オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2017-05-09 (Tue)
 タイトルが過激に・・・・
 いえ、これはですね、世間でいうところの文法ばかりやっているから
 ダメなんだという論説の真逆のことで、それを高校でやってはダメで
 しょうという、実体験に基づいた話だと思ってください。

 文法をやらなくてもいいのは、幼児期と小学生ぐらいまでで、中学と
 高校からはやはりきちんと従来の日本式の文法授業をやるべきだと
 いう結論です。

 今幼児をお持ちの皆様は、将来中学選びや高校選びでスーパー
 イングリッシュとか、そういう類の名前のついたコースがある学校を
 考えておられるのではないかと思います。

 もちろん幼児期から英語をしっかりやって来られた方にはそういう 
 選択が大いにあってもいいと思いますが、中高一貫校では小学生
 の頃に受験勉強が大変で英語なんてやっている暇がないという
 子供達が多くを占めています。

 そういう子供達に、いきなり英語でグループ討論するとかをやって
 しまうと、なんとなく雰囲気でわかるけれど、きちんとした英語を学べ
 ないまま、時代の先取りみたいな教育をしている気分になって、大学
 受験で困って予備校に泣きつくということになるわけです。

 幼児期に土台のある子にはそういう授業は面白いかもしれません。
 でも、娘が学校の英語に求めていたのはそれではなく、自分が自然
 に習得したことを他の人に説明できない、いわゆる教えられないとい
 うのをなんとかしたいから、きちんと説明してもらえる授業でした。
 幸いにも娘の高校は予備校から招いた先生が受験指導していたの
 で、そういった格好よさだけの授業がなかったのはよかったかなと
 思います。

 私達日本人は日本語を何も苦労なく話しますよね。
 でも、なぜそう言うのかを正しく説明できないから日本語教師になる
 ことはできません。娘も感覚的に気持ち悪い、この言い方じゃないと
 いう漠然としたことしか言えないのです。

 友達からどうやったらリスニングできるようになるかなと聞かれても
 幼児期からやっていたからでは何のアドバイスにもなりません。
 過去に戻れないのだから、それでは手遅れということになってしまい
 大人から習得した英語の達人がたくさんいる中、安易に幼児から
 やればいいんだなんていうことは無責任すぎて言えないわけです。

 だから幼児期に頑張るんだというのは間違いです。
 頑張りすぎて学業が疎かになってしまっては、単なる英語馬鹿で
 終わるだけで、正直英語が話せるぐらいでは特別なスキルでも何で
 もないです。

 もちろん話せるにこしたことはないけれど、やりすぎてしまってそれ
 しかない状態にしてしまっては、普通に中学から頑張っている子供
 達でも頭の良い子は大抵英語もできてしまうので、すぐに追いつか
 れます。

 センター試験などでは娘より筆記の点数がいい友達もたくさんいま
 した。なんちゃってであやふやな部分がある娘は、筆記が満点では
 なかったので、リスニングはさすがに満点でしたが、それだけでは
 特別なアドバンテージにはなりえないというのが受験の現状です。

 幼児期にはこういったことまで想像はできないと思います。
 だからこそ将来を見据えた地に足着いた英語教育を親は選択しな
 いといけないなという気持ちで、このブログを再開したわけです。
 
 うちの事例も単なる一つの例でしかありませんが、少なくとも英語は
 忘れていませんし、交換留学できる基準のTOEFLの点数には到達
 しています。大学では英語の授業がプレゼンや討論などになってい 
 ますから、今こそ今までやってきた英語を実践に移す時なんだと
 思います。

 実用的な英語は大学からで十分。
 社会人になってそれを使う仕事につけば、すぐに慣れます。
 土台作りをしっかりバランスよくやっていれば、英語偏重教育になら
 ずにすみます。

 娘が英語力を帰国子女並に保ちつつ、理系科目もそれなりにできる
 というので、大学では友人達からある程度リスペクトされているという
 から、なんだか不思議な気分です。高校では決して超優秀ではなか
 ったので・・・・
  
 娘の友人達はそろいも揃って高学歴で、医学部現役合格が3人も
 います。(国立です)
 
 ちなみにその子達は英語を幼児からやっていたわけではありません
 全員中学からスタートしています。ほぼみんなセンターでは娘と同じ
 ぐらいの点数を取っています。受験英語はどうでもいいんだという方
 にも、そこをきちんとおさえているのとそうでない英語とでは後々困っ
 てくるということだけは声を大にして言いたいです。

 



 復帰直後から言いたい放題
 で申し訳ないなと思いながらも
 同じ方向ばかりのブログでは
 面白くないでしょうということで
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村
 
* Category : 高校英語
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-04-24 (Sun)
 完全な受験体制に入った娘は、毎日電車で古文単語を覚え、時々
 英単語集も眺めて学校の往復時間を使っている。古文単語は携帯
 のアプリ。英単語集はシステム英単語という学校で使っているもの
 で、家では理系科目の宿題やら、復習で手一杯なので、そういう
 暗記系は電車内でやっている。

 英単語は人よりはたくさん知っているだろうと思ったが、娘の知って
 いる単語は、アニメや映画から覚えた単語なので、受検用の単語と
 は少し違う。それで意外と知らない単語も多いようで、そこを補うた
 めに単語集も使っている。

 英文を訳す問題で、微妙に訳がずれるのは、こういった受検単語の
 定番をしっかり覚えていないからで、たぶんこういう意味だと見れば
 わかるのだが、それでは確実な点数に結びつかないのだ。

 では、実際に英単語を単語集で覚えるにあたって、どうするのが
 一番いいのかということだが、よく巷で言われるのは、センテンスで
 覚えろということで、単語単体で覚えるより、文章の中でどう使われて
 いるかで覚えるのがいいと、ずっと私もそう思っていた。

 ところが、娘の話によると、例えばこのシステム英単語などはとても
 覚えやすくできているらしいのだが、例文が極端で、インパクトがある
 から、覚えるのは楽なのだけれど、逆にそれ以外の文章で出てきたり
 すると、途端に英単語の意味がわからなくなるらしい。

 単体で聞かれると、英単語の意味がすらっと出てこず、その例文を
 言うと、ああとわかるというから、実際は同じ文章が出てくることは
 ないし、文章がないと意味が出てこないというのは、覚えたつもりが
 実は頭に入っていないということで、多くの生徒がその罠に陥って
 いるのだそう。

 なるほど。そういうこともあるのだなと、自分の固まった思考を久しぶ
 りに見直す機会になった。
 単語だけをぱっと言われて意味が出てこない時は、要注意ということ
 で、娘なりにそれが理にかなっていると思ったからなのか、単体で覚
 えるようにしているそうだ。

 センテンスで覚える方法は、それこそ何度も繰り返し、もう何ページ
 のどこにあったかがわかるぐらいになれば、また話は別なのだろう
 けれど、中途半端にその方法で覚えると、弊害も出て来るのだなと
 いうことがわかっただけでも、収穫だった。

 英語の勉強は必死にならなくてもここまで来られたが、細かいところ
 まで詰めて完璧に仕上げるには、更なる工夫が必要だと痛感した。

 それでも、娘は娘なりに進化していたのだと思うと、少し安心した。





 PS ここに書いていることは一例にすぎず、聞き流しが頭に
    残らないという人がいるのと同じように、単体では全く
    覚えられないという人もいるという前提で、あくまでも
    個人差があるということをご了承下さい



 もうすぐゴールデンウイーク・・・
 今年は娘が受験生で更に金欠もあって、
 どこにも出かける予定がないのがちょっと
 寂しいまめっちママに励まし応援よろしく
 お願いします
  ↓ ↓ ↓ 
 ブログ村 子供の教育




 
 


 

 
* Category : 高校英語
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-12-26 (Sat)
 いいか悪いかは別として、大学受験の二次試験の英語の問題
 特に某大学では、日本語訳を書かせる問題が大量に出る。

 英作もかなりボリュームがあり、なんとなくわかるでは無理
 なレベルだ。

 大体意味があっているからいいでは通用しない世界がそこ
 にはある。娘のような幼少期に英語を感覚で覚えた子は、
 英語でそのまま理解するので、それを正しく日本語に訳すと
 いう作業がとても苦手だ。

 わざわざ日本語訳しなくても、聞いた瞬間、見た瞬間に意味 
 を理解しているので、それを答案という形で日本語訳するの
 は結構難しいらしい。

 どんどん減点されて、加点方式がないわけだから、思ってい
 る以上に点数は低くなる可能性がある。それがこの間の模試
 で、これからそういった模試を受ける機会も増えてくるだろ
 うから、非常に怖い。

 娘的にはできたと思っているから、余計に始末が悪いのだ。
 自分の中ではちゃんと理解しているのに、点数には繋がって
 いないというのは、想定外の出来事ということになるわけだ。

 私もそのあたりがまだよくわからないので、今後の対策に
 苦慮しているのだが、とにかく格好よく何かを書こうとは
 思わないことが大切で、英作も洒落た言い回しなどを使う必要
 性はどこにもなく、文法的に間違っていないということにポイ
 ントを置くように、娘も簡潔に書く方向に転換した。

 私は受験英語否定者ではないし、正しい英語は必要だと思って
 いる。文献を読むにも、翻訳するにも誤解をまねかない確かな
 英語力は必要だし、特に外国人の取り調べ時などについた通訳
 の誤訳のせいで、大変なことになったという話も聞くので、話
 せるだけではダメな高度なスキルも必要なことを考えると、
 決して受験英語がダメなわけではないのを理解しているつもり
 だ。

 ただ、実際の商談や海外で働いている人達は、こういったこと
 にとらわれない積極的な使える英語を習得していることも事実
 で、果たして全員がこのような入試システムに乗らないといけ
 ないのかは、別問題のような気はする。

 いい加減なブロークン英語を勧めているのではなく、バランス
 の取れた使える正しい英語を習得できるように、4技能をもう
 少し均等に評価できるようなシステムにはした方がいいだろう。

 今の入試システムでは、読む、聞く、がほとんどで、書くが少
 し、そして話すがないという状態なので、昔よりはリスニング
 などの比重が上がったものの、まだ偏っていることに変わりは
 ない。娘の時代ではまだ無理だけれど、少なくとも話すはもっ
 と取り入れていく必要があるだろう。

 とりあえずは、現状を否定しても意味がないので、それに対応
 するべく対策を立てることしかない。
 
 極める道はまだまだ遠いし、そびえ立つ壁の高さに愕然とする
 ことばかりなのだが、少しずつ登っていけばいつかは到達する
 と信じて娘には頑張ってもらおう。




 旦那と娘が言った言わないの
 些細なことで険悪なムードになっている
 のが、どうにも子供っぽくて、呆れている
 まめっちママに励まし応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育





 
* Category : 高校英語
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-09-15 (Tue)
 過去に何度か書いているが、英語力を測る一つの物差しとして、
 学校でGTECというテストを年に2回、娘は受けている。

 昨年、過去最高得点を出したけれど、校内3位だったことにひどく
 落ち込んでいた娘は、今年はリベンジするつもりで気合いも十分に
 臨んでいた。

 できは、昨年より20点アップのこれまた過去最高記録を更新した
 のだけれど、またしても敗れて2位だった。

 一貫生の中にはこの試験で娘の敵はいなかったし、一位は揺るぎな
 いものだったが、高入生に外国人や帰国子女が増え、なかなか厳し
 い状況になってきた。

 この前のS台模試では見事一位を取ったので、学力試験とこういっ
 た英語力の試験とはまた別物であるのだけれど、どちらも負けたく
 ないと思っている娘は、2位でも全然うれしくないようで、担任の
 先生や他教科の先生から褒められても、この試験だけは一位でない
 と意味がないんだと、不機嫌極まりなく、それだけプライドがある
 のなら、他の科目でも是非とも頑張って欲しいと思う。

 もうこのランクまでくると、自己ベスト更新という戦いになるの
 で、大幅な点数の伸びはない。

 今回はリスニング満点、リーディングで一問間違い。英作で減点
 がいくらかあったということで、この英作部分の文法ミスをなく
 していくことで限りなく満点に近づくしかない。

 レベルはすでにマックスだから、その中で競うというのは、もう
 オリンピックでいうところのコンマ何秒差という感じだろうか。

 まあそこまで大袈裟ではないにしても、同じぐらいの力の持ち主
 がいるということは、娘にはとても刺激になる。ただ、理系の娘
 にとって、英語はできたに越したことはないが、数学でこれぐら
 い取ってくれたら、本当に気持ちも楽になるのだけれど、まだ
 それができていないので、あと半年で何とか挽回してくれたらと
 思う。

 もう願掛けするしかないのかもしれない。
 今まで願掛けしたことは、すぐでなくても必ずかなっているので、
 いつもお参りしている寺に本気で願いをかけようと思っている。
 
 親ができることなんて多くはない。
 娘を信じてやることと、頑張っている姿を陰から応援してやるぐら
 いしかないのだから。

 とりあえずは、次回再リベンジということで、更なる進化を娘が
 遂げてくれることを祈ろう。




 なんか今年のユニバのハロウインの
 ホラーは究極らしい・・・・
 遊び半分では到底無理な虫づくしだとか・・・
 娘はゴキブリは平気だけれど、友達に誘われて
 いるものの、どうしようか迷い中・・・・
 パパと一緒に行って確かめてきて欲しいと
 言われて無茶苦茶困っているまめっちママに
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育
 
 
 
* Category : 高校英語
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-03-08 (Sun)
 なんかすごいタイトルになっている・・・・
 いや何ということはないのだけれど、学校で年に2回行われるGTEC
 模試というのがあるのだが、これは英語力を測る物差しみたいなもの
 で、点数によってランクが出て、レベル7が最高で、海外の大学の
 授業を受けられるレベルとなっている。娘は現在ランク7で、満点を
 狙って得点の更新だけに励んでいる。

 娘はこの模試にいつも気合いを入れて勝負していて、今回3連覇がか
 かっていた。前回ちょっと点数が下がったけれど、一位を死守したの
 で、今回はそれより30点以上よかったので、一位は間違いないと思っ
 ていた。

 点数も今までの最高点だったし、できは決して悪くなかった。
 なのに、今回一位を取れなかった。

 娘と同じ中高一貫の生徒にはそんな実力の持ち主はいない。
 だとしたら誰に負けたのか・・・・
 
 高校入学のハーフの生徒達か帰国子女ということになり、思いあたる
 生徒が何人かいた。何カ国語も操る生徒がいるとは聞いていた。完全
 な外国人のような子も入学している。

 たぶんそういう子の誰かに負けたのだと思う。

 ものすごく悔しいと娘は言う。いつも他人と競争などしないのだけれ
 ど、これだけは負けたくないと思っている唯一の物なので、僅差で
 負けたとしても、悔しくて仕方無かったのだろう。

 幼稚園の貯金だけでその後は中学受験をしながら細々と英語を続けて
 きた娘なので、英語をガンガンやっていたわけではないし、勉強と
 両立してここまできたわけだから、海外でインターに通っていた子に
 負けても仕方無いと思う。

 むしろよくもちこたえて頑張っていると褒めてやってもいいぐらいだ。

 救いなのは、娘の立ち直りが早く、超ポジティブになっていることだ。

 「昨日までは最悪だったけれど、今日からは
  また運がよくなっていく気がするわ。
  今日学年末テストが戻ってきて、ダメと思って
  いたものがそれほどでもなかったし、範囲を間違
  えて勉強してどつぼにはまった化学も欠点じゃ
  なかったし♪
  数学が得意な○○が、今回難しい問題を出して欲しい
  って言うぐらい自信あったのに、うちとかわらない
  点数だったし・・・
  自分との差が実際あまりなかったから安心したわ。
  古文も完答でないと×になる問題やってんけど
  意外とできてて、平均より上やったし・・・・
  なんか本当にこれから運気上がりそうやん」

 
 娘は努力している友人を素直に褒めたり認めたりできる。
 でも、心ではやはりライバルだと思っていて、いくらあまり人のこと
 が気にならないと言っても、差がありすぎるほど負けていいわけでは
 決してなかったのだ。

 友達と同じぐらいで切磋琢磨しながら、仲良くやっていきたいのが
 本音なのだろう。
 
 もうすぐクラス変更があり、新学年準備が始まる。3月半ばから理系
 文系と分かれ、違った科目を勉強していく体勢に入るので、そこで今
 のクラスのメンバーとまた一緒に頑張っていきたいと願うのは当然の
 こと。

 自分だけクラス落ちするわけにはいかない。客員講師の先生の発破も
 厳しくなってきた。いよいよ受験を意識した学年になるのだなという
 感じだ。

 だから英語はますます横に置いておいて、数学に全力をかけることに
 なりそうなのだ。その最後のGTECだっただけに一位で飾りたかった
 のだけれど、強敵に阻まれてしまった。でも娘にそれだけの力しか
 なかったのだ。

 まだ詰めが甘く、前回より点数は更新したものの、英作の分野の点数
 にはまだまだ伸びしろがあるので、そこを強化すれば、帰国子女や
 ハーフの子相手でも勝算はあるはず。

 これをバネにして、更なる飛躍をするべく努力して欲しいなと思う。

 丁度英検二次の新しい問題集も届いたところだし、今度こそもっと
 語彙力をつけて世の中のことに敏感になって、何を聞かれてもどんな
 絵が出ても、上手く対処できるように準備しよう。

 来週は動画授業の体験にも行く予定だ。また忙しくなってきそうだ。
 



 まだまだ無理そうな大学を目指している
 のに、更にその上を狙いたいと言う真性
 アホなのか、それとも本気で目指して頑張る
 のか、その真意を測りかねているまめっちママに
 愛の応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育




 

 
* Category : 高校英語
* Comment : (0) * Trackback : (0) |