オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2009-04-29 (Wed)
 最近、教材とはとんと縁がなくなって、テレビの二カ国語放送や
 雑誌の付属CD、洋画のDVDなどで英語は勉強しているが、元々
 右脳開発から始まって、娘が小さい頃は色々と脳を鍛えることを
 やったものだが、それも遠い昔の話で、今は暗記が中心のどちらか
 というと、つまらない毎日になっている。
 (いや、それが普通やって・・・汗;
 それで、途中で頓挫していたホームページ作りを再開したのだが、
 これはこれで結構大変で、大昔の記録から現在までをブログとは
 違った時系列でまとめていかなければいけないので、またしても
 忘却の彼方にある古い記憶を呼び起こし、更になれないホーム
 ページソフトなんかを使っているものだから、レイアウトばかり気に
 して、一向に進まない。

 そうこうしているうちに七田関連の教材のことも思い出しながら、
 サイトを見ていたら、こんな商品が出ていた。
  ↓ ↓ ↓
 

 これって娘が日頃いつもやってることじゃないかと思った。
 今はそんな能力をわざわざ養成する教材?(CD)が出ているのか・・・

 ということは、当たり前にできると思っていたことが実は世間では
 開発訓練しないと身につかないもの?ということなのだろうか。

 大人は確かにそうだと思うが、子供は・・・・・
 結構娘と同じことができる子どもはいると思うのだけれど、やはり
 珍しいのだろうか?

 確かに私には絶対にできないことなので、かなり珍しいことなのだ
 ろうが、バイリンガル育児で育った子供たちは、程度の差はあるが
 同じようなことができる子供は多いように思うのだが・・・

 そんなことを考えながら、本当に脳開発系のものってかなり色々
 あるものだなと今更のように感心した。

 そういうのだけで、人間の能力が高くなるのなら、誰も苦労はしない
 だろうから、基本的には努力と継続が一番だと思うが、それに少し
 だけ才能を足すとしたら、こういう部分なのかもしれない・・・・

 でも、上記の教材紹介によると、娘の耳は一点集中力ではなく、
 多点集中力といえそうだ。

 いつもたくさんの音を聞き分けているので、まさに書かれている通り
 だなと思った。でも、時々、他の音を消すことができると言っていた
 ので、もしかしたら意識的に一点集中もできるのかもしれない。

 私がうだうだ説教している時に、CDの英語だけを聞き取って、
 他の雑音を一切排除して自分の世界にこもることもできるようなの
 で、随分都合のいい脳だなと思っていたが、それがここでいう
 一点集中力?というものなのかな・・・

 なんだかよくわからないけれど、そういう能力があるようなので、
 なるほど、それなら今までの娘の奇行も納得いく。

 でも・・・・・それができたからといって、娘は特別な天才とも思え
 ないし、まあ何かと便利で短い時間に色々できるというのは、
 科目が多い受験には有利かなという程度なので、なんでもない
 よりはあった方が応用もきくだろうと軽く考えることにしている。
 

 脳開発はやろうと思ってできるというよりは、
 自然と身についた天性の能力という気もしない
 でもない自称右脳オタクのまめっちママに
 応援クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  

 
関連記事
スポンサーサイト
* Category : 英語と右脳教育
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by ゆっきぃ
これこれ!
七○のお教室(下の子が通っています)で
チラシを3ケ月くらい前にもらって、まめっち
さんにどう思う~?と聞こうと思ってたんですよ

教室でもらうCDに以前、聞き耳クイズっていう
のがあって、3つくらいの単語を一度に
読み上げているものを聞き分ける、というのが
あったんだけど、みんなができるわけじゃない
と思うなぁ
私はいつも2つしか聞き取れませんでした。

でも子供は慣れれば、早いでしょうね
その部分の能力だけを育てようと思うと
こういった教材が必要なのかな
お嬢さんの場合はこの部分を育てよう!と思わず
にいたけど、偶然に身に
ついた副産物的な能力なんじゃないでしょうか

今日は午後から、ずっとネットで旅行先探しの
旅ですv-233
童具館とキッザニアは決定したんですけど
ディズニーはどうしようかな~
新型インフルエンザも気になりますね

ゆっきぃ様へ * by まめっちママ
聞き耳クイズですか・・・
おもしろそうですね。娘に昨日聞いてみたら、
5つぐらいは聞きとれるんじゃないかと言ってました。
私と口げんかしてても、急にテレビのセリフを言って
今、〇〇××と言ったけど、どういう意味?って
聞いてくるから、一体何の話?と思ったら、テレビで
言ってた3秒前の英語のセリフだったとか・・・
こんなことがしょっちゅうなので、この子はどうなって
るんやろ?と不思議で・・・・
でも一点集中力を鍛えると、もっと落ち着きのある子
になりそうなので、注意して一つだけを聞きとらせて
みようかと思います。

ところでゆっきぃさんも、キッザニアに行くのですか?
連休は朝8時半に甲子園集合で友人と行ってきます。
もうめっちゃ早すぎ!間に合うかな・・・
でも人気のあるものは、待ち時間が長くて他のが体験
できなくなるから、朝一で並んでダッシュした方が
いいそうです。親だけ疲れます・・・

* by risa
まめっちママさんこんにちは^^
ブログにも書いたのですが、七田先生、先日お亡くなりに
なられましたね。とっても淋しいです。涙

それにしても聖徳太子の耳!のCDとは・・・!
すごいですね!
ついこの間TVで見た番組が子供の脳に関する番組だったので、
時間のあるときにまたブログに載せますね♪

risa様へ * by まめっちママ
私も亡くなられたニュースを見て、びっくりしました。
御冥福をお祈りするのみです。

聖徳太子の耳のCDだけじゃなく、もっと本格的な
のもあるみたいですよ。
色々出てきたなあと・・・・

子供の脳ってわからないことだらけですよね。
だから子供の脳死についても慎重にならざるを得ない
んだろうなって思います。

個別記事の管理2009-04-28 (Tue)
 ついこの間、やっと決まった娘の英会話スクールのクラスが、
 またしてもなくなりそうな危機が!

 今まで帰国子女クラスで2人でやってきたのが、一人になり、仕方
 なくマンツーマンの授業に切り替えたところだった。
 お金も倍以上に跳ね上がり、毎日水飲んで暮らそうかなんていう
 ぐらいお金の捻出にも苦労したのだが、それがあっさり先生が帰国
 することになり、後任がいない。
 (ってことは、マンツーマンじゃなくなり、お金がうく?
  いや、そんなこと言ってる場合じゃないねん!)


 今回の帰国は父親の病気ということで仕方ない面もあるが、それで
 も外国人講師の一番の欠点は、この帰国してしまうということで、
 日本在住の日本人と結婚している人で、きちんとした教授法も持って
 いるような外国人講師は、探そうと思ってもそう簡単に見つかるはず
 もなく、また先生探しというか、クラス探しが振り出しに戻ってしまった。

 娘は決してそんなにすごいわけじゃないし、所詮英検2級レベルで
 世の中にはごろごろそれぐらいの人はいるのだけれど、級の問題
 ではなく、要するに年齢と次の級で出てくる話や単語が乖離しすぎ
 ていて、大人なら何も問題なくすっとクラスに入れるところが、小学
 5年生というだけで、どうにも授業が合わないのだ。

 まだゲームをしたり、話をしたりすることが楽しい年齢なので、勉強
 色が強くなる英検クラスなどは、娘的にはおもしろくない。
 やたら難しい単語を覚えてきなさいとか、テストされるとか、問題を
 解くばかりの大人クラスでしかも時間が1時間半もあるのでは、
 いやになってもしょうがない。
 (英語嫌いの私は、ここだけは激しく同意してしまう・・・)

 だからマンツーマンで自分だけのカリキュラムをと思っていたのだが、
 お気に入りの唯一ネイティブ講師で英検の問題も教えられる先生が
 いなくなるというのは痛い。

 日本人講師で私はいいと思うけれど、娘は日本人講師は固くて
 遊びが少ないからいやだとか、これまたまだ幼稚なことを言って
 いるので、娘のニーズと親の思惑は必ずしも一致しなくて困って
 しまう。
 
 ああもういっそのことやめてしまおうかなんて無茶苦茶なことを考え
 るが、それはさすがにできないし・・・・
 
 何とかならんかな・・・・
 誰かいっしょにやれる人いないかな・・・・
 こんなにネット世界では英語育児が盛ん?なのに、探しても回り
 には誰もいない。
 いや、いるのだけれど、時間や曜日や予定がぴったり合う人が
 いないのだ。

 スクール難民になりそうだ。
 

 

 悩めるまめっちママに励ましクリック
 よろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  

 
 
関連記事
* Category : 英会話スクールで学ぶ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ゆっきぃ
わかります!
レベルは違うけど、うちの子でも今のプリを
やめて、と考えて他を探すとレベルの合うところ
がないんです。
まめっちお嬢さんなら帰国子女クラスで
十分やっていけるのに、それも人数がそろ
わないんですね。

でも、帰国子女クラスと謳っていても、内容は
はれれ???v-359帰国子女は
絶対こないでしょ!ってこともありますけど。
某インターのサマースクールの帰国子女クラスでは日本語が飛び交っていました~
やっぱり、プライベートしかないんでしょうかね。

新学期が始まって、なんだか生活リズムが崩れっぱなし。算数の先取りが全く進んでいません。v-404
6月の連休(創立記念日で4連休があります)には
ディズニーランドへ行こうと思っているのですが
なんと、今やファストパスやパレードの指摘席
なんかがホテルとパッケージになっているんですね!??
去年はそんなのなかったなぁ
でも、これがかな~り高額でv-292
これからはお金さえあれば、乗り物もレストランも
並ぶことなく、優雅にディズニーランドを楽しめ

のね・・・・でもそれって夢がないわぁ~
と感じましたよ
ここでも格差社会?子供が夢を見る場所で!?

追伸ですが、私も結末を安易にハッピーに変える
のは反対。結末にはこだわらないけど、本来の
ものに手を加えるのは、どうかな、と。
でも2歳児はハッピーエンドだった”さるかに”
ですら、「こわかったねぇ」と言っていたので
ハッピーエンド版も必要とされるのかも知れませんね。
なので、表紙にハッピーエンド版とか表記して
ほしいなぁ。全部読んで比較するのは大変
ですよね。

ゆっきぃ様へ * by まめっちママ
帰国子女クラスって・・・本当にレベルがまちまちで
一つしかないとかそういうのが多いので、なかなか
いっしょにやれないもんです。
どこぞのインターのサマースクールは、おっしゃる
ように日本語ばかりで、お話にならなかったし・・・
まあ唯一まともなところは、以前通っていたところ
ですね。中学になったら、もう一度行くつもりです。
今は近い所で塾との連絡が上手くいくように系列の
スクールを利用してますが・・・・

連休にディズニーランド行くんですね。
いいなあ・・・人が多すぎて並ぶのも大変だと思って
ましたが、やっぱりお金出すとそういうことできるんですね。
USJもそうですしね。並ばなくてもすっと入れる
割高のパスでメインのものをスイスイと見る方法が
ありますもんね。うちは年間パスポート持ってたんで
すが、この2年ほど更新してません。もう全部見た
というのもあるけど、新作アトラクションが増えたら
また行こうかな・・・・。とにかく今は勉強が忙しい
ので、ゆっくり遊んでる暇がないです。早く受験終わ
ってほしいです。

個別記事の管理2009-04-27 (Mon)
 英語と直接関係ないかもしれないが、どの分野でも共通している
 ことだとも思うので、今回はそれについて書いておこうと思う。

 娘は人から何が得意かと聞かれると、英語と算数と答えることが
 多いのだが、確かにこの二つは好きで取り組んでいるので、苦痛
 がほとんどなく、親の目から見ても期待以上に伸びたなとは思う。

 それに比べて、国語は実はあまり好きな科目ではなかったのだが、
 最近ちょっとした変化が現われた。

 塾の先生がものすごく厳しくて怖いからというのも半分はあるが、
 その中に愛があるから、怖くても頑張ろうという気になってくると
 言う。

 今まで苦手な漢字テストは、いつもぱっとしない点ばかりで、ああ
 こんな状態では英語やってかるからやと言われても仕方ないか
 と内心悩んだりもしたのだが、先生が変わると、こうも違うのかと
 驚いた。
 
 まず、答えのまる写しは、すぐに見抜かれる。
 解答例とは違った書き方で、しかもそれを、どうしてその答えと
 なったのかというプロセスまで宿題で書かされるようになったので、
 時間がいつもの3倍かかるようになったのだが、その面倒な作業
 をしているおかげで、丁寧に文章を読むようになり、さらに上手く
 まとめるためには、どうすればいいのか、これがこうなるから、次に
 こうなって、最後に結論にたどり着くというように、論理の展開が
 目に見えてくるようになったという。

 親の私とでは、そこまでできなかったのだが、先生のおかげで
 私がやりたかったことを、娘が自発的にやるようになってくれた
 のは、大きな収穫だった。

 解答が問題の本より分厚いものを作った先生なので、それだけで
 力量のすごさがわかる。
 これは、私が予備校講師をやっていたから少しぐらいは先生の
 質が高いか低いかを判断できるというのもあるとは思うが、いい
 先生に巡り合えたと久しぶりに思った。
 
 それで、何が言いたいのかというと、先生との出会いは実は
 非常に重要で、さらにそこに好きという感情が入ると、人は自発
 的に伸びようとするということ。

 その証拠に嫌いだった漢字テストが100点の連続だったり、
 絶対に受けたくないと言っていた漢検にチャレンジし始めたり
 など、変化は顕著に現れてきた。

 この間は、宿題のノートに「よく頑張っている」と書かれていて
 それを眺めた娘はぽつっと一言

 「今まで、まだまだ読みが足りないとか、
  この展開ではおかしいぞとか、細かく
  チェックが入ってばかりだったけど・・・・
  初めて褒められたわ。」


 と、うれしそうに言った。

 普段厳しく、何でも大変よくできましたとは書かない先生に認め
 られたことがうれしかったようだ。だからもっと頑張ってやろうと
 いう気持にもなっているみたいで、国語にかける時間が少しずつ
 増えてきた。

 この先生は昔、とある塾で、本当は答えをこっそり写していたにも
 かかわらず、注意するどころかよくできましたのハンコを押され
 て、放っておかれたという経験を持っているそうで、それでは子供
 のためにならないと心から思ったそうだ。

 自分の苦い経験から厳しすぎるぐらいの指導をしているが、甘い
 だけではだめなのだということが、娘にはちゃんと伝わっている
 ので、それできっといいのだろう。

 話しを元にもどすが、娘の英語は好きという感情である程度伸び
 たと思っている。
 確かに、私が遠方の教室に連れて行ったり、英語環境を整える
 ことは最大限にしたけれど、「英語は役に立つからやっておいた
 方がいいよ」とか、「英語が話せると世界中にお友達ができるよ」
 とか、そういう誘導は実はあまりしなかった。
 それにもかかわらず、日本語音声は自分から英語に変えて見る
 し、英語のスクールをいやがったことも、やめたいと言ったことも
 一度もなく、喜んで行っているから、やはり好きなのだろう。

 でも、最近とある人からこんな話しも聞いた。

 「よく考えたら、私はこの道に入ったのは
  親がずっとそれがいいよと言ってたからで
  本当の気持ちはそうじゃなかったかも。」


 この人は、絵が趣味でかなり上手で、よく入賞したりしている。
 絵で食べていくのは、実際大変だろうから、親は固い仕事で
 就職しやすいようにと思ったのもよく理解できるので、結果的
 には親に感謝してはいるのだろうけれど、心のどこかでこれは
 私の本意じゃないと思っているようだ。

 世間の誰もが皆、多かれ少なかれこういう経験を持ってはいると
 思うし、好きなことをしていられる人の方が少ないのだから、今
 の環境でどう生きていくかを考えるのが賢明なのことなのだとも
 思う。それでもどうしても諦めきれずに、随分年がいってから再
 チャレンジする人もたくさんいて、その中から、普通では無理だと
 いう年齢なのに夢をかなえた人も少なからずいるということを
 考えると、やはり最終的に行きつくところは、自分の意志次第
 ということだろう。

 ここで、はたと気づいた。
 娘は英語が好きと言っているけれど、本当は私が教材を衝動買い
 したから、何もわからないうちにやり始めたから、好きだと錯覚
 しているだけなんじゃないかと・・・・・・・


 それは、娘がいつも暇な時間には必ず絵を描いているか、何か
 新聞のようなものをつくっていたり、工作しているということからも
 一番好きなことは、物作りの方であるのは、間違いない。
 英語はずっとやってきたから日常生活のように普通に継続して
 いるだけなのかも・・・・・・継続は力なりというから、それが英語
 をなくさずにまだここまで持ちこたえさせているに過ぎないのでは
 と思えてきた。

 娘は学級新聞を作らせたらピカ一の出来だし、イラストも上手で、
 こちらの才能の方がはるかにあるような気がして仕方ない。
 
 自分ではまだ気づいていないのかもしれないが、日々やっている
 ことを見ていると、好きとなりたいことは別だなと思えてくる。
 医者になりたいというのは、おそらく彼女の本当の気持ちだと思う。
 人助けが好きで、人のために何かをしたいという心をいつも持って
 いるので、それは間違いないとも思う。でも、好きこそものの上手
 なれ
という言葉も重く響く。

 継続は力なりなのか、好きこそものの上手なれなのか・・・・
 両方がそろえば一番いいのだが・・・・

 それはこれからの娘を見ていくしかない。
 

 
 時の巡りあわせも重要な要素なので、最終的には
 3つがそろった時に、おのずと道は開けてくるだろうと
 考えることにしよう・・・・
 勝手に話を無理やりまとめて終わるまめっちママに
 いっしょに考えてくれた心優しい方は、応援クリック
 よろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

才能と継続です。 * by ルーシー
下手の横好きって言葉もあるしな~
好きってだけじゃ伸びんよ。
ちょびっと才能と大いなる継続力。
この組み合わせが最強だと思います。

ジュニアちゃんの天賦の器用さと
ママの根性(元を取りたい浪花魂?(((*≧艸≦)ププ…ッ)の
かけ合わせの成果が
今のジュニアちゃんの高度な英語力だと思います。

ルーシー様へ * by まめっちママ
下手の横好き・・・そういうのもあったね。
確かに才能もいるかも・・・・
継続力と才能の組み合わせ・・・
そういう人が確かに成功してる場合が多いですね。
うちはどうだろう・・・・
好きだけじゃ伸びないってのもなんとなくわかる
けど、好きだと努力するし、継続しようという気持ち
も湧いてくるから、やっぱり好きに越したことはない
ような気もします。
嫌いなのは、どうしても続けようという気がおきない。
それって私の英語なんだけど・・・(笑)

個別記事の管理2009-04-26 (Sun)
 最近ジュンク堂に行ってなかったのだが、今日久しぶりに行って
 みた。中身を見たいものがあったので、リアル本屋に行くと、直接
 現物が見られるので、やはり便利だ。

 映画やアニメのかけ流しも、もう充分すぎるほどやったので、分野
 の違うものも取り入れたくて、一ヶ月単位でできる短いものはないか
 探していた。

 お金はあまりかけずに、費用対効果の高いものを見つけるために
 かなり時間を使った。塾の勉強の邪魔にならないように、負担が軽
 いもので続けられるという条件を満たすもの・・・・
 雑誌の購読はすでに2冊、これは今のところ気に入って読んでいる
 ので、やはり月刊誌を選んでよかった。

 それに時々特集でいいものが載っている時だけちょこっと買う月刊誌
 とで、読み物はこれでいい。
 
 後は音源として、易しめで確実に理解できるもので、流れていても
 素通りして意味のない状態にならないですみそうなものは・・・・・

 するとかなりその条件に近いものが見つかった。
  ↓ ↓ ↓
 

 月刊誌「CNN ENGLISH EXPRESS」の再編集をしたもので一日一題、
 丁度30日分が収録されていて、その一つ一つの長さが実に30秒。

 今まで、易しいニュースリスニングなどといったものをたくさん見て
 きたが、どれも長さがあって、やはり娘には到底使えないものばかり
 だった。机上の勉強で大人がコツコツやる分には、それでいいのだが
 小学生向けとはいえない。

 それがこの簡潔さ、編集されたものとはいえ、とっつきやすさは
 ピカ一と言えるんじゃないかと思う。

 リスニング内容に関する問題もあって、本当に時間のない人でも
 必ずできる。物足りない人は正規の月刊誌の方を買えばいい。

 こんなの出てたんだとうれしくなった。
 やはりアマゾンではよくわからないものでも、現物が見られるという
 特に私はジュンク堂がお気に入りなので、ここばかり行くのだけれ
 ど、リアル店舗のよさを再確認したのだった。

 今日はとりあえず買いたいものが他にあったので、そちらを優先
 したが、ここへ来ると必ず何か収穫があるのでうれしい。



 月の教材費雑誌2冊と本1冊合計二千円
 これってかなり安いんじゃないかと思う。
 昔の私からは考えられないような節約ぶりに
 進歩したじゃないか、無駄使いが大分直ってきたと
 思われる方は、更にうれしくなるように応援クリック
 してやってください。(できたらポチ3つでお願いします)
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  


 
関連記事
* Category : おすすめ英語教材
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

* by ゆっきぃ
下の子向けに、まめっちさんお勧めの昔話を
読み聞かせようと、書店であれこれと見比べて
いました。
結局今回は、親指姫と迷い、さるかに合戦を購入しましたが、
親指姫の内容というか
お話が「つらくなる結婚はよくありません、
結婚はたのしくなるものでなくては・・・・」
という台詞があり、こちらはう~む、
2歳児男子には奥が深すぎる~v-15
断念。

女の子って、小さい頃からこういう昔話からも
結婚観を作っていくんでしょうかね。
こんな台詞、昔もありましたっけ??

さるかに合戦も、あれ???小さい子向けに
ちょっと脚色があったような気がします。
カニにおかあさん、死んじゃうんだった気がするんですけど。

ゆっきぃ様へ * by まめっちママ
昔話の結末は変えられてることが結構ありますね。
アンハッピーエンドの場合、特に最後をちょっと
いじってハッピーにしてしまうとか・・・・
私はこれには反対なんですよ。
残酷とか、かわいそうとかの理由で勝手にかえて
いいものじゃないし、第一、世の中には理不尽なことも
辛いことも山ほどあって、そういう現実を見ながら
どうしていけばいいのかを教えることが教育だと
思ってるので、現実ありのままを伝えて、それでいて
善悪を教えることが大事かなと思います。
もしいいことばかりのお話で育ったら、現実に何か
耐えられないようなことが起きた時、こんなこと習った
ことないよになって、精神的に弱い大人になって
しまいそうなので、できればそのままがいいと私は
思ってます。人魚姫なんかもディズニーだとハッピー
エンドですよね。本当は海の泡になって消えてしまう
のに・・・どっちが好みかは人それぞれだけれど、
理想論ばかり言って、もまれないから今の子は打たれ
弱いんじゃないかとも思います。

個別記事の管理2009-04-24 (Fri)
 毎日、塾の宿題に追われる日々が続き、テストテストで息つく暇
 もない中で、英語をどうやって日常に取り入れて継続していくかは
 一番大きな悩みでもあるが、多かれ少なかれ今幼児をお持ちの
 ご家庭でも、いずれは直面する問題だと思う。

 一人で勉強できるようにするためには、最低ラインが英語を読める
 ようにしておかないといけないことは確かだが、それでもまだまだ
 自分で計画的に英語のワークブックをやるとか、自分で洋書を
 選んで読むなどという芸当はできないので、やはり親がアドバイス
 をしたり、教材を選んでやったりしないといけない。

 うちは、今本当に時間がないので、洋書を大量に買ってきて読む
 暇はないので、少ない時間で効率よく印象に残る方法で語彙力
 をつけるには、どうしたらいいのか考えてきた。

 テレビドラマから仕入れる言葉は、口語表現が多いので、それなり
 に会話の練習になるとは思うが、幅が広がるような英語ではない
 ので、やはりもうちょっと他の分野の単語も覚えていかないといけ
 ない。理科系の単語は比較的科学系のアニメや絵本などからも
 吸収できるし、読み物としても楽しいのだが、社会的文化的なこと
 になると、一気にニュース英語などとなって難易度も上がってしまう
 ので、今一つ理解不足に陥ることが多かった。

 それでも最近は、塾で他の子供たちや先生とニュースの話しをした
 りするので、不法入国がどうのこうのとか、オバマさんがどうしただ
 の、そういう類のこともよく仕入れてくるようになったので、英語で
 その手の話が出てきても少しはとっつきやすくなってきた。

 そういう影響もあってか、娘が前に紹介した「ジュニアエラ」には
 結構興味を示してくれたので、この薄さと月に一冊の分量が丁度
 いいのだと思った。
 毎週となると、きっと消化不良をおこすと思うし、時間的にきついの
 で、月刊誌が一番今のうちには合っている。

 そこで読み始めたのが実は外国人向けの日本雑誌で、
 結構有名だが、「ひらがなタイムズ」だ。
  ↓ ↓ ↓
 

 これは英語と日本語のバイリンガルマガジンで、日本の文化や
 ニュースなどを両言語で書いてある。

 振り仮名が全部についているので、娘のようなまだ大人の漢字が
 全部読めない日本人の子供にも日本語と英語の両方が読める
 という利点があって、私は逆バージョンで使っている。

 いずれはさらっと本格的なニュースなども読めて聞けるようになる
 ことが理想だけれど、まずは楽しめて視覚に訴えるカラーが多く、
 ホットな話題が載っていて、ニュースもあり、ページ数も多すぎず、
 しかも月刊誌という手軽さをクリアしているこの手の雑誌から、徐々
 に慣れていくのもいいかなと思う。

 今月号などは、かなりおたくな話題であったけれど、そういう日本
 の文化も含めて海外の人に伝えることは大事なことで、その一方
 で国連分担金が世界で2番目などという記事もあったりして
 そのアンバランスさも何だか絶妙でおもしろかった。




 値段が安いお手軽マガジンとして、息抜きに
 ぴったりだなと思いつつ、親の私はつい日本語
 の方を読もうとしてしまう誘惑に弱いまめっちママに
 頑張れと思う方は、応援クリックしてやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  

 
 
関連記事
* Category : 洋書、雑誌、新聞で学ぶ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-04-23 (Thu)
 英語苦手の私のブログの中に実は、スーパー予備校講師の
 英文法講座なんていうカテゴリーが存在する。
 (真面目な記事なのだけれど、忘れるほど更新していない汗;
 英文法と読解は自分が一番、どの参考書よりも詳しく基礎の
 基礎から教えることができると自負している予備校講師さんが
 私や娘に教えてくれた基礎文法のコーナーなのだが、彼から聞き
 とりしたことを、私がブログに載せるという形で、娘とのやりとりや
 私の英語の馬鹿ぶりが見られる。

 言い訳がましいけれど、今までの高校や中学の英語教師にこんな
 風に教えてもらったことなどなかった。

 私は塾に通わず、基本的に中学も高校も公立畑でいわゆる独学
 で勉強してきたので、今も資格試験は通信教育安上がりで取るし、
 ゲームをしても攻略本は滅多に見ない、そういうタイプなのだが、
 英語に関して言えば、よい先生にあの頃巡り合っていたら、きっと
 違っていただろうなと思われる。今のようにあふれんばかりの情報
 や参考書、ネット環境、英語のリスニング教材があったわけでは
 ないので、限られた単語集や文法書でこつこつ勉強するしかなか
 ったわけで、元々それほど好きじゃない英語だから、独学で伸び
 るはずもなく、子供ができるまでは英語なんて微塵も話せず、
 聞けないという状態だった。

 娘は話せて聞けてある程度の文法も理解しているけれど、
 彼から言わせると、なんちゃって英語の極みで、親子でしっかり
 勉強していかないといけないといつも説教される。

 先日も英文を出され、

 「予備校でも生徒たちがわからんと
  言う問題だから、教えといたるわ」
 

 と、えらそうに(親切にorz言われた。

 その英文はこちら!
  ↓ ↓ ↓
 How is it going?(調子はどう?)

 It couldn't be better.(最高だね)


 何も難しい単語がないにもかかわらず、かなり奥が深い。
 高校1年生から比較を学んできた生徒なら3年生でこれを出しても
 答えられるが、3年生から入塾してきた生徒は、大半が理解不能
 とのこと。

 It couldn't be better(than it is good).

 S(It)V(couldn't be)C(better)
 ・・・のはずがない
 

 後ろには(      )で囲んだ現在の状態が省略されている。
 つまり現在はgoodな状態で、今よりいい状態はあるはずがない
 すなわち、これ以上のものはない、最高だね!となる。

 本当はもっとたくさん比較や仮定法についても説明されたのだけ
 れど、それはまた今度にしておく。

 丸暗記でそう言うんだと覚えることもできなくはないが、そういう
 のが、なんちゃって英語の始まりだそうで、文法的にわかっていな
 くて、口語でこう言うから覚えておいてでは、応用がきかず、長文が
 読めない、大学入試にも対応できないということになるそうだ。

 ちなみに今、巷でちょっと話題になっている
 越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文 (ディスカヴァー携書)
 という本について彼に聞いてみた。
 この中にある例文をわざと出題してみたが、あっさり説明されてし
 まい、更にこう言われた。

 「中身は読んでないから知らんけど、
  この手のことはいやというほど授業で
  やってるから、高校1年から基礎をきちんと
  やってたら、間違わない類のものばかり。」


 厳しい御意見・・・・ごもっとも。そういえばアマゾンのレビューを
 見ても、きちんと勉強していたらわかる大学入試レベルのこと
 という意見が書かれていたので、やはりそうなのかと思った。

 私のような英語の基礎をきちんと勉強してこなかった人には、
 目から鱗の本だけれど、専門家なら当たり前に知っていないと
 いけないことなのだろう。

 まだまだ勉強不足を痛感する。
 というか全然できていないと言った方がいい。
 娘には、難しい文法用語はまだちょっと早いし、完全に理解して
 いるとは思えないが、今なら形容詞、副詞の違いもわかるだろうし
 より洗練された英作文を書くのにも、絶対にこれらの基礎は
 必要だと思われるので、中学に入ったら、忙しくても真剣に学んで
 ほしいと思う。

 

  
 2年後は、私も一緒に娘と授業を受けなくては
 いけなくなりそうだと思うと・・・・・気が重くなってくる
 そんなことではいかんと気持ちを奮い立たせる
 まめっちママに励まし応援クリックしてやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  
関連記事
* Category : スーパー予備校講師の英文法講座
* Comment : (8) * Trackback : (0) |

* by risa
まめっちママさんこんばんは^^

あ、越前さんの本、ご紹介してくださってありがとう!
色々と面白かった(参考になる)でしょう?
ご紹介してよかったです♪
 
正しく訳す事って難しいですよね。
「意味はなんとなくわかるんだけど、正しく訳せない」
って人ってすっごく多いと思います。
この、「正しく訳す」ってところがまた辛い^^;
 
越前さんのように正しく訳すことが仕事(専門家)なら
分かるけど、一般人というか、英語をごく普通に勉強して
きた人にとってはなかなか辛かったり・・・
って私のことですが。あはっ。笑
 
スーパー予備校講師さん、頼もしいですね・・・!
彼についていったら大学入試英語も楽々かも?
私もそんな先生に教わりたい・・・時、既に遅し・・・?笑

* by うめ★hiro
完了Part3復習編1解説
2007年04月15日 11:25
⑥I (study) English when he came in.

 「これは、上の⑤とよく似ているけど、
  for three hours という具体的な数字もないので
  同時進行していたと考えて、普通の過去進行形。
  だから、was studying 」
に 補足説明をさせてください


日本語では
「お風呂に入っていたとき、電話が来た」とも言いますし
「電話が来た時には お風呂に入っていた」ともいいます
(時間的に 先 お風呂に入り始めて それから 電話)
(時間的経過よりも 電話が来た時に焦点をあてて その時には お風呂)
両方 言いますが
英語では
「シャワーを浴びていた、when でんわ」となり
「when シャワー、電話」とは 言いません(いわないそーです)
日英の「時制に関する感覚の相違」があるのでしょう
現在進行形とは
「ちょっと前からやっていて たった今現在していて ちょっと先までやる」
というような感じ
それに 対して when というのは 一瞬の出来事
電話がなるというのと シャワーを浴びる という二つの「動作」を比べてみましょう
シャワーを浴びているという時間的幅をもつ事柄に 電話が「割って入る」
電話が来なければ 進行形で し続けていたであろう行動に 電話が「割って入ってきた」という 感じですね

* by sa-chi21
この本の紹介トークをポッドキャストで聞いたことがありますー。巷で話題なのですねー♪

> 丸暗記でそう言うんだと覚えることもできなくはないが、そういうのが、なんちゃって英語の始まりだそうで、文法的にわかっていなくて、口語でこう言うから覚えておいてでは、応用がきかず、長文が読めない、大学入試にも対応できないということになるそうだ。

わたしも丸暗記タイプだったような~。

当時理解してたのかしら??理解してたかどうかすらもう記憶が定かでは。。なんで外大入れたのだろうか。

それとも忘れているだけで当時は学校の勉強だけで実はしっかりした文法を身に付けていたのでしょうか?
すばらしい『師』と当時出会えなかったのはわたしも同じ。他の教科ならばすばらしい先生がたくさんいらっしゃいました。

当時そういう『名物』先生は予備校から引き抜きの声がかかってるらしい、今年はもう先生やめちゃうんじゃないか??と皆でうわさしていたものでした。

でも、『英語』となると皆画一的な授業で、ただひたすら予習してきた訳と文法の解釈があっているかどうか、『授業でこたえ合わせをする→間違ったところを中心に解説を聴く』というスタイルでした。

そして早朝補習で語彙中心の英語のミニテストを受けるんですよ。毎週毎週。。

で、丸暗記ばかりで応用がきかなくなる・・・と(笑)

『師』に出会えなければ、師を本を読むなどして情報収集しながら求めればよかったんでしょうね~(^^;
タイムマシンに乗って中学~大学にかけてのわたしにアドバイスしたいことがたくさんあります


管理人のみ閲覧できます * by -

risa様へ * by まめっちママ
これ新聞でも広告大きく出てますよね。
いつも眺めてたんですが、実際に中身は知らずで
アマゾンで中身をちらっと見たら、なるほどなあと
思うことがたくさん書かれてました。
ただ、それのどれも予備校の講師の目からみると、
高校の英語をきちんと正確に教えてもらっていたら、
できないといけないものだそうです。
一般の人にはやはりハードル高い?ですよね。
こういう本で自分の出来てない部分を見つめ直し
頑張ろうって思えたらいいかなと・・・・
そういう意味ではとてもいい本だと思います。

* by risa
まめっちママさんこんにちは^^

>高校の英語をきちんと正確に教えてもらっていたら、
できないといけないものだそうです。

ひぇ~~~!私には有り得ない・・・^^;
そんな風に指導してもらったっけかなぁ・・・(←恩師に失礼。笑)
でもきっと、きちんと英語をやっている人たちにとっては
当然の訳ばかりなのかもしれませんね。
私にとって、「無知の知」を再確認できた本です。


うめ★hiro 様へ * by まめっちママ
丁寧な解説ありがとうございます。
私のまた聞きによる拙い解説なので、もっと
本物の講師が書くと、よりわかりやすいものに
なるとは思いますが、今後も時々、忘れた頃に
文法授業の再現をしていきたいと思います。
また、いい解説の仕方がありましたら、教えて
ください。

sa-chi21 様へ * by まめっちママ
いい先生に出会えなかったのは残念だけれど、
結局自分がそれならわかるまで調べようという
気持ちが薄かったんだなと思います。
人任せにするんじゃなくて、自分でいい先生探し
することも大事ですよね。
そういう失敗?も含めて今はいい先生を地の果てまで
探しに行って、遠距離通園だとか、近所に教室ある
のに、電車で1時間かけるとか、そういう私の子育て
スタイルができあがったのかな?(笑)
やっぱり世の中無駄なことはないんだ~と勝手に
持論を展開する私でした。

個別記事の管理2009-04-21 (Tue)
 我が家の最終目標とは何だろう?
 英語だけに限って言うなら、日本語と同じぐらいのレベルまで話す
 読む、書く、聞くのすべてを伸ばし、文化や歴史なども可能な限り
 理解できるようにすること。

 ここぐらいまで行くと、自然と英語なら英語で考えるようになり、
 思考回路も英語になるのだろうか?

 私は自分が全くそのレベルに到達していないので、英語で考える
 とはどういう状態なのかわからない。

 英語を日本語に置き換えなくても理解できるということと、思考回路
 が英語になるということは別だと思うのだけれど、どうなのだろう?

 私が言いたいのは、日常の会話レベルなら、英語のままで理解し
 て、いちいち母国語に置き換える作業をしなくても瞬時に意味が
 わかるという状態にすることは、比較的容易だと思うが、最終的に
 母語が日本語である場合、しかも後天的に英語を仕事上や生活上
 やむなく習得しないといけない状態になったからできるようになった
 多くの人達が、本当に完全に思考まで英語の人になれるのだろう
 か?ということだ。

 やはりどこかで日本語の方がすとんと腑に落ちるということがある
 のではと思う。英英辞典をいくらひいても、たった一言の日本語に
 勝るとは思えないのだが・・・

 こういう状態は初心者レベルだからなのか、それともかなり英語が
 得意な人でもやはりそういうことがあるのか、とても興味がある。

 娘の英語は、アメリカのホームドラマレベルぐらいなら、ストレス
 なく、普通に英語で理解して、日本語の助けは全くいらないけれど、
 それ以上のものは、日本語もまだ辞書で引いて意味を調べないと
 わからないことだらけなので、当然英語のまま全部理解できるわけ
 ない。日本語に訳せないものを英語で理解しているなどということ
 は、高学年にもなると考えにくい。

 だから最近、ここからどうやって英語を伸ばしていこうかとよく考える。
 今までのやり方では、大体はわかるけれど、細かい部分は推測
 あるいは、勘でしかなく、当たっていることもあるが、大きく勘違いし
 ている解釈もあって、やはり年齢以上の英語力を日本語ネイティブ
 の娘に全くの英語だけでやらせるのは、基礎部分に穴を作った
 ままで、上にピラミッドを積むのと同じで、底が小さいのに、高く
 そびえるピラミッドは建設できるはずがないのだという結論に到達
 する。

 たくさん読んだり聞くことで、日本語と同じように英語も自然と学ぶ
 ことができるようになるためには、どれだけの時間が必要になること
 だろう。この先は、今までように何時間も英語にかけることはできそ
 うもないし・・・・・・・だったら、やはり結論は母語の助けを借りる事
 これしかない。

 でも、日本語が伸びてから英語を後からゆっくり引きあげるのなら、
 大人になってから英語を習得する人と同じ方法なので、結局早期
 教育は必要ないということになりかねないし、できれば少しは早く
 始めた分、何がしかのメリットがあってほしいとも思う。
 結局早く始めても、後で足踏みして進む速度がぐっと遅くなり、
 年齢相応にならないと、その年齢の英語は理解できないのだとし
 たら、お金がかかるだけで随分無駄なことをしたことになってしまう。

 この矛盾に随分前から私はどうしたらいいか考えてきた。
 それで日本語と英語両方の入った音、あるいは両方の言語で書
 かれている本や雑誌を読み、日本語と英語の相互乗り入れをする
 ことにたどりついた。これは娘の脳が情報を自由に出し入れする
 オープン型だと気づいたからで、もしスイッチを切り替えるタイプだっ
 たとしたら、この方法は使えないんじゃないかとも思える。

 とにかく英語育児ではタブー?とされてきた日本語併用を
 比較的早い段階で取り入れて、難易度が高い英語を早くから読ん
 だり見たりできるようにした。

 漢字が足をひっぱり、なかなか先に進むことができなかったが、
 小学生の漢字ぐらいはほぼ読めるようになったので、バイリンガル
 版の日本語注釈付きのニュースなどが読んで理解できるところま
 でようやく辿り着いた。

 ここで受験に突入というのは痛いが、それも仕方ない。
 少なくとも中学に入ってからは、飛躍的に楽に進むことはできる
 だろうから。
 
 それに本当の最終目標は、もっとずっと違うことになりそうなので
 今は少しでもそれに近づけるようにすべての分野で基礎学力を
 つけることを優先させようと思う。
 

 
 今日の娘の珍問答

 「ママ、疲れたから
  親子の懇談しようよ」

 (・・・・・・・???)
 「あっ違った!えっと
  親子の混乱?違う違うそうじゃなくて
  ほらいっしょに楽しく話すことやん」


 「団らん?」

 「あっそうそう
  親子で団らんやった!
  ママと懇談なんかしたらえらいことや。
  説教長いし・・・・・・」

 こんな娘で大丈夫か・・・・・と思う
 まめっちママに励ましクリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  
 
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (7) * Trackback : (0) |

* by ごま
こんにちは。
う~ん。。。。
私も考え込んでしまいました。
せっかく小さいころから始めたからそれなりのメリットは欲しい。そうですよね。
私はまめっちママさんが抱えてらっしゃる疑問に答えられるようなレベルでもないんで、今回はただただ一緒に悩んでしまいました。

娘さんとの会話いつも楽しいですね^^
娘さんとの会話を拝見するたびになんだかほのぼのした気分になります。

ごま様へ * by まめっちママ
小さい頃から始めるメリットはたくさんある
のだけれど、結果だけを見ると、大きな違いは
ないようにも思えます。大人になって真剣に
やり始めた人は、目的意識が強いし、どうしても
必要に迫られてというパターンが多いので、
逆にものすごく自分から努力すると思うんですよ。
幼児は知らず知らず英語を普通に見たり聞いたり
していて、気づけばわかるようになっていたと
いうところが一番のポイントで、少なくとも
ものすごい努力したという自覚は、本人にないって
いうのが特徴かなと思います。
どっちが楽に英語への道をつけられるかというと、
それは幼児の方かなと・・・・まあそんなところ
だと思います。最初から英語が勉強として始まる
のではないのが早期教育の利点で、結果主義に
徹すると・・・・引き分け?かな・・・・

娘のボケかます会話には、いつも笑えます。
時には洗練された日本語をさらりと言うのに、
ある時はこんな状態なので、まだ日本語が高度に
なりきっていない過渡期の中途半端な状態だと
言えますよね。今は、脳の日本語引き出しから、
時々間違えて言葉を出してしまうようです。
かなり語彙は増えて引出しにいっぱい詰まって
きてはいるものの・・・自由に場面で取り出す能力
はまだ完全じゃないみたいです。

こんにちは * by ルーシー
ひっさびさにやってきました。
楽天でしょうもない買い物する以外はネットの使いでがない毎日です。

私の同級生で、日本育ちで日本の大卒、
大学院留学で初めて海外に出た人間がいます。
今は某大学の准教授。専門は米文学。
こないだ帰省して私のとこに立ち寄ってくれたんで、
バイリンガルの定義を聞いたんですわ。
『まず、母語をしっかり自覚してること。
その上で、第二外国語を母語となんら変わりなく操れること。
必要な時に必要な部分だけ自在に英訳・和訳できること。
英語の時は英語思考回路?
そんなの愚問ね。実につまらない発想ね。
2言語を自由に行き来できるなら無意味な議論よ。
でも、実際バイリンガルって不確定な定義しかない気がする。
7:3で日本語が強くても、日本語のレベルさえ高ければ、
英語のレベルも3と言えども高いわけよ。
5:5で同等の言語力って言ったって、
宇○田ひ○るの英語力や日本語力に、アンタは敬意を抱ける?』
昔っから口の悪い女でしたが、相変わらず尖がってました。^^;
けど、物言いは乱暴ですが、真髄を突いてる気もしますね。

まめっちママさんの目指さんとするところは
私も大いに共感できます。
質の良い英語力ですよね、欲しいのは。

ときに、中学受験ってシャレにならんくらい大変そうね。
息子の友達が長期休暇のたびに関西まで某有名塾の講習受けに行ってます。
土曜特講も行き始めたようよ。両親の実家が関西で転勤族なんでね。
関西での受験を決めたようだけど。
お母さんは『本番と私の胃が穴開くのとどっちが先かしら(泣)』って。

* by ルーシー
第二外国語じゃなくて、第二言語でした。
失礼!

ルーシー様へ * by まめっちママ
久しぶりです。その後リアル世界では順調ですか?
私の方は相変わらずこうしてブログやってますけど・・
バイリンガルね・・・定義なんて実際はどうでもいい
ことなんですが、質の高い英語力は目指してます。

そうそう、受験は洒落にならんほど大変です。
この間、全国学力調査の問題が出てたけど、あれ
なんか見てると、こういう問題を普通に考えられたら
いいんだよなあ、今やってる算数とかってどんだけ
難しいねんって・・・・国語も何でやねんと突っ込み
入れたくなるほど違うし・・・・
子供らしく生きられればいいんちゃうの?とまじで
考え込んでしまいました。
中学受験で一生分力を使い切りそうな感じです。
とはいえ、うちの娘はだらっとしてて、全然緊迫感
がないんですけどね。もう少ししゃきっとできんか?
と思うので、まだ大丈夫そうです。
壊れるほど勉強してないので、親もまだ燃え尽きるほど
頑張ってないし・・・・(笑)


* by バニラ
こんにちは!
ルーシーさんに続いて、私も久々にコメントします。

バイリンガルの定義って、世間一般に認められる項目だけを見れば全てクリアしているので私もバイリンガル?と一瞬勘違いしてみたりもするんですが、私の理想とするバイリンガルには程遠いですね。
私こそ、”真のなんちゃってバイリンガル”なのかも!

さて・・・
>結局早期教育は必要ないということになりかねないし、できれば少しは早く始めた分、何がしかのメリットがあってほしいとも思う。

という文面では、マル投げの親と同じ心理で、「結果が同じなんて納得できません。お金を払った分、”特別な見返り”を下さいよ~。」ということになっちゃったりしませんか?
早期教育は、英才教育のようにすでに頭角の現れている才能をさらに磨くための教育ではなく、あくまで英才教育の一歩手前の「才能探し」のような形で、まだ海の者とも山の者とも判らぬ我が子にいろいろな体験をさせることが一番の目的なのでは?その中で子供に一番あったものに出会えれば、それはそれで続けていけるのでしょうしね。
だから、早いうちに体験するということだけで、もう十分にお金を払った特別な見返り?は得ているんですよ。
私は、娘に一切早期教育というものを施したことがありませんが、早期教育は、結果的に「かけがえのない体験」という大きなメリットがあると思ってます。
ただ、まめっちママが言いたいのは、お金をかけてきたんだから見返りが欲しいというのではなく、長いこと続けてきたからこそ、子供の努力が報われて欲しい・・・このような意味なんだと思います。
そして、その努力は、たとえ報われることが無くても、見ている人は必ず認めてくれると思うし、また、継続してきた中で学んだことは、「経験」という実績に繋がると思いますよ。

私がまめっちママの記事でもっとも共感できたのは、「一番熱心にやっていることよりも、力を抜いているものの方が伸びる!」です。
うちも一番算盤をがんばってきましたが、結果だけを見ると、これが一番達成度低いです。
10歳以降に適当にやってきた語学、学力全般、音楽、ダンス、演劇、美術は、驚異的にできるようになりましたけど・・・。娘の場合は、もとが「できない子」だっただけに、達成度が高いのかもしれません。この前、中二の英語の教科書を開いて、その英文を全部、フランス語に変換して音読してました・・・・

英才教育を受けさせるために、早期教育に一生懸命になる親もいるのでしょうけど、例えば幼少からすでに頭角を現して英才教育を受けているお子さんでも、中学生ぐらいになってくると自分の意思もはっきりしてくるので、いくら才能があっても「親に強いられただけだから・・・本当に私がやりたいことは違うこと」と別の道を選ぶ子も出てきます。また、鮭のように大海にでてから、戻ってくる子供もいますしねぇ。
英才教育は、子供の一生を決めるためにあるのではないと思うし、どんな教育であれ、子供が親の望みと違う道を選んでも、それはそれで応援してあげるのが親にできる唯一のことだと思います。
実際・・・親の望みどおりの進路や人生を歩いている人って少ないと思います。(爆)



バニラ様へ * by まめっちママ
忙しい中、コメントしてくれてありがとう。
私も早期教育のメリットは十分わかってるつもりです。
色々経験させたからこそ、自分で何をしたらいいか
どの方向が向いてるのかなどがわかったし、早くから
勉強の習慣もついたので、いいこともいっぱいだった
んですが、後発隊で出遅れたと考える人のためにも
実際に結果だけならそれほど悲観するようなことは
なく、むしろ後から抜き去ることも多い現状を見て
早期教育でなくてもお金をかけすぎなくても、本人の
努力次第で未来は開けるってこともあると思って
書きました。
バニラさんが言うように、結果だけではないもっと違う貴重な
経験ができたので、全然後悔はしてません。
だって楽しかったし、娘が何に興味を持ってどういう
ことが得意なのかよくわかったから・・・
だからこの文章は早く始めた人に特別なアドバンテージ
がほしいという意味ではもちろんなく、結果オンリー
で人生を見るなら、大して変わらないと感じることも
あるかもしれないけれど、経験という大きな財産は
生涯残るともちろん思ってますよ。
ただ、今うちは受験のプレッシャーがあって、停滞期
なので、色々と考えてしまうことも多いです。
娘の反抗期も重なってスムーズに何でも出来た頃とは
違って結構大変です。
それでも何とか頑張ってます。いつもありがとう。



個別記事の管理2009-04-21 (Tue)
 私は日頃大きめのカバンを持っている。というのも、結構荷物が
 多く、銀行関係の通帳一式や各種カード類、化粧ポーチ、財布
 それにお守りマニアなので10個ぐらいのお守りを持ち歩くのに
 それ相応の大きさのカバンが必要だからだ。
 
 たくさん入るので、そこに愛用のPSPも入れてお気に入りのMP3
 音声を聞きながら、時にはyoutubeの映像も見る。
 PSPが便利なのは、インターネット接続ができるので、ラジオも
 聞けるし、ポッドキャストもRSSチャンネルで聞けるので、ネットに
 つないで、メモリーステイィックDuoに保存しておけば、いつでも
 どこでも勉強できるという点だ。

 私の英語はレベルがへぼいので、なかなかニュースなどを聞く
 のは難しいのだけれど、その中でこの毎日新聞ポッドキャストは
 すごくお気に入りだ。
 サイトには英文が書かれているので、安心して聞けるし、速さも
 丁度よく、毎日ウイークリーを全部読むのはつらいけれど、これ
 なら投げ出さずに何とか聞けそうなので、とにかく電車の中とか
 外で待ち合わせをしている時、休憩して座っている時などに聞く
 ようにしている。
 ちなみに毎日新聞ポッドキャストの中身はこんな感じ
  ↓ ↓ ↓
 http://mainichi-podcasting.cocolog-nifty.com/weekly/2009/04/post-f0df.html

 いずれは雑誌の方を娘と共有して読もうと思っているけれど、
 とりあえずは、手軽に出来ることからやっていこうと思う。
 


 娘の英語とのレベルが離れてきて、私の威厳が
 どんどんなくなるので?(最初からないねんけど・・・汗; 
 少しは英語の勉強もしておかないとまずいと
 真剣に思っているまめっちママに
 応援クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  
関連記事
* Category : 日々の取り組み記録
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

レベルかかけ離れる・・・ * by Rumichi
娘さんの英語レベルがどんどん上がって母を抜かしていくなんて・・・夢のよう・・・とともに私も落ち込むかも。。。!
いや~どうしてこんなに劣化が早いんでしょうかね?私は最近3日英語をさぼると1週間分記憶がなくなるほど、頭が劣化してきています。
子どもの時の何倍も努力が必要なんですねぇ・・・

Rumichi様へ * by まめっちママ
私の英語レベルが低いままなので、娘が
追いついて抜き去るのは、そんなに難しい
ことじゃないんですよ。
本当に最近の物忘れのひどさときたら、どう
仕様もない状態です。(汗)
人の名前は出てこないし・・・
英語なんて新しい知識は入れると前の分が全部
抜けていく状態で、恐ろしいです。


個別記事の管理2009-04-18 (Sat)
 以前サイトの紹介だけした「ジュニアエラ」が先日届いた。
  ↓ ↓ ↓
 

 サンプル誌をもらって中身がよかったので、年間購読を決めた。
 書店での買い忘れもなく、きちんと期日に届くのが便利だ。

 子供でもわかる社会情勢やニュース、海外の子供たちの生活など
 興味がもてそうな記事も多く、隅から隅まで読むと、かなり勉強に
 なるので、私がまず一通り読んで、その中から特にここは読んで
 ほしいと思うところを娘と二人で私のうっとうしい解説付きで
 読むことにしている。

 今回は貧困と貧乏の違い、先進国の中で日本が2番目に貧困だ
 という事実に目を向けてほしかった。今のワーキングプワーの問題
 や派遣切りなど、まさに旬の話題と思える記事だったので、中学
 受験云々より、本当の意味で自己責任とはどういうことか、社会
 で解決できることと自分の努力の足りなさとは根本的に違うのだと
 いうことなど、ちょっとデリケートな問題も含めて、非常に上手く解説
 されていたということもあって、とても有意義な親子の話し合いが
 できた。(つもり・・・・orz
 娘は長い話が苦手なので、全部読みきることはできなかったが、
 大筋は理解できたようなので、また後日続きを読もうと思う。

 こういうのを読んだ後に言うのも何だが、その日の学校であった
 授業参観の様子を思い出した。

 毎回、行くたびにとても複雑な気持ちになる。
 先生が頑張ってくださっているのはよくわかるのだが、なぜ公立
 は、こんなに画一的で結果平等主義になったのだろう・・・・

 運動会の徒競争から順位が消えて久しいが、授業もまたそういう
 傾向で、とにかく全員に必ず答えさせるという方針を貫いている。

 たとえどんなに前と同じ答えが続こうと、延々とそれが繰り広げら
 れるという不思議さ。参観日だから、あてないとまずいのかもしれ
 ないが、その割に手を上げない消極的な子を積極的に指名しない
 という矛盾もある。

 4年生の時は、円の端から端まで直線で一番長いところはどこか
 を出すだけで、何十分もかけ、一人一人に定規で測らせ、何センチ
 何ミリになったということを、時間で言うと30分ぐらい続けていたの
 を覚えている。
 たとえば、線を4本ほど引いて、一つは直径つまり円の中心を通る
 ようにしておき、残りは他の点をつないで引いておけば、それらを
 計ることで、法則性が見えてくるのではないか?

 中心を通る時が一番長くなることは、小学生になら容易に理解
 できる。

 発見させることが目的なのはわかるが、物事は、やみくもにやる
 ことがいいとは限らず、ある程度の仮説を立ててそれに基づいて
 こうしたらどうなる?というのが実験であり発見だと思う。

 そういう仮説を立てることを無視し、何十本の線をぐちゃぐちゃに
 引き、はかり間違いもあるようなミリ単位の誤差まで含めて、全員
 で同じことを延々とやるそのだるさは、見ている親が苦痛になる程
 の間延びした授業となっている。

 考える力をつけるというより、同じ作業をただ言われるままにした
 だけで、そこから目覚ましい発見があったとは思えなかった。

 それで今回もやはり同じような傾向で、大人になるってどういうこと
 という授業だったのだが、体と心が成長すること、背が伸びる
 こと、勉強が難しくなってくること・・・など、大体ほぼ同じ答えが
 続き、それを30分ほど発表させ、さらに黒板に貼って読ませて時間
 の大半を使った後、やっと登場するのがメインの詩だった。

 この詩の勉強をするのが目的だったはずなのに・・・・
 娘は、前日に
 「明日は詩の勉強するから、自分で詩を作ってみた」
 と言って、喜んでいたのに・・・・・

 詩の情緒やリズムを味わう時間はほとんどなく、わずか5分ほど
 で、詩の中にいくつか空欄があり、そこに言葉を考えさせて入れ
 さすだけで終わってしまった。しかも、なぜそういう言葉を入れたの
 かという検証がなく、「よくわかったね」で終わり。
 こここそ、他の子供たちが何を入れたのか聞く箇所なんじゃないか
 と思った。

 なぜそこにその言葉でないといけないのか?
 どういう脈略でそれが入ると判断したのかをやらずに、正解した
 からそれで終わり?って何か授業の方向性間違っているんじゃ
 ないか?とものすごく思った。
 
 平等を重んじるあまり、どうでもいいことばかりに時間を費やし、
 一番考えないといけない部分がちょっとだけ?という授業風景
 をもう何年見てきたことだろう。親に気兼ねしてなのか、あてない
 子供が出たら大変だといわんばかりの様子に、親も文句をつける
 人が増えたということが原因なのかもとも思った。
 先生には気苦労が多いことだと思うが、変に迎合しない本物の
 指導をお願いしたい。

 アエラ購読から内容が飛躍したけれど、家庭でもここまでは
 できるのだから、学校でも、考える授業をすることは可能なはずだ
 と思う。むしろたくさんの子供たちがいる分、おもしろい発想が出て
 きて、それを発展させながら考えさせることにつなげていくことが
 できる。一人の子供と親が向き合うより、大勢の多様な考えから
 物事を考えるという工夫の余地がいっぱいあるのが学校なんじゃ
 ないかと思う。

 アエラを読みながら、昼間の授業がどうしても頭にちらつき、何か
 おかしいと思わずにはいられなかった一日だった。


 
 バランスのとれた給食があり、集団の中で身につく
 規律や人間関係を学ぶことができ、多様な家庭環境
 や考え方があることを知るなど、家庭だけではできない
 すばらしいことがたさんあるのも学校。
 だからこそ学校が基本だという考えはかわらないが・・・・
 学力向上には、まだ工夫の余地があるなあと思ってしまう
 まめっちママに応援クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  
関連記事
* Category : 日々の取り組み記録
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

* by サリー
最近時事関係が気になって
小学生新聞でもとろうかなぁ、と
思っていたんです♪

でも、毎日なんてとても読みきれないし
と思っていたら、このジュニアエラ、いいですね!

早速一度購入してみようと思います~♪
ありがとう~♪

サリー様へ * by まめっちママ
これはいいですよ。
小学生新聞は以前読んでたんですが、正直
広告の多さにうんざりしてやめました。
極端な偏向記事もなさそうなので、楽しんで
読めると思います。
一か月でこの量なので、多すぎず時事問題に
強くなりそうです。

娘は英語版もあったらいいのにと言ってました。

管理人のみ閲覧できます * by -

個別記事の管理2009-04-17 (Fri)
 娘の時代と私が子供の時代とでは、あまりにも環境が違いすぎて、
 昔は盛んだったものが、今ではどこに行っても見ることができなく
 なってしまったものなどもあって、説明に困ることが最近よくある。

 思い当たるだけでも、バナナのたたき売り、南京玉すだれ、ポン菓子
 豆腐売り、氷売りなど、どれも私が小さい頃は確かによく見かけた
 風景だったはず・・・
 (これだけで、私っていくつやねん?と思うようなものが並んでいる)
 
 それは先日のこと、バナナのたたき売りのイメージがどうしても
 娘にはピンとこず、オークションか何かの一種だとずっと考えていた
 そうだ。

 今時の子らしく、オークションは知っているのに、逆バージョン?
 のようなたたき売りは知らないというのが、何とも皮肉だった。

 実際見たことないのだから仕方ないかもしれないが、スーパーで
 売られている野菜や魚が普通で、その昔、台をバンバン叩きなが
 ら、威勢のいい掛け声でバナナを売っていたなんて、わかるはず
 がなかった。

 仕方ないので実践して見せてやったら、かなり笑い転げて、

 「そうなんや。てっきりバナナをバンバン
  叩くのかと思ってたわ!」
 

 「えぇ・・・・バナナ叩いてどうすんねん!
  商品売り物になれへんやん。
  常識で考えたらわかるやろ?」


 こんな調子なので、南京玉すだれなんて見た日には、かなりうける
 んじゃないかと思う。
 
 私は大阪育ちなので、昔は南(難波方面)で色々な品物をおもしろ
 い口上で巧みに売っている名物おじさんの店とかをよく見たものだ
 けれど、娘はそういうものとは無縁に育ち、かろうじて今でも残って
 いる焼き芋売りと、さお竹売りぐらいしか知らない。

 私はノスタルジックな気分で語るけれど、娘にしてみれば、想像も
 つかないものなのだろう。

 時代が変わり過ぎて、どんどんそういうものが消えていくのが残念
 だと思う反面、自分たちが大型ショッピングセンターに嬉々として
 出かけているこの矛盾・・・・

 便利になってしまったものを逆方向へは戻せないのだという現実。
 でも、少しだけ早く生まれたおかげで、私は古いものもまだ知って
 いる世代なので、白黒テレビのことも汲み取り式のトイレも記憶に
 はっきり残っている。

 便利な物が何もなかったのに、昔の子供は上手に遊んだのだと
 いうことを話して聞かせたら、やはり娘にはビデオもDVDもCDも
 なかった時代を想像できないようだ。

 今度、南京たますだれでもどこかで見せてやりたいなと思う。
 あれは結構芸術だと私は思うのだけれど・・・・

 
 娘のことをたくさん書くつもりだったが、
 ちょっと懐古趣味に浸ってしまっている
 まめっちママに、私もそういう世代よという
 方は、応援クリックよろしくお願いします。
 若い世代の方でもそれ知ってるよという方は
 クリックで応援してやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  
  
関連記事
* Category : おかしなファミリー
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

・・・・・ * by バイリンダディ
こんにちは。

バナナのたたき売り、南京玉すだれ、ポン菓子、豆腐売り、氷売り

懐かしいですねぇ。
母から聞いたことがあります。
・・・・・

* by risa
まめっちママさんこんにちは♪
どれも懐かしい響きですね~^^
そういえば私が小さい頃は、駅の改札は切符をパチン、パチン
と切ってもらっていたっけ・・・今となってはSuikaで瞬殺、
ピッ!です。笑

時々昔ながらの駄菓子屋さんがありますが、ああいう場所を
見るととても懐かしくて嬉しくなります。
先日も酢こんぶとか、ハートチップル(古っ!)とか買っちゃいましたよ。笑

バイリンダディ様へ * by まめっちママ
・・・・がすごく気になります。(笑)
たぶん私の年齢のこと色々考えていらっしゃる
んじゃないでしょうか?
謎ですよね。こんな古い話を知ってるって・・・
ちょうど過渡期だったような気がします。
でも最新のゲーム機も使いこなせるし、気持は若い
ですよ。(笑)
ちなみにおたくな話題ですが、初代ガンダムなんかも
テレビで見てました。
再放送じゃないですよ。まだVHSとベーター
どっちが勝つかという時代でしたから。

risa様へ * by まめっちママ
駅の改札は、確かに人が穴開けてましたよね。
大阪駅は結構自動改札になるのが遅かったんですよ。

駄菓子やさんと言えば、そろばんに昔通っていた
頃、帰りにいつも寄ってました。
真っ赤なイカの味付けするめとか、型抜きのお菓子
とか、たこ焼きならぬちくわ焼きなんかもあって
懐かしすぎます。今なら食品偽装と言われそうな
感じですが・・・・


* by うめ★hiro
南京玉すだれ あれ いいですよね
持ってましたが お引越しの時か何かに捨ててしまいました
また 買おうかなあ
http://tamasudare.org/
日本南京玉すだれ協会のサイトです
このサイトに 「一発芸」が紹介されています
これなら 今でも すぐやれる
「うどん」がいい!!

うめ★hiro 様へ * by まめっちママ
南京玉すだれ持ってらしたんですか?
それは珍しい!
あれって結構すごい芸術ですよね。
色々な形が出来上がるのが不思議で、いまも
印象に残っています。
玉すだれ協会のサイト早速チェックしてみます。
ありがとうございます。

個別記事の管理2009-04-16 (Thu)
 この話題からはそろそろさよならしようと思っていたのだが、昨日
 久しぶりに英語の授業が学校であったそうなので、どんなことを
 したのかと聞いてみた。

 英語担当の先生がその日は来なくて、担任が代わりにやったそう
 なのだが、中身が・・・・・がっくり

 野菜の名前を習ったものの中からそれぞれ答えるというもので、
 キャベツ レタス、トマト、そういう単語ばかりで、ちょっと高度?
 なピーマンとか大根、ホウレンソウなどは全く出てこず。

 小学生には、小学生なりのもう少し高度なことができるはずだと
 思う。動物や野菜の名前を覚えるぐらい、その気になれば一日で
 できてしまう。幼稚園児でも物足りないんじゃないだろうか?
 しかも小学生にもなると、ふざけが入るので、きゃべ~つとか
 れた~すなんて言ってうけ狙いの子供も出てくる始末。

 親子英語の取り組みをされている方なら、もっと上手に普通の
 ママさんでも授業できるんじゃないか?そう思ってしまった。
 授業は楽しくがいいけれど、それだけでは・・・・・
 センテンスで発展させて嫌いな野菜と好きな野菜を説明するとか
 そういうのはないの?と聞いても「ない」の一言。

 こんな授業ならやらずに漢字学習して、漢検受ける方がまし?
 なんじゃないかと思えてきた。
 (これは私的感想で、他の授業でもいい)
 せめて外国人あるいは、語学堪能なバイリンガル日本人講師が
 ずっと英語で話しながら授業するのなら、まだ少しは耳慣らし程度
 にはなるだろうけれど、あまりにもお粗末としか言いようがない。
 しかもちょっと別の英単語を言おうものなら、習っていないものは
 やめてと制止されるというから、これまた日本的というか、子供の
 名前の漢字が当該学年にないから、平仮名で書くようにという
 指導と変わらない。

 こんな現状を聞いているので、私はどう考えても簡単に英語を
 導入した方がいいとは思えないのだ。

 英会話スクールのお金が高いので、学校で英語が当たり前に
 授業として組み込まれたら、さぞかし便利で有難いなという
 親の切実な気持ちもわかる。だからと言って、丸投げしてもいい
 とは決して言わないが、もう少し実りある内容にしてもらえたら、
 経済的に苦しい家庭でも、家で英語の取り組みをしている暇など
 ないぐらい忙しい家庭でも、それなりの成果が表れるんじゃない
 かと思う。

 経済格差や家庭環境に左右されることなく、一定のレベルまでは
 まかせても大丈夫というカリキュラム作りを本当に真剣に考えて
 ほしいと思った出来事だった。

 

 せめてORTを読むとか、そういう工夫はない
 のだろうか・・・・
 中学で2、3日あればできてしまう内容を5年かけて
 やっているという時間の無駄・・・・
 世の中に無駄なものは何もないという持論が揺らい
 できそうなほど、日本の英語教育は遅れていると
 感じて仕方ないまめっちママに共感できましたら
 クリックで応援よろしくお願いします。 
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  

 
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (10) * Trackback : (0) |

* by risa
まめっちママさんこんにちは^^

>習っていないものは
 やめてと制止される

これ、すごく分かります・・・(><)!
本当に日本的というかなんと言うか、お粗末ですよね。
私も学生の頃、こういったことがあったような気がします。
「そこはまだね~、習ってないからね~」みたいな・・・。
やはり教える側の「工夫」でしょうか。
もう少しやり方を変えてもらえるともっと良い授業になった
かもしれませんね。^^;

risa様へ * by まめっちママ
娘が多少英語がわかるという点を差し引いて
考えても、小学生の高学年だったら、少々
難しめのことでも理解できると思うんです。
たまに定型文を習ってきたこともありますが
後が続かない・・・・
それを発展させていくには時間が足りなさすぎ
だし、月一回ではどうにもなりません。
先生も大変だと思います。もっと時間がかけられ
たら、いい授業もできたかもとは思うので、
やるなら毎日30分ぐらいの継続性はいりますね。
しっかりと国のお偉いさん方も現場の声に耳を
傾けて、時間配分やカリキュラム考えてほしいです。

同じこと考えてました * by Marinko
お久しぶりです、いつも読み逃げててすみません(><)

うちも5年生なので英語の授業が始まります。

But…
教科書を見てビックリです!
「どうせ読めないから」
「読むことは習わなくていいから」
といわんばかりの教科書の中にはセンテンスが書かれていません、絵だけの教科書です。

これじゃあ「読んでみたい!」っていう意欲も持たせてもらえませんね。

>習っていないものはやめてと制止される

その発想ですね。

例えばイギリスなどは全く逆の発想で、まず全く習っていないことを宿題に出して、自分で解いたり調べたりさせます。

どちらも極端だとは思いますが、日本ももっと思い切った教育方針を持ってもいいんじゃないかと思います。

何年も何年も検討した結果、やっと始まった英語がコレなので、ちょっとがっかりです…v-390

うちの子の学校は来週から英語がスタートするので、そのあと記事にしてみます!

* by ごま
こんにちは。
だいぶご無沙汰してしまいましたが、お元気そうで何よりです^^
小学校で英語の授業かぁ~。
小学校で英語を取り入れる目標や目的って何なんでしょうね。
あくまでも「世の中には英語ってのがあるんだな。」と少し慣れる。中学に入学するときにアルファベットは目にしたことがあるって程度だったらレベルもアップルとかポテトなんかで全然OKですが、どうなんだろうか。。。

学校で英語始めてくれたらお教室に通わなくて済むと思う親もいれば、学校で習ってるから大切と判断して英語を今まで以上に重視して強要する親も出てくるだろうし。。。。
どちらがいいんでしょうね。

今朝デイケアに向かう車の中で息子に「Catは日本語でなんていうの?」と聞いたら「車」と答えて来ました(T-T)
「えぇぇぇぇ~Catは猫でしょう?」というとケタケタ笑う息子。
「じゃぁDogは?」と聞くと「車」と答えまた一人大爆笑の息子。
まめっちママさんの記事の中にある「笑いを取ろうとする生徒も出てくる」とありますが、うちそれですね、間違いなく(T-T)
あ~先が思いやられる(><)

Marinko様へ * by まめっちママ
日本語が先だろうとさんざんもめて導入したもの
が、センテンスなしの絵だけ教科書っていうのも
本当にどうなんでしょうね。
英語に慣れるというだけに入れるのなら、別に
他の貴重な時間を割いてまで入れなくてもいいような
気がします。こんな程度のものしか導入できないのなら、
やっても同じなので、それこそ日本語しっかり
やってくれる方がいいです。

娘の学校では、ことば科というのがあるのですが、
これは結構いい授業なんですよ。
俳句や詩を作ったりするので、日本語の表現力を
磨くこともできるし、難易度の高いしりとりゲーム
などもあって、なかなか工夫してるなあと思える内容
なので、むしろこっちをもっとやってほしい気分です。

英語もどうなっていくかはわかりませんが、中学英語
の前倒しはだめだという理由だからでしょうね。
センテンスや文法が入ってくると、結局中学英語が
2年早くなるだけになってしまうから、それで文字に
頼らない英語をという考え?なのでしょうか・・・
そこまで考えて取り入れたと思えるような内容だった
らいいのですが・・・
先生の確保がほとんどできてない現状でどうするんだ
ろうって、心配になります。自分の娘には関係ない
からといって、どうでもいいとは到底思えないんです。
娘は本格的に始まる頃にすでに中学生なので、当事者
ではありませんが、こうして親子英語の取り組みを
していると、気になることばかりです。


* by ゆっきぃ
小学校の英語の授業、無駄じゃ、無駄じゃ~
って、昔ムーミンに出てくるじゃこうねずみの
おじさんを思い出します。
って、あれ??年齢がばれる!?
知らない人の方が多いかしらv-399

英語の授業、うちの子供の小学校でも
とっても簡単です。それって、習わなくても
誰でも知ってるんじゃないの?ってことをやってますね。
レッドとか、ブルーとか教えたり。
時間の無駄なので、英語でドッヂボールとか
やったほうが、楽しいんじゃないかと思うの
ですが。
どれにしようかな~♪なんて、英語で言って
くれたら楽しいから覚えるし。
ま、やらないでもいいというより、やめて欲しい
に近い気持ちです。

4年生になるとローマ字を習うと思うのですが、
それもちょっと不安があります。まめっちお嬢さ
んは器用なので、なんなくこなしたでしょうが
うちは融通がきかないタイプなので、英語の
発音とも日本語の発音とも若干ちがうあの表記、
フォニックスの習得が一部不完全な気がする
ので、混乱するような心配があります。
学校で習うより先に、教えちゃおうと思います。

6月の模試は我が家も受けますよ~
漢字はもう、1学期には学年相当が終わって
いるんですよね?
う~む。そこが一番、つらいかもv-12

ごま様へ * by まめっちママ
そうですね。熱の入れ方で、内容も違ってくると
思います。皆が熱いひとばかりじゃないし、英語は
こんな言葉もあるのよぐらいで、そんなに小学校で
熱心にやらなくてもいいと考える人だっているわけ
ですよね。もっと小学生ならやることがあるはずだと
こういう意見も私はすごくわかるんですよ。
だから公教育に何か新しいものを入れるのは難しい。
で、結論は、こういう様々な考えがあるから、もの
すごく曖昧な中途半端な英語になっている気がして、
だったら導入しない方がいいんじゃないかと。

導入するとなると、多少なりとも親は期待しているはず
なんです。学校でやるのだから、スクール行かなくても
うちの子にも英語を習わせてあげられると喜ぶ方も
多いと思うんです。だからこそ、そういう人のために
ちゃんとした成果がでるものにしないと、やっぱり
お金がない人には無理なんだってことになってしまい
ますよね。別に英会話スクールなどに行かせられる人
しか、ちゃんとしたものは習えないんだとなると・・・
これが新たな格差?になるような気がして・・・・
色々考えると、一律に導入するのは、難しいなあって。

悩んでも仕方ないので、前向きに考えるとして、
こごま君おもしろいですね。男の子ってそういうの言いたい
んですよ。わざと面白がって間違えるとか、よくありますよ。

でも、クラスのムードメーカーにもなるので、そういうのは時に
必要だとも思います。笑いながらやるべきところはきちんと
押さえる、これでいいんじゃないかしら。

ゆっきぃ様へ * by まめっちママ
やっぱり簡単な誰でも知ってるようなことしか
やってないんですね。うちの子の学校もそうですよ。
いまだに色、動物、野菜、果物の名前・・・
これぐらいは、幼児の英会話スクールでとっくに
やってますよ。たま~にDo you like~なんていうのも
やってたみたいですが・・・・
この時間日本語のことわざや慣用句を使って文章を
作るとか、作文の書き方指導なんかに当てたほうが
英語も後に伸びるような気がします。

ローマ字はね、最初あれ?と思うこともありますが
すぐに慣れます。
ただ、フォニックスが不完全だと、せっかく英語読み
をマスターしかかっている子供には、ちょっと混乱
を招くかもしれないですね。このあたりも日本語と
英語の連携がうまくいかないと苦しいことになりそう
です。

ただ、パソコンの時間とかもあるので、ローマ字入力
するのにも便利なので、この時期に習うのは、仕方ない
かなとも思います。

* by sa-chi21
お粗末ですね(><)
見切り発車した小学校英語という印象をうけました。

英語の先生がいないならば、視聴覚教室で小学生が興味のわきそうな英語のVTR視聴でもいいような~と思うのは私だけでしょうか??

sa-chi21様へ * by まめっちママ
前はね、英語の先生が外から来てたんだけど
どうやら、今の担任の先生は元英語の先生だった
そうです。ということは、今後は担任がずっと
英語も兼ねてやるということなんでしょうね。
発音などは、比較的きれいだったそうなので、
まあそれはそれでいいんですが・・・・
英語のカリキュラムを工夫してやるほど、先生に
時間がないと思うんですよ。
中学の先生だったそうなので、中学でアルファベット
を学び、文法を少しずつ習うことを考えて、それより
簡単なことと言えば、英単語をやるぐらいしか
思いつかないのかもしれないですね。
カリキュラムにもっと自由度を持たせてもらえるなら
もっといい授業できそうですが・・・
そう考えると、先生も大変だなとは思います。

個別記事の管理2009-04-15 (Wed)
 前回は、英語教育の丸投げ状態、つまり無料の英会話教室が
 できたという認識で、少しは英語話せるようになるかしら?などと
 淡い期待をしてしまうかもしれない小学校への英語導入について
 ちょっと(実はかなり)心配なので、自分の家が早期英語教育をし
 ているから関係ないわと人事のように語るのではなく、日本で英語
 教育が本当に根付くかどうか、それはひいては、英語教育に熱心
 である家庭が、肩身をせまくしなくてもいいような時がいつか来る
 ことへの期待も込めて書いたつもりだ。

 今回は、これもまた世間の批判の的になりやすい塾通いについ
 て、丸投げと任せることの違いについて書こうと思う。

 今時は、何もせずに学校の宿題だけしかやっていないという家庭
 は、たぶんほとんどないと思われるのだが、これも温度差は激しく
 小学生にそんなに勉強させてどうするのよ?遊ばないとだめよと
 言う人から、今一生懸命何かに向かう姿勢を作っておくことが、
 将来子供が一人で勉強するなリ、何かにチャレンジする時のため
 の試練となると言う人までその幅はとても広い。

 我が家のように途中から教育路線に切り替わった場合もあり、大抵
 小学校の3、4年生ぐらいになると、そろそろ塾行かないとまずいか
 な?とか、受験はしなくても学力はつけてやりたいなどと考えて、
 通信教育や市販のレベルの比較的高い問題集などをやり始めるの
 は、ごく普通のことじゃないかと思う。

 その中で、塾へ通わすということの意味を考えてみた。
 塾が家庭学習と違うのは、周りに同じ目的意識を持った子供
 がたくさんいて切磋琢磨していること、自分流だとわかりにくい
 弱点や勉強方法がわかるということ、親が熱くならずにすみ、
 何でも自分で全部子供のやることを先回りしてしまわないで
 自主性を育てることができることなど、思いつくだけでもかなり
 良い点が多い。

 もちろん不必要に競争したり、過大なストレスをかけることもあるし
 偏差値や順位など現実が突きつけられ、劣等感に悩まされるなど
 悪いこともあるので、相当意志が強い子でないと受験向けの
 塾には向いていないように思う。

 だから家庭学習という選択肢も捨てられず、多くの方がそれを
 実践されているのだと思う。家庭学習は時間の自由がきくことと
 一人の子供のすべてを親がチェックできるので、大手塾にありがち
 な成績の良い子供だけが優遇され、大抵は放ったらかしにされる
 ことが多いのとは違って、丁寧に見てやれるという長所もあるので、
 これはこれで親が責任を持ってのめりこみ過ぎず、丁度いい加減
 でできるなら、ベストと言えるだろう。

 困るのは、塾に行っているのだから、成績が上がって当然、なぜ
 上がらないんですか?と詰め寄る親、あるいは、塾のやり方に
 不満ばかり言って、自分の子供だけを特別扱いしてもらいたい親、
 つい自分でやりたいという気持ちが出てプロにまかせられない人
 で、とにかく信頼関係が築けないということが子供にとっても
 よくない
のは、娘の周りを見ていてよくわかる。

 賢い親は加減を知っているし、サポートも必要な部分だけで、教え
 込むとか、塾のやり方に文句をつけるとかはしない。
 先ほど登場した困った親たちでも、親が積極的に関わるタイプは
 まだましで、一番問題なのは、丸投げして塾に行ってさえいれば
 安心で、自分は何を子どもが習っているかも把握していない無関
 心な親だ。

 教えすぎず、無関心すぎずというバランスは結構難しいので、ここ
 だけは気をつけて親が程よい距離を保てるようにすることが大事
 だと思う。そう考えると、自分だけで教えるのは暴走している自分
 をチェックしたり止めたりできないので、やはり同じ目的がある者
 同士で励まし合ったり、アドバイスし合ったりする方がいいような
 気もする。

 そういうわけで、悪者扱いされる塾と仲良く付き合っていくことを
 選んだ我が家は、多少はらはらすることはあっても、勉強の部分は
 娘の自力にまかせて、時間管理と健康管理、予定の把握などの
 見えない部分だけを私は担当し、教えることは娘が尋ねた時だけ
 1割ぐらいにとどめることができるようになった。
 (いかにも物わかりのいい親のように見えるが、
  実は難問を上手く教えられないだけかも・・・・・汗;
 
 
 どのみち、私ができることはそう多くないので、2年後に桜咲くに
 なれるようにただそれだけを祈る毎日だ。
 
 

 英語の早期教育と中学受験をサポートする
 親の気持ちはどこか似ていると思ってしまう
 まめっちママに応援クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by アプリママ
英語・塾共に、非難されることが多いので悲しいです。
娘が通っている塾の塾長に
「塾はお手伝いをするだけです。勉強は家庭でして下さい。」
と言われ、私はその通りだと思いました。
大金を払ってるのに、お手伝い?とも思いますが、
結局、勉強は自分でするしかないのです。
私は「勉強する環境作りのため」に塾を選びました。
宿題を出し、カリキュラムを組んでくれるだけでも助かります。
もう少し安ければもっと助かるのですけど。

そして、「英語環境」のためにいろいろと
お金をかけています…(^_^;)
確かに、親の気持ちは似てるかもしれません。
小さな頃から英語をされている家庭は、
受験対策も上手にされているような気がします。
受験の方は期間限定な分、
気持ち的に良いような悪いような…(苦笑)

一足先に、桜咲かせて下さいね!

アプリママ様へ * by まめっちママ
その通りですね。塾は勉強のお手伝いをする所
です。カリキュラムを組んで、きちんとやっていけば
必ずそれなりの結果がついてくるものですから、塾を
上手に活用して、家庭学習との連携を取れば、結構
いい感じになるんじゃないかと思います。

幸いにも私の周りには英語や塾への批判的な
意見はなかったので、とても恵まれて子育てできた
と思います。

どちらも共通点はお金がかかるということかな?
いくらかけずにと言っても、このご時世では、教育
こそが残してやれる唯一のものだと思うので、どう
してもできるだけしてやりたいと思うのが親心で・・・

うちは永遠にお金が貯まらない家なんだろうなって
思います。(笑)

個別記事の管理2009-04-13 (Mon)
 娘の学校では早くから総合学習の時間に英語を取り入れて、1年
 生からすでに実施しているのだが、一か月に一度程度の緩い内容
 なので、その時間は英語遊びで終わり、5年生になった現在も、
 それで劇的に英語に興味を持つようになったとか、好きになって
 熱心に英語をやるようになったという家庭はほとんどない。

 つまり単なる息抜きになってしまって、もっと学びたいと思うような
 内容ではないということなのだろう。

 カリキュラムに基づいて順次進んでいき、進歩が目に見えるわけで
 はないので、月一回のレクリエーションで終わっているのが残念だ。

 そういうこともあって私は小学校の英語導入には、あまり賛成では
 ないのだが、これからは週1回確実に英語の時間というのが作ら
 れるのなら、それなりの内容で成果が目にみえないと意味がない。

 お母さん方の反応はどうなのかというと、これは地域性もあるので、
 一概には言えないけれど、娘の学校では、学校内でやってくれる
 のなら有難いし、少しでも中学からの英語の前に慣れておくのも
 いいだろうと、賛成派が多いように思う。

 ところが、実際におけいこで英語を習っているという子は少なく、
 そろばん、スイミング、テニス、体操、柔道、空手などといった
 ものがほとんどで、どちらかというと体育系が多いように思う。
 これはとても健康的で私は大いに賛成なのだけれど、英語は
 少数派でしかない。

 娘の学校は、中学受験派が少なく、ほとんどが地元の公立中学
 へと進学するので、のんびりムードで勉強系はあまり盛んではない
 というのも原因だとは思うが、それにしてもこの英語への感心の低
 さはどうだろう?

 やっていたという子でも、スクールで英検のために単語を覚える
 とか、ワークブックをさせられるのがいやだとか、あるいは本を読む
 のも難しいので、やりたくないからやめたなどという話しも聞き、
 必ずしも学校でやってほしいというニーズと実際に使えるレベル
 まで持って行くための努力とは、比例しないようだ。

 つまり学校でやっている遊び英語に慣れると、その先の使える
 ようになるための英語が勉強のように感じられ、辛いものと映る
 のかもしれない。

 この話は英会話スクールでも同じことを聞いたことがある。
 英検合格者を毎年多数輩出しているスクールなのだが、モチベー
 ションアップと目標をもたせるために、英検は小学生に有効な手段
 だという考えで、子供達も次は何級にチャレンジだねと、頑張る姿
 がとてもすがすがしかった。

 難しい単語を覚えたり、フォニックスを学んだり、こつこつ宿題を
 して次の目標に向かうということは、決して悪いことではない。

 学校が会話重視?(どう見てもあれでは話せないけれど)路線で
 定型フレーズをちょっとだけ授業で教え、それしか言えないような
 お粗末な内容にしているため、スクールでまともなことをして
 子供たちに本当の英語力をつけさせたいと考えても、遊びの要素
 が少ないと、すぐに投げ出したり、英語は難しすぎて嫌なものと
 いう印象を与えてしまっているのが、残念で仕方ない。
 
 もし、今後導入される英語が遊びの延長で、やはりそれが月に
 一度から4回に増えただけなら・・・・・

 きっと成果はほとんど変わらないだろうと思われる。
 親も週に1回に増えたから、英会話スクール代が浮いてよかった
 と考えて、丸投げ状態にしてしまったら、それはもったいないこと
 だと思う。

 もちろんこう考えるのは、早期英語教育をすでにしているからと
 いうのも影響しているとは思う。英語より他のことを重視している方
 には、遊びでもいいのよ、楽しくやってくれればそれが一番という
 考えもあることを理解しているし、熱い人ばかりじゃないという
 ことは百も承知だけれど、それでもやはり・・・・

 英語ができるというスキルは身につけておいても決して悪いもの
 ではないので、せめて子供たちが英語を苦痛と考えないように、
 進歩がわかるような内容であってほしい。

 英単語がフォニックスで読めるようになったとか、短い洋書絵本が
 読めたよとか、そういう成果を見せてやってほしい。

 そしてそれが自分でもっとやってみたい、ハリーポッターを読める
 ようになってみたいぐらいまでいければ最高だと思う。
 このレベルまで頑張れる子供は、おそらく会話もできるようになって
 いるはずで、挨拶や天気、色、動物の名前から抜け出せない
 英語教育はもういらないと思う。

 学校は何でもやってくれる魔法の場所ではないので、やるなら 
 親もそれなりの努力が必要だとは思うが、せめて子供のやる気を
 引き出すぐらいのカリキュラムになるように、もっと時間をかけて
 話しあってほしいと切に願う。
 


 
  英語なんて日本では使わなくても生きて
  いけるのも事実だし・・・
  日本語だけ話せたらそれでいいんやという
  考えももっともなことだし・・・
  英語入れる前に読み書きそろばんやろという
  これまたすごく当たり前に大事なこともあって
  やっぱり学校に導入するのは慎重にしないと
  という考えも理解できて・・・・
  一人悩んでどうするねん状態のまめっちママに
  励まし応援クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

* by バイリンダディ
こんにちは。
誰が英語のクラスを担当するんでしょうね?
まさか、六本木のクラブで夜通し踊っているようなガイコクジンをスカウトするわけはないでしょうが。

1校あたり週1回、地域の複数小学校を兼任するんでしょうか。
なにがしかの認定された Teaching SkillなりCoaching Skillがある人材を月給いくらで何人確保すればいいんだろうとか考えちゃいます。
知り合いの英会話塾の先生がよく言ってますけど、「英語を教える」のと、「子どもに英語を教える」のは全然違うスキルだそうですから。

国内の(高額な)インターナショナルスクールでもクリアしにくいといわれている教師の定着についてどうやって対処するのか、老婆心ながら心配しちゃいます。

もひとつ * by バイリンダディ
産経新聞の小学校英語教育導入に関するアンケートは、あの選択肢の作り方だと「賛成」という結果になっちゃうと思うんですよね。

バイリンダディ様へ * by まめっちママ
何が一番問題かというと、そうなんです、教師の確保。
すぐに帰ってしまう出稼ぎ外国人を雇うわけには
いかないし、英語を教えるプロの講師は、本当に
少ないんです。ネイティブ講師を集められるかというと
甚だ疑問です。英語育児をしている方は、大抵ここを
心配しています。あまり関心がない方は、家でできない
し、学校でやってくれるなら助かるわねという認識
なので、保護者の温度差も激しいです。
でも、英語だけが特別扱いされるのも変な話で、ならば
バイオリンだっていいわけです。音感教育は大事だと
公立小学校全部に週1回バイオリンの授業をなんて
ことになったら、やっぱり関心が低い人には、迷惑
な話で、英語を家でも頑張れといわれても、もっと
他にやらせたいことがあるのよという家庭があっても
不思議じゃないですよね。
だから公教育に新しいものを入れる時は、議論を尽くさ
ないといけないと思うし、入れると決まったなら、成果
が上がるように計画をきちんと立てて見切り発車だけは
避けてほしいなあと思います。

個別記事の管理2009-04-13 (Mon)
 ブログのジャンルが親子英語ということで、英語ネタが中心になる
 ように記事を書きたいのだけれど、すでに大きくなってしまっている
 娘は、幼いころのように、毎日何か新しいことが目に見えてできる
 わけではないので、何を書こうかなと悩むことも多い。そういう訳で
 今日はちょっと英語とは離れるが、変な言動で全国に恥をさらして
 いる娘の他の部分も書いておこうと思う。
 (あまりに変なことばかり書くと、後でブログを娘が読んだりしたら
  えらいことになりそうで…・とりあえずいいことも書いておくはははっ


 今日は娘の誕生日祝いを兼ねて、ちょっとだけ豪華に食事をしに
 行った。早いものでもう11歳。体も大人っぽくなってきて、もう幼児
 とは言い難く、さすがに高学年は違うなと感じる。

 その帰り、電車で(我が家は相変わらず電車orz娘の前に
 一人の白髪の老婆が乗ってきた。

 すかさず席を立ってかわった娘は、普段愛想はあまりよくないが、
 心優しく、困った人を見たら助けをすぐに出す。
 自分も重い塾のリュックを背負っていて、疲れて座りたくても、
 寝たふりなど決してしない。

 それに募金もよくするし、友達にいやなことを押しつけられても、
 黙々と誰も見ていなくても一人で仕事をするような子だ。

 先生の前だけポーズをとるような要領のいい子ではないので、損
 してるなあと心配になることも多い。
 消しゴム貸してと言われ、気前よく貸すのはいいが、そのまま返し
 てもらえず、なくされたことは何度あるかわからない。
 お人よしもいい加減にしないと、と思うけれど、それが娘のいい所
 なのだから、大事にしていきたい。

 口応えばかりして、私とよく喧嘩もするけれど、動物も虫も命ある
 ものすべてを大事に思う気持ちがあるので、蚊でさえ殺さないで
 と言う。

 うちでは、蜘蛛が出てくると、外へ必ず逃がしてやるのだが、私は
 さすがにゴキブリだけは・・・・ちょっと助けて逃がすというわけにも
 いかず、困っている。
 (旦那は、スリッパでたたき、トイレに流すという非情な奴汗;
 
 勉強も大事だけれど、もっともっと人間として大切なことは多い
 はずなので、受験という相手を蹴落とさないといけないような
 世界にいても、すさむことなくこのまま育ってほしいと願っている。

 

 当の娘は行列のできる法律相談を見ながら
 バランスボールの上に乗って、テレビに向かって
 突っ込みを入れながら、さらに貧乏ゆすりをすると
 足がやせるなどという怪しい情報を信じて
 実行している・・・・orz
 一体どっちが本当の娘なんだか・・・・ 
 やっぱり訳わからん行動が多い変な娘に
 応援クリックしてやってください。
   ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  
関連記事
* Category : おかしなファミリー
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

お誕生日おめでとうございます(^^) * by 理花
お嬢さんお誕生日だったんですね!!
11才おめでと~。(\^^/♪)

優しくて正義感があって素敵です。
足がやせるという怪しい情報を信じて
しかもしっかり実行してる所も可愛くて好きです(笑)

まめっちママさんが
損してるかもと心配するお気持ちわかります。
でもきっと見ている人はちゃんと見ていて
お嬢さんが素敵さをしっかりわかっていると思います。

世の中綺麗ごとだけじゃないし
受験勉強も大変ですが
11歳の一年も素敵な一年になりますように。
遠くからですが祈ってます。

* by sakumama
娘さんお誕生日おめでとうございます。
11歳になったんですね!

バランスボールに貧乏ゆすり(*^^)v
娘さん大好きです。
私もチャレンジしてみます^^;

本当に素敵な娘さんに育っていますね。

中学受験は私が想像する以上に大変だと思うけれど、
その明るさで乗り切って欲しいです。

よい一年でありますように。


理花様へ * by まめっちママ
お祝いの言葉ありがとうございます。
11歳なんて早いです。小学校入学してから
あっという間に過ぎてもう5年生だし・・・
最近、背もすごく高くなって、びっくりするぐらい
大人っぽくなりました。
服なんて150ですよ。大人と変わらないって感じで・・・
私のパーカーが共有で着られるようになったから、もう
幼児じゃないってことですよね。
性格は相変わらず変ですが、最近どこで聞いてきたのか
貧乏ゆすりしたら、足がやせるらしいよと、揺らしまくりで、
この子は何を考えてるんだろうって呆れました。
こんな娘だけれど、元気に育ってくれてこれが一番です。

sakumama 様へ * by まめっちママ
ありがとうございます。
もう11歳になりました。早いですよね。
憎たらしいこともしょっちゅう言いますが、
まだまだ知らないことがたくさんあって、親が
見守って教えていかないといけない年齢です。

最近、プライバシーがどうのこうのとか、親には
関係ないとかそういうことも言うようになって
難しい年ごろになってきました。

そのくせ、貧乏ゆすりしたらいいらしいなんて
言いながら、ボールの上に座って1分間に100回
ぐらい揺すってみたとか、訳わからんことを言って
みたりするので、まだまだ子供かなとも思います。

受験は思っていた以上に大変です。
高望みしなければ、それほどでもないかもしれない
けれど、娘が随分と高い目標設定をしたもんだから
そこに行きたいなら頑張らないと、今のままでは
まだ足りてないよみたいな・・・本当に口では高い
希望を言うのだけれど、今一つ行動が・・・・
今年は少し真面目にバランスボールに座らずに
勉強してほしいと思います。(笑)

* by risa
まめっちママさんこんにちは^^
お嬢さま、11歳になったんですね♪
お誕生日おめでとうございます!!

記事からお嬢さまのリアルな人物像が伺えて
心が温まりました。不器用なところと器用なところが
垣間見えて、何だか身近に感じられるお話でした^^

貧乏ゆすりで足やせ・・・ププ!
確かに、効くと思います。(効くんかーい!笑)
私は時々フライトの時にやりますけれど、下半身の
血行が良くなる=むくみづらくなる=痩せる??
という方程式だったと思います。
さらに合わせてリンパマッサージもするとダブル効果
で足やせできるかも・・・って話の趣旨がずれてきた^^;
11歳で足やせとは、さすが、女の子ですね!
全然関係ないですが、うちの娘が履いている瞬足という
ブランドの靴に、ハイヒール機能がついた運動靴があります。
足を長く綺麗に見せる運動靴ってのがウリらしいのですが、
本当に昔では考えられないような物が売れていますね。笑
現代っ子のこだわりにはある意味感心させられます。

risa様へ * by まめっちママ
ありがとうございます。
娘は二面性を持っていて、外の顔と内の顔が
違うんです。家ではこのブログに書いてある通りで
すが、外では全くの別人のようにしゃきっとして
ます。家の中と同じでいいんだよと言っても、緊張
するのか外では大人しいんですよね。

ところで足やせ…意外と核心をついているのかも
しれないですね。貧乏ゆすりすると、痩せてくる
ような気がしてきました。(笑)
しかもrisaさんが言うと、実に論理的な感じで信憑性
も高くなってくるから不思議です。(笑)

私もやってみようかな。しばらく実践して
その効果を検証するっていうのも楽しいかも!
全然英語ブログと離れていってますね。
美容系ダイエットブログになってます。(爆)

個別記事の管理2009-04-12 (Sun)
 もうずいぶん英検からは遠ざかっていて、受ける気もないのだが、
 だからといって何もしないでぼ~としっているのも能がないので、
 少しはそれらしいことをしてもいいかなと思って、英会話スクール
 で英検準1級の語彙問題だけ少しずつやっている。
  ↓ ↓ ↓
 

 2級合格した時、一番点が取れていなかったのがここなので、それ
 が気がかりだった。スクールの先生も帰国子女系はここが意外と
 とれないし、みな苦労しているので、うちだけじゃないよとは言って
 もらえたが、ここを疎かにするといわゆるなんちゃって英語になり、
 大学入試の時に困ることになるのもわかっているので、時間をかけ
 ゆっくり勉強していこうと思っている。

 ネイティブ講師は、結構適当に「合格できる力を持っていると思う」
 と、かなり怪しいことを言うのだが、娘は自分の力を知っている
 ので、「あんまりできてないねんけどな・・・」と冷静だ。

 一体どれぐらいできているのか聞いてみたら、6割はいけると思う
 と、何とも頼りない限りだ。それでも語彙問題4択で6割いけるなら
 2級合格した時、半分ぐらいしかとれていなかったのだから、進歩
 したとも言える?んじゃないかと思う。

 およその力の予想がついたので、まあ気長に文法や熟語や語彙
 を着実にマスターしていけばいいだろう・・・

 まずは目先の受験を何とかしないと・・・・
 ゴールデンウィーク明けにはまた模試があるので、前回よりもう少し
 ミスを減らして、偏差値を全体的に上げて目標に到達するように
 したい。

 娘は不得意科目がないのが強みで、大きな変動がないことだけが
 救いなのだが、これは裏を返せば、超得意科目がないということで
 中途半端な気がして仕方ない。

 算数がその中ではやや得意なので、全体的には理系だと思う。
 社会は暗記がどうしても面倒なことと、一番後回しになってしまう
 ので、時間が足りず丸暗記できなくて、他の科目よりやや低い
 成績になりがちというのも、頭が痛い。

 うちの娘のクラスは算数の得意な子で構成されているクラスなの
 で、男子の有名進学校に照準を当てているわけで、女子はその
 中で社会があるというのが、大変勉強を辛くしている。

 最難関校を目指していると、男子並みの算数とプラス社会が余分
 にあるという感じなので、算数で対等に立つためには社会の時間
 がどうしても少なくなるという、非常に困ったことになるのが一番
 今悩んでいるところだ。

 男の子がどんどん3教科型に切り替えているのに、女子は4教科
 やらないといけないという関西特有の受験が、理系の娘には
 思っている以上に大変だ。
 
 もちろん女子は皆同じ条件なので、娘だけが大変なわけじゃない
 が、算数が不得意な女子はほとんど社会に全力をかけているの
 で、トップクラスの女子は算数も頑張り、社会もその子たちに負け
 ないようにするために、毎日どれだけ勉強しているか、想像し
 ただけでもその苦労はわかると思う。

 受験ってこんなに大変だったのだと今更のように感じる。
 
 英検を受けるプレッシャーなど、これと比べたら大したことじゃない
 ように思えてくる。
 もちろんこれはうちの今の状況が受験重視なので、そう思うだけ
 で、実際はどんな道でも簡単で楽なことなどはないのだけれど、
 そう考えてしまうほど、小学生が中学受験することは過酷なのだ
 ということだろう。

 お金があるからとかないとかではなく、この試練に耐えられるか
 どうかが大きなカギとなりそうだ。

 

 まずは漢検の次の級に合格できるかどうか・・・・
 これが問題だ・・・・・
 うちは漢字だけ?はかな~り怪しいので
 たまに連続100点など取ろうものなら、明日は絶対に
 大雪か雷やなと思ってしまうとってもひどい親だと
 自分でも思うまめっちママに、応援クリックよろしく
 お願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  


 
関連記事
* Category : 英検準1級へ向けて
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-04-10 (Fri)
 前回の記事でもう一つの可能性について書き忘れたので、それも
 大事なポイントになりそうなので、是非とも書いておきたいと思う。

 英語で話している人の傍らで日本語で答えを返すというのは、まだ
 英語が頭の中で出力するほどのレベルに到達していないという
 見方もできる。

 頭の中で分かれた部屋の中には、まだ入力が少なくて語彙が
 取りだせるほどたまっていない状態だった場合、一番状況に
 適切な言葉を他の部屋から探して使うということも考えられる。

 娘の場合も、日本語で言えない単語を英語に置き換えて言うこと
 もたまにあるので、たぶん取り出す時にちょっと他の部屋から
 拝借して、その場を上手く言い表すために常にドアを開けて出し
 入れしているんじゃないかと思う。

 英語で話す時は英語でというのは原則だけれど、それは一つの
 言語に集中して他の言語で話しかけても英語モードのままで
 聞こえないからで、もし聖徳太子じゃないけれど、一度に七つの
 言葉を聞き分けるなどという芸当ができるなら、何語でも返事が
 できるんじゃないかという気がする。

 ただ、我が家の娘も決してまだ大人のレベルと言えるほどの言語
 を日本語も英語も構築していないので、子供の3、4年生ぐらいの
 会話レベルだからこそ、取りだしが自由にできるのであって、これ
 がもっと高度な内容だと、やはり語彙が多い日本語の方が出力し
 易いのは確かで、その時のレベルの到達度が会話に反映されて
 いると考えるのが妥当だろう。

 なので、大人になってからも、部屋いっぱいにたまった語彙を
 同時に取り出せる訓練をすれば、もしかしたら日本語に英語で
 返事したり、中国語で答えたりできる可能性は十分あると思う。

 娘は速読教室にしばらく通っていたので、その時、速読教室の
 先生からよく似た話を聞いたことがある。

 人が話しかけると、手が止まってしまう人は、膨大な量の本を読む
 速度も遅く、資格試験の暗記なども効率がよくないので、覚えにくい
 という傾向があるらしい。

 それで速読という脳の使い方を根本から変える方法で、文字を
 かたまりとして写真のように脳に刻み込む方法で読むことで、一
 文字ずつなぞって読むより何倍も速く読めるようになり、脳の活性
 化につながるという。

 そう考えると、すべてに納得がいく。
 子供特有のものかもと思ったが、大人でも訓練方法はあるので、
 出遅れたと悲観することはない。

 確かに小さい頃に始めると、ストレスなく音を部屋に取り込んで
 脳の中に独立した回路を作ることも比較的簡単なのだろうけれど、
 私は基本的に大人にしかできないことも、この世の中にはたくさん
 あると思っているので、遅すぎるということは何もないし、むしろ大人
 だからこそ、知性と教養、経験の部分もプラスされてもっと中身の
 濃い脳になる可能性が高いんじゃないかとさえ思っている。

 だから、娘の同時力は便利だと思う反面、まだまだ薄いなあと思う
 ことばかりで、これからももっともっと学習して中身を充実させていか
 ないといけないと考えている。




 これらはすべて推測の域を出ないので、実際は
 どうなのかわからないが、いずれ解明されること
 になるだろうと思うと、ちょっとわくわくしてしまう
 まめっちママに、応援クリックしてやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  
関連記事
* Category : 英語と右脳教育
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-04-08 (Wed)
 バイリンダディさんの記事で、中国語と英語の言語の切り替えを
 せずに、両方の言語で会話が成立している不思議な現象について
 書かれていたので、我が家の娘のことと照らし合わせて、私なりに
 推測してみた。

 娘の話によると、日本語と英語のスイッチを切り替えるのではなく、
 いつでも両方開いたままスイッチをオンにした状態でいるらしい。

 つまり入口(出口)は一つだけれど、中に入ると部屋が分かれてい
 て、英語の部屋、日本語の部屋、作りかけのフランス語や中国語
 の部屋があるようで、それぞれ独立しているので、決して言語が
 混じることはないけれど、出力する時は出口が一つなので、どれで
 も自由にそこから出すことができるそうだ。

 イメージ的には、大きな部屋(脳の入れ物全体)があって、そこの
 入口は一つだけしかない。(耳からつながっている音の入口のこと)
 そこから入った音がドアの開いた(スイッチオン状態)それぞれの
 部屋に振り分けられる。

 何かの酵素なのか細胞なのかそれはわからないけれど、音を
 それぞれの部屋にちゃんと格納してくれて、いったん分類された
 音を、今度はどの部屋からでも出力できる状態にする。

 ということは、聞こえる音が日本語でも返事を英語で出来るし、
 逆に英語の音でも日本語で出力できるということだ。

 だから私と日本語で会話しながら、英語の洋画を見てそのセリフ
 に日本語で突っ込みを入れたりもできる。
 ある時は駅のアナウンスを聞きながら、私と日本語で会話し、
 近くにいる外国人の英語の話を聞き取り、今アナウンスで言ってた
 から、きっと間違わずに電車に乗れるねと、3つの音を同時に聞き
 わけ、それぞれに回答するとかそういう芸当ができる。

 プリスクールのサタデークラスに通っていた頃も、友達が日本語で
 話してくるのに、娘は英語で答え、他の子供も英語に日本語で答
 えたり、自由にしていたので、たぶんずっと片方が英語で話し、
 こちらが日本語とか、向こうが日本語でこちらが英語でというのも
 できると思う。

 実際、娘もできるよとあっさり言っているので、たぶん同時通訳の
 ようなストレスはないのだと思う。

 もし娘がスイッチを切り替えるのなら、複数の言語の話者が
 一同に集まった場合、パチパチ切り替えすぎて混線してくると
 思う。やはりせわしなく切り替えるというよりは、ずっとついたまま
 だと考えると、説明しやすい。

 入ってくる無数の音を瞬時に部屋に振り分け、出すのも自由に
 意志でできるという状態・・・脳が入口でその作業をしていると
 しか思えない数々の日常の娘の言動に、私自身は真似できな
 いと思うが、ずっと昔からこうだったので、もし言語スイッチを切り
 替えないバイリンガルが存在するとしたら、それはごく小さい頃
 に出来た脳の回路のせいかもしれない。
 
 留学などで得られる環境に左右される英語力のことではなく、
 脳の働きを根本から変えてしまうような言語能力・・・・

 娘にそれがあるのかどうかも私には検証できないけれど、少なく
 とも私とは違う能力を持っていることは間違いない。私は器用に
 様々な音を聞き分けることはできないし、話しかけられた言語に
 集中していたら、他の音はもう聞こえないので、平凡な大人の
 脳しか持ち合わせていないのだろう。

 脳は未知の領域で、私のような素人が科学的に語ることなど
 できないが、大人の常識とは違ったことが起きているのは本当に
 そうで、解明されるのなら是非とも知りたいと思う。

 
 
 脳の働きってどこまでも不思議だと
 思う自称右脳おたくのまめっちママに
 応援クリックしてやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  
関連記事
* Category : 英語と右脳教育
* Comment : (2) * Trackback : (1) |

まさに「音」なんでしょうね * by バイリンダディ
こんにちは。
詳しく教えて頂いてありがとうございます。

> もし言語スイッチを切り替えないバイリンガルが
> 存在するとしたら、それはごく小さい頃に出来た
> 脳の回路のせいかもしれない。

このポイントについて大変に興味があります。
大学の講義でチョムスキーや音声学などをやっていた頃、8歳とか10歳とかまでに閉じてしまうという、いわゆる「臨界期」前に第二外国語を習得せよと教えられたことがずっと引っかかっていました。
ずっとその記憶が残っており、タイミングを見て海外赴任を申請、子供は海外で生み、海外で育てています。

仰るように脳生理学の領域になると、私などまったく理解できない世界なのですが、こうやって実例を挙げて頂きながら話を伺ってみると、子供の頭に色々な国の「音」が吸い込まれて、吐き出されるイメージができるきがします。

この先どうなるか分かりませんが、このまま日本語、英語、中国語、広東語を教え続けてみます。本当にありがとうございました。

ただ、この記事を読まれて手遅れかとビビる親御さんもいらっしゃるといけませんので、こちらも併せてご覧頂きたいものです。

「私の出会った英語の達人たち」
http://mamemametoramama.blog50.fc2.com/blog-entry-698.html

バイリンダディ様へ * by まめっちママ
今回はバイリンダディさんの記事がまさに
自分の娘のことのようで、やはりそいういう子ども
は、たくさんいるのだと改めて認識しました。
全く想像の世界なので、実際は脳がどう処理している
のかわかりませんが、色々な事例を見ていると、一つ
の共通点のようなものが見えてきますよね。
色々な意見があるとは思いますが、現実にそういう
子供達が存在し、言語の混乱もしていないという
ことが、バイリンガル育児をしていく上で参考には
なると思うんです。そしてもう一つは、私も書きまし
たが、後天的にも十分英語の達人になることは可能で
むしろそちらの方がより誰でも努力次第で可能なの
だという希望を与えてくれるので、私は必ずしも
幼少期しかも0歳からでないととは思わないんです。
特殊な脳の働きを作りたいのなら、小さい方がいいような
気もしますが、大人でないとできないようなことも
必ずありますから、本当に手遅れだというような
ことはないのだと信じています。

個別記事の管理2009-04-07 (Tue)
 春休み最終日に、学校の宿題を全くやっていなかったことに気づき
 さすがにやばいと思った娘は、漢字を猛烈に書き始めた。

 漢字ドリルをノートに書けるだけかくという宿題で、どこまでが範囲
 なのかも今一つはっきりしない中途半端な課題なのだが、やら
 ないわけにもいかず、漢字を朝から書きまくっていた。

 静かに黙々とやればいいのだが、娘がそんなことするわけなく、
 漢字ドリルの例題を読みながらいちいち突っ込みを入れている。

 「松たけをもっていく・・・・?!
  今どきの不景気なご時世に
  松茸なんか誰が持って行くねん。
  こっちがほしいわ~。
  このドリル時代遅れちゃうか!
  責任者出て来い!」
 

 (あんたは人生幸朗かい!
  ぼやき漫才してどうする)


 こんな調子で壊れまくり、春休みが終わることを悔しがっている娘
 だったが、何とか今日から新学年を迎えた。

 さて、何組になるのか?
 担任はどういう方だろう?
 できれば中学受験に寛容な人であってほしい。中には露骨に
 いやな顔をする人もいるので、苦しい受験生を暖かく見守って
 くれるような担任に当たりますように。


 PS  と思っていたら、娘が帰宅。
     「いじめは許しませんよ~」と言うなかなか
     しっかりしていそうな女性担任だったとのこと。



 イケメンがいいなあと密かに思っていた
(ブログに書くこと自体が全然密かではない・・・orz
 期待を裏切って?5年連続女性担任になった
 ことがちょっと残念なまめっちママに、その気持ち
 わかるよという方はクリックで応援してやってください。
    ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  
関連記事
* Category : その他
* Comment : (10) * Trackback : (0) |

* by ごま
こんにちは。
最近では春休みにも宿題があるんですね。
私の時には春休みに宿題なんてなかったような・・・

そうですか、今年も担任の先生は女性ですか^^
考えてみると私は高校生まで担任が男性だったのは2回くらいしかないかも!
今年はしっかりした女性の先生で、来年はイケメンで締めだといいですね^^

* by バイリンダディ
こんにちは。
人生幸朗を知っていてイケメンという言葉を使う人って、いったいどの世代・・・ミステリアス。

うちの子、2年連続で担任は女性です。
学年に男性の先生がいないので、イケメンの可能性は今のところゼロです。
って、男性の私がイケメンを期待して、どうしろっていうんでしょう?

テンプレート変えたんですね。春らしいです。

ごま様へ * by まめっちママ
そうなんです。春休みに宿題あるんですよ。
でも、先生変わったし・・・・
結局提出しなさそうです。

女性の先生がやっぱり小学校では多いですね。
イケメンに当たる確率は低そうです。(笑)

バイリンダディ様へ * by まめっちママ
ミステリアスでしょうね。私も自分が何歳なのか
わからなくなるような感じです。(笑)
でも、たぶん皆さんよりは少し上の世代かな?
精神年齢は若いつもり?対内年齢も体重計を
信じるなら22歳!!と出ているので、それなりに
若づくりした実はおばさんというところでしょうか。

私を知っている人はもっとそのギャップに驚く
かもしれません。

* by バイリンダディ
こんにちは。

言語を切り替えない話、「部屋が同じでないので」というところに大変興味ありです。

複数の言語(単語)が全部同じ部屋にごっちゃまぜに格納されているのかなと。
是非、娘さんのお話を詳しく聞かせてください。
よろしくお願いします。

* by risa
新学期からの先生は連続で女性でしたか!^^;
確かにイケメン先生、憧れかも・・・なんて。笑

他記事ですが、色々な言語が切り替え無しで言葉に出てくる
お嬢さま、すごいです・・・!!
この先の努力で完全なMade in Japanのバイリンガルになれそうです。

* by アプリママ
新学期ですね。
娘の担任は、卒業したてのイケメン先生だそうです(笑)
同じ登校班の女子生徒に、
「イケメン先生のクラス?」と聞かれてました。
全女子児童公認なのでしょうか?
新人の先生は不安ですが…
とりあえず、参観日が楽しみです!

今年1年は、なんとか英語も今まで通り頑張りたいと思います。
また、いろいろと参考にさせて下さい。

risa様へ * by まめっちママ
顔で決めるわけじゃないんですが、やっぱり
イケメンだったらいいなあって(笑)
誰でも思いますよね?

娘の場合、まだまだバイリンガルとは言い難いので
小さな子供レベルでは言語が何語でも切り替えせずに
出力しているような感じです。
これについては補足説明がいりますね。
次の記事でまた書くことにします。

アプリママ様へ * by まめっちママ
いいですね。イケメン先生なんて(笑)
皆がそう言うのなら、かなり期待が持てそうですね。
何を期待するねん?・・・・(笑)
アプリちゃんも今年がちょっと受験を意識する年に
なりそうですね。うちは、もうかなり臨戦態勢です。
まだ本人はそれでも何とかなるよとふらふらして
ますが・・・・
こういう図太い神経でないと中学受験は乗り切れない
のかもしれませんね。

バイリンダディ様へ * by まめっちママ
さっそく書かせていただきました。
いつも不思議に思っていた行動なので、多言語
環境の子供が娘と同じような傾向にあると聞くと
やはりこれは何か共通点があるのかもと思いました。
次の記事でもう少し補足説明しておきたいと思います。

個別記事の管理2009-04-06 (Mon)
 昨日、ハードだった講習会が終わった。
 ほっとしたのか、「今日一日は、何もしたくない」と、のんびりだら
 っとしていた娘と、お風呂で色々話した。

 この不景気で家計が苦しい我が家では、娘の英語のマンツー
 マン授業料が高くて、週1回のレッスンにもかかわらず、結構
 な値段になっていることもあって、その分を算数だけでなく理科の
 個別指導費にまわせないかなと、私は密かに計画していた。
 けれど、娘が幼稚園時代の話を楽しそうにしているのを見て、この
 子は、本当にあの頃が一番輝いて楽しかったのだと思った。
 私も送り迎えがあれほどきつかったのに、今考えると、楽しくて
 仕方なかったのは、やはり娘の個性を園が丸ごと受け止めて
 くれて、居心地がよかったせいだろう。

 だからもう5年以上も前の話を、娘が鮮明に覚えているのには
 驚いた。外国人の先生とこんな話をして、その時こんなことを言っ
 たとか、掃除を頼まれて一生懸命やっているのに、「早くしなさい」
 と言われ、「うるさいっちゅうねん。できるだけ早くやっとるわ」という
 ような二ュアンスで先生に言い返したら、「失礼だ」と怒られたとか・・・
 (やりとりはすべて英語だが、日本語訳するとこんな感じだそうorz
 そういうことまではっきりセリフの一つ一つを覚えていた。
 「今ならそんな失礼なこと言わへんわ。
  ようあんなこと言うたな。こわっ!」
 
 と、大人の感想を述べながら回想してみたり・・・・・

 まるで昨日のことのように言う記憶力を見て、これがやはり英語を
 今でも維持している力なのだと思った。

 忘れていることもたくさんあるが、2歳のころの記憶もまだ残って
 いるようで、いっしょに遊んだ公園のことや友達の言ったこと、英語
 の先生に買ってもらったマックのバーガーのことも、彼女の中では
 色褪せない確かな記憶として定着している。

 それをこうして時々話すことで記憶の再構築ができているのは
 もう間違いない。今まで英語を忘れて行くことをとても恐れていた
 が、彼女の場合、よく話し、思いだし、写真やビデオでもう一度
 当時を再現したりすることで、記憶の定着を図るタイプなのだと
 いうこともよくわかった。

 スパイラル方式がいいとよく聞くが、まさにそうなのかもしれない。
 忘れそうな頃に再び同じものにもどってくることで、記憶を定着
 させ、少しずつらせん状に上っていくという方法は、今、娘が
 日々やっていることだった。

 知らず知らずのうちに最適な方法を身につけていたようだ。
 塾もその方法で、何度も習ったことが出てくるように組まれている。

 忘れそうな頃に講習会があり、復習することで、記憶の再構築を
 するのは勉強も英語も同じ。

 同じものを何度も飽きずに見る子供の記憶力がいいのも納得できる。
 
 ただ、すぐに覚えたから次々進み、復習を怠ると子供はあっという
 間に忘れてしまうので、スパイラルの感覚は短い方がいい。

 それを見極めて絶好のタイミングで前に戻ることができるかどうか、
 これが親の腕の見せ所かなと思う。

 さて、明日から学校だ。
 短かった春休みに別れを告げて再び日常が始まる。
 早寝早起きできるように、体を少しずつ慣らしていかなければ。
 
 

 日常会話に毎日ことわざや慣用句が出てくるのはいいが・・・・・
 巨万のを築いたというところを、巨万の富士と、堂々と
 言ってのける娘が怖い!!!
 (そんなもん築きたくない・・・・汗;お金がいい・・・)
 給付金の申請書が届いたので、やっぱりもらって
 社会貢献?するぞとさっそく使うことを考える
 どうしてもお金を貯められないまめっちママに
 励ましの一票を入れてやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  
関連記事
* Category : バイリンガルへの道とその後
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

早いですね * by ゆっきぃ
うちの場合は4/8から始業式です。
公立でも市によって違うんですね

たまにはゆっくりする日も必要ですよね~
なんて、我が家は今週いっぱいゆっくり
の予定なんですけどv-282
ピアノの練習や明日からは個人塾で
国語とか、プリの春休みの宿題が
やってない!v-404とか多少の
忙しさはありますが。。。。。

まめっちお嬢さんには、たまには生き抜き
させてあげたい!
でも、受験終わっても結局、あれもこれも
したい~と精力的に活動しそうですねv-410

祖母、相変わらず”今日、明日にも”といわれ続け1ケ月。苦しむこともなく、よく寝てる~という状態です(とはいっても、植物状態ではないんです)
桜の花は見れないと、余命宣告をした医者も驚
き!らしいです。
早くよくなるといいなぁ、と希望を持つことは
できないので、複雑な気持ちですけど

ゆっきぃ様へ * by まめっちママ
本当によく頑張ったなと思います。
それでも映画も見たし、ガーデンズうろうろ
したり、色々遊んではいるんです。
DSの新ソフトでも遊んでるし・・・・
そうそうゴールデンウイークはキッザニアに
行きます。なんと予約とれたんですよ。マメな友人
のおかげです。絶対に空いてないと思ってたんですが、
こういう時、頼りになるのは友人ですね。
私はチケットの予約とかそういうのは疎いんです。
いつ何があるのかもよく知らないので、友人が
何でも予約しておいてくれるのは、助かります。
お互い同じ塾の友達だったので、今もすごく仲が
いいんです。励まし合って一緒に中学受験乗り切ろう
って言ってます。

ゆっきぃさんのおばあさん、治る見込みはないのですか?
何とか奇跡の生還を果たしてほしいですね。





* by momomy
まめっちさんはとてもお出来になるのに個別指導が必要なのが、とても不思議に思いました。塾+個別指導というのは珍しいことではないのですね。受験にお金は本当にかかるのですね。おつむがあまりぱっとしない次女の受験準備今からビクビクです。

momomy様へ * by まめっちママ
親が教え込むと大抵ろくなことないんですよ。
どうしても自分の子供だから熱くなったり叱ったり
してしまいますしね。だからできるだけ勉強面は
先生にまかせています。個別は塾の授業で消化不良
だったところをもう一度理解を深めるために利用する
という感じですね。学校準拠と受験の個別は別物
なので、そこを一般の人は混同していることも多い
です。普通の個別指導塾は、学生バイトばかりなの
で、受験向きじゃないところもたくさんあります。
上位層は、個別指導でさらに他塾の傾向も把握し
全方向に抜け目なくやってますから、それはすごい
ですよ。そこまでしないとよほどの天才じゃない
限り、最難関と言われるところには入れないのだと
いう現実がつらいです。


* by momomy
個別指導にはそういう意味があったのですね。長年の疑問がやっと晴れました。長女の受験のときに受験中に待合室で隣に座られた同じ塾生の保護者の方に個別を受けられたのですか、と聞かれ情報に疎い私は何のことか分からなかったのです。(今も疑問に思うのはどうやって人気講師に個別指導をお願いするのかということです)他塾の傾向まで手を伸ばす余裕があるお子さんというのは想像を超えています。最難関を余裕をもって突破するというのはそういうことなのですね。

momomy様へ * by まめっちママ
個別指導はたいてい塾がやっている個別部門なので、
そこで塾のわからなかった部分をフォローしてもら
ったり、さらには別の塾の個別指導に行って、そこの
テキストもやるというように使い分けするみたいです。
私の友人も掛け持ちでN塾とS塾の個別で両方の
傾向を把握しています。
ダブルスクールというか、本当に大変です。
何でこんなにしてまでと思いますが・・・・
でも目的がある子供とそうでない子供は将来
やはり違ってくるのは間違いないです。今、高校生
ぐらいの子で、目的意識がないと大学名だけ何となく
あこがれで言うのですが、そこが無理とわかると、
今度は留学でもすると逃げるのです。
今から勉強するのは、何のためかとわかっていれ
ば、勉強も辛いものではなくなって、夢をかなえる
手段なのだと思えるようになるみたいです。

個別記事の管理2009-04-05 (Sun)
 春期講習も今日で最終日となった。日曜日も関係なく、四日行き
 一日休み、合計八日間の講習会が遂に終了する。

 毎日、塾で5時間頑張り、家でも宿題を片付けて次の日のテストに 
 備えているので、一日の勉強時間はたぶん8時間ぐらいだったと
 思う。中学受験が大学受験より過酷かもしれないと言われるのも
 納得いきそうなすさまじさだ。
 
 小学生がこんなに勉強しないといけないのもどうかと思うが、
 塾の上位クラスの子供たちは、大抵このぐらいやっている。
 
 それでも行きたい学校へ行ける保証があるわけではない。
 それぐらい人気校は厳しい。

 ここに英語の勉強も入れるとなると、それは大変で、同時力が
 なければ絶対にできないわざだと思う。

 かけ流しをしないと、単独の英語時間を確保なんて到底できない
 ので、ご飯の時に英語ドラマや洋画を見るのも、行儀が悪い事を
 承知で、それをしないと時間が取れないという切羽詰まった事情
 から、うちでは堅いことは言わずにそれを敢えてやっている。

 集中して静かにしたいと思ったこともあるが、どうしても時間的に
 きついので、やはりこのままのスタイルでいくしかない。

 英語の本をあまり読めないのも、読書と勉強はさすがに同時に
 できないからで、これだけ頑張っている娘に、それ以上のものを
 求めるのは、親としてもしたくないと思う。
 
 次々と迫ってくる模試や復習テストに追われ、ずっと止まれない
 ロードを走り続けているような感じだ。

 それでも今まで差がかなりあった子供たちがどんどん迫って
 きて、差がなくなってきているのは、皆が本気モードに突入した
 ということだろう。

 恐ろしい時代になったと思う。
 
 のんびり過ごしたいとあれほど願っていたのに、こういう道に突入
 してしまったことを後悔するわけではないが、娘がそれでもやると
 決めて、文句を言いながらも絶対にやめたいとは言わないので、
 私はただ、頑張ってと応援するしかない。

 毎日屁理屈ばかり言って、ものすごいバトルになるが、そのパワー
 があるから、少々のことでへこたれたり、泣き言を言ったりはしない
 強い心を持ち続けられるのだろう。そう考えたら、こういう子どもは
 受験に向いている性格と言えるのかもしれない。

 理科の小テストで、この間まさかの10点を取ってさすがにびっくり
 したが、それでも全く悩まない性格もうらやましい。

 自分でなぜそうなったのかの原因がわかっているからで、ちゃんと
 覚えたら取れるからと、実にあっさりとしたもので、次の小テストは
 本当に100点取ってくるから不思議だ。

 こういう娘に、ガミガミ言っても逆効果で、全く聞いていないし、
 馬耳東風なので、親一人がやきもきしているのが馬鹿らしくなる。

 やはりどんと構えて、おろおろしないのが一番なのだろう。
 
 こんな毎日だが、昨日は気に入った本を一気読みしてしまった。
 布団に入っても読み続け、早く寝なさいと言う私に隠れてまで
 読んでいたので、何が気に入ったのかと思うが、昔、映画で
 原田知世さんが主役をやった「時をかける少女」という大林宣彦
 監督の作品があったが、あれの原作で、私も大好きな話だった
 ので、それを娘も気に入って読んでくれたのも、やはり親子なの
 かなと不思議な縁を感じた。

 私が読めといったわけではなく、映画も見せたこともないのに、自分
 で本屋で見つけて買ってきた。
  ↓ ↓ ↓
 

 ちなみに映画はこちら。当時としては映像がとても凝っていて
 話題作だったと思う。
  ↓ ↓ ↓
 

 私は筒井康隆が大好きで、彼の小説は相当数読んでいる。
 東大生が一番好きな作家にも選ばれたことがあるんじゃなかった
 かな?とにかくおもしろいので、片っ端から読んだ記憶がある。
 だから娘が興味を持ってくれたことがうれしかった。
 親子の趣味ってやはり似てくるのか・・・・?

 受験の合間にささやかな楽しみが見つけられてよかった。


 春休みが後一日しかないことが悲しくて
 仕方ない娘に、追い打ちをかけるようで悪いが
 「学校の宿題全然終わってませんけど・・・・」と
 言わねばならないこちらの気持ちもわかってくれよと
 言いたいまめっちママに、励ましのクリックして応援
 よろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  
関連記事
* Category : 日本語のすすめ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

やっと終わりましたね * by ゆっきぃ
スケジュールが違うかもですが、明日もやり
残した問題(講習ではやらなかったところ)を
自習+先生に聞いてやれる時間があるので
行かせるつもりです。

我が家は国算の小テストしかありませんでしたが
それでも、国語のテストは漢字が半分をしめて
いたので、苦戦しました~
習ってない漢字がほとんどなので、毎日練習
していくのですが、講習から帰って
さらに勉強というスタイルがまったく定着して
ないわが子はぶーぶー文句言いながら、
練習しました。漢字以外が満点で漢字部分は
8割できれば良しとしてましたよv-388

でも算数はやっぱり面白かったようで、明日も
算数だけなら行く!と張り切っています。

小4でも先取りクラスの算数はかなり難しそう~
というのが、最終日に頂いたお便りで感じられ
ました。
お嬢さん、頑張っているんですねv-405

私も筒井さんの小説、高校生くらいのときに
よく読みました。TVでご本人を見たときには
そのギャップに驚きましたが。
あんな小説を書くような感性をお持ちだとは
想像もよらない感じの方だったので。
でも小説の方は、どんどん引き込まれていき
ますよね。大好きでした。v-352

ゆっきぃ様へ * by まめっちママ
春期講習のサポート行くのですね。
うちは家でとりあえず復習するつもりです。
今日は学校の宿題を片付けて、残り時間は
春期の最終日の分の宿題をやってしまい
提出できる状態にしとかないといけないので・・・
本当に休めないです。
暇があれば、過去の復習や漢字の時間とかに当て
ないと次の模試に対応できないし・・・・
クラス平均が小テスト95点とかなので、とんでもなく
みんな頑張ってます。
一般クラスの算数の平均が大体模試で50点から60点
なのに、娘のクラスは80点越えてますから、その差が
よくわかります。なんでこんなにできる子がいるんだ?
って驚きますね。
その中でこぼれないように頑張っていくのも大変です。

ゆっきぃさんも筒井康隆好きなんですね。
私は七瀬シリーズが特にお気に入りです。
最近のはちょっと読んでないのですが、また
読みたくなってきました。


個別記事の管理2009-04-04 (Sat)
 早期英語教育をしている私がこんなことを言うのも何だが、実は
 私の知っている英語の達人と呼べる人たちは、全員留学経験
 なし、中学から英語をやった人ばかりだ。

 これは、私の年代の人がそういう環境になかったからというのが
 一番の理由で、今のように幼少期から教材が豊富、子供向けの
 英語番組をいつでもテレビで見られる、英語保育園がたくさんある
 としたら、きっと違っていたと思う。

 だから早期教育不要とは全く思わないし、これからは誰でもが
 英語を使えるようになる時代が遠からず来るだろうなとも思う。

 それは置いておいて、英語の達人と私が思っている人達は、
 英語を使う機会があったかというと、全然なく、ごく普通の家庭
 で親が店をしていて英語とは無縁の世界だったにもかかわらず、
 現在は翻訳業で生計を立てているとか、あるいは中学で英語が
 好きになり、高校でも一生懸命NHKの講座で英語を勉強して、今
 は通訳業をしている人、洋画が大好きで英字新聞を常に読んで
 情報を仕入れ、予備校の英語講師をしながらネイティブのように
 流暢な英語を外国人講師と話す人など、共通点は中学から英語
 をはじめ、日本国内で英語を習得したという点だ。
 彼らが日々英語を家で使っていた形跡がないのは、私が直接
 聞いて確認している。

 こういった人達が存在することで、私は環境に左右されるような
 英語力ではなく、工夫次第でいくらでも伸びる本物の英語力を
 娘にはつけてほしいと思った。

 もちろん使えば使うほど上手くなるし、使える環境があるならそれ
 に越したことはないので、ラッキーな環境がある人は、感謝しつつ、
 それを120パーセント活用すればいいいと思う。
 でも、仮にそういう環境がなくても彼らのように立派に英語を生業
 としている人達がいるということは、とても勇気づけられる。

 実際、10歳以降に外国語を始めた人とそれ以前とでは、発音や
 耳のよさが違うことも事実だが、それでもその欠点を補って余りある
 知識や教養、経験というものが大事なのだとつくづく思う。
 


 
 親の私もそろそろ勉強して次のステップへ
 踏み出さないといけないかな・・・・と思いつつ
 まずは貯金!今年こそは貯めると決心し、
 銀行からお金をいつもより少なくしか下ろさずに
 どこまで頑張れるかに挑戦中のまめっちママに
 応援クリックよろしくお願いします。
   ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  

 
 
 
関連記事
* Category : その他
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-04-03 (Fri)
 今朝の新聞に、有名大学の入学式にたくさんの親が出席すること
 についての記事が載っていた。

 苦しい受験を勝ち抜いて、晴れて大学生になったことを親子で
 喜ぼうというのは、悪いことではない。

 中には一家総出で出席などというところもあるようで、母親が満面
 笑みで写真に納まっている姿は、受験を経験した人なら理解でき
 るので、それほど違和感もないが、やはり子離れ出来ていないと
 世間では見られるようだ。

 この年齢なら親がどこにでもついてくることにちょっと恥ずかしさも
 あるはずなのに、男の子でもあまりそう思わないというから、時代
 は変わったのだと思う。

 私は娘がもし合格したら、やはり一度ぐらいは晴れ姿を見てみた
 いと思うので、そっと式典に出席し、記念写真ぐらいは撮るだろう
 なと思うが、自分が主人公のように写真に写ろうとは思わない。

 それはさすがに恥ずかしい。
 もしも遠くの大学だったりしたら、女の子ゆえに多少の心配もある
 ので、どんな所か見ておくつもりでいっしょに出席したついでに
 周りの偵察をするかもしれないが、もうこれで親の役割も終わり
 と、ホッとする気持の方がたぶん強いだろう。

 中学受験も親子の戦いと言われているが、我が家はどうも早く
 から娘が一人立ちしているので、私が横について熱心に見てやろ
 うとしたら、向こうへ行ってと言われる始末で、これはこれで何と
 まあ、クールで自立した娘だことと、ちょっとさみしい気もするが・・・

 でもこうでないと、うちのように環境的に英語はゼロ、父親の勉強
 への協力はなし、よくある中学受験のように、お父さんが算数と
 理科担当で、お母さんが社会と国語を見るというような分業も
 仕事の都合上無理な我が家では、ストレスがたまりすぎて親子
 共々つぶれてしまう。
 第一、私一人で抱え込んですべて見るなんて到底できないし、
 するべきでもないと思っている。

 親が教え込むというのは、そもそも間違いで、親はいつでも
 進むべき道を示してやることしかできず、ヒントを与え、自ら考え
 学ぶ姿勢を身につけさすことしかできないと思っている。
 だから私の力量を超えた部分は他の専門家におまかせするのが
 ベストだと思っている。
 親の力量を超えて子どもは伸びないので、もし伸ばしたいなら
 親以外の部分から自分で学ぶしかない。

 こういう考えなので、うちはお金が貯まらない家だとよく言っている
 が、それは、どうしてもかけないとだめだという部分には、ケチ
 らず使うという信念のようなものがあって、浪費とか無計画とは
 ちょっと違う。(つもりなんだけれど・・・・かなりあやしい)
 うちの娘は、家で自力でこつこつは無理なので、大勢にもまれて
 切磋琢磨することでモチベーションを保つ方法が一番と判断した
 からこそ、本当なら家で勉強した方が、行き帰りの時間を節約で
 きるし、お金もかからず、私も送り迎えしなくてもいい分、楽なの
 がわかっているのに、あえて塾通いを選択している。

 何が必要で何が必要でないかを判断した結果、お金がかかる
 のは仕方ないことで、最初から節約ありきでそれ自体が目的と
 なってしまっては、伸びるものも伸びないだろうと思う。

 そんなわけで、大学入学式に親子で出席するすなわち子供への
 投資に成功した親の気持ちは何となくわかるような気がする。
 ここまで頑張ってお金も時間もかけたのだから、報われて本当に
 うれしいということだろう。

 社会人になってからは、親もそうそう子供に口出しすることも
 ないだろうから、人生の節目に親子でセレモニーを楽しむのも
 私は悪くないなあと思った。子離れできていないというよりは
 今までの苦しかった毎日の努力をここで喜びの共有という形で
 終わりにすると考えれば、何も目くじら立てて情けない親子が
 増えたと嘆く必要もないだろう。

 新聞を読みながらそんなことを考えて、何年か先の自分を想像
 してみると可笑しかった。
 きっと同じことしている自分がいるんじゃないかと・・・・


 
 子供に見返りを期待してお金を使う気持ちは
 全くないけれど、やっぱり娘の夢はかなえてやりたいと
 思う親心にクリックで応援してやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング  

関連記事
* Category : その他
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

* by ゆり
春期講習お疲れさまでした。中学受験って大変なのですね。何だか自分の大学受験のときのようだと感じました。

私は大学の卒業式のときに、両親そろって参加してくれました。小中高の入学式も卒業式も成人式も、母だけ、あるいは写真自体がない(ということは誰も参加してくれなかった?)のに、大学の卒業式だけ袴姿の私の両側に両親が立っている写真があり、今も大切にしています。今考えると、父も母もよっぽど嬉しかったんだろうなと思います。あっち言ってよなんて言われても、それは娘さんの照れ隠しもあるんじゃないかしら^^ 私は大学生でも少し恥ずかしかったですもん。

それにしても、アメリカでは入学式も始業式も何もなく、寂しいものがあります。

管理人のみ閲覧できます * by -

ゆり様へ * by まめっちママ
照れ隠しの部分は確かにあると思います。
うちの娘は授業参観でもそれほど来てほしい
と言わない子なのですが、本当はちょっと来てほしい
部分もあるみたいです。上手く素直に言えないと
いうのか・・・
親が本当にうれしくて式典ぐらいは見たいと思う
気持は、自然なことで悪くないと私は思いました。
親が何から何まで最近は決めて受験コーディネイター
化していることもありますが、子供が自主的に頑張っ
て自分で決めた大学に無事合格したのなら、親は
その成長を素直に喜ぶのは当然ですよね。
なので、単なる親馬鹿、子離れ出来てないと言って
しまうのは、ちょっと乱暴かなと・・・

アメリカでは、入学式とかないのですか?
お国柄の違いっておもしろいですね。

個別記事の管理2009-04-01 (Wed)
 春休みになって、最近見ていなかったカートゥンネットワーク
 を久しぶりに見たら、おなじみのDWEの宣伝をやっていた。

 登場人物が少し変わったようにも思うが、最後に登場する女の子
 は、早口で英語を話し、自分の夢(将来なりたいもの)について語 
 っていた。教材のフレーズがそのまま蘇ってくる感覚で、まさに
 DWEっ子だなと思った。

 よく見聞きしていたお決まりのフレーズを上手に使って、それなり
 に流暢に英語を話していたので、あれを見たら、すごいなあ、こう
 いう風になれるのか?ときっと思うだろう。

 だから私の場合のように、そういうのを見ないうちに教材本体だけ
 で、いきなり買うことになった人は、かなり珍しい方だと思う。
 成功するかどうかもわからないものへ飛び込む勇気(無謀ともいう)
 を、よく持てたものだと今更のように呆れる。

 もし先にコマーシャルとかを見ていたら、どうしていただろう?
 やはり買っていたかもしれないが、もしかしたらテレビ向けの映像
 に、かえって冷静によく考えてみようとなっていたかもしれない。

 たぶんあの時は若かったから、考える暇がなく自分の直感だけで
 進んだから購入したんだと思う。

 娘にいたっては、もっと冷静で、
 「このセリフ同じこと二度ダブって言ってるよ。」
 と、受験国語のような分析をしている。
 
 まるで国語の作文添削みたいで、かなり受験勉強が日常を侵食
 しているなと感じた。
 (ちょっとやばいかも・・・・・orz

 最近娘は、何でも受験と関連付けて覚えたり、話したりする癖が
 ついている。
 みかんを見たら、愛媛と和歌山のどっちだろうとか、学校給食は
 各地の産物を使って高知のなすでマーボーにしたらいいのにとか・・
 物の形が石川県みたいに見えるだの、お風呂に入浴剤を入れると
 摩周湖の色かな?とか・・・・
 
 色々知識が増えたのはいいけれど、一種の受験病だなと思った。
 
 その時、もう一つ思ったことは、娘があまり日常に英語を使う
 機会がなく、それほど積極的に話す子供でもないのに、なぜ英語
 を忘れず、未だに流暢に言いたいことが言えるのかということ
 だった。もっと忘れていてもいいぐらい勉強の比率の方がはるかに
 高いのに、維持し続け進化しているのは、たぶんいつも日常と
 関連付けて覚えたことを応用しているからだと思う。

 人との会話がなくても、独り言でもシャドーイングでも一人突っ込み
 でもいいから、英語の知識の再構築を毎日しているからなんじゃ
 ないかと気付いた。

 たとえば、映画のセリフを引用して私と日本語で会話する。
 このセリフどういう意味なんやろ?と一人ごとでつぶやいているの
 を聞き、私が電子辞書を素早く渡す。
 たまにけんかしてわざと英語で文句を言い、私の下手くそな上達
 しない英語に突っ込みを入れて、さらに適切な意味の解説をしてく
 れるなど、ちょこちょこ英語の知識を確かめ、確認する作業をしてい
 るからこそ、受験勉強しながらでも英語を続けていけてるんじゃない
 か?と思えてきた。

 日常に使わないと忘れるのは、大人も子供も同じだが、そうそう
 日常で英語をしゃべっていられる環境が皆にあるわけじゃない。

 むしろない人が圧倒的に多く、親が日常会話を英語でというのも
 やはりストレスがありすぎて無理があるので、その中でどうすれば
 スピークの部分も落とさず、しかも全体の英語力をあげられるのか
 考えると、今は娘の自分から応用しようとする力を信じるしかない。
 
 娘より英語ができる子供はたくさんいると思う。
 でも、たった一つ、この子ができることは、工夫して進化させる
 力で、いわゆるセンスと呼ばれるものかもしれない。
 図工が得意な娘は、何かを工夫して見たことないものを作り上げ
 るし、発想が非常に豊かなので、それが英語を完全に使えない
 物になる環境から救っているのではないかと思う。

 やはり小さい頃に色々経験させて自分で何とかする根性を
 身につけさせてよかった。

 英語漬けが英語を伸ばすのではなく、他のセンスを磨くことや
 工夫する力を育てることが、英語も勉強もすべての分野で活き
 てくるのだと今なら思える。


 

 必ず提出しないといけない塾の書類を、絶対に
 忘れて出さない娘が、ちゃんと出していたので、
 今日の天気がやはり雨になった・・・・
 (布団が洗えなかったやんか!) 
 珍しいことはするもんじゃないなあとつくづく思う
 まめっちママに応援クリックしてやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング 

 
関連記事
* Category : バイリンガルへの道とその後
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by うっかりpapa
こんにちは。
お嬢さんは「自分で工夫して学習する能力」を身につけておられて立派ですね。やはりセンスと根性があるからでしょうね。

私の好きなことわざに、"Give a man a fish and you feed him for a day; teach him how to fish and you feed him for a lifetime."というのがあります。これは老子の言葉を英語に訳したものだそうです。(まめっちママさんならもとの中国語をそのまま読めるのでしょうね。色々な言葉を知っていると良いですね。)

いくら習って学力をつけても受け身のままだとどこかで行き詰まるでしょうし、常にまわりの状況(英語を話す相手がいるかいないかなど)に大きく影響されることになります。しかし、「自分で工夫して学習する能力」があればどんな状況下でも自分の意思で自分を向上させることができるので、自分の人生を自分で切り開く大きな力になると思います。

我が家の子供たちにもそういう能力をしっかりと身につけてもらいたいと常々思っています。

うっかりpapa様へ * by まめっちママ
この言葉、先日私が娘に話したところです。
シチュエーションはちょっと違うのですが、ホーム
レスの方に食べ物をあげる行為は、その日一日
生き延びることはできるけれど、それだけだよと。
どうやったら生活できるかを教えることが本当の
助けで、生きられるための方法を学べば自らの力で
自立していくことができると話し合ったところだった
んです。もちろん急場をしのぐために一時的には
炊き出しをしたりすることがとても役立つのですが、
何をすることが一番大切かを学んでもらいたくて
色々話をしました。

うちでは、私は英語を教えないけれど、こういう生活
の知恵は積極的に教えています。
世の中のことを知る、怪しいことを見抜く力など
騙されずそれでいて強く優しく生きられるようにと・・


* by risa
まめっちママさんこんばんは☆
 
>教材のフレーズがそのまま蘇ってくる感覚で

これはすごく教材を使って身に染みているという
証拠ですね!すごいな~^^
そのくらいになるまで身にしみこませると、きっと
スラスラ出てくるのでしょうね。

お嬢さま、本当に自分なりの進化というか、工夫を
されていて素晴らしいです。英語のセンス・・・
どうやったら身に付くんだろう~~~!汗
お嬢さまも受験が終わったら外国人の方と接する
機会などに恵まれるといいですね♪

risa様へ * by まめっちママ
もう少し英語を使う機会があればいいですが、今の
ところ外国人の講師と週に1回話すぐらいですね。
後は映画やドラマのセリフのシャドーイングかな・・・
好きなものはどんなものからでも吸収していくみたい
です。その分、嫌いなことは全く受け付けないという
極端な性格なんですよ。
これがいいのか悪いのか・・・でも、娘らしく
楽しく英語を伸ばしていってくれてるので、今は
それでいいかなと思ってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。