オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2008-07-31 (Thu)
 めずらしく真面目に続いてきた常識シリーズもいよいよ大詰を迎え
 て、今日は「かけ流し」について、我が家がやってきたことを事例に
 あげて、その効果とやり方、選び方について話そうと思う。

 かけ流すだけで頭に入る的な刺激的広告も最近よく見かけるように
 なったので、昔と比べて随分「かけ流し」については浸透したのでは
 ないかと思う。

 おそらくこれは、語りかけ以上にどこの家庭でも英語育児をされて
 いるなら、必ずやっていることではないだろうか?

 フラッシュカードや高額教材などと違って抵抗が一番少なく、手軽に
 できるし、比較的お金がかからなということもあって、絶対にそれを
 してはいけないという意見はまだ聞いたことがない。

 我が家も例外ではなく、このかけ流しには随分お世話になっている。
 とはいうものの、そのやり方、選び方、使い方は少し違っているかも
 しれない。

 よく聞くのは、小さい音でバックに邪魔にならない程度でBGM的に
 流す方法だ。聞いていなくても余りよく聞こえなくてもよくて、潜在
 意識に聞かせるという感じだろうか。

 我が家の場合は、私もいっしょに聞くという形をとっていたので、音が
 小さいと、家事などをしている時に聞こえず、ただの音楽にしか聞こえ
 ず、頭に全く残らないので、子供も大人もどちらが聞いてもいいように
 音量を上げていた。

 というわけで、かけ流しではなく、聞かせるという方がぴったりくるかも
 しれない。娘も音が小さいと聞こえるようにボリュームをあげてほしい
 というので、やはり無意識に聞く時でも何を言っているのか聞こえる
 程度でないと、頭には残らないということなのだろう。

 それともう一つ我が家で大事なことは、かけ流しの時に他に考えない
 といけないようなことや、体を動かすことを必ずいっしょに行うというこ
 とだ。静かにして集中して聞くのは大人のやり方なので、娘はシャド
 ーイングしながら、計算したり縄跳びをしたり、壁打ちしたりしてリズム
 をとりながらとでもいうのか、その方が調子よく記憶が進み、同時並行
 能力がアップするようだ。

 ここまではそれほど他の家庭と違わないと思うのだが、我が家のかけ
 流しには、実は日本語入りの英語や中国語もあり、この部分は英語
 オンリーでないと抵抗があるという方が非常に多い中、少し型破りの
 方法と思われるので、我が家限定という話で読んで頂けたら幸いだ。

 私は英語しか絶対に聞かせないというかけ流しはしていない。
 もちろん、カトゥーンネットワークなどの番組でやっているアニメぐらい
 なら、英語オンリーでOKなのだが、少し大人になって、洋画などを見
 るようになってからは、内容的に複雑なものは、英語だけのものをまず
 日本語にして見てからその後、英語で見て、最後に音を録音したもの
 をかけ流しの素材として使えるかどうか考えるようにしている。
 
 また、日本語入りのスピードラーニングなどを使っていたのは、英語
 がわからないからではなく、日本語の難しい言葉を覚えるためにも
 外国人が逆バージョンで日本語を学ぶ方法を利用させてもらった
 といえる。つまり英語で分かる意味を難しい大人の日本語ではどう
 言うのかを学ぶために、最初の頃は日本語入りもかけ流しに使う

 ようにしていたのだ。

 もちろん何度か聞けば日本語が邪魔になってくるので、その時は
 英語だけのものに切り替えるというように、臨機応変に使えるもの
 は日本語入りであろうと敬遠せずに利用していた。

 昔、英会話スクールでお母さん方がスクールで渡されるCDに日本語
 が入っているものに、ちょっと難色を示しておられたのを見た。

 この子供達は週に1回だけの英語スクールで、英語レベルも初心者
 だったので、小学生のクラスでは完全英語では意味がつかめないと
 いうことでそういう方法をとっていたのだが、英語を英語で理解しない
 といけないという呪縛のようなものがあったのだろうか。

 理解を助けるために小学生から始める場合は、時に母国語の助け
 があった方が不完全燃焼しないですむこともある。もちろん時間が
 たくさんあり、海外に住むことでもあるのなら、話は別だが、短い
 時間で週1回で効果を出すには、表現をたくさん覚えられるように
 日本語があっても私はいいと思った。

 できればダイレクトに英語を英語で理解する方がいいに決まって
 いる。でも、現実問題、環境的に日本の中ではよほど家で工夫しな 
 いと、英語を英語ですんなり理解するようにはならないだろう。

 家での取り組みもしっかりした上で、英語で英語のワークブックを
 進められるようなレベルであれば、日本語は邪魔な存在
かもしれ
 ないが、そうでない初心者こそ、レベルアップのために母国語の
 助けを借りてもいいと感じる。

 この辺りは見解の相違もあるので、私のあくまでも個人的な意見
 なのだが、娘に関しては、英語がほぼ95パーセントで、残りの
 5パーセントぐらいが日本語の助けを借りて近道をするという感じ
 だろうか。

 何が何でも英語は英語でにこだわらずに、かけ流しも日本語が
 あって意味がよくわかるものの方が子供がのってくることもある
 のだということで、特に小学生以上の子供さんで、英語初心者
 には、かけ流しの日本語入りを取り入れる柔軟性もありかなと思う。
 
 発想の転換というのか、英語の意味を知るためではなく、日本語の
 訳し方や使い方を学ぶということもできる
のだと思えば、日本語
 なんて入れないでとマイナスに考えずにプラス思考で考えられるの
 ではないだろうか。
 
 

 常識シリーズを皆様が飽きずに最後まで
 読んで頂けたことに深く御礼を申し上げます。
 また次の企画に向けて頑張るために
 最後の・・・いや、これからも応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング

 

 
関連記事
スポンサーサイト
* Category : コラム
* Comment : (5) * Trackback : (0) |

かけ流しのこと参考になりました * by sa-chi21
こんにちは。
こちらもまた参考になります。

たしかこのブログでドーラなどもかけながしをしていた、、というのを見かけて、早速ニコロデオンを追加契約してスカパーで今月のはじめからドーラを見せはじめたところでした。

(ORTを1か月に1セットではどうも、こどもに『飽き』がきそうで、こちらでドーラの話を拝読して渡りに船で即行動してしまいました(^^))

1歳の下の子はとくに副音声(英語+スペイン語)でドーラを見せてもクレームなしだったのですが、4歳の上の子は『日本語でみたい』と大クレームだったので、仕方ない、、とこれまたこちらを参考にして録画したドーラから英語の音声だけぬきとって、かけ流し、
『これ日本語じゃないよ』
と上の子にいわれると
『そうやねん、こっちのプレーヤーからは英語しかながれへんみたいやねん』
と、大人がきいたら見え透いたウソだけど、4歳には通じる手で英語でドーラをかけながしたら、
『日本語もできたらいいのにねぇ・・』
なんていいつつも、
"Swiper no swiping!"
なんていいだしたから、まあ、これはこれでOKだろう。。多分多分大丈夫大丈夫。
で、中にはスペイン語が多い回もあったので、これはかけ流しには採用せずに、音楽とよい表現がまじっているものをすこしずつひっこぬいては書け流しているような状態で、これでよいのだかどうなんだか・・・??
と微妙に自身がなかったのです。
が、この記事をみて、ああ、これでもOKなんだってちょっと安心しました。

(とはいってもこれで将来結果が出ないからまめっちママさんのうそつきぃ、、なんてことは思わない。こればっかりは個人差と環境が違う限り100%正解の方法はないですもんね)

ただ、『言語習得のための素養』がない方には

>内容的に複雑なものは、英語だけのものをまず
>日本語にして見てからその後、英語で見て、
>最後に音を録音したものをかけ流しの素材として
>使えるかどうか考えるようにしている。

という判断がちょっと難しいかもしれませんね。
(だからいろんな英語教材がある(笑))

うちもどっちかというと英語にスペイン語がまじってるのがいやだとか、、日本語がまじってたり、英語は米語じゃないとだめとかそんなこだわりはないです。利き腕となる母国語+もうひとつの利き腕の外国語だけはしっかり見につけさせたいなとは思っています。

ごめんなさい * by sa-chi21
↑↑投稿したらとても長いコメントになっちゃってました。すみません(汗)

* by ルーシー
ウチは、かけ流しってほとんどしてないのだ・・・
速読速聴の他は、BGM代わりにVOAを流してたくらいだ・・・
これはこれで異端児だと思う。
速読速聴は意味を英語と日本語できっちり理解した上でかけ流してました。
論理のない言語は【心地よい音】でしかないというのが
私の考えです。
英語学習をする上で、日本語の介入を忌み嫌う人が多いのはなんでだろう?
生産効率を考えると、悪い話じゃないと思うのですが。

sa-chi21様へ * by まめっちママ
長いコメント大歓迎です。
そういうコメントの中にすばらしいのが多いのです。
以前もとても素晴らしいのがあって、みなさんに
記事として紹介したこともあるので、ためになる
アドバイスと思って大事に読ませて頂いてます。
次の記事のヒントになるようなこともあったり、そういう
考えも受け止め方もあるのだと感動したり、色々な
発見があるので、全然長いコメントは気にしません。
むしろ歓迎です。
sa-chi21さんは、応用力がある方だから私の
無計画な英語育児よりたぶん絶対にきちんとできる
と思います。
自分の判断を信じてやってください。
うちの真似をすると家計が破綻しますよ(笑)

パソコン・・・・また壊れたの。
再修理中です。(泣)

ルーシー様へ * by まめっちママ
意味を理解しない言語のかけ流しは
確かにただの音楽ですね。
私が今、いくらロシア語聞いても何も頭に入らない
のといっしょですね。
日本語が入ってるのを嫌う人は本当に多いよ。
たぶんね、学校で訳せとか読解とかそういう難しい
ことばかり先にやった弊害で、日本語にするということが
ものすごい悪のように思ってしまうのだと思う。
適度に母語の助けを借りるという風に考えたら
とても効率がいいよね。
できればダイレクトに理解できるようになりたいけど、
それはかなり英語力の高い人が行き着く最終目標
だと思う。そうなれるように最後はダイレクトメソッド
に戻れるように修行中ってとこかな。


個別記事の管理2008-07-29 (Tue)
 今回の記事は書こうかやめようか、ずっと以前から考えていたことな
 のだが、基本的に私は別ブログでも一貫して言っているように、物事
 には光の部分と影の部分が必ずあり、バランス感覚が何よりも大切
 だと思っている。

 日本人はどちらかというと、ある意見が主流になりそうだと、雪崩の
 ようにいっせいに傾き、反論の余地がないぐらいに一色に世論が染
 まってしまう国民性を持っていると前から感じていた。

 だから発言力のある人が書いた本などが推奨していると、それが
 とても大事なことのように思えて、そうしないといけないのだという
 雰囲気になってしまっているような気がして仕方なかった。

 前置きはこのぐらいにして、我が家の場合に限定して言うと、私が
 英語嫌いで当然ながらあまり英語が得意ではなく、子供に英語で
 話しかけることがとても恥ずかしくて、できそうもない性格なので、
 いくら勧められても、英語で娘に話すなんて絶対にできっこないと
 ある意味頑固な立場でここまでやってきた。

 親が子供にたくさん語りかけて愛情を与えることは、何語であっても
 素晴らしいことだ。ただ、我が家はそれを日本語で行ってきただけで、
 英語のアウトプットをさせたいがために自分が定型フレーズを覚えて、
 一生懸命語りかけて発話させようとは思わなかった。

 誤解がないように言うが、自分はしなかったから反対というのではな
 く、親が楽しんで自分も勉強になるから覚えて使ってみるという分には
 全然問題ないので、親子で遊びの感覚でやるのはとてもいいこと
 だ
と思っている。
 
 でも、もし「親が話しかけないと子供の英語は伸びないのね」 
 という気持ちから、無理してぎこちなく話しかけ続けるとしたらどうだ
 ろうか?

 言いたいことをがんがん英語で言えるほどの力があり、両親で
 一人一言語担当の方針を貫ける家庭ならいいのだが、そうでない
 ごく普通の日本人家庭だったとしたら、楽しく取り組むはずの英語
 が楽しくなくなって、やらなきゃという義務感に変わってしまう
のでは
 とちょっと心配になったのだ。
 もちろんそれを負担に思わず、自分の勉強と前向きに考えられる人
 には余計なお世話だと思うが、少なからず自分にはしんどいなあと
 感じている人もいるのではないかと思う。

 子供がアウトプットしてくれるのは、親なら誰でもうれしいし、話して
 いる姿が実は一番わかりやすい成果でもあるので、できれば語りか
 けてやりたいという気持もものすごく理解できる。だから私はあくまで
 も自分の家限定、あるいは、子供が日本の幼稚園や保育園に通って
 いるから、ちょっと英語で話しかけるのは子供もいやがるし、自分も
 抵抗があるなあという方
に、肩身がせまくないようにというつもりで
 書いている。

 語りかけというのは、早期教育と少し似ていて、スタートダッシュで
 しゃべり始めが早くはなるが、その後、親の英語力がもう幼児英語の
 生活レベル以上にならない場合は、マジックもそこまでで止まってしま
 う。もちろん「それだけでも十分、子供がたどたどしく舌足らずの発音
 で英語を話している姿が純粋にかわいいから、それが見たいだけで
 レベルは関係ないのだ」
というのなら、全くその通りなので、大いに
 頑張ってやってあげてほしい


 ただ、親というのは欲が出て、発話が増えると、今度はもう少し
 難しいことも話せるようになって仕事で使えれば更にいいなあとか
 だんだん期待が大きくなってくるもので、将来を見越して、ほどほどに
 手を離し、専門家にその部分はお任せした方が後々はいいかもしれ
 ないと、私は個人的にそう感じる。

 親が高度に自分の考えや社会問題を英語で語れるのなら、親ほど
 すばらしい先生はこの世にいない
と思う。でも、大抵の家庭ではそれ
 が無理なのではないかと思うので、世間の常識にとらわれすぎて、
 自分が英語を子供に話しかけないからうちはだめなんだとは思わ
 ないでほしい。

 楽しく負担なくやれることが大切で、もしそれが苦痛なら、日本語で
 いっぱい語りかけて母国語の語彙を増やしてあげればいいのだから。
 
 自分にできることを無理なく続けることが一番
 不得意を克服していくことも大事だけれど、得意なことを120パーセ
 ント活用することも時にはあっていいのでは?と私は思う。

 バランス感覚というのは、

 「皆が語りかけをやっているから、うちも絶対
  にやらないと、子供がいつまでたっても英語
  を口にしないわ。」

 と焦ることをやめ、子供のタイプを見極めてどうすることが一番かを
 考えて、自分ができる最大の努力を惜しまないことだと思っている。

 この記事を読んだ人が語りかけしなくてもいいんだとか、語りかけ
 に反対してるんだとか、そういう風に考えてしまわないことを願いつつ
 皆がやっているイコール乗り遅れてはいけないではないということ
 を心のどこかに置いてもらえればうれしいと思う。

 
 追伸  なんだかどっちなのかわからないと思われた
     方も、白黒つけなさいよと感じた方も、やり方に
     正解はないので、決着をつけることは今後もないと
     いうスタンスで記事を書き続けていくことをご了承ください。


 親が得意なことでも娘は全然得意じゃないことも
 多く、所詮親と子供は別の生き物なのだと、あらためて
 思う今日この頃。
 だから語りかけができない親でも子供は伸びるし
 逆の場合もあるのだという世の中がちょっと矛盾して
 おもしろいと感じる方は、是非一票入れてやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (14) * Trackback : (0) |

またまた納得! * by Aides
誰かがやっている方法を否定するような恐れのある記事を書くのはすごく精神力が要りますよね。

私は初心者ですので!なんて言って、ろくに推敲せずに無謀な記事でバーンとUPしたりしてしまっていますが^^;、この記事はそういう点をよく考慮した素晴らしい文章になっていますね!流石、国語の先生は違うなぁ・・。

語りかけに抵抗のある方が無理にする必要は無い!というのは本当に仰るとおり。右向け右!で、皆がしていることをこなさないと遅れる!なんて事は無いっていう点もその通り。

記事にするかかなり迷われて言葉を選んで書かれていらっしゃるようですが、私はこのシリーズすごく有意義だと思っています。一人でも多くの方の目に留まると良いですね。文句なく応援クリックです。

Aids様へ * by まめっちママ
色々な考え方があるということを前提として
できるだけ誤解のないように自分の気持ちを
書くのは難しいものだなと思います。
言葉を選んで書いても、やはり受け止め方が人それ
ぞれで、だからこそこういうブログ上では、適当なことを
思いつくままには書けないなあと思います。
読む人が増えれば増えるほど自分の真意が
伝わりにくいということもあって、とかく無難なことを
書いてしまう傾向もありますよね。
でもバランス感覚というのは一番私が大事にしている
ことなので、自分とかけ離れた考え方であっても
どこかに一理あると思うようにして、一歩下がって
見るようにしています。
できるだけ人の生き方は尊重しつつ、流されない
ように地に足をつけた生き方ができればいいなあと
思うのですが・・・人間がまだまだできてないと
反省することばかりです。

* by ごま
こんにちは。
お久しぶりです。
お元気そうで何よりです^^

語りかけかぁ。
最近ね、こごまが日本語をきっちり理解してくれないことがとても重荷になってきます(T-T)
英語で話すと細かい部分が伝えられないように感じて、親子で思う存分会話も出来ないのかと落ち込みます。
親子で母国語が違うというのはなかなかつらいものなのですね。

私も「外国語での語りかけ」をやりたい人は頑張ればいいし、その努力はすばらしいと思います。
特に親子で母国語が同じであれば、しっかり理解しあいたいときには外国語に執着せずに切り替えればいいわけですから、そういうゆるぎない土台があるのなら大いに冒険してもいいのではないかと思います。
私みたいに親子で母国語が違う場合はどちらの言語を徹底するのかってとてもネックになってくるんだなと今更ながら実感しています。

* by さくらのはっぱ
考え方も、方法も、十人十色ですものね!
私は、たくさんの情報を全て鵜呑みにするのではなくて、
自分の考えに合うもの、信じられるものを選ぶことが大事だと考えていて、それと同時に、「選ぶ」と言うことは難しい事だなと感じています。

私は基本的に、英語はほとんど話せませんので、語りかけ(や読み聞かせ)をしようと本気で思ったことはありませんが、自分がわかる範囲のことはやっています。
例えばあいさつだったり、褒め言葉だったり。
自分が自信をもって発言できることに限定されます^^;
でも「子どもと一緒に英語を学んでいきたい」という気持も少なからずあって、ダラダラとですが、例えば何度も見た映画を英語字幕で見て見たり、出来る範囲での小さい努力はしています。
また、子どもと一緒に教材を見聞きしているだけで、聴く力話す力がホンの少しだけれど付いてきてるな・・・・と感じてはいます。

ちなみにまめっちママさんの、
「選ぶのはあなたですよ」的な記事、私はとても好感が持てると思います♪^^*


* by きゅーぴー
いやいや本当に マスコミや有名どころの影響をことごとく受けてしまう国民性やわ~ 
そう考えると 早期教育とか幼児の英語とか
私も十分 踊らされている親なのかも・・・・爆

昨日 空港でチェックインのときアジア圏の家族が後ろに並んでいてね お父さんと5歳ぐらいの男の子が英語で会話していたよ 会話しながら男の子は落書き張に母国語でいろいろ書いていたの
私は英語が得意でないのでなんとも言えないけど 息子は 「あのお父さんの英語はちょっとおかしいところもあるなぁ」と生意気に言っていた

だけど その時間は父子のコミュ二ケーションの時間なんだよね
なので 今までは私は親が英語で語りかけるのはちょっと・・・・と引いてみていたけど
その父子をみて あぁ 2人がよければそれでいいのかもって感じちゃったわ

楽しく拝読させて頂いています。 * by メイは苺のメイ
はじめまして。
数ある早期英語教育ブログの中でも、まめっちママさんはバランス感覚に富み、且つしっかりした文章を書かれるので、大変参考になります。

我が子はまめっちママさんのお嬢さんと違って、4歳になるまではなんらかの障碍があるのでは?と疑うほど、あらゆることの吸収が遅く、早期英語教育は断念しました。

ですが療育のつもりで取り組んだ様々なことが功を奏したのか、年長の現在、算数と国語については、小2レベルに達しており、次の段階として、英語教育を開始する時期と方法を模索しています。
基本的には「使える英語より点を取れる英語を」というスタンスですので(時代に思い切り逆行していますが・・・笑)公文で英検の取得を目指すことになると思います。

こんな変わり者の私なので、まめっちママさんの
>焦ることをやめ、子供のタイプを見極めてどうすることが一番かを考えて、自分ができる最大の努力を惜しまないこ
と言う言葉にとても励まされました。
ありがとうございます。

これからも躊躇わずに、どんどん自論を展開してください。
楽しみにしています。

ごま様へ * by まめっちママ
親と子で母国語が違うって言う立場もあったんですよね。
まだまだ私の思慮も足りないなあと反省です。
ごまさんはいつもとても頑張っているから、つい何でも
できるスーパーウーマンだと思ってしまいがちですが、
親子の言語の違いやアメリカという英語標準語の国で
他の言語しかもマイナー言語の日本語を子供に教え
えようと頑張っているその苦労の何パーセントも私は
きちんと理解してなかったのかもしれないですね。
根っこの部分で親と子の言語が異なるっていうのは
想像以上に大変そうですね。
でも、いつも明るく前向きでいるごまさんだから
私はとっても尊敬しているのです。
ブログだって長期に渡って続けているし、大学に
子育てに仕事もしてるし、そんなすごい人そういない
ですもんね。
いつも忙しいのにブログに遊びに来てくれて本当に
ありがとうございます。

さくらのはっぱ様へ * by まめっちママ
好感が持てると言われると、とてもうれしいです。
何かを書く時って、それを読む人がどう感じるだろう
かとかをやっぱり考えるわけですよ。
もちろん気にしすぎると、自分の主張は書けないわけ
ですが、他の人からいただくコメントというのは、実に
有意義な物が多くて、そういう見方もあったのかと
はっとすることばかりです。
中には素晴らしすぎて、私のかわりに書いて欲しいわ
と、思うようなコメントもあったりして、そういうのを見ると
ブログ書いててよかったなあと思います。

語りかけは、すべて英語で意思疎通できなくても
自分が子供といっしょにビデオやDVDやCDから
覚えたことをちょっと言ってみて楽しむぐらいの
スタンスなら長く気負わず恥ずかしくならずに続け
られそうですよね。
苦手なママはそれでも十分だと思います。
自分の語りかけや英語力が低いせいで子供にきちんと
やってあげられないと落ち込むより、自分にしかできない
ママ力を発揮する方がずっといいと思います。

きゅーぴー様へ * by まめっちママ
親子間でそれが自然なら周りがとやかく言う必要
は、確かにないよね。
うちは、娘がいやがるのと私が恥ずかしいのとが
あって家で誰も見ていなくても英語を話すことは
まあないですが、というか話す内容がしょぼすぎて
会話が続かないという方が正しい。
娘もそれがわかってるから親には頼らないです。(笑)

メイは苺のメイ様へ * by まめっちママ
コメントありがとうございます。
最初変わったハンドル名だなと思いましたが、
中国語の苺のことだと気づきました。
もしかして中国語が堪能な方なのかなと勝手に
想像してしまいました。
バランス感覚・・・これが意外と日本人には難しい
ようです。マスコミも悪いのですが、報道が偏って
一斉にたたいたり、賞賛したりそういうことがあるので
情報社会においては自分がしっかりしないと流されて
しまいますよね。
私もまだまだ思慮が足りなくて、後から矛盾した
こと言ってるんじゃないかとか、あの時の記事は
今とちょっと考えがずれてたなあとか、色々思う
ことがいっぱいで、ブログを書き始めた頃の自分は
今以上に何も考えずに好きなことを書いてたなあと
見直すと恥ずかしくなることばかりです。

機会があれば少しずつ直していきたいと思っている
のですが、なかなかできないですね。(笑)
こんなブログですが、よければ今後も読んでやって
下さい。

個別記事の管理2008-07-28 (Mon)
 早期教育の是非については、今さら議論するつもりはないのだが、
 元々あまり乗る気でなかった私が、その道にのめりこみ、一通り
 やれることはやってみた上で、今の気持はどうかと考えてみた。

 きっかけは偶然で(本当は必然だと思っているが)教材を衝動買い
 したことから始まったが、確かにこの時期はすべてのことを超スピー
 ドで吸収する次期と重なったため、天才かと思うほど英語の習得は
 早かった。口が達者だったこともあって、その上達は目を見張るもの
 があり、やはり早期教育はすごいんだと錯覚してしまった。

 実際は日本語の習得も超スピードで進んでいたし、何も早期教育
 したからそうなったわけではなかった
のだ。

 つまりどう言えばいいのか、人間の成長がゆっくり20歳ぐらいまでに
 進むとしたら、その半分ぐらいの基礎部分を人より早く6歳ぐらいまで
 に進んでしまったという感じだろうか。

 身長の伸び方を例にあげるとわかりやすいかもしれない。
 早くに伸びて中学ぐらいで止まってしまう子どもと小学校では小さか
 ったのに、急に中学以降に伸びた子供、まさにそういう表現がぴたっ
 とくるかもしれない。

 つまり早期教育で早目にある程度まで進んでしまったが、そのあとは
 ゆっくり自分の努力次第でさらなる伸びがあるか、あるいは安心して
 しまってそれ以上伸びないのかに分かれてしまうのではないかという
 ことだ。

 自分の子供を見ていてそれはよくわかる。
 娘は幼稚園までに小学2年生ぐらいまでの算数と漢字はマスターし
 ていた。でも、ここからは学年相応のレベルにだんだん近づいている。
 
 内容が高度になって、それを理解しマスターするのに時間がかかる
 ようになってきたからだ。算数に関しては小学生の範囲は理解でき
 ているようにも思うが、漢字などは日本語の語彙力の問題もあり、
 ただ絵カードやフラッシュで入力というわけにはいかず、言葉の意味
 を正しく理解し、適切な場面で使える日本語力にならないと、それに
 見合った漢字力もつかないので、単なる暗記では進めなくなった。
 
 ここを勘違いして早く進めてしまうと、本当の学力など何もない状態
 で、ただ先の学年に進んだという自己満足で終わってしまうのだろう。

 話をもとにもどすが、英語も同じだった。
 あまりのスピードで英検2級などに合格してしまったから、本当に
 理解していないといけないはずの大人社会の問題などが全然わかっ
 ていなかった。
 その穴を埋めるために足踏みして色々な日本語の本を読み、知識を
 身に付け、社会問題や文化的なことに目をむけるようにしてきた。

 それができるのが小学生の高学年というわけで、発達に見合った英語
 力がつくのは、まさにこれからかなと思う。

 だから早期教育で早めに半分は楽して到達させてもらったが、逆に
 この後、こんな調子で簡単にいくと子供が勘違いすると大変困る。

 エンジンを先にフル回転して使ってしまっただけで、あとから力尽き
 て、興味も忍耐力も減速していったら、それこそ最初はゆっくり走って
 いた走者に気づけば最後で抜かれていたなんてことになりかねない。
 ウサギとカメの話ではないが、途中で昼寝したウサギが亀に抜かれ
 た話はあながち物語の中だけの話ではないと思う。

 というわけで、早期教育はメリットもたくさんあったが、デメリットも
 あり、そこを見極めてたとえば中学受験などで、途中勉強に時間が
 とられそうな場合なら、早めに基礎固めしておいた方が楽なことも
 あるし、そうでないのなら小学生の間にゆっくり英語を幼児とは違っ
 たアプローチで進めていけばいいし、それぞれの家庭の事情に
 応じて早期教育した方がよさそうなら始めることに何の反論もない
 し、始めなくても自分のペースがあるのだから、長距離マラソンの
 気持でやればそれでいいことだ。

 目くじらを立てて反対、賛成を言う必要はないし、やると脳が壊れる
 だの、やらないと遅すぎて後悔するだのそういう次元で争うことが
 ナンセンスだと思う。

 一つだけよかったことは、娘はどちらかというとウサギタイプなのだ
 が、早めに色々できるようになったことで、自信を持って他のことに
 もチャレンジし、自分の可能性を低く見ないようになったことかもしれ
 ない。なんでもやれば夢がかなうと信じられるようになったことだけは
 純粋によかったと思える。
 それ以外は特に早期教育したからこそできたなどというものは、正直
 ないが、この気持ちがプラス思考になるだけでも大きいと言えるかも
 しれない。

 これだけのために随分お金もかかったが、高い授業料ということで
 今後の反省と進むべき方向性を見いだせたことが成果だと思うこと
 にしよう。

 
 
 次回は、語りかけについて少し考えてみようと思う。
 パソコンつぶれずに動いてくれるかな・・・・・
 修理したのに、直ってないってどういうことや!と
 怒りながら、内心びくびくして、更に雷も今鳴っているので、
 もうパソコンが心配で心配で仕方ない小心者の
 まめっちママに応援クリックよろしくお願いします。
 (傘も持たずに夏期講習に行った娘は心配と違うのか?  
 ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング


 

 
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (10) * Trackback : (0) |

参考になります * by sa-chi21
こんにちは。機能のPart1からこのシリーズ楽しく拝読してます♪
今まで読んできて、大人が(中学生、高校生も含む)なにか新しいものを習得する時と子供が新しいものを習得する時の、最初のスタートダッシュの違いこそあれ、あまり相違がないのだなぁという感想でした。

こどもがカメタイプなのに早期教育でと詰め込みすぎても、実はマイナス志向を植えつける結果になったりすることもありますものね。たとえば、小学校受験がアダになるパターンなど。
(これは『隣のこどもはどうやって東大にいったか』という本をたまたま読んで知りました、あ、別に東大にいれたいわけではないのですが、、、たまたま自宅近くの大学が超難関国立大なので興味がわいて)

まだまだ、わたしたち親子は親子英語をはじめたばかりで、のらりくらりとやってますが、こどもの興味、知的欲求を自然と広げるような形で、わたしは機会を与えているにしか過ぎない状態です。と、申しますか私の趣味にむりやり引きずり込んでいるような・・・(^^;

>自分の可能性を低く見ないようになった

とても重要ですよね。
ほんと参考になりました。また次回楽しみです。こちらも雷雨です。





すごく良い記事! * by Aides
うんうんと納得して読ませていただきました。
多くの方に読まれるブログでこういう有意義な意見を公開して下さるというのは素晴らしいですね!
この記事は最初から最後まで「仰る通り!」の一言です。多くの方に読んでもらいたいですね^^

sa-chi21様へ * by まめっちママ
スタートダッシュしてそのままの速度で走り続ける
ことは、無理ですよね。それで途中からは速度を
落して調子を整えながら、終盤に向かって頑張る
って感じでしょうか。
早期教育は短距離走みたいな感じですね。
そのままゴールしてしまえれば楽だけど、道は
長いですから、ダッシュしすぎはやはり息切れしちゃい
ますよね。
そのあたりをよく考えて進もうと思います。
雷怖かった・・・・
やっと雨がやんでくれてほっとしてます。

Aids様へ * by まめっちママ
ありがとうございます。
気合いが入った記事はそう書けないので、しばらく
したら、また壊れてしまいそうです。(笑)
時々思いついたように真面目に、大概はどこか
ふざけてますが、楽しくそれでいて少しはためになる
記事を書き続けたいです。

とか言いながら、早くシュークリーム食べたい
とか、そんなことばかり考えています。

難しい。 * by ちょーこ
少し難しかったので言いたいことをきちんと理解できてないかもしれませんが、子育てって難しいですね。
おっしゃるように、子供の伸びのカーブには、いろんなタイプがあるようで、わが子は立ち上がりが遅いカメタイプです。(立ち上がる時が来るのか親は常に不安と闘ってますが)

早期教育の効果が早めにいろいろ出来るようになったことで自信につながったこととのことですが、
これもタイプがあるのかもしれませんね。
うちの娘は、早期教育のおかげで保育園時代英語ではクラスの誰よりも目立っていましたが、英語に自信を持つことはなかったです。自分で頑張ったことがないので誰に褒められても自信にならないのです。
逆にプールではみんなができるお顔付けがクラスで一人できなくて、みんなが泳げるようになってる頃、自分なりに毎日練習して、頑張ってやっとできました。顔付けだけなのにできた後、「私はプールができる!」って自信満々でした。(実際そこからすごい勢いで伸びましたが)

お嬢様のように自分の相対的な位置を把握して自身につなげられるお子様もいれば、娘のようにレベルに関係なく、努力の対価としてやっと自信を持てるタイプも、そして他にも子供の数だけタイプがあるのかもしれないですね。

* by バニラ
>目くじらを立てて反対、賛成を言う必要はないし、

本当にそう思います。
スタートの早い、遅いがあっても、最終的に到達する地点は同じだと思います。
どちらで始めても、それぞれに一長一短があると思います。
早期教育ができる環境というのは、ある程度の出費がかかるので、それができないご家庭のほうが大多数です。だから、そこに僻みや妬みが生じてしまうかもしれません。でも、スタートが遅くても、早期教育で伸びる範囲というのは、2、3歳の幼児には難しくても、8、9歳の子供には難しくないわけです。
イソップ物語でも、うさぎと亀の競争で、亀が勝ってしまいますよね。あれと同じで、スタートが先行していても、20歳手前で、のんびり余裕かましていると、後から追ってきた子供に抜かされてしまいます。逃げ切ろうと思えば簡単なのに、それがなかなかできない人が多く、逃げ切りでトップを維持できるのは、一握りだなという気がします。

娘に関しては、亀タイプですが、ピアノなんかは、まさに早期教育していないと絶対ダメ・・・とかいう常識があります。
娘のピアノ友達を見ると、娘より年下か同年齢で、すでにリサイタルを開いているプチプロがいます。明らかに、現時点では娘とは比べられないほどレベルに差があります。
が!・・・20歳になる頃には、技術的には並ぶか、下手すると追い抜く可能性もあると思います。
ジュニアちゃんは、ピアノに興味を持っていないと聞きましたが、算数と音楽は深く結びついているらしいので、算数の得意な子供は、音楽も得意だと聞きます。
たまたまピアノに興味を持っていなかっただけで、他の楽器が合っているのかもしれませんよ。
うちも受験が終わってから始めたピアノなので、まだまだあきらめないほうがいいかも。
日本だと楽器は、バイオリンかピアノしか選択幅がないのが玉に傷ですけど。

私は、ウサギ型、亀型、両方のタイプの子供があってこそ、切磋琢磨できると思うんです。
正々堂々と、競い合うのって青春じゃないですか!!

早期教育で何か得意な分野を開拓して伸びているお子さんがいるからこそ、私もあーなりたい、僕もなりたい!って続くわけだし、後から伸びてくる子供がいるから、ウサギ型の子供も、いつまでも先行したアドバンテージに頼っていられないわけです。

どの子もみんな切磋琢磨で、立派な大人に成長してほしいですね。

ちょーこ様へ * by まめっちママ
本当に子育てって難しいですね。
できるからうれしくて頑張る子もいれば、できなくても
できるようになるために頑張って、それがどんな小さい
ことでも自分の力でできたことに喜びを感じる子ども
本当に色々いるのですね。
私は個人的見解では、早期教育はしなくても大丈夫
だと思いますが、やってよかったこともあったので、
子供のタイプを見極めることができたという点だけで
もプラスだったと考えるようにしています。
成果があったから早期教育はよいとか、でなかったから
やっても意味ないとか、そういう白か黒しかない対立
がなくなって、子供のために本当になることなら、それ
が早くてもゆっくりでもゴールに向けて進むのは同じ
だなという感想です。
どの子も素晴らしい未来に向かって成長してほしい
ですね。

バニラ様へ * by まめっちママ
結論は、どの子も伸びる時期が必ずあるから、それを
見つけてあげて伸ばしていければいいなってことです
よね。スタートダッシュである程度先に進んでおいた
方が安心して進めるのならそれがいいし、息切れする
のはいやだから、ゆっくりいくこれでもOK。
たまたまうちは流れがあって英語をやる機会に恵まれ
たので、こうなったけれど、もし最初にはまったものが
他のことだったら、きっとまた違ったやり方をしていた
だろうなって思います。
音楽はあきらめない方がいいかな?
全く未だ興味なしの様子ですが、弦楽器の方が
まだいいそうです。ピアノはもう・・・・・・
沈黙するほど、ど素人で、ここまで下手だと、かえって
気持ちいいと思ってしまいます。(笑)
バイオリンや胡弓ならまだできそうな気がしますが、
中学入ったらぜひとも胡弓をわたしと二人で習って
みたいです。(ほんの少しは弾けるんです。)

音楽と算数が結びついてるのなら、うちもまだ
一ミリぐらいは、可能性があるかな?
そう信じていつか急にやる気満々になtってくれたら
いいなあ。(一億年先のことかも・・・・)

ためになりました。 * by らら(Garago)
まめっちママさん、こにゃにゃちは。

すみません、難しいお話だとアタマがとけてしまうのですが、わからないなりに考えさせられました。わたしの場合、母親に教育熱心にふるまわれた子どものほうなんですが(^^)、うちの母は知力不足で(笑)、わたしが小2くらいのときには撤退しちゃいました。でも、母親の呪い(笑)、いえ、期待みたいなものは、いまではわたしの人生の一部になっちゃってます。

その期待のなかに、「common senseにふりまわされず、private senseでいきなさい。他者に対してできるだけ偏見のない状態でのぞみなさい。そうすれば、助けてもらえるし、助けることもできる」というものがありました。まめっちママさんのおっしゃる、常識を疑おうということとどこか通じてるかな、となつかしく思い出してしまいました。

蛇足ですが、楽器はわたしの場合、小さいときから心の支えになっています。そして、ここでは「うまくなかったけどスキだった」というのがポイントです。つまり、最初から競争のしようがなかったわけです(おかーさん、ごめーん)。でも、災い(?)転じて福をなすですよ。異文化間を移動しながら生きていると、言語表現というものにくたびれ果てるときがあるので、「非言語的表現かつ非競争的で、心から楽しめる何か」としての楽器にすくわれるからです。

生きていく上でその人なりにアチーヴしなくてはならないことや、そのさいに他人と競争しなくてはならないこともいっぱいあると思います。それだけに、アチーヴしなくてよくて、修行のように道を究めることもなく、ひたすらタラタラ、ウットリできるっていいかも。そういうときは、才能のなさこそが人生の贈り物かもしれません(^^)。

ありがとうございます。


らら様へ * by まめっちママ
なるほど。
才能のないことが人生の贈り物ですか。
そういう風に考えられるっていいですね。
確かに好きな楽器を人との競争なしで、うっとり
自由に気ままに弾けるっていいですよね。
娘のピアノもそうだったらいいのですが、まるで
興味なしです。(汗)
うちの場合は、英語が人との競争なしでできる楽しみ
みたいなところがあります。
入試とかだと、合格不合格しかないので、いやでも
人と競争しないといけないですよね。
英語はある意味、好きな英語ドラマを見るためで
あったり、映画を楽しむためだったりして、娘に
とっては、何が何でもないといけないものではないと
いのがいいのかもしれないです。

個別記事の管理2008-07-27 (Sun)
 これから書くことは少し辛口の話になるかもしれないが、あくまでも
 我が家ではどうだったかという前提で読んでもらえたら幸いだ。

 子供が一人一人違うように、家庭での考え方もめざすものもやり方も
 違うのだから、反論、納得色々あって当然なので、絶対に正しいやり
 方などはないと思って読んでほしい。

 現在英語なり他の言語で幼少期から育児をしている人は、相当数
 いると思われるが、巷で言われている常識や書店でみかける本など
 に書かれていることがかなり偏っていると思うのは、私だけだろうか?

 うちはたまたま教材の衝動買いという暴挙に出たため、1歳半から
 英語に触れてはいたが、元々早期教育は反対だったので、早く
 からやらないとだめだという常識は我が家にはなかった。
 
 一時期、多言語をどうしてもやらないといけない事情ができたため、
 フランス語を学び始めたが、この時すでに5歳で、完全に日本語が
 固まりつつあり、さらに英語もかなり進んでいたので、全く親が素人
 では、読み聞かせどころか、単語一つもわからず、家でのフォロー
 はゼロだった。それでスクールにかなり長い時間お世話になり、
 母国語方式に近い状態で頑張ってみたが、日本語と英語の時間で
 精一杯で、習得に必要な時間を確保できず、ものすごく中途半端な
 ものになった。
 この時期の話はまだ全部お話できるようにはならないが、相当
 クレイジーな毎日を送っていたので、だからこそ今、その時の反省
 を込めてどうしてもみなさんに知っておいてもらいたいと思う。

 ある言語をある程度習得させるには、相当量の時間が必要で、それ
 が3言語だと、両親が共に日本人で、全く一言も分からない状態で
 は、ぺらぺらになるにはほど遠いという結果になった。

 ここで言いたいのは、我が家の失敗をだから早く始めた方がよかった
 のだと勘違いしないようにしてほしいということだ。

 早くはじめても、時間的に少なかったり、継続性がなかったりすると
 ストックされるものが切れ切れになり、バラバラのピースがただ断片
 的に整理されないまま引き出しに入れられている状態にすぎず、
 結局、それを論理的に構築したり、まとめていつでも取り出せる状態 
 にはできない。

 ところが年齢が上がってみると、自分で整理して頭の引き出しに分け
 ることができるようになる。母語が発達し、論理的に学べるように
 なるので、興味があれば信じられないほど素晴らしい能力を発揮して
 あっという間に、小さいころにやって忘れてしまったことを再構築して
 確かな記憶にかえてその当時の能力を抜いてしまう。

 私はそういう子供をたくさん見た。
 そろばんでも、他の楽器でも彗星のように現れて抜き去っていく子供
 が存在する限り、小さい頃からやることでアドバンテージをとろうと
 言う考えは限りなくなくなっていった。
 
 その証拠に最近、娘は中国語の構造を理解できるようになってきた。
 中国語も一時期フランス語と同様にやっていたのだが、その時は
 全く習得できなかったのに、今なら理解力が増したため、私の言う
 ことを納得できるのと、英語との類似性を見いだしてわかるかもしれ
 ないと自分で思うようになってきたからだ。

 発音も自分でお手本の音とどこが違うのかわかるようになってきて
 そうなると、あれほど嫌っていた私から発音矯正されることも、いや
 がらないようになった。ここで言う発音は英語の発音とは全く異なり
 ネイティブのようにという意味ではない。中国語の場合、なまりの
 ある人の方が多く、標準語を話す人に会うことの方が少ないし、
 それをどうのこうのと言うことは全くナンセンスなので、最低限の
 意味が通じる声調のことを意味する。声調が狂うと意味が別の
 ものになるので、これだけは直さないと通じないので、仕方なく矯正
 という形になる。

 こんな風に大きくなってからの方が理解が早く、やる気次第でできる
 ようになる可能性が高く、それに気づいてから、私はすべての常識
 をまず疑い、本当にそうなのか?と一呼吸置くことができるように
 なった。
 
 他にも常識と言われていることと違うようにやっていることはたくさん
 あり、それは次回に書くことにするが、かけ流しの常識、語りかけの
 常識などできれば書かないでおこうかと思ったことを少し自分なりに
 まとめてみようと思う。

 
 3回ぐらいの連続記事になる予定なので、
 好き嫌いは別として、読んでやろうと思われるなら
 記事が早くでるようにクリック応援してくれるとうれしいなあ・・・・
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
 

関連記事
* Category : コラム
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ルーシー
早期教育って言葉、
ぶっちゃけワタシはお腹いっぱい。^^;;;
だって、まめっちママさんが指摘するとおり、
例外が多すぎるもん・・・
ワタシなんて、娘に死ぬほど本の読み聞かせしたよ。
名作全集みたいなのを大人買いしてさ。
けど、あの日本語だしぃ・・・  (((*≧艸≦)ププ…ッ

3回連続ワザ、がんばれ~~~!!
ポチ通いしてまっせ。

ルーシー様へ * by まめっちママ
3回連続書きたいんだけど。うちのパソコンが・・・・
修理から戻ってきたのはいいんだけど、直ってない。
データー抜いてハードディスク交換をしたらしいけど、
それで不具合発生ってどうなん?
戻ってきてスイッチ入れた途端にシステムの修復って
何よ!なめとんのか~!って叫びたい心境でした。
ものすごい今関西弁モードになってます。(汗)
たのむよ。パソコンちゃんと動いてくれ~。

夏休みは小さい頃に習得できなかった中国語を
がんばってみるつもりです。だって今のほうが
あきらかに覚えるの早いし、ちゃんと理解してるから。
あの時、ダイレクトメソッドで習ってた時のレベルを
抜いて今の方ができるって・・・・・・
やっぱり早期教育っていいところもいっぱいあるけど
あるレベルまでちょっと早く到達するってだけで、
それ以上は後からのほうができるんだなあと実感。

基礎部分の習得をやっているという感覚なしで
到達できるっていうのが早期教育の一番のメリットかもね。

子供は負担に感じずに遊び感覚であるレベルには
必ず到達できるっていう意味では、教材と同じだと思う。


個別記事の管理2008-07-26 (Sat)
 もう随分昔になるが、コンピューターグラフィックを使わず、全編を
 マペットが演じる知る人ぞ知るファンタジーの名作
 「ダーククリスタル」のDVDをやっとGETした。

 ずっと買おうと思っていたが、品物がなくて、あっても値段がすごく高
 くなっていたので、迷っていた。

 ハリーポッターやナルニア国物語もいいが、私はこれをはじめて見た
 時、あまりの映像の美しさとストーリーのすばらしさに感動した。

 知っている人は少ないかもしれないが、マニアの間では評価が高か
 かったと記憶している。
  ↓ ↓ ↓
 

 映像は全体的に暗く幻想的で、今のコンピューターグラフィックに慣
 れている人にとっては物足りないかもしれないが、当時あれだけの
 ものを人の手で作り上げたというのは驚きだ。

 娘が大きくなってこの物語を理解できるようになったら、絶対に見せ
 たいと思っていた。

 この頃私は週に何本も映画を見ていたので、かなりの映画おたくな
 のだが、良い作品はいつまでも色あせず、世代を超えて感動を共有
 できるのではないかと思う。
 
 私が好きなものを娘も好きだとは限らないが、親子というのは趣味が
 似てくるもので、いつのまにか私がやっていたことを娘もやっていたり
 するので、親の影響はやはり大きいのだと思う。

 映画好きの私の趣味で、娘の英語はもっぱら映画から学ぶことが多
 いような気がする。

 次は「インディージョーンズ」の最新作を見て、過去の一連の作品を
 もう一度見て、ハリソンフォードの格好良さを再確認でもしよう。
 (ママの趣味が著しく出ている・・・
 

 ハリソンフォードも随分年をとったなあと思うが、
 そういう自分も確実に年をとっているということを
 忘れて、恐れ多くもビキニをまだ着ようとする
 まめっちママに応援クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓

 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
関連記事
* Category : 映画で学ぶ 
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2008-07-25 (Fri)
 娘は何度も同じ本を読むのが好きで、最低5回ぐらいは読み込んで
 いるので、大抵何が書いてあるかを暗記している。
 (勉強の方もこれぐらい繰り返せばいいのに、それはしない
 繰り返すと言うことは大切なので、それはある意味とてもよいことだ
 と思うのだが、余計なものも頭に入るようだ。

 「ドラゴンボールZ」の英語版を久しぶりに読み返していた娘は
 当初、気に留めずに読み飛ばしていた部分を今度はじっくり再確認
 しながら読み始めた。

 するとやはり実はよく知らなかった単語もたくさんあることに気づき、
 たまに私にどういう意味かを聞いてくることがある。
 (こっちに聞かれても知らんがな・・・・)

 聞いたことのない単語もあるので、電子辞書を引いてみる。
 多読のように読み飛ばしてしまってどんどん次に行くのもいいが、 
 同じ物を読み返す習性のある娘は、わからないと同じところでひっ
 かかり、そのもやもや感はどうしてもぬぐえないので、やはり意味
 の確認はしたほうがよさそうだ。

 ただ、今回の単語はどうでもいいと言えばいいような単語で、適当
 に読み飛ばしても大体の意味はわかるし、状況で何を言ってるのか
 理解できるシーンで、しかもあまり重要な単語でもないどちらかと
 いうと汚い言葉の部類に入るものだった。
 
 「nitwit(ばか者、まぬけ)」
 「clod(ばか、のろま)」
 「dolt(薄のろ、とんま)」「boob(ばか者)」
 「imbecile(ばか)」
 

 相手をののしる喧嘩のシーンで出てくるので、まあこんな意味だろう
 ということは十分わかるので、さらっと読み飛ばして終わりでもよかっ
 た。それにしてもこの手の言葉は、たくさんあるのだなとあらためて
 思った。私は語彙力がないので、せいぜいstupidとかfoolishとか
 idiot、slowpoke
ぐらいしか知らなかったが、子供向けの絵本のCDの
 中にもslowpoke(のろま)なんて言う単語が出てくることもあるので、
 全くこういう言葉を無視するわけにもいかないのだろう。

 知っていた上で、使っていい言葉とそうでない言葉を自分の中で
 きちんと分けて考えることができればそれが一番なのかもしれない。


 
 もっと使えるいい単語をたくさん覚えたいと思う
 のに、しょうもないことばかり印象に残る困った
 脳みそをなんとかしたいまめっちママに活力を
 与える暖かい一票入れてやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
関連記事
* Category : 漫画で学ぶ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

パンツマン * by ルーシー
サリーさんとこのプチーちゃんが熱中してるパンツマン。
ウチも以前ハマってたんですけどね。
サリーさんも書いてますが、
『はぁ~?へぇ~~!』って単語がいっぱいあるんですよ。
(ジュニアちゃんは読んでましたか?)
でも、大筋は分かるし、キーワードじゃないんだろうけど、
念のためと辞書引いてみると、
『コレは覚えんでよろし』って単語であることが多かったです。
そして、そんな単語ほど子供の頭に入る、入る。^^;;;

ちっこい子は場面をわきまえないけど、
高学年ともなると、ちゃんと使い分けられると思います。
知識として(やくにたつことはないかもしれないけど)
知っていることは悪くないですよね。



ルーシー様へ * by まめっちママ
パンツマンのシリーズはうちは実は読んでないの。
今はもっぱら日本語の本かな。
推理物にけっこうはまっててね、そういう時期がある
んでしょうね。
国語力を伸ばす時期だから日本語の本ははずせない
しね。芥川龍之介や宮沢賢治なんかも読んでほしい。
塾の長文もすごく難しくなってるから、娯楽性の高い
ものばかりでもだめだし、頭が痛いわ。
洋書ももっと読みたいけど、時間がとてもなくて・・・
受験は思っている以上にハードです。


個別記事の管理2008-07-24 (Thu)
 娘の口から英語に関係のある話を聞くことはあまりないのだが、時々
 気が向くと、私に英会話スクールであったことやテレビから覚えた
 表現などについて話してくれることがある。

 そんな時は、私の英語力をもしかしたら確かめているのかもしれない
 が、娘がどういう単語を知っているのかがわかっておもしろい。

 「ママ、邪魔者(侵入者)がいる!って
  どう言うか知ってる?
  ひとりの時と沢山の時があるけど」


 「・・・・」
 (全然思いつかん・・・

 「ヒントはwe haveを使って」
 
 「・・・・・・」 
 (余計にわからん・・・・o) 

 「we have intruders.」

 「それはどこから知ったん?
  テレビで言ってたん?」


 「スパイが何かを調べてて 
 そこの親分ににみつかった時とかに
 そのボスが侵入者だ!と叫んだり、放送して、
 子分を呼んだりする時にいつもこう言うねん。」


 ご丁寧に絵まで描いてくれて、ボスと子分の位置関係や
 状況を教えてくれた。

 例えば、ボスがひとりの時に部屋で侵入者を発見した時は
 「Who are you?」と言って、スパイが逃げようとしたら、ボタン
 を押して他のみなに放送してさっきのセリフを言うのだとか、
 何人かの子分とボスが一緒の時でそれぞれがバラバラに
 立っているときはどうだとか、色々細かいことを説明してくれた。

 ただ楽しいだけかと思っていたのに、随分こだわって見ているのだ
 ということがわかり、感心した。と同時に少しほっとした。

 ちゃんと小学生ならではの観察力もついて英語も場面に応じて
 どういう言い回しが適切なのかを自分なりに分析していたからだ。

 私が思っている以上に娘は英語を自分できちんと整理して頭の
 引き出しにため込んでいるようだ。

 この調子だと無駄に心配することはなさそうだ。
 
 私の出番はますますなくなりつつある。
 でも、それでいいと思う。いつまでも私の方がよくできるのでは、
 所詮娘の英語は幼児英語で終わっていることになるから。



 PS こうなったら中国語のDSソフト買ってできるとこを見せたろ♪
    (大人げない考え方だと思う
 

 親の威厳が日に日になくなるかわいそうな
 まめっちママに愛のクリックで励ましてやってください
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
 
 
関連記事
* Category : アニメ、ドラマで学ぶ
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by やきいも
邪魔者、って言われたら分からないけど、侵入者なら
=intruder と、頭の中にインプットされていました。

でも、英語対日本語の単なる対応の暗記であって、娘さんみたいにリアルに状況の中からニュアンスを知っていたわけではないです。

DS中国語、いよいよ買いますか?
親の威厳!を見せつけますか!?

加油!!

やきいも様へ * by まめっちママ
中国語に関しては勝負にならないので、勝っても
あまりうれしくはないかもしれません。
でも、耳はやはりいいようで同じように真似して
当たらずとも遠からずの発音とイントネーションで
それらしくは聞こえます。
元々威厳なんてこれっぽっちもないんですが、
我が家はゆる~い家で、厳格とはほど遠いどちらかと
言うと甘い親です。

やきいもさんの中国語も進んでいますか?
私は最近さっぱりですが、教材の中国語が遅いと
いうことははっきりしていて、現地に行くと、あまりの
早口でまくしたてる人が多いのとめちゃめちゃなまって
ますという人ばかりで、やはりサバイバルで当たって
くだけるの気持ちが必要だなと思いました。

でも基礎を学ぶのに美しい標準的な言葉を聞くのは
大事だとも思っています。みっちり基礎をやって
からだと習得が何倍も早いのも確かで、私の英語は
基礎がなかったため今でも苦労してますから、中国語
は我流よりきっちり習った方が断然発音も上手くなる
ような気がします。


* by ルーシー
そうそう!
子供って映画なんかの具体的な場面を正確に再現して
例えとして引用して説明しちゃうよね。
あれはワタシも常々感心していることです。
日本語でも英語でも、です。
集中力なのか、大人と見るポイントが違うのか・・・

ワタシも親の威厳を失いつつあるけど、
貫禄は日々ついてきてます・・・体格が・・・ToT

ルーシー様へ * by まめっちママ
集中力というよりはなんか全然違うところを
見てるような気がします。
子供の能力はすごいなあといつも思うけど、親は
それの半分も出せてないよね。

親の威厳なんて英語に関しては全然ない我が家ですが、
確かに体の貫禄はついてくるね・・・(笑)

個別記事の管理2008-07-23 (Wed)
 HDDコンポを修理に出しているせいで、かけ流しにためこんだ音声
 を聞くことができず、仕方ないので、昔録りだめした幼児教材の
 MDなどをもう一度出してみた。

 さすがにもうDWEを聞くことはないが、小学生になったので、ひょっと
 して当時挫折したドイツ語なんかも今聞くと案外興味を持つかもなど
 と考えて、ちょこっと他言語教材としてDWEを売りに出したお金で
 買った「チャスピー」の音声をものすごく久しぶりに聞いてみた。

 世界名作物語が英語とドイツ語あるいは英語とフランス語で収録され
 ているので、「かぐや姫」と「オズの魔法使い」を英語でまず聞いてみた。
 かなり遅い話し方だなと思った。

 こんなにゆっくりはっきり話していたんだとあらためて驚き、当時は
 本当にそうは思わなかったので、やはり自分の英語力も知らず知らず
 上がっていたのだった。その後、ドイツ語を聞いてみたが、英語と似た
 単語が出てくるので、娘もまんざらではなさそうだった。
 
 調子に乗ってさらに懲りずに中国語のスピードラーニングCDもかけて
 みた。これもゆっくりなので、とてもわかりやすく、しかもセンテンスが
 短く区切られているので、口でさらっと真似して言いやすい。
 まさに娘にはちょうどいい長さなのだ。

 最近は勉強が忙しいので多言語どころではなかったのだが、息抜き
 で日本語部分を聞いているだけでも楽しいので、ついでにフレーズの
 一つでも頭に入ればもうけものと思って、楽しく親子で聞き流していた。
 私には少し易しすぎるけれど、娘が聞くにはちょうどいいのだ。

 真似できるフレーズも前より増えてきて、たまにかけ流すのも悪く
 ないなあと感じた。それとDSのソフトで中国語を初歩から学べるもの
 が出たようなので、そういうので遊んで覚えてくれないかなと思うのだ
 が、さすがにそれは「いらん」と言われてしまい、がっくりした。

 まあ親が強制する物ではないので、いつか興味を持ってくれたら、
 いいかと気楽に考えている。

 とかいいながら、実はものすごくDSソフトが気になる!
  ↓ ↓ ↓
 

 いやいやもう無駄に衝動買いはしてはいけないと心に誓ったはず。
 ああでもとてもほしくなる・・・・・
 値段が安いのがかえっていけない。
 うんと高かったらそんな気もおきないはずなのに・・・・


 しょうもない他のソフトを買うぐらいならDSで中国語してる方がいい
 よねえとか、理屈をつけてみるのだが、子供はこれで勉強したい
 わけではなく、遊びたいのだから親が余計なことをしないのが
 一番なのだということもわかっている。

 懲りない性格だなと自分でもあきれる。
 色々便利でよさそうなものが世の中に多すぎて、全くいいのか
 悪いのかわからない時代だとつくづく思う。



 夏休みは給食のありがたさが身にしみて、早く学校に
 行って欲しいとまだ始まったばかりなのにもうそんな
 不謹慎なことを考えてしまうまめっちママに、その気持ち
 わかるよと言う方はポチポチっと押して応援してやって
 下さい。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
  
 

 
関連記事
* Category : 日々の取り組み記録
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

思いたったが・・・ * by ぴょんママ之助
やっぱり・・・
思った日が吉日ってことで♪
私は買うべきだと強く勧めます(^^)v

チャスピー♪
いいですよね(^^)v

ぴょんは
ドイツ語だと「ヘンゼルとグレーテル」が好きです(^^)v

私は豆博士の
女の子がふたりで
りかちゃん人形とバービー人形で
遊んでいるDVDが好きです♪

ドイツ語は娘に嫌われてしまいましたが
私が唯一文法がわかる英語以外の言語なんで
まだあきらめてないんですよね・・・(^^;

今年の夏休みに
また頑張ってみようかな♪

中国語も本当に
あきらめきれないんですが・・・
どうしたらいいでしょうかね・・・
日本語が怪しいので悩んでいる最中なんです

でも・・・まずは・・・
Disneyの「ムーラン」を試してみようかな(^^)





ぴょんママ之助様へ * by まめっちママ
多言語やってると、大変よね。
でもなんか諦めきれず、欲しいものがあると買いたく
なるのよね。
このDSソフトなかなかよさそうで、これだと初心者でも
勉強できそうなので、かなりいいかも。
うちは今の方が理屈で理解できるので、中国語は
かなり教えればなんとかなりそう。
発音は私が徹底的にチェックして直すとして・・・
後は時間とやる気だけなんだけどね・・・

受験があるからね・・・・どうしても一番後回し。
まあおまけみたいなもんだから、そのうち自分で
目覚めてやってみようかなと思ってくれればそれで
よしとしようかな。

個別記事の管理2008-07-22 (Tue)
 娘の学校では、小学1年生から総合学習の時間に英語をすでに
 導入している。先生は日本人のバイリンガル講師の方で、授業
 は基本的に日本語で説明されている。

 私はネイティブにこだわっていないので、それはいいのだが、この間
 とてもおもしろい話を聞いた。

 授業では歌を中心にゲームをしたりしながら楽しく英単語を覚えたり
 おきまりのセンテンスを習って反復するようなスタイルで進められて
 いる。今回はI like~という形を習っていて、~の部分に色々な単語を
 入れ替えて歌で覚えるという趣向だったようだ。

 その歌の一節はこうだ。

 I like yellow. Yes I do.
 I like yellow. Yes I do.
 I like yellow. I do too.
 I like yellow too.
 
 特に難しくはないごく普通の歌だが、この同じフレーズの繰り返しで
 単語を入れ替えて次々と歌が進んでいく。
 yellowの次はbaseballとかice creamとかそういう単語で、日本語
 としても定着しているので、わかりやすいと思った。

 この歌はネイティブが歌っているCDを流していて、それを聞いて
 質問に答えるそうだが、ここで先生が次のように言った。

 「はい、この中にどんな単語が出てきましたか?」

 子供達は我が先と手を挙げて答えようとする。
 
 「アイスクリーム!」
 「イエロー!」
 「ベースボール!」


 ここまではよかった。

 「他には何かありますか?」

 するとひとりの生徒が

 「野菜ジュース!」

 この時、娘は心の中で
 (・・・・そんなんあったかな?
  うちのリスニング能力落ちたのか?)

 とまじで悩んだそうだ。

 すると他にも10人ぐらいが

 「あった。あった。野菜ジュース!」
 
 と、同調したので、先生は

 「それじゃあ、もう一回聞いてみようか」

  そう言って、CDをもう一度かけた。

 すると最初のI like yellow, Yse,I do,

 のところで、激しく皆が反応し、口々に言うので、先生は

 「みんなで言うと聞こえないので、
  今度は手を挙げてね。」

 そして再びCDをかけると、娘を除いてほぼ全員Yes,I do.
 のところで手をあげた。

 Yes,I do.(イエス アイ ドゥー)
   ↓
 ヤサイジュース!


 なるほど!

 英語が全くわからない子供が聞くと、日本語の知っている単語に
 見事に変換されて聞こえるのだ。

 聞き違いはこうして起きて、この程度なら笑って訂正できるが、親が
 わからない単語なら・・・・・そのままになるのかもしれない。
 こういう間違いを自然に訂正するには、英語の時間が少なすぎる。
 何度もよく似たシチュエーションが出てきて、大人から直されて始め
 て習得できるのが言葉というものだから、英語を日本語と同じように
 自然にまかせるだけでは、とうてい無理だということがよくわかる。

 だから私は小学校の3年ぐらいになったら、親だけで子供に英語を
 教えることは限りなく苦しいと思う。

 日本では自然に使えるようになる機会は少なすぎ、ある程度、文字
 や文の構造を教えないと、使える英語にはならないと思った。

 歌やゲームが悪いわけではないが、楽しかった英語が実はあまり
 使えないもので、中学でいきなり文法という形でいやになるなんて
 ことがあっては、何のための小学校からの英語授業かわからない。

 教えるべきところは教えてCD教材を充実させ、家庭学習と連動
 させなければ、5年生からの本格的導入も中途半端になりそうだ。

 それにしてもすでに4年生にもなると、耳はもう大人と同じで英語を
 そのまま聞いて歌えるようにはならないみたいだ。
 
 娘はだまって変だなあと思いながら、授業に参加していたそうだ。
 どう聞いてもそうは聞こえないので、かえって戸惑ったのだろう。

 小学校英語・・・まだまだ課題は多そうだ。

 

 PS 埋蔵金をMy雑巾と聞き違える娘も
    人のことは笑えないと思う。

   
  My雑巾おもしろかったら、ポチっと
  押して笑って応援してやってください。
   ↓ ↓ ↓
  親子英語ブログランキング

  人気blogランキングへ

  ナレコム ブログランキング

 
関連記事
* Category : 小学校英語
* Comment : (8) * Trackback : (0) |

* by juicy
ナイス!!
かなり笑いました。
私は日常茶飯事ですな(汗)
子供達は、どこで覚えたのか外来語を普通に発音せずにアクセントが初めの片言の外人っぽい話し方で言います。
外来語って不思議なんだろうなぁって思います。

確かに!(野菜ジュース) * by ゆっきぃ
チャスピーの件では、いつもながらご丁寧な
メールをありがとうございました
野菜ジュース、あまりにも思い当たるのでこちらに
先に書き込みさせていただきます。


野菜ジュースではないですが、私が英語に興味を
持ち始めたのが小5のとき。今と違って、そのへんに
英会話教室があふれているような環境ではありません
でした。(土地柄もあると思いますが)
バリバリの日本人講師が教える小学生向けの英会話
教室があるのを知って、親に頼んで通っていましたが
yes,it is.がどうしても言いたくなくて、先生に促されても
だまったままでした。
だって、先生の言うyes,it is.は何度聞いても
イエス、言っていず と聞こえるんです
それって英語じゃない!ってなんか強い拒否感を感じ
て。。。。。

先生の日本語的発音も大きいけれど、もうその音から
知っている日本語に変換されちゃう脳になってしまって
いたんですよね

そう思うと、やっぱり音に柔軟なときにたくさん聞かせる
のはとても重要だな~と改めて思いました

ウチのダンナもすごいぞ * by ルーシー
What does it want? を
『わらぁ~、どうねん?』 っと聞こえると言いました。
意味は
『オマエら、どないなつもりやねん?』
だそうです・・・
こんなオッサンでも準2級だしな・・・英検もショボイよ。(爆)

juicy様へ * by まめっちママ
こういう聞き違いは微笑ましくて楽しいんですが、
小学生のうちに英語を導入するのなら、それなりに
小学生ならではのメリットがあったというようにしないと
中学英語を少しだけ前倒ししただけで、実際はなくても
よかったとなってしまいそうです。
せめてリスニングだけでも早く始めた分、身に付いた
とか、日常の簡単な事ぐらいはわかるようになった
ぐらいにできるのなら、意味があると思うのですが、
どうもそういう方向ではなさそうです。

国語の時間を増やした方がやっぱりいいと思ってしま
います。
難しいです・・・・・

ゆっきぃ様へ * by まめっちママ
お役に立ててよかったです。
パソコンが修理中なので、旦那の仕事用を無理矢理
貸してもらってます。
なので、お返事が遅れぎみになってすいませんでした。

リスニングは早い方が断然身に付きますね。
使える大人英語は後からでも十分学べるけれど、
耳だけは小さいほどどんな音でも聞き分けますから
そういう意味の早期教育なら問題ないと思います。

極端に英語ばっかりとか、日本語使用禁止とか
そういうことをしない限り、上手く英語と日本語を
両立させてつきあっていけるような気がします。

ルーシー様へ * by まめっちママ
そういう風に聞くのもある意味天才かも!(爆)
娘もたまにふざけておもしろい日本語に聞こえる
英語をわざと探してますが、まあ大人の知性で乗り切って
リスニングなんて多少わからなくても合格してしまう
っていうのは、確かに英検もどうなん?って感じですね。
うちの娘みたいな子供が長文の意味分からなくても
合格してしまうのだから、2級もそれでいうならしょぼい
です。だからこそもっと大きくなってまともに思考できる
年齢になってちゃんと本当の力を付けてから上の級に
臨もうと思ってます。

ルーシーさんの旦那さんは、関西の大学だったよね。
関西弁に変換するといっそうおもしろさが増しますね。

* by 苺ママ
埋蔵金をMy雑巾。
前にコメントにも書いてくださいましたが、何度聞いても笑えます(^^)
ってことで、ポチッ♪

うちの息子の「うまい棒」を「My Ball」と聞き違った事件もなるほど!と思いましたが…^^;

英語学習が浅い小学生が、野菜ジュースと聞き間違ってしまうのも、まぁ、最初はそんなものでは?とも思ったのですが、娘さんの学校では小学校1年生から導入しているんですね。

リスニングについては家庭学習は必須だと思いますが、それだけ熱心にやらせる家庭も少ないと思います。

小学校英語。やるなら、もっと方法を考えて行かなければいけないんでしょうねえ~

苺ママ様へ * by まめっちママ
一年からといっても、月に一回程度なので、上達は
望めません。本当に触れるだけって感じです。
習ってる子もいるにはいるのですが、少ないです。
家庭でできることも限られてるし、公立で導入するのは
なかなか難しいですね。
将来自分で勉強しようと思うきっかけになればいい
ぐらいの目標ならできるかもしれないですが・・・
しゃべれるようにはならないですね。
せめて毎日1時間あれば、少しは形になるでしょうけど、
今の予算では絶対無理だし、先生がまず確保できない
ので、夢物語ですね。それなら国語に力を入れた方が
ましかなとやっぱり思ってしまいます。

個別記事の管理2008-07-21 (Mon)
 4ヶ月前に買ったパソコンがこの3日ほど全く電源を入れてもまともに
 立ち上がらない。

 毎朝、システムの修復画面ばかり出てきて、遂に今朝立ち上がらなく
 なった。あまりのショックに茫然自失で、携帯からコメントだけは投稿
 してみたが、修理に出すことになった。

 この記事も人から借りたパソコンで書いているので、使い勝手が悪く
 早くなおってほしいと思うのだが、データーがもしも消えてしまったら
 最悪だ。バックアップはある程度とってあるので、写真などは大丈夫
 だが、色々入れたソフトやスカイプはまたやり直しかもしれない。

 すでに2日前にスカイプはダウンロードし直しとなってスカイプ名も
 かえてしまったのだが、それもまたダメになるかもしれない。

 せっかくスカイプIDを交換した方には申し訳ないのだが、パソコンが
 直ってきちんとなってから、もう一度新IDを個別にお知らせするという
 ことでご了承願います。

 ああ・・・・家電が立て続けに壊れて、テンションが下がってせっかく
 ダイエットしようと思ったのに、気持ちが一気に萎えてしまった。
 (パソコンのせいにする 
 でも、何でもそうなのだが、手薄にしているところに魔の手が忍び
 寄り、そこをつかれることは今までの経験でもよくあった。
 家電ショップで5年保証というのをつけてくれるのだが、少しだけお金
 を出せば、1年のところを5年保証してくれるのだ。
 これをけちると、必ず微妙に保証期間を過ぎた頃に、壊れることが多い。
 今回もオーディオコンポはなんと1年1ヶ月目でMDの読みとり部分が
 壊れた。
 
 自動車保険の車両保険の時もそうだった。
 一番大丈夫そうだと思った部分を見事にやられて、自分の車が全損
 したのだ。こんなことがあってから、随分私はスピリチュアルな考え方
 になった。

 こういう時は精神的にいらいらしてろくなことがないので、できるだけ
 気分転換をして、いいエネルギーを取り入れようと思っている。

 とりあえず、早くパソコンなおってほしい・・・



 せめてクリックで応援してもらえたら、少しは
 気持ちが明るくなれるかも・・・・・
 お墓にも参って暑さの中、家電ショップ巡りも
 して、へろへろになったまめっちママに癒しの清涼飲料水
 の1票をよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
関連記事
* Category : その他
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

(><) * by sa-chi21
ショック大きいですね。
愛用マシーン以外は使いにくいですもんね。
さらに、あの、セットアップしなおしは面倒くさいです。

家電製品ってこわれだすと
 数珠繋ぎ、 芋づる方式、矢継ぎ早、立て続け、
いろんな表現がありますが、ほんと、こわれ
続けていきますよね。

そんな時、

あーった、わたしの時間をどれだけ奪ってるのか
わかってるの!!

と、文句をいいたくなります。

実はわが家も、この春がパソコン画面にプリンタに、
デジカメに。。。と壊れていき、いまはDVDレコーダーが
カタカタカタとか言っています。あやしすぎます。
昔よくいいましたよね。ソニータイマーとか。。。
パソコンはケチってデルパソコン買ったので、
保証は当時は最高級の自宅に修理に来てくれて、
4年間保証というのをつけました↑↑
(購入した2週間後に、5年プレミアム保証が
 いまなら無料キャンペーンとかいうのを
 やっていてショックを隠せませんでしたが)

とはいうものの、修理はいやです。
まめっちままさんも早く愛用マシーンが復活して
欲しいですね。

ところで、車全損ってまめっちママさんおよび
ご家族の方々のお体は大丈夫だったんですか??
大変な経験でしたね。



sa-chi21様へ * by まめっちママ
壊れる時は本当に壊れますね。
家電ってお金がすごくかかって英語教材の
安い物だっtら、結構買えるぐらい大金ですよね。
特にパソコンやクーラーやテレビなんかはつぶれると
ものすごいショックです。
あとすごいのは、給湯器です。
これは何十万かかるので、絶対に壊れてほしくない
と思ってしまいます。

車の全損は結局どうにか直してもらって60万円かかり
ました。これで済んだだけましなんですが、もう涙出て
くるほどお金が消えました。
我が家の貯金はいつになったらできるんでしょう。(笑)

個別記事の管理2008-07-20 (Sun)
 今日、娘が英会話スクールで、久しぶりにShow and tellのもう少し
 規模の大きいバージョンみたいなスピーチをやった。

 自分の持っているお気に入りを見せてそのことについて話すのだが、
 彼女は例のミッキーマウス型のMP3プレーヤーを持って行って、それ
 についてどこで買って、どうやって使うのか、誰が買ってくれて何の
 ためにそれを買うことにしたのかなどお決まりのことを織り交ぜながら
 さらに内容を膨らませて先生や他のスタッフの前で発表した。

 娘は恥ずかしがり屋なので、声が小さくなってしまうと、英語の
 スピーチっぽくならないので、大きな声で発表できるかどうかが
 ポイントだった。何とか大きな声できちんとできたようで、よかった
 のではないかと思う。

 帰りに夏休中の予定をスタッフの方と話して、さあ帰ろうかと思って
 いた時、奥から一人の女性の方がネイティブ講師と大声で話しなが
 ら出てきた。

 どうやら大人のクラスの生徒さんのようだったが、少々年配の方で、
 その年齢で英語が達者な方はそれほど多くないので、相当自分で
 も自信がおありの様子だった。

 ことさらに大きな声でしかもオーバーアクションで先生より目立って
 しゃべるので、最初はすごいなあと思って見ていた。

 ところがテンションはいっそう上がって、回りの人は目に入っていない
 様子で、自分ひとりの空間のように声だけが響き渡って、入口の受付
 の前でこれまた超オーバーな笑いでジョークをネイティブと言い合って
 いる。

 ここまでなら私もそんなに引くことはなかったのだが、その後がちょっと
 いただけなかった。

 スタッフのお姉さんで受け付けもされているいつも明るい感じのいい
 人がいるのだが、その方が「お疲れ様。さようなら」と声をかけたにも
 かかわらず、無視して、何もいわずに帰ってしまったのだ。

 あの外国人との愛想のよい会話とは180度違う態度に驚いた。
 まるで自分の英語力を誇示するためだけに来たようだった。

 スタッフの方のねぎらいもその方には届かないようで、プイっと
 出ていく傲慢な態度に、周りが固まったのはいうまでもない。

 お姉さんは何も言わなかったが、明らかに変な顔をされて少しむっと
 しているのがこちらにも伝わってきた。

 聞こえなかったのではない。彼女より後ろにいた私がはっきりと
 お姉さんの元気な声を聞いているのだから。
 その方は、後ろを振り返り、ちらっと一瞥(いちべつ)しただけで、無視
 してにらみつけるように出ていった。
 日本人には用がないとでも言いたかったのだろうか。

 見ていて外国人に媚びているのがなんだかさみしかった。
 舌を巻いてペラペラっとしゃべってどうだと言わんばかりの得意顔
 が当分忘れられそうもない。

 英語が話せることはそんなにえらいことではないはずなのに、しかも
 スクールという場で、あれをやってしまったら、他の一生懸命学んで
 いる人は困惑してしまうだろうと思った。

 相当な力のある方でも、学び続け謙虚な気持ちで、まだまだ自分の
 英語力はだめだと努力し続ける方がいる反面、うすっぺらい英語力
 を殊更に強調してしまうのは、素人の私が聞いていてもちょっと
 どうなのかと思ってしまった。

 今日は何かと考えさせられる一日だった。
 

 人の英語がわかるようになってきただけでも
 進歩だなと思うまめっちママに応援クリック
 よろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング


 
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (15) * Trackback : (0) |

* by バニラ
>舌を巻いてペラペラっとしゃべってどうだと言わんばかりの得意顔が当分忘れられそうもない。

あははは!いるいる、その手の日本人!!
おっかしいよね。たいして上手くもないくせに、これ見よがしに「私、ネイティブと話せるのよ!」って話すのは、日本人ぐらいなのよね。
日本人を見たとたん、自分が日本人であることを思い出して嫌な気分になるんだろうか??

夫が、この手の日本人がすれ違っただけの私にたいして、ひどく汚いものを見たかのようなあからさまな一瞥に驚いていました。
私は、その人に言いたい。「あなたがネイティブだと思って話しているその人は、英語ネイティブの人じゃないですよ!」って。
可笑しくてお腹がよじれそう。

* by sa-chi21
まぁ(@@)
それはいろいろと考えさせられる出来事でしたね。

その方が早く『傲慢さの不利益』に気付かれるよう
お祈りするばかりです。


アクトアップする日本人 * by Garago
まめっちママさん、こんにちは。

逆もあります。インターに通うバスの中で普通の声で話している(車内で決してdominantではない声量)のに、英語というだけで、「なにあれ、日本人のくせにおかしくないー?」「英語が話せるからって自慢することないのにねー」と罵声(その声のほうがかなり車内でdominantだったりします)を浴びさせられることがたまにあります。この路線はインター(プリから高校までの一貫校)が2校ある上に、英語圏出身者の住民が多い地区なので、英語で話す人(学生、教員、保護者、住民)はとても多いのですが・・・・・個人的に感じることは、日本人は日本人が英語を流暢に話すのをきくことについて(その潜在的な劣等感ゆえに?)、過敏でオーバーリアクトする傾向があるのではないか、ということです。

逆に(その潜在的な劣等感ゆえに?)、英会話学校のような(その人が「ここは英会話力というものにプラスの価値がつけられている!! そう思っている人が多い!!」と想定しているような)場所で、わざと他者を圧倒するような声量でお話しする人もいるのでしょうね。アクト・アップしちゃうタイプですね(^^)。

わたしはけなされるとき(日本人から)も、アクト・アップされちゃうときも(これも日本人から)も、ノー・リアクションです。日本社会における英語の社会言語としての機能を研究する上(そんな研究はしていませんが(笑))で、有益な経験ができたー、どうもありがとうございます、くらいな気持ちです。いろんな人がいて日本は面白いなー、これを他国の友人にネタとして紹介し、そんなことはありえるのか、きいてみよー、とほくそ笑むのでした(^^)。

マメッチさんも、それをブログ・エントリにされたのですものね(^^)。面白いお話、ありがとうございました~。

人として・・・ * by ディオン
初めてコメントさせていただきます。

>おっかしいよね。たいして上手くもないくせに、
>うすっぺらい英語を見せびらかして、

その年配の方以上の傲慢な態度に、とても驚きました。
正に、英語ができても人として・・・と、考えさせられます。

そして管理人様、もしかしたらその年配の方は、少しばかり耳が遠かったのかもしれません。
お母様として、そのような想像力も大切にして頂きたいと思います。

* by ルーシー
スピーチ、上手く大きな声を出せてよかったですね。
4年生って、まさに高学年の入り口だなって思うことが多々あります。
苦手だけど、頑張ってやらなければいけないことってのを
少し芽生えた理性で乗り切れるんですよ、高学年は。
ウチも頑なに発表を拒んでいたのに、
少しずつ和らいで手をあげられるようになったのは、
やっぱり4年生でした・・・
ティーンの手前の子供って、鮮やかに成長していきますよね。

社会人は挨拶が出来て当たり前です。
耳が遠くても、Ipot中でも、
そこにお世話になっている人がいれば、
挨拶は忘れてはいけない気がするなぁ・・・。

はずかしぃ~!!! * by ルーシー
Ipotってなんじゃ!?
バカ丸出し!!dです、d!!
ipodです・・・v-12

バニラ様へ * by まめっちママ
その方の真意はわからないけれど、
ネイティブの先生は普通に静かに話されていた
ので、その方の声が妙に大きく聞こえ、
周りがつい見てしまうような感じだった
のは、確かです。一番問題だと思ったのは
他の方のコメントにもあったように、せっかく
挨拶してくださったお姉さんを無視してさよならも
いわずに帰ってしまったことなんです。
仮に聞こえなかったとしても、帰り際に挨拶する
のは、常識だと思うので、英語のできるできない
は別として、こういう態度をとってしまうと、本当は
そんなつもりではなかったことが誤解されてしまう
ので、損だなと思ったんです。
ことさらに大声に聞こえたのは、個人差もある
ので、私の感じ方かもしれないけど、印象がよく
なかったのは確かです。
英語のレベルより一般常識としての部分で
ひっかかったっていうのが今回のちょっとした
出来事の私なりの感想です。





sa-chi21様へ * by まめっちママ
意図していなくても、誤解されそうな
態度だったかなとは思います。
挨拶ぐらいして帰ってほしかったなと思う
のですが、さっさと出て行き、周りの誰にも
目もくれず、無視状態だったのが気になりました。
私もあまり愛想がある方ではないのですが、さよなら
ぐらいは言いますし、一声かけてから、教室をでる
ようにはしてます。他の方がいるときは一礼ぐらいは
します。そういうちょっとした気配りができてなか
ったから、私も良い印象を持てなかったのかなと
思います。自分も気をつけようと思った出来事でした。

ディオン様へ * by まめっちママ
コメントありがとうございます。
その人の真意ははっきりとはわかりませんが、
たぶん聞こえてたと思います。
外国人の先生は普通の声だったし、耳が遠い
ような行動ではなかったので、たぶん先生との
会話がヒートアップしすぎて、その英語感覚が
抜けないままつい無視してしまったのかなと
好意的に解釈することも可能ですが、でも社会人
として挨拶ができることは、当たり前で、仮に
聞こえなかったのが本当だったとしても、出て行く
時に、他の人やスタッフの方に失礼しますという
ぐらいはできそうなのにと思い、ちょっと残念でした。
たぶん英会話をうまくなりたいのではなく、できる
人なので、話す場所として考えていらっしゃるのだと
思います。他の生徒さんは、授業どうでしたか?とかそういう
たわいない会話を終わってからスタッフの方とみんな
大抵されていて、なごやかな談笑風景をいつも見ている
ので、こういう人にははじめて遭遇したんです。
それほど深い意味はなかったかもしれないですが、
英語への偏見が助長されてしまったら残念だと思い
ました。

ルーシー様へ * by まめっちママ
うっかりミスは気にしないで(笑)
私もしょっちゅう国語の先生のくせに
間違えて変換して、直すの忘れてることありますから。
で、今回の場合は、礼儀作法の問題なんですよね。
挨拶はして帰るべきだったと思います。
こういうちょっとしたことが、英語コンプレックス
の日本人の溝を深くするのかなと思いました。

個別記事の管理2008-07-18 (Fri)
 今日は終業式だった。ブルーのきらきら 
 通知表やら宿題やらにまぎれて、汚い上靴やぞうきんもいっしょに
 学校から持って帰ってきた。

 リコーダーの手入をし、雑巾を洗ってきれいにし、お道具箱の中身の
 チェックやら習字の道具や絵具箱の点検など、しておかないといけな
 いことがたくさんある。

 やっと片付いて通知表を眺めてみた。

 最近の成績の付け方は点数が何点だからたいへんよくできるという
 ように数字至上主義ではなく、積極的に手を挙げたとか、よく答えた
 とかそういう部分に非常に重きを置いている。
 グループの団結力とかそういうことも大きなポイントであるように思う。

 こういう評価の仕方はある意味、学校ならではの部分だと思う。
 社会に出てしまうと、営業成績がどうだとか、もろに数字がその人
 の評価を決めてしまうので、今だけは別の部分に光をあてて評価
 しようというのも心情的にはよくわかる。

 ただ、良い先生にあたれば、適切にその子の良い部分を見てもら
 えるが、時として非常に理不尽な評価もあるのが、この手の心情点
 の欠点だとも言える。

 幸いに娘の先生はほぼ私が見ている娘の生の姿と同じ評価を
 娘につけてくれた。成績は決してびっくりするようなよいものでは
 ないが、私がここはすぐれていると思うところをちゃんと見ていて
 くれたようだ。

 国語と算数と図工が特に評価が高かったのだが、彼女の書く作文
 や俳句、詩は私も大好きだし、図工に至っては時々うっとなるような
 前衛芸術っぽいものもあるが、彼女の個性があますところなく発揮
 されていて、絵のうまさは親の私も認めるところなので、その部分の
 評価が高かったのは素直にうれしかった。

 図工は専科の先生がいらっしゃるので、センスをほめられることも
 多く、私が娘に求めていた芸術的な感性の部分が認められるのは
 勉強ができると言われるよりうれしかった。

 娘は学校でテストがあることすら気付かず、家で勉強をしていった
 ことがない超天然ボケなので、まあ漢字テストで100点などは、奇跡
 が起きないとありえないほど見たことがない。汗;
 たまに100点があったりすると、あまりのめずらしさに名前を確認する
 ぐらいだ。(どんな親やねん!)
 その名前すら4回も書かずに出して、0点を更新したのは何を隠そう
 わが娘なのだから。(そんなやつおらんやろ)
 さらに親の私も、最近の学校はゆとり教育のせいでテストもないんだ
 と素直にそう思っていたという親子でナイスボケをやってどうするとい
 う感じなのだが、いつも抜き打ちばかりで、(ありえない汗;
 テスト範囲は知らんという娘なので、当然覚えていないとできない暗記
 の部分は限りなく怪しくて、点数が驚くほどの低空飛行することもある。

 そういう部分の評価が低いのは当たり前で、私もアホな娘にいい薬
 になると思っているのだが、その割には先生よく評価してくれたなあ
 と感謝してもいいぐらいだった。

 とにもかくにも娘の1学期は終わった。
 明日からは学校の宿題と塾の夏期講習の宿題に忙しくなりそうだ。
 読書感想文という子供にとって最大の課題もある。
 自由に読む分にはいいのだが、感想文を書けと言われると、途端に
 いやになった経験は少なからず皆さんあるのではないだろうか。

 ところがこの推薦図書というのが、最近は恐ろしく薄っぺらくて字が
 やたら大きく、絵ばかりの絵本のようなものになっている。
 今年の推薦図書の中にちびまるこちゃんがあったのはびっくりしたが、
 とっつきにくそうな本は敬遠されてしまうのだろう。

 逆にどうやってこれで感想を書くのだろう?と悩むようなものもある。
 こういう時こそ、日頃読まない難しめの物にチャレンジしてほしいと
 思うのだが、国語力の低下は年々進行しているようだ。

 さて娘はどれを選んで書くだろう?
 親がこれと決めてしまわず、自分で感想を書くのにふさわしいと思う
 ものを選んでくれればいいが・・・・

 

 漢字テストの100点が額に入れて飾るほど珍しい
 という娘に応援励ましの一票を入れてやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング

 
 
 
関連記事
* Category : その他
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by ごま
1学期が無事終了したようですね^^
お疲れ様でした。
成績もよかったようでなによりです。
漢字は私も苦手でした。
読めるけどかけないことがしょっちゅうだったなぁ。

これから楽しい夏休みですね。
親子でたくさんの楽しい時間をすごすことと思います。
塾通いで大変な部分もあると思いますが、いつもの元気なお話聞けるの楽しみにしています。

ごま様へ * by まめっちママ
夏休みはオルゴール作りやパン作り
などをしようと計画してます。
陶芸もいいなあと思ってますが、蛍を見たり
自然に触れて遊ぶことも大切にして、息抜きを
うまくやりながら、勉強もしっかりやって悔いが
残らないようにしようと思います。
漢字の復習も忘れずに頑張らなきゃ(笑)

* by ルーシー
ウチは親が個別懇談を兼ねてもらいに行かねばならんのです。
毎回、同じ事言われます。
妹について
『とても意欲的で頑張り屋さんです。
これは成績よりも大事なことです。』
兄について
『成績はずば抜けています。
しかし、宿題は未提出、忘れ物も多く、やる気が伺えません。
成績よりも大事なことがおろそかになっています。』
どうにかしてぇ~~~。
ウチは兄ちゃんに以前から欲しがってたシャーペン買ってやったんですけどね。
そしたら試し書きと言って、漢字を練習したんです、彼。
そんな不純な動機で頑張ってしまったので、
今回は奇跡的に98点でした!

ルーシー様へ * by まめっちママ
うちもきっと愛想悪いし、遅刻するし、忘れもの
するので、そういうところがルーズすぎてマイナス
になってるんだろうなと思います。
でも、きっちりできない性格で、困ったもんです。

漢字テストは10回に1回ぐらいは100点があるかも
しれないというレベルで、本当にそういう答案が出て
くるだけで、本当に100点?と確認してしまう
ぐらいめずらし~いことなんです。
ああこれを克服せんとどうにもなりませんね。

* by バニラ
我が家は、通知表の評価をほとんど無視します。
学校の成績とかテストの結果が良くても、ほら、うちのは奇行が激しいでしょ。
難問は簡単に解くくせに、左右を取り違えて「右って、左だったんだ!忘れてたぁ。エヘヘv-353」とか平気で言ふ・・・。
ふつー、中学生で左と右、うっかり間違えることがあっても、忘れないし!!
せっかく学校辞めて、通知表とはさよなら~v-410っと思っていたのに、今日は、劇団の成績表が・・・・歌、演劇、ダンスと3つの部門で評価されます。演劇、ダンスは、良かったんですが、歌は、イマイチでしたっ!
なんか全部が非の打ち所のない子供より、どっか「お間抜け」なほうが、子供らしくて可愛いと思ってしまう親ばかです。

まめっちまま、パン作りえらいな。
お料理上手なママが多い中、数少ないお惣菜ばんざい!仲間でしたのにぃ~。
ルーシー先生のところでも弟子入りするんですか??
私は、まだまだお惣菜ばんざい、出来合いばんざいでがんばります。

陶芸、癒されそうですね。
うちは、夏休み、トランポリン、テニス、念願のカンフーとスポーツ三昧で過ごす予定です。

バニラ様へ * by まめっちママ
完璧より少し間抜けな方が確かにかわいいかもしれないですね。でも、うちはちょっとどころか大きく抜けてるからね~…テストに名前ぐらい書いてくれよって思う。

個別記事の管理2008-07-18 (Fri)
 私の英語力については、今まで何度か書いた通り、全くしょぼくて
 謙遜でもなんでもなく、人様に見せられるレベルではない。

 それでも娘が幼稚園の頃は、まだごまかすことができた。
 外国人の先生と日常に顔を合わす環境だったので、こんな私でも
 英会話なんてものを少しは習っていたのだ。
 アメリカ人のママ友からも少し習っていたが、週に1度はプリスクール
 に娘が行っている間に、他のママ友といっしょに日本人の先生では
 あったが、海外に長く住んでいた方から英会話を習っていた。

 私はネイティブの先生へのこだわりがないので、力のある方なら、
 日本人の先生であってもかまわないし、むしろ知性が全然ない外国
 人よりずっと信用できるので、ネイティブ信仰は全くなかった。

 この日本人の先生はとても人気があって、プリスクールのママご用達
 の先生だった。

 ハイテンション、どこか日本人離れした思考と明るさを持った方だった。
 私のようなしょぼい英語でも、文法力のおかげである程度話したいこと
 が言えたので、先生からは中級レベルと思われていたようだ。

 実際、日常の会話ではそんなに難しいことは言わなくてもいいので、
 ゆっくりでも、しどろもどろでもなんとかなるものだった。

 それで当時、娘は私のことを英語が話せる人だと錯覚していた。
 もちろんものすごい誤解で、1時間外国人と向き合えと言われたら
 汗だくで、心臓がばくばくしてきて、顔面蒼白になるぐらい頭の中は
 パニック状態だった。愛想笑いでごまかし、聞き役に徹し、話す中身
 は間違いなく紙のように薄いペラペラだった。
 同じペラペラでもえらい違いなのだが、そんな私のことを娘が見破る
 のにそう時間はかからなかった。

 年長から小学生に上がる頃には娘の英語が私より何倍も上手くなって
 いたので、このころから私は娘に「ママは英語話さなくていい」
 「ママの英語変!」
など、もう散々な言われ方をした。
 こちらは元々娘と英語で話す気などさらさらないので、どうでもいいの
 だが、むかつくことこの上ない。

 中国語ならあんたの何倍も上手いわ~
 ふん ふん!(`Δ´)
 

 でも、私は自分に必要なものが英語より他のことだとわかっている
 ので、意地になって勉強しようとは実は思っていない。
 どうあがいてもリスニング能力だけは抜くことができないから、私の
 努力は他に向けた方がいいような気がするからだ。

 娘はたまたま英語と算数が得意になったが、私は別の勉強(法律)を
 やっぱりしたいと思う。英語嫌いを克服したいという気持ちもあったが、
 今どうしても必要じゃないのに、強迫観念に駆られて英語をやらないと
 いけないのかと考えた時、優先順位のより高い方のものを選択したい
 と思うことは、英語育児をしているくせに、逃げているダメママに
 やはり見えるだろうか?

 私は中国語学科だったが、実は法律関係の資格も持っている。
 司法書士事務所に就職しようと思ったこともあり、実際採用されて
 勤めようと思ったこともあるのだ。

 いろいろ事情があって予備校講師に最終的には落ち着いたが、女子
 校の先生もしていたし、建築関係の会社にもしばらくいた。

 その間ずっと法律関係の勉強は続けていたので、今でも裁判員制度
 などについて考えることは好きだ。
 だから娘がテレビの影響で検事もいいなあと言った時は、正直うれし
 かった。理科系でしかも私の苦手な英語が得意という全く異質な娘
 に戸惑うことが多く、親と子は別々の人格で決して強制も同化もあり
 得ないと思っていたからだ。

 もちろん今更、親の私がやりたいことに娘の希望を変更させることなど
 ないが、少なくとも興味をもってくれたことがうれしかった。
 
 私は絵を描くことも好きなのだが、娘はそこだけはまだ私の絵を上手
 いとほめてくれる。教えてくれとせがまれ、描いてやることもあるが、
 いずれこれも本物の芸術に触れた時は、ママのは所詮素人の作品
 なのだと気づくのだろう。

 でもそれでいいと思う。
 いいものとそうでないものを見分ける目を娘が持って自分の糧に
 し、より高みへと自分の力で上がってくれる日が来る方が何倍も
 うれしいのだから。
 
 
 
 ロースクールにひそかに?入学したいと考える
 まめっちママに応援のクリックをよろしくお願いします。
 うれしいと腹筋の回数も増えるかも?
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング


 

 
 
関連記事
* Category : コラム
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by きゅーぴー
うんうん 親の頑張る姿って子どもに見せたいよね
わたしも来年春から行こうと思うところがあります
その前に貯金せな!!ぷぷぷ

きゅーぴー様へ * by まめっちママ
そうそう、まず貯金!(笑)
これがないと何もできないもんね。
でもこれが何よりも難しい。
子供の英語伸ばすより難しいかも(爆)

* by 理花
尊敬!
私なんて子供の勉強みるのだけで疲れちゃって;;
今はやる気力が沸きませんが
子供がもう少し大きくなって落ち着いたら
自分の好きな事勉強しなおすのも楽しそうですね。

話は変わっちゃいますが
先日、親戚のママが「ブログで凄い人がいて、とても勉強になる」等
言っていてよくよく聞いてみるとこちらのブログの事でした!びっくり!
彼女はパソコン持ってないので携帯で少しづつ読んでるそうです。
親戚揃ってお世話になってます(^^)

理花様へ * by まめっちママ
私も普段は怠けてばかりで、更新するのが精一杯で
勉強なんてその中のわずかなんですが、ちょっと訳
あって一時期法律関係にはまって民法とか色々勉強
しました。そのころに保険や不動産のことにも詳しく
なりました。
ロースクールに入学したいのは夢なんですが、難しい
です。まだ娘の受験があるので、それからかな・・・
ブログももっと完成されたいいものにしたいし・・・

親戚の方に読んでもらってるなんて光栄です。
そういう方が一人でも存在している限り、変なことは
書けないなあと思います。とは言っても、時々?
壊れてあほ~なことを書いてますが・・・
疲れた時や、迷った時にほっとしてもらってまた
頑張れるそんなブログを目指してます。

* by teco.
ごぶさたしてます。
以前アドバイスありがとうございました!

ロースクール計画応援します。
がんばってくださいね!
真剣に勉強する姿は、きっと娘さんの心に響くと思います☆

teco様へ * by まめっちママ
ありがとうございます。
なかなか勉強はできないんですが、色々と
将来の計画をたてるのは楽しいです。
他にもやりたいことがあるので、気が多いのですが、
少しずつ夢がかなえばと思っています。

個別記事の管理2008-07-16 (Wed)
 このところ娘が字の細かい本をよく読むようになり、少し前まで好き
 だったのものを見なくなり、新しいものに目を向けるようになってきた。
 第2の脳の成長期に入ったのではないかと、私は自分で勝手に思っ
 ている。

 まず、英語で見なくなったものは、「トムとジェリー」のようなドタバタ
 系で、あまり台詞がないものに興味を示さなくなった。

 幼い頃は、絵が楽しく動いてギャグ系の方が多少英語がわから
 なくても楽しめるから、こういうアニメがよかったのかもしれない。

 もちろん今でも私も旦那もこの手の喜劇タッチのアニメは難しいこと
 を考えずにリラックスして見ることができるので、時々単純に笑いた
 い時には見ることもある。

 でも毎回こういうタッチばかりだと正直飽きるので、やはり娘も成長
 した証拠なのだろう。登場人物が長く難しいセリフをしゃべっていて、
 絵に動きが少ないシーンが増えてもじっと聞くことができるようになっ
 たのが昔と違うところだ。

 久しぶりに青いタコ?のようなキャラクターでおなじみの「オズワルド」
 がテレビをつけた時にたまたまやっていたので、しばらく眺めていた。
   ↓ ↓ ↓
 

 あきらかに英語は易しすぎて、こんなにもゆっくり話していたのかと、
 驚いた。昔、英語育児を始めてやり出した頃は、これでも十分私の
 へぼいリスニング力の勉強になったのだが、さすがにこんな私でも、
 このレベルの英語はやさしいと感じるようになった。
 娘も「もうこれはいいよ。簡単すぎでおもしろくない」と言って、すぐに
 チャンネルをかえてしまった。
 幼稚園レベルで英語は止まるのではなく、確実に英語に直接触れる
 時間は少なくなっているにもかかわらず、内容は高度になり、理解
 できるものも進歩しているということだ。
 
 そんな娘が今はまっているのは、「パソコン通信探偵団」シリーズで、
 学校で借りてきてから大変気に入ったようで、次々と読破している。
  ↓ ↓ ↓
 

 ところが普通なら、1巻から順に読んでいくはずなのだが、なぜか
 学校にあったのが4巻で、途中からだったので、その後も好きな巻を
 読んでいる。話がつながらないだろうと思ったのだが、それほど苦に
 ならずに読めている。時折「これ誰や?どこに出てきた人かな?」
 なることもあるが、こちらが思っているほどきっちり最初から読まなく
 てもいいらしい。
 とはいえ、頭が固い私はどうしても最初の始まりが気になるので、
 1巻は本屋で購入した。

 このシリーズも20巻以上あるので、読んでくれるのはうれしいが、
 できれば図書館で借りて読んでほしいと思うのだが、気に入った
 ものは集める習性が娘にはあるし、何度も読み返すためにも買って
 ほしいのだそうだ。(予算の都合ってものもあるのだけど・・・)

 子どもが何かに夢中になる時にそれを後押ししてやるには、何かと
 お金がかかるのだとあらためて思った。

 

 教育費のために食費がますます先細って行く我が家なのに
 お腹周りに肉がつくのはなぜだろう・・・・
 ダイエット応援のつもりでポチっと押してくれたら、張り切って
 腹筋20回できそうな気がする・・・・・汗;
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
関連記事
* Category : 日本語のすすめ
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by ごま
Kuroさんとこでも子供にお金がかかるぅ~なんて話が出ていましたが、まめっちママさんのところもそうですか。
うちもよ~。
子供ってお金かかるとは聞いてましたがこんなにかかるんだぁとため息の毎日です。

ぽちっと3回行っときましたので、腹筋20回よろしくお願いします。
私も頑張るわ~。

* by juicy
私も初めからでないとイヤなタイプですね~。
夫は途中からでも平気な人らしいです。
子供の教育って未来の宝だから、キリがないですよね。
よく子供が小さいうちが一番貯金できるって言われるけど、むちゃくちゃ使いまくってしまってる我が家、この先が不安です。

ごま様へ * by まめっちママ
教育費だけはけちれない部分ですよね。
特別なことはしていなくても、かかるものは
かかりますしね。おけいこごとも最小限にしぼって
随分やめたので、これ以上削れるところがないです。
お腹の脂肪は削れるかもしれないですが・・(笑)
さっそく腹筋20回やっときま~す。

juicy様へ * by まめっちママ
でしょ?最初から読まないとなんか気持ち悪いし、
登場人物を把握できないんです。
なんであんなランダム読みできるのかわかりません。

教育費・・・・幼児の時がお金の貯め時って確かに
言うけど、うちは逆だった。この時期が死ぬほど
お金かかったような気がします。本当に後先考えて
ないので、老後の心配をマジでしてます。
旦那は楽天家なので、どうにでもなると思っている
ようです。この人が一番使ってる張本人なのだけど、
自覚症状がないんですよね。

* by ルーシー
このシリーズ、ウチの子の学校でも人気です~。
男の子も結構読むようです。
でも、娘は全然興味なくて、ドリトル先生のシリーズを借りてきてます。
こっちは人気なくて、借りたい放題。^^;

ウチの息子もランダムに読んでも平気な子なのよ。
子供って、
整理前の情報を仮置きする引き出しを脳の中に持ってるのかしら?
ワタシも最初から読まないとイラってくるタイプです!

ルーシー様へ * by まめっちママ
ハリポタの英語版のCDを友人が貸してくれたのだけど、
これは最初から読まないと全然わからんかった。
いきなり7巻はきついでっせ。(爆)
子供はどこからでも入り込んで適当に話をつなげて
登場人物の名前もちゃんと覚えてるから不思議です。
そういう柔らかい頭の頃にちゃんと勉強しておけば
よかったと思うのだけど、その時は気づかないので
すよね。だから今頃焦って何かしたいと思ってしまう。
ああ10歳若返りたい。いや、できればもう少し・・・・

個別記事の管理2008-07-15 (Tue)
 つい先日、娘がこんなことを言い出した。
 「最近、このMP3プレーヤーなんか英語が
  遅いような気がする。」


 「えっ?まだ買ったばかりでつぶれてないと
  思うけど・・・・」


 「他のやつ聞いても遅く感じるねん。
  前まではすごい早い曲は聞こえにくい
  部分があったけど、今はめっちゃはっきり
  ゆっくり単語が聞こえるねん。」


 そういえば、最近の娘は前にもまして色々な音を同時に聞きわけて
 いる気がする。左右で別々の英語音声を聞き、親と会話し、勉強も
 やっている。

 もう私の理解の範囲を超えてきたので、どうなっているのかは定か
 ではないが、テレビでも左右で違う計算を同時にやり、歌をうたい、
 質問に答えるような芸当ができる人が出演しているので、あながち
 ありえない話ではないと思う。

 私も速読教室で左右で違うメールを同時に打ち、電話もする子供の
 話を聞いたことがあるので、そういうことは可能なのだと思う。
 
 娘も、物すごい集中力を発揮し、短時間であらゆることをやってしま
 うことがあるので、何か脳の働きが変わろうとしているようだ。

 単に年齢が上がって成長し、今までできなかったことができるように
 なっただけかもしれないが、急に難しめの本を読みだしたのも事実
 で、まさに今、第2の脳の成長期に入ったのかもしれない。
 
 長い時間本屋で、おもしろそうなものを片っ端から試し読みしたらしく
 て、あれがほしいこれがほしいと言い出した。

 洋書でないのが残念なところだが、今は日本語が伸びる時期と考え
 語彙力強化に全力をかけるつもりでいる。
 国語力が上がることはすべての基本なので、ここを避けては英語の
 伸びなどありえない。だからこそ今は日本語の本を読書することの
 方が大切だと割り切って洋書の無理じいはするまいと思っている。

 親としては、本を買ってほしいというのだから、喜ばしいことだし、
 その気になっている時が始め時だとも思うので、多少のお金が
 かかっても、何度も繰り返して読む習慣のある娘には、買ってやって
 も惜しくない。

 ところで、さきほどの英語がゆっくり聞こえるということだが、思い当
 たることがあるというので聞いてみると、どうも速聴の影響のようだ。

 現在娘は速聴で本を3倍速から3.5倍速で聞いているが、最近は
 たまに4倍速でも聞くようにしているらしい。
 内容を正確に把握するためにあえて今まではあまり早い速度にしな
 かったのだが、どうやら4倍速で聞いても本を目で追えるようになり、
 内容を理解できるように脳年齢が成長したようだ。

 早い速度で聞き続けていると、普通の速度がとてもゆっくりに聞こえ
 る。この原理がおそらく英語のリスニングにも影響を及ぼしているの
 ではと思う。

 当時はよくその効果がわからなかったことが、ある時突然そうだった
 のかとわかることがあるのは、まさにこのことかもしれない。

 速読?ドッツ?本当にそんなことができるのか?と半信半疑で始め
 たことが、今となって実感できるというのがなんだか不思議だ。

 もちろんできないこともあるし、未だ効果が確認できないものも存在
 するので、脳の働きをこうだと証明するのは、結構難しいものだと
 思う。

 それでも世の中には自分が知らないだけで、もっと広い世界がある
 ことも確かで、自分の目で確かめ試してみることはやはり必要だと
 思う。臆病になり、最初から手を出さずに神経質にまで慎重になり
 すぎたら、一番いいものを手に入れることはできないのではないかと
 最近特にそう思うようになった。

 私も昔と比べて随分積極的になったと思う。
 教材をいきなり買うのもかなり大胆で、大概馬鹿だと思うが、この
 事件から確実に私の中の何かが変わり、とにかくやってみるという
 方向へ一歩を歩みだせたような気がする。

 まだこの先も何をやるかわからないが、きっとまた新しいことを始め
 て、娘とお笑いの日々を過ごして行くに違いない。



 PS   調子にのって、娘に「右手でメールして、左手で友達に電話し
     英語を聞いて足でパソコン打てるかな?」と聞いて「できへん」
     と一蹴され、さらに追い打ちをかけて塾帰りの娘のメールに
     「お腹が痛い。」と書かれていたのに、「トイレに行っトイレ」と
     励ますつもりで書いたら、「さむすぎて頭痛までしてきた」と
     書かれた。汗;

   
  こんなわけのわからない親子をそれでも応援してやるかと
  思われたら、一日一票の慈善クリックよろしくお願いします。
     ↓ ↓ ↓
  親子英語ブログランキング

  人気blogランキングへ

  ナレコム ブログランキング

    
 
関連記事
* Category : 英語と右脳教育
* Comment : (10) * Trackback : (0) |

* by やきいも
先日音声がupされたので、なんか、文章中の娘さんの会話部分、声が想像できました。v-290

>きっとまた新しいことを始め
>て、娘とお笑いの日々を過ご
>して行くに違いない。

なんか親子で楽しそうでいいですね!気負わずに脳力アップを楽しんでいるかのようです。これからもたのしんでください!

やきいも様へ * by まめっちママ
うちは親子で寒いギャグを言い合ったりふざけることが
多いので、あまり堅苦しい真面目な家ではありません。
ある意味、規律に関してはゆるゆるかもしれないです。
もちろん世間的にこれだけはきちんとしておかなけれ
ばいけない常識は教えていますし、ニュースや歴史
については語ることもあります。(といっても一方的
に私がしゃべっているだけと言われます)
でも、基本的には我が家は、厳格とは程遠い友達親子
のような感じです。

* by きゅーぴー
ちょっと久々で~す
まめっちちゃん 第二成長期に入ったんやわ~
これから2年ぐらいグググっていろいろなことが延びるね
今までの土壌があるから 目に見える進歩が期待できそうやね

* by バニラ
速聴の音?に慣れてくると、そりゃ、普通の会話も遅く聞こえるんでしょうね。
速聴って、ど素人の私の耳には、虫の声にしか聞こえません。モニョモニョチュロチュロキュキュキューっとかしか聞こえない!あれが聞き取れるって凄いですよね。

この際、もう白状して、宇宙人だって言っちゃったらいかが??
これからも、いろいろな事にチャレンジして、その宇宙人的才能をどんどん伸ばしていって下さい。
なんかジュニアちゃんの成長ぶり、すっごく楽しみです。

きゅーぴー様へ * by まめっちママ
これが本物の成長期だったらいいんだけどね。
調子に乗ってあれもこれもさせようとすると、また
半歩下がるみたいだから、このままおだてて機嫌よく
やる気になってくれることを祈ってます。
早く息子ちゃんみたいになれたらいいなあ。

バニラ様へ * by まめっちママ
4倍速はテープの早回し状態ですよね。普通は。
でも、慣れると本当に聞こえるんです。
不思議ですよね。
頭が優秀になるんだったらいいんだけどね、うちは
変さが加速するので、それ以上おかしくならんでいい
と思うの。そろそろ落ち着いてぴりっとできない
かなあ。そっち方面が優秀になってほしいです。

こんばんは。 * by 子供と英語がんばるぞ!
娘さん4倍速、聞き取れるんですね!すばらしい!!
しかもゆっくり聞こえるなんて!
成果が目に見えて出ててうらやましいです。 

* by ルーシー
前回の話に続いてくるんですが、
ワタシは学習法とかってのにド素人で、
英語を始めるにあたり、
『とりあえずなんかペースメーカーを設定して、それを取り組むと言う時間稼ぎの間に自分の方向性を決めよう』
っと、思ったのですわ。
で、色々あってトーキングトレーナーを選んだんですがね。
あの4倍速、
ワタシ的にはバニラさん同様、キュルキュルヒャヒャヒャ~なんですが、
子供はわかるんですよね・・・分かるようになったんですよ。
9ヶ月、みっちりやったんですよ、TTを。
そのせいなんですかね?ウチの子たちが学習時間のわりに耳がいいのは・・・
さんざん人に聞かれるんですが、
ワタシにもさっぱり説明できんのですわ・・・
耳だけ異様に発達した背景が。

子供と英語がんばるぞ様へ * by まめっちママ
成果が出てるというのかどうかわかりませんが、
早い速度が普通に聞こえるのは確かみたいです。
私も4倍速がなんとなく聞こえるので、やはり
訓練しだいかもしれないです。

ルーシー様へ * by まめっちママ
はっきりはわからないけど、子供の耳は訓練次第で
ずごいことができるみたいですね。
耳もそうだけど、目もすごくて3Dの立体画像が
すぐに見えることとか、そういうのも子供は大人
より早いですしね。うちは学習時間が長いっていう
のもあるので、実際は因果関係がはっきりしないけど、
それでも速聴に関してはそんなに長い間やったわけで
もなく、お遊びでたまにふざけてモーツアルト8倍速
とか聞いてるぐらいで、特別なことはしてないけど、
毎週コンスタントに1時間何倍かの早さで読み続けて
きたので、そういうことができるようになったのかも
しれないです。どっちにしても耳の異常な発達は
日頃目にして驚くばかりです。

個別記事の管理2008-07-14 (Mon)
 只今娘は小学4年生。小学校入学までに膨大な英語の時間に触れ、
 今も昔ほどではないが、一日に2時間ぐらいは何らかの形で英語
 との付き合いを続けている。

 正確に時間を計ったわけではないが、たぶん総時間は10000時間
 を超えているのではないかと思う。

 これを単独の時間でとると、到底24時間で足りなくなるので、何かと
 並行してやるという例のスタンスでこの時間を確保した。

 これだけの時間を使うのだから、一体どういう教材を使ったのかと
 いうことだが、最初に家計が破たんするような高額教材DWEを買った
 ので、その後はしょぼくお金を節約して友人に助けられながらよいと
 いうものはほとんど使ってみた。

 DWE一つだけで長く使えるから、お得だという販売員さんの言葉に
 思わず買ってしまったが、確かにとてもよい教材だし、これを丁寧に
 やりこなすだけでも多くの人はなかなかできないので、十分だとは
 思うが、幼児のうちは本当に吸収が早く、DWEの英語のレベルを
 子供が抜いてしまうこともある。

 そうなったら、人間欲が出て、もっと違うものもさせたいとなり、結局
 他のものも買ってしまったりして、どんどんお金がかかるようになる。
 そして半分コレクションしたくなるぐらい教材にはまる時期が来るの
 は、結構皆さん経験済みなのではないかと思う。

 我が家もその教材マニアの罠に見事にはまり、次々と友人から
 借りて試していった。
 DWEの次によく使ったのが、リチャードスキャリーやバーニー、
 ドラなどのビデオ
で、これらはダビングしあってシリーズをそろえた。
 コピーガードがかかっているものは、友人がコピーガードはずしを
 買ったので、それを使ってダビングしまくり、私が買ったビデオは少
 なくてすんだ。その次にはまったのが、七田式の教材の数々で、
 これは値段が高いので、ちょっと集めるというわけにはいかない。
 ところがこれも友人がほとんどただで貸してくれたので、有名どころ
 のものはすべて手に入った。

 「さわこの一日」「ゆきおの一日」などは多言語バージョンまですべて
 借りることができた。私が買ったのは、「生活基本文」で、これは
 フラッシュカードがどうしてもいるので、CDだけを借りるより本体が
 ほしいと思ったので、購入した。

 そして迷ったのはリタラシーリンクスという絵本の暗唱に使う教材
 なのだが、これはいわゆるORTやCTPのようなもので、短い文で
 覚えやすく何度も聞いているうちに暗記してしまうように作られて
 いる。値段はかなり高いが、レベルが少しずつアップしていける
 ように作られているので、英語絵本が読めるようになる第一歩として
 は良い教材だと思う。本の数もかなりあるので、それでこれを一部
 だけ購入した。

 この段階で我が家は、巷で有名なORTもCTPもまだ使用していな
 かった。
 本読みはもっと後でもいいと考えていたからで、ひたすら映像と
 耳からの入力に徹していた時期だった。

 そして時期をほぼ同じくしてラボパーティーの日本語と英語が交互
 に入ったCDつき絵本を貸してもらった。これもシリーズがたくさん
 あって、毎年少しずつ新しいものも出ている。多言語バージョンもある
 ので、英語以外の言語をされている方にもお勧めだ。
 (ブログ左サイドに一部紹介している。)

 そして次に再びかなりの大物教材をGETした。それは「チャスピー」で、
 ちょうどDWEをリサイクルショップに売却したので、そのお金を元手に
 買い替えることができた。なぜまたそういうことをしたのかというと、
 一応我が家は多言語教育なので、他の教材が手に入りにくく、
 これが一番入力に適しているような気がしたからだ。
 DWEの正規会員の会費を払うのをやめて、売ったお金をあてれば
 そう負担なく買えるというのも私の背中を押してしまった。

 それにこの教材は私が生まれた時から娘にずっと読み聞かせていた
 日本昔話や世界名作物語が題材になっていて、それが多言語で
 聞けるのだから、まさに探していた教材だったというのもある。

 これぐらいで教材遍歴は終りにしようと実際思ったのだが、そうは
 いかないのが英語育児で、今度は文字が読めるようにフォニックス
 もやらないといけないとなり、では何がよいのかということになり、
 松香フォニックスのビデオなどを友人と共同使用して、ここでも
 七田式のフォニックスプリントやライミングプリントが役に立った。
 子供同士がお互いにプリント何枚やったなどと楽しく進めていくこと
 もでき、おかげでなんとなく読めるようになった気がした。

 でも実際はサイトワーズのおかげで一気に読めるようになったという
 方が正しいが、ためこんだ知識はある時に一気に花咲くことが多い
 ので、数多くのものに触れることは大事だ
と思う。
 頭の引き出しにつめるものが多いほど、のちのアウトプットに役立つ 
 というのは確かだ。

 我が家にORTやCTPが出てきたのは、ずっと後で、実は一冊も家に
 はない。全部他で借りて読んできたので、自分で買ったものは
 ないのだ。意外かもしれないが、本当にこの二つにはあまり縁が
 なかったような気がする。友人たちも所有していなくて、借りられ
 なかったというのもあるが、私の周りではあまり使われていなかった。
 では、どこで読んできたのかというと、プリスクールの本棚にあった
 ものを片っ端から全部読みつくしたそうだ。

 なので、一応我が家もORTやCTPを使用したことになるのかもしれ
 ない。ただ、家でかけ流しに使わなかったので、使用頻度は低かっ
 たように思う。
 私自身はCTPは結構内容的に良いと思うので、数ある本の中の一つ
 として頭の中の引き出しに入れて、英語の基礎を作る役割を果たして
 くれるのなら、読んで損はないと思う。

 教材と言ってもものすごく高いセット物以外は、基本的にCD付絵本
 か、あるいはビデオやDVDなどの映像か、ワークブックの3種類
 ぐらいしかない。その他にフラッシュカードやリープパッド系があるぐら
 いで、どんなに教材を使わないという人でも、このうちの一つぐらいは
 絶対に使用しているはずで、教材なしということはありえない。

 ただ、最初のうちはよくわからないので、セットとしてまとまっている
 ものは、自分でどういうものを選んだらいいのか悩むママ達にとって
 使いやすいので、選ぶのに迷った時のお助けグッズのようなものだと
 考えれば問題ない。
 これがセット物を買うメリットでもあると思う。

 私は英語の素人だったので、よいものをセレクトしてあるまとまった
 セットはとても助かった。自分が英語の先生であったり、その道の
 専門家なら、選ぶ基準もあるだろうし、何をしてやればいいのかも
 把握できるけれど、苦手なママたちにとっては基準になるものが
 ほしいものなのだ。

 後先考えずに買った軽率の見本のような私でも、こうしてそれなりに
 娘は英語の力をつけることができている。
 我が家の場合、たぶん考えて迷っていたら、英語育児はやっていな
 かったに違いない。
 とりあえずそろっているものを買ったおかげでスタートがスムーズに
 できたので、勢いに乗ってどんどん進めていけたのだと思う。
 自慢できるものは何一つないが、助けてくれる友人は多かったと思う。
 それに英語に触れた時間の多さも負けていないと思う。
 おかげで娘は、頭の引き出しに色々な種類のものを詰めていつでも引き
 出せるようになったのだ。

 大変長い文章になってしまったが、次は娘が最近変化を感じている
 ことを書いてみようと思う。

 


 娘のものより自分のバーゲンを優先してしまう
 ちょっと後ろめたい気持ちを持ちながら、相変わらず
 お金がたまらない進歩のない日々を送っているまめっち
 ママに、あきれた方ももう少しこの無計画につき合って
 やろうと思われたら、応援クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング


 
関連記事
* Category : 教材について
* Comment : (8) * Trackback : (0) |

* by けんしろう
まめっちママ様
お世話になっております。
けんしろうです。
相互リンクの依頼を受けていただき、本当にありがとうございました。
まめっちママ様のブログはご自分の体験などが本当に参考になります。
今後とも末永くよろしくお願いいたします。

* by ごま
こんにちは。
色々な教材があるんですね。
いくつかは耳にしたことがありますが、知らない教材もありました。
英語って世界の共通語なんだぁ~とその教材の多さから今さながら実感しました。
逆に共通語でない日本語は教材自体あまりないですものね。
あ、外国語に興味のないアメリカに住んでるからあまり教材を見かけないというのも大いにあるとは思いますが。。。


P.S まめっちママさんを見習って今日も掃除頑張ります~。

* by ルーシー
結構いろんな教材に食指を伸ばしたんですね。
お腹いっぱいじゃないっすか?(爆)

ウチは大物(と言うには安いんだけど)はトーキングトレーナーだけだ・・・
さんざん使い倒した挙句、オクに出しました。
ORTは5~7までの一部を持ってるけど、
あっちゅう間に子供のレベルが追い越していった・・・
今、我が家のORTたちは友達の間を渡り歩いています。
どこにいるのか見当もつかないのだけれど、
たまに思いがけない人から
『ORTありがと~』ってギフトをいただいて所在が判明する。(爆)
贈り物の総額を考えると、これもヘンな形で元を取ってしまった・・・

手にしないと善し悪しがわからないのが教材で、
だからこそ、仲間内で情報や教材をシェアできるってのはありがたいね。
ウチは今となっては孤軍奮闘状態になってしまったけど・・・

うふふ♪ * by ぴょんママ之助
まめっちママ様

おほほ♪
同志って気がしてしまいます・・・

我が家も・・・
ほぼ網羅していま~す(^^)v

さらに
CTPもORTも
もちろんありま~す♪

加えて・・・
ログマン教材
オックスフォード教材
ケンブリッジの教材に
BBカード・・・
いずみ書房のあれやらこれやら・・・

あぁ~
書ききれない・・・(^^;

たぶん
そのへんの英語教室より
我が家のほうが教材は揃っていますよん(^^)

「私」太字の文のかわいいコレクション達ですわぁ~♪

娘が「同じの家にあるねぇ~♪」
と言うとき
すかさず
私は
「それは全部ママのだよ!使いたかったら貸してあげるね♪」
と言っています・・・セコイ?!?







けんしろう様へ * by まめっちママ
こちらこそよろしくお願いします。
記憶法はとても興味がある分野なので、ちょくちょく
訪問させていただきます。

ごま様へ * by まめっちママ
えへへ・・・・実は掃除は最近サボり気味です。
でも、基本的に散らかってるのがきらいなので、整頓
だけはできてるんです。たぶん押し込んで見えないようにしてるだけで、
ほこりは吹いて隠してるだけです。
家具の裏とか恐ろしいことになってます。(汗)

ルーシー様へ * by まめっちママ
いや~・・・実際たくさんのものに手を出したと
思います。でも大物は二つだけで、後はカラーコピー
しまくったり、ダビングしあったりしてなんとか
しのいできたので、細かい本やビデオ類は大したお金
ではなかったかな。
そういえばうちは、ベビーチェアーを人に譲り、今も
誰かの家で使われていて、まあ良くリサイクルされて
ます。でもそのわりにお礼はあんまり誰も持ってこない
けど(爆)いや、元々ただであげたもんだし、何も
いらないんですよ。今も誰かが使ってくれてると思え
ば、それでよし。

ぴょんママ之助様へ * by まめっちママ
教材マニアのぴょんママさんなら、この気持ち
わかるよね。(笑)
色々あって試したいし、貸してくれるもんだから
ついもっと違うのも使ってみたいって思いますよね。
ラボは今でもカタログが家に送られてくるので、つい
見てしまうんですが、さすがにもう買うものはないなあ。
洋画のDVD集めが最近は趣味になってます。
まだ見てないものがあるので、まずはそれから片付け
ないと・・・・

個別記事の管理2008-07-13 (Sun)
 最近、何かを極めるということがどれだけ難しいか身にしみて感じる
 ようになった。オリンピック代表を決める選考一つ見ても、あの水泳
 で北島を押さえて世界記録を出すことができる実力の持ち主ハンセン
 選手がまさかの4位で五輪の代表を逃したことなど、あれほどの実力
 があっても、負けることがあり、世界のトップに立つ人はそれこそどれ
 だけの悔しい思いと血の出るような努力をして毎日すさまじいプレッ
 シャーに耐えているのだろうと想像に難くない。

 毎日それだけを命がけで練習し、お金もかけて良いコーチにつき、
 どんな遠くでもよい指導を受けるために出向くその熱意に、ただ
 頭がさがる思いでいっぱいだ。

 ところが、これが勉強のために良い先生を探し、すさまじい努力を
 していても、人はかわいそうにという憐みの目でみることはあっても
 ほめちぎることは少ないように思う。

 この差は一体何なのだろうと考えていたが、それは勉強ができても
 人に感動を与えることが少なく、みなでその感情を共有できないから
 だと思う。これがすばらしい音楽やスポーツの記録なら、人は大いに
 感動して国の英雄であるかのような扱いをする。

 勉強のエリートは、壊れると秋葉原のような殺人鬼に育つのだとか、
 家に大量のゲームや漫画があると、それが原因だとか、実に短絡
 的に言われてしまう風潮に疑問を感じる。
 それならスポーツや音楽で毎日朝から晩まで8時間も練習し、他の
 みんなが遊んでいる時に流行りのことを何もせずに打ち込むことだ
 って十分普通ではないと言える。
 
 思うに、頂点を極めようとする人は多かれ少なかれ、他の多くの事
 を犠牲にして打ち込む必要があり、それが勉強なのかスポーツなの
 か、あるいは音楽なのかの違いがあるだけで、本質は同じなのだ。

 ただ違うとすれば、人に感動を与えられるかそうでないか、あるいは
 人を幸せにするものであるかどうかの違いかもしれない。
 東大に入ったということを日本国民で喜ぶことはまず考えられないが、
 金メダルをとれば日本中で喜ばれる。
 本当に勉強というものは、損な役だと思う。

 それでも多くの人がその道を選ぶのは、一番公平に結果がついてくる
 ことと、お金が他のことより断然少なくてすむからではないだろうか。
 もっとも最近は学歴もお金によって格差が生まれる時代なので、必ず
 しもこの道も楽ではないが、バイオリン奏者やスケート選手などを見て
 いると、普通の家では到底まねできないようなお金がかかっているの
 で、それと比べると、やはり学業は一番誰にでも開かれた道なのだと
 思う。そう考えると、親の才能やお金のあるなしに関係なく、努力すれ
 ば手が届くかもしれないというのは英語も同じかもしれない。

 親が話せなくても、片方が外国人でなくても、家に外国人が出入り
 するような環境がなくても、あるいは高額教材が買えなくても、留学
 できなくても、本人の努力で習得可能だからだ。

 親の背中を見て育つという言葉があるが、それはそばについて同じ
 ことをやったり、熱心に親が代わりにやりたいと思うほどのめりこむ
 ことではなく、親が自分達のために一生懸命働く姿や必死に生きる
 姿を見せることだと思っている。

 母子家庭で夜も働くおかあさんが、子供といっしょに英語の勉強を
 しないと子供はバイリンガルになれないのかというと違うように、親
 が何かに必死で頑張って生きる姿に感動するのだ。

 そこを間違えて親の力で子どもを一流にするなどと思ったら、それは
 大きな幻想で、親は見守り、時に話をじっと聞いてある時は励まし
 ある時はしかるそういう存在でないといけないと思う。その結果、
 必然的に子どもが一流になるならこれこそ理想だと思う。

 親が熱心でありすぎるのは、幼児期までで、だんだんと手を離し、
 一人で歩いて行けるようにしてやることが大事だと私は思う。

 だから我が家は娘が英語好きでも、私もパパもそれぞれが違うこと
 で頑張っているので、娘は私に英語を要求してこないし、パパが将来
 の夢に向かってギターを本格的にやっている姿を見ているので、自分
 と親は別の人生でそれぞれが目指すことに一生懸命になるという
 スタンスを続けることに疑問を感じないのだ。

 世間で思うようなかわいそうという言葉はあてはまらず、自ら上の
 クラスを維持したいと強く願い、そういう仲間と毎日切磋琢磨すること
 が彼女にとっては普通のことで、目標に向かうという姿勢には親が
 口出しや手だしをしてはいけないような一種神聖なものすら感じる。
 だからこそこの努力が実ってほしいと切に思う。
 けれど、世の中には努力してもどうにもならないことも存在すると
 いうことを学校も親も誰も教えないので、いつか壁に突き当たった時、
 乗り越えていけるような心の強さだけはつけてやりたいと思う。

 私がしないといけないのは、英語を教えることでもいっしょに英語を
 話すことでもなく、壁を超える力を教えることだと思う。
 説教がましくてうるさいと思われても、いつまでも親といっしょに歩い
 て行けるわけではないのだから、娘には自分で考えて人生を選択
 してほしいと願っている。

 
 
 今日も自立学習で遅くまで頑張った娘に
 ただただ幸せな未来があることを願って
 今日は真面目に応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング

 
関連記事
* Category : バイリンガルへの道とその後
* Comment : (10) * Trackback : (0) |

* by ルーシー
善し悪しは別のこととして、
勉強が来る=高学歴=出世コース=高所得(高収入) ∴勝ち組
って風潮は否めませんね。
ウチも心無い中傷は常についてまわります。^^;
あまりに日常すぎて、
反論する気はとうに消失してるけど。
だからこそ、【第一歩】を心に念じて
惑わされず、足元をすくわれず、日々を過ごしたいなと思うのです。

まめっちジュニアちゃんが窮屈な暮らしをしていないこと、
非常によくわかります。
だって、ウチの息子も飄々としてますもの。
数学が好きだから、ただそれだけの理由で、
数学ワールドに自ら入り込んでいっただけですもの。

* by sa-chi21
おそらくスポーツや音楽はそれを極めたら
即、人を感動したり、魅了することができますが、

勉強は、
魅せるものを創り出すための道具
という位置にあるのではないかと私自身感じています。

これを見誤って、勉強そのものがゴールになって
しまうと、


> 勉強のエリートは、壊れると秋葉原のような殺人鬼に育つのだとか、
>家に大量のゲームや漫画があると、それが原因だとか、実に短絡
>的に言われてしまう風潮に疑問を感じる。

のような結果になってしまうのでしょうか・・・。

この前『家庭教育の隘路』という本もよんでみたのですが、


そこでもやはり、中学卒業時の学力が将来就ける

仕事まで影響することがデータでも証明されて

いました。

ただ、我が家は上の子が年少に入ったばかりと

まだまだ、幼児の段階ですので、どうも親である

わたしが力がはいってしまっているような

感じでもあります。


大きくなるにつれてすこしずつ、この力を

抜いていけないといけませんね。




ルーシー様へ * by まめっちママ
うちの娘は毎日が適当で楽しいって感じで生きて
ますから、勉強も英語も工作もみんな適度に好きで
何かに没頭して何時間もやり続けるタイプではない
んですが、それでも時々、絶対にこれだけは頑張りたい
と深夜まで勉強することもあります。
だから十分頑張ってると思うので、親がこれ以上
べったり横に張り付いて勉強しろだの、いっしょに
ワークブックをさせなければとは思いません。
4年生にもなると、親がそこまで手を出してたら、将来
本当に困ることになりますから。
時々励ましたり喝を入れたり、なだめたりはするけれ
ど、基本的に去年と比べて手が離れてきたなあと思い
ます。一年一年成長してるのがわかります。
幼児期には親力である程度子供はなんとかなるけれど、
この先は親力より自分の心の問題かなとも思います。
私もできるだけいらんことを言わないように、口を
出しすぎないように気をつけて見守りたいなあと思
ってますが・・・・それでもちゃらんぽらんの娘を
見ているとむかついてくることも多く、日々葛藤
している状態です。

sa-chi21様へ * by まめっちママ
勉強ってそれ自体がゴールになるといけないんですよ
ね。それを使って人のためになるような発明をした
とか、それこそノーベル賞なんかを取るような研究
をするために生かすのなら、人に感動と幸せを与える
こともできるわけですよね。だから勉強も英語も
我が家にとっては、夢を実現させるための手段の一つ
で、そのために知力の伴った確かな語学力と世間で
とかく批判されがちな学業も絶対に必要だと思うん
です。最終的には人のためにその能力を使ってほしい
と思います。娘はアフリカで病院建てたいなんて
言いますが、誰かのために何かをするという気持ちは
ずっと持ち続けてほしいなあと思います。

* by けんしろう
まめっちママ様

お世話になっております。
以前コメントさせていただきました、けんしろうと申します。
私のコメントに対する返答ありがとうございました。

あらためてブログを拝見いたしました。
ご自身の体験を基にされたこちらのブログは本当に参考になりました。

そこで私のブログにリンクを設定させていただきました。
リンクを設定させていただきましたページのURLは
http://memoria.meblog.biz/article/1170016.html
です。
ご迷惑であればご連絡ください。

そしてもしご迷惑でなければ、私のブログと相互リンクしていただけると、これほどの光栄はございません。

ブログ名は
記憶術 絶技!! 使えない記憶術を使える記憶術へ!
URLは
http://memoria.meblog.biz/
です。

なにとぞよろしくお願いいたします。

けんしろう様へ * by まめっちママ
相互リンク了承しました。
そちらのブログにも訪問させていただき、とても
興味深い記事をたくさん拝見できたので、また
ゆっくり最初から見たいと思います。
今後ともよろしくお願いします。

* by Aides
アフリカで病院建てたいなんて、すばらしく人を感動させる考えではないですか~!うちの娘が将来そんな事を口にしてくれたらもう、それだけで感無量ですよ。

東大に行っても日本中で喜ぶなんてあり得ないという話ですが、東大というのはまだ大学ですから、大学生、学生ですよね。だからではないかな~と思います。日本では入学自体が大変なので、「入る」事がとても大変ですね。入ったら本人や周りの人間は、それはそれは「やったー!!」となりますが、他人からすると、その後が大切なのかな、と思います。オリンピック選手も、オリンピック選手を育てる最高のエリート校に入学した事自体を日本が喜ぶことはないですよね。でも、本人や家族はきっとそのエリート校に入ったりすごい監督に見てもらえるようになった時は「やったー!」だったんだと思います。他人は、「世界一の金メダル」を取って初めて感動します。勝手なもんですが、そういうものですよね。

「東大に行った後アフリカで病院を建てた」となったら、今後東大を目指す子どもも親も増えると思いますし、本当にすばらしいと思います。
まめっちママさんの教育方針はとても参考になります。これからのお子さんの成長がますます楽しみですね^^

Aides様へ * by まめっちママ
そうですね。他人の評価はいい時はちやほやだけど、
結果がついてこないと、ひどいこき下ろし方で、
本当に勝手だなあと思います。そこに至るまでどれだけ
苦労したのだろうと思うと、他人を批判したりは
そう簡単にできないなあと思います。
東大でもなんでも一時期ものすごく頑張るってことは
誰にもけなされることではないと思うんです。
それすらしていないのに、東大行ってもしょうがない
とか、そういう言い訳をするのが一番いけないなあと
思っています。ろくに勉強してないのに、日本の
英語教育がだめだとかそういうことを先に言ってしまう
のも同じかなと思います。
どちらにしても目的が入ることではなく、そのあとに
何をしたいか、どう生きるかですよね。
英語もただやってるだけじゃなく、何をしたいのか
それが重要かなと考えています。
必要もないのに、皆が英語をやるから、とりあえず
ではなく、それを使ってどうしたいのかということで
今後も英語の方向性を決めていきたいです。

* by さくらのはっぱ
こんにちは。
ママ暦たったの4年の私が言える事ではありませんが、
秋葉原の彼の場合は、本人が自分のために勉強していたわけではないこと、勉強が好きだったわけではないことと、成績が全てのような価値観を植え付けられて育ってしまったこと。そして、何より「評価されるため」だけに親が手助けしてしまったこと。が問題なのではないかなと思います。
私も、幼児の今は、自分が出来る範囲で出来るだけの習い事をさせてあげたいと思っていますが、いつか、本人に強い意志や希望が出てきたときには気持ちよく、そちらを優先させてあげたいと思っています。
それがたとえ、学校の成績などには影響しないことだったとしても。
但し、我が家の場合、金銭面での制約はあるかと思いますが^^;
その場合は、本気でやりたいことなら、自分で稼げるまで待ってから学べば良いことかなとも思っています。
話がずれましたが、本人にやる気があれば、どんなにハードな練習(勉強)も耐えられると思いますし、教育熱心なのが悪いのではなくて、教育熱心な親の考え方の方向性次第で子どもを追い詰めることがある。と言うことなのではないかなと思っています。

さくらのはっぱ様へ * by まめっちママ
秋葉原の彼は、いい評価のために親が手を加えてそれを本人の
成果にしてまでほめられたいという誤った育て方をしてしまった
ための犠牲者というのはわかります。
自分が人生を決められなかったということへの強い憎悪
を感じます。だから親が手を出しすぎるのは、私も
絶対によくないと思っています。
目的がない勉強や、親を喜ばせたいためによい子に
なるというのが一番怖いと思います。
手がかからないよい子だったのにと言う前に、普段
何を子供が感じて言いたいことをちゃんと吐き出せて
いるかどうかは、とても大事なチェックポイントで
すよね。

個別記事の管理2008-07-11 (Fri)
 都合により、期間限定記事になる可能性があるけれど、珍しく
 久しぶりに娘の歌が録音できたので、アップしてみた。
 お気に入りのクリスマスキャロルのDVDから歌になっている部分を
 勝手に娘が歌っているのを無理やり録音させて もらった。
 とにかくいやがるので、よほど機嫌がよくないと録れないのだが、一発
 練習なし、歌詞も見ていない生録となっている。

 DVDの中でパペットが歌っている通りに真似しているので、色々な
 声の高さが混じっていて、人間の会話とは違うことを御了承して頂き
 さらに伴奏がないので、音程はずれまくりの点も無視して、突っ込み
 なしでお願いします。汗;
    ↓ ↓ ↓
 




 FC2ブログでも音声を張り付けることができたので、奇跡的に
 これからも声が録れた時はアップしてみようかと思う。
 (いらんって?はははっ

 
 はっきり言って音楽系はすべて挫折し、歌は超下手なので
 あまりの音痴さにびっくりして、おもわずこけた方、
 こけたついでにポチっと手もすべって押してやって下さい。
   ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
関連記事
* Category : その他
* Comment : (12) * Trackback : (0) |

* by ますぷぅ
久々に聴きました♪
以前はもっと子供っぽかった声がすごく成長してる♪
舌がよく回りますね。
私はバラードしかついていけないんですが・・(汗)。
こうやって、声だけを残していくのも良い記念になりますよね。
英語とは無関係ですが、祖母の家の隣に住むおばあちゃんが、私と妹とお孫さんたちで遊んでたときに録音してくれたテープを大人になってから、こんなん出てきたで~って持ってきて聞かせてくれたことがありました。
もう懐かしくて、自分の声が自分じゃないみたいで。
今はきっと恥ずかしいかもしれないけど、大人になってから懐かしんで聴いてくれるかな??

かっこいい♪ * by 苺ママ
本当にネイティブの女の子が歌ってるみたいで素敵でした!

こうやって残しておくと、例え1年後に聞いても懐かしいんでしょうね。しかもその頃はまた一段と英語が成長してたりして!

うちはまだまだ他人様に発表できるレベルではありませんが、自分用に撮ってみようかな☆

* by やきいも
「Mr. humbug♪」が、ジュニアさんのなま声で聞けました!楽しそうな歌声ですね。「Voon」のサービスって、簡単に音声をブログに貼り付けられるんですね。自分も英語音読して録音して聞いてみました。

ますぷぅ様へ * by まめっちママ
だんだん声が私に似てくるみたいで、親子だなあ
と思います。もうかなり大人っぽくなってきて
ますから、子供の舌足らずのかわいい発音や
聞いてて微笑ましい感じはしないと思いますが、
娘の声って意外と残ってないんです。
英会話スクールで授業風景を録音させてもらった
ものがあったのですが、同じプリ出身の友達と
すごい勢いで英語を話していて、香港出身の
英語ネイティブがすごいね~とほめてくれた
時の音声もパソコンが壊れた時に消えてしまって
残ってないんです。先生から「calm down.」
と言われるほどしゃべりまくっていた理科の授業
も録音してたのに、消えてしまい思い出になるもの
がもっと小さい時の絵本の朗読ビデオしか残ってない
っていうのが残念で、どんなものでも録れた時に
残しておこうと思いました。
最近は親の前だと絶対に話してくれないので、隠し
録りするしかないのだけど、それでも先生に録音の
許可もらってやらないといけないし、娘にばれてし
まうので、難しいです。年齢が上がって恥ずかしい
とか、目立ちたくないって思う気持ちが先に立つ
ので、小さいうちが録り時ですよ。

苺ママ様へ * by まめっちママ
伴奏があるともっとよかったんだろう
けれど、とにかくきちんと録れないので、鼻歌
を歌ってるような時にお願いしまくって録音
させてもらいました。
歌嫌いで音楽はいまいちなんですが、シャドーィング
の練習の一つとして口の運動にはなるかなあと
思います。
娘の記録がほとんど残ってないので、少しでも
声を残しておこうと思って英語じゃなくても
これからはもっと録音してみたいです。

やきいも様へ * by まめっちママ
もう少し音程がしっかりしたのを録りたかった
のだけれど、しつこいと二度と歌ってくれなさそう
だったので、やめました。
このサービス結構すごいです。
簡単に張り付けられてボイスメールも送れるし、
何だか便利ですよね。
でも、携帯は全然通じないです。これはちょっと
いただけないです。パソコンで録音するにはいいけど、
携帯からも利用できてメールに添付できるはずなの
に、全然いつかけても混雑中で通じない。
何回もトライしたけど、結局つながらず。
この部分が改善されたら、すごくいいと思います。

アナログがいいかも * by やきいも
ウチの親は、わたしたち子供が小さい頃(3人兄弟)、家族でトランプやおはじきをしているときの音声をカセットテープに撮っていたり、学校から帰ってきた時の様子を隠し撮りしていたりして、結構カセットが残ってるんですよね。今の時代、下手にデジタルメディアに記録して、HDDやDVDなどにとっておいたとしても、破損する可能性はアナログメディアより高いかも知れませんね。そこがちょっとデジタルメディアの弱点かなあと思っています。

* by けんしろう
はじめまして
けんしろうと申します。
ブログを拝見いたしました。
全然音痴じゃないと思いますが。
親子で英語の勉強はすばらしいですね。
また訪問させてください。
よろしくお願いいたします。

やきいも様へ * by まめっちママ
ハードディスクに入れておいたんですが、ちゃんと
バックアップとっておけばよかったんですよね。
せめてDVDかCDに焼いておけばよかったんですが、少し
の時間で短かったので、ためてから編集しようと思って
いたんですよ。そうこうしてるうちにパソコンンが
壊れて・・・・・大失敗です。
これからはちょくちょく別のメディアに保存しておこう
と思います。

けんしろう様へ * by まめっちママ
訪問コメントありがとうございます。
娘は音楽の才能は本当にあまりなかったです。
というか練習が嫌いで、こつこつができない子
なので、いい加減な性格がそのまま出てます。
英語の歌なので、調子よく歌ってますが
親的には・・・・・という感じです。
こんなブログでよければまた訪問してください。

個別記事の管理2008-07-09 (Wed)
 我が家の英語教育の基本は、確かな国語力の基礎の上に第2言語
 として英語を載せることなのだが、小学校入学前までは、いかにして
 両方を同時に同じぐらいやれるかという点ばかりを気にしていた。

 それで英語の時間を減らしたくない一心で英語の時間を多めに確保
 しようと考えて、最大限の時間を英語スクールにあてていた。
 その上に他のおけいこごともあったので、日によっては二階建てに
 なり、ひとつが終わると次に行くということも珍しくはなかった。

 だから今以上に忙しかったのだが、時間がない時ほど要領よく
 てきぱきしないといけないと自覚するのか、意外に上手くまわって
 いたような気もする。

 それでこの調子だとずっと学業とも両立し、全部やめずにできるかも
 などと幻想を持ったのだが、さすがに4年生ぐらいできつくなった。
 いかに小さい頃にやっていたことは簡単で、いくつも並行してできる
 レベルでしかなかったのかがよくわかる。
 まず勉強が格段に難しくなり、覚えることが増えたので、家でじっくり
 そろばんの練習や囲碁の棋譜を研究することができなくなった。
 それに読書だけは、他の宿題や暗記と並行してはできず、別枠で
 時間が必要となるので、物理的にどうやっても24時間では何かを削
 るしか方法がない状態になってきている。

 それで英語スクールに行く回数をぐっと減らした
 というのも英語の時間が減ると、英語力が落ちるのではないかと
 心配していたことが、年齢の上昇とともに逆にもっと奥の深い部分
 の理解に到達できるということがわかったからで、それから気が楽
 になった。

 学校や塾で母国語(日本語)で学ぶことが英語の理解を助け、その
 基礎がある上でサイエンス系の雑誌や小学生向けの英語ニュース
 などを読むと、いっそう理解が深まることもわかり、今やっている勉強
 をおろそかにして英語の伸びはありえない
と確信した。

 今やるべきことは、物事に好奇心を持って取り組み、知りたいと思う
 気持をおこさせること
で、週末に遊んだことを聞かれる会話のための
 会話などの時間では決してないと思った。

 だからスカイプレッスンの限界を感じた我が家では、その時間を取る
 ことがもったいない気がしてきて今は休業状態となっている。

 もちろんたまにおしゃべりしたい時もあるだろうから、そういう時は
 友達で英会話できる子とたわいない話に花を咲かせることまで
 否定はしない。レッスンとしてのスカイプはいまいちだが、友人と
 スカイぷで英語遊びをするのは息抜きもできて楽しいのでそれで
 いいと思う。

 いつでも固いことばかりの全力投球を続けていると、子供も疲れる
 ので、スクールに行ってネイティブの先生とたまにはチェスをしていて
 もOKかなと思うが、いつもゲームばかりやる先生というのはちょっと
 困ってしまうので、家で他のことをやった方がいいという気持ちにも
 なる。この辺のさじ加減が一番難しいところだ。

 質のよい授業を提供できる先生は本当に少ないと思う。
 これが一番のネックかもしれない。

 というわけで、勉強にかける時間を現在は最大にしているわけだが
 どんな世界でも上を目指すのは本当に大変で、少しのミスや早と
 ちりが命取りになり、1点の重みをつくづく感じる。

 半端な努力では目指すところに行けないという現実にめまいがする
 こともあるが、マシーンのようにミスがないのもなんだか怖くて、うち
 の娘ぐらいのいい加減さがちょうどいいのかもしれないと思うように
 している。
 彼女の一番いいところは、5分で立ち直り、決して後に残らない
 さばさばしたところで、逆境にあっても、何度失敗してもへこまず
 次があると思える楽天的な部分が家の中を明るくしてくれるし、私が
 落ち込んでいる時でも元気を与えてくれるので、その部分だけは
 いつまでも持ち続けていてほしいと願っている。

 彼女の塾のクラスにほとんどミスなし、完璧によくできる子が一人
 いるが、彼女のようにはなれないわが娘でも、世の中は一番でない
 と生きられないわけではないので、とにかく最低ラインでも到達でき
 れば合格できることの方が多いと気楽に考えて自分を奮い立たせ
 て頑張ろうと思っている。

 

 冷静に記事は書けるのに、この間の模試で大失敗した娘の
 理科のことばかり気になるちょっとへこんでいるまめっちママ
 に励ましのクリック応援よろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング




 
関連記事
* Category : バイリンガルへの道とその後
* Comment : (10) * Trackback : (0) |

* by sakumama
忙しい娘の時間確保は、頭を悩ますところです。
まめっちママさんのブログを読んでいると、大きく頷けるけれど、
家の娘のようにまだまだ英語の実力がついてない場合、
今までやったことを忘れていくんじゃないかと不安で、
英語の時間を減らしていくのは、とても勇気がいります。
でも、これから塾に行かせるとなると時間がないのも事実で・・・。
”知りたいと思う気持ちをおこさせること”
大事ですね。

とりあえず、ポチ。 * by ルーシー
ウチは受験に背を向けたクチだからな~~~。
だから、いまだに体力あって、
何かを削らなければって感覚が頭で理解できても、
わが身に引き当てて実感できない。
英語もやむなく減ったんではなく、
彼らのニーズに見合う、身の丈に合わせたという自然な受け入れ方をしてるし。
どうしてもやらなければいけないことが少ないんですよね、ウチ。
何を書きたいんだか・・・とりあえず、ポチって帰るわ。

sakumama様へ * by まめっちママ
いや、うちでも不安がゼロっていうわけでは
ないですよ。できるならもっとあれもしたい
これもしたいって思うんですが、とにかく
時間がないっていうのは確かで、こんなにも
受験ってきついのかあとびっくりですね。
娘はそれでもまだ全力じゃないので、いつも
気抜きすぎで、もうちょっとぴりっとしたらと
思うのですが、ちゃらんぽらんの性格だけはどうにも
なりません。(笑)

ルーシー様へ * by まめっちママ
実際こんなに塾がきついとは予想外でした。
3年までは余裕で時間なんて余ってたんだけど、
急に鬼のようにやることが増えて、毎日課題を
こなすのが精一杯で、学校の宿題すら朝やってなくて
大慌てってことがあります。
ゆっくり進むクラスに入ってたら、そうでもない
んだろうけど、とにかく超進むのが早い一番上の
クラスを維持しようと思うと、止まれない、休めない
そういう状態です。必ず何人かは壊れるという
話もあるぐらいで、そうならないためにもうちぐらい
のいい加減さはちょうどいいのかなとも思います。
全然全力だしてないので、テレビもう少し減らしたら
って言われるぐらいだし・・・今から全力出すと
後で続かないのでこっちも適当に気持ちを落ち着けて
とは思うけど、心臓に悪い毎日です。
英語をやってると気が一番楽なんですよね。
だって比べたり順位が出るわけじゃないし、昨日の
自分との競争にすぎないから、やるもやらないも
自由で、気楽にできるからかえってスムーズにいく
のかもしれないです。
勉強もこうありたいけど、こればかりは合格か不合格
しかないし、やるからには合格してほしいしね。

* by らら
まめっちママさま、

ひさしぶりに寄らせていただきました。充実した記事がいっぱいで興味深いです。ありがとうございます。

今日の記事はちょっとほっとしました。なにが、というのは説明できないのですが、うーん、その適度な脱力感でしょうか。

十分に脱力しないで受験勉強ばかりして高等教育まで到達すると、その後の伸びしろがなんとなくスケール小な気が個人的にしています。高速に要領よく正解なるものを探す能力と、「問い」を立てる能力やその問いに取り組むための道具を組み立てる想起力などはかなり異なるもので、後者のふたつは高等教育レベルで教えることは実際のところなかなか難しいです。小さいときに、大人に過干渉をうけず、自由に遊びつくす何かがあったほうがよいのでは、と根拠はないですが、思ってきました。そういう意味では、受験に関係ない時期の「英語」は遊びの要素も期待できますね。

とはいえ、日本の受験がとても過酷なのも事実ですよね。なんであそこまで勉強しないといけないのでしょうか・・・・・などいう疑問をもつよりも、もはややるしかないという状況であることもこのごろ理解できるようになりました。プレイ・ハード、スタディ・ハードといってもなかなかバランスをとるのは大変だと想像します。わが家などは、ハードリー・スタディング状態でこれまたいつか問題になりそうですが、本人にその合理的な結末を味わってもらうつもりです(笑)。まめっちママさんとお嬢さまの想いがかないますように。

また寄らせていただきます。ありがとうございました。

* by バニラ
うちも、24時間中にできること削りまくってます・・・とりあえず6言語を4言語にけずったものの、楽器が二つになってしまったので、振り出しに戻ってしまったけど、宗教学、デザインテクノロジー等等、いっぱい必要ない?教科を削ってます。
削るというのは、今は手をつけないけど、気が向いたらいつかやる、または将来戻る・・・というスタンスですが。

何かを極めるために、どれか一つ!と決めてくれれば簡単だけど、それはそれでまた偏った教育になるようで、手放すのが惜しくなってしまい、このまま、あれこれとジャグリングさせながらやってくしかないなぁ。

受験で一番疲れるのは、母親同士の子供の能力の競い合い雰囲気っていうのが、どうもね。。。
今日も、いたよ。
挨拶した途端、子供の自慢話をひけらかし、オタクのお子さんは普通でうらやましいわぁって。
普通も何も、初対面でまだなぁんにも娘のこと言ってなかったんですけど!!
まぁ、言いたい人には好きなだけ言わせておくのが一番ね。(爆)


* by yuyu
こんにちは♪
中学受験は大変ですね・・・
わが家もいずれは避けて通れないですが・・・
何人かが壊れるって(!)・・・恐ろしい世界です。

さて、知人に割と有名な精神科医の先生がいます。
教育大で長く先生の指導をしている方で、
指導者向けに子どもの発達の本などを書いています。
彼がうちの子にくださったアドバイス。
「才能が伸びてくるとき、
 友達とのつきあいが大事という価値観を、
 親が伝えてください。
 わたしは特別だから、友達とは合わなくていい、
 と考えてしまわないように」

あと知人で日本の官僚の留学のお世話をしていた人がいますが
彼(アメリカ人)は、日本の官僚について
「難しい言葉をたくさん知っていて、頭はいいと分かるが
 言いたいことが何なのか分からない。
 コミュニケーションがとれない」と言ってました。
(全員ではないと思いますが)

コミュニケーションや友情は人生の中で大切なもの。
受験とのかねあいは本当に難しいですが・・・
友情をはぐくむ「遊び」、大事だと思いますよ♪

受験、頑張ってくださいね。





らら様へ * by まめっちママ
本当に何で中学受験ってこんなに大変なんだと
思います。この時期にここまで頑張ることが
いいことか悪いことかはわかりませんが、やった分
の結果がついてくるという現実は娘にもわかるよう
です。本当にダイレクトに成績に跳ね返ってきます
から。一生懸命に覚えた社会で高得点を取れた時は
すごくうれしそうでしたから。逆に頑張ったつもり
だったのに、ぱっとしなかったものについては、後で
見直すと、やはりまだまだいい加減にしかできてなか
ったことが判明して、親子で次への反省として話し合う
みたいな毎日です。
それでもうちはものすごく気楽なタイプなので、激しく落ち
込んだり、がり勉することはまずないんですよね。
切羽詰まってもお菓子はのんびり食べてるし、テレビ
は見てるし、友達とDSしてるし・・・・
これぐらいの脱力がないと後2年半も続かないです。

ららさんも、相変わらず忙しそうですね。でも、いつも
身軽で高いハードルを軽々と飛び越えていきそうな
何て言うかオーラみたいなものを感じます。
ハードなのに、それを感じさせないそこがいいん
でしょうね。
また寄ってやってください。時々記事が壊れて内容
のないものもありますが・・・・

バニラ様へ * by まめっちママ
ミントちゃんの場合は、うちの何倍もすごい
科目をこなして、さらに楽器も二つでしょ。
それだけですごすぎると思うわ。
たった一つのピアノで挫折し、音楽の才能ゼロの
娘には気持ちがいいほどあきらめついたので、かえって
よかったかなあと思ったりします。(笑)
なまじ中途半端にできると、未練が残ってこれも
もう少しやっておきたいなんてことになって、大変
だったかもしれません。それの典型がそろばんです。
あの中途半端さがしつこくやめられない原因ですね。
検定落ちまくりなんだから、天がやめとけと啓示し
ているのは間違いないと思うのに、親があきらめつか
ない往生際の悪さがどうにもね。(笑)
でも、ひょんなことでまた復活して急に伸びることも
ゼロじゃないんですよね。可能性がある限り、いつか
その時のためにと手放さずに細々とでも続けていく
しつこさもいるのかもしれないですね。
とはいえ、うちの娘はあっさり未練なしっていう性格
なので、一度捨てたものは復活しなさそうです。(涙)

yuyu様へ * by まめっちママ
子供のうちはいっぱい遊ぶっていうのは
基本的に大事なことだと思います。
うちの旦那は遊びすぎてどうにもならず、近所
からあの子と遊ぶなと言われるぐらいのガキ大将
でしたから。(笑)その旦那が今、教育者として
やっているので、確かに世の中はわかりません。
娘もものすごくやってそうに見えても家の中では
手抜きすぎで、ソファーに逆さまに寝転がって
勉強し、卓球の壁打ちはやってるし、ビデオもテレビ
も見てるし、友達とメールしてポケモンのゲームで盛り
上がってるし、塾の帰りに勝手に本屋に行って漫画の
新刊探してるし・・・・
普通の子と同じようなことやってますね。
明るい受験生なので、英語でチェスしたり、先生に
囲碁教えたりするのも息抜きで、なんとか適当に
やっていってます。
ただ、根っからのクールさと恥ずかしがりなところが
あって、人前で自分の能力を出したくないという
変に控え目な部分も持ち合わせてて、もっと積極的
に自分をオープンにすればいいのにと思うことも
あります。でもそれも親が無理やりさせることでは
ないので、本人がいつかそうしたいという衝動に
駆られた時に、いつでもそうできるだけの実力を
着々とつけておこうとだけは思っています。

個別記事の管理2008-07-09 (Wed)
 娘の学校でもいよいよローマ字の授業が始まった。
 小学生でローマ字を習う前までに絶対に先にフォニックスを習得
 しておかないと、日本人英語が染み付いてしまうので、読みだけは
 4年生までにマスターしておいた方がいいと私は常々思っていた。

 現に娘は自分の名前もローマ字と本当の綴りが違うので、かなり
 困惑しているし、本当の英語を書きたいのに、変なローマ字綴り
 で名前を教科書に書いているのを見ると、とても違和感がある。
 せめてヘボン式にしてくれたら、わかりやすいのに、教科書には
 2種類の綴り方が載っていて、ヘボン式は後の方で少し出てくる
 だけのようだ。なんだかややこしい教え方だなと思う。

 他のページもちらっと見てみたが、Kyabetu(キャベツ)なんて書か
 れていると、発音までおかしくなってきそうだ。

 英語はcabbageで、アクセントも一番前にあるのにローマ字を習った
 せいで、キャみたいにつられてしまうので、とっても変な感覚
 らしい。

 特に英語が日常的に日本語として定着しているものに関しては
 余計に発音が混乱してきそうだ。

 テレビやラジオ、トマトなどもそうで、トマ~トなんて発音してしまう子
 もきっといるに違いない。

 小学生になって英語で困ることは特になかったが、ローマ字はちょっと
 やっかいなものかもしれない。
 
 気を取り直して英会話スクールで学んだ新単語の復習でもしよう。
 新しく覚えた単語の一つで

 acquaintance(知りあい)

 ずいぶん私には難しい単語に思えるが、
 Someone you have met
 but do not know very well.


 と書かれていた。なるほど、とてもよくわかる説明だと思った。
 娘は「strangerの反対語やん」と言っていたので、ちゃんとわかって
 いるようだ。少しずつだが、語彙も確実に増えているようで、年齢
 相応の語彙力が亀の歩みでもついていけばそれでよしとしよう。
 
 
 亀どころかナメクジかカタツムリの歩み
 でしか英語が頭に入らない情けないママを
 励ます心優しいあたたか~い方
 一票入れてやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング

 
関連記事
* Category : その他
* Comment : (8) * Trackback : (0) |

* by ごま
こんにちは。
ローマ字、英語が出来る子にはきついんですね~。
それは思いつきもしませんでした。
私は学校でローマ字が入った時楽しくて楽しくて仕方がなかっただけに、驚きました。

ブログのテンプレ変えてずいぶん涼しげですね^^
夏らしくていい!!
私も新しいものに変えたくなってきました。

ごま様へ * by まめっちママ
そうなんですよ。ローマ字意外にやっかい
みたいです。発音まで変になりそうで、正直
早くさっと終わってほしいなあと思います。
テンプレはよく変えます。なんかすぐに飽きてくる
んですよね。でも、なかなかきちんとレイアウトが
上手くいくものが少なく、文字が小さすぎとか、
幅が足りないとか、カスタマイズすると崩れるとか
色々私の技術不足のところもあって、これだと思う
のに巡り合うのは結構難しいんです。
このテンプレはほとんど修正しなくて済んだので、
気に入ってます。少しだけ文字を大きくしてアクセス
解析を埋め込んで表示の順番を変えられるように
少しいじってます。

訓令式? * by めれんげ
お久しぶりです。

パスポートの名前も今はヘボン式に統一なのに、今は訓令式がメインで教えられるのですか?それは、ちょっと混乱しすぎますよね。私が古の昔に習ったのは、ヘボン式だった気がします。これもゆとり教育の影響なのかしら?ヘボン式だと、3文字使う音とかあって、難しいとかって理論なんでしょうか。

アルファベットだからって英語!と思ってしまうのが、引っかかるポイントですよね。でも、ローマ字読みすると、むしろイタリア語の発音なわけで。『ローマ』字ですから(笑)。実際、旅行に行くと、イタリア語ってローマ字教育のおかげでかなり容易に読めて、イタリア人に『うまいっ!』って喝采受けることあったりして。意味わからないけど、書いてあることを言うだけならオッケー。だから料理の注文は完璧!(笑)

めれんげ様へ * by まめっちママ
訓令式っていうんですね。名前はちょっと忘れて
ましたが、どうもそっちを習っているようです。
たとえばzya(じゃ) zyu (じゅ)みたいに書く
らしいのですが、娘はJa Juと書きたいわけです。
慣れればどうってことないかもしれないですが、
なまじ英語を知っていると、???となることが
多いようです。初めて習う子はむしろ楽しいかも
しれないです。
イタリア語は読むだけならそうなんですね。
なるほど!わからなくても料理は注文できる
んですね。おもしろいです。

* by ルーシー
コレ、混乱しますよね。
ウチは苗字にshiが入るんだけど、
息子はshiと書いてバツつけられ、憤慨してました。
siが正解になるんですって。
せめてヘボン式にしてくれると・・・ねぇ。
そもそも、国語の時間をこんなモンに割く意義が見い出せない。
太宰治でも読ませてくれって感じだsi~。

ルーシー様へ * by まめっちママ
やっぱりそうなんだ。
ヘボン式に統一したらいいのにね。
もうこんなことばかり学校でやってるから、国語力
が低下するし、この上に変な英語が正規授業になったら
もういいよって思います。
うちの娘が卒業するまでは、授業に入ってこないみたい
ですが、うちの学校は1年から英語遊びはやってる
ので、この先どうなるのかな・・・・

はじめまして * by Aides
はじめまして。
いつも参考にさせていただいています。
私は、ローマ字を小学校で教える事には確かに短所もありますが長所もあると思っています

多くの子にとって、日本語を子音と母音に分けて書く方法を学ぶ最初の段階になりますよね。英語のアルファベットを使って表記する日本語として、明快な仕組みのローマ字は優れていると思います。

コメントの方でもお話あった、「し」ですが、実際はshiでもsiでも、日本語の「し」の音にはなりません。どう書けばより日本語に近くなるか、という話なら、「あいうえお」から見直す必要が出てきて、大改革が必要です。

英語を実際に運用していけば、英語規則に乗っ取らない名前に出くわしたりしますし、また英語ではない外国語を学ぶ時に役立つ可能性もあります。

こういう見方もあるという事で(^-^)
横やり、失礼しました!

Aids様へ * by まめっちママ
コメントありがとうございます。
親の時代には、ローマ字がごく普通の日本語
表記で、外国の方にもわかるように表現する方法
として最適な書き方だったと思います。
なので必要なことではあるけれど、学校特有の
こうでないとバツみたいな授業になるのは、困るなあ
と思います。正しい綴りをかいたつもりが規格外だ
とバツをつけられてしまうのは、英語と相容れない
ことになって子供も困惑するかもとちょっと心配
なんですよね。日本語を書き表わすのに、ローマ字が
最適であるということは疑いようのないことなんで
すが、これだけたくさんの子供が英語を学ぶように
なってきている現状を考えると、柔軟な教え方で
あってほしいと願います。

個別記事の管理2008-07-08 (Tue)
 小学生の高学年になってくると、幼いころのように、これができたとか
 あれができたなどという目新しいことが少なくなり、大人と同じように
 物事に対してへ理屈も言うようになるし、ちょっとこちらが論理矛盾
 したことを言おうものなら、たちどころに突っ込みが入り、親もうかうか
 していられないようになってくる。

 その上、悪知恵もついて、テストの漢字はさりげなく100点の算数に
 紛れ込ませ、一度にどさっと出してくる。小出しにして毎回怒られるの
 がいやなのか、一度で済ませようとランドセルからなぜか大量にゴミ
 のように出てくる。

 今日も寝る直前に「はいっこれ。」とまるでお知らせのプリントを渡す
 ように事務的にさらりと変漢字のオンパレードのテストを出してきた。

 「隠してもしょうがないから出しとくわ」 
 (いやな予感・・・・orz

 この途方に暮れるような珍漢字・・・どうする

 ①みんなでダンケツ(団結)して立ち向かう 
  単結
  (たった一人で向かうのか・・・・超さびしい汗;
 
 ②合格のシュクデン(祝電)が届く
  
  借電  
 (電話を借りて喜びを報告することなのか?ガビーン

 ③コウサテン(交差点)に警官がいる。 
  交差店 
 (交通整理に疲れて店で休むんかい!怒り
   
 ④選挙でトウヒョウ(投票)する。
 
  当票  
 (おお~いかにも当選しそうな感じ・・・笑う

 ⑤友達のソウベツ(送別)会を開く

  相別 
 (送ってやれよ!汗;



 ああこんなんで中学受験できるのか? マジですか

 
 まとめてゴミに出したいとまじで思うまめっちママに
 励ましのクリックよろしくお願いします。
   ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
関連記事
* Category : 日本語のすすめ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by やきいも
こんにちは。ときどき、夜遅くに記事を書いていらっしゃるようですが、生活リズムは大丈夫ですか?

珍漢字、笑わせてもらいました。
算数はできるのに国語が苦手なんて、あるんですねぇ。僕は小学時代こういう珍漢字は書いた記憶はないけど算数は全くダメで、今でも小学生より計算遅いです。中学になって文字式が中心になってからはある程度救われましたけど。

人間、オールマイティーじゃないから面白いんじゃないかと思うんです。みんながオールマイティーだったら、社会は成り立ちませんよ。多分娘さんは漢字にあまり興味がないだけで、きっかけがあればすぐに伸びると思うのですが・・・

ご健闘をお祈りします。

やきいも様へ * by まめっちママ
お気遣いありがとうございます。
そうですね、たまにすごい時間帯まで起きてること
あります。うちは夜型なので、信じられない時間に
パソコンが起動していることが多いです。
いけないのはわかってるんですが、夜の時間帯に
仕事してる旦那なので、どうしてもそうなります。
早く寝ないと体壊すなあと思うのですが・・・・

娘の漢字はもう致命的です。
よくこれだけ毎日おもろい漢字書くなあと感心します。
笑い事じゃないんですが、このちょっと抜けてる
娘が私は結構好きなので、機械のように完璧なノーミス
人間でなくてよかったと思います。

個別記事の管理2008-07-07 (Mon)
 最近よく聞くのが、周りに英語を話す友達がいないから、使う機会が
 なく、アウトプットすることが難しいということなのだが、確かに娘の
 回りにも日常に英語を話す子供の存在はゼロで、クラスに一人だけ
 ハーフの子供がいたが、その子すら日本語以外話すことはなく、プリ
 卒の友人たちのほぼ全員が誰もいっしょに遊んでいて英語を使うこと
 はないのが現状だ。

 プリスクールに通っていた頃でさえ、一歩外へ出ると、日本語モード
 に切り替わり、遊びで英語を話すことはまずなかった。

 私の知り合いには英語を話せる子供がたくさんいるが、その子達の
 誰一人として、スクールの外で英語を使う子はいなかった。

 帰国子女の友人で現地で生まれ全くの英語ネイティブの同級生も
 いたが、英会話スクール内では流暢に英語を話し、とてもスムーズ
 にレッスンが進んだが、娘と外へ出て、親子共々いっしょにいると、
 全く日本語の会話となるのだ。

 英語で遊ぶということ自体が、恐らく彼女たちにとって不自然で
 非常に居心地が悪いのだろうと思う。
 回りの目もあるだろうし、日本人同士で日本に帰国しているのに、
 英語で話す意味がないのは当たり前で、英語維持のためだけに
 英語を使って遊ばないといけないというのが、娘たちには理解不能
 でいやなことなのだとわかった。

 何語で遊んでも自分がその子と気が合うかどうか、いっしょにいて
 楽しいかどうかが基準で、英語を話せるから都合がいいという利害
 のからんだ発想は子供たちにはないのだ。

 親にそういう気持ちがあったとしても、子供は純粋に遊びたいから
 遊ぶので、決して英語仲間だから遊ぶというわけではない。

 だからプリの外でも英会話スクールが終わった後も、日本人同士と
 して遊ぶから、英語を話さないだけだ。

 英語維持には同じぐらいのレベルの子供と遊ぶことがいいように思う
 かもしれないが、子供達の中にそういう基準はないことが多い。

 だからある程度大きくなると、英語で会話が成立しなくなるし、話す
 機会も極端になくなってしまうのだ。

 それで話せる子供がいないように思ってしまうし、探しても見つから
 ないのだと思う。でも、知っている限りでも娘の友人で英語を話せる
 子供(意思疎通できる)は二桁はいる。

 英語育児にある程度成功している方も、思っている以上にたくさん
 存在するのだと思う。ただ、表に現れないだけで、いてもその存在を
 誇示することが少ないので、日本は英語が一般的にはならない社会
 なのだと思う。

 それがいいのかどうかは別として、言語は使いたいという動機と必要
 性がないと、無理やりに使えるものではない
ことは確かだ。

 だから将来それを使える環境と必要性が出てきた時のために、今
 は自分の中で継続して努力を続けていくしかないのだろう。

 
 PS 今日の娘の珍漢字
    にゅうし(入試)まではあっという間だ。
    
    (娘の答え)  乳歯

     乳歯が生えるのはもうすぐという意味なのか?     
    ・・・・・・あながち不正解とも言えないかも・・・・

    
 相変わらず変な発想で変な漢字を書き続けている娘に
 ナイスボケ賞をあげたいと思う方、応援クリックよろしく
 お願いします。 
  ↓ ↓ ↓ 
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
 
 
   
 
 
 
 
 
関連記事
* Category : バイリンガルへの道とその後
* Comment : (8) * Trackback : (0) |

* by gumam
私の家族ぐるみの友達は、娘が英語を習っているのは知っていますが、実際、その家族といて英語を話すことはありません。先日、一緒に外食をし、時間が早かったので、帰り道にある 立ち飲みや(普段は子供はいきませんが^^)に行くと、カリフォルニアから来られ、英語の先生をしているというネイティブの方がいました。少し、テレながらも娘が英語で会話(自己紹介程度ですが)をしていたので、友達は娘の英語を聞いたのは初めてだったので少し困惑してました。娘の中でもスイッチが存在するのでしょうけれど、スイッチを入れなきゃとか、切らなきゃ、でなくあくまでも自然ですね。親としては正直、英語で話す友達がほしいと願うばかりですが、それを願うばかりに子供の世界が狭くなるのも可愛そうですね。
友達が遊びに来ると、「ECC行ってる」「英語ならってる」という子もいて、英語で質問すると、「やだ~」なんて言われてしまいます:D

* by ルーシー
ウチの息子は言うとった・・・
「学校で迂闊に英語を披露しちゃうとさ。
『エエカッコしぃ~』って言われるんや。
発音もボクくらい(の下手さ)で丁度いいんや。
タルーラなんか、高学年になってあの発音をみんなの前ですると『自慢しぃ』言われるかも・・・」
子供は子供のバランス感覚で子供社会を生きてるんです。
子供の社会でのあり方や友達選びは
子供の主体性に任せるのが一番かなと思います。
英語レベルが一緒かどうかなんて、
遊ぶ時の彼らの脳裏には1ナノもないと思います~。

ブログ、再開しました。リハビリです。のんびり更新します。

gumam様へ * by まめっちママ
親はつい欲を出して英語で遊ぶ友達だったら
いいなあとか思ってしまうんですが、子供は
微塵もそんなこと思ってないですね。
うちは日本語でしか親も子も話さないので、友
達にそれを求めることはないのですが、自然に
子供の間である時は英語で話してもいいかとか、
ここは日本語だよなどと判断してそうなるのだったら、
問題ないとは思います。

ルーシー様へ * by まめっちママ
学校ではまず英語なんて披露することはない
ですね。うちは総合学習の英語の時間でさえ
英語がわかるそぶりも見せないです。
少し習ってる子供で張り切る子はいるみたいですが、逆に
本当の帰国子女だったりハーフだったりすればするほど
英語の時間は知らん顔するようです。
日本人だなあと言えばそうなんですが、この頃
は自己主張が強すぎて独りよがりになったり
相手への思いやりにかけたりする人が増えて
来てるので、どっちがいいのか?とも思います。
本人次第なので、私も無理にぺらぺら話せ
なんて言えないし、娘はそういうことをしたがら
ないクールでいつもマイペースが取り柄でも
あるから、それでいいかなあと思ってます。

ところで、ブログ再開してくれてありがとう。
楽しみが減って退屈してたところだったので
もう少し私も頑張ってブログ続けようかなと
いう気がわいてきました。
英語ネタもそろそろないし、小学生の後半に
なると、勉強系の話が増えて困る困る(笑)


* by ゆり
うちは英語とスペイン語のバイリンガルのプリい通っているので、「スペイン語が母国語のお友達作ってくれないかな~」なんて思ってしまいますけど、息子はそんなこと関係なしで自分と気が合って一緒にいて楽しいお友達といつも一緒みたいです。親は身勝手ですよね^^

最近、日本人のプレイグループを見つけたので今度参加してみようと思います。皆英語しゃべっていたらガックリしちゃうかも。今からドキドキです。

入試、ウケました!

ゆり様へ * by まめっちママ
子供にはそういう利害関係はないんですよね。
純粋に楽しいから、その子が気に入ってるから
遊ぶのであって、親が選んで与えるものでもない
んですよね。ただ、たまたまそういうお友達
だったらもっといいかもっていうのはあるかも
しれないですね。
役に立つから遊ぶじゃなく、仲良くなった子が
バイリンガルだったっていうのはとても理想かも。

* by yuyu
こんにちは♪
一度、タエさんや黒船さんたちとともに
ARROWでお会いしましたね♪
ごく最近、あのときにお会いしたのが
有名なまめっちママさんだと知りました。
気が付くのが遅い「天然」で失礼しましたー
ブログを始めたので、ごあいさつに参りました。

なるほど、お嬢さんは、日本で英語で話すのは
不自然とお感じになっているのですね。
お会いしたときも、そういう感じでしたね。


さて、こういう子もいるよ、というお知らせしたく
コメントを書きますね。
うちのインターに通う娘、
ARROWで知り合ったお姉ちゃんたちと
今もよく英語で会話をしています♪
スカイプで友情は国境や文化、言葉を超えるという
チェーンストーリーを作ったりしています。

それぞれ外国人の友達も多く、
英語ができるからこそ、同年代の子から、直接、
自分の知らないいろいろな世界の話を聞き、
自分の世界が広がる、視野が広くなる・・・など、
英語の可能性を実感している子たちです。

ARROWも外国の方が入ることもあり
(その場合、日本人にだけ分かる言葉で話すのは
 閉鎖的すぎますよね)
そのせいもあるのか、子どもたちは強制せずとも
いつも英語で話しています。

インターでも、むしろ母国語を大切にする流れですが
いろんな国の子がいるので、学習言語であり、
共通言語である英語で(日本人同士も)会話しています。


別に英語レベルが一緒かなんて
彼女たちの頭には少しもないですけどねー
子ども同士がたまたま気があったから
こんなにも友情をはぐくめていると思っています。
発展させているのは子どもたちです。

わたしは日本が大好きなのに
ひょんなことから子どもの学習言語が英語になってしまい
極めるには大変な道に子を放り込んでしまったと
常々心苦しく思っています。
真のバイリンガルは
どういう道を選ぶにしても険しいですね・・・
お互い、頑張りましょうね♪


* by yuyu様へ
こちらこそ、その節はきちんとご挨拶もできず、失礼しました。
こう見えて親子ともども非常に人見知りするタイプです。(笑)
ARROWの活動はとても本来有意義なものだと思います。ただ、
うちの場合は、娘が本当に急に塾が忙しくなり、土曜日は特に
詰まっているので、活動に参加するのは難しいのです。
プリ時代の友人たちもみな大抵受験塾に通っているので
たまに会うと、口から出てくるのは成績のことと学校めぐりどうするとか、
先生がどうのこうのとか、そういう話ばかりです。娘は外人の先生と
スクールでチェスでもするのが息抜きみたいで、今は苦しい時期なの
かもしれないです。もっと純粋に英語を楽しめたらいいのですが、娘の
性格や今の状況を考えると、自宅で細々とでも継続していくしかない
のかなあと思っています。
英語を続けていくという意味でお互いアプローチは違いますが、頑張り
たいですね。
ブログ始められたとのことですが、また拝見させてもらいますね。

個別記事の管理2008-07-04 (Fri)
 光テレビを導入してから、英語チャンネルを見ることが多くなった。
 その中でもお気に入りは、ナショナルジオグラフィックチャンネルだ。
 内容はかなり難しめで、まだ娘は好んでまでは見ないが、是非
 今後はこういったものを中心に見てほしいと思う。
 
 実は私は遺跡が好きで、遥か遠い昔、新婚旅行で行きたかった所
 が遺跡のある場所ばかりで、普通の人が新婚旅行で行くハワイや
 オーストラリアなどというメジャーな場所ではなく、ちょっと珍しい場所
 ばかりに興味があった。

 候補に挙がった場所はエジプト、ボロブドゥール、万里の長城など
 当時はあまり新婚旅行で行くところではないような所だった。
 結局決まらずくじ引きとなり(そんな決め方するか?)私の唯一まし
 な言語である中国語が役に立つ北京、天津へ行くこととなった。

 でも、本音ではエジプトのピラミッドとスフィンクスを見たかったと未練
 が残るのだが、いつか行ける時も来るだろう。

 最近では昔栄えたヒッタイトやバビロニア時代の遺跡に興味があり、
 カッパドキア(現トルコ)は是非見たいし、マチュピチュ(ペルー)など
 にも行きたいと思っている。
 ナスカの地上絵も見たいし、なぜかこういう神秘的な物にとても魅か
 れるのだ。そういうものをテレビで見せてもらえるようになっただけで
 世の中随分便利で狭くなったなあと思う。

 こういうわけで、ナショナルジオグラフィックチャンネルは好奇心を満た
 してくれる格好の番組だ。
 何とか娘にもそのよさをわかってもらいたくて、別に遺跡おたくになり
 たいわけではないが、遠い昔にあれだけの技術が存在したことや、
 なぜあれほどのものがあるのかという謎にせまるのが楽しくて、それ
 を少しでもわかりやすく伝えたいと思っていたら、とてもよいシリーズ
 の洋書を見つけた。
 FOOTPRINT READING LIBRARYの一連のシリーズで
 ナショナルジオグラフィックチャンネルを易しく学べるようになっている。
  ↓ ↓
 Lost City Machu Picchu (Footprint Reading Library)
 Lost Temples of Maya (National Geographic Footprint Reading Library)

 英語も易しいし、娘でも十分読める。しかも本が薄いので、かなり
 さくさく読み進められる。ミニ問題もついているので、質問して内容
 を理解しているかどうかも確かめられる。
 
 英会話スクールで先生といっしょに読んで問題に答えるのもいいか 
 もしれない。今は家で時々暇な時に眺める程度だが、このシリーズ
 なかなか使えそうだ。


 
 遺跡のある場所って英語が通じなさそうな所
 ばかりの気がするのは気のせいか・・・?
 娘に通訳頼むのも無理かと思いつつ、いつの日か
 いっしょに遺跡めぐりをしたいと思うまめっちママに
 応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
関連記事
* Category : おすすめ本
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

世界的な遺跡! * by 現役通訳が初心者を通訳レベルに!リアル英語!
こんばんは

お体の元気なうちに環境の苛酷な場所に行っておきたいと思うのですが、

なかなか時間の余裕が許さないのが現実ですね。

歴史の教科書に出てきたような遺跡にいつの日か

応援しております!

リアル英語様へ * by まめっちママ
コメントありがとうございます。
元気なうちに遺跡めぐりできればいいなと
思います。応援ありがとうございます。

個別記事の管理2008-07-02 (Wed)
 我が家の基本教育方針はあくまでも、体をたくさん動かして遊ばせ、
 スポーツや音楽や工作など、いわゆる表現することに秀でた子供を
 作ることだった。

 だからいつも好奇心いっぱいの娘には、少々危なくても早くからハサミ
 を持たせ、そこにあるものを利用して工夫して何かを作ったりすること
 を奨励してきた。そのせいで時々変なものを作り上げるけれど、へ~
 そういうアイデアもあるのかと感心したりするようなこともあり、何でも
 やらせてみるものだと思った。

 元々静かにじっとしていない娘なのだから、本を黙々と一人で読む
 タイプではないのは明白で、だから彼女には動き回っていても、他の
 ままごとに熱中していても、ホワイトボードに絵をかいていてもできる
 たった一つのことつまり空いている耳を最大限に使う多聴がぴったり
 だった。
 寝る前に読むのは日本語の本と決めていたので、英語は起きている
 時に時間をあえて作って読んでやらねばいけない。自分で読むと
 いっても小さい頃はそんなに長い時間集中できるわけではないので、
 限られてしまい、日本にいながらにして英語圏の子供と同じぐらいの
 時間を確保しようと思えば、時間が全く足りず、かといって英語に傾き
 すぎると、本来一番きちんとやらなければいけない日本語の時間が
 足りなくなり、それでは本末転倒になってしまう。

 そこで出てきたのが同時に色々できる並行能力で、英語はいつも
 必ず何かとセットでやるようになり、それが耳は英語、手は他のこと
 そしてその進化バージョンの片耳は日本語を聞き、もう片方の耳は
 英語の音声を聞き分けるような芸当へと発展した。

 だから我が家では本をじっくり読むより、ひたすら聞くという多聴という
 方法が一番理にかなっていた

 じっと静かに読書するタイプではなかったことが、そういうスタイルを
 作り上げたと言える。

 もちろん文字を読めるようになってから、本はたくさん読んだけれど、
 今でも一番英語力を伸ばしたと思うのは、英語育児ではおなじみの
 「リチャードスキャリー」や「バーニー」「ドーラ」「クリフォード」
 「オズワルド」などのビデオを何度も飽きるほど見たことと、それらの
 音声をずっとかけ流して完全暗記するほど聞き込んだことだと思う。

 とにかく映像と音のリンクが何よりも頭に残りやすく、理解した後に
 音声をかけ流すことが最大の英語力アップにつながったことは間違い
 ないと思う。覚えるためにかけ流すのではなく、十分理解した後で
 かけ流すことで、知識の確認といつでもどこでも口から出てくるように
 刷り込むことが可能になる


 効果音が入っていて、登場人物の声が違うことで、感情移入できる
 そうで、CDがない本だけでは、娘はどうしても物足りなくて読む気が
 おきないらしい。それで必ず音源つきのものを利用することにしている。

 だから私のお気に入りのラボパーティーのCDのように日本語が交互
 に入っていても、効果音と配役がいいので、聞いていても想像力が
 働く分、英語だけの無味乾燥な朗読よりずっと心に残る。
 さらにそれが進化すると、今度は洋画の音声やテレビドラマの音声を
 直接かけ流しに使うこともできるようになり、やはり我が家には音が
 あっての英語
で、それが性格的には一番合っていた。
 
 ただ、多聴の欠点は、聞き違いをすることも多く、文字で確認した方
 がいい場合もある。もっとも文字にたよると、発音が自分流で、間違っ
 て覚える場合もある
ので、聞いて理解しにくい単語を文字で確認し、
 辞書で引くという行為を繰り返し、基本は耳と映像からというのが
 うちの場合はよかったのではないかと思う。

 どんなやり方をするにしても、好きなことを何度も繰り返すことが一番
 の近道
で、セット教材のキャラクターが好きならば、それを何度も見る
 ことが英語力の定着になるし、さらにそれをきっかけに次の新しい
 ものにも進んでいけると思うので、何か一つこれだけはと思うものを
 基礎から始めてみるそれでいいのではないか
と思う。

 よいと言われているものには、必ずそれなりの理由があるものだ。
 だから我が家も洋書を読むことは放棄せず、少しずつ多読はできなく
 ても精読という方法でアプローチしている。

 よいところはどんどん取り入れることで、自分流だけでは得られない
 効果も出てくると前向きに考えて、これからも効率的な英語学習法
 を追求していくつもりだ。



 また娘が勝手にメリーポピンズをかけ流している
 もう何回聴いたかわからないのに、まだ聞き続ける
 ことができるってある意味すごいと思う方、応援クリック
 してやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング



 

関連記事
* Category : バイリンガルへの道とその後
* Comment : (10) * Trackback : (0) |

* by やきいも
こんばんは。
このブログで、「かけ流し」という言葉をよく目にするのですが、自分自身に対して「かけ流し」をやってみようかと思いました。教材は「フルハウス」の音声です。僕の場合は、体力回復のために行っている散歩の時に、携帯音楽プレーヤーに入れたドラマ音声を聞いてみようかと思います。英語字幕でドラマを徹底研究した後、かけ流しをすれば、同じ効果が得られるかなと。

相変わらず、右脳は弱いですが、人のやっている自分にできることはやってみようと思っています。

やきいも様へ * by まめっちママ
いいですね。散歩の時にドラマ音声を聞きながらなんて。
字幕であらかじめ確認してるので、言ってることもとても
よくわかると思いますよ。
私も最初にしっかり確認してから、娘といっしょに聞いてますから。
そうしないと私の英語力ではとてもとてもだめです。
いきなり聞いても勉強にはならないので、よく日本語も英語も
字幕で確認してから聞くことに徹しています。
それでも覚えられない脳ってどうなの?と思います。(笑)

* by ゆり
まめっちママさんはいつも娘さんの性格をうまくつかんでるなあと感心します。結局、「その子に合った方法」というのが一番なんだと思います。私も以前はアレがいいと聞けば飛びつき、コレがいいと思えばやってみて...という感じでしたが、自分まで疲れていました^^ 

質問なのですが「日本語」を伸ばすために役立ったDVDってありましたか?うちは絵本はもうこれ以上は時間的に余裕がないんですが、もうすぐ4歳だし、そろそろDVDの時間も作ってあげようかなと思うのです。うちにはしまじろうしかないんですよね(><)

ゆり様へ * by まめっちママ
結局、その子に合ったやり方が一番ですよね。
うちは落ち着いてじっとしているタイプじゃないんです。
家の中で縄跳びはするし、卓球の壁打ちまでする子ですから。
だからじっと静かに本を読むのは無理で、何かをしながら英語
もついでにやるぐらいでないと時間の確保ができなかったんです。
耳はいつでも空いてます。(笑)
日本語が伸びる方法ですか・・・・
こればかりは住んでる場所の違いがあるので、うちは日本で生まれ
て日本で育ち、親の私も日本語でしか話さないので、自然と日本語
は伸びるでしょうね。アメリカ在住だと日本語が聞こえてくることも
ないでしょうから、やはり家庭内をすべて日本語にするぐらいしか
ないかもしれないですね。パパは日本語ができる方なんですよね。
もしそうなら、家の中だけでも日本語で暮らすことがいいかもしれ
ないです。学校も友達も周りも英語なら、母国語は英語になると思う
ので。英語と日本語が入っているCD絵本をかけ流すのもいいですね。
日本のアニメはどうでしょうか?
二ヶ国語で入っているので、勉強になると思いますよ。
うちは日本アニメの英語版をすごく楽しんでます。


* by ルーシー
ウチなんて兄妹でハウツーが真逆だった・・・
活字魔の兄は本の乱読、
映像魔の妹はDVDの乱視聴・( ̄□ ̄;)ガーン
でも、どっちも会話はそれなりにサマになってるのです。
ノンネイティブの年相応って意味ですが。
何事も固執すると良くないかもです。諦め良すぎもナンだけど。

横レスですが、

ゆりさんへ。
ワタシの知人のカナダ在住国際結婚夫婦
(カナダ人夫はペッラペラの河内弁)
小学校入学までは家庭内の会話は日本語オンリーで、
小学校に入ったらパパ英語、ママ日本語にしたそうです。
ポプラ社の世界名作ファンタジーシリーズやこれの日本名作シリーズを
ごっそり持ってましたよ。
絵が可愛いし、一冊が適当な長さだし、いいんですと。
情報の乏しい海外では数の多いシリーズはありがたいって言ってました。

* by きゅーぴー
まめっちママちゃん こんにちは♪
まめっちちゃん 多読じゃなかったん?
多読と思い込んでいましたわ 笑
うちもね~じっとしているコと違うかってんけど 本を読むときだけはじっとしていたわ
本とリーディングカセットの併用をしていたなぁ

ゆりさんへ しまじろうでもいいのではないですか? あとはお母さんの関わり コミュニケーションだと思いますよんv-266 

ルーシー様へ * by まめっちママ
兄弟で違うもんですよね。
エディ君の場合は、じっくり読書できるから
うらやましいわ。うちはちゃらんぽらんだから
真剣さがないのよね。
もう少し落ち着いてなんとかならんのかなと
思います。

きゅーぴー様へ * by まめっちママ
うちは多読じゃないのよ。確かにいっぱい読んだ
けど、洋書をがんがん読みすすめるタイプでは
ないなあ。どっちかというとビデオ派かな。
今は洋画が主流だけど・・・・
ナルニア国物語第2部見に行く予定です。
子供たちだけ見て親はその間ショッピング♪
夏はバーゲンについ行ってしまうから楽しい
けど、お金は飛ぶなあ。(笑)

* by rinco
>覚えるためにかけ流すのではなく、十分理解した後で
 かけ流すことで、知識の確認といつでもどこでも口から出てくるように
 刷り込むことが可能になる。


これは、すっごく納得です^^
DVDや絵本をよーく見てから、音源を流すと食いつきも違うし、場面がわかるのか説明しながら聞いたり、一緒に台詞を言ったりすることもあるんですよね

かけながしのみってのは、私もあまり信用していなくて、絶対に映像は見せる方がいいなと思ってます。
意味がわからないものを、いくらかけながしても知識にはならないかなって思うんですよね。

rinco様へ * by まめっちママ
そうですね。かけ流しは意味のあるものを流す
のがいいですね。初めてのものをかけ流しても
わからずじまいになること多いですから、じっく
り理解してからそれをかけ流すことで定着を
図るのがいいですね。
いきなり難しすぎる英語放送を必死で聞いても
全く英語がわかるようにならなかった昔の
大人の英語学習法を思い出します。
子供でも物事には順番がありますよね。
わかるから何度も見たいし、聞きたいんですよ。
それで自然と暗記してしまうのが理想です。

個別記事の管理2008-07-02 (Wed)
 英語と全然関係ないのだけれど、また娘が変なものを作ったので、
 ちょっとここに載せてみようかと思う。

 なんか妙に静かだなあと思っていたら、ティッツシュペーパーと
 輪ゴムの無駄使い?をしてどうコメントしたらいいのかわからないよう
 なものを作りあげていた。

 前も超変な夢の城?というのを作ってピカソも真っ青、ムンクもびっくり
 だったのだけれど、今回は私の顔だということで、作ったのがこれ!
  ↓ ↓ ↓
 (クリックして拡大すると笑える汗;
 CIMG0135.jpg


 もう少し・・・・美人に作ったろとは
 思わんかったんやろか・・・
 
  埴輪のような顔なんですけど・・・・
 ああ飛鳥美人のつもりかな?


 どうでもいいけど、これどうしたらいいん?
 捨てるに捨てられず、かといって
 絶対飾りたくない・・・・・orz

 
 こうして我が家にはまたゴミのようなものがたくさん溜まっていく。



 この作品?をいつまで置いておくかで悩む
 まめっちママに愛の1票入れてやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
関連記事
* Category : おかしなファミリー
* Comment : (10) * Trackback : (0) |

* by ルーシー
壁画に登場しそうな美人だな。
これは捨てられませんね~。
しばらくは!
ワタシはこの手の『もらった人が途方に暮れる』系ギフトは
娘の記憶が吹っ飛んだ頃を見計らって、
写真に収めて可燃ごみとともに・・・
オクで売ることもできませんしね。

ルーシー様へ * by まめっちママ
もらった時はどうしようか・・・・とまじで
思いました。(笑)
聖徳太子の影響を受けているのかもしれない。
マンガにこの手の髪型の人が登場するので、
きっとそのイメージなんだろうなあとは推測され
るけれど・・・写真にもとったから、そのうち
ゴミに出すかな?でも、置いておいても邪魔に
なる大きさではないから、屋根裏の今までの
作品や本の置き場にでもやっとこうかな。
しばらくは目につくところに飾っておいて・・・
でも・・・飾りたくない・・・・

* by rickymom
え~~!めっちゃかわいいじゃないですかぁ!
絶対絶対飾っておくべきですよっ!
ヤクルトの容器の上のおいて
ついでに着物も着せてあげてほしい。
なんだか”邪馬台国、卑弥呼”って感じ。
かわいいv-218

rickymom様へ * by まめっちママ
かわいいですか?そう言ってもらえると娘も
喜ぶと思います。
実はパソコンの上に飾ってます。
毎回これが目に入るのは、どうかと思うので
すが、パソコンの上に小物ポケットがあるんで
すが、その中にちょこんと顔出してアフラック
君(保険会社のアヒル)と隣同士でしかもその
アヒルはカーネーションの造花を持っている
というものすごく違和感のある組み合わせで
目の前にいつもいるのです。
ブログ書いてても気になる気になる・・・・(笑)

そう言えば、下の服も製作してたような気が
します。そのうちまた変な服ができあがるかもしれないです。
勉強してるのかと思ったら、たいていこんなもの作って
喜んでます。

* by アプリママ
かわいいですよ~v
うちも、よく何かしら作ってプレゼントしてくれます。
夏休みなどの休みの日。私が午前中仕事に行っている間、
祖父母宅でお留守番なのですが、
毎日いろんなものを作ってプレゼントしてくれます。
がらくた?のようなものでも、「プレゼント!」と言われてしまうと、
捨てにくく…困ってしまいます。
気持はうれしいのですけど…。
でも、自分でいろいろ考えて、いろんなものを作ったり、
絵を描いたりすることは、いいことですよね。

* by バニラ
これまた、かわいい作品!!
私は、「ヤマトタケル」かと思いました。

ママにとって嬉しい頂き物にはならないかもしれないんだけど、創造力を伸ばすのには、工作アートは最適ですよ~。
お口のところが巨大になってしまったのは、ティッシュペーパーと口を描いたマジックの素材の性質が原因ですよね。にじまないマジックを使ったり、にじむ特質を活かした技法の作品など、まだまだ楽しめるところがいっぱいあります。
私も娘といっしょに絵を描いていて、小学校で使う絵の具の水彩って、色水みたいにすっごーく薄めて使うんだと初めて知りました。
色を不透明でマットに乗せるのは、ポスターカラーやアクリルペイントだったんですね。小学生の頃、学校の絵の具ってなんて薄いんだろうと、必死に濃い色を出そうとして、薄める水の量を少なくした結果、乾きが遅くてすっごく腹立たしかったです。
あの絵の具素材は・・・水で薄めてすっごーく薄い色合いを重ねて、初めて素敵な水彩が描けたんだと40を越えてわかっても、今更遅かった!!学校の先生、ちゃんと子供達に教えてあげてください!って思います。
うちは、子供の変な作品より、ママの変な作品のほうがいっぱいあったりします。(爆)

アプリママ様へ * by まめっちママ
そうなの。子供のくれたものは捨てられない。
うちも毎日何か作って持ってくるので、飾るほどでもない
ものは置き場所に困ります。
玄関には今、学校で作ったSHOPの模型が
置いてあるし、キッチンには恐竜の紙模型が
あるし、パソコンの上にはこの新作とアフラック
君がいるし・・・・もらったお手紙や創作した箱
とかなんだかいっぱいで、でも思い出があるし、
娘の創作したものっておもしろいものが多いので、
何となくとっておいてある状態です。
将来結婚する時に全部持っていってもらおう。

バニラ様へ * by まめっちママ
やっぱりバニラさんはおもしろい!
水彩絵の具をほとんど薄めずにポスターカラー
みたいに使うなんて・・・(笑)
私は逆にアクリル絵の具はあまり使わず、
透明水彩という絵具を好んで使って下の色が
透けるような塗り方をよくやっていました。
昔は絵がとても好きだったんです。娘もその
影響なのか絵はすきですね。クラスでは絵が
上手い子と思われてます。
バニラさんのあのカバの絵(ごめん違ったポニーでした)
は、どうしてるのかな?
あれは最高傑作だと思うよ。(笑)

* by さくらのはっぱ
笑っちゃったけど、かわいいです♪
作品としてはイケてると思います。
が、
自分の顔って言われると、微妙かも(笑)
まめっちママさんに似てますか?(笑)

さくらのはっぱ様へ * by まめっちママ
絶対に似てな~いと叫んでます。
髪型が何でこんななの?って疑問なんです。
私の髪は長いし、一応縮毛矯正してストレート
のはずなのに、イメージなのかな・・・・・?
実物はもっと美人だ~と一人思う私です。(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。