オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2009-06-30 (Tue)
 前回は幼児期の心のトラブルについて書いて、随分反響があり、
 私たち皆に共通しているものなのだと再認識した。
 コメントなどを拝見すると、子供一人一人は確かに全く違うし、一人
 として同じ方法で同じ結果になるわけではないのだけれど、その
 中に、共通点も随分多いのだということにも気付かされた。

 年齢の壁を飛び越えた成長はないというのは、まさにこういうこと
 なのだろう。

 あらためて学ばされることが多く、子供に親が育てられるのは本当
 だと思った。

 さて、今回は英語育児をしていて、これまたよく突き当たる事の
 一つ、DVDを飽きて見なくなった場合について書こうと思う。

 子供は同じことを繰り返すのが好きで、しばらくブームが続くのが
 一般的だが、そのサイクルは結構短いもので、やはりそのうち
 飽きてくる。

 おもちゃでも新しいものがたくさんあると、すぐに飽きて次々と
 興味の対象が移っていくので、数は多すぎない方がいいと私は
 思っている。

 それと同じで、英語のDVDも多すぎるよりはシリーズで好きなもの
 をいくつか揃えた方がいいように思う。
 うちでは一時期ブルースクルーズが大ブームで、あけても暮れても
 そればかりだった。

 DWEも一時期はよく見ていたが、見る時に、テレビの前に座り込み、
 ものすごい近い距離でへばりつく傾向があるので、目が悪くなる
 ことを心配し、できるだけ離れてほしいので、できれば他のことを
 やっていながら時折ちらっと見える程度にしておきたかった。

 それで何回か見た後は、すぐに音声をMDに録音してしまい、
 映像は消して音だけに切り替える方法を当時の私は自己流で
 考えだした。今では別に目新しいことではないけれど、当時は
 周りでそういうことをしている人はいなかった。

 これがかけ流しの原型と言えるもので、何も情報がなかった頃に
 映像ばかり見せることをやめるために、時間を有効に使いたい
 という一心で、他の知的な遊びや、手先を鍛える作業に専念させ
 るためにも、絵が見える状態はできるだけ避けたいと考えたからで、
 自然と音声を録音しておけばいいという発想が湧いてきた。

 だからDWEのメインビデオの音声を録音してかけるという
 メインレッスンのCDとは全く違う音声の使い方を私は勝手に
 やっていて、メインレッスンよりそちらの音声を重視していた。

 正統な使い方とは違った変わり者だったと言える。
 
 だからDVDに飽きて困ったということは全く我が家ではなかった。
 ある程度見たら、音だけにしてしまうので、ビデオもそれほど
 傷まないし、音だけの効用は子供にもう一度あれ見たいなという
 気持ちを起こさすことにもなるので、見なくなってもまったく平気
 で、むしろかけ流しの音源は見なくなったDVDが一番だとさえ
 思っている。

 聞かせたいものより、飽きてしまったものをこそかけ流しに使う 
 というのが、うちの方法だった。

 新しくてまだ見たいものはかけ流す必要がないので、飽きて
 日の目を見なくなったものこそ、かけ流すことでもう一度
 その価値を取り戻すことができるという発想だった。

 だから数は少なくても通算何十回も聞くことになり、恐ろしく頭に
 残る。今も同じで、昔のDVDや何年も前のストーリ音声などを
 かけ流しに使うことで、易しいめの単語を忘れることなく、頭に
 残せるようにしている。

 教材のレベルが準1級ぐらいになると、日頃の会話では絶対に
 出て来なさそうな単語が増えるので、逆にとても簡単な単語を
 忘れることがある。幼児なら知っている単語でも、何だったけと
 いうようなこともあるので、昔のDVDなども侮れない。

 英語はスパイラル方式でやらないと、本当に忘れる。
 レベルに合わせた教材の選定も大事なのだけれど、易しいと思っ
 ていたものでも、戻って復習しないと忘れてしまう。

 特にうちのように英語を家では使わない、学校は公立小学校
 で、英語の時間は月に一度程度しかないというような環境では
 よほど工夫しないと英語の維持はおろか、進歩など望めないので
 毎日が時間との戦いで、いかに短く効率よく英語を定着させるかが
 鍵となる。

 我が家のかけ流しのメニューはこんな感じ

 まず、大容量のHDDコンポにファイル分けして音声を録りだめする。
 ファイルは次の項目に分けている。
 ①アニメ
 ②洋画
 ③スピードラーニング
 ④ドラマ
 ⑤英語教材
 ⑥youtube
 ⑦中学受験

 この中から朝は大体中学受験の地理のCDか昔の教材の音声
 帰ってきてからは、英語教材の中に入っている「キク単」「キク文」
 あるいは、日本文化を英語で説明する関係のCDが中心。
 塾に行き、帰ってきてからは、ドラマ主に「ハンナモンタナ」などを
 聞く。
 
 少しずつバリエーションをかえて、ある時はZ会系だったり、ALL IN
 ONEのCDだったりすることもある。

 とにかく今まで使ってきたものを順に何度もやり直す方向で進めて
 いるので、最近新しい音源はあまりない。
 洋画がディズニーチャンネルで放映された時、新作をたまに録音
 する程度だ。

 一番新しいものは、大統領就任演説のCDとその他の歴代大統領
 やキング牧師の演説などを勉強のために聞いているぐらいだ。
  (こちらは難しいので、日本語訳を読んでからだが・・・・)
 こんな感じで、あるものをとことん使い倒す方向で現在は進めて
 いるのだが、これだけでは、ライティングがやはりできないので、
 ここが一番親に英語力がない場合に苦しい点だと思う。

 今回は飽きた物の再利用についてがメインの話だが、次回は
 親に英語力がない場合や、基礎学力が不足している家庭でも
 子供の英語は伸びるのかということについて、相談を頂いたので、
 そのあたりについて書いてみようと思う。
 


 ただ今、外はかなりの雨・・・・かさ
 雨がやんだので傘を忘れることはよくあるけれど、
 降っているのに傘を忘れて帰ってくる娘って
 一体何を考えているんだろう・・・・・・汗;
 テストの名前が途中で終わっている答案とか・・・・
 この中途半端さは誰に似たのかと理解に苦しむ
 まめっちママに励まし応援クリック入れてやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  
関連記事
スポンサーサイト
* Category : その他
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

No title * by kusamoyuru
ライティング苦しいですよね~~
子供から「もっと英語が書けるようになりたい」って言われたんですけど、
親の私も書けないのに・・・とうやって子供のライティングを強化すればいいのか悩みます。
ちなみに我が家は上の子が生まれてすぐに何も考えずにDWEを購入しました(笑)
そしてあまり上手に使えずに数年・・・
下の子がよく見てくれるので元を取れた気分になってますが、
英語育児発展途上って感じです。

ところで、テストの名前が途中で終わってるって私よくやりましたよ(笑)
なぜだか隣の子の名前を書いたこともあって(テスト中に気がついて直しましたけど)・・・
こんな重症な私でも受験の頃にはあまり失敗しなくなりましたよ~

kusamoyuru様へ * by まめっちママ
親の私に英語力がないため、ライティングを見てやることは
無理です。ワークブックをこつこつ進めて答えの丸ぐらいは
つけてやれるかもしれないですが、合ってるのかどうかわからない
英作に関しては苦しいですよね。

使えそうないい問題集も見つけたのですが、今度は時間がないし
受験終わらないと、うちでは英語に時間をかけられないです。
まあそんなわけで今はのんびりカメのようです。

テストの名前が途中なのってうちの子だけかと思いましたが
いらっしゃったんですね(笑)
この前なんかすごかった。国語の漢字の問題でちょうどうちの
娘の名前の漢字が初めて出てきて、それを使った熟語だった
んですが、しっかりそこの答えが自分の名前になってました。(爆)
もうどうにもなりません。自分でもあっ間違えて自分の名前書いて
しもうたと笑い転げてましたから・・・・・
こんなんで受験大丈夫か?と不安になります。
でも、失敗しなくなったというお話を聞いてちょっとほっとしました。

おはようございます * by うっかり主婦
子供の悩み、今でもやっぱりありますねv-356
え?こんなことで・・・と思った事で躓いていたりします。
特に幼児期は言葉は一丁前なのに心はまだまだ柔らかくて・・・。
長女はその辺の加減に失敗する事も何度かあり大変でした。
次女も少なくなったとは言えやっぱりありました。
難しいですね。

かけ流し、本当目にも負担無く時間が無くても聞けるから便利ですよね!!
単語も文章も覚えてもすぐ忘れがちですが、覚えてるうちにただ聞くだけで忘れなくなりますよね。
新しく覚えることももちろん重要ですが、親子ともバタバタしている今、覚えるのは少しづつでも忘れないで貯めていけることが一番近道のような気がしてます。
また、私の英語はなんちゃって英語ですので全く通じないわけでは無いけど、それだけです。
英語力のある方を羨ましく思いがちですが、子供の英語力は親の英語力に左右されないという記事にも励まされました。

うっかり主婦様へ * by まめっちママ
私も今でも英語力があった方がよかったなとは思います。
でも、なくても損ではなかったとも思うのです。

学歴もそうですね。自分に学歴がないから、子供にはという方は
すごく多いですが、その気持ちは今の世の中だから、ものすごく
わかります。スタート時点で門戸が閉ざされてしまったら悔しい
ですからね。だからどんな親でも子供のためによかれと思って
少しでもチャンスだけは平等に与えたいって願うんですよね。
だから私は英語のできない親が他に頼ってあるレベルまで子供を
引き上げるために教材を買ったり、スクールを利用することが
いけないとは思いません。お金をかけなくても出来ることの方が
かけすぎるよりはいいに決まってますが、どうしてもかけないと
手に入らないことだってあるので、そこに借金してでも、どんな
ことがあってもやらせて下さいっていう気持ちがあれば、やっても
いいとさえ思うんですよ。
文中に出てきた野口英世もお母さんを残してアメリカへ勉強に
行ってしまったり、自分の勉学のためにがむしゃらになりすぎて
いるのが本当にいいかどうかなど、考え方は色々あると思うんですが
分不相応でもさせたいと思う気持ちとそれにこたえようとする気持ち
がお互いの中で一致していたからこそ、誰が何と言おうと頑張れた
んじゃないかと思います。

親子って人からはわからない絆みたいなものがありますよね。
放ったらかしの親でも、子供は自由にさせて
もらえて、あれがだめだとかこれをやってはいけないと
言われなかったから、勉強しなさいと言われなかったから
自分はここまで好きなことを極めることができた
なんていう場合もあるし・・・・

きちっとしてもらったからここまで来れたと喜ぶ子供もいるし・・・
この違いを見極めて、かじ取りすることこそが大事なんじゃないかと
最近娘を見ていてつくづく思います。

とかいいながら、なかなかできない自分がいるのですが・・・・
そこが親の勉強だと思ってます。私が考える勉強というのは、
こういう部分なんです。
子供の勉強と同じことをするのも勉強だけれど、どうすれば快適に
みんなが暮らせるかを考えるのも勉強だって。



個別記事の管理2009-06-28 (Sun)
 娘は、本を読む時、必ずしも1巻から読むわけではなく、たまたま
 読んだ本がおもしろかったら、そのシリーズを読みまくるタイプな
 のだが、今はまっているシリーズがあって、それは偶然にも1巻
 だったので、次の2巻を本屋で探したところ、なかったので注文し
 て帰ってきた。
  ↓ ↓ ↓
  

 アマゾンで買おうかと思ったのだが、今読みたいということで、3巻
 と4巻も買うと言いだし、とにかくあるものをがさっと一気に買おう
 とするやたら気が大きい娘で、そのお金誰が払うん?と言いたい
 のだけれど、せっかく読むと言うのだから、買ってやらないわけに
 もいかず、そうなると人の金だと思って大胆にも大人買いしようと
 する。

 ここぞとばかりこれもあれも全部買いたいと言うのが一番怖い。
 できれば学校の図書館とかアマゾンのギフト券たまってからに
 してほしいと思う親の懐は無視して子供のくせに大人買いする
 なんて・・・・・将来大物?になるかも・・・・
 (たぶん・・・・無計画に物を買ってお金が月末に足りなくなるタイプ) 

 以前はじいちゃんに「ドラゴンボール」英語版の全シリーズを
 毎週のようにせびり頼んで買ってもらっていた。
 じいちゃんも英語の勉強だからと、気前よく買ってやるもんだから
 調子にのって、次々読みすすめ、週末に我が家に来るたびに、本屋
 に連れていく始末で、まるでちびまるこちゃんか!というぐらい、
 おじいちゃんの甘さを見透かしたすり寄りかたで、随分お金を使わ
 せてしまった。(ごめんよ~汗; 
 
 頼むから未だに続いている長期連載物の英語版を買ってくれと
 言わないでほしい・・・・

 古本屋めぐりでもするかな・・・・・
 
 
 
 トラブル克服シリーズで取り上げてほしい
 ことがありましたら、御一報ください。
 英語の進め方などで、今困っていることなど
 聞いてみたい、みんなはどうしてるの?という
 疑問を集めて、皆で知恵を出し合うコーナーに
 していきたいなあと思います。
 一日一回の応援も忘れずお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  
関連記事
* Category : 日本語のすすめ
* Comment : (7) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

No title * by のんぷ~/じょあんなT
amazonのマーケットプレイスで、同じ古本屋から買ったら送料割引って
書いてあるところがたまにあるけど、その「同じ古本屋」が検索
できなかったりするんですよね
ヤフオクのほうが見つけやすいかもしれませんね
私はリチャードスキャリーのシリーズを娘に聞かせたいんですが
わたしがおもしろいと思うほどにはウケてくれません
私の性格に似たのかもしれませんが、物語より「マメ知識」みたいな
ほうが喜んでくれます
日本語ですが、どらえもんの学習コミックはかなり揃えていますよ

No title * by ごま
こんにちは。
「おとながい」というのを聞いて、ぎくりとしてしまいました。
大きく残っていたクレジットカードの支払いを終えた今、色々買いたくて買いたくて仕方がなく、また実際に色々買ってしまっています(T-T)
今までの我慢がばーと出てしまったかように買いまくっている私。
そろそろ買い物熱が冷めてくれないと困る~(><)
せっかく貯金同盟始めたのに、これじゃぁいけませんね(--゛
ちょっと我慢しようと思います、はい。

No title * by バニラ
受験勉強、がんばっているんだもの・・・
英語のブログだからあまり書かれないようだけど、受験の勉強って本当に大変だもん。体験しないと、あの大変さも苦しみも単なる想像なわけで、大変という言葉も重みが違うような気がします。
だからそれぐらいの息抜きは、全然許容範囲なんじゃないの?と思ってしまう私は、大甘な親なんでしょうか?


それに・・・おじいちゃんだって、孫にねだられて買い物するのって楽しみなんだろうし、親孝行にもなっているんじゃないかな?

のんぷ~/じょあんなT 様へ * by まめっちママ
学習コミックは結構役に立ちますよね。
我が家ではドラえもんのシリーズはないのですが、
伝記はマンガから入ったので、スムーズに感情移入できました。
子供によってはまるものって違いますよね。
うちでもこれが?と思うものにはまったりするので、親が
選ぶ基準とは違う子供の世界がやはりあるんですね。
だから自由に選ばすのが一番かなと思います。

ごま様へ * by まめっちママ
ごまさん、わかりますよ。その気持ち!
カードで買い物するとやっと払い終わったと思っても
ついまた次のもの買ってるんですよね。
私も明細を財布に入れて通帳から引き落としがすべて
終わったら、ほっとするんですが、そうすると次のものを
買おうと思ってしまうので、結局いつまでもお金の請求は
なくならない・・・・(笑)
これが貯金できない元凶なんですよね。
ごまさん、困ったね・・・・・(爆)
どうしよう・・・・・・貯金同盟早くも黄信号?だめだめ頑張ろう!

バニラ様へ * by まめっちママ
本を読むのは、全然悪くないので、うちではマンガでも
OKだし、テレビもアニメを見て息抜きしてても、もちろんOK。
ニュース番組やクイズしか見せないとかそんなこともないので
かなり我が家は甘い家庭です。
受験勉強って考えている以上に本当大変だから、テレビ見てる
場合じゃないぐらい辛いんだけど、それでも見るなとは言えない。
ここで我慢しなくてどうするのと思うこともあるけれど、そこまで
この時期にする必要もないし、全力出し過ぎてぷっつんとなってしま
ったら、長い人生なんだからマイナスの方が大きいかもとか・・・・
色々悩みます。でも実際に周りで頑張ってて順位がどんと出ると
やはりいいよいいよゆっくりしててとも言えない。
こんな板挟みって親は辛いですね・・・・・

個別記事の管理2009-06-27 (Sat)
 前回の続き、ひん尿になった娘のトイレに行く回数は、1時間に
 4、5回となった。

 行っても出るはずがないのに、半泣きでトイレ行く~漏れると訴え
 るので、そんなはずはないと思いながらも連れていった。

 最初にこの異変が始まったのは、プリスクールから帰る時で、前回
 漏らした経験から、園を出る前にちゃんとトイレに行かせて、万全の
 体制だったにもかかわらず、「ママ・・・・トイレ行きたい・・・・」と
 細い声で訴えてくる。友人のママ友も心配して、病院行った方が
 いいよと言うので、すぐに連れていったが、異常なし。

 それでも症状は治まらず、もしかして強いお漏らし恐怖症になって
 ストレスからそうなったんじゃないかと思い始めた。

 それしか思い当たることがなかったからで、もしこれを何も事情を
 知らない人が見たら、

 「英語のプリスクールなんて入れてるから、
  やっぱりストレスがたまってるのよ・・・」

 となっていたかもしれない。でも、この時すでに娘は、もう1年以上
 も通っていて、英語に不自由していなかったので、それが原因とは
 考えにくかった。

 それにプリではそんなに異常なほどトイレに行っていないという
 ことも判明した。プリスクールを出た途端、あるいは家にいる時
 ほどこの傾向が強いということから、やはり英語が原因ではない。

 だとしたら、お漏らしが続いたことで、私への遠慮があったのかも
 しれない。トイレに行っておかなきゃという強迫観念に襲われ、
 ママの前だともっと緊張して怒られないようにトイレにさえ行けば
 いいのだと子供心に思っても不思議ではない。

 そんな風に追い詰めてしまったとしたら・・・・・
 それは完全に私の責任だ。
 なんてことを・・・・・
 今まで娘はお気楽で、プリスクールのカバンをバス停に
 置き忘れ、えらいことになった時でさえ、こんなことにはならなか
 ったのに・・・・・

 叱り方がまずかったのだと心底反省した。
 傷つくことなんてないと思っていた娘でも心の中は思っていた以上
 に繊細だったのだ。

 御免・・・・・・この時ほどへこんだことはなかった。

 でも、そうとわかれば、全力でフォローしないといけない。
 これは医者の力で治るわけではないから、私が精神的に娘を
 安心させ、癒してやらなければ解決しない。

 それで娘の目を見ながらこう言った。

 「おしっこね、一度出したら次にたまるまで時間がかかるの。
  今、トイレ行ったね。もうおしっこ空っぽになったのよ。
  だから絶対に漏れないよ。だって入ってないんだから。
  したいと思う気持ちは、心の病気なの。
  もし漏れちゃったらどうしようって思うから、本当はない
  おしっこがあるような気になるのよ。
  絶対に大丈夫。ここは家だから、もし本当にもれそうに
  なっても、トイレすぐそこにあるから、安心していられるし、
  何も心配しなくてもいいのよ。
  試しに行ってみてごらん。全然おしっこ出てこないから。
  それにね、お医者さんに行ってもどこも悪くなかったよね。
  ママがちょっと怒り過ぎたから、こうなっちゃったみたい。
  本当にごめんね。もう大丈夫。」
  

  大体こんな感じのことを言ったと記憶している。
  娘はそれを聞いて安心したのか、

 「うち病気じゃないの?これは心のせい?
  本当はおしっこないんだよね。」


 「うん、そう。これは何かに悩んだ時とか、
  心配した時に心が助けてと言ってるサインなの。
  だから心配しないようにすれば、すぐに治るよ。」


 まだ子供だったから、この程度ですんなり理解してくれた娘は
 その後あっという間に治っていった。

 子供だからこそ、回復も早かったのだろう。大人の場合、長く
 精神を病むことがあるけれど、強いショックと自分なりにどうしよう
 という気持ちが引き起こした一種のストレス症状は、こうして比較
 的早く回復することができた。

 昔の私は、子供に理不尽な叱り方をすることなどなかったが、
 幼稚園ぐらいになると、いいことと悪いことの区別はつくはずだ
 からと、つい子供特有の時間の概念を無視した大人の感性で
 接してしまっていた。
 

 子供にとって、さっきはおしっこをまだ我慢できると思ったけれど、
 それは1分後にはやはり行きたくなることだってあるのだ。

 時間の流れ方が大人とは違い、場所を考えて前もって言うなんて
 子供の世界にはない概念だったのに、そんなことさえわからず、
 公共の面前で恥をかきたくない一心で子供の心を傷つけてしまっ
 たことは、今も一番失敗だったなと思う出来事だ。

 英語とは直接関係ない話で申し訳ないが、この時期は毎日プリ
 スクール通いもしていて、忙しいあまり子供特有の感性にゆっくり
 向きあう暇がなかったのかもしれない。

 英語教育もいいけれど、大事な時期に心を傷つけてしまうことが
 あってはならない事件だった。



 きっちりしてそうで、失敗も山ほどしている
 実はかなり中途半端なまめっちママに
 励まし応援クリックしてやってください。
   ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  
 
関連記事
* Category : その他
* Comment : (10) * Trackback : (0) |

No title * by ごま
こんにちは。
まめっちママさん、まめっちママさんと娘さんの間にそんなことがあったんですね。
うちもそろそろトイレトレの時期なので考えさせられました。

私は始めての子は今でもあまり余裕が持てません。
下の子はあまり叱ることもせずのんびり育てていますが、上の子のことになると今でもきつめに育ててるんじゃないかと思います。
後で考えると「仕方がないこと」であっても、その場ではどうしても「仕方がないこと」だと片付けられないんだよなぁ。
子育てって難しいですね。

No title * by バニラ
親は、所詮神様じゃないんだもの・・・間違えちゃうことも失敗することだってあって当たり前だよ。
私も、まめっちママとほとんど同じこと体験しているよ。
ミントは、1歳の誕生日を迎えた矢先に腎盂炎で入院したんだけど、さすがに「尿意を我慢する」年齢ではなかったものの、なぜか私のせいにされました・・・医者や周りのママ友に「育て方、注意が足らないんじゃない?」と・・・・。その後も通院させられること2年以上かかっただけに、あまりオムツトレーニングでシャカりきになって子供にストレスかけるのが嫌だったので、うちもやっぱり3歳過ぎだったよ。オムツ取れたの。
その後成長しても、おしっこを我慢するのはジュニアちゃんと全く同じで、どんなにトイレに誘っても「出ない!」「大丈夫!」の一点張りで、そのくせ、トイレのない所や洩れる寸前まで我慢しているのは、14歳の今でも変わりません・・・・。だから、まめっちママの気持ちがとってもわかるし、怒りたくなる気持ちもとぉーってもよくわかります。

この間もショッピングモールでいきなりしゃがみこんで、モジモジしながら「お母さん、ちょっと待って・・・・・・よしっ、OK!行った・・・」と意味不明の事を言い放つので、「何が行ったの?」と聞くと、「いま、洩れそうだったから!でも、もう大丈夫!行ったから・・・」

”行った”とかいう問題じゃないっすよね??
私は、その後、もちろんトイレに連れて行ったんですけど、”もう行ったから大丈夫”の一点張りでトイレの外で待っている始末。。。
私も試行錯誤中なので、全然アドバイスにはならないんだけど、お水の音を聞かせて尿意を誘う。思いっきり変なこと言って笑わせて、その間に下腹部をコチョコチョくすぐりながら押す・・・などとそれなり?に工夫してます。絶対の効果はありませんが、それでもイライラしてしまうより、いっしょに笑っていた方が楽しいじゃない?
そんなこんなで、うちは今も「尿意我慢」については平行線なんですけど、親のイライラって子供に直ぐに伝わるし、そのことで子供の笑顔がなくなってしまうのは、やっぱり避けなければなりません。

ちなみに、うちは、指しゃぶりも12歳まで続けてましたよ。
どんなに言っても「指しゃぶりだけはやめられない・・・」と言うので、これもかなり心配してましたが、心配していたほど出っ歯にはなりませんでした。すったもんだは、我が家の得意中の得意です!
こうしてみると私の子育ては、全然参考にならない子育てですね・・・失礼しました!!


No title * by のんぷ~/じょあんなT
そのフォローもまめっちママさんが娘さんの性格をよく理解してたから
とれた行動だと思います
プリとか、その登下校とか、親子以外との社会性とか人間関係とか
身に付けないといけないことが、たぶんまめっちママさんとの間で
最適な環境を保っていたのに「おしっこ」問題はそういかずに
まめっちママさんにもプレッシャーになって娘さんとの最適な環境が
崩れてしまったのかなぁと思います
けどまめっちママさんのとった対応がよくて娘さんも早く回復できたん
でしょう
ほんとうに今うちでは同じように社会的なことでも、反対の方向で
対応せねばならず、葛藤しています。
いつまでも幼稚園児のように私にしがみついて何一つ自分で解決
できない娘をどう自立させるか、かなりつきはなしても10分後には
またすがりにやってくる・・・
(一応、私がどんなに怒っていてもそれはNoneのためだし、親が
根に持って怒るようなことはないからとは言い聞かせていたんだけど
ほんとうになんとか自立してほしいです)
あ、ブログのイヤガラセな書き込みのほうはおさまりそうです
ご心配おかけしました。
(ブログ運営で「こまったひと」の対応も質問にくると思います
まめっちママさんの経験のある範囲でお答えいただければうれしいです)

No title * by ゆっきぃ
上の子も同じような頻尿になったことがありました。

きっかけはグアム旅行の飛行機かな、と思っています。
機内で、ちょっと気軽におしっこ行けない雰囲気が
あったのかも、と。
プリスクールに入る直前だったのですが、もう少し
発症の時期がずれていたら、原因はプリスクール!?
と考えてあせったかもしれません。

小児科で「あ~、気にすることないです。ストレスか
なんかかなぁ。でも思い当たるような大きな原因が
なければ、わざわざ原因を見つけ出して
取り除かなくてもいいです。それをしてたら
ずっとストレスを乗り越える力がつきませんから」と
言われ、おしっこに雑菌もいないし
まぁ、好きなだけトイレ行ったらいいわ、と
しばらく様子見してたら、1ケ月くらいで直りましたね。

その頻尿の時期にプリに転園したので、プりの
先生は「今トイレ言ったばかりなのに、何回もトイレ、って
いうんです」と困惑気味でしたが、「あ、大丈夫です~」と
答えていました。

我が家はとうとう、サタデークラスを辞めました。
来週からはプライベートレッスンを始める予定です。
どんな先生なのかお会いするのが楽しみ~

ごま様へ * by まめっちママ
色々あったんですよ。今では大したことないことかもしれ
ないけれど、当時は初めての子供なので、どうしたら
いいのか迷って・・・・・二人目になると、みんな慣れてきて
おおらかに構えられるってよく言いますよね。
そういう意味では長男長女は大変なのかな・・・・
うちは一人っ子なので、比べる兄弟姉妹がいないし、
実際はどうなのかはわかりませんが、一人でも大変なのだから
たくさん育てている方は、本当にえらいですよね。尊敬します。

バニラ様へ * by まめっちママ
前回の記事とこちらと合わせてお返事しますね。
親って神様じゃないし完璧でないといけないことなんて
ないんですよね。私は全然完璧じゃないし、かなり適当に
手を抜いていた部分もありますが、小さい子でも大人のように
ストレスでこんな症状が出るんだと驚きました。
子供だからすぐに忘れてもう元気いっぱいに遊んでいるもの
だと思ってましたが、心ってどんなに小さい子でも傷つくん
ですよね。大人の感覚ではわからないようなことが子供にとって
は、普通のことで、時間の概念も大人とは全然違ってるけれど、
それが子供なんだと気付けなかったんです。
でもいい勉強になりました。幸いにもすぐに回復したので、
そこは子供でよかったと思います。大人だとこうはいかない。
ミントちゃんの話を聞いてちょっとほっとしました。
うちと同じだと思うと、私があまりにもひどかったのか?と
思う気持ちもかなり慰められます。自分だけがひどいことを
子供に言ってしまったのかと当時は本当に悩んだもんですが、
誰にでもある失敗ですよね。ただ、全力でフォローできるか
どうか、いつでも本気で子供を思う気持ちから叱っているか
どうか、それが一番大事な点なんだと思います。
いつもバニラさんには励まされてばかりで、私は何も御返し
できてないですが、自分に自信を持ってこれからも時々振り返り
ながら、やっぱり試行錯誤しながら子育ては続いていくんだろう
なって思います。

のんぷ~/じょあんなT様へ * by まめっちママ
私のフォローがよかったのかどうかわかりませんが、娘は
比較的早く立ち直ってくれました。根が楽天家だったことが幸い
したのだとは思いますが・・・・・
そうそう、トラブル解決しそうでよかったですね。
ブログをやっていると、色々な事に出くわしますが、
どれも貴重な意見として拝聴して、いつも肯定した上で
真意をよくお話しすれば、大抵の人は理解してくれることが
多いです。こちらが聞く耳を持って、丁寧に接していれば
どんな方でも心は通じると信じています。
でも、大きなトラブルにならずにすんでよかったですね。
それぞれ考え方の違いはあるし、言葉が足りず誤解される
ことは多々ありますが、バニラさんがおっしゃっていたように
短い文章の中ですべてを伝えることは難しいし、ブログという
日常のごく一部でしかないものからすべてを知ることは正直
なかなかできないと思います。
なので、また困ったり悩んだりしたら、誰かに聞いてもらったり
率直に打ち明けていけば、必ず批判だけじゃなく、いいアドバイス
や、暖かい励ましもあると思います。私なんか自分が失敗ばかり
で、人さまに意見なんかできるほど立派じゃないですが、それでも
人をまず肯定して認めてあげることはできます。
その上で、ここはこうしたらどうかな?とか、うちの場合はこうだった
よとか、そういうささやかなアドバイスはできると思います。
なのでまた苦しくなったら話にきてください。
お役に立てるかどうかはわかりませんが、自分の経験の範囲で
何かお手伝いできたらいいなと思っています。

ゆっきぃ様へ * by まめっちママ
ゆっきぃさんのところもそんなことあったんですね。
でも、そのお医者さんの言うこともよくわかります。
原因をわざわざ見つけ出して取り除かなくてもいいと言う意味・・・
確かにストレスに弱い子供になってしまうかもしれないですよね。
色々な考え方があるもんですね。
うちの場合は、体がどこか悪いんじゃないかと子供本人が
心配し、自分は病気なんだと思って焦っていたようです。
まだストレスなんて何かわかりませんもんね。
だから自分でも何でこうなるんだろうって、わからないから余計に
焦り、それが悪循環になってきたというわけです。
だから本当のことをちゃんと話したら、意外にもすんなりすとんと
理解してくれたようです。
子供心に不安だったんでしょうね。何かすごい病気なんじゃないかと
死ぬんじゃないかとか・・・・
少しずつそういうことがわかる年齢になってきてたので、まさか
おしっこをもらしてはいけないと思うストレスからくるひん尿だなんて
思ってもいなかったようです。
私も勉強になりました。

ところで、サタデースクール止められたのですね。
もう4年生だと忙しいですもんね。うちもずっと続けたかったけれ
ど、時間が合わずにやめたので、同じですね。
今でもサマースクールの案内は来ますよ。こちらも行かせて
やりたいのはやまやまだけれど、どうしても無理なようです。
受験って本当に過酷です。早く終わって娘が再び楽しく英語を
できるようにしてやりたいですね。

No title * by ゆり
うちの子は4歳9ヶ月になるので、この頃の娘さんと同じくらいで、しかも「直前にならないとオシッコを教えてくれない」ところなど同じです。スクールにお迎えに行き、車に乗せたところで「オシッコ」と言ったりするので、また下の子も車から降ろして慌ててスクールにかけ戻るなんてしょっちゅうで。

>時間の流れ方が大人とは違い、場所を考えて前もって言うなんて
 子供の世界にはない概念だったのに、そんなことさえわからず、
 公共の面前で恥をかきたくない一心で子供の心を傷つけてしまっ
 たことは、今も一番失敗だったなと思う出来事だ。

どうしてさっき言わなかったの!って私も言ってしまっています(><)時間の流れが大人と違い、そういう概念が子供にはないとは全然知らず...。まめっちママさんのブログを読んでおいてよかったです。息子の心を深く傷つける前に私の言い方を修正できそうです。うちは夫も、トイレに関しては私と同じ言い方をするので、夫にもよく話しておかなきゃ。

それにしても、まめっちママさんがよく娘さんを観察されて、とられた対応はママの愛情に溢れていますね。そんな風に言われたら、私が娘さんだったらホッと安心して心のしこりがとれると思います。

ゆり様へ * by まめっちママ
みんな、同じようなこと経験されてますね。
子供って一人一人違うのだけれど、共通点もたくさん
ありますよね。おしっこを直前まで言わないことなんて
結構どの子も同じですしね。で、大人の対応もこれまた
似てくるんですよ。(笑)なんでさっき言わなかったんだって・・・
車とかに乗ってからじゃ遅いのに、家出る前にいってほしかったよ
とか、電車乗ってからなんで言うの?とか・・・・
トイレあるところで前もって言っておいてよと泣きたくなる・・・・
これ本当に共通してますよね。
でも、子供は全員こんなもんだとわかってて、時間の流れが違う
って理解してたら、もっと別の対応がきっとできたんだろうなって
今だから言えるんですよね。(笑)

こういう事例こそみんな共通してうちもあるよ、どうしたらいいのか
わからないって悩んでるんじゃないかと思って思い出す限り
これからもありそうなことを書いていこうと思います。
結果よければすべてよしなんですが、当事者は苦しい状況で
あることにかわりないし、具体的な対処法がほしいですよね。
みんな通ってきた道だから、頑張れだけじゃ、今の世の中
もう通用しないと思うんですよ。アドバイスくれる人が周りに
少ないし、実際に手伝ってくれる人も少ないから、親が泣きたくなる
ことっていっぱいですよね。私も娘がベビーカーに乗らないから
荷物があるのに抱っこで、そこにおしっこなんか漏らしたら
もうどうしようもないし、そんな時、友人がパンツ急いで買って
きてくれたこととか、荷物を見てくれてはきかえさせてくれたとか、
その間に私がプリスクールに戻って置いてあるパンツの替えを
取ってくるとか、もう連携プレーでした。助けてくれる人いなかった
ら、本当に途方にくれてたかもしれません。だからみんな苦しくても
頑張ってきたのだから、しっかりしなさいなんてアドバイスは
全然役に立たないって思います。
ママの連携と適切なアドバイスこれは必要ですよね。
そういうのがあって初めて親だって心にゆとりがもてるわけで
子どもとゆったり向き合えるんだと思います。
だったら外出しなけりゃいいんだというこれまた過激な意見も
あるとは思いますが、それを言ってしまったらおしまいです。
子供は未来の社会の担い手なんだから、育てにくくて誰も
生まなくなったら、それこそ困るのは社会全体ですしね。

あっいけないまた演説になってきてる・・・・(笑)
でも、こんなことがみんな共通なんだと知って自分が叱りすすぎ
てだめママなんだと悩む人たちみんなに、エールを送りたいです。


個別記事の管理2009-06-26 (Fri)
 子供を育てていると、何もかもが順調にいくとは限らず、しょっちゅう
 困ったことに直面する。

 それもいつのまにか乗り越えて大きくなったなあと思い出のように
 語れるようになるには、子供の成長を待つしかないのだが、当事者
 はものすごく苦しくて何とか解決したいともがいているもので、その
 うち治るからとか、みんな乗り越えて大きくなってるんだから大丈夫
 よなんて軽い言葉で流されても、今辛いから何とかしてほしいんだ
 と思うのが、子育て真っ最中の偽らざるママの気持ち
だと思う。

 焦っていらいらしいて、それが子どもにも敏感に伝わって、まさかと
 思うことが起きるのが幼児期なんだということを私が初めて経験した
 のは、娘が5歳ぐらいの時だった。

 恥ずかしい話だが、娘はなかなかおむつが取れない子だった。
 口は達者だったので、言葉が遅いから言えなかったのでは
 なかった。昼間はそれでも3歳までに何とかおむつが取れたので
 ちょっと遅めではあるが、まあそこそこ普通だと言える。
 でも、夜はいつまでもとれず、小学校に入る直前までして寝ていた。

 今でもそうなのだが、寸前までトイレにはいかない子で、時間を惜し
 むというのか、前もってそんなに行きたくなくても一応トイレに行って
 おくかという計画性や用心深さがないのだ。

 だから万が一直前にトイレに駆け込んで、ものすごく混んでいたら
 どうするつもりなのかと考えたら、親の私は早めに行こうねと言う
 しかなく、いつもはらはらしてばかりだった。

 誘ってみても、「出ない!」の一言で、これが一番大変だった。

 ご存知のように我が家は娘をプリスクールに電車で連れていった
 ので、途中でトイレに行きたくなっても、電車の中ではどうしようも
 なく、駅に着くまでは我慢してもらうしかないので、もらさないか
 はらはらしていた。何せ直前まで言わない頑固な娘なので、
 おしっこと言われたら、それはかなりぎりぎり状態ということで、
 何で今乗ったばかりなのに、さっきホームで言ってくれなかったの
 と愕然とすることばかりだった。

 こういう子どもは比較的いるんじゃないかと思う。

 ここで何で言わないんだと叱ってしまうことが、私にも正直あった。
 そんな1分ぐらいで急にもれるほどおしっこたまらないはずだという
 大人の感覚で物事を考え、少し前からちょっとずつ尿意はあった
 はずなのに、なんでこんな状況でと怒りを募らせてしまったのだ。

 実際、間に合わず、漏らしたことは何度あったことか。
 あと少しで家に着くと言う時に、道で漏らしたこともあるし、プリ
 スクールから帰る時に、園でしてくればいいのに、歩き始めて
 5分ぐらいして駅の地下道に入った頃に、出そうだと言いだし、
 トイレが50メートル先にあるのに、間に合わず漏らすとか・・・・
 わざとやってるのか?と思えてしまうほどこっち方面には娘は
 無頓着でルーズな性格だった。

 今ならパンツはき替えたらそれでおしまい、多めに持っていれ
 ば、別に漏れたから死ぬわけじゃないと随分おおらかに構えて
 いられるとは思うが、当時は新米ママなので、公共の場でこんな
 ことばかりされるのは、やはり辛かった。

 それでついきつめに怒ってしまったことがあり、それから数日して
 娘に異変が起きた。

 現在の娘のお気楽ぶりと、全く物事に動じない性格からは
 まさかうちにそんなことが起きるとは正直想定外だった。

 それは娘がひん尿になったことだった。
 
 今まで誘ってもトイレにいかない娘が、15分前にトイレに行った
 はずなのに、またすぐにトイレ行く漏れると言いだしたのだ。

 最初は、ちょっと水分取り過ぎたかな?程度に考えていたが、
 どうも様子が普通じゃない。あまりにもトイレに行きすぎる。
 そしてその間隔はどんどん短くなっていき、明らかにおかしいと
 気づいたので、膀胱炎かもと医者に連れていった。

 でも、そういう傾向は全くなく、異常なしだった。
 
 その時はまだ、これが精神的なことからくる異変だとは気づいて
 いなかった。

 
 このあと、娘はどうなっていったか、そして私は
 どうしたかについては、次回の記事で
 (またこんなところでコマーシャル・・・・orz

 
 続きが気になるよと言う方は、クリックで
 応援してやってください。できるだけ早く
 気合いで続きを書くことができるかも・・・・・!
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  
関連記事
* Category : その他
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

No title * by のんぷ~/じょあんなT
子供の性格のことですが・・・
うちは私がいつも「物分りの良い」母親を目指して娘とは何でも
話し合って、あんまり「理屈に合わない」という経験をさせてなかったんです
ですが最近引っ越してきた近所は「理屈に合わない」いけずとかも
あるところなんですね
娘があんまり「うたれ弱い」んで、ずっと「それじゃダメだから」とか
「こうしたらどう?」みたいには家では相談してて、それでもダメで
とうとう私もこれじゃダメだと思って
「あまえるな、自分で解決せぇ!」って怒ったんです
それをブログで書いたらけっこうしつこそうな人に非難されて
えらい言われようで落ち込んでいます
前からブログを読んでいたりする人とかなら私たち親子の
つながりとか娘を大事にしてることをわかっていると思って
書いたのに、最近来たひとかなにかしらないけど、
名乗りもしないで人のブログをさんざんに言うんです
でも、私はいつまでも「よき相談者」では解決できなくて
突き放すぐらいのことをしないとあの子はいつまでも私を頼りにすると
思ったんです
出掛けにすこし叩かれたぐらいで半泣きになって返ってきたから
どなってやったのと、
(あと、そうやって大げさ目にどなることで一緒にいる叩いたほうの子が
「あそこのお母さん恐い」と思うことを狙ったのですが)
返ってきたときや、他のときはもう普通にもどってますし
親子関係でそれがこじれることはありません。
寝るときだって甘えすぎだと思うぐらい私にへばりついてきて
なんとかして突き放さないとと思っているところなんです

そこに名無しの非難者がきて好きなようにののしってくれるので
落ち込んでいます
あまりにしつこければコメント自体を削除していくことになるでしょうが
私の現在住む町で必要とされる強さを手に入れるには必要なことを
したと思っています
なんだかしつこそうな人が来たのでどうしようと思っています

トイレねた(><) * by sa-chi21
まめっちゃんの今後の展開気になります!!

ちょっと前までものすごーく苦しんでおりました。
親子ともに・・・(TT)
もう、ほんっとわたし何年トイレトレにつきあわにゃいかんの!!
毎日大量のパンツを1年以上洗い続けた頃から、辛くなりました。わたしのほうが精神的にまいりました。1人目だし余計ですねぇ。

トレレトレなんてせずにほったらかしでもよかったんちゃうん??
と、思うことがしばしば。

幼稚園の先生にも協力していただいて、シール作戦でなんとかましに
なりました。が、まだ気を抜くとおもらしするんですよ(TT)昼間ですよ。
何かに夢中になっちゃうとだめですねぇ。

結局、でそうになったらトイレにつくまで我慢するのよ・・と説明してたことばが一番だめだったらしく、彼は極限まで我慢してから『トイレに向かう』行動になり(まめっちゃんといっしょですね(^^;)

いまでは、

『我慢したら、おしっこばけつ破裂するから、したいなとおもったら我慢したらあかんねん』

と、理解されたようです。この子には『我慢する』じゃなくて『我慢したらアカン』といったほうがわかりやすかったみたい。それにたどりつくまでどれだけの日数がながれたんだろう・・・・

もちろん夜のおむつはとれてませーん(笑)

さしすせそは全部『ちゃ、ち、ちゅ、ちぇ、ちょ』
だし。5歳なんだけど、ほんと赤ちゃんみたい。
わたしが子どもに話しかけるときなぜか『ですます語』でしゃべるからKENも『ですます語』でしゃべってくれるんですが、全部『~でちゅ』です(^^;

これもまた、そろそろ発音練習しないといかんなぁ~






のんぷ~/じょあんなT さんへ * by バニラ
はじめまして。
横レスで失礼します。

私は、のんぷ~/じょあんなTさんのブログが見えないので(表示されませんでした)わかりませんが、文章を拝見しただけでもお子さんを大事に思われている素敵なお母様なんだと十分感じられましたけど。

ブログは、基本的に何を言っても良いと思うし、またいろいろな人が見ているからそうした配慮も必要ですが、お嬢さんとお母さんの間で理解しあえているなら、他人がとやかく言うことじゃないですよね。
それに、ブログで話せるのは、事の一部始終の一語一句を洩れなく記述できるわけじゃなし、かいつまんで記述できる程度だから、他人がいろいろと詮索して尾ひれがつくんです。

私たち親は、できる範囲において子供にとってそれが一番と思うことしか実行できないし、時が経って振り返ってみれば、正しいと思っていたことが実は間違っていたり、違う選択もあったとわかりますが、その時、その時みんな一生懸命ですもの。
どこが我が子の限度とか、ここはしっかり注意する必要があるとかないとか・・・さじ加減は、親にしかわからないと思います。

ましてや名無しで誹謗中傷する人は、スルーしたほうがいいですよ。大体、他人を誹謗中傷する人は、その人自体、大して参考になるような子育てされていない場合多いし、あんまり気にされませんように。
のんぷ~/じょあんなTさんのブログに癒されたり、楽しみにされている人のほうが多いと思います。
そんな人に負けずに、どうぞブログも子育ても頑張って下さい。



sa-chi21 様へ * by まめっちママ
我慢するじゃなく、しなくてもいいっていうのは、なかなか
いい言い方ですね。ちょっとでもおしっこを感じたら
すぐに出していいんだよって言う方が安心しますよね。
(もちろんトイレでですが・・・・)
本当に工夫したら、子供の心を傷つけなくてもすんだ
んですが、新米だったからまだまだ未熟だったんですよね。
今ならちょっとぐらいどうってことないよと笑えるのに・・・・

何でも言えるようになってきたのも、年季が入ってきた証拠
ですよね。(それってつまり年くったということか!?)

個別記事の管理2009-06-24 (Wed)
 ちょっと前に、人は否定されて学ぶことは少ないと書いたが、もう
 ひとつ、成功談の結果だけ見ても学ぶことは少ない。

 どうやってその成功があったのか、あるいは、その陰にそれの何倍
 の失敗があったのかなど、聞きたいのはそこなんじゃないかとも
 思う。

 たとえばDWEで英語ペラペラになった宣伝を見ても、自分の家では
 子供がはまらないし、そもそもDVDを見てくれないのに、どうしたら
 いいのかとか、あるいは、日常会話を英語にしてみたいけれど、
 海外生活もしたことない日本語しか話せないのに、頑張って少し
 でも話してみてといわれても、そんなこと無理だよとか、洋書絵本を
 たくさん読んで英語力をつけていくといっても、そもそもどうやって
 洋書読めるようにしたらいいの?最初から文字に興味を示そうとも
 しない逃げる子供にアルファベット教えるだけでも大変なのに、
 それにひらがなだってまだ読めない子供に英語の本なんて無理
 すぎるとか、どうやっても自我が強すぎて親が英語をやろうとしても
 激しく拒否されて、英語のテレビなんてとんでもない状態をどうすれ
 ばいいのかなど・・・・・理想と現実はとってもかけ離れている場合
 があるんじゃないかと思う。

 だから克服した過程を振り返り、成功してそうに見える家庭の裏に
 それの何倍の失敗があったのかを包み隠さず話す方がいいんじゃ
 ないかとも思う。

 たまたま自分の子供はすんなり大人しく何でも従ってくれたから
 上手く行ったという場合、そこには克服してそうなったという過程
 が抜けおちていて、物わかりのいい子供はいいよねとなるかも
 しれない。

 昔、うちの娘がベビーカーにのってくれず、ほとほと困り果てた時、
 大人しくすんなり何時間も座り、絵本やおもちゃをさわってにこにこ
 している子供を見て、なんでこんなに違うのだろうと悩んだものだ。

 それと同じなのかもしれないと思う。
 そういうわけで、ちょっと辛口の話や、現実にそう簡単なことじゃない
 という事例も書いていくのが、ちょっとだけ先輩ママの英語育児体験
 談なんじゃないかと・・・・・

 うちでは、失敗が成功の5倍ぐらいある。
 (10倍かも・・・汗; 

 英語だけでも、まずいきなり、リサーチもせずDWE衝動買いなんて
 ことをやってしまっている。もっと賢くリサイクルとか利用すれば
 よかったのに、何も考えずにローンを5年組むこと自体が怖い。

 更に、弾くかどうかもわからないピアノもいきなり買い、
 音楽教育だと教室に連れていって、親が絶対音感の訓練を
 一日4回できずに挫折。これだって娘が規則正しく寝ない子で
 我が家が普通の家庭と違った夜型ということを考えたら、決まっ
 た時間にちゃんとピアノの和音聞かせ特訓なんてできるはずない
 ことに気付くはずだったのだ。

 そしてそのことに懲りもせず、嫌いなピアノをだらだら続け、
 バイエルも終了せずに挫折させたのは、私の早すぎる焦りから
 きた失敗だった。もしバイエルじゃなく、違ったものをさせていたら、
 あるいは別の教室に代わっていたら、また違っていたかもしれな
 いのに、色々他にも取り組みが多すぎて、適当になってしまった
 ために超早期音楽教育は見事に失敗だった。

 分析が甘かったと言える典型なんじゃないかと思う。

 こういう事例を集めていくと、たくさんありすぎて、恥ずかしく
 なってくるが、その中で残ったものがほとんどなく、辛うじて
 英語と受験用の勉強が少し・・・・・なんともお粗末な結果だけれ
 ど、こんなもんだ。

 人間そんなに完璧なことなんてできはしない。
 あれもこれも全部成功なんてあり得ないし、英語だけでも今の
 年齢にしては、少しはできる程度
に残ってくれて本当によかった。
 
 中学受験はさすがに失敗させたくないので、それなりに頑張って
 はいるが、これも毎日目に見えない娘との葛藤が死ぬほどある。

 正論や理屈が通じない、何を言っても心に届かない。
 そんなことだってしょっちゅうあって、もうやめてしまいたいことが
 どれだけあるか。

 自分で決めたのだから、そんなことでどうすると一喝したところで
 わかっているのにできないもどかしさと心の叫びが聞こえて、素直
 に叱ってくれてありがとう、Happy endなんてことにはそう簡単には
 ならない。大きくなってくると、幼児をしつけるのとはわけが違って
 正しいことを言えば必ず分かってくれるなんていう甘いことばかり
 では決してない。

 だからこれが一番いい方法だとか、私のおかげなんて口が裂けて
 も言えないなあと思っている。

 ただ、いつも逃げずに向き合ってしつこいけれど、ちゃんと見ている
 ということだけは、伝えていきたい
と思う。
 
 だから娘がたまに、大きくなったら自分も子どもにそろばんを習わ
 せて、七田にも行かせてなんて言ってるのを聞くと、可笑しくなって
 くる。あんなに落ちまくったそろばんで決して好きじゃなかったのに
 
 こういうのは、やってくれてありがとうという気持からというより、
 必要なことが何で、子育ての仕方が自分では見当もつかないから、
 一番身近にいるママのやってきたことをまねるのが得策だと、ない
 頭なりに娘は考えているんだろうなと思う。

 子育てって本当にエンドレスで、悩みは尽きないものだと思う。
 



 ちょっと困った事例をどうやって克服していったか
 については、折々書いていこうかと思う。
 ホームページの方にもQ&Aコーナーとして、色々
 載せている。
 まずはこちらをポチっと応援してから、サイトの方も
 見てやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  

 サイトはこちらから
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (16) * Trackback : (1) |

サイトの方も * by うめ★hiro
 >まずはこちらをポチっと応援してから、サイトの方も
 >見てやってください。
とありますが 「読者」は どこから サイトにリンクしているかと。。。

うめ★hiro様へ * by まめっちママ
そうですよね。わかりにくいですね。
サイドバーに管理人のメインサイトとして載せては
いるんですが、本文の下にも入れとくべきですよね。
つい手抜きしてました。読む人の立場を考えないといけない
ですね。すいませんでした。

No title * by ごま
こんにちは。
へぇぇぇ~そういうことが過去にあったのですね。
いつも何でもこなしてってる印象があるまめっちママさん家ですが、時には壁にぶつかることもあるんですね。
こういっていいのかわかりませんが、親近感が沸きました^^
子供って親が思うようにだけ動いてくれるわけではないですものね。

ところで!
Fuzzyさんのところで「まめっちママさんとごまさんの貯金同盟に入れてもらった」とありましたが、いつの間にか私達の貯金苦労話が同盟に進化したみたいですね(笑)
仲間が増えて嬉しい~。
ついでに私の貯金もそれに同調して増えないかなぁ~。

ちなみに毎月の天引きを$200から$300に引き上げてから1ヶ月が経とうとしています。
気持ちが違いますね、やっぱり^^
ちょっとうきうきしてます。
でもね、使うことばっかり考えてる私。
これは溜まってもすぐ使ってしまいそうです(T-T)
9月にはそれを$400に引き上げたいところですが、どうなるかなぁ。
貯金同盟がんばりましょ♪

No title * by バニラ
早期教育で大事なのは、見極める判断力と方向転換だと思います。
これは我が子に向いていないと気がついたら、そこで方向転換してあげたほうが双方にとって良いこと。方向転換は、挫折でも失敗でもなく、むしろ親の正しい判断によって導かれるんだと思うよ。
だから、音楽にしてもそろばんも失敗だなんて考えず、まめっちママの素晴らしい判断力の結果、英語と言う違う能力が伸びたんだと思います。

早期教育で伸びるレベルというのは、結果的には大人になってからでもできる範囲であり、それを職業とするには、才能だけでは埋められない努力や人格なども加味されてやっと手にできると思います。
確かに生まれ持った才能を必要とする職業もあるかもしれないけど、例えば卓球の福原選手も子供の頃は天才と言われ、成人してからは、”普通の”一流卓球選手です。一流のなかにおいて、福原選手のような英才教育を受けずにしてもっと上手い選手もいたりするわけですが、だから早期教育って意味がないという事ではなく、愛ちゃんにあこがれたり、小さな愛ちゃんががんばっている姿を見て自分もがんばってみようという希望や勇気をもらった人、多いと思います。

私も最近、先輩ママに「音楽は音大に入るまで莫大なお金がかかるし、仮に才能があってもプロになれる確率は少ない。奇跡的にがんばって音楽家になれたとしても給料少ないから、今のうちに辞めといた方がいいよ。うちは早めに音楽に見切りをつけて医者を目指させることにしたの!あなたもそうしたら!」とアドバイスをもらったんですが思いっきり凹みました。
先々を心配しすぎてあきらめていたら、物事何も進めなくなってしまうので、失敗しちゃったなと思えば、そこで子供に挫折感を与えることなく方向転換できる親のフットワークが大事だと思う。

先輩っていろいろ心配してくれるのはありがたいんだけど、老婆心だけで発言されてもちょっと・・・と。受験と英語の両立は大変だと思うけど、簡単じゃないからがんばり甲斐もあるし、達成したときの喜びは、何倍、何十倍にもなって返ってくると思います。がんばって~。

No title * by のんぷ~/じょあんなT
私はブログが失敗談の発表場になってしまってますが・・・

まめっちママさんとこはうまくいっている話でも素直に聞けてますよ
まめっちママさん自身がしっかりした目をもって子育てされてるなぁと
思うので、よい結果が出ているのでも納得できるからです。

ブログで情報集めてるとときどき、教材会社が作り上げた架空の子
なんじゃないかと疑いたくなるようなサイトにたどりつくことがあります
そういうのがあるのもたぶん仕方のないことなんです

それが架空の子なのか実在の子なのかを究明することより
私にはやらなければならないことがたくさんあるんだと思うように
なりました。
(というか、そのサイトのオーナーの方が異文化理解とか国際問題
とか、言語を学習する上で避けられない問題を一切サイトで触れてない
ことと、それなのに追随しているひとがたくさん居ることと
本当に見てる側の参考になることがないのにハードルばかり
上げてその人が社会的良心の痛みなどなしにサイト運営を続けていることに
心の底から憤怒してしまっていたんですね)

うん、でも表現自由だし、そういう英語学習方法が好きとか
それでうまく行くかどうかまで調べられるほど私は言語学の
プロじゃないし、気にしすぎて家事とか育児に支障が出始めてるし

目標になったりアドバイスになったりするサイトを自分で選んで
そうでないところに腹が立つのに行かなくてもいいじゃないかと
最近思い始めているんです

まめっちママさんのところは参考にさせてもらっているし、目標に
なっています
多読の話のときに、わが子が読んでくれないことの苛立ちといっしょに
不満をいっぱい聞いてもらうことになってすいません

もちろん失敗談も成功談と同じように参考になるように聞かせてほしいです
ちょっとかなり気になっているサイトがあって、それが多読と関係していたので
つい不満をぶちまけてしまいました
すいません

管理人のみ閲覧できます * by -

ちゃんと見ていること * by Rumichi
う~ん、またまた明言ですわ。
「逃げずに向き合ってしつこいけれど、ちゃんと見ているということだけは、伝えていきたい」
私もそれができる親になりたいものです!
今は半分一心同体なところがありますが、そのうちすぐに、まったく違う趣向・思考になっていきますよね、うちも。
たとえぶつかっても、理解不能でも、しっかり見てあげたいです。

ごま様へ * by まめっちママ
私なんか全然完璧じゃないし、失敗ばかりですよ。
相変わらずお金貯めるのも下手だし・・・・(笑)
そうなの貯金同盟になったんです。
ごまさんと私とFuzzyさん、他にもお金を頑張って貯めたい人
みんなで今年こそは貯めたいですよね。
って毎年言ってるだけなんですが・・・(爆)
うちも目標たてないとね。

バニラ様へ * by まめっちママ
どこでひくかは一番悩むところです。音楽やそろばんを
撤退した時、そこが引き際だと思ったからなんですが、
それでも何か他に手があったんじゃないかって、いつまでも
心残りになっているのも事実で、最近ようやくふっきれた
感じです。英語が本当に向いているかどうもわかりませんが、
どうやら音楽より美術系の方に才能があったようです。
理系人間だと思いこんでいたんですが、なかなか文章を作る
方や絵を描く方がすぐれているようなそんな兆しが見えてきました。

大きくなったら別の違った才能が見えてくることってあるんですね。
親が最初に決めてそれをやり通すのも一つの方法だけれど、全く
合ってないものだったら、それは方向転換していいんだと、そういう
ことなのかなと思ってます。

いつもアドバイスしてくれて本当にありがとうね。
自分が心に迷いを持ってたら子供だっていい影響受けない
ですよね。だから目先のことにとらわれず、今は娘が自分で
光の方へ歩いていってくれるのをそっと見守るだけです。

これが難しいんですが、人生は長いし、最終目標はそんな
短いスパンで決まることじゃないんだと思いなおして頑張って
みます。

のんぷ~/じょあんなT 様へ * by まめっちママ
うちも決して上手くいってることばかりじゃないです。
受験が迫ってきて来年はいよいよ6年生だし、もう
この夏ぐらいから大体の予想がついてしまいそうな
感じなんです。もちろんまだまだここからですが、
かなりみんなピリピリしてます。別に偏差値がそんなに
高いところ受けなくてもいいんですが、どこを見せても
そこ以外はいやだという娘なんで、そりゃかなりきついなあ
もう少し頑張らんとになってしまって・・・・・
私がここでいいんじゃないのと思う所は、娘がいま一つ
乗る気じゃないし、旦那が考えるところもこれまたちょっと
違うんですよね。娘にはあと2校見せて、最終的には
その中のどこかに決めてもらおうとは思ってます。

英語と両方やるのは、相当きついんです。だからうちでは
今は英語を勉強とは思わないように、楽しく単語マンガ描いたり
ドラマをみたりしてのんびりやってます。

だから次々とこれやりましたとか、何か新しことがどんどん出てくる
ことは、あんまりないとは思いますが、その代り、苦しい時に
どうしたのかとか、気持がぶれた時、どうやって克服していったの
かとか、他にもっとみんなに伝えられることってあるんじゃないかと
思ってます。そういうことを思い出しながら、これからも書いていこう
と思ってます。

個別記事の管理2009-06-24 (Wed)
 今や英語学習にはかかせなくなったと言っても過言ではない多読
 について、うちでは、少し違ったとらえ方をしている。

 娘も洋書や普通の日本語の本を読む時に、全部必ずしも理解して
 読んでいるわけではなく、とばして読み進めても、大体筋はわかる
 ので、次へ行く時もある。ただ、そういう風に読んでいくと、確かに
 一ヶ月に読める冊数はかなり多くなるとは思うが、うちでは数より
 質の方に重きを置いている。
 
 極論を言うと、一日1冊で一月30冊読んだというよりは、一日一冊
 でも、一週間同じものを7回読むことで、内容も表現も覚えてしまう
 ぐらい読みこむ方が娘は好きだ。

 本屋で気に入った本があった場合、大抵それを5回は読んでいる
 ので、もう中身は端から端まで知り尽くしている。ある意味、これも
 多読と言えるんじゃないかと私は思っている。

 英語でもよくそれだけ同じDVDばかり見ることができるなあと呆れ
 るほど見ているので、どんな途中からでもほとんどセリフは丸暗記
 状態になっている。種類を多くせず、一つをじっくりやり込むことで
 確実に使える英語を身につけるという戦法だ。
 
 読書の場合、それがいいのかどうかわからないが、私が昔、辞書を
 引きまくって語彙を習得したので、どうしても意味がわからないもの
 を飛ばすことには抵抗がある。もちろんそれは膨大な量を読んでいく
 と、いつか自然と脳が適切な意味を理解してくれるという一種の
 右脳的な読み方と言えるのかもしれないので、理屈では一応
 私も理解はしている。

 それで折衷案として、30冊読むのなら、10冊にして、3回繰り
 返す読み方をするということで、娘なりの多読状態を作っている。

 好きなシリーズが一つできると、それをとりあえず、通しで読み
 続け、最後までいくと、もう一度それを読み返し、更に好きな巻を
 何度も読む。

 これがうちの多読なので、本の数はそれほど多くはないが、
 少しずつおもしろいシリーズを探して、それを読んでいく作業を
 しているところだ。

 とにかく自分の経験上、小学生の間にどれだけ日本語の読み書
 きをきちんとやるか、語彙を増やすためにどれだけ辞書を使うか
 で、後々、大人になってから恥ずかしくない程度の日本語力を
 身につけることはできるのではないかと思っている。それがひいて
 は英語力にもつながると信じている。



 今日はうちの馬鹿娘がまたしても塾弁を忘れ、
 (これで通算3回目!)
 電車でわざわざ持っていってやらないといけなく
 なって、ものすごく疲れた・・・・・
 財布も持ってなかったので、仕方なく届けに行った
 老体に鞭うつまめっちママに応援クリック
 入れてやってください。
 これでまたしても忘れ物記録更新・・・
 こんな記録はいらんねんけどな・・・・
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  

関連記事
* Category : 英語勉強法
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

No title * by のんぷ~/じょあんなT
実は昼間ブルーになってる間に寝入ってしまったので、こんな時間に
目が覚めました
私もそのことをすごく気にしていたんです
順調にアレも読んだよ、コレも読んだよ、という話ばかり聞く傍らで、
どうしてウチの子は多読に興味を持ってくれないんだろう・・・って

読んでる「おかん」の発音やノリのせいかなと、すごく悩んだんです

私自身も哲学とかそんなんなら時間を忘れて何時間でも
読むことができるんですが、フィクション物って1日1冊ぐらいで
おなかいっぱい
(たとえそれが単純な物語でも)

それに何万語読んだ、とか語数で多読をはかるひともいるけど
新出語彙の数とその質はどうでもいいのかな・・・?みたいに
思うこともある・・・

英語教育について「ちがうやり方」をしてるだけだから
マイペースを保たないといけないと思いつつも・・・

なんかあんまり人と競争しない性格のつもりなんですが
どうやってうまく行っているかを説明してくれないのに
(というか、その人に言語学的基礎とか知識とかないのに)
努力しているところを説明してくれてないのに、ただうまくいっている
ことだけを次々言うのを見るのはしばらくやめといたほうがいいかなぁと思い始めました
かなり精神的に圧迫されてて、娘を張り合わせようと無理言いかねなく
なっています・・・

昨日1冊読んでくれました。私もできれば次々読むより精読して
ほしいなと思います
「おさるのジョージ」でも完了形や仮定法出てきますもの

英検準1級を目指している(つまり2級程度)の私が1冊そこそこ
かかる本を忙しい中で何冊もバリバリ読んだりできる子もいるのに
(子供向けのナンセンスものとか、ギャグものとかはニュース番組より
頻出度の少ない難語がたくさんあるのに)

できる子はできるんでしょうね
(どうやっているのか、ほんとうに知りたいです)

うちもあれこれ読むよりちょっと本屋で「なか見」して
質のいいものを繰り返して読むようにしようかなぁと
思い始めています

我が家はどうかな * by うり坊
こんにちは♪
うちは完全に娘にお任せ状態なので、「気が向いた時に」「そのとき読みたい本を」読んでいるだけ…です(^^;
日本語であれ英語であれ、気に入った本は何度でも読むし、気に入らなければ途中でポイっ。
どれだけの本や語数を読んだらどうなる、という目安みたいなものは実は無く、本当、単なる「多読という名の読書記録」になってきました。

多読にかける比重を「英語」に置くか「読書」に置くかで随分と変わると思っています。
日本語でも「テストで良い点を取って欲しいから読書をして欲しい」という親御さんもいらっしゃるし、理由も方法も、本当に人それぞれだなーと思います(^^

管理人のみ閲覧できます * by -

のんぷ~/じょあんなT様へ * by まめっちママ
なんだかとっても気持がわかります。うちも本をたくさん次々読む
タイプではないのです。でも、そんな娘でもはまったものは死ぬほど
読みます。買ってやったことわざ、慣用句などの本はどんだけ
読むねんというぐらいに穴があくんじゃないかと思うほど読んで
ます。少ない本ですよ。ことわざ関係は5、6冊ぐらいしかないんで
それを20回ぐらい読んだかもしれません。もうどこのページでも
言えます。だから受験国語のこの手の問題は得意中の得意で
漢字がいまいちな分を何とかこちらの方でカバーしている状態です。

多読してくれないなら、うちのようにドラえもんのバイリンガルマンガ
でもどんと買ってやれば、喜んで読みますよ。それこそ何度も
読んで、表現を覚えてくれること間違いなしなので、なにも洋書と
こだわって読み進めなくても読みたいものを太っ腹で買ってやる
方がうれしいと思ってくれて、その中に一冊ぐらいかための物を
混ぜておくとか・・・・色々工夫の余地はあると思います。

うちなんかドラゴンボール全巻そろえたんですよ。(英語版)
泣けてくる高さです。とかいいながら、じじばば頼みなんですが・・・・
それでも何度も読んでくれるから、結構覚えるんです。
多読が厳しい子供さんには、ジャンルを問わず、まんがでいいと
思います。名探偵コナンなんて、推理するから単語難しいですし。
ブラックジャックなんて医学用語満載で、めっちゃむずいです。
それでもそういうものを何度も見たり読んだりしてくれると、洋書
何万語読んだというのと同じぐらいの効果はあると思います。

自分流の自分の子供の性格にあった読み方や進め方でいいと
私は思いますよ。お互い頑張りましょう。

うり坊様へ * by まめっちママ
そうですね。多読っていうのは、一種の読書記録のようなもんですね。
昔私も一時期色々読んでましたが、読み返すほどの本は多くは
なかったので、中身は忘れてしまっていることが多いです。
でも、何度も好きで手に取った本はいつまでも覚えている。
そういうもんだと思ってます。だから、数は少なくても心に残るような
読み方をしてほしいなあというのが今の娘への希望です。

いっぱい読んだけど、あらすじしか覚えてないというのもさみしい
ので、ここのページにこう書いてあって、だからこのシーンは
そこの主人公が言っていたセリフなので、自分も使ったとか、
そういうことを具体的に言ってくれることで、自分の娘がどれぐらい
英語を理解しているか、またどれぐらいの力を持っているかの
判断の目安にしてます。

ただ、うちでは、本のかわりにDVDとかドラマから仕入れてくる英語
が多いので、耳から英語です。目の方も、もうちょっとやってほしいと
親は贅沢に望むんですが、なかなか調子よくはいきませんね。
だから、今はこのスタイルで娘に好きにやらせようと思ってます。

No title * by のんぷ~/じょあんなT
ドラゴンボール全巻はものすっごいです・・・
ちなみに私は自分のためにワンピースをそろえようかと思ってますが
値段でたじろいでいます
シリーズによって訳の質が変わるかもしれませんが
ジャンプ系は出版社に力があるせいか「きれいな英語」という気がします

個別記事の管理2009-06-23 (Tue)
 英単語マンガも定着してきて、シリーズ化されそうな勢いで
 娘は描いている。

 今回は「credible」(信用される、信頼される)という単語で作って
 みた。ただし、マンガの中では、逆の信用されないという否定系で
 描いていて、直接セリフの中にはこの単語は出てこない。
 使い方としては、こういう感じ。
  ↓ ↓ ↓
 Sally is not a credible witness.(サリーは信用できない目撃者だ)

 それでは、関西弁とのバイリンガルバージョンでどうぞ!
 (かなり意訳してある)  
 ↓ ↓ ↓
 (2人が何やら争っている)


 「悪いのはあの人(彼)やんな?」 「うん!」
CIMG0180.jpg

 「悪いのはあいつ(彼女)やろ?」 「うん・・・・」
CIMG0181.jpg

 「あんたうちが正しいって言うたやん
 (お前俺が正しいって言うたやろ)」

CIMG0182.jpg

 「何やねん(ええ加減な奴)!!!」
CIMG0183.jpg


 このマンガの中の小さい子って実は娘かもしれない・・・・
 喧嘩してる二人はパパとママ?だったりして・・・・orz


 なんだか我が家を見ているようでギクッと
 してしまったまめっちママに応援クリック
 よろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  
関連記事
* Category : 英単語マンガ
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

No title * by うめ★hiro
単語を覚える「手伝い」になれば
クレジットカード
credit 名声 信用
それと 映画のクレジットタイトル 主役とか監督とかの名前
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB


うめ★hiro 様へ * by まめっちママ
ウィキぺディアはさすがに詳しいですね。
色々ためになります。単語の覚え方って印象づけて
覚えるのが娘ぐらいの年齢だと一番いいみたいです。
普通に単語集で淡々と例文と単語の読み上げだけでは
ほとんど寝てしまいそうな退屈さがあるみたいです。(笑)
工夫して様々な角度から覚えていきたいです。
いつもありがとうございます。

こんにちは♪ * by うっかり主婦
娘さん、漫画のセンスありますね~!!
表情のデフォルメがすごく上手くて生き生きしていてビックリです!!
うちの娘は身分不相応に大作をを描こうとしてキャラ設定の半分ぐらいで挫折し、完結したのを見たことがありませんv-356

うっかり主婦様へ * by まめっちママ
うちの娘は最近ギャグ路線です。
シリアスな絵も結構上手いのですが、ギャグ
マンガの方がいきいきとした表情で描けるみたいです。
やっぱりお笑い系になりそうです。


個別記事の管理2009-06-22 (Mon)
 少し前、ブログ記事で、カナダから来た日本のアニメが好きで、
 遂に日本でアニメソング歌手としてデビューしたHIMEKAさんの事
 を書いたが、そのHIMEKAさんが西宮ガーデンズに来ていて、あの
 すごい歌を生で聞くことができた(ラッキー!!きゃー!
 生の歌があんなに上手いなんて、驚きを通り越して感動だった。
 最初は、単にアニメソングでデビューしただけという印象しかなかっ
 たし、そのアニメを見たことがない私は、娘が見ている光テレビで
 たまに流れているので、あの歌だとは知っていたが、そこまで興味
 があったわけではなかった。

 ところがこの人が日本語を習得した過程や日々の生活ぶりを見て
 とても興味を持った。その矢先の出来事で、本物を間近に見られる
 なんてものすごく偶然?というかまたまた必然だと思えた。印象は

 めっちゃかわいくてスレンダー!!
 (一気に大ファンに!)
 この日はムームーのようなロングドレスで、ヒールの高さが10㎝
 ぐらいありそうな白いウエッジサンダルを履いていたので、益々
 背が高く見えてとても素敵だった。

 トークの部分がまた素晴らしく、確かにまだ日本語の会話は
 それほどでもないけれど、あの物おじしない堂々とした態度と、
 ユーモアあふれる人柄、気配りなどもどこか日本的で、好感度は
 マックスに上がった。

 彼女が関西に来て初めて覚えた言葉が「何でやねん」だったと
 いうのが、また笑えるのだが、漢字を最初に見た時、人間が本当
 にこんな不思議な文字を読めるのかと思ったそうだ。まるで暗号の
 ように見えた漢字を今自分が日本人と比べたら、まだまだだけれど
 読めるようになったのが、うれしくて仕方ないと話していたのが印象
 的だった。

 最初はアニメの歌から始まって意味を知りたくて日本語を勉強し、
 カナダでは日本語の歌を歌う機会がないから、日本までやって
 きて夢をかなえたその行動力に頭が下がる。きちっとテキストで
 今は日本語を勉強しているとも言っていた。

 目的があるということは、こんなにも人間を強くし、それがあれば
 大人からでも十分ほとんどなまりのない美しい発音の日本語を
 習得できるのだということに今の自分の娘を重ね合わせて考えて
 しまった。娘がもし今後、絶対にやりたいことが海外にしかない
 のだという強い目的意識を持ったら、たぶん今よりずっと英語を
 習得するのも早くなるのだろう。

 やはり早期教育は単なる動機付けでしかなく、本人の一途な気持
 ちと必ず成し遂げたいという強い意志に勝るものなどないのだと
 確信した。

 私の出来ることはすでにほとんどない。後は娘次第だ。

 願わくは、英語が誰かのためになるように、また、自分が恵まれ
 てここまでこられた運を少しでも社会に還元できるような人間で
 あってほしい。

 今日は本当に充実した一日だった。
 心のリフレッシュができてまた頑張れそうだ。
 

 感動したのに、その場でどうしても恥ずかしくて
 CDが買えなかった周りの若い人の目が気になる
 根性無しのまめっちママに応援クリックよろしく
 お願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  

 
関連記事
* Category : その他
* Comment : (5) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

No title * by 通りすがり
こんばんは、HIMEKAさんの記事を書いてるブログを探し偶然たどり着きました。目的意識は学習において最重要項目ですよね。娘さんが進んで学ぶ素敵な大人になるとよいですね!
私も同じく恥ずかしくてCDを買えなかったのですが、次回もし同様のイベントなどがあった際には勇気を出して購入する予定です(笑)。

通りすがり様へ * by まめっちママ
コメントありがとうございます。
とってもいい歌だったので、思わずCD買いたいって
思ったんですが、やっぱりちょっと場違いな感じがして
歌が聞けただけでもよかったと思うことにしてその場は
立ち去りました。(笑)
この人を見ていると、勉強に時期なんて関係ないんだと
思いました。それで娘にはこの先も目的意識をしっかり
持って頑張ってもらいたいです。

面白いブログ記事をありがとう * by 通りすがり2
こんにちは
私もHIMEKAさんの記事を探してて偶然ここにたどりつきました。
関西在住で西宮のイベントを楽しみにしていたのに、急に仕事が
入り行けなかった私には、興味深く面白いブログ記事でした。
ありがとうございます。

また機会がありましたら、彼女のCDを買ってあげてくださいね。(笑)

通りすがり2様へ * by まめっちママ
コメントありがとうございます。
お仕事で見られなかったのは、残念でしたね。
西宮ガーデンズでは、当日二回3時からと5時からHIMEKAさん
のトークと歌が聞けたんですが、私は5時からのを聞きました。
人もそんなに多くはなかったので、本当に集まってる人はファン
なんだろうなって思いました。
なので、私のようなちょっと年配者がいるのは、なんだか
気が引けたんですが、素晴らしいものは素晴らしいし、この人
を知らなかった偶然その場に居合わせた人でも、あの歌には
感動したはずだと思います。本当に上手かったですよ。
アニメに限らず他の歌でも十分歌手として今後日本で活躍
していきそうですね。
是非CDは買いたいと思います。(笑)

個別記事の管理2009-06-20 (Sat)
 この年まで生きていると(一体いくつやねん・・・・汗;過去に自分が
 通ってきた道や失敗したことや、悩んで迷走したことなどと全く同じ
 ようなことを今の若いママ達がやっているのを、たくさんブログなど
 で見かけて、ついエールを送ったり、ああ私と同じ間違いしてるなあ
 ・・・・とか、余計な御世話的なことも考えたりしてしまう。

 でも、それはちょっと上の世代から危なっかしい子供を見守るよう
 な気持ちにすぎない。子育ては結局の所、自分が失敗したり
 上手くいったりを経験して初めて、ああそうだったんだとわかるもの
 なので、私は比較的どの考え方もやり方も一理あると思うようにし
 ている。

 明らかにそれは・・・・と思うこともないわけではないが、人から
 否定されて学ぶことは少ない
ので、納得いくまでやってみないと
 なかなか素直に受け止めることはできないものなのだということも
 感じている。

 たとえば誰かがDWEで成功して話せるようになった。でもそれは
 その子にそれが一番合っていたということと、流れに乗って上手く
 物事を運ぶ幸運の女神を親がタイミングよくキャッチしたということ
 に過ぎない。もちろん最後まで投げずに頑張るということは、最低
 限クリアしていないといけないけれど・・・・

 またある人がずっと英語で子供を育てた結果、子供がバイリンガル
 になった。これも英語で育てることがその人にとって一番自然だっ
 た
ということで、他の人が苦しい修行のように英語を使わ
 なきゃと構えて同じように真似しても、必ずそうなる訳ではない。
 
 一番大事なのは、子供がそうすることが一番楽しくて、やってよか
 ったと思えるかどうかということで、それは子供一人一人全部違う

 
 たとえば、娘はあるシリーズの本を読む時でも、一巻から順番に
 読むというわけではない。どこからでも読み出し、気に入ると他の
 巻もその時あったものを買って読む。

 几帳面な子供なら、一巻から順番に読んでストーリーがつながって
 いないとどうも気持ち悪いと思うはずで、それがうちの娘にはない。
 登場人物がわけわからなくなるから、最初から読めばと思うことも
 あるが、乱読しているうちにちゃんと誰がどういう関係なのか理解
 しているので、必ずしも親が思うようなきっちりした順番は必要ない
 らしい。

 これだけでも親と子供の考えはこうも違うのかと驚くが、こんなこと
 は日常茶飯事で、親の常識と子供の考えは必ずしも一致しない。

 こんな娘の本の読み方を見ていると、親がこれを読めばいいなあと
 目につくところに読んでほしいものをたとえ置いたとしても、うちの
 場合は、恐らく読みはしない。むしろ好きな部分から読める雑誌を
 置いておく方が、目を輝かせてパラパラめくり始めるということを
 知っている。

 こういうことがわかるのが親なのだと思う。

 同じことをしようとしても成功しないのなら、自分しかわからない
 方法をやればいいことで、子供の特性に気づくことができるのは
 他ならぬ親でしかないのだから。
 
 洋書を最近あまり読まなくなったのも、最初から続いている長い
 ストーリーを娘が好まないということと、どこからでも読みたい束縛
 が嫌いな娘に似合わない方法だからで、一つ一つが完結するのに
 短いもの、むしろコラムやニュースの方があっている。

 だからジュニアエラやひらがなタイムズのような使いやすいもの
 にはまるのだと思う。

 世間で主流になっているから、そうしないといけないということは
 ない。参考にしつつうちでは自分の子供にそれが使えるかどうか
 考えることも大事だと思う。

 どこかのテレビで何かが特集されると、急にそれが売れたりする
 こともそうだ。納豆が店頭から消えたりしたのはそう遠い昔の話
 ではない。

 流されず、それでいて頑固になり過ぎず、バランスよくもうこの感覚
 は自分で磨いていくしかない
のだとも思う。

 
 
 ますます年齢不詳の管理人が怪しいぞと
 思ってしまった方も、まめっちママさんて本当は
 何歳?若いのか違うのかと悩んだ方?
 (誰もそんなこと思ってないと思うけれど・・・・)
 バランス感覚は大事だと思えたなら、応援クリック
 してやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

No title * by のんぷ~/じょあんなT
DWEで英語ができるようになった卒業生の女の子でCMに出てるのが
何年も同じひとりの子だということが気になってしょうがないのは私だけでしょうか?
それはいいとして
私も鼻をふくらませて興奮してDWE買いましたとも
そこにmagic とか fantasy 夢みましたとも
現物見て、よくできてるけど、同じ金額でその子に向いた方法
探せる人もいるだろうな・・・って思います

でもあの時はママデビューみたいなもので、DWEのサークル
っていうか、英語大好きママのソサエティみたいなのにお金かけて
入ることに夢みてるところもあるかもしれない・・・
(私は公園デビューがうまくいかなかったので、本当は正規に
フルセット買うとかして、イベント参加したりしたかった)
近所の英検に力入れた幼時英語教室行ったけれど、やっぱDWEの
ブログやってるひとたちと気合が違う・・・

あれを本当に使いこなせたら(というか、うちはDVDとトークアロング
だけでしたが重宝しましたけれど)いい教材だと思います
でも、子供部屋に置いてるだけで子供が自分からフルセット自分で
勉強して、ペラペラに・・・って子はかなり希少なのではないかと思います
親子や兄弟姉妹で英語環境を快適に整えられてないと難しいのでは
ないでしょうか?
それでさらに母語の日本語もさしつかえなく習得するとなるともっと
難しくなります

英語学習が好きでいい意味で競争しあうことができて、学習意欲を
維持する場というのはありがたいものですね

わたしは自己紹介したり子供同士遊べるレベルの英語を娘に期待
したのではなかったので、これから長丁場になりそうです
どのような英語を身に付けさせたいかにもまたよるかもしれませんね

同じことをしていても同じテンションのときに同じことをしたのかは
わかりませんし、ノリのいいときにDVD見せてたお母さんと
なんでもいいから、とか、いやがってるのにとかのお母さんとは
どうしても結果が違ってしまうんでしょうね。

うちの子なんか3歳のとき、私の嫌いなトムとジェリーが大好き
だったのでかなり迷いました(ナンセンス好きの考えない子に
なるんじゃないかとか、でも見せなかったらトラウマになるんじゃ
ないかとか・・・)

梅沢富美男・「恋はいつでも初舞台~♪」
じゃないですけど
「子育てもいつでも初舞台~♪」(ToT)

のんぷ~/じょあんなT様へ * by まめっちママ
DWE確かに同じ子供しか出てないかもしれませんね。
私は何も知らないでバイリンガル教育するつもりもなく
ただ人気がある教材ってどんなものなんだろうって思っただけで、
それを買って子供をぺらぺらにしようなんて全然思ってなかった
ので、どうなるかわからないもんです。
絶対にバイリンガルと思わないでやってたから、プレッシャーが
かからずに出来たのかなと思います。
意気込んでやった音楽教育は見事に失敗してるし・・・・
だから子供にあってないものを親のやりたいことの押し付けだけ
では、できないんだなと思いました。一番あってるものが英語だった
というだけで、もし他のものだったら、上手くいったかどうかは
わかりません。人はみんな違うので、誰ひとりとして同じ結果には
ならないのだと思います。
こればかりは最後までいってみないと誰にもわからないってのが
本当のこところなんじゃないかと・・・・・

日々、立ち止まって自分を制しながら行きたいですね。

個別記事の管理2009-06-20 (Sat)
 英語学習者の間では、もう知らない人がいないのではないかと思う
 無料学習サイトi knowで有名なsmart.fmに新コンテンツが登場した。
 (サムネイル画像をクリックするとサイトにいける。)
  ↓ ↓ ↓
 http://smart.fm/series/3335

 娘が毎月購読しているあの「ひらがなタイムズ」をweb上で学習でき
 るようになった。これは利用しないといけない。

 読むだけでは、確実に定着したかどうか不明だったものが、これで
 理解度がどれぐらいかも見ることができるので、暇をみつけて
 娘とやってみようと思う。

 でも…・時間あるかな・・・・?

 それでなくても宿題たまってるし・・・・テスト勉強もあるし・・・・
 
 ああもう無料のいい学習ツールがあっても、それをやる暇がない~

 お金があっても時間がないっていうことは聞くが、お金もあんまり
 ないのに時間もないってどういうことやねん?と一人突っ込み
 入れてしまいそうな気分・・・・・
 
 英語嫌いの私には時間余ってるんだけど、肝心の娘にはないって
 のが残念・・・・がっくり

 でも、今はかなり毎日勉強が苦しいので、いくら好きな英語とは
 いえ、勉強に変わりないので、あまり休憩にはならないだろうから
 うちでは、洋画や二カ国語放送を見ている方がやはり脳にはよさ
 そうだ。

 でもひらがなタイムズってどんな雑誌でちょっとやってみようかな
 という方にはお勧め。雑誌は超プチプライスの450円なので、
 英語育児を始めた頃のあのくそ高いDWEと比べると・・・・・・
 もう月とすっぽんぐらい値段が違う。こんな日が来るなんて自分で
 も驚いている。最初の投資は少々お金がかかったが、ある程度まで
 いくと、お金も落ち着いてくる?のだと思う。

 幼少期には絵本やDVDや教材やらで、次々とお金がかかったが、
 もうこれぐらいになると、テレビや市販の参考書や問題集などで
 勉強できるようになるので、今まだ子供が小さくて、先が見えない
 英語育児に不安がある方でも、必ずそれなりに楽になる日は来る
 ものなので、焦らず気長に行くのがやはり一番かと思う。


 今回はちょっと軽めに書いてみた。
 次はまた新作マンガが出る予定?・・・・・
 楽しみにしているよという方はクリックして
 応援してやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  

 
 
関連記事
* Category : 洋書、雑誌、新聞で学ぶ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-06-18 (Thu)
 重い話は前回で終わりにしてと思ったのだけれど・・・・
 (まだ書くんかい!と怒らずここで帰らないようにお願いします)
 最近娘が描く英単語マンガにしても、彼女の話す独特の言い回し
 にしても、学校で習ったものとはあきらかに違うのを見て、ネイテ
 ィブ感覚が身についてよかったというよりは、これが後に足を引っ
 張らないといいけれどと思った。

 前から気になっていた英作文の力をどうすればつけてやれるかと
 いうことを英語を生業としている人たちから色々聞くにつれ、やはり
 不安は増していく。

 採点者の基準としてネイティブしか知らないような口語表現は
 違和感がありすぎて正解にしにくいという。

 膨大な数の英作を見るのだからなおさらで、いちいちこういう
 言い方であっているのかとか、本当にそういう風に言うのかなど
 を確認している暇は正直ないそうだ。

 結局辞書に載っている使い方で、どれだけ勉強して身に着けた
 かを見ることが一番努力を正しく評価することにつながるという
 わけで、生まれつき身についたとか、海外で学んできた自然な
 口語表現をさらりと使うことを評価したいわけではないので、
 公平に誰が採点してもほぼ間違いようのないポイントを中心に
 見ることにならざるをえない
。これを知っている帰国子女は、
 自分が身につけたネイティブ感覚にさらに固い表現ではあるが、
 辞書的な正しい表現も勉強しなおし、より高度な英語力を身に
 つけていくのだそうだ。

 ここを怠って自分の英語が正しくて採点者がおかしいという人
 は、残念だけれど、今の日本の大学のシステムからははじかれ
 てしまう。(帰国子女枠は別で、一般入試に関してだが・・・)

 私はこの考え方に基本的には賛成だ。
 自分の娘も自然に身についた英語の部分が多いので、とても
 不利な条件なのだが、これも私の持論なのだけれど、人が人を
 評価することは、物差しが一定でないといけない
と思っている。

 ちょっと話はそれるが、よく世間で言われる人柄とか、性格とか
 そういうものをもっと多くするべきだという一見もっともらしい
 正論に私は違和感を感じる。これこそどんな性格なら点数が高く
 何がいけないのかなどは、人によって好き嫌いが出すぎる部分だ
 からだ。長い時間をかけて何人もの人でじっくり見るというのなら
 別だが、日本ではそういうシステムになっていないので、やはり
 ある一定までは、必ず正しく評価できる筆記テストなどがあった方
 が公平という点では優っている

 つまり英語のテストでもどれだけ基本に忠実に頑張って学んだかと
 いう部分を評価するわけで、もしも筆記テストはあまり関係なく、話
 の部分だけになったとしたら、その内容は誰が公平に判断するの
 だろう。採点者の主観に左右される部分が大きすぎるということは、
 逆にどうやって勉強したらいいのかわかりにくいし、必ずしも努力
 が正当に評価されるかどうか全く本人はわからない。

 英作から随分話が大きくなったが、基本はやはりちゃんと日本の
 システムにのっとって勉強しないといけないということだ。

 その上で、もっとくだけたより英語らしい表現を身につけるという
 のが筋というものだろう。もちろん試験でもリスニングが増えて内容
 を正しく聞き取る能力を養うことは、今後も増えていいと思う。
 言語はコミニュケーションの手段なのだから、そこは大いに伸ばし
 ていい部分だと言える。

 ただ、外国人として英語を学ぶ上での宿命みたいなもので、どう
 やってもネイティブになれるわけではないのだから、ネイティブらしい
 発音へのこだわりだとか、ネイティブが普段しゃべっていることこそ
 が一番というネイティブ至上主義にはなるべきではないと思う。
 そこのところを勘違いしないように、娘にはしっかり学んでいって
 ほしいと思う。

 

 固い話が続いて申し訳ないと思いつつ
 また書いてしまった懲りないまめっちママに
 それでも応援しているよという優しい気の長い方
 クリックしてやってください。次こそはくだけて楽しく
 書くつもり・・・・・(たぶん・・・・いや・・・どうかな・・・・orz
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (0) * Trackback : (2) |
個別記事の管理2009-06-17 (Wed)
 前回までの出口の見えない重い話に付き合ってくださった皆さんに
 最後は、少しだけほっとする話を送りたいと思う。

 前回の記事はこちら
  ↓ ↓ ↓
 天才は早期教育で作られるのか?PART1

 天才は早期教育で作られるのか?PART2

 早期教育、塾通い、どれも子供にかなり負担をかけることで、いくら
 子供は適応能力があるといっても、やはりそれなりのストレスを
 抱えている。更に英語も細々とでも続けていくわけだから、子供らし
 くのびのびする暇がないのも痛いほど理解している。

 だから検定試験を無理にどんどん進めていくことはせず、自由に
 今は力をためる時期と割り切って英語に関してはかなりのびのび
 我が家はやっている。

 これが勉強でもできれば問題ないのだが、さすがにそうもいかず、
 はっきり自分の置かれている位置がわかることと、クラスが確実に
 上がったり落ちたりする厳しい現実が待っているので、目の前の
 苦しさから逃げるわけにはいかない。

 そんな中、この間塾で社会の総合テストがあった。
 社会のクラスは一番上のクラスに関してだけは、小テストで2度
 90点より下をとったら、その時点で即クラス替えという無茶苦茶
 プレッシャーがかかる仕組み
になっている。

 ということは最短2週間でクラスから去らないといけないことになり、
 それはあまりにも辛いので、みんな必死になるわけなのだが、娘
 は実は、社会がそれほど得意ではない。なんとか持ちこたえてい
 たものの、模試で失敗し、クラスを落としてしまった。泣き顔

 次に復活するのは、一ヶ月後の模試で点数を上げるしかなく、
 努力の甲斐あって、クラスがつい先日元に戻った。
 
 ところがそれで安心できるわけではなく、このあとまた地獄の
 小テスト90点以上連続で取り続けるという苦行が待っている。

 もう二度と落ちたくないと思った娘は、前日、学校の行間休みに
 テスト勉強をしていた。当然ながら周りに友達が集まってくることに
 なるが、その時、塾通いしていない他のクラスメート達は、自分も
 やってみようという好奇心を持って問題にチャレンジしていたそうだ。
 そして娘が頑張らないとクラス落ちてしまうねんと言ったら、皆が
 頑張れと応援してくれたと言う。

 私が地元の公立に決めた理由の一つは、この地域のママ友達が
 皆優しくて他人への寛容の精神を持っていて、うちのように幼稚園
 も地元に通っていなかったにもかかわらず、昔築いた人間関係が
 今も生きていて、受験することや、英語をやることに、誰も余計な
 詮索を入れてこなかったことにある。非常にバランスのよい人が
 多かったので、安心して公立に行かせることができた。

 娘が1歳の頃から知っている人ばかりで、仲良くお付き合いさせて
 もらったので、地域の人間関係を大事にしておいてよかったと思う。

 そういうわけで、子供達も比較的のびのびしていて、塾通いも
 クラスに5人もいないような状態なので、逆に苦しそうな娘にも
 エールを送ってくれるような子供たちが多い。

 卑屈になることもなく、他に塾通いしている子供も傲慢になること
 なく溶け込んでいるからこそ、校区としては決して評判がいいと
 はいえないこの学校に決めたのだ。
 昔を知っている人たちの中には露骨にあそこは校区が悪いから
 と言う人もいて、余談だが、今の家に引っ越す前に住んでいた
 マンションを売りに出した時、この校区のせいで、何度かお客が
 逃げてしまったこともあるぐらいだ。

 でも、私が実際に目で確かめた学校は荒れることもなく平和で、
 もちろん一部の人の中には問題のある人もいるのだが、全体的に
 は過ごしやすい学校で、世間の評判などはあてにならないものだ
 と感じている。

 話がそれたが、みんなの応援のおかげもあって、無事娘は95点
 を取ることができ、クラスが再び落ちることは避けられた。

 受験組とそうでない子供でも、相手への思いやりで対立構造を
 避けることはできる。親の考えがまだ色濃く子供に出る時期なの
 で、雰囲気の悪い小学校は、おそらく親達の考え方が極端で、
 理解しあえない状態なのだと推測される。

 娘が生まれて、英語育児などをやり始め、誰もやっていない遠方
 のプリに連れていった本来なら変わり者といわれても仕方ない
 私たちがここまで来られたのは、本当に運がよかったと思う。
 
 だからこそ、この時のめぐりあわせに感謝し、これからも迷いながら
 進んでいく
それしかないのだろう。
 
 
 
 重苦しいシリーズはこれで終わり、次は・・・・
 もっと楽しいことをたくさん書いていきたいけれど、
 受験生には毎日そうおもしろいことって起きない
 ものだとブログのネタがないことに悩む?
 まめっちママに応援クリックポチポチっとお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

No title * by sa-chi21
クラス復帰おめでとうございます。よかったですね。努力が報われた時が一番うれしく、ホッとする瞬間ですね。受験終了までエンドレスで続きますが、どうか努力がむくわれますように。

おもいやりの心大切ですね。そう、クサクサしている大人や子どもも結局思いやりの心がかけてるのでしょうね。それほどおいつめられた精神状況で毎日を過ごしているのか、ぽっかり欠落してしまったのか。

不明ですが、それでも将来夢みて、優しく明るく感謝の気持ちをわすれずに・・・そんな気持ちをこどもたちに伝えていきたいと思いました~

sa-chi21様へ * by まめっちママ
立場が変わると人は考えも変わるもので、自分の知らない
世界に対してはどこか構えたり、不安があるもので、それは
子供も同じなのかなと思います。塾に行ってない子供は
行ってる子のしていることはわからないし、親も同じです。
自分のまだ経験したことないことには、戸惑うし、否定的にも
なりますしね。そう考えると、色々経験することが大事だなと
思えてきます。今は夢がなくなってきている時代なので、みんな
どこか殺伐としてますよね。でもある程度色々なことをさせられる
環境に恵まれたことを感謝して、それをいつか社会に返さないと
いけないとも思ってます。少なくとも娘はそういう気持ちでいるよう
なので、ここだけはまともに育ってくれたなと思います。

管理人のみ閲覧できます * by -

個別記事の管理2009-06-16 (Tue)
 前回の記事では、早期教育の成果という部分だけに焦点を当てて
 それだけなら、早くやっても遅くやっても、本人の自覚次第で大人
 になってからの差はそうないということを書いたが、幼い頃から何
 かをさせるということが、どういう影響を及ぼすのか、プラス面だけ
 でなく、マイナス面も含めて、今娘の塾での子供たちの事例などを
 あげて考えてみたいと思う。

 娘の塾のクラスはいわゆる選抜クラスといわれるもので、半年に
 わたる過酷なテストを受けて合格した子供たちだけで構成されて
 いる特別クラスなのだが、ここにいる子供たちの多くが確かに
 かなり小さい頃から幼児教育などを施され、小学受験を経験して
 いる子もいるし、塾もほとんどが1、2年生から通っているので、
 まさに世間から見ると、教育ママの集団で、小さい頃から勉強さ
 せられていると映るだろう。

 うちのようなプリ出身というのは、極めて異例で、英語より勉強を
 重視してきている人がほとんどなので、娘はお気楽な部類に入る
 のではないかと思う。それでも幼児教育はしていたので、それが
 あったからこそ、お受験組とそれほど差がつくことなく、何とか基礎
 部分はクリアしていたおかげで、ついていけたので、やはりスタート
 地点での差を少なくしておくことがその後の子供のモチベーション
 にも影響するといえるかもしれない。

 自分よりはるかに進んでいる子供たちの中に入っても、何くそと
 逆に頑張る子供ならいいのだが、最初から大きすぎる差に愕然と
 して、やる気が失せる子供もいるだろう。

 親なら誰しもが、せめてスタート地点だけは同じでチャンスを自分
 の子供に与えてやりたいと願う。だからこそ早期教育が盛んになっ
 てきた
のだと思う。

 いくらきれいごとを言っても、すでにスタートで思いきり差がある
 学力を追いつき追い越すのは、並大抵ではないからだ。

 ごく限られたそれこそ昨日書いたように、自分が目覚めて根性を
 出して這い上がってきた子供だけが、親の力だけで来たマインド
 の弱い子供を抜き去ることができる

 
 勉強という分野なら、スタートを同じにすることは親の力でも何とか
 なる。お金が極端にかかるスポーツ選手や、音楽の世界と違って
 誰もが簡単にできるという意味で、一番手軽でそして実にシンプル
 に点数という誰が見ても公平な物差しで評価される世界に
 一般庶民が夢をかけるのも仕方ないことだと思える。

 こうして書いていくと、じゃあやっぱり早期教育して子供がスタート
 地点で遅れないようにしてやるのは、親の責務だよねと、ますます
 早期教育熱が高まるかもしれない。
 でも、もろ手を挙げて賛成しかねる自分がいる。

 私がいまだにこうして迷っているのは、子供にスタートから差が
 ある不公平な人生は与えたくない、でも、おいしい成果の先取りを
 して、早々に限界を知ってしまうようなこともしたくない、さらに
 塾の子供たちの言動が最近、エリート意識丸出しの人間性を失い
 そうな様子に、これが早期教育の結果なら、やらない方がいいと
 思ってしまうことなど、様々な要因があって、やればバラ色などとは
 言えないということを身にしみて感じているからだ。

 小さい頃から人が遊んでいる時でも頑張ってきた努力は報われる
 べきだし、それを非難されるいわれはないと思うが、そこには他者
 への愛がないといけない。
 
 でも、裏を返せば、それはお互い様でもある。
 別のブログで過去に書いたことなのだが、とある2人の塾生の会話
 の空恐ろしさは、今も忘れられない。

 その二人は有名進学塾の生徒で、話しの内容というのは、こうだ。

 同じクラスの塾に通っていない子供達のことを、遊んでばかりでむか
 つく、あいつらは落ちこぼれだから、こんな難しい問題は解けないだ
 ろうし、偏差値なんか30もないんじゃないかと・・・まあこんな感じの
 会話だった。

 ここだけなら何ともすさんだ恐ろしい子供たちと言ってしまって終わ
 りなのだが、その裏には、偏差値30と言われた子供が、毎日
 努力している2人にむかって、俺は受験なんかしないから、遊ん
 でるだけで、本当はこんな問題簡単やと思うというような発言を
 していたようだ。やったらできるけど、しないだけ。この発言が実は
 非常に重い意味を持っている
ことは、昨日の記事でも書いた通りで、
 その毎日のこつこつ苦しい努力を続けられない、あるいはやったこと
 もないのに頑張っている子供たちを愚弄することが本当に許される
 ことなのだろうか。エリート発言はとかく批判されやすいが、こちらも
 同じぐらい相手への思いやりに欠けた発言だと言える。
 
 私にはどちらもゆがんだ認識に見えた。
 
 どっちの道を選ぶかは親も子供も自由だけれど、実にバランスの
 悪い二極化が進んでいる
気がして仕方ないのだ。

 お金のあるなしとかではなく、意識の二極化の方が実は深刻な
 んじゃないかとさえ思う。格差社会というけれど、根底にあるのは
 そんな表面の金銭的なことではなく、人間の本質の部分にあると
 思えて仕方ない。

 
 結論が永遠に出ない迷路のような話に
 お付き合いくださってありがとうございます。
 早期教育は賛成も反対も簡単には言えない
 と今も悩むまめっちママにその気持ちわかるよと
 言う方は、応援クリックしてやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (8) * Trackback : (0) |

No title * by sa-chi21
深刻な話ですよね。
世相が親やメディアを通じてこどもたちに
悪影響をあたえているのでは??と思うことがあります。

もしかしたら的外れかもしれませんが、
夢をもったキラキラした一途な気持ちというところが
そのどちらの子どもたちにもかけているのかもしれませんね。

親やメディアを通じて自分たちを一定の枠にはめて、
そこから全ての物事をみているような。
それは大人も同じなんでしょうが。

下の枠は卑屈になり、上の枠は傲慢になり。

どっかで読んだ内容ですが、

江戸時代の士農工商のようなものが、いまの社会にも
がっちりハメられている。
そう思うと戦後~高度経済成長期だけが異質な日本だった
(戦後から復興するという夢に日本全体がつつまれた)
のかもしれない。

というのにうんうん、とうなづきながら読んでました。
早期教育では残念ながらそういった枠組みをあてこんでしまう親が
いらっしゃるのかもしれません。

近所にもいらっしゃるようです。
『○○に入ったあなたは華なのよ。公立に入った子は雑草よ』
と、公立小学校組ママの目の前で言って放つ方が。

客観的に自分をみれないとこんな発言しちゃうんでしょうね。

sa-chi21様へ * by まめっちママ
ちょっとだけ深刻と書いたけど、実はかなり深刻だなって
思ってます。世の中全体が相手への思いやりに欠けているって
すごく最近感じます。自分とは違う考えや環境に出会った時、
それを受け入れられない人が増えたなと・・・・
バランス感覚大事にしたいです。
黒か白しかないという世の中は、さみしいですもんね。

No title * by risa
まめっちママさんおはようございますv-238

この(早期教育の)論議はいつの時代も永遠ですよね・・・^^;
個人的に思うのは、早期教育をやるか、やらないか、よりも、
やったことによって得られたこと、そして、やらなくても生きていけた事実、
またやらなくても得られた能力や才能・・・
こういう部分がそれぞれにあるってことなんですよねぇ・・・。
「やるべき」「やらないべき」と極端に議論してしまうと、絶対に異論が
出ることは歴史上分かっているので、やはり個々の家庭内で自分達
なりの「結論」を出すことが、精神衛生上にも良いのかもしれませんね。

risa様へ * by まめっちママ
そうですね。いいとか悪いとか結論なんて出ないことですから。
自分で考えていきすぎないようにバランスとりながらやるしか
ないですよね。
私も議論で相手を打ち負かすなんてことは、早期教育や英語
教育に関して無意味だと思ってます。
白黒つけたがる人には、曖昧な感じで譲れないことかもしれない
ですが、世の中はそんなに思ったようには動きませんしね。(笑)


No title * by のんぷ~/じょあんなT
うちは「庶民でも早期教育なら手ごろな値段で売ってるものでけっこう
なんとかなるもんだよ」派でした。
小学校受験のための勉強とは種類が違っていますから、それを
目指す方にはなんともいえませんが、
見てるだけでひらがなの読みと書き順がわかるDVDがレンタルとか
ケーブルテレビでやっていたり、
まるをぐるぐるなぞるところから「の」のひらがなを書いたりする
幼児向けくもんのプリントとか、同様にさんすうもいろいろプリントが
あって、
自分の子どもがいやがらずやれそうなことを根気よくつきあってやる
気持ちの余裕があれば年中児で小3までの漢字の読みと、繰り上がり
繰り下がりのある3桁の筆算ができるぐらいにはなってました
年長になってから小受を考えたのでそれもやってみましたが
「こぐま会」のプリントとか「四季の図鑑」とかでわりとできるようになって
なわとびと跳び箱だけ受験用教室に頼りましたが、あとはわりと
解けるようになっていました。
受験当日にすごくできる子が隣に座ってしまって、折り紙の難しいの
とか、横で待ち合わせの時間につぎつぎやっていくので
「私、できないもん、そんなのできないもん」
とダメダメモードにはいってしまい、受験そのものに当日はなりません
でしたが
神大発達科学部付属の住吉小学校の最後の募集で(翌年から
中高一貫校になるにむけて小学校の募集がなくなる)
受かれば、小1から高校3年まで「生徒が自分で決めたことを勉強できる」
自主性を尊重した学校に行けるのでしたが・・・
(だから「受かれば大学進学まで受験勉強とかしなくてすむわ~」
みたいに思ってかなり気合いれて準備したのですが)
その「自主性」に引かれての受験でしたので他の学校は一切
考えなかったのですが

なんかでも日本の「早期教育」って実用性のある知識を身に付ける
ためのものではなくって、そういう閉ざされた「塾」や「私学」だけで
与えられる知識をどれだけもっているか?という感じがします

私自身も「教育ママ」とかがたくさんいる時代で、「浜学園」とかに
通う子を横目にみながら、自分は通えずに、それなのに親からは
学参も買ってもらえないのに「負けたらあかんで」と無理言われる
そんな家でした。
私自身は塾行ってる子に「こんなん簡単や」とか言えるタイプでは
なかったと思いますが、「塾にさえ行けたら」はずっと思ってた方だと
思います
クラスの秀才の子がちらっと見せてくれた問題集が学校の図書館に
置いてあるのでも、地元の子どもでも行ける小さな本屋にも
置いてない難しい問題が載っているのが解って対応できない自分に
家で泣いたこともあります。

でも大人になると、今でも受験問題を解くような能力は自分は
そういう教育を受けた人にはかなわないと思ってますが、自分の専門、
あと哲学、言語学、社会学もろもろで学部レベルのレポートでいいから
書いて来いと言われたら、受験優等生に遜色ないのを書ける自信
ありますし、娘にもできるだけ受験専門の勉強の時間を減らして
中身のあることを言える勉強のほうに力点を置きたいなぁと思います

小学校受験なんかだったら、実はテストの出来よりおばあちゃんから
そこの生徒とかだったりすることで決まったりすることも聞いているので
それこそ「士農工商」の話をされていた人もいましたが、「生まれの差」
を主張したい人が「早期教育」うんぬんの人に混ざってるんだと思います

なんか最近ヘンに悟ってきて、庶民ががんばって東大行っても
東大クラスの難問整理の庶民の待遇させられるだけなんじゃないかと
思うときがあります。

でも私自身は理屈に沿って話ができる人のほうが好きなんですね
うちで勉強がんばっているのは、そういう「理屈に沿って話ができる」
人間になって、かつそういう人間関係を築ける人と多く出会うために
そういう人の多い場所(学校とか会社とか)に行けるように
そう思ってやっています

極端な難関校は逆に理屈に合わないほど勉強させられていたりして
別な意味で「理屈で話ができない」人がいたりするのかな?

のんぷ~/じょあんなT様へ * by まめっちママ
庶民でも早期教育で一定レベルまでもっていくことは
可能だからこそ、みんなスタート地点までは、公平に
という気持ちでやるのが、お勉強かもしれないですね。
私は実はずっと公立畑で、塾にも行ったことがないんです。
ある意味、完全に自力で来たわけですが、今の世の中を
見ていると、時代が変わってしまってそういう人は少数派
になってしまってます。というか中学受験そのものが、学校や
市販のレベルの問題集では難関校に全く対応できないという
のがそもそも問題で、そこはルール違反だと思います。
高校で公式を習って解いたら早いような問題を小学生に
公式を使わずに小学生の学習指導要領を逸脱しないように
思いきり難しく迂回して教えているのが算数ですから。
それで、塾では密かに方程式なんて本来ならやっちゃいけない
はずのものを別の形で教えてしまうということになるわけです。
世の中が必ずしもスタート地点で公平でないということが、一番
みんないやなんですよ。選挙でも世襲がだめだと最近うるさく
なってますしね。機会が平等でないこと以外は本人の能力次第
なんですが、中学受験はある意味特殊な世界なんだと思います。
大学受験は市販の参考書で十分対応できます。
そう考えると、今力を使い切ることは得策ではないとも言えるわけで
燃え尽きちゃう子供がいるのは、こういうところなんですよね。
だからほどほどに長く続けられるように親も子もバランスよく
やっていかないといけないです。ただ、何かに頑張る、達成感を
味わうことは人生経験としてやっても無駄ではないとも思うのです。
だから弊害がいっぱいあることを承知で完全には降りられない
そんなジレンマと戦い続けているんですけどね。

無いものねだり? * by メイは苺のメイ
「優しい」「愛嬌がある」
・・・これが我が家の娘に対する幼稚園と小学校の先生の評価です。
物心ついた時から、娘が褒められることといったらまずこれ。
がっくりですよ(笑)
折角早期教育を頑張ってるんだから、もうちょっと他のところを褒めてはくれないものかなぁ・・・なんてね。
でも実際、うちの娘は優しいですけどね。
将来損するだろうなぁ・・・と、親が心配するくらい優しい。

だから、性格と勉強には別に関連性は無いと私は思います。
実際私の高校の同級生で、帝大系に進んだのは、性格的にも尊敬出来るコばかりでしたから。
あんまり受験勉強に身が入らなくて、中途半端に評価の高い私大に進んだコの方が性格は悪かったですね。
帝大系進んだコの悪口を言ってみたり、自分も同じようにガリガリ勉強してれば軽く受かったんだ、なんて言ってみたり。

結局、妬みや嫉みでしか無いんですよ。
塾に行ってるコは行って無いコが妬ましい。
行って無いコは行ってるコが嫉ましい。
そういう他人の悪口って、どこにでもあることで、そんなに深刻になるようなことでも無いんじゃないでしょうか?

私も一度でもいいから、「メイちゃんはお勉強は出来るかもしれないけど、性格がね」とか、「美人だけど愛嬌が無いのよね」とか言われてみたいです(笑)
「フフン」って、鼻で笑ってやれるのに(爆)

まぁホント、無いものねだりなんですよね。
困ったモノですね>自分。

メイは苺のメイ様へ * by まめっちママ
実際は単なる悪口にすぎないのをわかってはいても
気になりますね。親がそういうことを家でもきっと言ってる
のだろうなと思うと、周りの責任も大きいですね。
子供が自主的に判断して自分で歩けるようになるまでは
親がよほど気をつけないといけないなと思います。
幸い娘は可もなく不可もない中途半端さなので、どちらからも
攻撃対象になりにくいようです。(笑)

個別記事の管理2009-06-15 (Mon)
 娘が生まれてから子育てをかれこれ11年やってきたが、未だに
 早期教育をやるべきかどうかは、私の中で答えが実は出ていない。

 元々、早期教育には消極的だったので、自分がやるとは夢にも
 思わなかったのだが、一通りやってみて初めてその長所と短所が
 はっきり見えてきた。

 やりもしないでああだこうだと言うのは、机上の空論に過ぎず、実際
 にどんな効果があってどこがまずいのかも経験していない状態では
 語ることなどできはしないと思っている。

 サンプル事例を集めて論じることはできるかもしれないが、偏った
 極端な例ばかり集める傾向があるので、自分がやってみて一般
 的な周りで実際にやっている人とおつきあいし、間近で見た感想
 はというと、世間で言われているものとは少し違っているように思う。

 幼い子供は本当に教育次第で天才的能力を発揮する。
 そこだけを見ていると、みんなこうなるのだと感動し、まるで
 そのまま永遠にそれが続くかのように錯覚してしまう。早期教育
 賛成論者はたいていこの時期の成功を見て語っている。

 私も最初の頃はその一人だった。
 4歳で英語の絵本が読めるようになり、5歳で九九を覚え、掛け算も
 割り算もできるようになった娘。小学校に入る前には、漢字もかなり
 読めて書けるようになっていた。このまま伸び続けたら、どこまで
 いけるのだろうと思った。

 早期教育でいいとこどりをしてしまったので、小学校入学当時は
 塾の模試でも1番を2度もとっているし、早期教育は万能かのように
 思えた。でも、それは少しだけ始めたのが早かっただけで、成果を
 先に多めに取ってしまったということにすぎなかった。

 そして多くの天才児たちが大人になってからは、それほど特別な
 存在になっていないということがなぜなのかなんとなくわかってきた。

 本来、人間の能力にはそれほど差があるわけではない。
 やり方と適切な指導者に巡り合えたかどうかなど、ちょっとした環境
 と時のめぐりあわせの結果、上手く上昇気流に乗れたかどうかの
 違いであって、能力そのものは、極端に違うということはない。
 もちろん地頭がいいとか、持って生まれての素質の部分もゼロでは
 ないし、実際どうやっても頭の差だなと思うようなことも世の中には
 あるので、必ずしも皆が同じ能力だとは言い難いのも事実だ。

 ただ、一般的な事例として、一部の最初から特別な才能を持って
 生まれてきた人ではないごく普通の子供達ということを前提に
 言うならば、能力差は早期教育してもそうでなくても変わらないと
 思うようになった。

 隠れた存在で潜在能力が非常に高い子供は、入塾が遅れても
 1年足らずで追いつき、抜いていくので、やはり自分が目的をもって
 そうしたいと思う年齢にならないと、本当の力などは出ないのだと
 いうことだろう。

 小さい頃は親の力でかなりどうにかなるものだが、受験するにして
 も、何かを極めるということは、自分で目覚めない限り、決して伸び
 ることはない。

 うちの子はやればできるのだけれど・・・・この言葉を何度聞いた
 かわからない。結局、最後のこの部分が大事で、本人の自覚と
 やる気がない限り、どんな早期教育もそれ以上にはならない
のだ。

 では、結局親が頑張っても無駄なのかという失望感でいっぱいに
 なってしまうのだが、現代社会では誘惑が多く、一たび勉強する
 習慣をつけないまま大きくなったら、本当にそのままになってしまう
 可能性が大きい。だからこそ成果を早く求めたいから早期教育
 するのではなく、後の人生で苦しいことから逃げない、こつこつ
 努力する、継続することが大事だということを教えるため
に、やって
 いるのだと思う。少なくともうちではそういう目的だった。

 最近の娘は、天才とは程遠い緩やかな伸びになっているが、娘
 自身の頑張りの度合に比例したそれなりの結果が表れている。
 人と比べることをしない娘は、マイペースで自分がどうしたいかで
 生きているので、がむしゃらに頑張ったり、他人を蹴落としてまでも
 という気持ちが全くない分、まだ本気じゃないなと親の目には映る。
 
 でも、何かを一生懸命頑張ることで、未来が切り開けることを
 信じるようになったのは、早期教育のおかげかなと思える。

 結果は今のところ、特別すぐれた成果が早期教育で出たとまでは
 言えないが、習慣づけと勉強することの意味を見いだせたことに
 関しては、やらないよりずっとよかったと思える。

 まだ最終結果が出ていないので、是非やるべきだとは言えない
 のが正直なところだけれど、やらないからだめということはないし、
 やったからものすごくよいということもなく、迷いながらずっとこの先
 もその時その時に一番合った方法で、時の巡り合わせを上手く
 つかみながら、進んでいくしかないのだろう。


 

 本当にこればかりはもっと後にならないとわからんと
 いうしかないので、今までの正直な感想だと思って
 ください。ホームページその他の部分更新しました。
 ここはどんどん増えていくので、時々のぞいてやってください。
 まずはこちらの応援からポチっとお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (8) * Trackback : (0) |

納得です * by Rumichi
私も早期教育については、明確な答えを出すことができませんが、結局、人生は頭が良いとか、お金があるない以上に、問題へ対処や、最後まであきらめない姿勢、人への優しさなどを持っていた方が、はるかに豊かでいられるわけで、目に見えない部分での天才というものもたくさんありますよね。
そういう意味でも、「こつこつ努力すること」を教えられたまめっちさんの教育方法は素晴らしいと思います。というか、こつこつさえ出来れば・・・!!と思うことばかり!です。

とても参考になりました!


Rumichi様へ * by まめっちママ
そうですね。お金のあるなしや頭の良い悪いも
そんなに問題ではないんですよね。
あきらめない、継続する、自分との戦いという感じで日々
頑張っていることが大事かなと思います。
条件の良しあしを言い訳にしないことも大事ですね。

No title * by ごま
こんにちは。
そうなんですよね~。
早期教育をやったから頭がよくなるとかそういうものではないですよね。
小さい時よく出来ても、大きくなったら普通。。
まぁその普通でいることが難しい世の中になりつつあるので、否定はしません。
でも、そうなると早期教育の意味ってどこにあるのかなって考えさせられます。
年齢にあった実力があればいいかなと最近思います。

周りを見渡すと色々な子供達が居て時々ちょっとびっくりするくらい大人をなめてる子供を見かけることがあります。
たった6歳でこれだったら将来どうなる?ってちょっと怖くなるくらいなんです。
そういう子を見ると勉強が出来るとかそういう問題じゃなくてやっぱり「優しさ」とか「おもいやり」って大切だよな~って痛感します。
そんな当たり前のことなのに、私は子供たちに「優しさ」とか「思いやり」の心以上のものを求めることがあり、理不尽だなと自分でも思います。
私もまだまだ子供達と成長しなければいけないようです。

一番簡単なことだから * by メイは苺のメイ
お久しぶりです。
うちの場合、そこそこ早期教育に注目し、
そこそこ取り入れている・・・程度なのですが
それでも娘のクラスメイトの親達から見たら
「なんと教育ママなのだろう」と思われていると思います(笑)

そんな私ですが「天才は作れない。娘は凡才」と思っています。
小6で漢検が8級だろうが、4桁の割り算が出来ようが
そんなことは「教えたから出来た」だけのこと。
天才とは未開の地へ踏み込んで行ってしまう
ほんの一握りの「幸運で」「不幸な」人だと思っていますから。

それなのに何故、こうも教育に熱心になるかと言えば
それは勉強が、「この世で一番簡単なことだから」です。
難関大学に合格するにしても、医者や弁護士になるにしても
クリアすべきハードルが明確で、迷う余地がありません。
また、全てのハードルをクリア出来なかったとしても
クリアした地点までの努力と実力は確実に評価の対象になります。
例えば「T大は落ちたが、K大に受かった」と言うように。

これが芸術やスポーツだったらそういうわけにはいきません。
世界を凌駕する程の能力と評価を得られなければ
仮に国際的コンクールの予選を通過したり
オリンピックの代表候補にまでなったとしても
社会的な価値は無いに等しいというのが現実です。

未だ「お姫様になること」が将来の夢だという小1の娘。
彼女がいつか社会の現実と向き合う日の為に
一番簡単で無駄にならない努力をさせている。
それが私のホンネです。

ごま様へ * by まめっちママ
早期教育の意味・・・・難しいですね。
確かに人生なめてる子もいますから、ちょっとだけ
人より早くスタートして教えられたから先行ダッシュしている
だけなのに、自分があたかもすごいのだと思っていることも
ありますね。
親の考え方を濃く受け継いでいるので、いずれ自分で
考える時もくるとは思いますが、バランスよく人間教育していきたい
ですよね。

メイは苺のメイ様へ * by まめっちママ
また核心をついたコメントですね。(笑)
そうなんですよ。なぜ早期教育で勉強をするかという
ことなんですが、うちの場合は動機付けということが大きかった
のですが、実は勉強こそが一番物差しが一つしかない公平な
判断ができるものなんですよね。
しかも確実におっしゃるようにある一定の成果まで評価されるし
それこそオリンピック選手のように予選通過しただけとかでは
マスコミにも叩かれ、他の何の努力もしてない一般の人の
お気軽な辛口批評にも耐え、本当に割に合わないというか
悲しいものだと常日頃思ってました。そこに出るだけでどれだけ
すごいのかということを世間は全く評価してませんからね。
東大入るよりオリンピックに出る方が確率的には難しいです。
一番誰でもが比較的公平にチャレンジできて、確実に評価される
ものは、勉強なんだというのは、ある意味真実でもあるのですよね。

それが幼少期からやればいいということに直接つながりはしない
けれど、少なくとも努力しただけのものは得られるので、できるだけ
小さいうちに習慣づけてしまおうという親のささやかな欲望も
とても理解できます。
だから私もいまだにいいのか悪いのかの結論を出せないで
日々、迷いながらやっているわけです。せめて人としての優しさ
だけはなくさないように、そこだけは他の何よりも優先させたいと
は思っています。それしか早期教育をやっていることを正当化
できないような気がするからです。

人生に無駄はない! * by Molly
こんにちは。
人生に、やっておいて無駄なことなんて、ひとつも無いんじゃないかと最近よく思います。
それを無駄にするかしないかは、結局は本人次第。

早期教育はどちらかというと親の努力と根性を試されるようなモノに近いと私は(個人的には)思うんだけど、それをやったからと言って、親が報われるわけではないし、ここで見返りを期待してはいけない、いわば、親にとっても「親として成長するための一種の修行」みたいなもんなんじゃないでしょうか。
(ウチはまめっちママさん一家のような立派な「早期教育」といえるようなことをしていないので、大きな声では言えませんが・・まったくお恥ずかしい限り。)

こどもは子供で、早期教育をしたおかげで学習のコツが身に付き、親は親で、子どもの成長を間近に見ながら、自分もちょっとは知識が身に付き、興味も広がり、見識も広がって、子育て時期がさらに楽しくなれば、儲けもの。

こどもの人生は子供のものであって、保護者はサポートぐらいしかできないですしね。経験を自分の力としてたくわえ、のちに大いに発揮できるように、そして道に迷った時に手を引いてあげるためにも、早期教育で培った親子間の信頼関係と、いままでの取組が役に立つ時期がまた、来るんだと思いますよv-218

Molly 様へ * by まめっちママ
人生に無駄なことは何一つない。まさに私の持論と同じです。
それに見返りを期待しない教育ってところも同じですね。
これは建前でも何でもなく、等しくチャンスを与えてやりたくて
親はそれがたとえ実を結ばなくてもお金がかかったとしても
損だとか得だとかそういう次元では物事をとらえていないという
ことなんですよね。
親の忍耐が試されるというのは、まさにそうです。
でも、子供の心は本当のところはなかなかわかりません。
親が一生懸命そう思っても、実際は迷惑だったとか、そういう話も
聞くと、本当に親の人生ではない子供の人生に手を出しすぎる
教育はしてはいけないと思います。すべて自分で面倒をみて
という発想の中にはそういった危険性も含まれるので、だから私は
外部の人の目も必要だと外注している部分もあるんです。
あくまでもサポートですからね、それ以上でもそれ以下でもない。
このさじ加減を上手くやれば、極端な早期教育の弊害もないのだと
思います。

個別記事の管理2009-06-14 (Sun)
 英単語マンガを描くようになって、難しい英単語やシチュエー
 ションを楽しく学べるようになった娘は、毎日調子に乗って描い
 てくれる。
 好きなこととリンクしているからこそ出来ることで、この根気が
 他でもあれば・・・・・と思わないでもないが・・・・

 今回は「feasible」(実行できる、可能な)
 作ってみた。
 例のように、登場人物?の頭の毛に注目。カールとまっすぐ君の
 2人の会話を関西弁風に思いきり意訳してあるので、関西弁講座
 も兼ねてどうぞ。
  ↓ ↓ ↓
  ①無人島の真ん中で

  「どこやねん・・・・?腹減った・・・」
 CIMG0174.jpg

  ②「心配せんでええ。うち、いっぱい金もってるし。何か買い。」
 CIMG0175.jpg

  ③「なんでやねん!
    わしら無人島の真ん中におるねんで。
    どこに店あるんや。
    不可能やっちゅうねん!」

 CIMG0177.jpg

 
 ちょっと絵が見にくいのが申し訳ないのだけれど、雰囲気だけでも
 つかんで笑ってやってください。
 娘のマンガに応援クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 人気blogランキングへ

 
 

関連記事
* Category : 英単語マンガ
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

No title * by うめ★hiro
準1級単語用に
これで 実際単語を覚えることはあまりないとは思いますが
「受け狙い」的おすすめ
ゴロあわせ合格英単Vワード シリーズ
大バカ者を負かす
overcomeぉのを負かす
来んふり、苦闘する争い
conflictする争い
宮本武蔵VS佐々木小次郎のイラストがついて
宮本武蔵の「来ないふり」作戦に乗せられた佐々木小次郎が敗北
老齢者にも役割
roleい者にも役割
単語は覚えられなくとも 読んで笑える!?

No title * by risa
まめっちママさんこんばんはv-238

いいです、非常~に、イイです↑↑
漫画、簡潔で面白いです^^
しかも今回は3コマ・・・!!

私思うんですけど、文章って要約しようと思えば思うほど、
物凄く高度になりますよね。例えば、五・七・五の俳句のように・・・
なので、短い文や絵で自分の思っていることを表現できる力って、
大変に素晴らしい能力だと思います♪
そう考えると、お笑い芸人さんって皆さん頭の回転が素晴らしいですよね!
(あ、一部つまらない芸人さんを除きますが^^;)
今後もお嬢さまの才能が多方面に伸びそうで楽しみですね。

No title * by Fuzzy
こんばんは^^

今日もカールちゃんとまっすぐ君の漫画、楽しく読ませていただきました^^(関西弁も学べたし!)
調子に乗って描いてきてくれる娘ちゃん、楽しく学んでますね!
「この根気が他にも......................」という気持ちよく分かります。
Souも今日レストランのおもちゃコーナーでひたすらおもちゃを見ていました。
パパと「凄い集中力じゃない?」と話してましたよ。
あの集中力が他に............................と私も考えてました(笑)

ところでやはり夏期講習代、支払ったんですね!
がんばりましたね!、まめっちママさん!!
私?私も全然貯まらないよ~(><)
Souの英語のサマースクール代が約2万なのですが、まめっちママさんとは比べれば安い!と思いながらもそれでも高いよぉ。
貯金同盟入れてくださいm(__)m
でも多分今年も貯まらないと思われます(-ー;

うめ★hiro 様へ * by まめっちママ
ごろ合わせ面白そうですね。
娘にはまだちょっと高度?かもしれないですが、読んで
笑えそうです。覚えるというよりは単語を単調に覚えるのが
つまらない時に、ちょっとリラックスして気分転換によさそうです。
さっそく見てみます。

risa様へ * by まめっちママ
今回は関西弁風にしてみました。
その方がなんか雰囲気でそうだったので・・・
3コマの時もあるし、4コマの時もあるし、色々自由に
描いてます。これが一番本人にとっても楽しいみたいです。
勉強してるのか遊んでるのかわかりませんが、小学生だし
英語の勉強はこんなんでいいと思います。
大人と同じ方法で学ぶのはもっと後からでもできますしね。
中途半端なこの時期は才能を温めて将来花開くための
準備期間として、色々チャレンジしていきたいです。

Fuzzy 様へ * by まめっちママ
関西弁と英単語が学べるお得なマンガです。(爆)
楽しいからいいかと毎日娘に描かせてます。勉強はどうなって
るんや?といいたい・・・・(汗)
まあこういうのもできるのは今のうちだし、新たな才能
発掘ということでいいいかなと思ってます。

そうなんですよ。夏期講習・・・やっぱり申し込むしか
なかったんです。塾の平常授業の一部という位置づけなので、
行かないとその分遅れるし、成績が下がろうものなら、
来ないからやとなって娘も心残りだろうなって思うと
やっぱり行くという選択肢になりました。
塾代って高学年は本当に高いんですよ。信じられないほど
お金がかかるからびっくりです。

このお金に見合う結果が出ればいいけれど、どうなるのか・・・
こんな我が家はお金に縁がありません。(爆)
でも貯金同盟で頑張ると決めたから、ちょっとはためようと
思ってます。ちょっと前からカード切るのやめてるんですよ。
買いたいものはぐっと我慢して、もう現金払い。
銀行には出来るだけ行かない。ぎりぎりまで小銭でも頑張る
こんな状態です。(笑)
fuzzyさん、是非貯金同盟と腹筋の会で頑張って家計も体も
スリムになりましょうね。

個別記事の管理2009-06-13 (Sat)
 幼少期から英語に取り組んできた子供が最初は日常の生活用語
 からスタートし、話していることが理解できるぐらいに成長し、簡単
 なことは英語で伝えられるようになるのが、小学校入学前ぐらいだ
 と考えると、ちょうどこのあたりで、順調に英語育児が成功していれ
 ば、英検3級レベルには到達しているはずだ。

 もう少し高度なことも理解できるなら、準2級ぐらいのレベルにもって
 いくことも可能だが、問題はこの後で、ここから先は生活用語だけで
 は対応しきれない大人英語への一歩となるため、次にすることは
 帰国子女などがやっている算数や理科を英語で学んで現地校に
 いるのと同じような疑似環境を作り出すという方向になっていくのが
 普通だ。

 会話はある程度できるというのが前提なので、日本の小学校で
 学ぶようなことを英語でも学び、少しでもネイティブの同年代の
 英語力に近づけるようにするぐらいしか、今のところ有効な英語力
 維持の方法は見つからないようにも思う。

 そこでネイティブも使う宿題用のワークブックなどを少しずつやって
 いくわけだが、圧倒的に時間が足りないので、進み方はかなり
 スローペースとなってしまう。いや、同じペースで進むことが土台
 無理な話なのだ。

 小学生の間は、日本語の基礎固めの時期でもあり、漢字の使い方
 ひとつでも熟語で登場すると、とても難しくなり、同音異義語が多い
 日本語では、繰り返し使い方を学ばないと、当て字ばかり書くこと
 になり、読み書きの時間を一番とらないと本来ならいけないところ
 なのだが、最近は辞書引きもあまり公立ではしないので、この部分
 は疎かになっている。

 さらに高学年になると、社会科で自分たちの地域のことや、日本
 のことを詳しく学ぶようになる。だから学力差も高学年になるほど
 開いてくるのだ。

 算数や理科は海外も日本もそれほど大きく異なるわけではなく、
 むしろアメリカの教科書の方が日本の理科より詳しかったりする
 ので、英語で学ぶことが日本の理科にも役立つことがあるので、
 まだいいのだが、問題は社会で、高学年で習う社会に関しては
 ほとんどネイティブ向けのものは役に立たない。

 アメリカのことを学んで悪いわけではないが、うちのように中学受験
 を考えている家庭には、日本の工業、伝統工芸品、農産物、世界
 遺産など、様々なことを詳しく学ぶ必要があるので、アメリカの州を
 覚えてもあまり意味がない。だから社会のワークブックはほとんど
 手つかずで、たまにアルマナックなどで、世界全体のニュースや
 流れにざっと目を通すぐらいしかやっていない。

 そんな時、先日例のジュンク堂でこんな本をみつけた。
  ↓ ↓ ↓
 

 日本の都道府県を英語で学ぶというものだ。本来は通訳ガイド向
 けに作られているものなので、結構詳しく面積や人口、世界遺産
 のことなど、まさに今、娘が塾で勉強している地理の内容とかぶる
 部分が多い。CDつきなので、耳から入れることもできるが、かなり
 難易度が高く、英語だけでこれらを理解できるような力は到底ない。

 やはりバイリンガル教育は、半端な努力ではできないということ
 のようだ。そこまで求めていない、普通に意思疎通できればいいの
 だと割り切って考えるなら、今の娘でも十分だが、職業として
 専門的スキルとして伸ばしたいと考えるなら、まだまだ道は遠い。

 とりあえずいつの日かこういう本が普通に聞いて全部理解できる
 ぐらいになるように、地味に努力を続けていくしかないのだろう。




 物を作ったり販売したりする立場の人が、物が使用されて
 ごみになった時の回収や再利用まで一定の責任を負うこと
 を定めた法律の名前(循環型社会形成推進基本法)
 を覚えられないと逆切れした娘。
 (難しい地理を英語で勉強なんてまだまだできへんわ・・・)
 こんな勉強を毎日塾でやっている娘に応援クリック
 よろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  
関連記事
* Category : おすすめ英語教材
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-06-12 (Fri)
 私の知り合いの英語講師に、どうやってそこまで英語を極めたのか
 と聞いてみた。何をすると、そんなにきちんとピラミッドを築くぐらいの
 頑丈な基礎ができるのか、素人の浅はかな質問なのはわかってい
 るが、習得した人に聞くのが一番早いと思ったので、あえて訪ねて
 みた。結論から言うと、
 人に教えること、伝えたいと思うこと
 これが一番スキルを上げる方法だという。自分が深く理解していな
 いと、決して人には教えられない。何とか伝えたいと思う必死の
 気持で勉強するので、とことん下調べをするし、何を質問されても
 答えられるようにかなり神経を使うことで、毎日そういう仕事をして
 いると、自然とスキルはアップするし、少なくとも3年ぐらいやれば、
 ほとんどの文法はすっきり理解できてしまうぐらいにはなる。

 確かにそうだ。私が初めて高校の先生になった時、知らないこと
 がたくさんあった。初期の頃に教えた生徒たちには未熟な先生で
 申し訳なかったと思う。

 ところが10年もやっていると、同じことを何度も目にするし、特に
 生徒のテストの採点などをしていると、何百人もの答案を目にす
 るわけだから、こちらが意識しないでも勝手にどんどん色々なこと
 が知識として吸収されていく。

 たとえば、百人一首だが、毎日丸付けをしていたら、もう寝ていて
 も口から百人一首が勝手に出てくるぐらいに頭にこびりつく。

 漢字にしても言葉の意味にしても、自分でさあ勉強するぞと構える
 と、なかなか覚えられないけれど、膨大な量の答案を採点したり
 毎日見ていると、いやでも勝手に脳が覚えてくれる。

 更に、間違いの個所をみていると、何にひっかかってどういう部分
 が難しいのかも見えてくる。自分が問題を解くことで、出題者の
 意図も見えてくるし、作る立場になって、ああこういうからくりに
 なっているのかと、問題の作成ポイントも全部わかってしまうよう
 になった。

 予備校講師になってからは、特に生徒の質問にいつも答えられる
 ようにと、完全な予習をしていたので、ますます細部まで読みこみ、
 疑問がない状態に持っていく努力をしていたので、本当にこの
 勉強を生徒の時にやっていたら、どこでも合格していただろうなと
 今更のように感じる。でも、そんな時間は普通の高校生にはない
 し、やりたいことが人生にはたくさんあるのだから、仕事として
 勉強するから初めてまともなスキルとして国語に関することは習得
 できたようなものだ。

 話が大分それたが、英語も話さないと生きていけない、あるいは
 会社の重要プロジェクトで失敗は許されないなど、必死にならざる
 をえないサバイバルの環境があれば、大抵の人は習得してしまう。

 私の大学時代の同級生は、商社勤務でいきなり商談に行かされ、
 現地についたものの、相手はいない、自分の言ったことが間違って
 通じていなかったのかと焦りまくり、やっと登場した相手の中国語
 はかなりの上海なまりで、自分の習ってきた中国語と本当に違っ
 ていて、思いきり冷や汗が出て、死に物狂いで商談してきたという。
 
 こういう話を聞くにつけて、何とかしないといけない相手にわかる
 ようにするにはどうすればいいのかと必死になることが、上達の
 秘訣なのかもしれない。

 それと恥をかくことも大事かもしれない。間違えて教えたことを
 潔く訂正し、それから学ぶことはとても大きい。私も予習が足りず、
 解答の辻妻が合っていないのに、そのままの答えを書いてしまい、
 後で思いきり間違いに気づいたこともあり、そういう経験を積むこと
 が大事なんだと思う。

 子育てでもこういったことは応用できる。
 子供に習ってきたことを再現させてみて、親に説明がきちっとでき
 れば、かなり理解しているとみていいだろう。

 ただ、子供は「忘れた」と言いたがるものなので、こちらが子供に
 習いたいという気持ちを伝え、すごくよくわかったよと言ってやる
 ことも大切だ。わからないふりをしたりして、もっと上手い説明を
 考えるように仕向けたりすることも効果的かもしれない。親の力量
 が問われる部分だけれど、子供の理解度を測る一つのものさしに
 はなるだろう。

 どちらにしても、誰かに何かを教えたり伝えたりすることは、自分
 の勉強にもなることは間違いない。

 

 ホームページに新記事追加。5、6年生の家庭学習と
 Q&AのPART2も随時更新中。
 こちらをポチっと3つ押して応援お願いします。
 その後、戻ってきて新しいサイトの方も
 のぞいてやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  
関連記事
* Category : 英語勉強法
* Comment : (4) * Trackback : (1) |

そうなんですよね~ * by kusamoyuru
「英語をネイティブなみに流暢にしゃべれるようになりたい!」とずっと昔から思っていて・・・英語の勉強に取り組んでは挫折してをずっと繰り返してきました。そして未だに英語のドラマをまともに聞き取ることもできません。

そんな私ですが・・・いつか自分を英語を話さないと生きていけないような究極の環境に送り込んでこの夢を実現させたい!!と未だに思ってます(笑)

kusamoyuru 様へ * by まめっちママ
自分を追い込まないとなかなかできないもんですよね。
私も日本にずっと住んでて海外にいくあてもないので
緊急性も必要性もないんです。だからまあこれぐらいでいいか
ってのんびりちっとも進歩しない英語です。

No title * by maple
必死になることと恥をかくこと。
本当に大切ですよね。
子育てでも応用する方法参考になりました。
誰かに何かを教えたり伝えることって、まずは自分のためになるんですね。
そういう日が来るか来ないか分かりませんが、勉強あるのみですね~

maple様へ * by まめっちママ
人に物を伝えるとか、教えることって本当に難しいですね。
自分はわかっていても、相手には真意が伝わっていない
とか、理解されていなかったとか、そういう失敗もいっぱい
して、上手くなっていくんでしょうね。時間がかかることだけれど
ずっと生涯学習ですね。

個別記事の管理2009-06-11 (Thu)
 塾の夏期講習の申し込みをすませ、懐からパタパタと飛んで行く
 お金のイメージばかりが最近頭に浮かぶ。汗;
 (結局申し込んだ・・・・10万はやっぱり痛い・・・) 
 でも、お金はなんとかなっても、時間だけは無限にはないので、
 英語を休んで勉強ばかりなんてことだけはしたくない。

 だから、この限られた時間で英単語マンガを描いたり、スピーチ集
 を読んだりしながら、ちょっとずつ亀のような歩みで高度な言い回し
 を覚えるようにしている。今日もスクールで新しい4コママンガを描
 いてきた。

 今回は「abominable」(ひどい、最悪の)を使って
 描いてみた。絵の状況はこんな感じだ。
 For the abominable way he destroyed
 the painting ,the robber was given a
 severe punishment.
 
 (立入禁止の看板が微妙に毎回変わるよ!)
  ↓ ↓ ↓
 CIMG0167.jpg
 (床のアラームセンサーがどう見ても石に見える)
 CIMG0168.jpg

 CIMG0170.jpg

 CIMG0172.jpg

 


 明日は算数のテストなのに・・・・こんなの描いてていいんだろうか・・
 いや、これも勉強の一種だから、いつか役に立つ?と信じて
 楽しく今日も一日終わり!こんな娘のマンガを楽しみにしてくださる
 方は応援クリックしてやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  
関連記事
* Category : 英単語マンガ
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

これ、 * by Rumichi
シリーズ化してほしいくらいです。
発想も面白いけれど、シュチュエーションの勉強にもなりますね!
次回も期待して待っております。

Rumichi 様へ * by まめっちママ
実は私も期待して、次はどんなマンガ描いてくれる
のかなと楽しみにしてます。
なんだかこっちの方面が最近秀でているように思えて
方向転換か?状態です。
勉強してるよりずっと楽しそうだし・・・・
ある意味、うちが求めていた芸術方面という当初の
目的にはあってるといえるかもしれないです。
う~ん・・・・・なんだか複雑です。
でもこのシリーズは続くと思います。これで勉強すると
とっても単語が頭に残りやすいんです。
まだ他にもたくさん描いてますが、徐々にきれいに描き直して
アップしていきます。

No title * by risa
まめっちママさんこんにちはv-238
わたし、お嬢さまのマンガシリーズファンですよ♪
4枚目、ちゃんとオチ?があって笑えました^^
そういえば私も昔、小学生だった頃に学級新聞で4コマ
漫画を描いていました。4コマって結構頭使うんですよね^^;

risa様へ * by まめっちママ
ありがとうございます。
娘の変な作品を評価しているのは、親だけだよなと
思ってました。(笑)
図工は本当に得意なんです。学校でも絵はクラスで
一番上手いらしい・・・?です。
先生の評価は確かに高いみたいで、今回もバラの点描が
すごくいい出来だったようで、期待していてほしいと
言うのだけれど、実際はどうなんだろう?
またうっとなるような作品かもしれません。
最近は4コマに命かけてます。その根気勉強に回せよと
思わないでもないのですが、これはこれで絵の方も伸ばして
やりたいし・・・・親って本当に馬鹿ですよね。
でも、その親だけが子供に最高の愛を与えてやれる存在だし
親が信じて伸ばしてやらないと、誰がしてくれるのって感じですしね。
これからも私は娘の絵のファンでいたいと思います。

個別記事の管理2009-06-09 (Tue)
 我が家が定期的に購入している雑誌の一つ「ひらがなタイムズ」
 の6月号に、まさに旬の人、知る人ぞ知る第2回全日本アニソン
 グランプリで優勝したカナダ人のアニメソング歌手「HIMEKA」さん
 の記事が載っていた。
  ↓ ↓ ↓
 
 
 最近、外国人の日本通が増えてきた。以前このブログ過去記事
 でも紹介したが、イラン人女性が日本語で小説を書き、賞を取った
 ことなど、みな日本で夢をかなえるべく来日し、大変な努力で栄光
 を勝ち取っている。

 今回のHIMEKAさんも日本のアニメが大好きで、日本に来日して
 カラオケボックスで練習を重ねたという。
 堂々と歌い上げるその歌唱力に目を閉じると、外国人であることを
 忘れてしまうほど自然な日本語に聞こえるから驚きだ。

 これこそ好きこそものの上手なれの典型と言えるだろう。
 彼女の日本語を学ぶ姿勢は見習わないといけない点が多々ある。
 いつでも自分のノートをそばに置いて、中にはかなり難しい漢字と
 その読み仮名と意味が書かれていて、知らない言葉に出会うと、
 すぐにそのノートに書き込み、いつでもそれを暇があれば眺めて
 勉強している。会話は確かにまだそんなに上手くないが、来日1年
 ちょっとだと考えると、十分これから伸びるに違いない。

 日本に住んでいるから、生活用語は学べるが、それしか話せない
 外国人もたくさんいる中、大好きな日本のアニメの歌を歌うアニメ
 ソング歌手になりたいという一心で外国人には困難な漢字の壁も
 克服して頑張る姿は、勇気を与えてくれる。

 彼女の生活ぶりがわかる映像がyoutubeにたくさんあったので、
 美しい歌声とその歌唱力を確かめてください。
  ↓ ↓ ↓
 





 日本人より日本人らしい外国人が増えたことで
 日本のよさを再認識しているまめっちママに
 応援クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  
関連記事
* Category : 洋書、雑誌、新聞で学ぶ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

No title * by のんぷ~/じょあんなT
外大にいたころ美学のドイツ人の非常勤講師(旦那が立命かどこかの
教授)の専門が日本のアニメでした。
授業でエヴァンゲリオンとか甲殻機動隊のことを詳しく話すので
(日本人である私のほうが当時まだ新番組ぐらいだった頃のエヴァゲを
知らなかったぐらいで)
まだ日本のアニメも本当に外国人の「マニア」にしか浸透してなかった頃なので
たぶん吹き替えとかじゃなく全部日本語で見てはったんだと思います

パソコンの普及率もそれほどではなかった頃だったのでレポート手書き
OKでした(日本語の手書きのレポートを結構居た受講者数読んでたん
だからすごいと思います)
あの先生はハーフとかではなかったと思います

一応私のレポートはヒトラーやナチズムがギリシャ神殿様式の美術を
模倣することによって大衆の心理を圧迫、利用したというようなことを
当時ナチスが使用したり建造したりした物とギリシャ神殿時代の物との
比較などを出して説明するというもので、私は全く外国人ということを
考慮しない文章でレポートを提出しました。
それなりの評価で返ってきたのでうれしかったんですが、かなり硬い
文献からの引用もしてたし、日本語すごいなと思います
(それに若くて美人の先生でしたし・・・・)

アニメってひょっとするとものすごい日本語教材なのかもしれません
(海外のアニメとちがってジャンルも広いですしね)
私はアメリカTVドラマがその代わりにならないかなぁと思ってるんですが・・・
日本語アニメと違って英字幕まであるのに・・・

あ、でも私もあんまり喋れないけどカラオケ「だけ」ならレパートリー
増やせるかも(^^;)

のんぷ~/じょあんなT様へ * by まめっちママ
日本アニメはすごくいい教材になってると思いますよ。
うちの場合は、日本アニメの北米版を見て英語を覚えていって
るので、特に名探偵コナンとか、このあたりは推理もあって単語も
結構難しいから勉強になります。
ブラックジャックなんかも英語は難しいです。
海外ドラマはよく見てます。うちはハンナモンタナばかりですが
スイートライフとかもたまに見てます。
このあたりはレベル的にちょうどいいようで、楽に笑って見られる
みたいです。私はだめですが・・・・全部すっきり理解できる
ような英語力がないので・・・・

個別記事の管理2009-06-08 (Mon)
 実は先週の土曜日、漢検の団体受験日だった。
 娘は今回受けるつもりで、申し込みをしていたのだが・・・・・

 日にちを間違え日曜日だと思い込んでいた!
 (がび~~~~ん!!!ガビーン
 
 ちゃんと確認してなかった私の責任でもあるが、気づいた時は時間
 が過ぎていて、後の祭り・・・・・・・

 自信は確かになかったけれど、最初から敵前逃亡みたいでなんと
 も後味が悪い、いやもう馬鹿すぎる!

 (そろばん5回連続不合格もすごいけど・・・
  今回の事件も我が家の歴史に残りそうな
  大チョンボやと思う・・・・)


 うちは娘がお気楽でちゃらんぽらんなので、これでひどく打ちひし
 がれているかというと、全然懲りてないのが、またどうしようもない。
 
 「次に受けたらいいやん。
 今回は自信なかったし、丁度良かったわ♪
 受けるなという神様の意思やと思っとこ」
 
 (あほか~!!!ただの間抜けやんか)

 いや、親がちゃんと管理してなかったのが最大の失敗で、私が
 悪いのだけれど・・・・・orz

 大体プリント類はきちんと持って帰ってきたことがないし、給食袋
 は学校に置き忘れること数知らず・・・・
 取りに行くのも面倒だから、そのまま学校へ次の日行って、割り
 ばしで食べたらいいというとても女のことは思えないルーズさ・・・
 当然、テストに名前を書かないで0点になったことも何度あるか・・
 (そのくせ本番の模試では書き忘れたことなど一度もない。
  ちゃんとやればできるんやんか。普段なめとんのか!怒る
  うう・・・段々怒りモードになってきた・・・・・落ち着け落ち着け・・・)


 一体これは誰に似たんやろ?
 
 笑えない出来事なんだけれど、笑うしかないというこの状況!
 誰か何とかしてくれ~と叫びたい気分・・・・・


 塾で笑い物になっているこの哀れな
 まめっち家に同情クリックしてやってください。
   ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  

 
関連記事
* Category : おかしなファミリー
* Comment : (8) * Trackback : (1) |

No title * by momomy
公務員試験で小論文の答案を持って帰ってしまったドジな私は、娘の中学受験の時、チョンボしないようかなり気を使いました(願書の提出とか試験日に寝坊しないようにとか電車を乗り間違えないようにとか)。一度大きなドジをしたので、それが教訓になってるのかなあ、なんとか乗り越えられました。しょーもないコメントでごめんなさい。

No title * by のんぷ~/じょあんなT
うわぁもったいない!でも娘さんがお気楽なのは逆に助かるかも
目じりに涙ためて拗ねられるような状態だったら救われませんもの

え~なんといっていいのかわかりませんが
ここはひとつ「前向き」で

「試験といったら日曜です。誰がなんといっても日曜なのが普通なんです。
土曜なんてのにするほうが悪いんです」
とでも・・・

これを機にまめっちさん家がスケジュールチェックミスのなくなるよう
お祈り申し上げます

momomy様へ * by まめっちママ
ミスは誰にでもあるとは思うのですが、今回はちょっと
大失敗でした。あんまり自信がなかったから、のらりくらり
してた娘なので、間違えてもいいやと思ってたのかもしれない
です。私も思い込みで日曜ということを信じて疑ってなかったので、
本当に痛恨のミスですね。まあしょうがないです。
夏休み明けに余裕で合格できるように頑張ります。

のんぷ~/じょあんなT様へ * by まめっちママ
もうショックだったのは私の方で、子供は全然気にしてないんです。
勉強する時間が増えて今度はちゃんと合格できるかもしれない
からと、かえってせいせいしたというか・・・・
いいのか悪いのか・・・娘が気にしてないのだから、もう私が
往生際の悪いこと言ってもしょうがないんですが・・・・
でもね、こんなミスでテスト受けないなんて、もっと大事な時だったら
どうするんだって思いますよね。
これに懲りてスケジュールはきちんと確かめなきゃ。
親の責任重大ですね。

No title * by ごま
こんにちは。
あら~せっかくお金払ったのにもったいないことになりましたね。
慰めにならないかとは思いますが、本当に今回は辞めときなさいっていうことだったのかもしれません。
テスト結果がどうのこうのじゃなくて、テスト会場に向かうまでにちょっとトラブルに巻き込まれる可能性だってあったわけですから、それが回避できたと思えば。。。
って簡単に言ってますがショックですよね(--゛

私も色々忘れることあります。
この間テストは金曜だと思っていたのに、火曜日にテストだった!とかね。
これは本当めったにないことなんで、自分でも驚いたくらいでしたが、こういうことって時々あるものみたいです。
結果その試験は緊張がなかったぶん、少しはリラックスして受けることが出来たように思います。

ごま様へ * by まめっちママ
こうなったらしょうがないです。いい方向に考えて
きっと受けなくてもいいという啓示だったということにしておきます。
うちは今までも出会いとか流れとかを大事にしてきたので、たぶん
何か意味があったのだと思います。単なるボケミスかもしれませんが
今回、娘はとても乗る気じゃなかったんです。それでこういうことが
起きたのかもしれないですね。
まあテストなんて次もあるし、今度頑張ります。

No title * by さくらのはっぱ
まさかとは思うけど、娘さんの、そのルーズさぶりは、幼い頃の私にソックリ(笑)
・・・・ってことは、男子である、我が息子のルーズさ加減っていったいどんなことになっちゃうんだろう?!
周りの育児経験者からは
『男の子のママは、同じ学年の女の子のママと今のうちに仲良くなっておかないと、後でなにかと大変よ~』とよく脅されている^^;
自分が女子にしてはかなりルーズな方だと思うので、
二人で、ボケッとしてると、我が家も『大事件がいっぱい!!』ッてことになりそうで怖いなぁ。。。。。

そして、やっぱりこういう時、親は自分の責任もある・・・・って感じちゃうんですよね^^;

凹んでる気持はとてもわかりますが、
次ぎ行ってみよ~♪(笑)

さくらのはっぱ様へ * by まめっちママ
私は実は結構きっちりとしてるんですが、娘と旦那は
スケジュール管理がとっても苦手。
親子がこうだと、恐ろしいですよね。
家の中の誰かがしっかりしてないと本当に今後えらいことに
なりそうです。
まあでも、次に行くしかないですよね。
うちは立ち直るのも滅茶苦茶早い一家なんです。
我が家の共通点は、全員あっさり系。けんかしても
尾を引かないし、3分後には普通になるので、この事件も
本人はもちろん、パパもすでに忘れているし、私も
残念だったけど、まあいいわとすでに心は他のことに
移ってます。

個別記事の管理2009-06-07 (Sun)
 オバマ大統領の勝利宣言演説を聞いた娘は、いま一つ感動してい
 ないようだったので、少しでもアメリカの奴隷解放から始まった長い
 戦いの歴史を知ってほしくて、色々説明したり本を読んだりした。

 そこで今度はキング牧師のかの有名な「I have a dream」を聞かせ
 てみた。もちろんそのままでは難しいので、先に本で日本語訳を
 読んで、大体の説明をした後で、英文を音読し、どっちがわかり易
 いか比較しながら聞いた。

 娘の年齢だと、日本語で理解する方がやはり理解度が高く、漢字
 が少し読めないものの、ほとんど大筋は日本語で理解する方が心
 に響くようだった。

 無理して英語だけで頑張っても本質の深い部分を理解できないと
 この演説の素晴らしさも半減してしまうし、難しい日本語の単語と
 英語とを比較する作業も決して無駄ではないので、こういう政治的
 歴史的なことは、両言語できちっと学ぶのがいいと私は思う。

 某イマージョンで有名なK学園でも、基本的に日本の教科書を
 英訳したものを使っているので、英語で学んだことを日本語でもう
 一度学び直すことで、曖昧な理解をクリアなのものにする努力を
 している。そのために時間が普通の学校よりもっとたくさん必要
 になり、本当にバイリンガルと軽々しく言えない苦労をされている。

 そういうことからも日本語が母語の娘には、年齢以上のことを
 理解させるには、日本語の助けなしにはもう成り立たないことを
 身にしみて感じている。

 さて、これを読んでから演説を聞いた娘は、前よりずっと耳を傾け
 るようになった。やはり背景知識が先に合った方が心にも届くと
 いうことなのだろう。

 娘は差別と闘うことや、人のために何かをするということに対しては
 非常に敏感で自分もそういう人になりたいと思うタイプなので、
 キング牧師の演説は長い割に真剣に読んで聞いていたように思う。

 「長いのにちゃんと聞いてるやん。 
  これ聞いてどう思った?」


 「つまらない話は長く感じるねん。
  ママの説教とかは、全然有難くないから
  眠くなるけど、こういう演説はいいいこと
  言ってるから聞けるの!
  学校の校長先生の話とかめっちゃ長いから
  死にそうになるわ。
  うちが校長やったら、一言で終わるけどな・・・
  え~皆さん、長い話は嫌だと思うので
  一言にします。
  暑くなってきたので、生ものには
  気をつけましょう。
  終わり。こんなんでいいねん。
  これぐらいやったら、生徒も
  お~、短くてわかりやすい!
  聞く気が起きてくると思うねん。」

  (校長先生すいません・・・汗;・・・・・・) 
 
 
 長い朝礼・・・・確かに嫌だったなあと
 はるか昔を思い出すまめっちママに
 自分もそうだったよと懐かしい人は
 応援クリック入れてやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  

関連記事
* Category : 日々の取り組み記録
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

No title * by バニラ
こんにちは!
子供が成人するまでは、第一言語を定着させることが最優先ですよね。
だからといって、第二言語を疎かにするわけではないのですが、うちの場合は、バイリンガルというのは”おまけ”の存在です。

オバマさんの演説は、大統領就任後も日増しに爆裂してますね。
この前、カイロでのスピーチは、歴史に残るような名スピーチだったと思います。
アメリカだけの大統領にしておくのがもったいない人です。
あのさわやかスマイルとスピーチで世界統一しちゃいそうな気がする・・・・。

バニラ様へ * by まめっちママ
第一言語の日本語がまだまだ語彙力不足なのを
最近感じてます。難しい言葉を知らないので、
日本語訳読んでもどういう意味?と聞くことも多く、
英語力アップのカギは日本語だなとつくづく思います。

英語は半歩下がって後ろからついていければいいなと・・・


No title * by risa
まめっちママさんこんばんは♪
おじょうさま、う~ん、深イイ話です~って違うか^^;
でもですね、
 
>つまらない話は長く感じるねん

っていうのは本当ですね。
私もつまらない話は即寝できます。^^;
まめっちママさんのおっしゃる通り、政治系のお話は両言語で学ぶと
良いかと思います。歴史とかもそうですよね。
お嬢さまが校長先生になったところ、すこし想像してみました・・・
楽しそうな学校・・・!!笑

risa様へ * by まめっちママ
うちの娘はつまらない話と長い話は耳がシャットして
聞こえなくなるようです。なんと都合のいい耳なんだと
あきれてます。
私に怒られた時などは、即寝てますしね。
でも、娘が校長先生だったら、どんな学校になってるだろう・・・・
あまりに朝礼短くてそのうちなしということになりそうです。
父兄から逆にクレームが来るかも・・・・(笑)

No title * by ゆっきぃ
大人の(スピーチする方)の思いとは裏腹に
短いスピーチの方がありがたく、心に
残ったりしますよね~

私が学生の頃も、ホームルームの時間などに
長々と話す先生よりも 手短に
さっと終わってくれる先生のほうが
人気があったなぁ

余談ですが、今思い出しても
嫌いなのは、現国の先生(男性)で
結婚が決まりました!と相手の方の
名前を黒板に"重子”ち大きく書いた上に
僕が最近ピンク映画を見に行かなくなった
理由は~と
話し出した先生です。

学校の先生もいろいろいますね・・・・・
期末テストのときに、そっと「そこ違うよ」と
耳元で教えてくれた英語の先生も
いました。なぜ私にだけ教えてくれたのは
謎のままです・・・・

ゆっきぃ様へ * by まめっちママ
やっぱりみんな短い話の方がいいですよね。
長いと途中から何言ってるのか聞いてないですもんね。
それにしてもその現国の先生・・・・今ならセクハラ教師
というところでしょうか(笑)

個別記事の管理2009-06-03 (Wed)
 ウェブサイトの方へ書いたオリジナル記事から転載して、ブログ
 向けに書きなおした記事で申し訳ないが、ずっと十年間英語育児
 を続けてきて、これがやはり最適の方法かもしれないと思うよう
 になったので、一番皆さんが読んでくれているこちらのブログに
 も書いておこうと思う。

 我が家の英語育児は、御存知のようにセット教材から始まり、
 英語絵本やDVDなど数々のものを試して、それの相乗効果で、
 現在のレベルまで来ることができたのだと思っている。
 その中で、最終的にこの方法が結局は一番なのかもと思えるの
 が、実は音読と暗唱だった。

 音読と暗唱は表裏一体の関係にありどちらか一方という
 ことはない。
 つまり音読を続けていると、いつのまにか暗唱している自分に
 気づき、しかもその記憶はとても確かな記憶として定着する。

 我が家は毎日、般若心経を唱えて仏壇の前で拝む。それ以外にも
 一通り他のお経も含めてかなり長いものを読むのだが、いつまで
 に暗記しないといけないと構えて読んだことは一度もなく、毎日
 ただ音読していたら一ヵ月ぐらいで全部すとんと覚えることが
 できた。

 そしてその記憶はずっと忘れず、たとえどんなに途中から読み始
 めても口から勝手にすらすらと出てくる。
 例えば、人が急に話しかけて返事をしたとしても、何事もなかっ
 たように、さっき中断した部分から迷わずすらっと言えるぐらい
 だから、これが右脳に刻むという記憶法なのだろう。

 つまり苦労して一夜漬けのように暗記したものではなく、毎日
 ひたすら声に出して読むことが自然な暗唱につながったという
 ことだ。この原理を応用して英語の文章を毎日音読することで、
 いつのまにか忘れない記憶として定着させようというのが私の
 考えている理想の音読と暗唱だ。

 暗唱のための暗唱ではない、つまり無理やり次の週までにここ
 まで暗唱してきてくださいという指示で親が必死になって子供
 に覚えさせる暗唱ではなく、一日一回の音読を続けていくうちに、
 自然と覚えていたという状態になるように、そういう暗唱なら
 とても効果的だということだ。

 だから私は娘には、「次までにこれを覚えないとテストされるよ」
 とか、「頑張ってここまで覚えてシールもらおう」とか、そうい
 うことは、あまり言わなかった。
 もちろん子供なのでシールがもらえるから頑張りたい、張り出さ
 れるからそこに自分の名前を載せてもらいたいとか、そういう
 動機があって、自分から覚えようと頑張るのならいいのだが、
 それを強制したり、○○ちゃんに負けないように進むというよう
 な発想でやっていると、その時は覚えていても本当の意味の暗唱
 にはつながらない。

 ただ、子どもによっては、負けん気が強く、発破をかけた方が
 いい場合もあるので、すべての子供に同じ対応でいいとは思わ
 ないが、少なくとも、親が見栄のために暗唱を強要することだけ
 は避けたい。早く発話させたいから、ちょっとでもぺらぺらっと
 しゃべってほしいから、何とか覚えてほしいと頑張るのは、暗唱
 を苦行にしてしまう恐れがあるので、それなら音読することで、
 覚えさせなくても勝手に頭に入ったという方が、よほど親子共々
 精神的に楽ではないだろうか?

 娘は、スクールで毎週テストがあってここまで覚えていかないと
 いけないというのがとてもいやだった。好きな英語の音声はいく
 らでもCDといっしょにシャドーィングして口から出すことで、
 勝手にどんどん覚えたが、強制的暗唱はうちでは全く役にはたた
 なかった。
 それで、かけ流して覚えさせれば苦痛なく暗唱できるかもと、
 暗唱課題にもなっていた「竹取物語」の冒頭部分を流してみたが、
 全然覚えなかった。
 つまり自発的にこれは大切なことだから、何度も読みたい、
 あるいは、好きなシーンだからセリフを覚えたいと思って聞くと
 効果的
だし、そういう気持ちで読むと、すっと頭に入
 るということなのだろう。

 では、そんなにおもしろくないお経がなぜすっと頭に入ったの
 かというと、うちでは仏様を大切にすることと、毎月欠かさず
 お墓参りをしていることなど、神仏や人智を超えたものへの畏敬
 の念を忘れないということを基本に置いているからで、その姿を
 娘はいつも見ているので、般若心経や他のお経などを読む時は、
 気持ちが前向きだから音読で覚えることができたのだ。

 「竹取物語」もおそらく教室での暗唱のためではなく、自分から
 古典を読んでみたいと思うようになれば、きっとすっきり頭に入
 るに違いない。
 
 結局、音読と暗唱は、単に機械的に読むから覚えるというより、
 気持ちをこめてひたすら読むことで、好きなものが苦痛なく覚
 えられる
ということではないだろうか。

 
 たどりつく方法は、いつでもシンプルで
 それが実は一番大切なことなのだと今更
 気づくまめっちママに応援クリックよろしく
 お願いします。
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 人気blogランキングへ

 
関連記事
* Category : 英語勉強法
* Comment : (20) * Trackback : (0) |

なるほど * by smile*
こんにちは。
暗唱は強制しても意味がないのですね。
最近、絵本を自分から暗唱するようになったので、それでは、とばかりに強制しようとしていた自分に反省。です。
確かに好きなものは、自分から歌ったり、シャドーイングしたりしています。
いつも勉強させていただいています。
これからも宜しくお願いします。

smile様へ * by まめっちママ
基本的に子どもが好きで積極的に暗唱したがるのなら
それはそれで効果的かなと思います。でも、いついつまでに
ここまで覚えるというのは、結構詰め込みで暗唱というよりは
暗記と言う感じになってしまうんですよね。
それで覚えたはずのものが、何カ月かすると全然覚えてないと
いうことになり、大ショックということもあります。
好きで毎日聞いていると勝手に脳が記憶するという感じの方が
忘れにくいようです。ただ、年齢的なものもあって小さすぎると
やはり忘れるのが痛いところです。時々古いものも聞いたり読んだり
することで、記憶を確かなものにしていくのが一番いいみたいです。

No title * by 理花
記事を読んで改めて
あ~うちは英語の本はほとんど音読してないなぁと気付きました。
おっしゃるとおりで
漢字の本等は幼稚園でも音読してくるせいか
暗唱が先か文字の認識が先かと思ってるうちに
かたまりでどんどん覚えるのに
それに引き換えなぜ英語は・・・(TT)と思っていました。
英語の本はCDで聞いて暗唱しているものもありますが
そろそろ字とリンクして欲しいと思っていた所なので
文字を追って音読するよう子供と一緒にチャレンジしてみます。

理花様へ * by まめっちママ
音読って思っている以上に効果があるようです。
なかなか声に出しては恥ずかしくて言えないんですが、
かなり理論的に考えていい方法だと思います。

シャドーイングもそうですよね。声に出してるから、スピーキング
の練習になるし・・・・・
耳と口は連動してるから、そう考えるとすべて納得いきます。



No title * by ごま
まめっちママさん、こんにちは。
音読かぁ~。
うちはいつになったら出来るようになるかしら。
こごまはどちらかというと、絵本を読んでも黙って聞いていてある日独り言で絵本と同じセリフを言っているのに気がつきました。
でも、下の子は私が読むそばからまねして一緒に声を出すんです。
定着するまでためて、ためて出す上の子。
定着はしてないものの、入れるそばから出す下の子。
う~ん、どういう風になっていくかしら。

考えてみると私は英語を音読したことがあまりないように思います。
だから伸びないんですかねぇ~(笑)

今日はバージニア晴れてます^^
まめっちママさんのところはいかがですか?

ごま様へ * by まめっちママ
こちらは梅雨入りしたような天気で雨です。
うっとうしいですよね。晴れてる日は気持ちいいけど、
なんだか雨は気持も沈みがちです。でも、新型インフルは
梅雨入りしてくれた方がウイルスが活発にならないですむので
いいタイミングかもしれません。
すっかり町は落ち着いてあんなに騒いだのはどうしたの?って
感じになってます。

音読は、うちの娘もそんなにしないんですよ。でも覚えて忘れない
記憶にするには、これが一番いいような気はします。
だからできるだけ声に出してシャドーイングしたりすることで
音読効果と同じように定着を図るために映画のセリフとかは
しょっちゅう真似してます。毎日文字と音とをリンクさせて口から
出すの3つができれば、すごく効果があがると思います。

No title * by みゅう
まめっちママさん、こちらにコメントするのは初めてのみゅうと申します。

実はいつも読んでいたのですが、
お嬢様が、
なんかすごく雲の上の方のようにすごいと感じていたもので、
コメントもできずに読み逃げしてました。
ごめんなさい。

だけど、こちらのブログで勇気を貰ったことは今まで沢山ありましたので、
(本当に英語教育なんてしていいのだろうか?とか・・)
これからも、力を頂にブログに遊びに来ますので、
よろしくお願いします。

私自身は暗唱やら記憶力が本当に弱いので、
暗唱なんてやらせられない!ってすごく思っていたので、
(やり方が分からないので)
まめっちママさんのこの記事で
救われた思いです。
言われてみれば好きな事は覚えられますもんね、私でも。
その繰り返しでいいんだ!って。

好きなものに触れる。
好きな物を見つける。
興味を持つ。

もしくは、

日常にする(強制ではなく、当たり前の事)

ことが記憶に繋がるんでしょうね。

すごく気が楽になりました!
ありがとうございます。



暗唱~ * by sa-chi21
上の子KEN、暗唱する時期がありましたが、現在はそれを通り越して読み聞かせてもらうよりも、暗唱するよりも、自分でORTを声にだして読むほうがすきなようです。

わたしの後について読むとかではなく、一時一句ひろって読み上げていて流暢さはまったくありません~。
毎日やってくれればそれはそれでいいのですが、こちらが強制というかそれとなく音読の方向にもっていってもしないので、やったりやらなかったり・・・・。

それでもひつこくORT音声は毎日1回必ずながし、KENが聴いてようが聴いていまいがとにかくわたしもORTを読み聞かせしています。

現在それを一生懸命聴いてリピートしてくれるのはyu-kaちゃん。これはyu-kaちゃんにもその時期がきたのかな??とORTでは重要基礎文法がたくさんでてくるStage1+からまた1か月6冊ずつ読み聞かせ&音声かけ流しをはじめました。

妹はこちらが意図しなくても、すぐに口にだすタイプ。

KENはこちらが促さないとすぐに口にださないタイプ。
何かの拍子にあそびながら、英語を発し、文法を応用しようとする場面もあり。
でもドリルのような書くアウトプットは好き。

いつのまにか自然に覚えていた!!をめざしている
ママとしては2人ともママの後に音読してくれたらとっても楽なんだけれどもなぁ。。。

2人の個性をみながらやり方考えないといけませんね。
暗唱の話題気になっていたのでタイムリーでした。
参考になりました。ありがとうございました。



No title * by のんぷ~/じょあんなT
音読は自分が頑張ってると思っているよりできてなかったりするので
録音してたまに聞くのは必要だと思います
自分がリスニングできてる文章と同じぐらいのスピードと発音で
喋れていると思っていて、それほどスピードなかったり、カタカナ
っぽかったりします
自分としては「十分通じる発音」ぐらいができれば自分を許すつもりで
発音をネイティブなみにする努力に時間を回すよりは、文法や単語
やることはいっぱいあると思うのです
もちろんその「十分通じる」までも結構大変なのだと思うのですが・・・
文法や単語の知識を強化しながら音読することで発音が更に
よくなることも考えられますし・・・

たぶん自分や子供のレベルなら「コーパス」とか調べるより
本や例文を「音読」するほうが「身につく」だろうなぁと思います。

赤ん坊のときから聞き流しをし、子供の頃は日本語より英語にちかい
発音でバブバブ言ってた娘ですが、一度頭を日本語にしたら
refrigerator の発音も心もとないものになっていました。

読みなれてくると「こういう文が後に来る」と経験的にわかるまでに
なりたいなぁと思います。

No title * by さくらのはっぱ
育児経験の長い、まめっちママさんの言うコトは説得力があります。
そういう私も、大切なことは、シンプルなことだと最近あらためて感じています。
私が思うに、歌い聞かせ、語りかけ、読み聞かせ、に始まって、音読、暗唱・・・と語学の学習の基本は続いていくのでしょうね。きっと。
あれもコレも気になって手を出してしまいがちだけれど^^;

個別記事の管理2009-06-02 (Tue)
 ナンセンスな話が大好きな娘にちょっとうけそうなワークブックを
 アマゾンで見かけた。

 年齢的には4-8歳向けなので、英語のできる人向けではないが、
 とてもおもしろい作りになっているので、親子英語で鍛えている
 子供さんには向いているかもしれない。

 「mad libs junior」という、本なのかワークなのか微妙なのだけれど
 イラストがまずへんてこで、愛嬌があって、それだけでも何か手に
 とって見たくなるのだが、中身がこれまたおもしろい。

 シリーズでたくさんあるので、はまると次々とやりそうだが、
 単語がたくさん書いてあり、その単語を空欄になっている文章中に
 あてはめて入れていくと、最後におもしろい文章ができあがるという
 つくりになっている。

 単語には名詞だと★マーク、動詞は→のように印がついていて、
 ストーリーの中の空欄にも同じマークがついているので、マークの
 ついたものの中から単語を選べばいいようにできている。それで
 およその見当がつくのだが、入れた単語によって、最後にとんでも
 なく変なストーリーができあがり、笑ってくださいという、なんだか
 馬鹿にしたようなワークブック?なのだ。

 でも、きっとみんなで笑えて、かえってインパクトがあって頭に残る
 んじゃないかという気もする。

 うちの娘はへんてこマンガを描いて単語を覚えているので、こういう
 のは、意外とはまるような気がする。

 アマゾンで中身が見られるので、やってみると楽しいかもしれない。
  ↓ ↓ ↓
 


 ちなみにこちらに英語サイトがあるので、そこでクイズにチャレンジ
 すると、最後にめちゃくちゃな単語が入ったおもしろい文章ができあ
 がり、上で紹介したものと同じように遊べる。
  ↓ ↓ ↓
 http://www.funbrain.com/brain/ReadingBrain/ReadingBrain.html


 名詞や動詞や形容詞というのが視覚的にわかるというのも結構
 ポイントが高いような気がするので、遊びながら構文や文法も
 身につくかもしれない。

 正統派のワークブックとは一味違うので、暇つぶしにやってみても
 いいのでは?


 受験勉強はかたすぎて気を抜くところがないので、
 英語で思いっきり力抜き過ぎなんじゃないか?と
 思うのだけれど・・・・・まあいいかっとひらきなおる
 親子に励ましクリックしてやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  

関連記事
* Category : おすすめ英語教材
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

No title * by ゆかりん
おひさしびり!!ごめんね!!
↑ 息子が2年生ぐらいのときやったよ。
すでに家にはないので、すっかり忘れていたけど思い出したわ。
まめっちちゃんは、なかなか楽しんで毎日を過ごしているみたいだね。
これからもマイペースでがんばって♪

ゆかりん様へ * by まめっちママ
息子ちゃんもやったんだ。
これ面白いもんね。英語をやる低学年に丁度いい感じだよね。
うちはナンセンスなことが好きだから、レベルは別として
おもしろがるとは思うわ。
楽しくすごしてそうに見えるかもしれないけど、やっぱり
受験するから毎日大変で・・・・早く終ってほしいわ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。