オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-07-30 (Fri)
 無数にある海外サイトで、有名どころのものは、過去にもいくつ
 か紹介してホームページの方に、まとめてアップしてあるのだが、
 まだまだ楽しい役立つサイトはたくさんあるので、順次ブログで
 紹介してければと思う。

 今回はみなさんが子供に特にやってほしいと思われている理科系
 のコンテンツが充実しているサイトを載せてみた。

  http://www.kidsknowit.com/

 特にお気に入りのコーナーはこれ
  ↓ ↓ ↓
 

 奇抜な紫の髪と赤いマフラーというのが何とも言えないが、
 なかなか面白い。時々奇声をあげて踊りだしたりもするこの
 おばさん?の語りで、理科実験が楽しく繰り広げられる。
 この映像はサイトのコンテンツの一部分だけれど、このコーナー
 が結構私的には好きだ。他にも色々勉強になるコーナーが
 あり、全体的に見るところが多いのでお勧めだ。

 フリーのムービーも充実している。たとえばこんな感じで
 Adjectiveが学べたりもするので、理科だけではない分野
 も盛りだくさんなのが気に入っている。
  ↓ ↓ ↓
 adjectives Movie

 フリーでダウンロードできる教育音楽もたくさんあるのだが、
 これが微妙な曲で、好みが分かれそうな感じだが、聞いて楽しい
 かどうかは別として、ちょっとDWEのシングアロングのような
 (曲調は全然違うけれど、方向性としては似ている?)感じで
 流しておくと頭に入るかも?というのが何十曲もあるので、是非
 聞いてみてください。(眠りそうなのものもある

 




 受験が切羽詰まってきたので、ブログをどうしようか
 ものすごく迷っている・・・・
 伝えたいことは言いつくしたような気もするし
 まだ足りないこともたくさんある気もする・・・・
 新しい読者の方も増えて、過去記事で書いたことも
 リニューアルして伝えたいと思うこともある・・・
 でも、とりたてて新しいことは、今の娘にはないので、
 タイムリーな話題が提供できないもどかしさもあって
 しばらく受験勉強のアシストに徹したい気持ちもある。
 夏明けには女子最難関コースの日曜特訓が始まるし、
 今以上にサポートが必要になりそうな予感も・・・・
 いい記事を書けないで、つまらない記事でお茶を濁す
 のも私の信条に反するので、しばらく休もうかと
 思ったり・・・・
 心が揺れ動いて落ち着かない日々のまめっちママに
 励まし応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
* Category : おすすめサイト
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-07-30 (Fri)
 今年の夏は、受験生の娘にとって最後のまとまった休みなので
 普段出来ないことをじっくりやりたいと思っているのだけれど、
 意外と時間はあるようでないもので、夏期講習会に行くと、どう
 してもその行き帰りの時間がロスするし、帰ってきてすぐにまた
 勉強というのも疲れるので、休憩したりすると、そんなに朝から
 晩まで時間が余ってしょうがないということはなく、それなりに
 忙しい日々を送っている。

 今年は2日間で算数と国語の宿題を終わらせ、ポスターは少しずつ
 休憩時間に描くようにしているが、まだ読書感想文と社会科の
 まとめが終わっていない。理科実験もあるので、本当に受験生に
 とっては、この学校の宿題が頭を悩ます原因になる。

 さて、そんな娘の一日だが、朝は一日ずつになっている塾からの
 プリントを4教科バランスよくやり、漢字と語句のプリントも
 一日1枚ずつやり、その後その日の授業であるテスト勉強をさっと
 目を通す程度にやってから塾に出かける。

 実は娘は諸事情があって、塾の平常授業をやめた。
 それで現在は個別指導だけに通っていて、日曜特訓と公開模試
 と大きなイベントだけ参加している。

 時間が少し空いたので、暗記科目に力をいれるように、この夏は
 頑張るつもりだ。それで朝のかけ流しは地理と歴史CDになってい
 て、少ない英語の時間がいっそう削られるのは痛いが、仕方ない。
 日本の歴史や地理を学ぶことは、後々役立つだろうし、日本の事
 を何も知らないで、英語だけ話せても恥ずかしい思いをしたとい
 う人の話をよく聞くので、英語力を上げる基礎になる社会の勉強
 は、受験科目にあるからというのではなく、しっかりやっておい
 て悪いことはないと思うようにしている。
 (本当は社会が嫌いな娘は社会をやめて理科だけにしたい)

 関西では男子は社会科を受験科目にしていない子が多く、3科目
 受験になる傾向があるので、いずれ大学入試などでは苦労するか
 もしれないので、早めに苦労しておくか遅いかの違いと割り切っ
 て、何とか頑張ってもらいたい。

 今日は一日結構静かにすごしていたので、英語のかけ流しはほんの
 わずかだった。前々回の記事に書いたように、静かに集中する時間
 も大切で、聞きながらやる時と集中して静かにする時を使い分け
 いつでも一点集中したり同時力を発揮したり切り替えられるように
 なれば、娘の最大の長所である同時瞬発力は大きな武器になって
 今後の人生に役立つに違いない。

 今日のかけ流しメニュー

 日本の地理CD

 

 アニメ「トータリースパイズ」(光テレビ録画分30分)

 


 地獄処女DVDの1話分だけ

 

 今日の夕飯メニュー
 (愛嬌で、書いてみた・・・そんなもんいらんか・・・

 舞茸丼(ささみ、舞茸、卵、たまねぎシンプル味)
 牛肉コロッケ
 長ネギの味噌汁
 
 舞茸で本当にダイエット可能なのか結果が出る間で一ヶ月ぐらい
 は舞茸で頑張ってみよう・・・
 明日は何にしよう・・・・・

 舞茸のクリームパスタにでもしようかな・・・
 

 どうでもいいことばかり書いている
 まめっちママに応援クリックよろしく
 お願いします。夏バテでへたり中・・・
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
関連記事
* Category : 日々の取り組み記録
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by うめ★hiro
旅のトリビア
休憩の時にでも読んでみませんか
社会に興味を持つきっかけになるような記事もあり また大人向けのサイトなので「漢字」もたくさんあります
http://kaisinchu.net/



* by コウイチ
僕もmotto頑張ります!

はじめまして! * by まちこ
いつも感心しながら、そして楽しく読ませていただいています!

我が家は6年生と3年生の姉妹がいます。
小さい頃にかけ流しをあまりせず後悔しましたが、今更どうしようもないので
2,3年前からできるだけかけ流しをしています。(DWEなど)

中学受験はしないのですが、役に立つと思うので
歴史・地理のCDもかけ流しています。(たまにですが)
まめっちさんと同じ鉄人シリーズだったので
嬉しくなってコメントをしました。(笑)

長女はまめっちさんの娘さんと少しだけ似たところがあり(レベルは全く違います!)
算数と理科は好きですが、社会など暗記ものが苦手です。
何とか克服したいと思っています。

これからも楽しみにしています!!



うめ★hiro様へ * by まめっちママ
いつも有益な情報ありがとうございます。
トリビアものなら、興味を示すかもしれません
ね。最近は少しずつ社会ができるようになって
きたので、頑張りますね。

コウイチ様へ * by まめっちママ
コメント訪問ありがとうございます。
また気が向いた時はお越しください。
頑張ってください。

まちこ様へ * by まめっちママ
コメントありがとうございます。
鉄人シリーズかけ流しておられるのですね。
うちも前は全然興味がなかったのですが、
今なら地理を習った後なので、かけ流しで
確認するという感じで使ってます。
今度は歴史をがんがんかけてみようかと
思ってます。(別のCDですが)
算数が好きな子って社会は苦手な傾向が
あるかもしれないですね。娘が言うには考えて
も覚えてないとどうにもならないから、嫌い
だそうです。
確かにいくら考えても知らないものはできないし
覚えてないと書けないですよね。
うちも受験生なので、この社会だけがどうにも
足を引っ張ってしまうので、夏休みに何とか
したいと思ってます。

個別記事の管理2010-07-28 (Wed)
 英語育児まずはここから第49回

 小さい頃から英語育児をされていると、子供の目覚ましい発達と
 時期が重なって口から英語がどんどん飛び出してくる時期が訪れ
 親は、眼を輝かせてもっと伸ばしてやりたいと思うものだ。

 それで幼稚園に入るぐらいの頃には教材がどんどん増えて、更に
 英語をとなっていくパターンがとても多いので、ここでしておいた
 らいいことと、あまりしなくてもいいことを書いておく。

 うちの場合なので、すべての子供にあてはまるわけではないこと
 を前提に読んで下さい。

 まず、この時期はある程度物ごころがついて、理屈が理解できる
 年齢なので、ここで読みを強化していくことが、そのあとずっと
 英語力を維持していくのに役立つ。

 そこで英語絵本などを本格的に読み始めるといいのだが、実際の
 聞いてわかるレベルより、やや易しい目のものを選び、とにかく
 短くて一冊が終わるようなものを何冊も暗唱していくのが一番
 早い。それこそ一行か二行で終わるものでいい
のだが、そう
 考えると、世間でいいと言われているORTは、まさにその目的には
 ぴったり合っているわけで納得がいく。

 娘が小さい頃は、まだブログなどというものも、ほとんど存在せず、
 取り組みの情報などは、なかったと言ってもいい。だから幼児
 教室(たまたま公園で知り合ったママ友から聞いた)で手に入った
 教材を使うことになり、それが「リタラシーリンクス」だった。

 冊数も多いし、すぐに読める短さがとっつきやすかった。
 暗唱用に作られたものなので、ストーリーを楽しむと言うよりは、
 使える英語をお話のようにしたと言った方が適切な作りになって
 いて、これをとにかく出かける時に持参して、かけ流しにも使っ
 ていた。

 娘は正直暗唱は嫌いで、これを次の週にテストするから覚えて
 来なさいと言われると、絶対にできないタイプだったので、気に
 入ったものだけ勝手に何度か聞くうちに覚えたという事の方が
 多く、暗唱文集などの小難しいものは、興味がなかったので何度
 かけ流しても覚えなかった。これは自分の脳で選択して遮断して
 いるとしか思えず、何でもかけ流せば頭に入るわけではなく、
 更には意識的に聞く努力をしても、全く記憶に残らないものも
 あるのだということなど、脳の不思議な働きを見て、これが
 最善だとすべての人に言えるようなものは、ないのだと思った。

 一人ひとり違うのだから当たり前のことで、DNAだって異なる
 のに、同じやり方で同じ作用をするはずはない。だから幼児教室
 で言われた通りにすべてやっていたなどということはなく、自分
 でチョイスして暗唱もうちはもうやらないと決めて、無理に覚え
 させなかったし、それを競ってどこまで進むかなどには全く
 興味がなかったので、他の子がシールを貼ってもらってどんどん
 進もうとマイペースでのんびりしていた。
 そもそも進んでどこどこまで行きましたを競う趣旨ではなかった
 はずなのに、教室でこうも取り組みが違うのかと驚いたことも
 あった。そういうわけで、自分と相い入れない部分は捨て、良い
 と思ったことをひたすら実践していくことが、結果的に子供の
 ためになった
と思える。

 こんな感じで、強制せずにお気に入りのものを何度も聞いたり
 見たりすることで、英語が常にそばにある状態を続け、ようやく
 ワークブック的なものもできるようになってきたのが4歳半ぐらい
 のことだった。

 その後の進歩は目覚ましく、遅めにスタートしてかえってよかった
 と思えることばかりで、おむつを外す時に似ているなと思った。

 やっていけないことは、暗唱の強要で、頭が受け付けないものを
 いくら流しても覚えないし、するべきではないと思う。
 仮にそうやって覚えたものは、すぐに忘れるし、それこそテスト
 で一夜漬けで必死に覚えたけれど、苦痛を伴ったせいで、終わっ
 た途端忘れるというあの状態に似ている。

 暗唱はとてもいい方法なのだけれど、やり方を間違えると、英語
 を使えるものにするどころか、覚えるのが大変なものという感情
 を植え付けるだけで、子供にやらせる時は注意が必要だ。

 我が家の話しなので、暗唱が好きでどんどん覚えて褒められて
 先に進むことが励みになるような負けん気の強い子供の場合は、
 少々多めでも子供がやると言っている間は、どんどん進んでも
 問題ないと思う。

 やはりケースバイケースということで、親しかわからない子供の
 性格と個性に合わせて進めて行くことが一番ということだろう。


 


 舞茸がダイエットにいいらしいということで
 連日舞茸料理になっているまめっち家・・・
 昨日は舞茸とエリンギの炒め物、今日は舞茸
 ハンバーグ・・・明日は舞茸丼?・・・・
 いつまで続くのか舞茸ブーム・・・
 流行にはあまり乗らない主義だけれど、茸類は
 ヘルシーで体によさそうなので、しばらくは
 続きそうな予感・・・・
 舞茸好きな方、応援クリックよろしくお願いします
 (なんのこっちゃ!?)
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング



 



関連記事
* Category : 英語育児 まずはここから
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-07-27 (Tue)
 英語育児まずはここから第48回

 前回最後に予告した通り、今回はかけ流しに代表される同時力に
 ついて問題点をいくつか書こうと思う。

 小さい子供にまとまったレッスンをさせたり、あるいは忙しい
 小学生に時間を作って英語をさせるのは、なかなか大変なことも
 あって、もし色々同時にやれたらさぞかし便利だろうなと思った
 ことが、同時力を鍛えるきっかけになったのだが、万能に見えて
 実際は、なかなかやっかいなものだ。

 子供はすぐに覚えていつのまにか口ずさんだりするので、その
 力を利用しない手はないと思い、ままごと遊びやブロック遊びの
 最中にずっと流しておいたら、実によく覚えていて入力は意外な
 ほど簡単にできてしまった。

 それで何て便利なんだろうと、食事の時や遂には幼児ドリルをして
 いる最中も、更にはそろばん練習をしている時など様々なシーンで
 英語の音を流すようになった。

 普通の大人なら、思考力のいることをやっていると、脳はそこに
 集中していて、音が流れていても素通りし、何を言っていたかな
 どは残らない。もちろんじっと耳を澄ませて聞くと、喫茶店など
 でも、隣の人の話している内容を聞きとることができるけれど、
 普通に自分が友達と話していたりすると、回りの会話は単なるBGM
 になって、記憶に残ったりはしない。

 では、なぜうちでは何も思わずそれを実行していたのか・・・・
 それは娘が特殊だったからで、どんなに難しいことを考えていても、
 耳は別に音を拾っていて、脳の別の場所で処理して、何も問題なく
 どっちもできたからだった。だから色々同時にできるのは、子供の
 特徴で誰でもできることなのだとずっと錯覚していた


 例えば私は、テレビを見ている時に、横から祖父母が話しかけてき
 た場合、それを聞く時は手がとまるし、テレビに集中できなくなる。
 何か真剣に聞きたい時は、ちょっとだまってて、うるさい聞こえへ
 んからと言って、静かにしてもらって聞き終わってから、さっき
 の話は何?みたいな感じになるが、娘はそれらをすべて聞きとって、
 テレビの会話にコメントを入れながら、祖母の話にも答えられる。
 
 それぐらいなら出来る人もいるかもしれないが、国語の文章題を
 考えながら、英語をシャドーィングしたりするのは、かなり難しい
 芸当に思える。算数の難問を考えながら、全然違うことをしゃべり
 私に質問してきて、その途中で今聞いている英語のセリフにコメント
 を入れるのも、私にはまったくできない芸当なので、頭が混乱する。

 テレビとラジオを同時に聞くことだってできてしまうし、左右違う
 ものを聞き分けることもできるので、本当に器用でいいなあぐらい
 に思っていた。

 でも、いつでもたくさんの音が聞こえているので、本来なら聞こえ
 ないような周波数の音もどうやら聞こえるらしく、異常に物音に
 敏感で怯えたりもするし、最近気付いたのだが、鼻も実は相当に
 いいようで、においにも敏感なことがわかった。
 更には味覚もなかなかのもので、何が入っているのかや、味の
 微妙なおかしさもわかるようで、つまりそういう感覚が人より
 生まれつき発達していたので、そこに耳からの音の刺激を与え
 続けた結果、こんな器用なことができるようになったようだ。

 でも、その半面、3秒前に言ったことを忘れ、どこに物を置いたか
 必ず忘れ、行く先々で物事をちょろっとやるので、いつも途中で
 物事が終わってしまい完結しないということがざらに起きるよう
 になった。

 それが塾のテストでも1枚目は完璧なのに、2枚目のテストで気力
 がなくなり、0点に近い点数になるというような、極端なアンバラ
 ンスを生むようになった。

 ひどい時はテストの名前を書いているうちに、次のことをして
 しまい、名前が漢字の左半分だけ書いて終わっているとか・・・
 そういうことも起きるようになった。
 そうなると、単なるドジでは済まず、なんでそこで止まって
 次に行くか?と親的には頭を悩ませてしまう。

 それがかけ流しのせいでそうなったかどうかは、科学的根拠が
 ないので、わからないけれど、娘と同じようなことができるなら
 可能性として、集中力が極端になくなることもあるので、注意が
 必要だ。
 
 なんだか怖いなあと思われたかもしれないが、普通のかけ流しで
 はそうはならないと思うので、必要以上に恐れることはないけれ
 ど、一日のうちに静かな環境を作って一点だけを集中する時間も
 やはり大切で、時間に追われてあれもこれもというのは、気持ち
 が落ち着かず、誰だってせわしなくなって、ミスも出るだろうか
 ら、ゆっくり慌てずというのは、本当は生きて行く上でとっても
 大事なこと
なのかもしれない。

 

 次は幼稚園時代の日本語発展期に
 しておきたいことと、しなくてもいいこと
 について書く予定・・・・(途中放棄になるかもしれない)
 なんとか頑張りたいけれど、庭の雑草抜きをしていたら、
 暑すぎて倒れそうになり、パソコンを見るのも
 いやになったので、当分放置してしまいそうな気分の
 まめっちママに応援クリックよろしくお願いします。
   ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング


関連記事
* Category : 英語育児 まずはここから
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-07-26 (Mon)
 英語育児まずはここから第47回

 2歳児はひたすら日本語も英語も入力の時期と書いたが、どんな
 ものを使って語彙を増やしていけばいいのだろうか。

 英語は、我が家ではDWEのプレイアロングとビデオがメインで、
 音声中心だったので、娘はあまり真剣にテレビの前に座り込む事
 もなく、何かをしながらちろっと画面をたまにみる程度で、基本
 的には公園遊びとおままごと、ブロック、知育パズルなどをやって
 いたように記憶している。

 とにかくこの頃から誰に聞いたわけでもなく、なぜか音だけを
 聞かせようとがんがん録りだめした。結果的にそれが現在の
 かけ流しの原型になったわけだが、なぜビデオの音声をわざわざ
 録音しようと思ったのかというと、DWEのシングアロングという
 教材がビデオ連動型で、セリフや構文が歌になっていて、関連
 づけて覚えさせるようになっていたからで、それならもっと
 手っ取り早くビデオそのものを音声だけにしてしまって、丸ごと
 覚えてしまえばもっといいんじゃないかと・・・・

 そうすれば映像を見せるために子供をテレビの前に座らせなくて
 もいいし、またテレビを見っぱなしというのもどうもよくない
 気がして仕方なかったので、何かもっと折り紙をしたり積木を
 したり、ハサミを使ったりなど手先を鍛える事の方が幼少期は
 重要だと思えた。時間は限られているのだから、ついでにもっと
 同時にできたら便利なのになと思い、それが音だけという選択に
 なった。

 これが功を奏して、耳から英語、目や手は別のことをしてという
 同時力が育っていった。
 当時録音していたものは、DWEの全ビデオの音声と正規会員に送ら
 れて来るプレゼントビデオ、更に副教材として新しく買ったもの
 (zippyがメイン)などで、あまりあれもこれもに手はまだ出し
 ていなかった。特に絵本関係は英語のものがこの頃はほとんどなく
 DWEについてきた絵辞典やブックの絵を見るぐらいで、洋書絵本
 は読んでいなかったと思う。
 
 とにかくどんなに忙しくても、忘れずにやっていたことは、この
 音を途切れさせないことで、家中ではいつも何かの英語がかかっ
 ていた。


 0歳のころには比較的静かな環境を与えたかったが、活発に動き
 出す2歳ぐらいは、うちのように日本語しか話さない家では英語
 の絶対量が足りないので、それを補うべくひたすらかけ流し
を 
 続けてきた。

 それ以外は家族とは日本語で話し、公園も毎日きっちり行って
 もちろん日本語で遊び、祖父母が週末に来ると、それこそ
 日本語しか話さないのは当たり前で、うちの英語環境は決して
 恵まれていたというほどでもなかった。教材があっただけで
 生活は普通の英語育児をしていない家庭とほとんど変わらずで
 唯一違うのは、テレビをほとんど見なかったことと、聞くもの
 が英語だったということぐらいで、おかあさんと一緒系の
 番組もたまには見たけれど、そんなにかじりつくことはなく、
 娘の中にはミッキーやzippyちゃんこそがキャラクターという
 位置づけだった。

 こうやって振り返ると、うちは2歳でもまだ英語漬けだったとは
 到底言えず、日常生活の中に普通なら日本語で見ていたであろう
 テレビが英語になったというぐらいで、どちらかというと知育を
 伸ばす方向で進んでいたように思う。ただ、この時に出会った
 幼児教育(七田式)から大きな影響を受けたことは間違いなく、
 足りない英語環境は教室で補い、そこで初めて英語をやっている
 人に巡り合ってから、他の教材を貸してもらえるようになり
 世の中には、こんなにも幼児に使えるものがあることを初めて
 知った。(育児雑誌などは読まないので、情報に疎かった)

 そこからは教材の幅が広がって、英語圏の子供が見るもので、
 ドーラだとかバーニーだとか、リチャードスキャリーなど、英語
 が聞きやすく教育的な配慮もあるものを中心に見ていた。

 特にお気に入りだったのは、「ブルースクルーズ」で、これは
 かなり大きくなる5歳ぐらいまで大好きだったように思う。

 「オズワルド」もお気に入りだったが、これらを繰り返し入力し
 ていったことで、かなり使える単語もセンテンスも増えて行った
 ように思う。

 このあたりは皆さんがすでにやっていることばかりで、特に
 うちだけの目新しいものはないと思うが、英語絵本をまだ読んで
 いなかったのが、ちょっと他と違うかもかもしれない。

 この時期は日本語絵本中心だったので、英語はもっとずっと先
 になって、初めて読み始めたぐらいで、絵辞典を眺めて指さし
 たり口から出したりはできたが、全然読みは手つかず状態だった。
 それでも年齢が上がれば、あっと言う間に読みはできるようになる
 ので、焦る必要は全くないと思う。
 
 読ませる努力より、聞くことで語彙数を増やして行くことの方が
 ずっと早く読めるようになる
のは、娘が始めたのが遅かったのに
 半年ほどで基礎的な読みが習得できたことを考えると、たぶん
 間違いないと思う。

 だから読みは早くから始めなくても大丈夫だという確信がある。

 まあこんな感じで、とりわけ特別なことをしていたわけではなく
 (英語をやっていること自体が近所では特別だったかも・・
 買った教材を何とかお蔵入りさせないように毎日使っていく
 それだけだった。

 3歳以降の話は次に続く・・・・



 
 次は同時力の便利さと危うさについて・・・
 これが一番最近の悩みになっているので・・・
 次も読みたいなと思っていただけたら、応援
 クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング


 

 
関連記事
* Category : 英語育児 まずはここから
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by LJ
こんにちは。
いつも参考にさせていただいています。
今月から七田の教室に通い始め、
こちらの記事にあるように
手先を鍛える事の重要性を感じています。
うちは言葉が遅いので、最近、英語より日本語、
そして七田の取り組みに気持ちが傾いています。
今は保育園に通っていることもあり、
かけ流しがDWEのメインのCD1本と七田のマンスリーCDくらいなのですが、
うちも日本語しか話さない家なので、
英語の絶対量は確実に足りていないと思いました。
もう少し日本語が増えてきたら、
いろいろな音声を集めて流すようにしようかと記事を読んで思いました。
ありがとうございました。

LJ様へ * by まめっちママ
手先を鍛えるのは、大切ですよね。
ハサミなども早くから持たせた方がいいのは
そのためです。

保育園だと日本語の方が多いので、英語の絶対量
は足りないように思えますが、まだ小さいので
それでいいと思いますよ。
子供の語彙がまだ全然確立されていない時には
核となる言語がまずできる方が後々有利になって
きますから。
それでもあまりにも少ないと思う時は、うちの
ように入力に徹して、あまりストレスを感じ
ないよう英語を遊びの中にさりげなく入れて
おくことで、勝手に脳が処理して覚えてくれる
こともありますから、気長に行きましょう。

個別記事の管理2010-07-23 (Fri)
 英語育児まずはここから第46回

 今回は子供が夜普通に寝るようになり、昼夜逆転などが直ってき
 て、言葉を少しずつ発するようになる2歳前ぐらいの頃からの話で、
 やっと子供が言わんとしていることが分かり始め、伝えたいことを
 口の早い子供なら1歳半ばぐらいから話し始めるので、この時期に
 コミニュケーションをたくさんとれるようにするために何をする
 べきか、また、英語も著しく伸びる時期と重なるため、そこで
 どのように日本語とのバランスを取って核となる言語を作るかに
 ついて、思うところを書いてみる。

 基本的に子供の成長速度はあまりにも個人差があるので、実は何歳
 からこれをしなさいと言うのは、ナンセンスだと思っている。

 言葉が遅くてまだ何もしゃべらない子もたくさんいる中、上手
 におしゃべりして日本語がすでにかなり話せる子供もいたりする
 のが2歳ぐらいの特徴で、それで言うなら、うちの娘はよくしゃべる
 タイプだったと思う。

 0歳からDWEの教材を買うまでの間、英語は何一つしていないので、
 当然ずっと私の日本語を聞いて育ち、前回の記事にも書いたが
 音楽を聞きながら眠っていたので、それはもしかしたら記憶の底に
 沈んで潜在意識に刻まれたかもしれない。
 ただ、それも日本語の歌だった。(夜空ノムコウがお気に入り)

 英語が入ってきたのは、すでに日本語の意味をある程度理解し、
 話し始める直前ぐらいの状態の時だった。このタイミングが丁度
 よかったのかもしれない。口から伝えたい言語が溢れようとして
 いたので、そこに上から英単語が入ったことで、一気に言葉が
 洪水のように押し出されてきた。

 たぶんこの時期はまだ脳の部屋は分かれていなかっただろうから
 日本語の部屋に別言語の英語の単語が流れ込んでもう少しで一杯
 になって口からあふれようとしていた日本語を上手く押し出して
 くれたんじゃないかと推測される。

 ここからどうやって英語の部屋と日本語の部屋が分かれていった
 かは、専門家でないのでよくわからないが、一つ言えることは、
 2歳ぐらいは成長著しいので、この時期にたくさんの入力が必要だ
 ということ。日本語もまだまだ全然足りない語彙で、自分の言い
 たいことの半分も上手く表現できないはずなので、日本語を
 たくさん入力してやらないといけない。言えないストレスで
 癇癪を起し、泣くことで意志を伝えようとしている
訳だから、魔の
 2歳児と言う言葉は、たぶん上手く言えないもどかしさを一生懸命
 伝えたいという子供の訴えだったのだと今なら思える。
 
 だから本当なら3歳からでも英語は遅くないのかもしれない。
 ただ、この時期は日本語で難しい言葉を英語なら言えるという
 場合がある(虹よりレインボーとか、紫色よりパープルとか)
 ので、足りない日本語を言い易かった英語で伝えることができる
 なら、子供はそっちの単語をちょっと借りてきて日本語の中に混
 ぜて親に意志を伝えようとする。こんな風に上手に両言語が伸び
 る可能性も大で、うちの場合は、たぶんそのパターンに当てはま
 ったのではないかと思う。

 だから私は入力にこだわる。発話するとうれしいが、入力こそが
 発話の基本になるのだから、この時期は英語を話させようとするの
 ではなく、足りない言えない言葉を子供が必死にため込んで分類し
 て、引き出しに分けていつでも使えるように頭の中で整理している
 のだと考えて、親が必要以上に出すことを強要しないのが大切
なん
 じゃないかと思う。

 子供は言いたい時は自然に口から出そうとするものだから、それ
 をどこまで根気よく待ってたくさんの言葉を入れてやれるか・・・
 それが親の腕のみせどころだと思う。
 ヘレンケラーの口から「ウオーター」という言葉が最初に出た時
 の感動に似ているように私は思う。

 そういうわけで2歳児は日本語と英語をとにかくたくさん入力す
 ること、これにつきる。私が少々気になるのは、英語育児をされ 
 ている方の中に、2歳から3歳ぐらいの頃に英語の絵本しか読んで
 ない方が若干見られることで、もちろん0冊ということはないと
 思うが、極端に英語が多く、日本語はどうしたの?と言うほど
 少ないのは偏ってしまって勿体ないことだと思う。

 せっかく出てきた英語で、どうせ幼稚園で日本語がいっぱいに
 なるのだから、家は英語ばっかりでもいいと考えてしまうのは
 とてもよくわかるが、本だけは日本語を先に読んでやってほしい。
 それは物の考え方や日本人としてのアイデンティティの根幹に
 通じるものだからで、世界は英語ができないとだめなのだから、
 どちらかの言語を選ぶなら英語の方が大事だよと言ってしまって、
 日本語より英語と考えるのなら、それはマイナー言語日本語の
 宿命なので仕方ないし、家庭の考え方なので私がとやかく言う
 ことではないけれど、バイリンガルとして日本の心を持って世界
 で堂々と渡り合える人になりたいなら、世界標準の英語だけでき
 たらいいという考えは捨て、逆に日本をしっかり説明できる知識
 を持った上で英語もできるという方が絶対にいいいのではないか?
 
 そんなことはもっと大きくなってから考えるよと言われれば、そう
 なのだけれど、小さい頃に親から繰り返し教えられたことは、いつ
 までも印象に残って記憶にとどまるのも事実で、人格形成の根幹
 になるものは、すでにこの時期に出来ているようにも思う。

 話が大きくなってきたので、このぐらいにしておくが、せっかく
 のバイリンガル教育・・・二つできるからバイリンガルというの
 だから、バランス良く伸ばしたい。

 

 夏休みの宿題をど根性で算数と国語の漢字だけは
 終わらせて、夏期講習に突入したいと頑張る娘に
 応援クリックよろしくお願いします。
 次回はどういう記事になるかな・・・・
   ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング

関連記事
* Category : 英語育児 まずはここから
* Comment : (8) * Trackback : (0) |

* by maple
こんにちは。
すごく分かるような気がします。
ずっと英語をしてきたので、絶対的に日本語が不足しているというのを2歳が近い今すごく実感してます。
なので、これから3歳位まで英語優先でインプットしてきたのですが日本語優先に変更しようと考えてます。
なのですごく納得できたというか、これこれこれ!!!って感じたタイムリーな内容でした。
ありがとうございます!!!

* by mherese
まめっちママさんこんばんは(^^)
先日、太田総理の番組だったかと思いますが、脳科学者の澤口先生が「幼児教育は要らない。英語は5~6歳から始めれば十分だ」とおっしゃっていて、その番組を興味深く拝見しておりました。
2歳の頃は本当に著しい成長があったように思います。子供の脳ってすごい。人間ってすごい。子育てをしていると、本当に教えられることばかりです。
日本人としてのアイデンティティ、小さい頃に培われたものが、大人になって顕著に現れるのかもしれませんね。納得です。

maple様へ * by まめっちママ
タイムリーな記事と思っていただけて
よかったです。
うちはすでに大きいので、なかなか
今2歳とか3歳という子供のタイムリーな
記事を書くのが難しいと思っていたのですが、
色々思い出しながら書きました。
日本語も英語もバランスよくできるのが
本当は一番いいんです。
英語の本しか読んでないという方にたまに
出会うので、日本のいい物語も読んであげて
ほしいなと思ってしまうんですよ。

2歳ってまだ舌足らずでかわいいじゃないですか。
言いたいこと半分で、癇癪起こして何を言っても
聞き分けがなくて、親がほとほと困り果てる 。
これが2歳児ですから、そんな時は
英語の取り組みだって上手くいかないことがあって
当然と 割り切って、成果より入力して準備する方が
結果的にはいいんじゃないかと思うんです。
先は長いですし、ゆっくりいきましょう。

mherese 様へ * by まめっちママ
私も確証はないんですが、三つ子の魂百まで
って言うじゃないですか。そういうのって
意外と正しいように思うんです。
ずっと言い伝えられていることは、ある意味
核心をついているものが多いです。

娘に繰り返し読んできた日本の昔話も
彼女の物事への考え方の基本になっているよう
に思うので、この時期はとっても人間形成に
重要な時期だとも思います。


タイミングはまずますかな? * by Cassis
英語を始めたのが、ちょこちょこ単語が出始めた頃(1歳4ヶ月)だったので、そういう意味では、まめっちママさんの説に乗っかるとすると・・・始めたタイミングはばっちり?(笑)

うちは・・・多分日本語の入力はやってるほうじゃないかなあ?(というか、普通に日中はほぼ日本語だし)
英語は・・・入力は、絶対的に量が足りてないですね。 絵本読みも、かけ流しも失敗中なので(;_;) 細々と続けま~す(笑)

ところで・・・宿題を先にやっちゃおうという意気込みが、すばらしいです。
ワタシ、夏休み中の日記すら、30、31日で全日程分書いてました。
小さい頃についた「泥縄」な癖は、大人になっても直りません。 この時期は、「習慣付け」こそが大事かも!と思います。

* by バニラ
赤ちゃんが母語を話すときも、1年、2年、じっくり周りの日本語を聞いてから話すようになるぐらいだから、英語も入力が充分でなければ、発話として出てくるのは難しいでしょうね。言い換えれば、子供の発話がでてこないのは、入力が足りていないという判断であっていると思います。

それと、親が変に英語を話さないのも親子英語には反ってプラスだと思います。
親が変に自分は英語ができますという自負があると、よほどネイティブのレベルでない限り、難しいと思います。大体、自分が間違っている英語を話してくること自体に気がつかないので!!(私のことね)
私の身近でも英語で語りかけしている親もみかけますが、間違った英語で話しかけ、子供もそれを真似て話しているみたいなので、間違った親の英語を教え込まれるより、親が英語ができないためことでネイティブの会話だけで入力するので、英語の回線が強固になると思います。
会話がいくら英語でも、感覚的にあきらかに日本語で話していると、英語でNoで答えるところを日本語で考えている為にYesと答えているなど、傍からみれば英語を話していると聞こえても、回線そのものが英語ではなく日本語なので、会話がちがはぐな日本人をよく見かけます。
市販のフレーズ集みても、おかしな英語が多く、またその子供の年齢に不適切な表現や会話があるので、あれを真似て子供との日常会話に使っても意味のない会話しかできず、言葉の広がりは作れないと感じました。

小さいうちは、本当に日本語と英語を連動させて意味をわからせる(翻訳させる)必要はどこにもないので、英語は英語で、日本語は日本語でわからせ、言葉の”感覚”をビデオでも英語のレッスンだろうとネイティブから入力してもらい、身につけさせるのが最適だと思います。まめっちママはそれをやってきたから成功されたんだと思います。英語が母国語でないのに、英語を母国語のように話すオランダ人などヨーロッパ人は、みんなだいたいそんな感じで、親から学んだ英語ではないんですよ。
まめっちママの体験は、本になさったほうがいいんじゃ・・・って思うけど、だからこそ、ブログで”タダ”で公開したいんですよね。
サービス精神いっぱいのまめっちママに応援ポチ。

Cassis様へ * by まめっちママ
小さい頃についた習慣って確かに直らない
かもしれないですね。
そういう意味では刻み込まれたものって
そう簡単に変えられないし覚えてるものですよね。
人格形成の大事な時期に、核となるものを
作ってやれたらいいなと思います。

宿題・・・うちは塾の夏期講習があるので
宿題を何としても終わらせないと、とっても
困るんです。落ち着いて受験勉強に専念でき
ないから、早めに片付けたいってところです。

でも、まだ感想文もあるし、社会のまとめだとか
もう正直そんな暇ないよといいたいんですが、
公立なんで塾生のために学校があるわけじゃない
のは、仕方ないです。
頑張ってもらうしかないです。

バニラ様へ * by まめっちママ
ヨーロッパの方って英語が話せる人が
普通にたくさんいますが、親から学ぶわけ
でもないのですね。ちょっと安心しました。
確かに移民も多いし、国はばらばらで、両親で
違う言語なんていうのも普通ですものね。
それでも英語が話せるのは、親から英語で育った
わけではなく、公用語として英語を耳から聞いた
り、学校で教科として普通にネイティブから学ぶ
ことで身に付くのですね。
フィリピン人もそうですね。英語上手いですもんね。
聞いてみると、小学校から大学までずっと英語を
学ぶことで身に付くと言ってました。
だからフィリピン人でも学歴が低いとやはり
英語はできないそうです。
だとしたら日本の場合はやり方がまずい?
ってことなのかな・・・?
音声教材をもっと使い、ネイティブ講師が
普通に教え、毎日英語の時間があることで
小学生からスタートすれば、かなりの確率で
みんな話せるようになるはずなのに、いまだに
遊びで英語にふれるだけっていうのが
問題なんですね。
仕方ないから家庭で親子英語やるしかない(笑)
でも、素人の私みたいな親からでも子供は
それなりに英語話せるようになってますから
親の英語力とは無関係だなといつも思います。


個別記事の管理2010-07-22 (Thu)
 英語育児まずはここから第45回

 今回からしばらくは、年齢別にどこまでやればいいか、して
 はいけない(しない方がいいと個人的に思う)ことは何かに
 ついて小学校に上がるまでを振り返って書いてみる。

 今は、生まれる前から子供には英語を身につけてもらいたい
 という希望をもっていて、計画的に胎教などをされている方も多
 いと思うが、0歳児は基本的に眠ることが成長に一番大切なこと
 なので、個人的にはかけ流しのようなものは、まだしなくても
 いいと思う。潜在意識に働きかけることが悪いわけではないが、
 睡眠の深さが成長にどういう影響をん及ぼすのかよくわからない
 ので、長時間の音の洪水は親が子守唄を歌ったり、静かに語りか
 けるのとは違うので、英語の音声をずっと一日中つけっぱなしは
 しない方がたぶんいいと思う。

 それと当然ながらこの時期にフラッシュカードをしつこく見せる
 のは避けてほしい。0歳児は静かに見てくれるし、動き回らない
 ので、寝たままの子供に見せやすいからといって、たくさん見せ
 すぎると、無表情のサイレントベービーに稀になることがある。

 もちろんそんな風になるのは例外的に長時間親がフラッシュして
 しまった場合なので、普通の生活で怯えることはないけれど・・・

 それとダメづくしで申し訳ないが、家庭環境が許せば、この0歳児
 の時にプリスクールに長時間預けるのもお勧めではない。

 どうしても働くために必要なのだという場合は仕方ないけれど、
 それでも日本の保育所に3歳までは置いてほしい。

 英語ばかりで0歳から育った子供は、日本語が本当に怪しくなって
 いるので、親がコミニュケーションに苦労するほど英語の方が
 できるという場合もあるので、英語を母語にしたいと考えている
 場合は別として、日本語を母国語にしたいのなら、0歳からの
 プリスクールはできるだけ避けてほしい。

 こう書くと、何だか0歳児は何もしない方がいいように思えてくる
 が、そういう意味ではなく、やりすぎないことが大切だということ
 なので、極論で0歳児はやっちゃいけないんだとならないように
 お願いします。

 ただ、プリスクールの例だけ見ると、バランス良くバイリンガル
 になった子供は、4歳過ぎて通ってきた子供達ばかりで、これは
 本当に早期からやるほどいいというものではないということ
 を証明している。

 もっともその子供達も家庭では何らかの英語の取り組みはやって
 おり、地味にこつこつ教材などで楽しんで英語をやっていたと
 いう人ばかりなので、何も働きかけないで4歳までぼーとして
 それでプリに来ただけで英語ができるようになりましたではない
 ので、日本語を伸ばしながらほどよく英語も取り入れてきた
 バランスタイプが一番伸びている
と言えるのではないだろうか。

 では、0歳児にほどよく英語を取り入れるには、何が一番いいの
 だろうか。我が家は0歳のころは英語どころではなく、とにかく
 人並みに寝てほしいというそれだけだったので、夜中にお腹を
 空かせてすぐ起きてくる食いしん坊の娘にほとほと困り果て
 体重が異常に増えて行くのを止めることが至上命令だったので
 英語は正直考えもしなかったので、うちの例では0歳児にこれを
 やりなさいと言えるものは正直ない。
 (ないんかい!と怒らず読んで下さい)
 でも、寝かしつけるために音楽をかけてお腹の上で心音を聞か
 せていたことだけは覚えている。

 だから静かな音楽は子供にも心地よいのかもしれない。
 スピードラーニングのバックに流れている音楽がクラシックで
 それがあることで、すっと脳に英語が刻まれていくのと似ている
 ような気もする。そう考えると小さい音で英語の歌を流したり
 することは有効と言えるのではないだろうか。

 おんぶばかりしていたので、密着することで安心感を得ていた
 娘は、いまだにうつぶせ寝をして、お腹をぺたっとつけている
 のが一番心地よいと言う。
 だからこの時期は取り組みより親子の一体感の方がうちでは優先
 度が高かった。育てにくい子供だったので、取り組みはもっと
 ずっと後で、2歳になる前ぐらいからようやく軌道に乗り始めた
 というところだろうか・・・

 そういう訳で、あまり参考にはならないと思うが、0歳からスター
 トしないと遅いということはないので、なかなか子供がぐずって
 上手くいかない場合や、おでかけに大変な苦労が伴い、英語の
 音声を車でかけたりDVDを見せて大人しくさせられない場合など
 でも、焦ることなくできる時にできることをやればいいと思う。
 要はそこであきらめて何もしなくなることが一番いけないのであっ
 て、スタートの早い遅いではない


 次回は一番成長する2歳ぐらいにした方がいいことと、しなくて
 もまだ大丈夫なことを書く予定。
 あくまでもうちの場合なので、これも子供の成長速度に合わせて
 親が適切に判断されることをお勧めする。
 
 
 

 クールでシビアな娘が
 「いつまでもあると思うな親と金とサンタ」
 と言っているのを聞いて、例のサンタいない事件
 (過去記事「サンタはいない衝撃の告白」)
 が思い出され、旦那にめっちゃむかついてしまった
 まめっちママに励まし応援クリックよろしく
 お願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング


  
 
 
関連記事
* Category : 英語育児 まずはここから
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

うちの子、2歳なので * by Cassis
こんにちは。

うちの子2歳なので、次の記事を楽しみにしてます(^^)♪


Cassis様へ * by まめっちママ
なるべく早めに書きたいとは思いますが
記憶が薄れてきているので、老化した頭と
戦いながら思いだしてみます。

* by りゅうママ
ふむふむ・・・・

私もとっても興味深く読ませてもらいました。

私もなんとなく0歳の時から英語の歌を聴いたり歌ったりしてましたけど、語りかけは返事がない子にはやりづらく日本語ばかり(^^;

本格的に始めたのは日本語で意思疎通がちょこっとできるようになった1歳半からでした。

上の子は割と何でも集中してやってくれたし、本とか一日中読まされてたけど下の子は全然で、これからどうしていこうかと悩んでます(^^;;
実際、あまり何もしてない現状です~。


もうすぐ2歳だから、私も楽しみにしてます!

りゅうママ様へ * by まめっちママ
子供よって素直に親の言うようにやってくれる
場合もありますし、全然興味のかけらも示さない
場合もありますし、本当にこれがいいと言うのは
一つじゃないですよね。
うちの子もぷいとどこかへ行ってままごと
しながら、また戻ってきて英語のビデオを
ちらっと見るけれど、特に前に座り込んで
熱中するでもなく、いつもちら見しかしなくて
集中していることはまずなかったです。
だからレッスンなんてするのは難しかったので
とにかく聞こえるようにしておけばいいだろう
的な大雑把なやり方でした。
それでも子供ってちゃんと聞いてます。
親が必死にならなくても、やりたいことを
やって自由にしている中で、脳はちゃんと処理
してくれてるみたいですよ。

大らかにいいきましょう。
親がちまちまこだわらないことが一番だと
思います。


個別記事の管理2010-07-21 (Wed)
 娘の学校(公立)では、低学年から英語が導入されていて、公立
 にしては熱心な方だ。

 他にもことば科という授業もあり、国語教育にも力を入れているし
 民族の音楽なども観賞会があったりして、日本だけではない国に
 目を向けたりして、バランスよく色々取り組んでいるところは
 評価できる。

 英語は高学年になってから時間数が少し増えたのだが、英語と
 触れ合うという意味では楽しく授業をしている様子がうかがえる
 が、成果という観点から見ると、あまり効果はなさそうだ。

 原因はいくつか考えられるが、一つは日本の英語教育がテキスト
 から文法を学び、単語を覚え、読解するというスタイルで始まっ
 た私達親世代の反省からか、極端に針が反対方向へ振れてしまい、
 今度は、読み書きはせず、楽しくゲームをしたり生徒同士で
 定型文を使って買い物のやり方を演じたりするだけのスタイルに
 なってしまったことにもある。

 導入としてはそれも大いにありとは思うが、6年間で学んだことの
 大半が、中学では1年もかからずにすべて終われる内容で、小学生
 から始めてよかったねと思えるものは一つもないということが
 大きな問題だと思う。

 しかも文字読みはしていないので、英語の絵本の読み聞かせや
 ストーリーを耳から聞いてわからないなりにも絵から想像力を
 働かせるなどということもなく、毎回歌って遊んで終わっていく
 だけなのが残念で仕方ない。

 もちろん学校によって色々工夫されている所もあるのかもしれ
 ないが、公教育である限り先生や地域によって差がありすぎる
 のも本来おかしな話で、きちんと国が責任を持ってこういう教材
 を使い、このやり方でここまで伸ばしますというカリキュラム
 を持つのがすじというものだ。

 先生の力量にまかせ、具体的な成果がろくにないまま中学に
 進学し、今度は学問として文法や単語を学んでテストもあると
 いうことになれば、そこでどっと英語嫌いが続出し、小学生
 で始めたがために英語は楽しくゲーム感覚でと思っていた
 子供たちが全く正反対の授業スタイルに戸惑い、本来教えな
 いといけなかったフォニックスやサイトワードなどを知らずに
 やはり親世代のような授業スタイルに放り出されたとしたら・・・
 今までの小学生の英語は何だったのかということになりかねない。
 
 なぜこの国はこんなに針が両極端に振れるのだろう・・・・
 国民性の問題もあるように思うが、とにかくすぐに流されて同じ
 方向へ傾く危険性を持っているので、文法中心がだめだからと
 今度は教科書も絵ばかりのこれで大丈夫?というものになってし
 まったりするのは、本当にバランスが悪いことこの上ない。

 一斉授業スタイルでは、ある程度仕方ないことかもしれないが、
 いまだに習熟度別が根付かない国だから、個々の進度や能力に
 応じたやり方もできないという制約の中で頑張る先生方の苦労も
 大変だろうなと思われる。

 それでももう少しやり方はあるんじゃないかと思う。

 生徒全員に音声CDを教材として与え、一ヶ月単位でカリキュラム
 化することぐらいはできそうなのに、何となく子供手当などという
 目先のものにお金だけ出すという発想から抜けきらないのは
 どうしてなのだろう・・・・?

 我が家も子育て世代で、お金はいくらあっても足りないぐらい
 教育にはお金がかかっているので、現金支給はうれしいけれど
 それでもそのお金でできることがもっとあるように思うので、
 公教育の充実に充てれば、すべての子供に英語を学ぶ機会を与え
 ることだってできそうな気もする。

 親子英語をやっている人達というのは、まだまだ少数派では
 あるけれど、こういう取り組みが一定の成果を上げて、子供が
 日本という全く英語環境のない場所でも、日本人の親が育てても
 英語を無理なく身につけられるという証明になれば、少しずつで
 も英語教育は変わっていくかもしれない。

 ただ誰にでも真似できるわけではないし、お金もかかることなの
 で、それをいかに工夫して誰もがやれるようにハードルを下げら
 れるか・・・その手助けをしたいとも思う。

 だから自分の子供の成果だけを披露して親馬鹿で終わるのでは
 なく、たまたま少しだけ恵まれた環境で親子英語などをできた
 幸運を分け与えたいといつも思っている。
 時には辛口の記事も書くが、現実から目をそらさず、様々な事例
 や子供のタイプがあることを知ってもらい、皆が同じ方向を向か
 なくても、また早期教育に出遅れたからだめだと思わずにいつで
 も道は開かれているのだということを、これからも書き続けたい
 と思う。
 
 


 最近、娘は自分の理想の学校を
 作りたいと言い出し、夢がどんどん
 変化しているみたいで、今度は一体
 何に変わるのだろうと興味津津の
 まめっちママに応援クリックよろしく
 お願いします
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング


 
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

* by maple
おはようございます。

日本の英語教育ってこんなに極端なんですね。
小学生から英語が始まるので良いことだって単純に思ってましたが、こんなに地域差があったり遊び程度から抜けきらない授業なのであれば本当に意味はあるのかな?なんて考えさせられました。
英語に興味を持たせるという目的よりも、今後世界で通用する英語力を身につけるために必要なことをして欲しいなって思います。
英語に関しては学校任せにせず、自分で頑張ろうって改めて思いました。

ブログこれからも楽しみにしてます。
まめっちママさんの辛口っぽい記事私好きですよ♪

maple様へ * by まめっちママ
小学校の英語教育は地域さがかなりあるようです。
一週間に1度あるところもあれば、そうでない所も
あるし、内容も様々です。うちの学校はネイティブ
が来ないので、日本人講師がやってますが、それは
それでいいのですが、学校によっては外国人が来る
場合もあります。途中で先生が変わって途切れて
しまって、一貫性のある授業ができなくなったりもして
結局6年間で習ったものと言えば野菜や果物、動物などの
名詞と少しだけセンテンスを習ったぐらいです。
それも天気の聞き方と何をしていますかと、好きなもの
は何?・・・それぐらいですね。
これって今の親子英語をやっている方なら園児以下でももっとできてるんじゃないかと思います。

予算の関係でなかなか難しいこともあるとは思います
が、日本の将来を担う子供達に投資して世界に通用する
人材を作ることは、いずれ日本のためになるわけです
から、長い目で見て子供にもっとお金をかけてほしい
とは思いますね。


管理人のみ閲覧できます * by -

個別記事の管理2010-07-18 (Sun)
 先日、楽天とユニクロが社内英語公用語化を実施するというニュ
 ースを読んだ。

 もはや英語は話せて当たり前で、会社内でも英語を普通に使えな
 い人はいらないということのようだ。

 これに対しては賛否両論あるようで、英語さえ話せれば、他の
 ことができない人でもいいのかとか、日本人同士でも会社内で
 英語で話すことの利点はあるのか?など個人的には私も賛成
 できそうな意見があったが、いくら否定的な意見を出したところ
 で、現実として経済界は英語が世界標準になっているのも事実で
 日本では日常生活に必要ないけれど、それでも世界中と取引する
 ような会社で働くとなると、絶対に必要だろうし、更には第3の
 言語も出来た方がいいなどということになっていくのは、もう
 世の中の流れで止められないことのようだ。

 技術は一流のものを持っている日本が韓国に負けてしまうのも
 この言語の壁が原因かもしれない。もちろん複合的な要因
 があり、行政の縦割りとか、規制の多さとか日本独特の慣習が
 邪魔をしているふしはあるが、それでも日本ほど英語が日常に
 ほとんどなくても過ごせる快適な国は先進国の中ではあまり
 ないので、競争に負けるのも仕方ないのかもと思えてくる。

 ところが、そんな日本でも最近英語ができないとちょっと困る
 かもしれないと思うことがある。
 私はiphoneを使っているのだが、ご存じアプリケーションをダウン
 ロードすることで、どんどん携帯が進化していき、使いやすくなる。
 日本の携帯のように最初から色々なことができるわけではない欠点
 をアプリを入れることで補いつつ、更にミニパソコンとしての機能
 も併せ持つことができるのが便利で、もはや手放せない存在となっ 
 ている。このアプリなのだが、使いたい便利なものが大抵は英語で
 ここでも英語がわからないと、せっかくの便利なものも機能半分に
 なってしまう。

 私は決して英語ができる人とは言い難いが、アメリカアマゾンも
 利用して買い物しているし、今のところアプリでも英語がわからな
 いから使えないということはない。

 便利で愛用しているものの大半が英語なので、今までなら日本に
 いるから英語は特にいらないと言えたものが、最近はそうも言え
 なくなってきている現状に、世界の流れはもはや止められないの 
 だと思った。
 
 だからと言って、子供には超早期から英語をやらせないと出遅れ
 ると焦るのは短絡的だと思うが、適切なアプローチで英語を
 身近なものに感じられるように仕向けるのは親の務めかもしれな
 い
なと思った。

 早期教育を助長するのは基本的にはあまり賛成ではないけれど、
 何らかの働きかけは必要で、何もせずに子供がやりたいと言う
 までただ待っているというのも、このご時世ではもはや通用し 
 ない考え方なのかもしれない。

 


 環境ポスターの下絵が出来上がり、日ごろの
 大雑把な性格とは全く別人のように細かい
 色塗り作業をしている娘・・・
 その根気を社会に少しでも向けてほしいよと
 思いながらもそのままでもいいかなと思って
 しまうまめっちママに応援クリックよろしく
 お願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング


関連記事
* Category : バイリンガルへの道とその後
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by Fuzzy
おはようございます^^

私も先日、韓国のSAMSUNG社に入社するにもTOEICで700点以上が必要で、課長になるには900点以上が必要という記事を読みました。
700点もそうですが、900点なんてかなり上級者ですよね。
本当に世界は英語ができて当たり前になっていますよね。
勉強ができても英語ができないと入社できない(汗)

私も早期教育が必ずしも賛成とは思っていませんが、勉強が好きとは感じられない我が家の娘には、幼児期にプリスクールで一芸を身につけさせた方がいいかなと思ってます。
息子と違って娘の場合、大きくなってからコツコツとやるタイプにはどうも思えないi-229
子供の性格等を見極め、親が環境を与えてあげるのも私もありかと思います。




Fuzzy様へ * by まめっちママ
TOEIC700点以上っていうのも結構普通の人には
ハードル高いですよね。900点なんて気が遠くなりそう
です。(笑)
こつこつ出来ないと言えばうちもそうですよ。
よく言えば自力で考える能力が高いので、暗記しないと
だめなものではなく、思考力のいるものが得意という
一見賢い子のように見えるんですが、その実、地道に
王道を行かないので、中途半端に適当に生きるところが
あだになる。親的にはもう少し真面目にこつこつ
やりなさいと言いたいのですが、どうにもこうにも
変わり者で、普通のやり方ではこの子はだめなんだと
いう感じなので、これが困るんです。
英語も感覚ですいっとここまで来てしまったため、
地味な努力型ではないのが、後々ためにならないん
じゃないかと心配しています。
親としては、今後その部分をできるだけ注意して
見てやりたいと思ってます。

英語ガラパゴス!? * by リンゴ好き
「社内英語公用語化」が始まった背景には、日本企業の将来性に対する危機感があると思います。

三木谷さんが言う「英語さえできれば日本人は海外でも成功する」というのは、かなりキャッチーなフレーズだけど、日本企業の危機感を示しているし、これまでどうにも動きの鈍い日本企業を、何とかして動かそうという強い信念と策略みたいなものを感じますね。

例えば、facebookやtwitterのような、社会を変えていくような会社の若い経営者は、そもそも起業する段階で「国内」なんてことを想定していませんよね~(ま、彼らはアメリカ人ですけど)。

そういう意味では、英語ができないことから来る「個人の意識における壁」の方が、実際の国境や規制よりも、日本人の力を強く制限してしまっているのかもしれませんね。

私は、社会のこういう動きから見ても、親子英語っていうトピックはとても面白いと思うんです。

それだけに、英語ができないのを学校教育のせいにしたり、英語の早期教育を批判する「抵抗勢力」に負けず、人柱的に(爆)、その行き先(実例)を示してくれる、まめっちママさん達のようなblogは、子供にきちんとした英語を身につけさせたいという後人にとって、とても貴重な情報ソースだと思います(ありがたや~(^人^))。

p.s.
日本人のTOEIC信仰は結構すごいですね(血液型占いみたい)。
ただ、TOEIC900点以上のスコアを取ったことはあっても、英語力が「ムムム」な人を、私は結構知っているので、趣味としてやっている人は、ともかく、点数=英語力とはならないということは意識しておいた方がいいと思っています
(ま、私は受験したことがないので、偉そうなことは言えませんけど...)。

また、
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51434781.html

この(↑)記事にあるように、国家戦略的に、日本に国際都市を作るってのも、いろんな意味で良いのかもしれませんね。ま、そしたら、結局は英語が必要になるんですけどね...

リンゴ好き様へ * by まめっちママ
社内英語公用語化がいいか悪いかは別として、日本企業
は国内ではすでに飽和状態で劇的な経済成長は望めない
ことを知ってますから、当然世界を視野に入れると英語
は最低限できないとという考えになりますよね。
親子英語ですが、学校教育もこういった人たちの取り組
みや工夫を少しは見習ったらどうかと思うこともあり
ます。(笑)
うちの娘の幼少期は今以上に誰も英語なんてやって
ませんから、近所の幼稚園に行かない選択は勇気が
いることですが、なぜかほとんど悩むことなく流れに
乗って一番その時によかれと思った方向へ進むことが
できたのは、ラッキーでした。

そういう経験も含めてとりあえずちゃんと日本語も
おかしくならずにここに娘は存在してますから、
論より証拠で、一部のどの世界にも存在する偏った
狂信者が失敗した例を殊更に取り上げて反対などという
不毛の争いは避けたいと思ってます。
早期にやらなくても英語はできますし、アドバンテージ
もずっと続くわけではないけれど、それだけではない
別のよいこともたくさんあり、それこそ広い視野で
英語教育は見ていかないといけないと思ってます。
何歳で英検何級とかを競うのではなく、これからの
日本でどうやって英語と付き合っていくのか、そっちの
議論の方が大事だと思っています。

TOEICが900点以上の人でもいまいちの英語力の人の
話は確かに聞いたことがあります。
不思議ですよね。たぶんテストとして対策をして
受験したからかもしれないですが、実践でサバイバル的
に覚えた人は使う必要性があるので、より上手になる
んでしょうね。私が中国で出会った商社マンは、英語
中国語、タイ語、ドイツ語少々他にもロシア語も少し
操る人でしたが、見ていてああこうやって覚えて行く
んだというぐらい積極的に溶け込んでました。
中国語も上手かったです。私は4年間学んでそれなりに
話せるという気持ちで中国に行ったけれど、実際
結構現地の人の話す言葉は聞きづらかったです。

ホテルマンは英語を話せる人がフロントでしたが、
中国語で尋ねると中国語、英語で聞くと英語で答えて
くれました。公共の場では、やはり当時の中国でさえ
(まだ人民服ばかりの灰色の世界)
英語ができる人を配置してました。今ならもっと英語
熱がすごいので、街中の人でも英語を少しぐらい話せ
ないとだめだと国を挙げて教育しているとか・・・
(上海万博のためですが)
どう見ても流れは英語ができて当然という方向へ
向かってます。ならばできるようになるしかない・・・
う~ん、私のへぼい英語ももう少し何とかしないと
いけないですね。
まあ楽天やユニクロに勤めることはないですが(爆)




個別記事の管理2010-07-16 (Fri)
 英語ネタが少なくて申し訳ないのだが、子供が成長してきたので
 今までなら何も考えずに済んだことが段々そうもいかなくなるよう
 な出来事が起きてきて、少々困っている。

 うちの近くに(歩いて30秒ぐらい)のところにコンビニがあるの
 だが、最近は野菜や食品が充実してきたので、ちょっとだけの
 買い物には、離れたスーパーに行くよりこちらで済ませてしまう
 ことが多くなった。うちは家族が少ないので、基本的に大量に食品
 を買うことがなく、いつも使いきる量をその時に買うようにして
 いるので、よほど凝ったものを作る時以外は、牛乳や食パンだけ
 買いたいとか、納豆切れたからそれだけほしいとか、朝のシリアル
 がなくなっていたから走って買いに行くとか、そういう些細な
 用事にコンビニが重宝している。

 それと、あまりいいことではないけれど、うちは夜型の家なので、
 どうしてもお腹がすいて来た時、旦那がデザート食べたいとか
 そんな時もアイスクリームや団子、ゼリーなどを買いに行って
 しまうので、近過ぎるのもどうかなという感じだ。

 前置きが長くなったが、この近所のコンビには、滋養強壮剤的な
 ドリンクや、カロリーメイトのような朝ちょっと食べて出勤する
 ためのいわゆる栄養系食品が入口付近に置いてある。
 その隣には化粧品や日用雑貨があり、普通にかわいい化粧小物など
 もあり、後ろにはアイスクリームのボックスがあるので、夏は
 アイスを買いに行ったついでにそのあたりのものが目に入り
 やすくなり、つい見たりしてしまうレイアウトになっている。

 その一番目に入る食品の中にきれいな箱でカロリーメイトの新種
 かと見間違うようなお菓子っぽいものが置いてあった。
 娘が何も知らず、チョコ味の栄養食品かと思い、手に取ってしま
 ったのだが、実はコン○○ムの箱だった!

 たまたま私と一緒に来ていたので、慌てた私は

 「あっそれ違うよ。」

 とさりげなく取り上げて置こうとしたのだが、以前ならきっと子供
 だったので、何もわからずそれで終わっていたはずのところを、娘
 は、親の焦っている状態を察知せず、まさにKYとはこのことだ。
 
 「何それ。なんでそれあかんの?」としつこく聞いてくる。

 「いや・・・そ、それは大人の男の人がね使う物だから・・・」

 「だから何よ?ねえ」

 (もう!そのぐらい察してよと心で叫ぶ 実はかなりパニック

 「ほら、エイズとか怖い病気あるじゃない。あれに
  ならないように予防するやつだから、男しか使え
  ないんよ。・・・・・


 しどろもどろで、汗はどっと出てくるし、それ以上どうあの場で
 説明しろというのだろう・・・・ちゃんと教育しておかなかった
 我が家も悪いのかもしれないが、何となくあらためて性について
 など話したことはないので、そっち方面にはひどく疎い娘は、
 まだ何も学校の友だちから聞かされていないようだ。

 もう少ししたらきっと色々なことを聞いてくるようになるとは
 思うが、今でさえ胸が大きくなりすぎてそれがいやだと思う
 娘は、「小さくしたい」などと言うぐらい体のことに対しては
 女性を意識していないし、男の子にも全く興味がないので、
 ませた女の子が彼氏の話しをしても、つまらないしょうもない
 という反応しかせず、いまだにその手の話は家庭内でもしずらい
 雰囲気があり、本当に困ってしまう。

 テレビは消してしまえば済むかもしれないが、コミックは
 過激なものもいっぱいあるし、幸いにもそのあたりには寄りつか
 ないので、まだ目にすることはないけれど、コンビニさん
 頼みますよ、そんな紛らわしいコーナーにそんな物置かない
 でほしい。


 英語の維持で悩んでいた昔とは別のことで新しい悩みも出てきて
 今後はもっと思春期に突入し、ますます困った事態がいっぱい
 出てくるんだろうなと思う。

 家に英語版の性について書いた絵本があることはあるのだが、
 読ます機会がなく過ぎてしまって、今更どうしようかという状態
 になっている。

 実は塾でちょっといやなことがあったらしく、男の子がスカート
 を引っ張ったり、消しゴムをわざと落として下からスカートの
 中をのぞくようなことをするらしく、それが怖くて塾の日には
 鉄壁の守りと言ってズボンに黒い服で目立たず行くぐらいの
 子なので、どうしたものかと悩んでしまう。

 先生には注意してもらっているので、席を離して監視してくれて
 はいるけれど、物騒な時代に何が起きるかわからないので、
 受験ストレスがたまった小学生の男の子でも油断は出来ない。

 こんなある意味純情でまだ何も知らない娘にはコン○○ムさん
 は衝撃的すぎる。

 ああ女の子を持つと今度はこっち方面で心配が増えるのか・・・
 男の子も加害者にならないように親が気をつけてやらないといけ
 ないけれど、子育てって本当に勉強よりずっと大事なことが
 いっぱいあるので、間違っても犯罪者にしないように親はいつも
 バランスよく社会勉強させないといけないなと強く感じる。


 

 
 完全に中学生に間違えられ、いつも大人料金を
 要求されてしまう娘・・・
 この間は宗教のアンケートにつかまり、何回生
 ですかと言われ、そんなにふけて見える?
 と憤慨していた・・・

 大人っぽすぎる外見が気になってますます
 目立たないように無口になっていく娘に
 励まし応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング

 
 
関連記事
* Category : その他
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

* by うっかり主婦
うちから徒歩1分の所にもコンビニがあるのですが確かにコレが曲者なんです。
そのコンビニの正面に,通っていた幼稚園があるのですが園児の手の届くところにエロ雑誌が置いてあって男の子の園児などが親が買い物してる間にこっそり?見ているそうです。
おまけに他の子にも勧めてたらしくその進められたほうの子供を持つお母さんがとっても困ってました。言ってもきかないらしくて。

また、家庭によってはかなりえげつないエロ漫画を放置しているようで「おばちゃん、これ一緒に読もう♪」と持ってこられてめまいがしたとかいう話も聞きました。」

なんか昔とはもう違いますね。
うちも男の子には興味なし。奥手というより興味が無いようです。
ある程度のことは知ってるようですが。
女の子の中には3年生ぐらいでよく知ってる子もいます。
時代の流れなのか子供の手の届くところにそういうものが置いてあるからなのか・・・。

ちなみに私はラブホテルの存在を知らなくて、大学のとき友達とあるいていて「アレなんだろう。何でひらひらしてるがついてるのかなあ。面白いね」といって赤っ恥をかきました。

うっかり主婦様へ * by まめっちママ
コンビニ近いと便利ですが、置き方でちょっと困りますね。
幼稚園児がエロ本見る時代・・・
考えられないぐらい今は何でもありですね。
でも、娘の学校の子は意外と純情で真面目です。
そこだけはあの学校でよかったなと思います。
塾の友だちの学校では、もっと彼氏がどうとか
すごいのは、人の男をとるなとか・・・そういうことで
小学生の女子が複数で一人に詰め寄って喧嘩したとか・・・
そういう話も聞くと、それって女子高のいじめと同じレベル
ですよね。すでに小学生でそれですから・・・
時代が変わった・・そう言ってしまえばそれまでですが
なんだかおかしい世の中です。
ところで、うっかり主婦さん、すごい奥手だったのですね。(笑)
でも私も似たようなものかも!
高校生ぐらいまで赤ちゃんがどこから生まれてくるか
わからなかったぐらいですから。

管理人のみ閲覧できます * by -

個別記事の管理2010-07-14 (Wed)
 今日は塾がない日だったので、ゆっくり家で勉強ができると思い、
 色々あれもやってこれもやってと計画だけは立てたものの、実際
 なかなか思うようにはかどらず、気分転換に英語をかけ流して
 みたが、うちではコンポのハードディスクにすべてファイル分け
 して入れており、映画、アニメ、ドラマ、youtubeなど全部
 エンドレスで流れると、相当な時間になる。とても一日では聞け
 ない量で、よくまあこんなにためたものだと自分でも感心する。
 
 今日は39clues、続いてbrain popからの音声だけ抜き出したもの
 を聞いて、そのまま放っておいたら「スピードラーニング」が
 久しぶりにかかった。バックの音楽が心地よく、聞いていても
 気が散らないのはいい。でも、やはりかなりゆっくりで、これは
 ナチュラルスピードと言っているが、教材として聞きやすいレベル
 なんだとあらためて思った。
 
 その次に、アニメ「11人いる」を聞き、最後はこれまた久しぶりの
 「バックトゥーザフューチャー3」を途中まで聞いて、そこでパパ
 が帰ってきたので、打ち止めととなった。

 今日聞いていたものは、どれもそれほど難しいものはなく、聞き
 易い物ばかりだが、娘に聞くと、家にある物で一番難しいのは
 「ブラックジャック」のアニメ音声で、次は映像を見ずに聞いた
 「A・I」。「スピードラーニング」は一番簡単で、歴史の話が出て
 くる割には、全然難しくないらしく、あれがわからなかったら、
 英検2級なんて返さなあかんというレベルだそうだ。
 (そうですか・・・・なんかグサッとくるけど・・)

 ブラックジャック 
             ↑
(アマゾンでも買えず、中古しかない)

 娘なりにレベルがきちんと判断できているので、自分の英語がどれ
 ぐらいかもわかっているのだろう。
 
 私にはどれもそんなに簡単とは思えないが、親の英語力の低さが
 娘には全く関係なく伸びてくれたのはうれしい。それに最近は自分
 の欠点もわかっていて、

 「自分は音声で覚えた英語だから、読むのも話すのも
  得意だけど、スペルだけは、耳から聞いた通りでは
  上手く書けないから、それがあかんわ」

 
 こんなことも言うようになったので、大人になったなと思う。
 自分の英語の何がまずくて何がいけてるのかを把握しているので
 こういう自己分析力こそ私が求めていたものなので、これからは
 きっと自ら歩きだして英語を今以上に確かなものにしてくれる
 だろうと期待している。

 


 中学に入ったらバラライカ(ロシアの弦楽器)
 をやってみたいと訳のわからないものにばかり
 興味を示すやっぱりかなり変わった趣味の娘に
 応援クリックよろしくお願いします。
   ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング

 
関連記事
* Category : 日々の取り組み記録
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

* by hama
質問ばかりでごめんなさい。映画などの音声はどうやって取り込むのですか?機械音痴ですのでまったく検討もつきません。。。

hama様へ * by まめっちママ
コメント欄で説明すると長くなるので、カテゴリーの
英語育児まずはここからシリーズの第1回~第4回ぐらい
を読んでみてください。そこにかけ流しに必要な
機器や、やり方を詳しく解説してます。ホームページの
方にもyoutubeなどから映像を録画する方法など色々
書いてますので、そちらも参考にしていただけたらと
思います。
とりあえずこの記事から読んでみてください。
http://mamemametoramama.blog50.fc2.com/blog-entry-790.html
こちらの一連のシリーズで、英語育児の始め方から
進め方などを初心者向けに書いてます。
もしどうしてもわからなければ、また個別にメール
下さい。自分の持ってる機械はこれでこういうことが
したいとか、具体的に書いもらえれば、もっと詳しく
説明できるかもしれません。とりあえずは一番簡単な
DVDプレーヤーから線をつないで入れたい方の機械の
スピーカーから音が出るかどうかそこまでやってみて
ください。

* by hama
ありがとうございます。一度試してみますね。

個別記事の管理2010-07-12 (Mon)
 我が家の英語教育の基本に据えられているものの一つは、映画
 なのだが、ナルニア系のようなファンタジー物からアクション物
 コメディー、日本アニメ北米版などを色々取り交ぜて映像プラス
 音声のみかけ流しで英語力を維持させてきた。

 だから英検とかTOEICに限定した物は、ほとんどやっておらず
 楽しみながら単語を増やし、セリフからイントネーションを
 身につけ、英語環境のない状況をカバーしてきた。

 来年からはもう少しイベントなどに参加し、生の外国人と触れ合
 う機会を多く持つつもりだけれど、今年は正念場なので、家で
 できることを最大限やっていくしかない。

 そんな我が家で唯一の楽しみは親子で映画のDVDを鑑賞すること
 ぐらいしかなく、それも最近は見る時間がないので、私が先に
 見て、音声だけHDDコンポに入れておく。

 月に大体1、2本のDVDを見るぐらいしかできないが、一度見れば
 ストーリーも場面も大体頭に入るので、後はひたすら音声のみ
 で済むところが我が家のような受験生にはぴったりな方法なのだ。

 今月は前にも書いたが、「サーティーナインクルーズ」の日本語
 の新刊が出たので、それを読んでいるため、かけ流しも「39clues」
 になっているが、音声の臨場感はそれほどないので、やはり映画を
 聞く方が楽しい。それでまたしてもおたくな私の趣味で、前から
 見ようと思っていたが、原作と違うのは違和感があるので、避けて
 いた「デスノート」の実写版(北米版)を思いきって買った。

 

 本来ならあまりアニメの実写版には興味がないのだけれど、この
 役者さんが、この役しかないでしょというぐらいはまり役なので
 その一点だけで買ってもいいかなと思った。

 もちろん日本のDVDではなく英語版なので、見たいものが英語と
 日本語両方で楽しめると思えば悪くないだろうということで、娘
 と二人でまたああだこうだと評論しながら見ようと思う。

 字幕は英語、音声は日本語と英語両方入って値段は日本で買うより
 ずっと安く、今回3本一気買いしても、送料を入れても5,700円
 ぐらいだった。英会話スクールへ行くより格安だなと毎回思う。

 以前通っていたスクールは確かにクラスが細分化され、帰国子女
 がたくさんいるので、友達を作ったりするのはとてもよかったし、
 英語仲間のママ友だと話も合うので、それはそれでよかったのだが
 何度も書いているように、帰国子女のお友達は日本語しか話さない
 友達ばかりで、これは彼らが日本語を逆に意識して使うようにして
 いるということと、日本で受験し、日本でなじんで行くために英語
 はスクール内で使い、外ではむしろ日本人としてできるだけ日本語
 を使うというスタイルだからだと思う。もちろん英語圏の生活が
 長くて英語の方が楽で、それを使うことの方が自然体の子供も
 中にはいるが、そういう子供が必ずしもよいお友達になれるかと 
 いうと、これがまたちょっと話がややこしくなる。

 ある男の子は、スクール内で自分だけしゃべりまくり、誰の話も
 遮ってしまって英語が堪能ゆえに授業というスタイルを無視し、
 一人浮いてしまっとこともあるし、また完全ネイティブゆえに、
 滞在期間が短い子供や日本で英語を学んだ子供の英語表現を下手
 くそと鼻で笑ったりすることもあり、これはこれで大問題だなと
 思った。もっともこれはその子の性格の問題で、帰国子女だから
 というのではないし、むしろ少数派だったので、きっと親の教育
 が悪かったのだろうと思う。
 そんなわけで、子供同士で英語を伸ばしてくれたらいいなという
 のも意外と難しいもので、英語ができる友だちと遊ばせて英語
 を維持していこうと考えても、簡単にはいかないのが現実だ。

 もちろん娘の友達も何かイベントがあったり、必要な場に出れば
 英語を活き活きと話しだすので、今後はスクール主催のクリスマス
 パーテイーだとか、ハロウィンパーティーなどに連れ出し、あるい
 はスピーチコンテストなどに参加することで、のびのび恥ずかしが
 らずに英語を使える環境を与えてやりたいとは思う。

 

 
 
 早く受験が終わってできれば海外旅行
 したいなあ・・・いまだ英語圏に旅行した
 ことがないまめっち家に愛の応援クリック
 よろしくお願いします。ああ・・・でも
 行けるかな?学費が高くてとても海外旅行
 なんていけそうもないかも・・・・・
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
関連記事
* Category : 映画で学ぶ 
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by さくらのはっぱ
お受験が無事に終わったら海外旅行に行ってくださいよ~♪応援クリック~♪^^

私も息子が小学校に上がる前に飛びたい・・(笑)
10年もあれば何回かは行けるよとパパに言われ、10年にしたパスポート。新婚旅行以来使ってませんが・・・・まもなく期限が切れそうです。
やっぱり5年でよかったじゃん・・・ブツブツ。

さくらのはっぱ様へ * by まめっちママ
パスポート…私のもとっくに切れてます。(笑)
海外旅行行くお金はうちにはありませ~ん。
私立の中学に行くと月に7万から8万は最低かかるので
それに修学旅行費の積立とか、私立だと施設維持費
みたいなものもかかってくるので、旅行行ってる場合
じゃないです。他のおけいこや塾に行かなくても
これだけかかるから、もうちょっと英語でもやらせたら
軽く10万越えちゃいます。パパだけの稼ぎでは、私立
に二人なんて無理です。
うちは一人しかいないので、何とかやってますが
私が働かないと、思うようにあれもこれもは無理ですね。
真剣に職探ししないとです。

* by mherese
まめっちママさんおはようございます♪
デスノート、まだ見ていません・・・v-12
そういえばダチョウ倶楽部がデスノートのパロディで
「ゲスノート」(笑)というコントをやっていたのを
以前TVで目撃したのですが、それとは全く関係なく
面白そうな作品だと思いました。ぜひ本作が見たい・・・!
話が反れてすみません・・・v-40

やはり原作で意味を感じることって、すごく大事なことですし、とても素晴らしいことだと思います。というのも、例えば聖書もそうですが、訳し方によっていかようにも取れる意味ってありますよね。宗教的な本に良く見られるように、原文(ヘブライ語、ラテン語など)で読めたらいいなとか、すごいなぁって思うこと、多々あります。私は英語すら完全に訳せませんが、お嬢様のようにかけ流しでスッと他言語が入ってくる脳、素晴らしいです。やはり地道な継続が言語取得の一番の近道なのかも・・・耳が痛い・・・(^^;)

mherese様へ * by まめっちママ
原作重視の私ですが、これはちょっと興味が
あります。役者さんがこの役のためにあるような
人なので、そこが見たいというのもあります。
(マニアックです 笑)
娘は耳がいいのだけが取り柄で、おかげ様で
英語だけはすらっと覚えられるようです。

その記憶力…社会にも見せてほしいです。
(本当にめっちゃできません)

個別記事の管理2010-07-11 (Sun)
 親が子育てしていて、これでよかったのかどうか迷うことや
 本当に子供のためになっているかどうか悩んだりすることはよく
 あることだが、子供の口から直接本音を聞きだすのは、意外と難し
 いもので、親の前では楽しいよとか、好きだよと言う子供も多い
 ということを見聞きすると、うちではどうなんだろうと、内心
 冷や冷やものだったりする。

 娘ははっきり物を言う(親に対しては)タイプなので、たぶん
 本当のことを言ってくれているとは思うが、そんな娘がこんな
 ことを言っていた。

 「うちは子供にはあんまり非現実的で絶対あり得ない
  ようないいことばかり言ってるほんわか系のお話より
  最初からちゃんとした小説みたいなものを読みきかせ
  するねん。だって現実ってそんなにうそばかり教えても
  違うことの方が多いし、ちゃんと真実を見たり聞いたり
  しないと国語力だって伸びへんと思う。」

 う~ん・・・なんという大人な発言!

 そういえば、修学旅行で行った広島原爆資料館でも、悲惨な
 被害ばかりに焦点が当たっていて、どうして戦争になったのか
 や、当然ながら真珠湾攻撃のことなどが抜け落ちていて、クラス
 の大半の子供がよく戦争のことを知らないまま資料だけを見た
 ので、かわいそうだったとか、怖いとか、戦争は悲惨だとか
 当たり前すぎる感想しかなかった。

 掘り下げた感想がなく、ありきたりの表現しか見ることができな
 かったのは、背景知識の少なさも影響しているのかなと思った。

 よくも悪くも色々教えて自分で判断することが大切だと思うので、
 ちょっと話は違うが、子供の絵本でも全部ハッピーエンドなどと
 言う結末はあり得ず、それしか見せない選択は非常に狭い視野を
 子供に持たせることになるので、娘の言っていることは一理ある
 と私は思う。

 ただ、年齢も性格も考慮して、衝撃が大きすぎるものは、避けた
 り時期を見てからという選択は、親がすべきだろうなとは思う。

 「それとね、子供には英語もやらせるからディズニーの教材
  買うねん。あれは今でもプルートソングとか覚えてるわ。」


 「教材買うの?あんたが英語できるねんから教えたらいいやん。」

 「いやや。なんで毎日うちが英語で子供に話さな 
  あかんの。外で英語話せって言われてどんだけ
  恥ずかしいかわかる?家の中でもそんなんいややわ。」


 やっぱりそうか・・・・この子は他の日本人とは絶対に日本語
 しか話さない子だったから・・・

 「だってさ、英語しゃべってと言われても、何話すわけ?
  まさか地球温暖化がどうのこうのとか、そんなん話す?
  普通に名前とか好きなものとか言うだけなら、誰でも
  できるやん。めっちゃ話しづらいから、どうしていいのか
  わからんもん。」


 なるほど・・・難しい英語話そうと思うと、内容も高度になるし
 簡単な遊び英語なら幼稚園児でもちょっと英語育児を早期から
 やっていれば確かに話せる・・・

 親が英語ができると便利だよなと思うけれど、そう言えば私の友人
 のママ達(アメリカ帰り)も、誰も英語を日常には子供に話しかけ
 ていなかった・・・・(これは本当に不思議なほど皆そうだった)

 子供達はむしろ日本語の方が心配なので、日本になじもうと努力
 していたように見える。立場が逆なので、日本語に苦労している
 姿が印象的だった。今どこの国に基盤を置いているか・・・
 それが基準なのであって、日本に帰ってきたら日本語がメイン
 海外にいれば、当然ながらその国の言葉がメインとなり、環境
 に適応するために一番必要な言語は何かということが問題
なのだ。

 だからうちが日常に英語を使わなかったのは、基盤が日本という
 国にあったからで、必要な時に忘れないようにすればいいいと
 いうスタンスだったからに他ならない。

 娘もそういう観点から考えると、住んでいる場所に合わせて話す
 だけという実にシンプルな考え方で、勿体ないと思うかもしれない
 が、そういう人も存在するのだ。

 自分をしっかり持っている娘のことだから、それでいいのだろう。
 
 最近、娘は携帯小説を書き始めた。
 ストーリーを作っているとは聞いていたが、まさか本当に書いて
 いるとは知らなかったので、見て驚いた。
 携帯サイトに実際に書いているわけではないので、自分で一人で
 勝手に携帯に書きこんでいるだけだが、親馬鹿かもしれないが
 よくできていて、わずか半年ほどでものすごく進化した気がする。

 セリフの流れが自然で、描写もそれなりに小学生にしてはできて
 いる。書き方も読みやすさを意識しているのか、小説の形になっ
 ていて、次どうなるのかを思わず読みたくなってしまった。

 こんな才能があったのかと思うと、英語をやっていて、他の言語
 を学んだからこそ、表現の幅が広がったのかなと思ったり、
 日本語を大事にしてきたから、やはりそれがこういう形で現れて
 きたのかなとか・・・色々考えるが、働きかけてきた親の努力は、
 少しずつ娘の好みや趣味に合わせて頭角を現してきたと言えるの
 ではないか?

 教え込んだりつきっきりにならなかったものだけれど、今までの
 働きかけや与えてきたものが、こんな風になっていくのだという
 希望のようなものを与えてくれた。

 実際どうなるかわからない早期教育や、脅しのような早期教育は
 小学生で効果が消えるなどという文章に怯えながら、手探りで
 さまよっている多くの人に一筋の光のようなものを与えるんじゃ
 ないかと思えてきた。大袈裟だが、教育ってそういうものだと
 思う。その時には効果が表れなかったり、失望したりしても
 継続して一生懸命やって悪いことなど本来ない
のだから。

 そのうち英語でも小説書き始めてくれたらいいなあと思いながら
 「外国人にも読んでもらえるように英語頑張りや」とでも言って
 おこうかなと、ちょっと姑息なことを考えたりもした。

 そんな手に乗る娘ではないかもしれないが、褒められて悪い気は
 しないだろうから、何でも持って行き方次第だなとつくづく思う。

 


 親にははっきり物が言えるくせに修学旅行で
 土産物屋のおじさんに、見ているだけだった
 小物のペンダントを「350円」と手を出されて
 いらなかったのに、買ってしまったという情けない
 娘・・・・しかも自分の誕生月とは違う誕生石
 のペンダントを買わされ、すごく損しましたと
 作文に書き、参観日に担任はもとより親全員に爆笑
 され伝説の人になってしまった哀れな娘に応援
 クリックよろしくお願いします。
 (参観で聞いていた私は穴があったら入りたかった)
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
 
 

 

関連記事
* Category : おかしなファミリー
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by フルーツトマト
修学旅行のお話、思わず笑ってしまいましたv-411
その後のペンダントの行方は~v-362

もうすぐ夏休みですね。転居先の小学校では夏休みの宿題が、
以前のところのほぼ2倍v-404
大阪のときは、受験する子が多かったからか
ポスターなんかは、やりたかったら、どうぞ・・・でした。感想文もなかったし。

今回は感想文だけじゃなく、生活作文もです。自由研究もありますが、すでにその計画書を提出させられていますv-393
ここは昔から理数の教育が盛んなところで
なんとか指定地域(ちょっとド忘れ)になってます。


感想文にはホロコーストのことを扱った本を
読むので、その下地になるような本を何冊か
アマゾンで探していました。そのレビューで
”なぜ連合軍はアウシュビッツへの鉄道を
爆破しなかったのか”というのを読んで、
今更ながら「あ!なんでだろう?」と
気づきました。

戦争の悲惨さって、表面だけみて・・・って
こと多いですよね。(私だけ!?)でも
こうやって子供とまた学んでいくのも
いいことかな、と思います。


ところで・・・・・
お嬢さんの国語力、うらやましいです~。
作文を見ても、自由研究の計画をみても
”なんじゃこりゃ!”な毎日で、どこまで
手を貸すか、悩み中です。

フルーツトマト様へ * by まめっちママ
夏休みですね。うちはこの夏は勉強の夏になりそう
です。学校の宿題は・・・できるだけ少なくして
ほしいです。もう本当に天王山なので、ここで
頑張らないと、どうにもなりません。たぶんまとめて
一気に二日ぐらいでど根性で学校の宿題はやって
後は夏期講習の課題と復習で手一杯というところで
しょうか。
修学旅行のお土産のペンダントはまだ袋に
入ったまま、どうしていいいのやらという状態です。
別に誕生石とか関係なく使ってもいいんですが、
何か違うものを買わされたっていう後悔で、使う気も
おきず、そのまま放置されてるんですよ。
本当にぴしっといりませんと断れない性格で困ります。
街中でもきっとアンケートとかにつかまってつい話を
聞いてしまうタイプで、お店もウインドショッピング
は絶対にできないんです。見てるだけとは言えない
ので、何かお探しですか?なんて来られた日には
いらないものでも買ってしまう…娘はそれが怖くて
お店には近寄らないそうです。買う目的のない店は
絶対に寄らない。それしかないからだそうです。
もう心配で・・・・こんな性格じゃこの先どうなるん
だろうって。
学業も心配ですが、こっちの方がもっと心配です。
だまされずにしっかり生きて行く術を教えないと
親はいつまでも保護者でいられるわけじゃないです
からね。遅かれ早かれ子供は独立して生きないと
いけないので、ちゃんと社会生活送れるように
生きる力を教えとかないといけないです。勉強より
大事なことってたくさんありますしね。

個別記事の管理2010-07-09 (Fri)
 娘の読んでいる日本語版「サーティーナインクルーズ」の英語版
 音声を大分前に注文していたのがやっと届いた。

 

 この物語は日本語翻訳がかなり難しいので、どちらかというと
 英語の方が音声を聞く限りは易しい単語を使っているような気が
 したのだが、背景知識がないと内容半分というところだと思う。

 かけ流しするには臨場感もないので、あまり面白くないのだが、
 他の音声も聞きあきてきたので、しばらくはこれを聞き流して
 おこうと思う。

 これの最新刊も出たので、買わないとと思いながらも、他に
 はまっている本があって、そちらを図書館で一気読みしてしまい
 次は塾のテキストに出てきた物語「西の魔女が死んだ」を読み
 始めてしまった。
(魔法物ではない。ものすごくいい話なのでお勧め)

 

 読書は歓迎なので、何を読んでも基本的にはOKで、たとえそれが
 漫画でもうちでは国語力をアップするものとして受け止めている
 ので、好きなものはがんがん読めばいいという方針だ。

 極論だが、娘の塾友達で国語力の高い子は、みななぜかアニメや
 漫画もたくさん読んだり見たりしている。

 真面目な本?というと語弊があるが、小説や良質の絵本だけでは
 なく、意外とそんなものも見てるの?というぐらい幅広く色々
 なものを受け入れている。でも共通点はストーリーがしっかり
 しているものを選んでいるということで、ジャンルはこの際
 問わず、よい物は何でもどんどん読んだり見たりしていいんじゃ
 ないかと思う。

 娘の塾の先生は、家庭が漫画禁止だったらしく、買ってもらえな
 かったそうだ。そういう方針もありなのかもしれないが、うちは
 元々緩い家なので、全然そういうことはなく親も一緒に楽しむ
 パターンが多い。(それってつまり私が単におたくだということ)

 でも、おかげ様で国語は記述が得意で、そこは助かった。
 その分漢字は相変わらずかなりおかしい字を書いているが・・・
 以前ほどびっくりするような珍漢字はさすがに少なくなってきた。
 漢字のひどさは、このブログの過去記事で死ぬほど笑えるので
 暇がある方はそちらも読んでみてください。

 あの頃のまだ受験とは無関係に笑えた時期が懐かしいが、今は
 そうも言ってられなくなり、馬鹿もほどほどにしとかないと
 どこにも受からないだろうから、毎朝とりあえず漢字も書くこと
 にしている。

 最近は社会の人名の読み方でめちゃめちゃ笑えることが多いが
 文学史で「ドンキホーテ」を書いた人がわからず、安売り店の名前
 と言い切った娘・・・・あの有名な「赤毛のアン」でさえ、娘の
 手にかかれば、作者名がモンゴリアンになる。(爆)

 笑いごとではないけれど、これでも受験生・・・
 (親子で危機感ないなあ・・・・・・)


 英語もっとやりたいけれど、しないと
 いけないことが山積みで困る。日本人だから
 まずは勉強の方頑張ってもらわないと
 学校に入れないんじゃ洒落にならないと
 思ってしまうまめっちママに応援クリック
 よろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
  

 
関連記事
* Category : 日々の取り組み記録
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-07-07 (Wed)
 時々、娘は電車で暇な時、私になぞなぞのようなメールを送って
 くる。一時期パスワードシリーズにはまっていた時は、文字を
 並べかえて暗号を解くみたいな問題が多かったが、先日送ってき
 たメールはカタカナ読みした英語を平仮名で書いて、何て言って
 いるかを当てさせるというものだった。

 「いふゆーとるーりーうぃっしゅふぉーるりべんじじゃすとあん
  たいざすれっどおんいっつねっくぷりんぐざすれっどばいんど
  ゆーとぅあかぶなんうぃっずみー・・・・・」


 ?????チンプンカンプンわかりません状態だったが、よく
 見ると、これってアニメのDVDの中のセリフのよう・・・

 ああ、あれねとわかったが、娘にはこういう風に聞こえている
 んだとちょっとおもしろかった。

 元々英語をカタカナで表すのはものすごく苦手で、低学年の頃は
 スポーツをスポートと書いていたし、バイオリンは書けなくて
 混乱し、今でも伸ばす音は書き方がよくわからないみたいで
 さすがにケーキとかそういうのは慣れてしまうと間違えないが、
 それも最初はケイクと書いていた。

 これは英語を早期にやっていて困った点と言えなくもないが、
 慣れの問題なので、今はカタカナ英語も何とか日本語らしく
 書けるようにはなったが・・・・

 そういう耳から聞いたまま覚えた英語を日本語にすると上記の
 ような感じになるようだ。

 セリフなので、多少聞き洩らしている部分があるようだが、
 結構細かい部分もちゃんと聞こえていて、これが真剣に聞いた
 のではなく、勉強しながらのかけ流しで覚えたのだから、その
 効果はやはりすごいと思う。

 こういうのはいくらでも覚えられるのに、歴史や地理の教科書
 は、こんな風に頭に入らないのが不思議でしょうがない。
 でも、興味がないものは素通りして、好きな物は何をしていて
 もちゃんと残るということだから、いかに興味を持たせるかを
 工夫していくことが今後の課題かなと思った。

 ちなみに先ほどの英語は

 「If you truly wish for revenge ,just untie the thread
  on its neck.
  Pulling the thread bind you to a covenant with me」

 たぶんこう言ってるんじゃないかと・・・・・
 (めっちゃ怪しい・・・)

 ここはアニメ「地獄少女」の決め台詞の部分なので、私でも何と
 なくそれだよなとわかっただけなので、本当はもっと細かい部分
 で何か言っている可能性は高い。
 (親の英語力がないので、なんとも判断できない・・・)

 まあ、でもこういう遊びの中でも英語を続けているので、それ
 が何とか娘の英語を退化させることなく、今日まで保持させて
 いるのかなとも思う。

 英会話する機会はほとんどない我が家でも、色々工夫の余地は
 あるということで、子供がこうして英語を書いて送ってきたり
 した時に、フォローしてやれば、親が無理に恥ずかしがる子供
 に英語で話せと強要しなくてもすみそうだし、自ら使う機会を
 持って自分なりに忘れないように努力していこうと思うんじゃ
 ないかと信じている。

 

 
 このおたくなアニメ・・・日本語がまた渋くて
 恰好いいので、英語と日本語両方見ることで、相乗
 効果を発揮するのが個人的にはかなり好きかも・・・
 英語だけより断然日本語でも見ることをおすすめ
 します。(お勧めされても…見ないだろうな
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
 
 
 
関連記事
* Category : アニメ、ドラマで学ぶ
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

アルファベットとカタカナ * by リンゴ好き
アフファベットのカタカナ変換については、この先もいろいろ面白いことが起こりそうですよね。

例えば、オランダのサッカー選手のSnyderのカタカナ化の方法がマスコミ各社で異なってますよね。スナイダーってのは「英語読み」ですよね。
「er」だったら「ー」、teacherだってティーチャーだろ、みたいな理屈でしょうか...
アルファベット=英語ではないから、この場合オランダ語読みに近いスナイデルでいいと思うんですけど...

あ、中国の人が日本人の名前の漢字を中国読みで言いますよね。あれも、大分違和感があります。それは逆もあるんでしょうけど...

ところで、中国ではSnyderみたいな固有名詞にも、漢字当てはめちゃうんでしょうか?どの漢字をあてはめるかどうやって決めるんだろう?、とか、国際的なニュースを速報するときとか、どうしてるんだろう?アルファベットのままかな?っていろいろ考えちゃいました。ご存知でしたら、教えてくださいませ。<(_ _)>

リンゴ好き様へ * by まめっちママ
中国には漢字しかないので、固有名詞はすべて
漢字を当てます。外来語がものすごい勢いで
入ってきてるので、その都度漢字を当てるのは
大変みたいですが、日本の国土地理院のような部署
にあたる名前は忘れましたが、そういうところで
決めて、新華社などが発表するようです。
音をそのまま当て字で書く場合と、意味で表す
場合の二通りがあります。オリンピックなんて
音であらわすので、奥林匹克となります。
カナダとかの国も音で表すので加拿大のように
なりますが、アメリカはなぜか音ではなく美国な
んですよね。(笑)ややこしいです。覚えることが
すごく多くて中国人でも一つではないようですよ。
携帯電話でも言い方はいくつかありますし、まあ
日本語でも若者が言葉を作ってそれがいつしか普通に
使われて社会的な地位を得たみたいな感じですね。

読み方については、確かに日本名は中国読みされてしまいます。それは日本人も中国人の名前を日本の漢字の読み方にしてしまうので、同じですが(笑)
でも違和感がありますね。自分じゃないみたいで。
大学では当たり前のようにそう読まれていたのですが
やっぱりなんか違うなあって今なら思います。


!! * by リンゴ好き
ご返答ありがとうございます。
漢字の当て方はトップダウン式なんですね。さすが中国!確かに漢字とアルファベットが入り混じった文章とかみたことないですもんね。

日本語だとコンセンサスを得られる前にカタカナで表現できちゃいますが、例えば、「英語では(発音を)知ってるけど中国語ではどう書くんだろう」、みたいな時は、当て字を好き勝手に使っちゃったりしてるのかな?
しばらくして、ナントカ院が決定するまで…

日本人は年を取るほど、聴いた音をカタカナに変換するというシステムが脳の中で強化されていき、そのせいで、英語の発音が難しくなっている、という気がするんです。

だから、カタカナでも、もう少し聞いたままの英語に近く変換するくせをつければ、もっと英語らしい発音ができ、それまでフィルタリングしてしまった音も聞き取ることができると思うんですよね。

日本人の英語上達の手法として、「どうカタカナ化するか」は意外と大切なトピックだと思います。

リンゴ好き様へ * by まめっちママ
外国語をカタカナに表すのは本来難しくて
どうしても近い音というよりは知ってる音に勝手に
変換されてしまうようです。
音声教育が充実していなかったので、学校でも
先生が教科書を読んで文法説明して終わりみたいな
勉強ばかり私の世代は経験したので、耳が硬直して
るんでしょうね。(笑)

娘はずっと耳から英語を勉強してきたので、私より
ずっと正しい音を聞き分けています。
関係ないですが、iphoneのアプリで若者撃退みたいな
アプリがありましたよね。
あの音が娘にはすごくいやな音に聞こえるそうです
が、私には聞こえません。ああ、すでに耳の
老化が始まっていて、どうあがいても聞こえない音
が自分にあるのだということを知って愕然となり
ました。
英語の音も小さい頃に聞いていると、ちゃんと
微妙な聞こえないような音も捉えることができる
のかもしれませんね。

個別記事の管理2010-07-04 (Sun)
 先日、娘が卒園したプリスクールからサマースクールの案内が
 届いた。卒業生対象のクラスもあり、参加している人もいるのか
 なと思いながらも、毎年ずっと行けずじまいだった。

 夏は塾の夏期講習が詰まっていて、サマースクールにどんなに
 行きたくても予定が空いていない。今年は特別なイベントがある
 ので、是非参加したかったのだが、6年生の夏休みはそれどころで
 はない。朝から晩まで塾に詰めっぱなしで、夏が終わるころには
 あまりのハードさに笑うしかなくなってくると聞いている。

 娘も懐かしがって「行きたいなあ・・・でも来年まで無理だよね」
 と言うのを聞くと、こんな年齢で受験をすることが悪に思えてくる。
 そうは言っても、今更やめるわけではないので、もっと本当は子供
 らしいことをたくさん経験させたいのにできないもどかしさに少々
 苛立つ。

 実は娘はこの夏から個別指導に切り替えて塾の一般授業をやめた。
 もちろん大きな模試や日曜特訓には参加するので、完全に縁が
 切れたわけではないが、もう新しいことを学ぶこともあまりない
 ので、これからはできていない積み残した部分を復習し、完全に
 定着させる時間に使おうと思った。

 次々と新しいものに手を出さずに、今までのテキストや問題集が
 まだ全然完璧ではないので、それを何度も繰り返す方がきっと
 娘のためにはなると信じたからだ。

 英語も今は次々と新しいものをやらずに既存のものをとことん
 使うことに徹している。たまに新作のDVDを買うことがあるが、
 せいぜいその程度だ。

 だからかけ流しがうちではメインの方法になるわけで、それが
 なかったら、きっと時間などどこからも出て来ないだろう。

 ところが、学校からは図工の絵の成績が特に優秀な5人に
 ポスターを4枚描けということで、娘がしっかり選ばれてしまい
 うれしいはずなのに困った状態となってしまった。
 何とか先生に頼んで2枚にしてもらったけれど、娘は描く気満々
 で、絵を描く時間を作るために勉強が早く終わると言う副産物
 がついてきた。
 休憩時間にポスターの下絵を描いている娘は、勉強しているより
 ずっと集中しているので、やはり好きなものだからこそ恐ろしい
 勢いで上手くなるのだと納得した。

 今年は環境と人権のポスターを描く予定だが、学校では一応
 絵が上手いと皆から思われている手前、意地でも入賞したいと
 思っているようで、その気合いの入り方を見ていると、それを
 勉強にも向けてほしいよと思わないでもないが、何かに秀でる
 ことはずっと我が家が求めてきたことだし、勉強よりどちらかと
 いうと、芸術系に進ませたいと生まれた時から思っていたから、
 これは本来の夢に近づいていると見た方がいいのだろう。

 思ってもいなかった英語が得意になり、ピアノは受け付けなか
 ったくせに絵だけはなぜか上手くなり、最近はストーリーも考え
 るようになって、文章まで上手くなってきたので、理系に進ませ
 てと思っていたけれど、案外文系の物書きなんかになるんじゃ
 ないかという気もしてきた。

 子供の能力や好みは、こんな風に段々変化する。
 こうなってほしいなと思っていても、意外な方向へ進むことも
 十分ある。だから早期教育であまり早くからこれだと決めてし
 まわない方がいいのかもしれない。
 後になってどんな才能が出てくるかわからないのだから。

 それにまだもっと変化する可能性もある。それが小さい頃にやっ
 た色々なお稽古ごとの変化形なのかどうか・・・検証はできないが
 蓄積された経験や知識は、後に花開くことにつながっているのか
 もしれない。

 そう考えると挫折したピアノもスイミングもどこかで役立つに
 違いないと思えてくる。(思いたい・・・
 
 成果だけで見れば、早期教育は決して逃げ切りにならないし、
 むしろ後から伸びることの方が多いのも事実だ。
 今自分の娘を見ていても、早期教育で頑張らなかったデザインや
 文章力の方がぐんと伸びてきているので、ああやはりそうなんだ
 と余計に思ってしまうというのもあるが・・・

 昔、娘は感想文など書くのは嫌いだった。あらすじがずらっと並ん
 で、とにかく原稿用紙を埋めればいいでしょ的な文章でごまかし、
 親の私が見ても、これはお世辞にも上手くないなという程度の物
 だった。それが急に上手くなってきて、書き出しも工夫されている
 し、感想もありきたりの「かわいそうだった」とか、「ひどいと
 思った」のような語彙が乏しい感想ではなくなってきた。
 年齢が上がったからというのもあるが、目のつけどころもいいし、
 人に読ませる感想が書けるようになっている。
 練習など何もしていないのに、好きな本の文章を暗記するほど
 読み込んで語彙を増やしていったから、そういうものが書ける
 ようになったのだろう。娘の才能の一番すぐれているのは、英語
 でも何でもなく、この好きなものを何度も見たり聞いたりすると
 すべて頭の中にインプットされて、それを自由に引き出しから
 取り出してアレンジしたり応用できるところにある。

 この力ができたことこそが、早期教育のおかげかもしれない。
 成果はすぐに出るものではないけれど、ちゃんと形を変えて生き
 続けていき、やったこととは違う方向かもしれない新しい物に 
 思ってもいなかった力を発揮することもあるのだと、ようやく
 わかってきた気がする。

 それに仮に何のメリットも実はないのだということがわかっても、
 子供と過ごした楽しい記憶はだけは本物だし、育児がつらいもの
 から楽しいものへと変わっただけでも十分効果はあったのだと思う。

 

 朝10時から塾に行ってまだ帰ってこない娘に
 応援クリックよろしくお願いします。
 (現在夜9時)
 努力報われてほしいなあ・・・
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
 
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

NoTitle * by うっかり主婦
読めば読むほど娘さんの趣味、うちとよく似てます。
好きなものに対する情熱はちょっと凄いですよね。
早く受験が終わって思い切り描けるといいんですが。
うちも今年受験なのでそこも共感します。
それにしても凄いスケジュールですね!!
うちも夏休みの合宿は1日11時間勉強すると聞いていますがいまのところそこまでの勉強時間ではありません。通塾も週二回、2時間程度ですしね。

水泳はもっと小さい頃勧めたのですが絶対イヤといわれ今になって習いたいと言い出し通ってます。
受験時間のことを思うと少し複雑ですが・・・・・・。
いよいよあと半年。
ドキドキしますv-356

うっかり主婦様へ * by まめっちママ
うちとは何かと共通点が多く、いつも別の意味で
悩みますよね。(笑)
日曜特訓は、やたら時間が長いので、これは
忍耐と根性を試されます。
塾はうちも個別週3回です。1時間半しかないので、
復習やテスト勉強もできるようになるかなとちょっと
期待してます。
半年って早いですよね。
なんかあれよあれよと時間がたって、どうしよう
と焦ります。でも、一生懸命やってるので、報われ
てほしいです。
一生にこれ以上勉強することなんかないんじゃ
ないかというぐらい夏はど根性ですしね。
こんな経験をしている子はきっと将来強くなる
と信じて頑張るしかないですね。

* by maple
こんばんは。
すごく興味深い内容でした。
あと数年もすれば子供が自分でやりたい事を選ぶようになります。
今は親主導で親がやらせたいことをさせてますが、そのうちそういういうわけにもいかなくなるんですよね。
子供には子供の人生があるので、親として子供の選んだ道をサポートしてあげられるよう今から心構えをしておかないといけないなって思いました。

maple様へ * by まめっちママ
そうですね。
小さい頃は親がある程度道を作ってやれるんですが
子供の才能がそれについてくるかどうかは別で
違う方向の方がいい場合もありますね。
それがわかった時、親が今までかけた時間とお金
はどうするのとあきらめきれず、方向を誤ると
子供はつらいですね。色々道を複数示してやって
どれか子供が一番ぴったりくるものを選べると
いいですよね。

個別記事の管理2010-07-03 (Sat)
 英語を伸ばすには英会話をするのではなく、知力や他のことを
 伸ばすことが大事だと今まで何度か書いてきたが、巷の英会話本
 には、こんな時どう言う的なものや、言えそうで言えない英語表現
 などというような無限に覚えることが出てきそうな物がまだかなり
 存在する。

 決してそういう本がいけないと言う訳ではないし、簡単な表現を
 積み重ねていくことで、初心者は英語で話すということに対して
 怖いという感覚を持たずに進んで行けると言う点では、それも
 ありかなと思う。(私のような英語ど素人には効果的)

 でも、これは私の持論だけれど、表現本を何冊買っても、違う
 シチュエーションに遭遇すればたちまちしどろもどろになるのも
 多く見てきたので、やはり暗記して使うというのは、限界が
 あるなと感じていた。

 娘は塾に通っていて、算数で素数だとか素因数分解などという
 ものを知識として知っており、実際にどういうものかも理解し
 ているのだが、英単語でそれを知らなくても、映像で算数に関す
 る話が流れていた時、
 「ああこの意味わかるよ。素数の話をしてるね。」
 と私がさっぱりわからない英語を平気で聞いて理解していた。

 いつその単語を覚えたのかと思ったら、覚えたのではなく、理解
 していることだから、映像で出てきた数字が素数で、それの
 説明だとわかったから、話が全部すんなりわかったと言う。

 つまり素数がprime numberで素因数分解がprime decomposition
 なんだということを知っていたからではなく、知識が英語を助けた
 というパターンで、これが彼女の英語の覚え方なんだと今更の
 ように感心した。

 こんな単語は日常会話には出てこない(たぶん)だろうし、普段
 そんなに使うことはまずないと思うが、こうやって単語の幅が
 広がっていくのだなということを目の当たりにして、英会話だけ
 やっていたら得られなかっただろう効果のようなものを感じた。

 もっともその前に普通に意思疎通できる最低限の日常会話レベル
 には到達していなくてはいけないのだけれど、その上に行く方法
 のようなものが見えた気がした。

 私より格段に英語のセンスはいい娘だが、このなんとなくわかって
 しまう英語も、よく考えたらそれこそ膨大な時間のかけ流しで
 洋画やアニメを聞き続けてきたからで、我が家は洋書をほとんど
 今は読んでいないけれど、聞くのは毎日必ずやっているので、やは
 り効果的なのだろう。

 世間が多読ブームで洋書を読まないといけないかのような雰囲気
 になっているが、我が家では英語以外に学んだことや経験が土台
 になって、そこに耳から英語が入ってくることで相乗効果が出て
 いる
と確信した。

 人それぞれで自分にあった勉強法がきっとあるのだとは思うが
 少なくともうちでは、今のところこれが最強だと思える。

 だから受験社会に現在苦しんでいるけれど、これが頭に入ってい
 れば、英語でも同じことをたぶん説明できるはずだし、その証拠に
 銀閣寺がしょぼくなった理由を外国人に語れると自信たっぷりに
 娘は言うので、これが表現本しか学んでいなかったら、そうは
 いかないだろうなと思った。

 英語は使えなくなるどころか、ますます磨きがかかって複雑な
 ことが理解できるように進化したと思う。

 使ってないと忘れるよは、確かに当たっているけれど、全く何も
 見ない聞かないで放っておくとそうなるということで、形をかえ
 て継続していれば、別の進化も見られるのだということもやっと
 納得できるようになってきた。

 正直小学生になったばかりの頃は、幼児の英語なんて忘れて
 しまうかもしれないと怖くて仕方なかった。私が日常に
 英語を話す人ではないので、家で会話を英語で続けていくこと
 で子供の話す環境を整えるなどということも無理だったし、
 また海外経験もない親の怪しい英語を聞かせても、それ以上に
 伸びるはずがないので、それなら私にもできることを精一杯
 やってやればいいだろうと開き直って今日まで来た。

 うちではこれでよかったのだと思う。

 まだどうなるかはわからないが、英語は特別なものではなくなっ
 たことだけは確かだ。

 


 そもそも素数って何?という人も
 多そうな話についていけるだけでも
 日本人としてはこの年齢なら十分かな
 と思ってしまった親馬鹿まめっちママに
 応援クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
 

 
 
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-07-01 (Thu)
 前回書いた速読は、余裕があればやってみてもいいかなという
 ぐらいの程度で、絶対にはずせないお稽古ごとというほどでも
 なかったが、子供の国語力をあともう一歩伸ばしたいと考えて
 いる人は意外と多く、娘が最初に通っていた教室は、立地もよか
 ったせいか、教育熱心なママ達がそこかしこにいて、石井式の
 教室などというものもあって、プリスクール、速読教室、幼児
 教室の有名どころなど、それは魅力的な教室がわんさかあった。

 はしごであっちとこっちをなどというのも珍しくなく、競争
 意識も高かったように思う。

 うちは家が遠いので、小学校になってまもなく近所へとシフト
 して行ったが、ここにいると、早期教育最前線のような感じで
 時間もお金も惜しげもなく使う人たちがこんなにもいるのだと
 いうことで、今の子供達は早くから競争社会で生きているので、
 さぞかし大変だろうなと思う。

 さて話が随分それたが、速読は子供がどのぐらいできているか
 計りにくいので、たくさん処理することより、考えて文章力を
 伸ばすためには、何をしてやったらいいのか考えた。

 ちょうどそのころ、プリスクールのサタデースクールの帰りに
 偶然見つけた教室があり、帰りに寄れるという手軽さが気に入り
 通いだしたのが、「速読聴」だった。

 娘は速読で一ページ丸ごと見るというような芸当をやっていたの
 で、正直最初、音声に合わせて本をめくっていくというのに抵抗が
 あった。

 それは、あれほどしてはいけない読み方だった一文字ずつ目で追い、
 読んで行く方法と同じなのではと思ったからで、せっかく文字全体
 を一つの絵のように読めるようになってきたのに、そういうのは
 したくなかった。それで単刀直入に「これは速読の理念と相反する
 ように思いますが、どうなんでしょうか?」と訪ねてみた。

 そしてじっくり話を聞いているうちに、ゆっくり読むからそうなる
 のであって、速度を上げて4倍ぐらいで読めば、字を追う暇がなく
 なるので、結局塊で文字を見るようになるので、同じ原理なのだ
 ということに気付いた。

 それに何よりも様々な種類の本の朗読が聴けるし、自分で読むと
 間違って読んでいたり飛ばしていたりする個所がきちんと読み
 上げてくれることで、いい加減にならずに済むというメリットの
 方が大きかった。

 パラパラとめくって読めてしまうような速読もいいが、今は
 娘に必ず必要なことではないなと思ったので、速読から速読聴
 へ移行することにためらいはなくなっていた。

 他にも四字熟語やことわざなども速読聴で聞いて、テストまで
 してもらえるので、受験を考えていた我が家には、とても有難
 かった。

 こういうのは全国どこでもやっていることではないので、探すの
 が難しいとは思うが、今は街の小さい塾などでこれを取り入れて
 いる所が結構できたので、案外近くにあったりする。

 そろばんも昔なら誰でも通える所に必ずあったが、今は探して
 やっと見つかる程度まで激減した。それでも、よいものは生き残
 るもので、工夫してパソコンを取り入れたり、流行りのフラッシュ
 暗算をやってみたりなど、様々な工夫をして再び注目されるよう
 になってきているのがうれしい。

 関係ないが、街の本屋さんも相当な衰退をしているが、きっと
 工夫次第で復活の可能性はあるのだと思う。
 アマゾンや電子書籍に押されて皆がネットで買うようになって
 しまい、品ぞろえの少ない街の本屋さんは、売れ筋のマンガしか
 置いてないという現状に暗澹たる気持ちになるが、もし本の
 音声教材が豊富にそろっていて、街の身近な本屋で速読聴などが
 手軽にできたら、子供達が集まってきたり教育熱心な親達が
 口コミで通ってくることだって十分考えられる。

 実際私の知り合いの国語講師の私塾は、看板も大きく出さずに
 ひっそりやっているが、ものすごい人気で口コミのすごさを
 感じる。国語だけの塾でもよいものには人はお金を出すのだ。
 それもかなり高くて、あり得ない金額でも出していいと思える
 ようなものなら、惜しくないのが子供への投資というところ
 だろうか・・・・。実際講師としての力量は今まで見たことない
 ほど素晴らしい。同じ土俵の私が見て間違いないと思えるので
 全国ネットになれば巷で有名な某国語のカリスマ先生より
 ずっとすごいかもしれないと密かに思っている。

 このシリーズはひとまずこれで終わりにするが、本当に世の中に
 は色々なものがある。あんなものもこんなものも見てしまうと
 心が揺れるが、本当に必要なものを見極める目は養っていかなけ
 ればいけないと思う。



 教育格差を毎日見ていると、幸せって何なのかなと
 思ってしまう・・・・
 子供が笑っていられるのが一番だと最近
 つつくづく思うまめっちママに、それわかるよ
 と言う方は、応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング




関連記事
* Category : 速読・速聴・速読聴
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

NoTitle * by りゅうママ
今日ちょうど「速読」の教材(英語じゃなく日本語ですが)を紹介したところだったので、ちょっと興味深く読ませてもらました。

速読が出来るってものすご~~~いことだと思います。
私、苦手なんです(^^;
日本人って基本苦手なのかな??
聞くのも一言一句逃したらダメみたいな強迫観念があるっていうか(笑)


りゅうママ様へ * by まめっちママ
日本人の英語に対する感覚は少しでも
聞き洩らしたりするとパニックになって
英語がわからなくなるみたいなところは
ありますね。速読というのは普通の読み方や
考え方を越えてるので、それを受け入れるのが
大変なんだと思います。既存の読み方や考えを
あらためられないので、上達しないというか・・・
でもできなくても生きてはいけます。(笑)
魔法のようにぱらぱらと見て理解して、一冊
読み終わるのが数十分なんていうのは、稀な
ことですし、そこまでして何冊も一日に読めば
いいというものでもないでしょうから、お気に入りを
じっくり眺めたっていいんですよ。あったら便利な
能力だけど、優先順位が高いかどうかは人それ
ぞれかな?

なるほど * by Cassis
文字通り、速読と速聴を足した感じなんですね。

速読って、専門分野に特化すれば、いわゆる写真みたいに読めるわけでなくても、相当早く読める人っているなあ、と、前々回の記事を読んでから思い出しました。

小学校のときって、国語の授業で、「順番に教科書を読む」んですよね。
みんなの読むスピードの遅さにイラついて、暇だったので、教科書を逆さに向けて読んでいました。

それにしても、色々な習い事がありますね~。
「速読聴」なんて、存在自体も知りませんでした(^^;)

母が仲人業をしているんですが、
「苦労して息子をいい大学に入れた親ほど、息子の相手には仕事を持っている女性を…と望むケースが増えている」のだそうです。
理由は、「教育にお金がかかることを、身をもって経験しているから」だそうです。

NoTitle * by うっかり主婦
速読、実はこちらのサイトで興味を持ってパソコンで学べるものを購入したのですが残念ながら続きませんでしたv-356
商品が悪いとかではなくて私が娘に声をかけるのを忘れたせいなんですが。
娘の本を読む速度は遅くは無いですが受験勉強で時間が無いのでこまぎれに少しづつ読むことしか出来ません。
速読が出来たら好きな本を短い時間でいっぱい読めたのになぁ・・・とちょっぴり後悔しました。
今からでは到底間に合わないけど中学になったら落ちても受かってもやってみるといいんじゃないかな・・・。

そろばん教室ですが、うちも生徒が25人ぐらいの地味な教室です。
10人以下の教室も多いですよ。
私はバイトの雑用係なので時間給制だからいいのですが、先生方はあまり儲けが無いのに勉強会やら採点会やら役員の仕事やら(大会の準備等)で大変なようです。
自宅で教えている人はともかく教室を借りてる人なんか特に大変なようで生徒が集まる前の時刻はタクシーの運転手をしたり飲食店のバイトをしたりと言う方も多いです。
『好き』という気持ち一つで教えてくださる先生方の情熱に頭が下がります。

Cassis 様へ * by まめっちママ
そのまんまって感じですよね。(笑)
写真のように見る速読とは違ってもう少し
速読聴の方が現実的です。
でも、面白いおけいjこでしたよ。
さすがに高学年になって塾が忙しくて通えなく
なったけれど、それまでは音付きの読書って
感じで重宝してました。
お母さん仲人業されてるんですね。
今時のお母さんは良妻賢母タイプよりちゃんと
かせげるお嫁さんを求めてるってことですよね。
わかります。苦労して息子が立派になって
そのお嫁さんがただ使うだけの人だと許せない
というかそういうのもあるのかもしれないですね。
そういえばどこかで読んだことがあります。年収の
高い男性ほど自分と同等ぐらいの能力の女性を
最近は求めるとか・・・
昔なら女性は少しぐらい馬鹿な方がいいとか
そういう人も多かったんですけどね。
両方ともしっかりかせいで子供にも教育費かけて
なんかここでもすでに格差が再生産されるって
感じです。

うっかり主婦様へ * by まめっちママ
速読はやってるときは楽しかったです。
少し大きくなってからやると、きっともっと目的意識
ができるので、マスターできるかもしれませんね。

そろばん塾も経営は大変だろうなって思います。
娘の通っていた最初のそろばん塾も小さいアパート
の一室でぎゅうぎゅうにパソコンとか並んでて
先生が一人で教えてました。それでも儲かってる
ような感じではなく、そろばんが本当に好きで
教えることが命みたいに思う先生の努力だけで
成り立ってましたね。移転しなかったら、ずっと
通い続けたと思うのに、遠いところに教室が
移ってしまったんですよ。それで2番目の教室に
通うことになったんですが・・・厳しい所でした。
先生はすごい威厳があって教え方も上手でしたが
うちの娘はなぜか検定に見放され続け・・・・
かわいそうでしたね。先生もなんでだろうと困って
ましたしね(笑)でも優勝だけはできたので、それは
よかったかなと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。