くださいね。
せっかく来ていただいたのですが、ブログのカテゴリー
変更をしました。もう親子英語という感じではないので
これからは娘は自分の足で歩いて行くと思います。
なので、子供の教育全般で広く子育てについてこれからは
書いていくつもりです。
受験が終わるまでブログもお休みでよかったのですが、
読んでいただいている方もたくさんいるので、さすがに
やめてしまうわけにもいかず、これからも少しずつ書いて
いきますが、今後とも別カテゴリーですが、よろしく
お願いします。

個別記事の管理2010-10-03 (Sun)
 小学校最後の運動会が終わった。
 今年は珍しく旦那が最後まで見て、ビデオ撮影もしてくれたので
 明日はきっと大雨かもと思っていたら、やはり雨!・・・・
 いつもは仕事で見に来ることはほとんどないのだが、今年は最後
 だということで、予定を休んで来てくれたのは、私にとっては、
 奇跡的なことだった。そのせいかどうかはわからないが、娘も
 いつもよりは少し張り切って気合いを入れていたように見える。
 
 娘の学校の運動会は地味なので、競技の内容は例年代わり映えし
 なくて、盛り上がりは今ひとつなのだけれど、娘は徒競走で2位に
 なり、リレーも抜かれることなく走り抜いた。会場の世話係もし
 ていたので、玉入れの籠を持ったり、誘導したりなど忙しく動い
 ていた。今日だけは勉強のことを忘れて一日楽しむことができた
 とは思う。でも、帰ってきてから少し眠り、また日曜特訓のテスト
 勉強をしていたのは、やはりかわいそうだった。

 娘は体力だけはあるので、あれほど疲れて帰ってきても、すぐ
 に復活し、手薄になっていた理科の電流を少し勉強し直し、社会
 の暗記項目の確認もやっていたようだ。
 うちではまだ家庭内で志望校のことで折り合いがついておらず、
 最後までどうなるかはわからないが、とりあえずどこを受験して
 もいいように実力をつけるという方向性で進んでいる。

 英語も同じで、英検のための勉強ではなく、気づけば受かるぐらい
 の力をつけていたになるように、対策ではなく毎日の積み重ねを
 重視している。
 まだ中学受験が終わっていないので、今は勉強が第一だが、来年
 いつでも再スタートできるように力を少しずつためていくつもり
 だ。

 今日は4歳ぐらいの娘の様子をビデオ編集して、3歳の頃とどう変
 わったか、確認してみようと思う。

 記憶ではこの頃はラボパーティーのCDに合わせて臨場感あふれる
 場面を想像しながら、英語を楽しく聞いて暗唱していたはずだ。

 これが後の映画のDVDなどを音声だけで聞いて全部暗記してしまう
 今のスタイルにつながっていったように思う。

 効果音が入っているのとないのとでは、記憶への残り方が格段に
 違う。単なる朗読CDよりは、大きな音が響いたり、ドラマ仕立て
 の方が何倍も定着率があがる。

 もっとも戦隊物などを英語で聞いても、効果音ばかりで英語の
 表現としてはいまいちの時もあるが、音声CDとして売っている物
 よりは映像の音だけを抜いたものを断然お勧めする。

 ちなみにyoutubeをよく使われる方には、一番簡単に音声変換を
 してくれて動画保存しやすいものとしてお勧めなのは、おなじみの
 Real Player だ。
 ワンタッチで取り込み完了なので、今まで面倒だなと思っていた
 方は是非トライしてみてください。

 
 
 外は大雨・・・仏壇の花を買いに行きたいけれど
 出る気が起きない・・・・納豆も切れてるな・・・
 ラップもそう言えばそろそろなくなりそう・・・
 面倒だと家に引きこもりになるまめっちママに
 何とか愛の応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング 
 
 
 
  
 
関連記事
* Category : 受験
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by mherese
まめっちママさんこんばんは☆
体育祭、お疲れ様でしたv-10
お疲れの後にもお勉強されているお嬢様・・・
偉いですね。お体大切に頑張って欲しいです。
陰ながら応援していますv-91

mherese様へ * by まめっちママ
ありがとうございます。
いつも応援して頂いて感謝してます。
もう本当にあとわずかに迫ってきました。
心の中では毎日不安で一杯なんですが、娘は全然平気で
気楽なもんです。まあ本人がそうなら別にいんですが
親だけが妙に緊張してます。
とにかく残り少ない日々を頑張ってみます。

個別記事の管理2010-10-01 (Fri)
 英語育児まずはここから第57回

 ここ数日、以前のデジタルビデオテープをパソコンに保存する
 作業をずっとしていて、娘の3歳ぐらいまでの姿がたくさん録画
 されているのを見て、自分が当時娘にどう接していたのかを思い
 出し、とても懐かしくなった。

 日常生活を日本語でしていたのは、何度も書いている通りだが、
 英語を始めた頃は、娘に英語遊びのように私も簡単な英語を話し
 かけていた。もちろん生活を英語でしていたのではなく、本当に
 簡単なDWEに出てくる言い回し通りのことを娘に聞いて、その
 反応を試していただけだが、「Touch your nose」とか言うと、
 鼻を指さしていたので、かわいかった。

 でも、子供は本当に気まぐれで、いくらこちらが言っても、知らん
 顔で、聞いたことと違う英語を話してみたり、だんまりだったり
 するもので、こちらはビデオを回しているのだから、何かしゃべっ
 てくれと思って期待しているのに、そういうこととは無縁で自由
 に話したい時は調子よく英語の指示通りに動いてくれることもある
 が、まあなかなかベストシーンは撮れないものだった。

 それでも何時間ものビデオを丹念に見ていくと、娘がどれぐらい 
 英語を話していたか、また私がどんな風に話しかけていたかが
 よくわかりおもしろかった。

 よく英語は英語で日本語と混ぜないで話すようにと言われるが、
 私が英語力なしの人なので、そんな法則は無視して結構ちゃんぽん
 していたように思う。
 ただ、そのちゃんぽんの仕方は一定の法則があったように思う。

 例えば、ビデオに残したいからそれを撮るために

 「JOちゃん~。りんごおいしいって英語で言ってみて」

 「りんごおいしい。」
 (いや、そうじゃなくって英語でお願いしますよ

 「それ英語じゃないよ~」

 「Yummy!」

 「すごいね~。じゃありんご好きは?」

 「♪ ♪ ふんふんふん。」

 「Do you like apples?」

 し~~~~ん・・・・・・

 こんな感じで、基本は日本語で尋ね、答えがない時は親がちょっ
 と英語で同じことを言ってみる・・・・たったそれだけのことし
 かしていなかったが、わかっていてもうるさいなあと言わんばか
 りに、娘は無視。
 この頃の娘は「かな絵ちゃん」のフラッシュや生活基本文の英文
 をCDより先に言ってしまうぐらい英語を話せたのに、明らかに
 そんなことにいちいち答えないよという態度。

 だからビデオを回していても、時には空振りで、何も撮れずなん
 てこともあった。まあそんなもんでしょ。
 なんともお気楽な英語育児だったと思う。

 すべての指示を英語で出すなんて到底無理な私は、定型文だけ
 を時々気が向いたら、ビデオを撮るためだけに娘に聞いていた。
 だから簡単なことばかりで、必ず答えてくれると思うようなこと
 を聞いて、大げさに褒めてビデオ撮影に夢中になっていたという
 こんな適当な育児だった。

 だからうちは親の英語力で娘が伸びるなどということは皆無で
 勝手に自分で表現を覚えてそれを自分の好きな時に使うことで、
 娘自身で英語を伸ばしたと言ってもいい。

 ただ、いつもCDを流しながら、それと同じ場面のDWEの絵本を
 広げて置いていたので、娘はそれをちらっと見ては、今これを聞い
 ているんだなと確認しつつ、ABCソングをマイクを持って歌ってみ
 たり、そんなことを日々繰り返していた。

 私の力より確実に教材の力で伸びたのは間違いない。
 
 そんな私だけれど、唯一力を入れていたのが文字の認識だ。
 いつもホワイトボードと平仮名積み木をそこに置いていて、暇が
 あれば、「JOちゃん。しかちゃんのしどれ?」
 とわざと目の前にあるすぐに探せる平仮名を取らせようと、簡単な
 ものばかりこれもビデオ撮影のためによく娘に聞いていた。
 ところが娘はなかなかお茶目な性格で、違うものをとって
 「きりんさんのき」と正確な「き」の積み木を持ってくる。
 合っているので、自分が出した問題とは違うけれど、大げさに
 褒め、
 「そうだね。きりんさんのきだね。すごいね~。
  じゃあ、あひるさんのあは?どれかな~」

 でも、持ってくるのは難しいのに「ほ」だったりする。

 それもちゃんと「ほ」と認識していて、間違えて持ってきた訳で
 はなく、「本のほ」と言うのだから、わざとやっているとしか思え
 なかった。

 こんな感じで、娘はテストされるのは嫌いな性格で、自由に好きな
 ものを持ってきて、しかもちゃんとわかってるのよをアピールする
 子だった。

 だから子供がちっとも親の期待する反応を示さなくても、実は
 こういう風にわかっている場合が結構あるのだ。その辺が子育ての
 面白い所でもあり、難しい所でもあるのだろう。

 英語も同じような感じで、複数や三人称を使い分けるくせに、
 こちらが何かを言わせようとすれば、知らん顔をするような妙に
 大人びた子供だったと言える。

 これが大体3歳ぐらいで、アルファベットも書いていて、
 「ちっちゃいAちゃん、書いて。」とこちらが言うと
 一ミリぐらいの本当に小さい文字をボードに書いて、ケラケラ笑
 っている。もちろん小文字のaのことで、本人もわかっているのに
 わざと小さいミクロの文字を書いている。でも、ちゃんと小文字の
 aなのでやはり理解した上で、言葉の遊びを楽しんでいたと言える。

 こうしてみると、随分知恵がついているなと感心するが、文字は
 我が家ではこんな風に遊びの一環だったから、苦労して教え込む
 ものとは違い、とっても楽して気づけば読めて書けていた・・・・
 そんな感じだ。

 なので文字習得は是非とも楽に覚えさせてやってほしいと思う。
 
 まだ3歳ぐらいまでしかビデオの整理をしていないけれど、あらた
 めて見ると、こんなんだったんだと記憶がよみがえって楽しい。


 
 子供は笑っているだけでかわいい
 何ができてもできなくても、この世で一人しか
 いない個性を大事にしたいと思っている
 まめっちママに応援クリックよろしくお願いします
 (明日は体育祭!
  ポチッと入れてくれると、席取りで気合いが入るかも)
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング 
  
  
 
関連記事
* Category : 英語育児 まずはここから
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

初めまして * by なー
娘さん素晴らしいですね。色々と為になります☆
娘は3歳3ヶ月で一歳から英会話に通っていて今は七田のスピーキングアップストーリーズをやっています。
今伸び悩み中なのでアドバイスなどありましたら宜しくお願いします。

なー様へ * by まめっちママ
コメントありがとうございます。
伸び悩みの時期はありますよ。幼児の頃はどんどん
伸びる気がするのですが、先に伸びすぎて、成果の先食い
状態になってしまっている可能性もありますしね。
でも、大丈夫ですよ。またある時ぽんと次のステップに
行くので、しばらくのびが無い状態でも、それは力をためて
次なるステップへの充電期間なだけですから。
早期教育では伸ばしすぎてそれ以上にならないことを
親が心配しすぎる傾向になるのですが、成長には超えられない
壁もあるので、ある年齢にならないとできないこともあります
から、そこまで先に到達してしまったのだと考えると、しばら
くは充電期間でゆっくり定着に力を入れながら進めていかれる
のがいいと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。