オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-04-30 (Fri)
 5年生の後半からDSを封印し、ゲームとは縁を切って一応受験
 勉強に専念した娘だが、あまり何もかも禁止しては、かえって
 ストレスもたまるので、最近は私のipod touchでダウンロード
 したiTunesのアプリの謎解きゲームで息抜きをしている。
 もちろん説明もすべて英語だ。

 i Tunesのアプリのコンテンツはものすごい数があるが、私は
 ポッドキャストで中国語をたまに聞き、英語はビデオキャスト
 の映像つきで勉強をしている。

 娘は長い英語の説明文をいともたやすく読み、ルールを把握する
 と、細かいセリフも丹念に読み、サクサク進めている。

 私は英語の細かい字を見ると眠くなるので、ほとんど読まずに
 直感的操作で進めているが、娘はそういうストレスがないそう
 で、うらやましい限りだ。

 どんな風に英語を読んでいるのかなと聞いてみたが、

 「普通に日本語と同じで、読んだらすぐに
  意味がわかるねん。日本語に直したりは
  しなくて、英語でとにかくわかるねん。」

 娘によると、英語を日本語に直す方が何倍も難しいらしく
 英語のままで理解していることは間違いなさそうだ。

 私は簡単な英語ならそのまま意味がわかるけれど、ちょっと
 長い構文の英語は、やはり頭が翻訳作業をしてしまうので、読
 む時間がかかって面倒になり、その結果、眠くなるという悪
 循環を繰り返している。

 二人で同時に読み始めても、娘の方が何倍も早く読み終わり、
 ああそういう意味か、だったらここをこう押してなどと言い
 ながら、日本語のゲームをしている時と同じ状態で楽しそうに
 やっている。

 英語は大人からでも習得はできる。でも、この感覚だけはどう
 してもすぐに大人が身につけるのは難しい。

 留学したり、英語を使わないといけないような厳しい環境に
 置かれない限り、英語を居眠りしていてもバックミュージック
 のようにさりげなく聞いていても、言ってることがわかる
 ようには、今の私にはなかなかできない。

 注意して耳をダンボにすれば、話していることぐらいは何となく
 わかるが、ボーっとしていたらたちまちわからなくなるから情け
 ない。今更言っても遅いが、もっと若い頃に耳を鍛えておけば
 よかったなと後悔する。

 そういう意味では早期教育の語学は決して無駄ではないと思う。
 先取りしすぎたり、英検習得のためだけに勉強になってしまった
 りしなければ、早期英語はやはり役立つのだと思う。

 娘の自然体を見ていると、日本人で日本から出たことがない子で
 しかも親も日本語しか話さないのに、英語が自然に聞こえて
 ストレスを感じないで楽しめるようになるなんて、やはりこれ
 が早期英語教育の成果と言えるのではないか。

 早期教育は小学生で消えるとか何とか、最近巷をにぎわせている
 が、文字習得や計算などは時がくれば誰でも程度の差はあれ、
 できるのは当たり前のことで、そんなことで早期教育の効果は
 ないなどと言うのも一体何を基準にどのデーターを見てそういう
 言ってるのかと思ってしまう。

 大体、偉い人の言うことは、その事例に合った都合のいいデータ
 -だけを取り出して、ほらやっぱりそうでしょみたいな書き
 方をすることが多く、データーとは違った発達をしている子供
 や、全くあてはまらない子供もいることなど、様々な要因が
 あることは無視して、平均的なもので結論を決めつける傾向が
 あるので、急にそうなんだと慌てふためく必要もないし、かと
 いって、無視することもないが、気をつけつつ今まで以上に
 観察しながら、自分の子供にあったやり方で修正しながら進めば
 それでいいのだと思う。
 
 娘も英語の伸びは緩やかになっているが、この感覚だけは後から
 追いついてくる子供達にも負けないとは思う。

 



 PS 娘のクリアしたi pod touchのゲームアプリは
   「mystery mania」という謎解き脱出ゲームで
   全編英語で説明が出てくるので、これだけでも
   英語の勉強になったなと思う。
   ちなみに私は全部すっ飛ばし、感覚でクリアして
   しまった・・・・(だから英語が上達しない・・・)
   こんなまめっち一家に愛の応援クリック
   よろしくお願いします
    ↓ ↓ ↓
   親子英語ブログランキング

   人気blogランキングへ

   ナレコム ブログランキング

 

 

 
関連記事
スポンサーサイト
* Category : 英語勉強法
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

ご無沙汰しております(^v^) * by SAI
GW、まめっちままさんもご自宅でゆっくり出来たようで何よりです。
私もゴールデンウィークは長期旅行に行くことも無く、車で緑地公園にいったくらいでした。

>最近は私のipod touchでダウンロードした
>iTunesのアプリの謎解きゲームで息抜きをしている。
パソコンなら少しは知ってますが、ipod touchにもたくさんゲームがあるんですね。なんかハイテク!(この表現自体が古い?)って感じです。






SAI様へ * by まめっちママ
iphone とipod touchのアプリってものすごい数
があって、その中からこれはと思うものを見つける
のも醍醐味なんですが、ゲームも結構時間つぶし
になるだけじゃなく、役立つものあるんです。
決して無駄に遊んで終わりじゃなくて、勉強になった
り、頭の体操になったり、考えないとできないような
ものとかもありますよ。
英語が多いので、それだけでも日本人には英語の
勉強になります。
逆に英語できないと苦しいです。説明も英語、
進行も英語、メニューも英語とかあって・・・
でも英語版を日本語対応にという声も多いですが
やっぱり世界は英語なんだなとしみじみ思います。
私のような英語が嫌いな人は、見るだけで気持ちが
萎えますが、それでも優れたものを見つけるために
いやいやながらも英語を読んでます。(笑)

個別記事の管理2010-04-28 (Wed)
 久しぶりにジュンク堂に行ってみた。娘はしょっちゅう塾帰りに
 寄り道していて、ない本を自分で注文したりもできるようになっ 
 てきているので、もう私が色々しなくてもよくなったせいで、
 つい足が遠のき、あまりじっくり見ることがなくなっていたのだ
 が、昨日は友人と食事会の予定があり、時間が少し余っていたの
 で、洋書のコーナーを一通り見て回り、随分違うものが出ている
 なと感じた。

 一つは、フォニックス関連本がやたら増えた。
 小学校で英語が本格的に導入され始めたからかもしれないが、
 それに合わせて色々な本が出ていて、日本人の子供が英語を
 学んで使えるようにするためのESLっぽい作りのものがたくさん
 あった。

 私はこれはこれでいい傾向だと思っている。というのは、
 皆が幼少期から英語をやっているわけではないので、小学生に
 は小学生なりの方法が必要で、外国のフォニックス本をそのまま
 使用するより効率的できちんと学べるからだ。

 幼少期からやっていても学年が上がると日本語の力に英語が追い
 つかず、少し下のレベルの方がいい場合があるので、こういった
 良質の日本人の子供向けのものを使用するのも時にはありだな
 と思う。

 今回目についたのは、やはり松香フォニックス関連の本だった。
  
 

 こちらのシリーズは、小学生から英語をスタートした子供向け
 で、すでに幼児期から読みをやっている子供には少しやさしい
 かもしれないが、別の観点から見ると、低年齢の子供でも
 これなら使えるということで、親も英語が苦手でもいっしょに
 できるという点で意味があると思う。

 易しいものをたくさん練習するというコンセプトで作られている
 ので、多読に通じるものがあるような気もする。

 これとは別に目にとまったものは、今度は母国語方式で英語を
 やっている子供向けのAtlas本で、絵も大きく内容も複雑すぎない
 ので、結構よさそうだった。

 

 娘が持っているものより見やすい感じで、これは手元に置いて
 眺めるのにいいなと思った。
 サイエンスなどに偏ってしまう英語のバランスをとる意味でも
 一冊は置いておきたい。
 (この手のもので子供向けDVDはほとんど見たことがないので)

 

 

 本当の目的はiphoneのマニアックな使い方
 を調べるためだったのだけれど・・・
 やっぱり英語本にも目がいく根っからの
 教材おたくのまめっちママに
 応援クリックよろしくお願いします。
 連休でフェードアウトしそうな気配濃厚なので
 ポチっとしていってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング



 
 
関連記事
* Category : おすすめ英語教材
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

iPadと教育 * by リンゴ好き
私も本好きなので、よくジュンク堂(池袋)行きます。買うのはたいていamazonですが、内容を確認できる点で品揃えの良い本屋は、やはり貴重な存在ですね。
息子のためにと、生まれる前から読み聞かせ用の絵本などを少しずつ買ってるんですが、活用の機会はなかなか来ませんね...(息子(7ヶ月)は、「音」の中の「言語」の存在にまだ気付いていないようです)。

---Appleの話---
3G搭載を待ちきれずiPad買ってしまいました。
Alice for the iPadなどiPad用の絵本アプリ、とても面白いです。もはや「本」とは言えないものです。
ディスプレイがとてもきれいで、これまで一眼レフで撮りためた写真がこんなにきれいだったのか!と感動してしまいました(Macbook[2007]のディスプレイで見ていたので)。
ディスプレイの美しさと大きさを考えると、例えばディジタルフォトフレームであれば2万は下らないはず。あとは当然ネットも使えて、videoも見れて、...これで500ドルは安すぎです(と思います)。
YouTubeなどでいろんなApps for iPadが見れますが、「The Elements」を見てて思ったのですが、教育界に対するiPadのもたらすインパクトは計り知れませんね。

リンゴ好き様へ * by まめっちママ
私もジュンク堂で中身検索して、アマゾンで買う
ことよくあります。ただ、最近はいちいちアマゾンで
買うのも面倒で、その場で買ってしまうことも多いです。
この間も衝動買いでアプリ関連の本を立ち読みで終わら
せようと思ったのですが買ってしまいました。

でも、あまり役立たなかったです。(笑)
結局は自分で色々入れたり削除したりの繰り返しで
残っていったものが使いやすいかなと・・・

裏技みたいなものも書いてましたが、すでにやっている
ことも多く、脱獄は最初からするつもりがないので
(大事なiphoneが壊れてしまっては元も子もないので)
そういうやばいかもしれないことはスルーしている
ので、自分の方がもしかして知ってるかもという
感じになってしまいました。(笑)
もうすっかり中毒ですね。

ところでipad買われたのですね。私も最初は
ネーミングとあの大きさがちょっとどうかな?と
正直思ってたんですが、今はほしいと思います。
iphoneも十分に素晴らしいのですが、画面がやはり
いくら大きくても所詮は携帯電話ですから、限界
がありますよね。特に老眼になりつつある私には
小さい字はだめです。拡大できますが、いちいち
そうやって読むのもどうかなという感じですし・・・

なんだか聞けば聞くほどほしくなりますね。(笑)
もうお金がとんでいくばかりで、どうしようかなと・・





個別記事の管理2010-04-25 (Sun)
 かけ流し…この言葉も最近すっかり定着して、英語育児の定番に
 なりつつあるが、これも少し前なら流すだけで英語が身に付いた
 ら、誰も苦労なんてしないと一笑に付されていた方法だ。

 聞くだけ、流すだけと言えば有名な教材「スピードラーニング」
 があるが、これも全然頭に残らずダメだったと言う人も確かに
 いて、賛否両論でその効果のほどは皆にあるとは言い難かった
 ように思う。
 
 我が家では効果が滅茶苦茶あったので、というか娘にはこの聞く
 だけこそが最強の英語力アップの方法だったからで、今回はその
 ことについて書くことにする。

 娘は小さい頃、4歳~6歳ぐらいまではたしかに英語の絵本もよく
 読んでいたし、10歳ごろまでは洋書のペーパーバックも読んでいた
 が、この1年はほとんど読まずに過ごしている。

 本(洋書)を読むことはとてもいいことなので、積極的にどん
 どん読んでほしいのは本音だが、本を読む時間と他のことをする
 時間を秤にかけた時、今は他のことをする方に軍配があがってし
 まう。仮に読んだとしても日本語を読んでほしいと思う。

 塾の宿題をしていると、あまりにも難しい日本語の文章で驚く。
 これを時間内に問題まで解いて記述しないといけないことを
 考えると、英語なんてやってる場合じゃないと思えてくる。
 とはいえ、英語はこれまでここまで頑張ってきたのだから、これ
 も火を消さずにずっとやり続けていかなければ意味がない。

 それで洋書を読むと、それだけしかできなくなり、時間の大部分
 を取られてしまうので、どうしても何かをしながらそれでいて
 英語もやりたいという欲張りな要求から、空いている唯一の
 耳を活用することが、今の娘には一番合っているということに
 なったわけだ。

 それもただ流すだけならそれこそ無意味な音のかたまりになるが、
 よく知っているものを作業しながら傍らで聞いているのは、全く
 娘には苦痛ではなく、手が止まったり思考が停止しない
ので、
 これが一番時間の有効利用という結論になった。

 だから新しいものにあまり手を出さず、ローテーションして古い
 ものから比較的新しいものまでを何度も流す方法で何とか英語の
 耳と回路は今も健在だ。

 帰国子女でもすっかり忘れてしまったという話もたまに聞くし、
 プリの卒園生でも、卒園して2年ほどで英語力ががたっと下がっ
 てしまった子供がたくさんいる。

 衝撃的かもしれないが、やり方を間違えてそのままにすると、
 たぶん卒園生の3分の2が英語を話せなくなってしまっている
 ように思う。小学校で英語から遠ざかり、自分から英語を封印
 する子供は特にそうで、そういう子供はアフタースクールに
 来ても、日本語ばかり話してしまって、ほとんど日本の小学校の
 延長のようになってしまって、英語空間というけじめも認識も
 吹き飛び、卒園生の社交の場と化していることもある。

 娘の通っていたプリスクールのサタデースクールもその傾向が
 あり、一年前に卒園していた多くが、ここは特にひどかったが
 ほとんど全員英語はしゃべらず日本語でおしゃべりしていた
 ように思う。

 この現状に耐えられず、我が家はサタデーを2年でやめたわけだが
 娘の学年は何とか持ちこたえ、それは英語に対するモチベーション
 の高い子が何人かいたからで、総崩れになることは防げた。

 でも、一人減り二人減り、特に英語に関心が高い層がやめて行く
 ので、3年目も在籍することに意味を見いだせず、受験のために
 塾通いする子供も増えてきたこともあって、クラスは消滅した。

 こんな現状の中で、細々とでも英語を続けることがいかに大変か
 は、身にしみて感じている。特に我が家のように英語が堪能では
 ない親で家庭内日本語という環境では、モチベーションを保ち
 続けることはかなり大変なことで、更に追い打ちをかけて受験
 勉強が5年からものすごくきつくなった。

 やってもやっても宿題が押し寄せてくる。
 捨てる勇気も必要だというのは、この時学んだ。
 
 バランス良くどちらもやるには、時間がなさすぎで、好きな
 ことを全部やめてまでも英語と両立させるのは、親としても
 忍びなく、だから英語のワークだとか読書は手間がかかりすぎ
 るのでやめて、手間が一番かからずにできる耳からのかけ流し
 これだけを続けることにした。

 もちろん来年、どこかの中学に入るだろうから、そうなったら
 また英語は再開してスクールにも通うつもりだが、今は手をとめ
 てゆっくり読書はできないので、読むなら日本語のことわざや
 故事成語の本、あるいは歴史本、ニュースなどの時事本などに
 限られてくる。幸いにも「ジュニアエラ」は娘が大好きな雑誌な
 ので、これが英語だったら、最高なんだけどなと思ったりする。

 もちろん英語版だけを読むのではなく、あくまでも日本語版が
 あってそのうえで英語版があるというのが理想だ。

 少し前にはまった「サーティーナインクルーズ」なども、日本
 語版がどれだけ子供には難しいか、読んでみたらわかると思う。

 バックグラウンドの知識なしで読めるほど単純ではないので、
 あれは英語版だけで読んでも意味がなく、読むなら両方読むべき
 だと思っている。

 とにかく今は我慢のしどころで、英語はこの先ずっとついてくる
 ので、時間をかけてやろうと思う。それに娘が参加して作ってい
 る旦那のプロジェクトも来年はもっと形になっているだろうから、
 楽しみだ。



 
 ブログ更新を3日もさぼるなんて
 めずらしいまめっちママに
 フェードアウトしないように
 励まし応援クリックよろしくお願いします。

 PS 今日はお墓に行って来たが、旦那が携帯アプリ
   で「木魚」というのがあるのだけれど、それで
   罰あたりにもおりんを鳴らしてお墓で拝んで
   更にうぐいすの声真似をして山にいる本物の
   鶯がだまされないかなとしきりに鳴いていた・・・
   絶対馬鹿だと思う・・・・
    ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング

 

 

 
 

 
 
関連記事
* Category : 英語勉強法
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-04-22 (Thu)
 刺激的なタイトルで申し訳ないが、英語育児を上手くやれる人は
 どんなタイプかという程度のものなので、あまり深く追求しない
 で、気楽に考えてください。

 ここで言う英語育児を上手くできる人というのは、他のことも
 上手にさらっとこなせるタイプと共通している。

 例えばネットで物を調べる時に、みなさんはどういう調べ方を
 することが多いだろうか。

 検索でキーワードをいくつか入れて膨大な数の中から丁寧に
 探す人もいるだろうし、あるいはyahoo知恵袋などに直接質問
 する形式で、答えを探す人もいるかと思う。

 大抵は親切な人が教えてくれるので、解決することが多いが
 その中で時たまみかける辛口コメントにきついなあと思いながら
 も、ちょっとだけ納得してしまう自分がいる。

 質問者は何がどうわからないのか具体的にまず書かなければ
 説明もできないわけで、ひどい人は○○ができない。教えて
 ください程度で、ここまでは自力でできたけれど、この部分が
 こういう風におかしくなって進めませんというような書き方を
 していない場合が往々にしてある。

 全面的に丸投げして、教えろというのが一番解答者が意地悪
 をしたくなる人のようで、過去ログを調べろと一蹴されてしま
 ったり、あるいは質問する時はまず自分で調べてからにしな
 さいと書かれてしまったり・・・・

 かわいそうになるほどひどい言われ方をされていることも
 あり、そこまで言わなくてもこういう風に調べなさいと
 教えてやればいいものをと思わないでもないが、たぶん
 こういう質問の仕方をする人は、何事に関しても自分で
 調べてやってみてアレンジするということを知らない人なので
 同じ質問が過去に何度も出ているにもかかわらず、また質問
 してしまう鈍感なことろが多分にあり、それはもう人まかせ
 にすぎず、自分が努力するということを放棄してしまっている
 と言われても仕方ないと思う。

 もちろん一生懸命読んだけれどわからなかったとか、どうし
 ても探せなかったとか、まるでその分野に音痴で何がどう
 わからないのかもわからないという方もおられるので、
 皆が他力本願だと言うわけではないが、少なくとも努力の
 跡が見えるようにすることは大切
だと思う。
 (ここはとても大事な部分)

 それでこれと英語育児がどういう関係なのかというと、つまり
 教材があっても、それを工夫する力がない人は、何からスタート
 してどう進めるのか一から書かなければできない。

 私は英語は上手くないけれど、DWEを使う時に、自分なりの工夫
 はたくさんした。当時まだほとんどそんなことをしている人を
 見たことがなかったDWEのビデオの音だけを毎日聞かせたこと
 などは、今では普通に音声抜き出しをやっている人はたくさん
 いるので、珍しいことでもないけれど、セット教材でCDがついて
 いて、メインレッスンのやり方もちゃんと書いてあったのに、
 それとは違うビデオの音声で取り組みを進めたことなどは
 自分流と言えるのではないかと思う。

 他にも英語音声をかけ流すだけでなく、日本語音声も携帯プレー
 ヤーに入れて聞くとか、特にすごいことではないけれど、あまり
 しなさそうなことをやってみたりするのも自分なりの工夫と言える。

 最近i phoneを非常に活用するようになって、アプリを色々調べ 
 ているのだが、これも見ていると面白い傾向がある。

 星の数でレビューが大体わかるのだが、星5個の人と1個の人で
 明らかにそのアプリ自体に問題がある場合は別として、なぜ
 そんなに評価が分かれるのかと思って興味深く読んでみると
 一つの傾向がはっきり見てとれる。

 それは星5個の人はそのアプリの性質を理解しており、何ができ
 て何ができないのかをわかった上で購入している場合が多く、
 要望として出していることも、改善できそうなことに限られて
 おり、技術的に無理なことや、趣旨が違うことを自分の無知から
 できないのをどうしてくれるんだと怒鳴りこんだりはしない。

 よく説明を読まずに文句をつける人がひどく多いのも、自分で
 調べずに短いレビューをちょろっと読んで万能であるかの錯覚
 をして、思っていたものと違っていたと評価を下げている場合
 がほとんで、こういう人たちが自分の知らないことを勉強せず
 に「カスアプリ」とか「くそ」などという暴言を吐いている
 のを見ると、なんともいたたまれない気持ちになる。

 私も自分が使ってみてやはり今一使いにくいとか、そういう
 不便は感じたことがあるけれど、自分には合わなかっただけで
 それをどうのこうのとケチをつけるのは、やはりできない。

 だからなんでもそうなのだけれど、自分が無知であることが
 原因なのに人の意見を無視し、ネットで暴言を吐きまくる人、
 あるいは自分仕様にカスタマイズすれば十分に活用できるものを、
 そうしないで使えていない人、本当はもっと上手く使えばいい
 とわかっているのに、我が強くて素直に学べない人・・・・
 挙げて行けばきりがないが、そういう人はあまり何事も
 成功しないのではないかと思う。

 意見を言うのは大いにいいことだが、できないことの八つ当たり
 をするのは、それは英語育児でも同じで、自分ができないから
 といって、他者を攻撃することや、絶対に自分以外のやり方を
 認めないなどというのも、この類と同じなのではないかと思う。

 建設的に意見を述べて、それでもかみ合わないことはもちろん
 たくさんあるが、別の視点で物を見ることに気づかせてもらえた
 というのは大きな収穫だと思う。


 こんな風に言っているけれど、まだまだ私も自分が知らないこと
 が多く、別の視点で物を見ることの難しさを日々感じている。

 娘の気持ちでさえ親子でもなかなかすんなり理解するのは難しい
 のだから、他人とわかりあえることは永遠の課題だなと思う。
 



 
 
 携帯に凝り過ぎて、旦那から
 「暇人はええなあ」と皮肉ばかり言われ
 そういうあんたは、物を調べずすぐに
 人に頼るやんかアホと心で舌を出す
 まめっちママに、その気持ちわかるよと
 言う方は応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 


 
 
 

 
関連記事
* Category : その他
* Comment : (10) * Trackback : (0) |

* by mherese
まめっちママさんこんばんは(^^)
今回もとても分かりやすい、読みやすい記事でした。
いつも為になるお話をありがとうございます。

記事を拝読して、ソクラテスの「無知の知」が思い浮かびました。まさにそこからの話ですよね。(苦笑)
おっしゃっていることがすごく良く分かり、面白い記事でした。
私も色々なことを自分で研究して、考えられる人で
ありたいなぁと、日々猛省です。
ポチッ♪

positive/negative * by リンゴ好き
物事に対してポジティブな姿勢でのぞめる人は,使いにくいものをimproveして、うまく使う方法を考えたり,そのための手法を発明したりして,その「使いにくいもの」を楽しんで使ってたりしますよね。

物事に対する姿勢が(他人任せだったり)ネガティブな人は,うまくいかない原因を何か(他人)のせいにして,
できない理由ばかりを考えているみたいです。
ま,そういう人って、結局は他人の足をひっぱったり,ネガティブな発言ばかりするんだと思います。

先日,USTREAMでiPadの使い心地なんかをレポートしてる放送を見てたんですが,その放送に対して,「日本国内でiPadで無線使うのは電波法に触れる」とかなんとか、twitterで文句言ってる人がいました。
(ま,実際許可を受けてないので実際ダメらしいんですけど)

ちなみに,そのUST放送のパーソナリティは放送中何度も
「ただ今アメリカのシモキタというところから放送してます」って言ってたんですけどね。
世の中,真面目なっていうか、squareな人っているんだな~って思いました。
(その辺は軽く流して,「大人な」姿勢をとって欲しいところです)

まめっちママさんも,多くの人の眼にとまるブログをやってると、文句(いちゃもん!?)つけられることもあるかもしれませんが,軽く流して,これからもおもしろい(刺激的な)postをお願いします。

mherese 様へ * by まめっちママ
無知の知・・これは大切ですよね。
自分が何も知らないということを知っている
それだけで学ぶという姿勢が違ってきますものね。
私自身も決して何でも知っている人じゃないので、
知らないことだらけで日々勉強だなと思ってます。
好奇心も強いので、余計に色々調べてやりたくなる
というマニアックな面もありますが(笑)

リンゴ好き様へ * by まめっちママ
人の評価ってものすごく二極化しているので、
なんでそんなことになるのだろうといつも
思ってました。でも、やはり根底にある考え方
がポジティブな人とネガティブな人の差ですよね。
ちょっとの不具合があれば、ここぞとばかりたたいて
他のよい部分もすべて無視する人がいるかと思えば、
あまりいけてなくても、いい部分を積極的に評価
する人とで、人生すごく違ってくるように思います。

我が家は予備校講師の一家なので、生徒からの評価
とかあるわけです。ここでも同じように子供の
評価の付け方で、その子の今後の人生がなんとなくわかっ
てしまうような傾向がすでにあります。

ところでipadの使い心地のレポートはどうでしたか?
私もなんだか楽しみなんですが、その放送の
パーソナリティーの方、おもしろいですね。
物事をまあいいじゃんと思えない正論を言う人
確かにいます。正しいのですが融通はきかないので
これもまた困りますね。
色々な人がいるものだとつくづく最近思います。
私も人間はそんなにできてませんが、適当に丸く
なることはできるかもです(笑)
ブログって読む人によってどうしてそういう解釈
になるのかと理解に苦しむこともありますが、
人に物を伝えるって本当に難しいです。言い方一つ
でも何とも感じない人もいれば、ひどく傷つく人も
いて、え~そう受け止める?とびっくりすることも
多々あります。
でも、よい読者さんに支えられてここまで来られたので、
本当に運がいいというか有難いことです。

さよならテレビ * by リンゴ好き
iPadは本当にいい感じですよ~Youtubeなんかも超きれいにみれます。
先日Appleの社員が落として全貌が明らかになってしまった次期iPhoneが夏に出て(iPhoneOS4でマルチタスクになるし)、今年の終わりくらいにiPadにカメラが搭載されて...これがメディアを変えてプラットフォームになるのかな~

例のパーソナリティの方が、「自分が小さい頃、今のように、USTREAMで宇宙ステーションのドッキングの様子やスペースシャトルの発着を生放送で、しかもノーカットで見れていたら、様々な国の人が関わるプロジェクトでは英語なんだな~って、「身にしみて」感じられただろう」って仰ってました(そしたらもっと英語や宇宙について目的を持って勉強できたかもって)。

ニュース映像なんかで山崎さんが手を振っている様子やスペースシャトルの着陸の映像「だけ」を抜き出して数十秒見せられるのとは、全く違う、生の一次情報を体感できるってのは感動ですよね~

マスメディアさん、「さようなら」って感じです。
あ、この辺のことは「電子書籍の衝撃」(佐々木俊尚)とかに詳しく出てます。ちなみに、この本の電子版(iPhone用)が110円でダウンロードできましたよ(文庫は1155円)。

私は、日本の大企業や政府がgoogleやAppleに先を越され、未だにメディアや通信の世界の流れが読みきれないで時代遅れなこと(地デジとか3Dテレビとか)やってるのは、英語の一次情報をしっかり掴めていないからって面が少なからずあるんじゃないかな~って思ってます。

また、熱くなってコメント長くなってしまいました。すみませんです。

* by sa-chi21
まめっちママさんこんにちは。
>こんな風に言っているけれど、まだまだ私も自分が知らないことが多く、別の視点で物を見ることの難しさを日々感じている。

これ最近よく感じてます!どうも狭い世界にいるのか?年齢がすすむと柔軟性がなくなるのか、、。いろんな考え方の人ともっとおしゃべりしないといけないな~と思う毎日デス。

違う記事の後記になりますがiPhoneアプリの木魚の使い方、、不謹慎ですがクスッと笑ってしまいました。

ツイッターなんて始めてるとiPhoneが欲しいけど機種変の縛りは来年夏までw(゜o゜)wその前にiPad買ってしまいそうです~。

横な話題になりますが、りんご好きさんがこの直前にポストされた内容は私もほぼやってしまってたかも。。

110円DLはいれぐい状態でDLしてしまったし…。

日本ではまだまだ電子書籍ひとつ、電波ひとつとってもいろんな問題がありますが、利用者視点でよい政策を実行して欲しいものです。

日本だけここでとりのこされると鎖国状態とかわらず、結局英語力アップしても日本にいるかぎり使わないやん…となりそうです。
(あっよかった。どんどん記事と関係ない方向にいっちゃったけど、最後はせめてもの英語ネタでオチた(^^ゞ)

* by ルーシー
>自分が無知であることが原因なのに人の意見を無視し・・・
>我が強くて素直に学べない人・・・

私が今、全力で取りかかってるプロジェクトで
しばしばネックになるのは、このタイプの御仁です。
『テメェで汗かく気がないならオイラんとこ来るんじゃねぇ!!』
って、吠えられたらどんなに気楽でしょう。^^;言えないけど。

私の時間の使い方が下手で、めっさ御無沙汰ですが、
そのうちメールしますね。
たぶん・・・5月?いや6月?
はははっ。

リンゴ好き様へ * by まめっちママ
夏に新しいiphoneでるのですね・・・
最近Macのよさも身にしみて感じてます。旦那の
仕事もサクサク進み、昨日遂にひな型ができました。
娘も参加してますが、これが全部しあがったら受験界
にちょっとした旋風を巻き起こすだろうなと思います。

来年は一家でパソコンをMacに変えて今後はリンゴ街道
まっしぐらになりそうです。

それにしても110円ダウンロードは安いですね。
もう紙なんて読めませんね。
携帯では画面がまだ小さいので、私は電子書籍が苦手
だったんです。(老眼なので・・爆)
ipadぐらいになれば、こっちの方が断然よくなりそう
ですね。まな板ぐらいの大きさというのがちょっと
でかい?と思ったのですが、使う用途を考えた場合、
あれでいいのかもと思えてきました。

日本って技術大国のはずなのに、携帯でも何でも
そうですが、ガラパゴス化してますよね。
あっ、でも、3Dはちょっと興味あります。
sonyが早々にプレステ3を3D対応にバージョンアップ
しましたが、まだソフトがないので、全然役に立たないわけですが・・・・
それでも3Dは今後映画などで主流になってくるでしょう
し、ゲームの世界ではすぐに浸透するんじゃない
かなと思います。
あれ・・・英語よりIT語る方が最近楽しくなって
ますね。(爆)(爆)

sa-chi21様へ * by まめっちママ
違う考えの人とも交わるっていうのは、簡単じゃ
ないです。ちょっと違うけど、基本の部分が似てる人
こちらは相手のいいところや自分が気付かなかったこと
を学ぶことができるので、とてもいいんですが
何て言ったらいいのか・・・どうしても魂の部分で
合ってませんというのは苦しいですね。何をしても
かみ合わない。すべて逆の考え方で、あり得ないと
思ってしまうことが多いです。
これを超越できれば人間誰も争わないんでしょうけど、
難しいですよね。

i pad・・・・これ普通の電話を持ってi padを持つ
のが一番いいかも。
iphoneでできないことってあるんです。大抵は
アプリで解決できますが、これがまた自分仕様に
カスタマイズするのが楽しいのだけれど、悩みます。
使い勝手を試しては削除の繰り返しで、やっと見つ
けたという時はものすごくうれしいけれど、時間も
すごい消費してます。でもすっかり初期設定から
変わって、今ではほとんど違ったものになってます。
それでもようやく自分らしく使える今の段階では
これが最強装備だなと思えるぐらいまでは、でき
ました。その時間を他に使えって話ですが(爆)
いや、でも準備段階は時間がかかるんですよね。
英語だって自分スタイルができるまでは、時間が
すごくかかりますよね。あれもやってみたけど、
これもどうだろうかとか・・・・やっと子供に
合う方法が見つかっても、今度は軌道に乗る頃には
大きくなってて子供の自我が出てくるとか・・・

とにかく試行錯誤を繰り返し、やってみないと
何も前には進まないわけです。
(やっと英語に戻った)

うちは今受験校選びで迷走してます。
厳しいところに入れて、あくまでも学力重視なのか
それとも娘の持っている芸術的な部分を伸ばすべく
それを基準に選んで、もっとクリエイティブに
生きるべきか・・・・
たぶん後者の方が娘には合ってるんだろうけれど、
彼女にもプライドってのがあるらしくて・・・
親がこだわってないのに、本人に偏差値のこだわりが
あるみたいです。
ああ難しい・・・・

ルーシー様へ * by まめっちママ
お久しぶりです。
実は偶然ですが、昨日ルーシーさんこの頃とんと
ご無沙汰だけれど、どうしてるのかなと思ってた
ところなんです。シンクロしたのかな(笑)

プロジェクト頑張っておられるのですね。
うちも旦那が受験界に旋風を巻き起こすであろう
あるものを作ってます。

まだ完成には時間がかかりますが、全力をかけて
やってるので、ルーシーさんの気持ちすごく
わかります。必ず文句言う人いますし、勝手な評価
してくれる人もいます。だから私と娘で事前チェック
して、ここがくどい、これはこういう文句がでると
思うとか、想定できることをシュミレーションして
ます。素人が見てどうか、プロの目からみても
耐えうるものか、両方をにらんでああでもないこうでも
ないと試行錯誤してます。
すいません、うちの話になってしまって・・・
でも、ルーシーさんも地元ではちょっと名の知れた
方でしょうから、色々あると思います。

私の方こそご無沙汰してしまってますが、何せ
娘が受験生なもんで、これがまた悩みの種なんです。
学力がどうとかじゃなく、行けるところはいくらでも
あっても、家庭内で意見が合わない。
ああでもないこうでもないで、一体どうするんだ
状態ですね。

当の本人はのんびり夢を語ってますけど(爆)
なんかね、ハワイのような常夏の国で家を建てたい
らしいの。それも理想の形があるらしくて、それを
自分で設計するのもいいなとか・・・でも自分が
建築家になるとろくなもんできないんじゃないかな
ちょっといがんだ家とか、何か変なものがくっついて
る家とか・・・・そんなのになりそうでだめかな
なんて能天気なことをのたまってます。

幸せな子ですよね。心配事あるでしょって思うんだ
けど、中学どうするんだって親ばかり焦ります。
なるようにしかならん、まさにそんな状況です。

メール待ってますよ。いつでも気の向いた時で
いいです。たまに思い出してくれたらうれしい
です。それよりプロジェクト頑張ってね。



個別記事の管理2010-04-21 (Wed)
 娘が生まれるまで、胎教はおろか何一つ具体的な子育てを考え
 ていなかった我が家は、英語をやるなんて万に一つもないと思っ
 ていた。そのことは過去記事でも何度か書いた通りで、早期教育
 には不熱心で、実は育児書は一冊も家になかった。
 だから生まれてきた時は、先入観も何もない真っ白な状態で、
 あるがままを受け入れて、とにかく毎日必死で育てにくい娘と
 格闘していた。

 でも不思議とストレスになることはなく、まめにビデオを撮影し
 本当にいっしょによく遊んだと思う。
 (そこしかほめるところがないとも言う・・・

 早期教育をしようと思っていなかったから、成果や出来具合に
 一喜一憂しなくて済んだというのも大きいと思う。

 今は0歳からすでにしっかりとしたビジョンで早期英語教育を
 されている方も多く、私のいきあたりばったりの子育てとは随分
 違うなと感心する。

 ただ昨今の虐待のニュースなどを見ていると、子育てで孤立し、
 思うように動いてくれない子供にいらだつ人がなんと多いこと
 か。子供とはそういうものなのだという大らかさがなくなって
 いるのではないかと思う。

 一部の特殊な人の話と言ってしまえばそれまでだが、今は何事に
 も答えを求める傾向が多く、こうすればこうなるはずなのに
 どうしてわが子はそうならないのか・・・例外や不意の出来事
 に対処できない人がものすごく増えた
気がする。

 虐待はしなくても、例えば一生懸命やっているのに、子供が
 落ち着きもなく真面目に取り組まないとか、思うような結果に
 ならないとか、そういうことがストレスになることは、ごく
 普通の家庭でも起こりうる。

 だから成長の速度が幼少期はものすごく差があるのに、比較して
 焦ったり、もっとやらねばといきすぎたりなど、親がブレーキを
 かけないといけないことがたくさんあるように思う。

 我が家は小学校受験をしなかったが、娘の自由奔放な性格は
 お受験向きではなかったので、行儀が多少悪くても、完璧に
 できなくてもアバウトに物事を進めても、すべて丸ごと受け入
 れてほめてくれるプリスクールは、選択としてはよかったの
 だと思う。

 自由だったからこそ、色々なことにチャレンジできたし、直接
 お受験に関係のあるような勉強を仕込まなくても、成果がすぐに
 現れないおけいこ事に熱心になっていられたのだと思う。

 正直、右脳教育などは本当にそれで成果があるのかどうかさえ
 わからないようなちょっと受け入れにくいこともやるので、
 興味のない人からすれば、そんなESPのようなことはあるはずが
 ないとか、フラッシュカードなんて早すぎて覚えるわけがない
 とか、危険な感じがしてどうも避けたいとか、そういう風に
 感じても仕方ないと思う。

 それでも、そんなことを気にせず大らかにやってこられたのは
 あまり育児本を読まなかったから、どこかの偉い人の説に惑わ
 されることなく、変に煽られたりすることもなく、また書いて
 あることを鵜呑みにして、やっちゃいけないんだと自分のして
 いることに自信がなくなったりもしなかったので、方向性が
 ふらつかず、結果的に娘の才能をある程度伸ばすことができた

 のだと思う。

 今振り返っても、娘の記憶が特殊な成長の仕方をしているのは
 この時期の多彩な働きかけのせいかなと思っている。

 娘はある特定の興味があることは、どんなに昔のことでも
 ものすごく詳細に記憶している。一度しか見ていないのに
 その記憶力は恐ろしいものがあり、ここはこういうセリフで
 こうなるのに、今見ているDVDはそのシーンがないとか・・・・
 
 全くその記憶の取り出し方は私にはわからない。
 そのくせ今やっている歴史の教科書は全く覚えないのだ。

 このアンバランスさに私はしばしば悩むことになるのだが・・・

 まあでもそんなことも些細なことに過ぎず、ここまで来たからに
 は、後はもうひと踏ん張りして来年笑顔で中学に入学できたら
 いいなと祈るだけだ。

 


 次は成功する人としない人は何が
 違うのかについての第二弾でも書こうかな
(だんだん啓発本のようになってきた・・・)
 大事なことなので、是非次も読んでみようと
 言う方はクリック応援してやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
  
 
 

 
 
関連記事
* Category : 英語と右脳教育
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-04-19 (Mon)
 今回はずばり英語と勉強の両立についてだが、小学生になって
 友達との付き合いも増え、時間も幼少期より少なくなり、英語
 だけに力をかけることが難しくなる中、どのぐらいの時期まで、
 またお稽古事とのバランスはどうだったのかについて、我が家の
 場合を例に書こうと思う。

 小学生の場合、低学年は大抵2時から3時の間に帰ってくる。
 この後、宿題をまず済ませ休憩しておやつを食べたりすると
 すぐに4時ぐらいになってしまう。

 そこから例えばお稽古ごとに行く場合、近くなら問題ないが、
 ちょっと離れた電車などで行くスクールの場合、30分ぐらいは
 かかるだろうから、5時始まりのお稽古に間に合うかなという
 感じで、この間は30分ぐらいしかないので、あまりまとまった
 取り組みはできなくて、ロスタイムが多いなと感じる。

 うちの場合は、5時ぐらいにはじまる塾(週1)英会話スクール
 これは大体週2回、そしてサタデースクールでまとまった英語の
 時間を取っていたので、残りは3日しかなく、そのうち一日は
 公文に行く代わりに塾に行ったので、かなり忙しかった。

 特に土曜日は二階建てでそろばんもやっていたので、朝から
 5時ぐらいまでは詰まっており、時々は友人とご飯を食べたり
 遊んだりもしたので、ほとんど一日中使っていたように思う。

 勉強は低学年のうちはそれほど難しくないので、まだこんな
 ことができるけれど、実際週1回と言っても塾の宿題も出され
 るので、それはまとめて日曜日にすることになり、英語の日記
 も日曜に書いてなどとなると、1週間はすぐに埋まってしまう。

 いつ英語の取り組みをするのかと思うが、お稽古ごとから帰っ
 てくると、大抵7時ぐらいになってしまうので、その後夕飯を
 食べて1時間ほど空いている時間にそれぞれの課題をやって
 しまう、そんな感じだ。そろばんの練習にあてたり、英語の
 ワークブックをしたり、あるいは塾で習ったことの復習だった
 りで、それらをやりながら耳はかけ流しで鍛えて、映画の音声
 や、スピードラーニングなどを聞いていたように思う。

 時折アニメやドラマも見ていたが、一日はあっという間に
 終わるので、毎日本当に忙しかったことを覚えている。

 こんな状態は3年生ぐらいまで続いて、英会話の時間も週に
 なんとか3回ぐらいは確保できていたと思う。

 スクールは2校かけもちで、この時期にオンラインレッスンも
 しばらくだけやっていた。

 まだ娘の英語が完全に定着したという自信がなかったからで、
 つい英語の時間を多めに確保してしまったが、ちょうど10歳
 ぐらいが節目
だったように思う。

 この時期まで少し苦しいけれど、英語とお稽古をどちらも
 頑張ったおかげで、かなりレベルはアップした。

 そろばんも英語も勉強もまだ伸びる時期だったので、これを
 のがさず短期集中で一定レベルまでもっていくことができた。

 何かをやって何かがさがるというのは、いやだったので、どれも
 頑張って毎日が時間との戦いだったように記憶している。

 それでも色々なことにチャレンジできて、電車や歩きで移動する
 ことが体力作りにもなったので、結構楽しかった。

 でもさすがに4年生になると、そうはいかなくなり、大半の
 お稽古事は一旦やめ、残るは英語が週2回だけとなった。

 塾というのは、4年生からが勝負で、それまでは行っても行かな
 くても正直どうでもいいと思う。早く始めてもこれだけはスタート
 ダッシュ逃げ切りが少なく、むしろ4年ぐらいまでは家で何か通信
 教育のようなものをやっていた子が急激に塾に入ってから新しい
 ことを学ぶ喜びのようなものを感じて伸びてくることがあるので
 あまり早すぎると疲れてかえって息切れし、最終学年までもたなく
 なってしまうことも多いように思う。

 なのでやはり私の感覚では10歳までが英語もお稽古ごとも全力
 で両方やれる年齢で、それ以降は子供特有の伸びが鈍化してくる
 ので、色々あるものを整理する時期に突入する
のではないかと
 思う。

 現在は英語は時々見るDVDや映画のみで、ジュニアエラのような
 時事雑誌を読んだり、英語のマンがをたまに読み返したりする
 ことが息抜きになっており、とにかく宿題や塾の課題が多いので
 一つ一つクリアして積み重ねていくことがこれほど難しいものだ
 とは、正直思ってもみなかったが、暇があれば過去の復習にあて、
 英語もひたすら過去のものを聞きこみ、新しいものはたまに購入
 するDVDのみという状態が続いている。

 それでも忘れていることは多そうで、人間の脳は忘却するように
 作られているのだということを再認識してしまう。
 忘れることがなければ、いやなことも悲しいこともずっと残った
 ままになるから、人間は苦しみを忘れるように忘却するのだと
 聞いたことがあるが、そうなのかもしれない。

 

 最後は根拠のない話で終わったが、
 最近物忘れがひどいので、
 やたら携帯に書きこんで3つぐらい
 手帳系アプリを入手しているまめっちママに
 応援クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング




 

 
関連記事
* Category : 英語勉強法
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-04-17 (Sat)
 週末は祖父母が我が家に来るので、いつもは見ないテレビが
 リビングについていることが多い。何気に見ていたら、日本に
 いる外国人の方で日本人より日本人らしい人を次々と紹介して
 いく企画をやっていて、最初に登場したのは、日本のアニメが
 好きで、声優をやりながらコスプレしているロシア人で、次は
 これまたアニメのコスプレ(ドラゴンボールの孫悟空)にはま 
 っている東大生のアメリカ人だった。家にはそれこそフィギュア
 や萌えグッズが山ほどあって、おたく文化を英語で発信している
 人だった。

 次に登場したのは甲冑好きでなんと手作りしたそうだ。サムライ
 文化にあこがれて何百万もかかった鎧などが家には並んでいた。

 最後に登場した人などは、着物をきちんと着こなし、お茶の
 作法を教えているまさに日本人より日本の心を知っていると
 言ってもいい人だった。

 それぞれが好きな言葉を書いてくれたが、皆素晴らしかった。

 「石の上にも3年」などと書かれると、今の日本人が忘れている
 ことを外国人に教えられたような気になった。

 「日本人は隣の芝が青いと思ってヨーロッパとか
  アメリカがいいと思っていますが、日本の方が
  ずっといいですよ。素晴らしい文化がある。」

 ここまで日本を好きで、日本人の心を持っている人たちが
 ほとんど大人になってから初めて日本という国を知って、その
 衝撃でこの国を知りたいと願い、来日してから日本語はもちろん
 のこと、漢字も文化も下手な日本人よりよく知っているように
 なっているのを見ると、なんだかとても考えさせられる。

 好きこそ物の上手なれとは、まさにこのことだ。
 
 子供の頃から慣れ親しんで英語を日常のものとして認識するのも
 この外国人のように、何も知らないでいたのが高校生ぐらいの
 時に日本を知って、これだと思って飛び込んでそこから日本語を
 学び始めるのとで、どれぐらい差があるのだろうか・・・・

 娘はどう思っているのだろうと考えてみた。
 小さい頃から英語圏の文化には慣れ親しんできた。だからあこがれ
 てそこに行きたいと思うほど強い動機はなさそうだ。

 むしろ最近、日本のアニメなどが小さい頃に見ていたカートゥーン
 よりずっと絵もきれいで、ストーリーも複雑なことに気づき、
 日本の文化を見直しているようなところがある。
 
 娘は英語をやることで日本のよさを逆に学んだのかもしれない。

 だとしたら、英語をやるのは、バイリンガルにしたいからだけ
 ではなく、視野を広げることと世界を知ることで自国をより愛す
 ることができるようにということでもある
のではないか。

 小学校に英語を導入するのなら、こういう世界的な視野で日本の
 よさを再認識するような学びの場であってほしいと思えてきた。

 それならば小学生で英語をぺらぺらにしなくてもいいわけだ。
 今まで学校で行われている英語教育に少なからず失望してきた
 が、いつの日か、相互理解のために自ら学びたいと思えるよう
 にするのが目的ならば、また話は違ってくる。

 物事は何でも見方を変えればちゃんと意味があるのだということ
 がわかったような気がした。

 大げさだけれど、娘が両方をバランスよく経験できてよかった
 と思う。



 「残心(ざんしん)」などという日本人も
 知らない言葉を、好きな日本語としてあげていた
 外国人の茶道家が妙に格好よく見えた。
 というか実は私も知らなかった・・・・(
 ちょっと恥ずかしくなったまめっちママに
 励ましクリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング




 
 


 
     
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (8) * Trackback : (0) |

はやってる? * by Cassis
今朝、ワタシも他の番組で、日本にいる日本好きな外国の人にインタビューしていたのを見ました。
最初にインタビューを受けたロシアの夫人が好きな言葉は「人事を尽くして天命を待つ」でした…(;^^A

高校の時に、「外国語学部も受ける可能性があるなら世界史を選択しないと」という先生に、世界史を選択したくないがために、「日本を知らずして世界は語れません」と大見栄を切り、その日本史で赤点を取って…先生に「お・ま・え~~~v-359」と言われました。

外国に行くと、自分がいかに自分の国のことについて知らないかを思い知らされますね。
ムスメには、
「日本だけが世界じゃないということ知る」と同時に、「世界における日本を考える視座を」…と、思います。

Cassis様へ * by まめっちママ
私は逆に日本史が嫌いで、ほらあのおたくな資料集
が細かすぎてどうしても受け入れられず、それなら
世界史は広く浅く大まかな歴史の流れをつかめば
いいから、一つの国のことを掘り下げてそれだけを
重箱の隅をつつくみたいには出題されないってことで
そっちを選びました。
どっちにしても私も似たような動機です。(笑)

で、世界史が得意だったかというと、実はあんまり
でした。(爆)今度は横のつながりがひろすぎて
その時代に日本ではどうで、中国ではその時こんな
王朝で更にヨーロッパはどうとかロシアはどうだっ
たとか、結局複雑なことにかわりはなかったわけです。
(爆)(爆)
勉強に楽なもんなんてないってことですよね。
反省しました。(笑)



* by mherese
まめっちママさんこんにちは♪
私もちょうどこの番組を拝見していました♪
皆さん本当に親日家の方ばかりでしたね!
私はやっぱり最後の方の「残心」が一番感動しましたね。
今や日本人が海外に行って、母国の文化の話をできない
人たちが増えている中で(自分を含め)、このような方たちを
見るともっともっと母国のことを知らなくてはいけないなぁ
と深く反省するばかりです。
まめっちママさんも好きな日本語、ありますか(^^)?

* by リンゴ好き
自国の文化について客観的な視点をもつことは、「自分の文化が好きになる」ということもそうですが、私は、他の文化を持つ人に対して寛容になれるという面が大きいと思ってます。

「日本文化を大切にしろ」っていう人の中には、他国の文化に対する敬意や尊敬、そして文化に対する相対的な視点が欠落している人がいますよね(いわゆる「右」の人っていうのかな?)。
どっちが優れてるとか、そういうことじゃないんだよ
ってことをわかって欲しいですよね。
ただ、英語を勉強して、それをわかってくれるかどうかはわかりませんが...。

私は、日本の英語教育の内容は正直よくわかりませんが、コミュニケーション重視などと言って「楽しく英語、ぺらぺらを目指そう」って感じの、表層だけの英語(英会話?)をやってるうちは、英語も、自国文化への理解も身に付かないと思います(だいたい「英語は英語」ですよね、受験英語とか英会話の英語なんてものは幻想だと思います)。

偉そうなこと言って、私自身自分の文化ってのが何なのか、実はよくわかってないんですが、少なくとも、文化的な「バランス」感覚を身につけるには、やっぱり、まめっちママさんの娘さんのように、「他の(言語)文化に慣れ親しむ」時期って必要ですよね。

mherese 様へ * by まめっちママ
mhereseさんもご覧になったのですね。
私は何気にテレビを見ていて、たまたまやって
いたのがそれだったんですが、みんな本当に
日本が好きなんだと思いました。
私の好きな日本語ですか・・・・
一期一会なんか好きですね。四字熟語、故事成語
などは、やはりすばらしい言葉が多いです。
捲土重来なんかもいいですね。最近物忘れが激しくて
もっと好きな言葉あったように思うんですが、思い出
せなくて・・・(汗)

リンゴ好き様へ * by まめっちママ
そうですね。自国の文化を大切にと声高に
言う人の中には、極端な愛国主義で他者への
寛容の精神がない人いますね。
と言うか多いですね。
娘は外国の文化、たとえばハロウィンパーテイー
とかそういうものも好きなので、今の学校で
あまりその手のイベントがないことは残念に
思っているようですし、授業スタイルもきちっと
整列みたいなことは少し違和感があるようです。
でも、どちらも経験することで、上手くバランスは
取れているような気がします。
本やアニメは日本のものの方が好きみたいですし、
規律とか考え方は、半分半分みたいな感じで・・・
学習に関しては日本的なものが、あまり娘には
合ってないような気はしますが、まずほめ方も
伸ばし方も違うので、型にはまれない娘には
お受験というものはきついみたいです。

英語に関しては私も受験英語も英会話の英語も
分ける必要はあまりないと思います。
本当に総合的に英語は英語ですしね。
勉強し出すと、受験英語を避けることもできないし
逆に日常会話をおろそかにすることもできないし、
どちらも英語という言語を学ぶ上では必要なもので
この部分はいらないとかそういうものではないのだと
思います。相互理解はうわべだけの薄っぺらい
英語でできるものではないですしね。
もっともこの薄い部分ができないという人は多い
のですが・・・これは日本の英語教育がリスニング
やスピーキングをあまり今までやってこなかったから
で、今の子供達はそういう点で薄い部分は学ぶ機会
が増えましたね。幼少期から英会話教室は大盛況です
し、オンラインレッスンも子供が利用する時代になって
ますから。どっちもバランスよく学ぼうと思えば
今の時代はいくらでも方法があるのはうらやましい
です。

* by mherese
捲土重来。
とても面白い言葉ですよね!
一期一会・・・私も大好きです。
こうしてまめっちママさんと出会えたのも、一期一会。
神様に感謝です(^^)神様ありがとう~♪

mherese 様へ * by まめっちママ
mhereseさんにそう言ってもらえるとすごく
うれしいです。いつも私の知らないもっと
次元の違う世界を見せてくれるので、勉強に
なってます。

私なんかと住む世界が違うほど日常が洗練されてて
いつもよいものに囲まれて心豊かに暮らしている
mhereseさんは、私のあこがれです。

いいことがどんどん自分に引き寄せられてくる
ような人生を送っておられるので、私もそういう
風になりたいです。
本当にこの出会いに感謝です。


個別記事の管理2010-04-15 (Thu)
 英語育児を思い立って、何からしようかと考えた時に、まずは
 歌でも聞かせて英語の耳作りをしてみようかなと考えることは
 多いのではないだろうか。

 最初は英語もただの音のかたまりにすぎないし、いきなり難し
 いものをいくら流していても使える英語が身に付くわけではない
 ので、それならば、覚えやすくリズムのある歌が子供には一番
 受け入れられやすいと考えるのはごく自然なことだと思う。

 歌は大人でも何度も聞く曲は覚えてしまっていつのまにか口ずさ
 んでいるので、効果はとてもありそうに思える。

 ただ、歌と言うのは会話ではなく、詩のリズムで抽象的な表現
 も多いし、普段話している言葉とは言い難い側面があるので、
 これを聞いたから英語がわかるようにはやはりならない。

 昔、洋楽が好きで英語を勉強しようと思い立った人は多いと思う
 が、もっと意味を知りたい、その国の言葉を学びたいという動機
 づけになったにすぎず、歌そのもので英語が得意になったわけで
 はないと思う。

 もっとも高校の時の先生は洋楽の歌詞が結構英語の勉強になる
 と言っていたが、やはり好きなものをもっと知りたいと思う
 ようになるきっかけにすぎず、歌だけで英語が話せるようには
 ならないだろう。

 日本語を学ぶのに、J POPだけ聞きましたという人はいないだろう
 し、そう考えると私達が子供に英語育児をする時も、直接英語を
 インプットしたいなら、歌よりは子供番組の方が効果があるはず
 だし、きれいな英語を子供が話しているような番組やDVDを
 利用する方がはるかにいいとは思う。

 では、DWEのシングアロングはどうなのか?
 これは歌じゃないかと思われた方も多いと思うが、実はこの教材
 こそ英語を学ぶ目的で作られているので、単なる歌ではなく
 その随所に話している言葉がちりばめられて、他のDVDや絵本や
 カードの英語と連動して同じものが歌になっているので、ここが
 普通の英語の歌とは大きく違う。

 DWEだからこそ歌がそのまま使えるのであって、だからこそ
 お金を払う価値があるのだと思う。

 普通に英語の曲だけ探すならyoutubeでいくらでもある。
 
 もちろんシングアロングだけでは、これまた効果が薄くなるが
 すべてを連動させて何度も登場するからこそ、歌が単なる歌で
 はなくなり、繰り返すことで定着をはかることができる
のだ。
  
 前回書いた何度も繰り返すことが定着につながるというのと
 同じだ。
 
 どんどん新しいものを投入し、先へ進むというのも幼少期なら
 ありかもしれないが、半年たつとすっかり前のことは忘れている
 のも事実で、最初はやはり飽きても繰り返すことが大切だと思う。

 でもさすがに毎日同じでは親の方がまいるので、新しいものを
 ひとつ入れながら、ふるいものも必ず紛れ込ませ、子供が
 また同じものだと思わないようにこっそり混ぜる工夫も大事
 だろう。そろそろ次を出して中に3カ月前のものを混ぜる、
 そして次の月はまた新しいものを小出しにしながら、また
 古い3ヶ月前のものを混ぜる。
 (別に3ヶ月でなくても構わない。自由に設定してください)
 
 こんな感じでスパイラルするように編集するのが親の腕の見せ
 どころだと思う。

 そして時々、他の歌は子供が好きなら気分を盛り上げるために
 導入するのはとてもよいので、緩急つけながら楽しく、そして
 インプットする時はゆっくりちょっとではなく、大量に素早く
 手際よく進め、必ずまた戻る。


 これにつきるのではないかと思う。




 すっかりiphoneの扱いに慣れ、
 できないと思われていたデコレーションメール
 更にはアバター、プリクラ風の写真まで作って
 しまい、電話がお友達になりつつある
 まめっちママに応援クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング



関連記事
* Category : 英語育児 まずはここから
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by maple
こんばんは。
シングアロングが良いというのは知っていましたが、こういう理由だったんですね。
高い買い物だったので納得だしこれから使い倒そうって思います。
ユーザーさんの意見って本当に参考になります。
Spokenバージョンもあることだし上手に使いこなしてがんばります!!!

maple様へ * by まめっちママ
シングアロングはそれだけを買うと
効果が薄いんですが、他のDVDやカードなどと
あわせて使うことでその真価を発揮すると思います。
高いのでシングアロングだけと言う方が結構
おられるのですが、それをしてしまうと歌が楽しかった
で終わってしまうので、意味を理解して歌を聞けるよう
になるには、他のものといっしょに使うわないと
せっかくの高価な教材が無駄になると思うんです。
だからあの教材は無駄に同じことが繰り返されている
ように見えますが、英語を理解させ、日本人の子供
でも母国語方式である程度まで英語を習得できると
いうことを証明しています。

高いには高いなりの意味があるのだと私は思ってます。


納得です! * by Rumichi
こんばんは!

シングアロングに関しては、最近やっとそのからくりが理解できました。本当にうまく連動していますね、DWEの教材は。そして繰り返しと定着。これが今後の課題です。まめっちママさんはオリジナルの音源を作っていたんですよね?これいいですね~!!

「インプットする時はゆっくりちょっとではなく、大量に素早く 手際よく進め、必ずまた戻る」

名言です!



Rumichi様へ * by まめっちママ
シングアロングは単なる歌じゃなく、合わせて使う
ことで力を発揮する教材ですよね。

うちもこれだけだったらきっとそんなに利用して
なかったと思います。

インプットって簡単にできるんですが、ぬけるのも
簡単なので、それをいかにとどめて引き出しに分類
できるかが大事ですよね。奥にしまったままでも
困るんですが、まだそれはいつか取り出す機会も
あるので、なんとかなりますが、完全に抜けてしまっ
てなくなったら、どうにもならないですもんね。

そうならない程度にどんどんインプットして押し込む
みたいな感じですね。(笑)



個別記事の管理2010-04-14 (Wed)
 小学校最終学年を迎え、担任も替わったけれど、クラスメート
 はこの少子化の時代、大抵が6年間に一度は同じクラスになった
 子ばかりで、新鮮さはあまりなさそうだ。

 宿題をたくさん出す先生は勘弁してほしいと正直思った。
 受験に無理解な先生もどうか当たらないでほしいと願った。
 
 そのあたりはどうなのかまだよくわからないが、さっぱり系の
 先生なので、やることをやればくどい叱り方や時間をだらだら
 引き延ばすようなことはなさそうなので、娘のように結論から
 言ってほしいタイプには案外あっているかもしれない。
 
 娘は最近、朝早めに起きて理科や社会の基礎暗記部分を少しずつ
 復習しながら、覚えていない穴を埋める戦法で3ページずつぐらい
 過去のテキストの問題を解き直したり、塾でもらっているサブ
 問題集を自分なりのペースでやっている。

 それで朝は遅刻しなくなったので、これは非常によい傾向だけれ
 ど、早く起きる分昼間眠くなり、マッチ棒でも目に入れないと
 まぶたがふさがってきそうなぐらい眠くなることもあるそうだ。

 学校の授業は歴史が始まったのだが、「歴史とは」からのんびり
 スタートし、一つの説明にもどれだけ時間がかかるのかわからない
 ほどゆくり進むので、ああこれでまた昭和はすっとばすんだなと
 思うと、歴史授業は逆からやってほしいといつも思ってしまう。

 明治にも辿りつけるかな?と思うので、今の子供達が何も知ら
 ないのも無理はない。

 塾では5年生の夏明けから歴史がはじまり、すでに全部終わり、
 二巡目に突入しているというのに、この差はやはり埋められない
 ほど開いている。

 再び旧石器時代から大和、飛鳥、奈良、平安とどんどん復習し
 何度もテストされるので、この方が結果的に全部の流れを学べて
 更にもう一度詳しく今度はもっと深く理解できるようになるので、
 ゆっくりゆとり教育で進むのは、やはり間違いだと思えて仕方
 ない。ゆっくりやるから定着するのではなく、何度もやるから
 定着するのだ。復習が大事なのはそのためで、進むばかりで
 復習しないのも、ゆっくり進むのも全くナンセンス
以外の何物
 でもない。

 難しいことができればやさしいことはできるなどというのも幻想
 で、易しいことでも復習しなければ忘れるのだ。

 漢字も6年生のものが書ければ4年生のものが書けるかといえば
 決してそうではなく、やりっぱなしでできるほど人間の頭は
 賢くない。


 英語も同じで、簡単な日常の単語を忘れてしまって、難しい
 英検準1級レベルの単語は覚えているなんてことがよくある。

 だから毎日、継続して簡単なものから難しいものまで総合的に
 登場するストーリー性のあるものをあえて聞き続けている。

 準1級に合格させたいからといって、単語集で準1級のものだけ
 やっても、それよりもっとよく使う単語を忘れてしまったら、
 面接でも話せなくなるし、もっと乱暴に言うなら、簡単な単語を
 使っても難しい話題は説明しようと思えばできるので、1次さえ
 合格すれば、言葉の運用能力が高ければ、2次は何とでもなる
 のだと思う。

 まあ我が家は小学生の間に受けるつもりがないので、今は受験に
 必要な学力を上げることを優先しているが、毎日腹筋と腕立て伏
 せ、4キロのミニバーベルを片手挙げして筋トレしている娘を
 見ていると、気楽でいいなとうらやましくなる。

 筋トレするといつも私に「さあ腕相撲しよう。今度は勝てるかも」
 と挑戦してくるので、成績より体力があって元気ならそれでいい
 かとも思えてくる。

 こんな日々なので、新しい発見や目覚ましい成果などはないけれど
 それこそある日ぽんと次のステージに行く、今はその前段階の
 ような気がして仕方ない。

 


 
 昨日のランプミニ爆発事件で
 カーテンが燃えたついでに(なんじゃそれ?)
 破れたままにしてあった和室の障子を
 ついに張り替えることにした。
 (カーテンは買わんのかい!)
 娘が小さい頃破りまくり、いまだにそのままに
 してあったが、あまりに見苦しいので、この際
 思いきってきれいにしておこうと思った。
 破れているってなんか受験生には縁起悪いし・・・・
 カーテンはずしたら明るくなったのでしばらく
 放置しようと思う。(???なんでやねん!)
 なんだか思考が滅茶苦茶になっている
 まめっちママにクリックで応援よろしく
 お願いします
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング


 
 
関連記事
* Category : 日々の取り組み記録
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

* by ごま
こんにちは。
今回もまったく同感です。
反復にかなう学習はないですよね。
私も最近痛感しています。
アメリカって夏休みが3ヶ月と長いじゃない?
その間に学んできたものがごそっと抜け落ちちゃうんです(T-T)
小さいうちは覚えるのも早いけど忘れるのも早い!
夏は家庭学習が課題の我が家です。

PS,今週赤字ぽいです、我が家(T-T)

ごま様へ * by まめっちママ
当たり前すぎることなんですが、反復継続に
勝るものは本当にないんですよね。

娘は塾で先取りしていましたが、進んでいくのは
簡単でも定着は難しい。前の部分を半年後にもう一度
やり直したら、全然覚えてないなんてこともあります。
それでスパイラルに戻ってきてやると、ああそうだった
と思いだし、それからまた進んで再び戻るの繰り返し
です。そうしないと使えるようにならない。
その時瞬間に覚えることはできても、戻る進むを繰り
返すからこそ確実な記憶として定着するんですよね。
歴史なんて2度目でも、かすかに覚えているぐらいで、
細かいところは一から覚えなおしですよ。泣けてくる
ほど抜けている。1度目の時もテストはガンガンあって
ちゃんと覚えていったはずなのに、それでもできない。
4回から5回はやらないと瞬間にわかるほどの定着は
望めないです。普通の人はそんなもんです。
覚えるのは早くても忘れるのはもっと早い(笑)
実感です。

今月はうちもまた突発的な支出が・・・
ほら前回の記事でランプが発火してカーテン焦げた
じゃない。障子の張り替えもすることになったから
またお金が出て行く。更にゴールデンウイークに
塾のイベントがいっぱいで、日曜日はオプション講座
も目白押しなんです。平常の塾代も高いけれど
このちょろちょろ出て行くイベント代やテキスト代
が馬鹿にならないんです。
それにね、私立って書いてある以上にお金がかかる
んです。年間学費なんていうのは、建前上で
本当は、それよりはるかにかかる。海外研修や
海外への修学旅行が当たり前にあるから、その積立
とかもね。そんなことが来年は現実に我が家にも
のしかかってくると思うと・・・・お金全然たまり
ません。(爆)貯金同盟の中で一番の極貧かも(爆)

管理人のみ閲覧できます * by -

個別記事の管理2010-04-13 (Tue)
 4月生まれの娘が12歳になった。
 初潮も少し前に迎え、身長はぐっと伸びて、来年は私に追いつき
 そうな勢いだ。洋服の貸し借りができるようになるなんて、昔は
 想像もしなかったけれど、すっかり共有できるようになった。

 まだ腕相撲では私がちょっとだけ強いけれど、それも時間の問題
 だろう。

 体は限りなく大人に近づいている。でも心はまだ半分子供なので
 精神と体のアンバランスに戸惑っている感じだ。

 日々、衝突することも多くなったが、このアンバランスさと受験
 のストレスが重なって自分でもどうしていいのかわからないのだ
 ろう。もう少し気長にこの難しい年齢に付き合っていかなければ
 いけなさそうだ。

 そんなことを考えながら、少し自分のことをしていて深夜遅く
 まで起きていた私は、部屋の明かりをつけたままでいつもの
 ごとく寝ていた娘の部屋に入り、ベッド脇のランプに明かりを
 つけ上の電気を消そうとした。

 その瞬間、ランプが発火しカーテンに火花が飛び散った。
 カーテンは一瞬にして焦げ、部屋には化学物質が燃えたような
 強烈なにおいが充満し、びっくりして旦那も飛び起きてきた。

 こんなことは初めてだった。電球が切れることはよくあるが、
 切れる瞬間に小爆発し電球の破片が飛び散り、更に火がでるなんて
 あり得ないことが起きたのだ。

 私と旦那は掃除機を持ってきて破片をかき集め、空気の入れ替え
 やら後始末をするやらで、ちょっと夜中に大変なことになった。

 にもかかわらず、娘は平気で眠っていた。ちょっと目を開けて
 状況はわかったようだが、すぐに何事もないかのように堂々と
 寝てしまい、完全に部屋が燃えていてもこの子は気づかない
 で、一巻の終わりだろうなと怖くなった。

 親がいるから安心しているのかもしれないが、この神経の図太さ
 はどういうことだろう。

 「うちはたぶん6000度ぐらいになって溶けてても
  気付かずにそのまま死ぬタイプやと思う。(爆)」


 ・・・・・・・・・ 

 やっぱり変だ・・・・・

 この娘将来ものすごく心配かも・・・・・・
 

 


 誕生日早々、どえらいことになって
 もう少しで家が火事になるかとパニくった
 まめっちママに応援クリックよろしく
 お願いします
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング


関連記事
* Category : その他
* Comment : (8) * Trackback : (0) |

* by maple
こんにちは。
ブログ読んでビックリしてしまいました。
大変な事にならなくて本当に良かったです。
電球が切れて小爆発なんてそんな事が起こるんですね。
これから気をつけようと思いますが、まめっちママさん御一家に何事もなく本当に良かったです。

娘さんすごいですね。肝が据わっているというかなんというか。将来楽しみですね。

maple様へ * by まめっちママ
スイッチをつけた途端にショートして
激しく火花が出て、カーテンに飛び散って
黒こげでした。もう心臓が飛び出そうで・・・
でもそれですんでよかったです。
娘は私達が大騒ぎして掃除機かけてるのに、
眠ってるんですよ。一体どこをどうすればそこまで
無神経になれるのか・・・
気づいたら死んでましたじゃ、本当にしゃれにならない
と思いました。

なんとか人並みの感覚を持ってほしいです。

お誕生日 * by 理花
お嬢さんお誕生日だったんですね。
おめでとうございます。
素敵な一年になりますように☆

びっくりしましたね。
私も以前、電気スタンドつけたら
パシン!!と弾けて煙があがった事がありました。
まさかの予想もしていない事態に何が起きたのかと慌てました。

カーテンまで飛び散って焦げたら驚きますよね。
お怪我がなかったようなので安心しました。
それにお嬢さんが1人の時でなくて
本当に良かったですね。

お嬢さん大物ですね(笑)
それにご両親の愛情にたっぷり包まれて
安心してるのかな(*^^*)

理花様へ * by まめっちママ
早いもので、12歳になりました。
6年生なので、後1年で中学生というのも
信じられないです。(笑)
最近反抗期で、本当に親子バトルが絶えないんですが
それも成長の途中で必要なことなのだと思います。

ランプの発火は驚きました。カーテンに火花が
燃え移ったので、黒く焦げてすごいガスが発生して
部屋中臭くて、中毒になるんじゃないかと思いました。
その臭い中で平気で寝る娘って一体・・・・・
別の意味で大物ですよね。(爆)

* by ますぷぅ
ソレは大変な事件ですね!!!

私も高校生くらいのとき、トイレに電気をつけて入って座ってたら、キュイーンという音とともに電球爆発!!!
頭上から破片が飛び散ってきて怖かった!!

でも発火はしなかったのでよかったのですが、近くに燃えるものがあると怖いですよね。

火事にならなくてよかったですね。

でも、さすが娘ちゃん!!肝っ玉すわりすぎ~(笑)

ますぷぅ様へ * by まめっちママ
大変だったんです。
電球ってそういうこと起きるんですね。
切れるのは仕方ないけれど、あんなに火花出て
カーテンが焦げるのはちょっと驚きです。
こういう風に思いがけない火事って起きるのかな
と思いました。埃がたまっても火事になりますしね。
前はフライパンの油が発火し、炎がものすごい上まで
上がったこともあります。その時はふたをぱっと上
からかぶせて火はすぐに消えたんですが、天ぷら
あげてて発火するのは、こういうことなんだと初めて
体験しました。

娘にもこういう危ないことはどんどん伝えていって
気をつけるように言い聞かせておかないと、うちは
何をするかわからない思考が普通の人より吹っ飛んで
ますから(笑)

でも、結構皆さん近い体験はされてるんですね。
火は気をつけないといけませんね。




お誕生日おめでとうございます * by フルーツトマト
12歳かぁ~
早いですねv-330
服を共有できたりするのって
娘を持つ醍醐味(?)のひとつですよね
うらやまし~

でも、私の場合は、もしかしたらサイズが
合わなくて、共有できないかもv-421
(うちは女の子いませんが)
以前に、GAPの160サイズ(子供用)を購入したら
着れませんでしたv-399
腕の太さとか、やっぱり違うんですよね
子供を抱っこして、毎年成長している二の腕が
憎らしいです


先日は、プリスクールでの生活ことで、アドバイスを
ありがとうございました。お嬢さんが半年も
無言君だったなんで、びっくり!
でも、そこでゆったりと待ってあげられるまめっちさん
がいるからこそ、今につながっているんですね
私はどうも、短気で結果を早くに求めてしまう
傾向があります(反省~)


我が家も、下の子が2ケ月くらいのときに、
子供の泣き声で目を覚ますと、オイルヒーター
のコンセントから火花がバチバチとあがっていて
あのままだったら火事で家族みんな・・・・
ということがありました。
こうやって、火事がおこるんだなぁ、と
実感したことがあります。

最近の100円ライターといい、身近なところで
事故につながるものって多いですよね。

フルーツトマト様へ * by まめっちママ
早いもので、娘は12歳になりました。
この間まではまだ幼い部分があったんですが、
今じゃもう大人と変わりません。

プリスクールの件ですが、本当に娘は
最初何も話さなかったんです。日本語も話さない
ので、先生はどうしていいか困惑されてましたね。
それが半年目ぐらいで急に溢れるほど話だしたんです。
ため込んでいた英語が溢れる瞬間ですよね。

私は英語に関してはなぜかとってもゆったり
対応できたんです。自分がそんなに専門じゃない
ので、わからないから娘にガミガミ言わなくても
すんだというか(笑)
がっかりもしないし、教え込むこともしないで
すんだので、自由に自分のペースである日遂に
英語が溢れてきた・・・そういう感じです。

英語が堪能じゃなくてよかったと思いましたよ。(笑)

100円ライターのことは最近問題になってますね。
とにかく火事は気をつけないと、どこで家族が
巻き込まれるかわかりませんよね。

個別記事の管理2010-04-12 (Mon)
 この何年かは、大物教材とは縁がなく、セットものも買わなく
 なって久しいのだが、ちょこちょこDVDは購入している。

 「ナルニア国物語」「マトリックス」の一連のシリーズなど、有名
 どころの洋画もあるが、日本のアニメの海外版もかなり色々物色し
 BOXセットなどお得感のあるものを大人買いすることが多くなった。

 つい最近は「時をかける少女」のアニメ版を買ったが、どうしても
 前から手に入れたかったDVDが実はあって、アメリカアマゾンでも
 出品者からしか買えない状態だったので、ちょっとためらって
 いたのだが、手に入れることができた。

 

 随分おたくなアニメなので、知る人ぞ知るだとは思うが、原作は
 萩尾望都さんの「11人いる」というSFで、SFといえば魔法系の
 ハリーポッターやナルニアのようなファンタジー系のものか
 あるいはドラゴンや吸血鬼などが登場するとか、悪魔や天使系
 など、割と定番のストーリーが主流なのだが、この「11人いる」
 はそれらと比べても異色で、英語版のタイトルは「They were 11」
 そのまんまやんという突っ込みは置いておいて、よくできた話で、
 私はこれが相当昔に書かれたストーリーであるにもかかわらず、
 今でも十分通用する素晴らしい内容だと思っている。

 宇宙大学の入学試験最終科目は、漂流中と仮定し外部との接触を
 断たれた宇宙船で、乗員と設定された10人のチーム全員が53日間
 生き延びなければいけないという実技試験だった。
 ところが、宇宙船・白号の中に入ると、10人だけのはずがなぜか
 11人に!非常信号の発信ボタンを押せば、生命の安全は確保され
 るが、その時点で全員が不合格。
 そのため、11人は疑心暗鬼に陥りながらも、合格決定の53日目に
 向けて過ごし始める。

 ストーリーはこんな感じなのだが、11人目の目的も誰なのかも
 わからないままクライマックスを迎えていく展開のすごさに
 当時衝撃を受けた私は、これが映画化された時に原作のイメージ
 をくずしたくなかったので、むしろ興味がなかった。よくある
 原作とは全く違ったものになるのがいやで、そのまま年月がすぎ
 去って行き、見ることはないと思っていた。でも、好きなものは
 やはり映像でも見てみたいし、英語版があるならなおさらだ。

 娘もストーリーを理解できる年齢になったので、このストーリー
 を娘と共有したいと強く思った。

 それですでに廃番になっていたものを中古で探し当て、やっと
 手に入れることができた。

 今更という感じなのだが、娘が成長し、複雑なストーリーを理解
 できるようになってくると、一緒にあれも見たい、感想を聞いて
 みたいなど、思春期の娘と共通の話題を見つけ出してなんとか
 難しい年頃の親子関係を上手く乗り切りたいと思ってしまう。

 受験をすると決めて日常が勉強一色になっているので、何を
 やっても心から楽しめないというか、閉塞感のようなものが
 あってどうも最近調子が出ないのもあって、好きなものでも
 見て、息抜きしながら燃え尽きないようにラストスパートに
 向けて頑張ろうと思った。娘もはまってくれるといいけれど・・

 

 好きな英語や、物作り、イラストなどが
 勉強のためにできなくなるような学校には
 行かせたくないと思う気持ちと、あくまでも
 上を狙うのかという気持ちがせめぎ合って
 結論がでないまま堂々巡りをしているまめっち家
 に愛の応援クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング



 
関連記事
* Category : アニメ、ドラマで学ぶ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-04-10 (Sat)
 娘もいよいよ今年小学6年生になった。早いもので、この間英検
 2級に合格したと思っていたのに、受験勉強やら何やら忙しく
 小学生が終わろうとしているのだ。

 低学年の間、3年生ぐらいまでは英語を維持することばかり考え
 ていて、少しでも時間を作って英会話スクールに連れて行ったり
 家でもかけ流しやワークブックなどにも力を入れてみたりそれな
 りにあがいていたと思う。

 でも、よくよく考えてみると、娘の英語は一度たりとも日本語の
 発達に邪魔になったことがないし、日本語が上がったり下がっ
 たりもしなかったし、英語が優位になって日本語で答えられない
 などということもなく、言語の上がり下がりを感じることなど
 ほとんどなかった。

 プリスクールに通っていたので、英語で過ごす時間は長かった
 が、日本語が変になって言えなくなるなどということはなかった。
 時たまルー語のように英単語を混ぜることはあったが、それは
 英単語の方がその時の場面を上手く言い表すことができたからで
 例えばシャーペンの芯が出てこなくて、上手く書けない時など
 説明するのに、「このシャーペンワークせーへん」というように
 使うことで、短く説明できてしまうことがある。

 大人も英語が日常に入り込んでそっちの方が意味を伝えやすい
 ことがあるのと同じで、カスタマイズするとか、アポイントとる
 など、そういうのと同じだと考えると、日本語が言えないのでは
 なく、その時はそちらが使いやすいし、表現的にそっちの方が
 伝わりやすい、そういう感覚
だったように思う。

 だから日本語で基本的に話すのだが、時々一語だけ英語だったり
 することはあったが、大抵日本語できちんと話していたので、
 回りの子供より日本語が遅れていることはなかったように思う。
 日本語で話しかけているのに、英語で返ってくることなどは
 もちろんないし、言語の混同はうちにはなかった。

 これはうんと小さい時からそうで、日本人の親が英語を話さない
 のが普通だったので、英語は外の外国の人とだけ話し、その
 空間だけは特別な空間だから、ここでは英語の世界と割り切って
 英語オンリーで暮らす・・・彼女はそういう感覚の持ち主だった。

 だから言語が同居してあっちを伸ばせばこっちが下がるという
 現象は起きず、二つが常に平行して存在している状態とでも
 言うのか、やはり脳の中に部屋がいくつかあって、日本語と
 英語を自由に出し入れして、大きな入口が一つ、まさにそういう
 説明がぴったりだった。

 口から出す時は出口が一つなので、好きな方を出すわけで、
 日本語を出している最中に隣の英語の部屋からもっと適切な
 表現をちょっと借りてくる
みたいな・・・そういう芸当が
 できたのだと思う。同じ部屋でまだ言語が混在している状態
 では、それはきっとできないのだろう。

 スイッチの切り替えではなく、オープン回路の持ち主だった・・・
 娘の一番の大きな特徴はそこだったと思う。
 常に両方開いているので、これだと一方に入力しても、片方が
 減るわけではなく、増えた分だけ語彙が豊かになり、日本語を
 増やしても英語は減らないので、次に英語を入力すると、
 その分前より部屋の中の語彙数が増える。そうやって両方が増
 えていき減らないので能力は落ちない。

 ただ、記憶とは取り出せないといけないので、積んでいくと、
 下の方のものが取り出しにくくなることがある。

 それがいわゆる忘れたということで、なくなったわけではないが
 すぐに出せないということはあるかもしれない。
 それを出しやすくするには、それなりの工夫がいると思う。
 今はそれをいかに出し入れ自由にスムーズにするかが問題で
 その一つの方法が、実践でしょっちゅう出し入れすることで、
 使わないとさびる道具にたとえられるのはこのためだと思う。

 でも、幼少期は出し入れに力を入れるよりは、まずは入れ物を
 いっぱいにすることを優先しないと、少ないものをいくら出し
 てみても、大したものにはならないだろうから、インプット
 重視ということがやはり一番大事
なのだと思う。

 ある程度たまったものを整理して出しやすくするのは、もう少
 し大人になってからのことで、ここを勘違いして幼少期に
 出し入ればかりしようとするから、回路ができあがっていない
 不安定さから言語が上がったり下がったりするのではないかと
 最近思うようになった。

 昔は私もそれがよくわからず心配してみたが、中身を詰めて
 行くことに専念してから、どんどん基礎は固まってきたように
 思う。なんというのか、重みで下の土台がしっかり踏み固め
 られたとでもいうのか、そんな感覚だ。

 出し入れのタイミングを計りながら、くずれないように土台は
 しっかりそしてどこでも抜いたり入れたりできるピラミッド型
 パズルのようになっていけば理想なのだが・・・・

 

 ルービックキューブみたいに回転して
 カシャカシャと動く脳があったらいいなと
 思うまめっちママに、なんじゃそれ余計に
 わからん例えやと思った方も
 なんとなくイメージできるよと思えた方も
 応援クリックしてやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング


 
 
 
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by ごま
こんにちは。
あ~ぐっと響きました。
「少ないものをいくら出してみても、たいしたものにはならない」納得です。
なるほどね~。
我が家はもう日本語は忘れられた存在になりつつありますが、今までのように母国語方式ではなく外国語として日本語を取り入れていこうかなと考えています。
正直どうやっていいかわからなくて、途方にくれていますが、今回のまめっちママさんのお言葉で「迷ってる時間があるなら言葉をドンドン詰めてあげたほうがよさそうだ」と自分の中で方向性が見えたように思います。
ありがとう。まめっちママさん。

ごま様へ * by まめっちママ
ごまさんは、いつもよくやってると思いますよ。
仕事に学校に主婦にすごいです。

幼少期はアメリカに住んでいる限り日本語を話す
機会などないでしょうね。
英語という世界標準の言語があって、わざわざ日本語を
日常に使うかというと、子供にはその意味がわからなく
ても仕方ないと思います。ママの国の言語という認識
があるかなぐらいですよね。
その中でバイリンガル教育をゆっくりでもやって
きて続けているのは、えらいと思います。
今は日本語を話したりしないと思いますが、いつか
日本語をもっとやりたいと思えるように火だけ消さない
で継続していったら、いいんじゃないかな。
日本語で語りかけて育てるのは、そっちでは大変で
しょうから、いつの日か日本ってすごいね~その
国の文化をもっと知りたいから頑張って勉強して
みたい、そんな風になれたらいいいですよね。
いつも応援してますよ。

* by フルーツトマト
下の子供がこの春からプリスクールへ入園し
K1クラスで頑張って(?)います。

男の子なのにとってもおしゃべりで、
1歳になったばかりの頃から、ちゃんと大人と
会話をしていて、今も一日中おしゃべりしている
ので、英語だけの環境ってこの子にとって
すごくストレスかも・・・とちょっぴり
心配しています。

お引越し前もプリスクールに週2で通っていたのです
が、その他の日は保育園で日本語でした。
まだこちらのプリスクールに通園して2日目
ですが、英語で話しかける先生にすべて日本語で
返しています。
お迎えに行くと、車の中でがんがんトーク!です
(日本語)。プリスクールの時間に我慢していた
おしゃべりが噴出す感じ。

この先、大丈夫でしょうか・・・・

まめっちさんのお嬢さんは、プリスクールに
入園したとき、すでにそこそこ英語で話せて
いたんですよね?

フルーツトマト様へ * by まめっちママ
うちの娘もおしゃべりな子で、一日中家では
しゃべり続け、日本語が達者でした。
2歳のころに少しだけインド人の先生に預けて
いたので、英語の指示はたぶんわかったと思いますが
プリスクールに入園して半年ほとんど何も話さず
無言君だったんですよ。
日本語も英語も話さないので、先生が困惑して
ました。でも、彼女の心の中ではここは英語を話す
空間なのに伝えられないからといって日本語を話す
のはだめなんだと自分で線を引いていたようです。
半年間は英語をため込んでいた期間だったと思います。
英語に日本語で返すのは、指示は理解している証拠
です。でもまだアウトプットが上手くできないので、
日本語でしか返さないのだと思います。
そのうち英語だけでがんがん返すようになりますよ。
日本語に英語で返し、日本語がつまるよりはいいと
思います。どちらも中途半端になるより、今は
母語がしっかり発達し、その上に英語がのってくる
方が後々はいいと思うので、もう少し様子を見て
あげてください。もし通園を嫌がるとか、楽しく
なさそうだったら、その時は考えた方がいいかも
しれないですが、今のところそういう様子がないのなら
日本語で返事をするのは特に今の段階では問題では
ないと思います。

個別記事の管理2010-04-09 (Fri)
 英語育児をやっていて、少なからず思うことは、自分の子供が
 どれぐらいのレベルで実際どのぐらい理解しているのか、また
 年齢相応の英語力に到達しているのかどうか知りたい・・・
 こんなところではないだろうか。

 きちっと計ることができれば苦労しないけれど、日本人の親
 が聞いて結構いけてると思う英語でも、ネイテイブが聞くと
 やはり相応ではないということも多いだろうし、上手いとほめ
 られても、それは外国人として子供なのにどうやってそんなに
 日本で上手くなったの?という程度からくるお世辞も半分ぐら
 い入っていると考えた方が正しいだろう。

 それでも発音や言い回しが多少劣っていても、かなり近いレベル
 まで到達していていたらうれしいし、そうあってほしいと思う。

 私は娘の英語がどれぐらいなのか、よくわからなかったので、
 ネイテイブ講師の話を総合しておよその見当をつけるしかなか
 ったが、彼らも本当に厳しいことは言わないので、結局相応なの
 かどうかはよくわからなかった。

 ただ、物をずばり言う香港人からは、上手いと言われていたし、
 私に話しても英語がいまいちなので、娘に替わってくれと言わ
 れたこともあるので、私よりはずっと上手なことは確かだ。
 プリスクールの園長先生からも完璧だと言われたこともある
 ので、まあそれなりのレベルには到達していたと思う。

 でも、一番私がレベルを判断できた基準は、娘の言った言葉だ
 った。

 「この英語は早い。」

 この言葉は実に的確な英語力の判断基準になる。
 というのも、娘はレベルがあっているものなら、たとえどんな
 倍速で聞こうと、早口で親の私は全くついていけなくても、全然
 平気で、「ママならわからへんやろ。うちは早さは関係ないねん」
 といつも言っているからで、彼女には普通に日本語と同じように
 ぼ~と聞いていてもわかるレベルのものなら、スピードは関係
 なく、頭に自然とすべて入ってくるらしい。

 だから早いからわからんというのは、実はレベルがあっていない
 そこまでの英語力はないということで、遅い教材だから理解でき
 て普通の話しの速度なら理解できないというのは、レベルが合って
 いない、つまりその力がないということ
なのだ。

 非常に乱暴な判断だけれど、結構これはわかりやすい。
 
 娘が早いと言うものは、確かに英語が複雑で、ストーリーが
 難解なものなので、ああ今のうちのレベルはここまでかという
 およその見当がつく。

 英語ダメママのものすごくアバウトな判断ではあるが、自分の
 娘のことなので、観察しているとなんとなくわかるから不思議だ。



 
 iphoneでデコメを送れるようになり
 娘がずるいを連発し、悔しがるのが
 またストレス発散になるなと密かに思う
 まめっちママに応援クリックよろしく
 お願いします
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング

 
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

ほめられる英語 * by リンゴ好き
年齢相応の言語レベルって大事ですよね~。

東大の斎藤兆史先生の本にはよく書いてありますが、やっぱ「英語じょうずですね」といわれている間は本物ではない!ってことですよね(子供なら許して欲しいけど)。

日本語でも、まさかデーブ・スペクターやトニー・ラズロに「日本語うまいですね」って言う人は、ギャグじゃなければ、ほとんどいないでしょうし(彼らのほうがフツーの日本人より日本語よく知ってますから)。

中学受験の勉強は、年齢相応というより、かなり難しい内容だと思うんですけど、だからこそ、言語能力を「ほめることが失礼に思えるようなレベル」にまで高めるための有効な手法のひとつですよね、きっと(当人は大変でしょうが...応援してます)。

リンゴ好き様へ * by まめっちママ
上手ですねと言われている間は本物じゃない・・・
やっぱりそうですか・・・
わかります。私達も外国人に日本語お上手ですね
と言う時は、大抵ネイティブと同じぐらい上手いから
言うのではなく、片言でも頑張って話そうとする
姿に共感し、それを褒める言葉で使うことが多いで
すもんね。
セイン=カミュなんて外国人とは思えない日本語力
なので、まあの人の場合は文豪カミュゆかりの人
なので、そういう言語的才能も受け継いでいるのかなと
思わないでもありませんが・・・
下手なその辺の日本人より日本語できますよね。
娘はそれなりだと思います。日本語の力の方が
はるかに高くて、受験勉強の国語なんて大人が読ん
でもいいものばかりで、これは英語で同じレベルとは
言い難いです。でも、日本語が先に高度になって、
そのあとを少し遅れながらも英語で追いかけていく
スタイルでいいと思ってます。
受験・・・・今年はもう6年なのでかなり焦ります。
1年ってすぐにたつので、あっという間に本番ですし・・
ううそれを考えると怖いです。

個別記事の管理2010-04-06 (Tue)
 英語に限らず、子供の教育をするにあたって、幼児期は親の意向
 にある程度沿って物事を進められるので、親の考え方や方向性が
 強く子供に影響してくる。

 いいか悪いかは別として思い描くレールに乗せて進ますことも
 この時期ならではのことだ。我が家はこれになってほしいという
 希望はなく、とにかく自分で考えて創造力を豊かにしてほしいと
 いう希望だけ持っていたので、おのずとやらせることが幅広く
 なり、いわゆるお受験に必要なことはやらずに、脳を鍛えること
 耳や目を訓練することなどに重点を置いていた。

 だから反復計算や先取り教育的なことはほとんどせず、勝手に
 覚えた漢字と九九だけは進んでいたが、方程式だの不等式など
 そういうことを詰め込んだこともなく、ひたすら直接勉強の
 成績に直結するわけではないものばかりに力を入れてきた。

 だから現在は、漢字検定だって人並みの学年相当の級しか持って
 いないし、検定のための勉強という位置づけは我が家にはないの
 で、むしろ細かいイラストの細部を観察して再現するとか、耳か
 ら聞いたセリフを聞き比べて声がどうだの、英語と日本語の違い
 がどうだったとか、あまり役立つとも思えないことにばかり熱心
 に取り組んでいる。

 でも、この無駄に見えることが後々必ず役立つと信じている。
 子供達の中には考えずにすぐに先生を呼んでしまう子や、要領
 だけで足したり引いたり、かけたり、割ってみたりして、根本
 の原理を追及することなく、解答を出すテクニックだけは
 優れていたりするなど、どうかなと思う事例がたくさんあるの
 で、今はそういう子供がなんとなく先に進んでいる気がしても
 成人式などで再会した時、あの子がこんな人になっていたと
 驚くようなことが結構あり、人生は総合力だとつくづく思う。

 だからこそ無駄に見えるすぐには結果が現れないようなものでも
 いらないと切って捨ててしまわないように、色々な経験や体験を
 させてきたのだが、それが吉とできるかはまだ先のことなので、
 とりあえずは、小学生までに頭の器を大きくすることに力をかけ
 る方が、きっと将来大きく花を咲かせることにつながると信じて
 いる。

 年齢不相応に先取りはせず、それでいて何もしないというのでは
 なく、一緒に考えて観察し、本から得た知識を現実世界で体験す
 ることで、自分のものにできるような生きた勉強をしたいと思う。

 本は子供であろうと大人であろうと人生を豊かにしてくれるので
 私は文字は早く読めた方がいいと思っている。親が読み聞かせて
 想像力を働かせれば、慌てて読めなくてもいいのだというのも
 正しいので、どちらがいいとは断定できないけれど、少なくとも
 好奇心がある子供が自ら調べようと思った時に、文字が読めれば
 もっともっと世界が広がるだろうし、辞書を使うことを覚えれば
 更に語彙が豊かになり、どんどん物事を吸収していくこともでき
 る。だから覚えさせるのではなく、勝手に覚えるように遊びの中
 で文字というものを認識させてしまうことはやってもいいかなと
 思う。

 今の子供は辞書を引かない。学校でもそういうことをしないので
 それが一番今の教育に欠けているなと思うところだ。

 私は子供のころ、面白くもない白黒の辞書を必ず引いて言葉が出て
 来るたびに調べていたので、おかげ様で国語だけは何もしなくても
 読解力があったように思う。

 今は多読などというものが流行るので、辞書を引かないのがブーム
 のようになってしまっているが、国語は辞書を引いたからこそ
 今の自分があると思う。

 あの頃の真っ黒に手あかがつくほど読みこんだ辞書は、自分の宝で
 もあるので、私は子供に辞書を引く習慣をつけてやってほしい
 思う。某私立の小学校では、かの有名な百マス計算の先生だって
 それを推奨していることでもあるし・・・
 
 時間が許せば多読することで、何度も登場する単語や言い回しは
 自然とどういう意味かは理解することもあるが、それをするには
 時間が足りなさすぎるので、穴を埋めるために辞書引きという
 作業はやはり不可欠なのだと思う。

 どちらかが一方だけでは、アンバランスで進めない。
 車輪は両方あるからこそ機能するのであって、片方だけでは決し
 て満足に走ることなどできない。
 それを子供の教育に当てはめて考えてみれば、読書も量と質の
 両方が必要なのはいうまでもない。

 

 
 まだ言いたいことの半分も言っていないが、
 長すぎるのも空気が読めない人のようで
 今回はここまでで終わりにしようと思う。
 早いもので、もう学校が始まる!
 春休みがほとんど休みと思えなかった
 娘に頑張ったねぎらいのクリックを
 よろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 

 

 
 
 

 
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (11) * Trackback : (0) |

はじめまして。 * by きゅー
ブログランキングからきました。
「子供に辞書」をひかせる。
私の兄がやっていました。大事なことなんですね。
いろいろ勉強になりました。
また訪問させて下さい!

管理人のみ閲覧できます * by -

きゅー様へ * by まめっちママ
コメントありがとうございます。
お兄様も子供さんに辞書ひき奨励されていたのですね。
とてもいいことだと思いますよ。
語彙を豊かにすることは、大人になってからより
子供のうちにやっておくとよかったなと思うので、
是非やってみてください。

* by Molly
こんにちは。辞書は言語学習には不可欠だと私も思います。ウチには英英辞典だけで10冊ほどあります(親の物も含めて)が、語彙力がいまだ低空飛行中のゴンv-12も、
自分の宿題で単語が思いつかない場合などは辞書で調べるようになりました。
最近ではネットに入力すれば意味なんてすぐに出てくるんでしょうけど、分厚い辞書をえっちらおっちらとひいている子供の姿を見ると、なんだか笑えるのと同時に、ああ辞書があってよかった、と思います。
まわり道しているように見えるけれど、これも必要な体験なんでしょうね。

ところでまめっちママさんがおっしゃる「一緒に考えて観察し、本から得た知識を現実世界で体験することで、自分のものにできるような生きた勉強をしたいと思う。」、同感です。
子供たちが学ぶ理由はこれからの予想不可能な社会で実力を発揮できるように下積みをしている状態であって、子ども時代で完全に「勝ち組」「負け組」が決まってしまうわけではないでしょうし。。。←(そう思いたいです)


Molly様へ * by まめっちママ
辞書は必需品ですよね。
引かずに読んでたらいいといいうのは、私には
どう考えても何かが欠けているような気がして
仕方ないです。
いちいち詰まってこだわりすぎて本来の楽しさを
なくしてしまうのはよくないけれど、読書していても
ざっと読み進めていいものと、言葉の意味を調べて
納得して読むのものとは分けた方がいいと思ってます。
特に作文力などは、辞書がないと伸びませんしね。
わからないから辞書引こう、こういう風に子供が自ら
調べることに目をむけられることが大事なんじゃない
かと思います。
それから子供のうちに勝ち負けは決まりませんよね。
今はスタートでお金があるない、親の考え方なども
影響して学力格差なども言われていますが、親が
作った子供と自分が一念発起して頑張った子では、
後者の方が生きる力は強いです。
もちろんあまりにも最初のスタートが出遅れすぎると
取り返すのは大変なので、ある程度親は手助けして
自分で勉強して学ぶということは教えてやらないと
いけないですが・・・そのためには詰め込み先取りで
はなく、考える、調べる、そういうことを徹底的に
小さいうちに仕込んでおきたいです。
きっちりやるのは大人からで十分。今からきちっと
してたら息切れしちゃいますしね。(笑)



* by rickymom
そっかぁ。辞書をもっと活用すべきですね。
うちもあるけど息子が自分から手にとって意味を調べるなんてあまりないし。
やりかた次第でゲーム感覚で楽しみながら勉強できそうです。
とっても参考になりました!

rickymom様へ * by まめっちママ
ゲーム感覚で辞書で遊ぶというのは
いいかもしれませんね。
辞書を読書がわりにしてしまうのも
手ですしね。隅々まで眺めていつしか
覚えてしまうぐらいになったら理想です。

* by maple
最近は何でも早い方が良いっていう傾向がある気がします。
が、早くできたとしてもそのうちみんな出来るようになる事って多いですよね。
なので早さにはこだわらず、基礎的な部分をきちんとできるような子にしたいなって思ってます。
基礎が出来ていないと結局応用も何もできないですし。
文字の読み書きは別で早い方が良いかななんて思いますが。
辞書って大切ですよね。
私もネットとか私の知識で安易に答えを与えるのではなく、自分で辞書なりを使って時間がかかっても自分で答えなりヒントを見つける事ができるようにしようと思います。

maple様へ * by まめっちママ
そうなんですよ。何でも早ければいいという風潮。
結局何年かすると皆できるようになることがほとんど
です。でも、早くやってその先にどんどん進んで
結局どこへ行きつくんだろうって・・・

器を大きくすることや考える力、自分で調べる力
こういうものこそ小さい頃に鍛えておくべきこと
なんじゃないかと思うんですが・・・

辞書は使うほどに愛着がわいてきます。
何でもそうですが、自分の子供のように思えて
くるほど使いこなすといいですよね。

* by 履歴書の添え状
いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

個別記事の管理2010-04-05 (Mon)
 英語育児ますはここから第39回

 これまでこのブログでは、動画の保存方法や携帯プレーヤーに
 転送して持ち出す方法などを何度か紹介してきたが、一番簡単な
 そして手軽に無料で見られる動画と言えば、やはりiTunesにアップ
 されている無料のビデオpodcastではないだろうか。

 itunes 画面

 iTunesはipodなどをお持ちの方なら必ずパソコンにインストール
 していると思うので、これを利用しない手はない。

 パソコン上で見るだけでもとても役立つものがたくさんあるが、
 今日はその中から小さい子供向け3歳ぐらいから楽しめるpodcast
 を紹介する。一つ一つが短いので、飽きずに見られることと人形
 がとてもかわいいので、怖い映像や外国特有の個性がきつい絵が
 だめな子供にも優しい感じでお勧めだ。

 iTunesを立ち上げてからpodcastをクリックし、キッズファミリー
 というカテゴリーから好きなものを選択して無料購読をクリック
 するとダウンロードされるので、パソコンでいつでも見られる。
 更にipod touchなどをお持ちなら、同期することで転送も簡単に
 できる。
 
 Podcast PBS KIDS Sprout

 podcast pbs kids1

 podcastは音声だけのものも多いが、ビデオpodcastなら映像つき
 なので、しかも無料でこんなに配信されていると有難い。
 私もお気に入りのpodcastがいくつかあるので、大人用として
 自分の英単語の強化のために利用している。

 まずは難しい動画選びに困ったら、ビデオPodcastを利用してみて
 とにかくスタート。親の行動力と前向きな姿勢が一番子供の英語
 育児には大切なことなので、英語が多少苦手で子供に英語を話せ
 なくても、これぐらいなら誰でもできるのではないだろうか。

 英語育児は難しく構えなくてもスタートは誰でもできる。
 要は後でしようとか、そのうちにとかそういう自分自身の怠慢
 を少しだけ子供のために改善するだけで、随分違った結果に
 なると思うので、是非とも少しの手間をかけてあげてください。

 


 手間をかけすぎて子供のウォークマンやipod touchに
 余計なものを勝手に入れてしまい、娘に削除されてし
 まったかわいそうなまめっちママに励ましクリック
 よろしくお願いします。
 (高学年になると、こんなことできるようになるので困る
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング



関連記事
* Category : 英語育児 まずはここから
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by mherese
まめっちママさんこんにちは♪
podcast、とても良いですね。
夫がiphone使用者なので使えそうです。
うちはまだまだ絵本を通して英語に触れることが多いですが、
子供が成長するにつれ、このようにメディアも併用できたらいいですね。

HandBrake * by リンゴ好き
私はHandBrakeでDVDをrippingして、通勤時にiPhoneで鑑賞してます。
(英語字幕や日本語字幕も付けられるので便利ですよね)
私はTVをほとんど見ないのですが、iPhone使うようになってから、TSUTAYA(DISCAS)を利用することが増えました。

あと、iTunes使ってて気になるのは、アメリカのアカウントと日本のアカウントで、ダウンロードできるaudioデータが異なるって点です(日本アカウントではダウンロードできないもの、結構あるんですよ~,朗読データとか...)。

国ごとに著作権の保護領域が異なるからなのかもしれませんが、インターネットを前提としたデータ配信の世界に国境なんていう古臭い概念を持ち込まないで欲しいですよね。

mherese 様へ * by まめっちママ
iphoneをお持ちならぜひpodcast見てください。
便利ですよ。
本当に最近は何でもできるようになって世の中
進化しすぎです。ついていくのが大変ですよね。
私は新しいものが好きなので、結構楽しんでますが(笑)


リンゴ好き様へ * by まめっちママ
iphone本当に便利です。もう電話というよりは
ミニパソコンですね。絵文字やデコメールなどは
ある程度アプリで対応できますし、特にそれが
目的じゃないので、他の魅力的なコンテンツが
使えるのはうれしいです。実はあまりiTunesは今まで
多用してなかったんです。どちらかというとsony派の私
なので、PSPを活用することの方が多くて・・・
でも電話を変えてからは、これがメインになってます。

着信音に不満があったのですが、これも自分で
40秒の着信音を作って好きな曲を着信音にできる
ようになったので、問題クリアですし、QRコードの
問題もアプリで解消しましたので、使い勝手はよく
なりました。手帳機能もばっちりですし本当に
もうなくてはならないものになってます。(笑)


個別記事の管理2010-04-03 (Sat)
 子供をバイリンガルにしたいと願う親は多いが、成功まで導ける
 親は、そう多くない。

 もちろん最終的には本人の問題なので、親はある一定レベルまで
 導くだけなのだが、それでもそこまでですらなかなかできない
 もので、家庭環境や経済力、親の性格、回りの状況など様々な
 要因があるので、何もかもがスムーズに進むとは限らないのが
 残念なところだ。

 それでは子供を導ける親とはどんなタイプなのか考えてみた。
 
 まず基本的に物事に大らかな人が多い。
 ものすごく神経質であったり、些細なことが気になりこだわる人
 は難しいように思う。

 それからフットワークがいい人。これは何をするにも大切なこと
 で、計画は立ててもなかなか実行できないとか、失敗を恐れて
 完全な計画を立ててからしか前に進めない人は、時期を逃すこと
 が多く、結局何かにつけて言い訳をして先延ばしする傾向がある
 ので、こういうタイプも難しいかもしれない。

 次に物事を多面的に見られる人。こうだと思えばそれを信じて
 やり遂げることも大事だが、視野が狭くなって前しかみられなく
 なっている場合には、信じてやり遂げることも単なる頑固になっ
 てしまうので、基本スタンスを持っていながらも、微調整できる
 柔軟性を持てるかどうか、これは大切だと思う。

 そして撤退する勇気。これが一番難しいのだが、継続とあきらめ
 ないことと相反する事のように思えるので、矛盾が生じ、自分の
 中で葛藤が起きてしまい、迷走する羽目になる。(昔の私がそう)

 でもよくよく考えてみると、この迷走は時期が間違っていただけ
 で、やめてしまえということではなかった。今はそれをする時で
 はない。他に大事なことがあるというメッセージであり、チャン
 スはいつでも開かれているのだということに気づくまで時間が
 かかった。それだけのことだったのだ。

 親も年齢を重ねると物事がよくわかるようになり、なんであの時
 は、あんなに焦って走り回っていたんだろうとか、冷静になれな
 かったなと笑って語れる日が来るもので、今の私は英語に関して
 は、その境地に到達できたけれど、当事者である受験に関しては
 まだ人間ができていなくて迷走しながら日々悩んでいる普通の
 親なのだ。

 結果がすぐにでないのがバイリンガル育児なので、余計に迷走し
 てしまうのだが、乗り越えられない試練は天から与えられること
 はないので、それだけを信じて柔軟にバランスよく生きたいと
 いつも思うのだけれど・・・・まだまだ修行が足りないなと
 反省の日々ばかりだ。



 
 朝起きられないからといって、目覚ましを
 2個と携帯とipodのアラームをかけて、更に
 4時から音を鳴らす迷惑な娘・・・・
 隣の部屋で寝ている私達が目覚めているのに
 この大音量でも起きてこない・・・・
 火事になったら絶対に死ぬだろうな・・・と
 限りなく不安になるまめっちママに応援クリック
 よろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング

 
 

 
関連記事
* Category : バイリンガルへの道とその後
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

う~ん(=_=;) * by Cassis
1個目: 大らかかどうかは別として、神経質じゃないので、○
2個目: フットワーク…むらがあるから△
3個目: 多面的?! をを。自信なし。 ×?△?
4個目: 難しい~~~! よくわからないから、□(四角)!(笑)

娘さん、うちの親と前世でつながってるかも(笑)
家の隣を暴走族が通ったのに気付かずに寝ていたり、
水害で避難命令が出ているのに寝ていたり…。

娘さんの誕生日に、JRの仮眠室で使われている目覚ましベッドシートはいかがでしょうか?
エアーが入って、勝手に上体を起こしてくれます。
たしか…10万弱です(笑)

Cassis様へ * by まめっちママ
一例にすぎないので、当てはまらなくても
全然大丈夫ですよ。(笑)
親がきっちり系の人でも子供もきっちり系だったら
相乗効果?で余計にきっちりできたりして(爆)

まあ何事もやる気があっていけいけと出来る人の
方が成功しやすいというのはあるかなと思います。

目覚ましエアーベッドなんてあるんですね。
娘には下から強力スプリングが飛び出てベッドから
転がり落ちるぐらいの衝撃がいりそうです。(笑)


個別記事の管理2010-04-02 (Fri)
 バイリンガルになりやすいとかなりにくいとか、そういうものが
 あるのかどうか定かではないが、家庭環境も親の英語力も学校
 もほぼ同じような条件であるにもかかわらず、バイリンガルの
 素質を開花させる子供とそうでない子供がいるのは、なぜだろう。

 本人の元からもっている能力の差と言ってしまえば答えは簡単
 だけれど、本来それほど大きく違わない子供の能力に何が影響
 してくるのだろうか・・・?

 全く同じ親に育てられても違ってくるのだから、やはり本人の
 問題であることは確かだけれど、わずかな違いがあるとしたら
 それはたぶん与えられたことを素直にやる性格のまっすぐさと
 それを応用してつなげていく脳のシナプスの働き?
とでもいう
 のか、それが両方あるかないかの違いではないかと思う。

 大人になってどうしても必要な局面に遭遇すれば、大抵は言語
 をどんな人でもそれなりに習得するので、別に子供のうちに
 この両方がそろっていなくても、それほど問題ではないとも言え
 るが、バイリンガルにしやすいタイプであれば、大人になって
 から必死の思いで習得しなくても済みそうなので、できれば
 子供のころにこの部分は鍛えておきたいとも思う。

 わかっていても人の話は丁寧に聞くこと、知ってる知ってるを
 連発しないで、一つでもつかみとろうと熱心に聞く姿勢がある
 と伸びは著しい。それにプラスして応用力があれば鬼に金棒

 と言える。

 でも、応用力といっても普通に英語の表現を覚えるだけでは、
 実践で使えないし、かけ流して子供はすぐに丸暗記するけれど、
 それを自由に使えるようにはなっていないように見えるなど
 色々問題点が出てくると思う。

 いくらすぐにDVDの表現を覚えたり、絵本を暗唱したりしても
 本当に理解して日本語のように不自由なく会話で使える子供
 はやはり数少なく、大半は子供特有のすぐに覚えるけれど、
 オウムが真似するだけで適切な場面できちんと理解して自由に
 使えるようにはならないのと同じ状態だということも現実と
 して厳しいけれど自覚しないといけない。

 では、その中からそれを使えるようになる子供は何が違うのか?
 条件は同じで公立小学校に通い、親が日本語しか話せない
 こんな家庭でも子供が英語で言いたいことが言えるように育つ
 のは、何が違うのか・・・・・

 はっきりはわからないけれど、好奇心が旺盛かどうかは大きい。
 それと英語をやらされているという感覚が薄いこと。
 そして一番大きいのは、日本語を排除していないということ。
 
 実はこの部分が一番大切だと最近思うようになってきた。
 日本語の意味がわからないのに、英語ではわかるというのは
 私は信用していない。小さい頃はそういうこともあったと
 思う。語彙が少なくても済むし、大したことを言っていない
 からで、そういう時は英語が先に入ってきて日本語では知らな
 いけれど、英語では言えるなどという語彙の不足をもう一方の
 言語が補うような関係が確かに成立する。
 娘もそういうことがよくあった。日本語で言えないことを英語
 で置き換えて言うので、ルー語のようになるのがこの時期だ。

 でもそれがやがて日本語ですべて言えるようになり、英語が
 混じらなくなる。それぐらいに日本語が固まって始めて英語が
 ものすごくよく理解できるようになる。

 うちでは英語を家で全く話さないので、使う機会は限りなく
 少ないけれど、日本語の音声までも携帯プレーヤーで聴く娘は
 どの場面も完全バイリンガル状態なので、英語の表現一つ一つ
 がはっきり理解できている。この表現はナルニアでも同じこと
 を言っていたし、あのDVDでも同じこと言っていたなどと、無数
 のシーンが頭でつながってどこで使われていたか、すべてネット
 ワーク上にあるので、出し入れも自由となり、こんなにも
 話す環境がないのに、口からたまに出す英語は素晴らしく流暢
 なのだ。(滅多にほめないので親馬鹿をお許しください)

 私が安心して日本語で生活できるのは、娘の英語の伸び方や
 理解力を目の当たりにしているからで、幼稚園を卒園したばかり
 の頃のように不安で英語教室に連れ歩いたり、レッツスン回数
 をやたら増やしたり、もう英語の本も買いまくりなどという
 ことをしなくても、たまに大量に安価なDVDを購入してそれを
 バイリンガルバージョンで徹底的に聞きまくり、シャドーイング
 することで、ほぼ英語で色々なことを言えるのがわかったので
 今はこんなにも勉強の方に力が入っているにもかかわらず、英語
 への不安はほとんどなくなった。

 今の一番の不安は受験勉強がきついので、精神的に燃え尽きない
 かどうか、体が大丈夫かどうかそれだけで、先日も別に救いを
 求めたわけではないが、占いをしてもらった。

 去年娘は体調を崩し、塾を変わったのでそれから少し運気が下が
 り気味で苦しかったのだが、そんなことも私が何も言わないのに
 すべて当てられ、更に驚いたのは、この子は外国に行くという
 運気が強く出ているねと言われた。たくさんその星を持って生ま
 れているそうで、留学したりするようになるだろうとのこと。
 
 確かに英語が得意な娘は、中学受験したのち、学校から海外に
 行く機会がきっと多くなるだろうから、英語をやってきたのは
 必然だったのかなと思えた。

 もちろんそんなことはどうでもいいことで、たかが占いなので
 気休めにすぎないけれど、物事には流れがあり、すべて意味が
 あると信じている私と全く同じことをその占い師は言っていた
 ので、なぜか共感して素直に聞くことができた。

 今は親の私が一番精神的にもつらいので、今までやってきたこと
 を信じて肯定していくことで何とか乗り切っていこうと思う。

 


 
 iphoneのメール着信でどうしてもバイブレーション
 機能が働かず、音を出さない旦那はメールが来たか
 どうかわからないので、困ってソフトバンクショップ
 に聞きにいった。やっと原因がわかったので、私が
 メールを送って確かめたところ、ついうっかりいつもの
 いたずら気分で「バカ」と送ったところ、ショップの
 お兄さんに画面を見られプッと笑われてしまった・・・・
 何か悪い?このおもしろくないご時世・・・それぐらいの
 茶目っ気があってもいいんちゃうのと開き直るまめっちママ
 に応援クリックよろしくお願いします。
 春休みブログをさぼりすぎて、このままやめそうになる
 誘惑にかられている・・・・
   ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング



 

 
関連記事
* Category : バイリンガルへの道とその後
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-04-01 (Thu)
 英語育児の影響なのか、それとも最初からそういう性格なのか
 わからないが、娘は単刀直入に物を言う。

 遠まわしな表現は、あまり使わず、家族に対しては特にずばっと
 物を言う傾向があるので、たまにもうちょっと日本的に曖昧な
 表現も言えるようにした方がいいんじゃないかと思うこともある。

 今日も「お弁当おいしかった?」と聞くと、普通とすげない返事
 が返ってきた。それってずばりおいしくないってこと?と聞くと
 「おいしくないんじゃなくて本当に普通。
  特に何も感じないし、普通の卵焼きの味。」

 卵焼きは私の得意料理で、あまり人のことを褒めない旦那でも
 これはいつもおいしいと言ってくれる数少ない料理の一つ
 なのに、この言い様・・・

 「うちは、そのまま言ってしまうことが昔から
  多くて、幼稚園のころも先生にずばり
  I'm doing as best as I could ,so be quiet!
  って言ってしまったし・・・・
  そしたらThat was rude.って怒られた。」

  かなり古い記憶なのに、まだ鮮明に覚えているのには驚いた。
  というか、よくそんなこと言えたなと思う。

 「いや~だって外人って結構はっきり物言うし、
  だからそういう癖がついてしまって・・・」

 もちろん娘とて、言っていいことと悪いことはわかっているので、
 学校では非常におとなしくしているようだが、友達から時間外
 にメールが来ても完全無視だし、あまりしつこいと、もろに
 「今勉強中。メールするな」と送り返し終わり。

 さばさばしすぎて友達をなくさないかと心配になることもあるが
 案外これでもちゃんと友達とは上手くやっている。
 下手にだらだらとメールのやりとりをし、すぐに返さないと
 仲間外れになるなどということもなく、気が向かなければ返信
 などしないというその徹底ぶりがクールでいいのかもしれない。

 私もどちらかというとそういうタイプなので、即メール返しなど
 はしたことがなく、よほど重要な件やすぐに返さないとまずい
 こと以外は、次の日になったりすることも多く、基本的にメール
 がすぐに返ってこないからといって、落ち込むような関係とは
 違って、友人達とは皆程よい距離感を持ってつきあっている。
 4人以上と遊びに行くと、とたんに静かになる私は、人数が多す
 ぎると疲れるので、気を使わない少人数が好きだ。

 たぶん娘もそういう感じなのだろうけれど、娘の年齢では
 まだ友達とつながっていたい年頃なので、こんなにもさばっと
 しているのは珍しいほうだろう。

 いいのか悪いのかわからないが、正直すぎるところがある娘は
 オブラートに包むことができないので、本当のことを言い過ぎて
 はらはらするのだが、これもまた娘らしいのかもしれない。
 

 
 今日も3時間ぐらい英語のDVDを録音していて
 頭が疲れてしまったまめっちママに
 ねぎらいのクリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング


関連記事
* Category : コラム
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by rickymom
わたしも集団行動は苦手。
一匹オオカミです。(^O^)
多分意地っ張りの裏返し。(>_<)


お嬢さん、竹を割ったような性格、というのでしょうか。
とてもサバサバしていて、
聞いていて気持ちがいいです。(^O^)

今の子どもってみんなと同じじゃなきゃって、言う子が多そうだと思ったので、
ちゃんと自己主張ができる子もいるんだ、と知って逆に安心しました。

わたしの知り合いもストレートにモノを言うタイプです。彼女のせいで密かに傷ついている人をたくさん見ています。(>_<)

彼女の発言はたいていの場合、

「間違っちゃいないんだけど、普通そういう言い方はしない」

的な発言です。(^v^)

多分、問題は発言そのものではなく、”言い方”なんだと思います。そこに”とげ”があるかないかで、他人からの評価が大きく異なってきます。

それから、自分はズバッと言うくせに、人から言われると、すごーく傷ついていたりします。(^v^)

彼女の子どももまた、ズバズバ言うので、まだ幼稚園ですが、残念ながらすでに疎んじられている傾向にあります。

相手の気持ちを考えてモノを言う、というのは、”子どもが母親から学びとった結果”のような気がします。

こういうと、まめっちママさんを傷つけることになってしまうのですが、わたしはストレートに物を言う彼女も嫌いじゃないんです。

人間100人いて、99人に嫌われても、1人から好かれればいいんじゃないかと思います。
結局一生の友達なんてそんなにいないもんですから。

余計なおせっかいで恐縮ですが、特にトラブルがないなら良いですが、はっきりモノを言う人ははっきりモノを言われると傷つきやすいと思うので、注意してあげてくださいね。(^v^)

かく言うわたしもその一人・・・・(>_<)
長々失礼しました。





rickymom様へ * by まめっちママ
娘の性格はたぶんパパから受け継いだものが
多いです。うちではパパの影響をすごく子供が
受けるので、その分品がないというか・・・(笑)
でも、娘は人の悪口は言わないし、まあいいかと
流せるので、傷つきやすいタイプかというとそうではなく、
すぐに忘れることができるという点は、楽天的で
うらやましいです。ただ、女の子にありがちないつでも
一緒、つるんで何かをするというのが嫌いで、受験生で
勉強しないといけない時間に友達からメールタイムしようと
誘われてもきっぱり断われるそういうタイプです。

電話が嫌いでメールも用事がないとしないという
のは、我が家の共通点なので、そういう考え方は
子供にも影響していますね。

今はとにかく思春期で親にはぶっきらぼうな言い方
しかできないようですが、これも成長の過程だと
見守るしかないのかなと思います。



* by mherese
まめっちママさんこんにちは♪
うんうん、と頷きながら記事を拝見しました。
「マイペース」というのですかね・・・
大物に多いタイプではないでしょうか。(^m^)

思っていることを伝えることはとても大事なことなので
そこは変わらずにいて欲しいと思いますね。
オブラートで包む方法は、お嬢様がもっと歳を重ねると
自然とできるようになりますよ。(by,経験者。笑)

mherese様へ * by まめっちママ
大物になればいいですが、どうでしょう・・・
娘は人一倍気を使うところもあるし、優しすぎて
利用されるところもあるし、なんかこう純粋という
か、正直すぎて上手く立ち回れないのかもしれません。
人とつるむこともなく、悪いことはわるい、自分の
信念に従って生きている感じです。
だからそのままでいいのだと私も心の奥では思って
いますが、世の中ってそれだけで生きて行くのは
ちょっとつらいというか、要領もよくないといけない
のに、不器用ですよね。
まあもう少し年齢が大きくなれば出来ると信じて
気長に今はこのちょっと変わった個性的な娘と
楽しくやっていこうと思います。

* by Cassis
あははは。私は好きかも~♪

私の妹が「つるんでトイレ」とか嫌いな子で、不器用な子だったんですけれど、
裏表がない分、友達には信用されていたし、中学校に入ると、後輩の女子にモテモテでしたよ(笑)

気を使った言い回しとか、そういうのって、これから友達と衝突したり、自分が傷つく経験があったり、そういうところから、「“その人に必要な分だけ”学んでいく」のかな、って私は思います。

そういうのが必要な人と、さほど必要でない人といると思うし。

私の親友(男性)が、超・ズバズバいう人ですが、そして、かなりの後輩たちが泣きましたが(泣くのは「逃げ」だ。きちんと意見を言え!と、かえって火に油状態です)、それでも泣いた子たちも含めてみんなに愛されています。

きっと…リーダータイプ! 

ところで、今日の記事を読んで、「rude」ってどういう意味?と辞書を調べてしまいました(;_;)
わが身の英語力を嘆いております。えーん。


Cassis様へ * by まめっちママ
リーダータイプになればいいですが・・・
妙に外では大人しいんですよね。
親しい人にはこんな感じなんですが、でも
最近学校の体育館の二階からマットを重ねて
飛び降りられるかをクラスで真っ先にやって
男の子が俺もやると続いてしまって・・・・
結局根性があってできたのは10人ぐらいですが、
女の子はうちの娘だけ。
なんかますます謎の奴と思われてます。
もう変人街道まっしぐらで、はずれまくっている
娘にお手上げです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。