オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-12-16 (Mon)
 ずっと懸念していたことが現実になろうとしているので、是非と
 も幼少期から英語をやってきた先輩として言っておかないといけ
 ないなと思い、余計なお世話覚悟で書くことにする。

 娘の学校は中高一貫の私立なので、進み方が超早い。
 どれぐらい早いかというと、英語に関しては高校2年生レベルを
 終了するぐらいで、文法的なことは大体習ってしまって、学校の
 成績が優秀な子なら、英検2級に合格することが可能なレベルで、
 入学当初、うちの学校は中3でほぼ全員2級合格を目指すと言って
 いたことが、そこまでではなくても、ある程度実現できそうな
 感じで、英語のレベルの高さは相当なものだということ。

 そこで一位を取るのは、ある意味大変なのだけれど、元々の英語
 歴を考えると、娘の優位性があって当然で、それは娘が努力した
 わけでも何でもなく、ただ早めにやっていたから、語彙力や英語
 的な感覚に優れていて、日本語を介さずに読めるというこの一点
 で他が真似できない感覚を身につけてしまったからにすぎず、
 もし中学から初めていたとしたら、恐らく落ちこぼれていたん
 じゃないかと思う。

 それぐらいみんな優秀で、他の教科もやって英語もやって・・・
 一体どれだけ勉強しているんだろうと驚く。

 娘がしなさすぎるからというのもあるが、英語はほぼノー勉なの
 で、いつも定期考査前に配られる対策プリントやキーセンテンス
 リストなどを根性で丸覚えし、(しかも電車の中とかで)とりあ
 えずテストを受けているという状態で、細かいことは無視して
 勉強していかないので、点数は微妙な感じになり、模試で取る
 圧倒的な点数とは違って見栄えのしない感じで、そこだけ見ると
 英語ができる子には思えない。

 そもそも何がいけないのかというと、理屈で説明されている
 英語の文法用語を全く理解していない。さすがに三人称単数とか
 進行形や仮定法などというのは、言葉も難しくなく問題ないのだ
 が、分祠構文で書けとか、節とか動名詞、不定詞とくると、娘の
 頭は何を言っているのかさっぱりになるらしく、見たらわかる
 英語を色々説明されてしまって、相当混乱している様子。

 模試はそういった練習問題のようなものはでないし、長文がどん
 と出てきて、読解して本文の内容にあっているものを選んだりす
 るような問題が多く、そういうのが出ると、はい、はい、きた〜
 と思うらしく、さささと読んで、何が書いてあるかを理解し、
 すぐにこれが正解とわかるので、どんどん読んで時間が足りなく
 なるなどということはない。他の子供達が苦労するのは、この
 長文らしく、訳しながらここはこれにかかっているからとか、
 そういった文法的なことを考えながら読むので、時間がかかり
 最後まで読めずに、何が書いてあるかさっぱりでわからんかった
 となるそうだ。

 だから定期考査ではいま一つのできが、模試になると俄然強くな
 り、いつも英語が超上で、数学、国語という順番になる。

 ずるいと思われているかもしれない。外国人のような感覚で
 読めるなんて、努力型の子から見れば、むかつくと思う。

 でも、その努力こそが大事で、翻訳したり通訳したりするのに
 必要なスキルは娘のような適当な感覚ではない。

 やはりここが改善されないまま、わかるからと言って、勉強の
 手を抜く姿を見ていると、危機感を感じてしまう。

 その証拠に模試でも優秀なトップ10の子は、よい点数を取り始
 めているし、よほど難しい長文やリスニングなどがない限り、
 娘よりよい点数を取ることもあるし、実際今回の模試では
 英語が一位ではなかった。ベネッセの学力推移調査は、問題が
 簡単なので、どれも点数が高い。英語は差がつきにくく、娘
 の優位性はそこでは見られない。そういうことを考えると、
 今後の課題として、英語はいくら幼少期にできても、高校3年生
 になると、できる子はセンター試験で満点近い点数を取るので
 そこで差がつくかというと、実はつかないのだ。

 やはり全体的にできる子に育てないと、英語だけでは、どうに
 もならないことがはっきりしていて、今回の模試では数学が
 そこそこ取れていたことと、英語はいつも通り変動なしの
 得点源であったこと、国語はあまりいいとは言えなかったが
 何とか学内でも平均上をキープできたことで、総合順位が
 上がり、上位15パーセントに位置して、英語でかせいだとい
 うほどではない成績を収めることができた。

 バランス感覚・・・いつも私が金科玉条のようにしている言葉
 だが、それが今つくづく大事なことだと実感している。

 娘は授業中の先生の説明がさっぱりで、ほとんど頭に残って
 いないらしい。これは問題で、やはりちゃんと説明を理解して
 もらわないと、絶対に行き詰まる時が来る。実際TOEICのパート
 5の問題などは微妙に間違えるので、わかっていない文法的な
 ことがたくさんあるということに他ならず、早急に改善しない
 といけないと感じている。

 パパに英語を習うことと、私の古文、漢文の授業を実際に受けて
 ほしいと真剣に思う。今教えている浪人生の横でもいいから
 一緒に受けてくれたら、どれだけ今後の国語が楽になるだろうか
 と思うのに・・・・

 今からあれをこつこつやっていき、入試問題になれてくれれば、
 必ず得点源になることは間違いないし、覚えることが少ない古文
 ならではで、練習していけば必ず得意科目に昇格させる自信は
 ある。娘の自覚がない限り、実現しないのが残念すぎるのだが、
 親だからできることもあるが、親だからできないこともあるとい
 うことをつくづく最近感じる。

 娘の心境は少し変化したのだが、今まで別に大学はどこでもいい
 気にならないと言っていたのが、やはり明確な目標を持って、
 そこに行かないとけないと思うようになってきてはいる。

 負けても平気だったのに、最近は尊厳を馬鹿にされるような言動
 に敏感になり、自分はもっと優秀であってもいい、負けたくない
 という気持ちがほんの少しだけ出てきた様子。

 学歴も気にし始め、親が全くそういうことを望んでいないのに、
 やはり京大に行きたいとか言い始めた。
 (だったらもっと勉強せよと思うけど・・・・)
 まあそういう気持ちになってきただけでもよしとして、親が
 やらせたり無理矢理導いたりしなくても、勝手にそっちに行き
 たい、なんか落ちる気がしないという根拠のない自信も出てきて
 本番に強い自分の運勢を信じて、ちょっとだけやる気を出そうと
 いう気配も見えてきた。

 もっとも娘は注意力欠陥なので、すぐに集中力が途切れるし
 嫌いなことはできないタイプでもあるので、実際に実現できる
 かどうかは、はなはだ怪しいのだが・・・・・

 英語の話からそれてしまったが、幼少期にやりすぎても、大きく
 なってくると、弊害も多く出てきて必ずしも良いとは限らないと
 いうことで、大人になって何で勝負できるのかということを考え
 引き出しを増やしておくのは大切だと思う。




  
 風邪がなかなか治らず、ぶり返して
 鼻水、頭痛、吐き気もちょっとあったりして
 日曜日はずっと寝てばかりで、昼過ぎになって
 しまって驚いたまめっちママに、愛の応援
 よろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



 
スポンサーサイト
* Category : 中学英語
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-10-29 (Tue)
 重い腰をあげ、TOEICに向けて少し勉強してみようと、問題集を
 買った。本番そっくり模試タイプのものと娘が弱そうなPART5
 とPART6を特に勉強できるようになっている問題集で、学校で
 宿題になっている自主勉の課題をその問題集をすることにした。
  ↓ ↓ ↓
 

 こうでもしないと、英語をあらためて勉強する気にはならない
 娘なので、仕方無い。

 今回も、戻って来た模試の結果を見ると、英語だけはクラス一位
 を死守したが、定期考査の英語の順位はクラスの真ん中ぐらいで、
 英語のテストがいかに暗記になっているかがわかる。

 こんなに定期テストと模試の差がある生徒は珍しいのではないか
 と思う。

 こういった傾向から考えても、娘は合格不合格という類のテスト
 には向いていないようで、それならいっそのこと、TOEICに移行
 しようと思った。

 もちろんこれだってちゃんと勉強しないといけないものであるこ
 とに変わりはなく、特にビジネス単語は娘のあまり知るところで
 はないのだから、覚えないといけない。

 暗記がきらいとは言ってられないのだ。
 
 来年は高校生になるし、そろそろ本気で受験向けの勉強を意識し
 ないといけない。今回の模試を見ていても、国語の古文や漢文が
 全然できていなかったので、問題をこなして解けるようにしてい
 かないといけない。娘がたとえどんなにいやがっても、ここは私
 がてこ入れしないと、どうにもならない。

 本当に英語だけでは世の中渡っていけない。
 目的に向かっていくだけの学力に英語が武器になるぐらいの強さ
 がプラスされて初めて相乗効果が現れるのだから。

 課題が山積みで、ため息がでるが、すでに来年の制服新調の申し
 込み書ももらってきている。こういうのを見ると、ああもう高校
 生になるのも、もうすぐなんだと焦ってくる。

 この間中学受験で大変な思いをして入学したのに、もう高校生
 だなんて・・・・あまりにも年月がたつのは早い。

 この調子だとあっという間に大学生・・・・
 それにしてもこのブログも長く続いたものだ。

 いつまで続けるのか・・・・・

 赤ちゃんだった娘が英語教材を好奇心いっぱいで触っていた頃
 が本当に懐かしい。




 テレビで野生のインコの群れをはじめて
 見た。うちのインコはすっかり人間に
 なつき、人間の時間で動いているけれど
 本当はあんな風に生活しているんだなと、
 ちょっと感動してしまったまめっちママに
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



 

 
* Category : 中学英語
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

秘密コメント様へ * by まめっちママ
コメントありがとうございます。
このコメント欄でお答えしていいのかどうか、わかりません
が、もしさしつかえなければ、メールフォームから相談いた
だけると、個人的にお返事差し上げることができるのですが
ここでコメントとして書いてもいいのであれば、ある程度
お答えできるとは思いますが、いかがされますか?
簡単なお返事でよければ、ここで書きます。低学年で
英検準2級まで来られた実力なら、たぶん既存の英会話
クラスでは、一緒にやる相手が難しいと思います。
ほとんどのお子さんは、英語を楽しんで遊びのようにやる
レベルだと思いますから、そういう場合は、帰国子女の
コースにいかれてはいかがでしょうか?英語力がある子供
なら、帰国子女でなくても、同じぐらいの年齢の子供が
いれば、一緒にできる可能性はありますよ。
週に一度程度は、そういう会話をできるクラスに在籍する
ことで、今の語学力を維持していき、足りない分は、家庭
で今まで通り、絵本読みや、DVDの視聴、かけ流しなどを
混ぜながら、勉強に支障が出ない程度に、続けていかれる
のがベストだと思います。受験などをもし視野に入れてい
るのなら、尚更です。日本語がしっかりしてくる高学年に
英語ばかりやるのは、お勧めではないので、日本語をベース
に英語を載せていくのがいいと思いますよ。
あまり詳しいアドバイスになっていませんが、もしもっと
詳しく色々な話をと思われましたら、またいつでもメール
して下さいね。

個別記事の管理2013-10-18 (Fri)
 少し前に学校から受験したGTECが返却された。
 自己採点していたので予想通りの点数で、リーディングとリスニ
 ングは満点、学内一位だった。ただ、ライティングが今回少し
 単語の選定や文法の間違いで、得点を落としており、もっと普通
 でいいから、正確な英文を書くことの方が減点されずに済むのに
 という感じで、ここがこれからの娘の課題だなと思った。

 文章が日本人の子が学校で習うような定型を使っていなく、ああ
 これって帰国子女的作文だよなと思うような感じに仕上がってお
 り、それでも間違っていなければ問題ないのだが、微妙にスペル
 や単語の使い方がおかしいので、いくつか直されていた。

 入試では減点法が一般的なので、いくら格好よく書いても、下手
 でいいから正確に文法的に正しい英文を書く方が、得点になる。

 だからこれは娘にとって今後クリアしていかないといけない大き
 な問題なのだ。

 そのせいで全体順位が2位になってしまい、圧倒的な得点で一位
 だったと思われるリーディングとリスニングが活きてこなかった。
 もっともGTECの独特の採点法のせいでもあるのだが、学校平均
 よりリーディングは61点上で、リスニングは73点上、ライティン
 グが16点上という結果で、トータルスコアは149点上だった。
 満点だったリーディングとリスニングは本来の得点はもっと上だ
 ったようで、最高得点上限が250点と決められているので、それ
 より多く得点してもそのパートは250点となってしまうのだ。

 だからライティングのミスが痛いわけで、なんだかおかしな点数
 だなと思うが、このテストがそもそも順位を競う系ではなく、ど
 れぐらいのレベルの英語力があるかを見るものなので、最高得点
 に到達していれば、それ以上はいくつ間違っていても、みんな
 満点扱いになる。グレードクリアできれば、高得点でもぎりぎり
 でも、同じということなのだ。
 要するに入試のように総合点で、一点刻みで比べるというような
 趣旨ではないようだ。
 
 娘にしてみれば不本意ではあるけれど、まあそんなことはいい。
 海外進学を視野に入れるレベルという判定だったのだから、英語
 力の衰えはないと判断していいだろう。
 しかも前回より総合得点もかなりアップしていたし・・・・
 英語力が落ちずに少しでも伸びているという事実がわかっただけ
 で、こちらもほっとしている。

 前回はリスニングの途中で寝てしまい、まさかの得点だったが、
 ちゃんと今回は起きていた(当たり前すぎて話しにならない)ら
 しいので、満点だったようだが、センター試験のようなマークに
 はたぶん強い武器になるだろうけれど、二次の記述になった時に
 スペルミスや文法ミスが目立つと、致命的なので、やはり安心し
 てはいられない成績だと思う。

 ライティング・・・・なかなか伸ばすことが難しい分野ではある
 が、構成と語彙が比較的高得点だったので、やはり細かい文法を
 もう少し丁寧に詰めていく必要がありそうだ。

 特に娘の英文は前置詞がいい加減で、熟語として覚えておかない
 といけないようなものを間違えているというのも目につき、単語
 力より受験によく出題される前置詞付きの言い回しを勉強しなお
 す必要があると痛感した。

 娘は合格不合格が出るものより、力を測る系の法が気楽に受けら
 れるようなので、そろそろTOEICでも受けてみるかな・・・・

 でも学校が忙しいので、いつ受けられるやら・・・・

 気が向いたら受験するかもしれないけれど、娘次第なので、あて
 にはならない・・・





 親が全く英語にノータッチになってから
 久しくなったが、それなりに何とかなって
 いる娘を見てると、中学以降は余計なこと
 をしない方が伸びるのかなと思わないでも
 ないまめっちママに共感できましたら
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育





 
* Category : 中学英語
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-09-09 (Mon)
 毎回、英検の案内が来る度に、娘は不機嫌になる。
 娘の学校は宿題がとても多いし、授業時間も長く、夏休みも短い
 ので、遊びたい気持ちでいっぱいの娘は、余計なことを一切した
 くないので、学校以外の勉強はしていない。

 英語は今までの貯金と、中学に入ってからの勉強しかなく、幼少
 期のようにどんどん英語本を買ったり、読んだりすることもなく
 やばいぐらいに何もしていない。

 ただ、もう娘は英語を忘れるようなことはないし、学校で英会話
 もやっているので、英語を聞かない日はなく、模試などで入試に
 対応した英語は大体どんなものかわかってきたし、細かい文法は
 これからもう少し詰めていけばいいだろうから、もう今以上に
 英検を受けるのはいやだということのよう。

 日曜日が潰れるのは絶対にいやだそうで、それでなくても学校
 で土曜日も遅くまで授業があるし、日々テストがたくさんあって
 もうこれ以上日曜という自分の大切な時間を潰されたくない・・・
 そういう考えのようだ。

 こうなってしまうと、親があれこれ言っても全く無駄で、今は
 別の道に行くべく、勉強を頑張るという立場で、日々暮らして
 いる。もう少し先に進んでおいても悪くないはずなのに、この
 暢気な性格・・・・

 でも、それを娘が選んだのなら仕方無い。
 小学生のうちに、受験がなければもう少し進めたかもしれないが、
 何がいいかはその時はわからなかったし、今も英語以外の道に
 進むことが娘の希望なら、やりたいことをやる方が伸びるだろう
 から、また想定外にやり始めたことで思わぬ未来が開けるかも
 しれないということで、いつでもメッセージを受け取れるように
 だけはしておこうと思う。
 
 英語に関しては、英会話の先生から将来もらえる給料が違ってく
 ると言われ、それなら頑張っておかないといけないんだと、少し
 思い直しているような様子も見えるので、誰かからの言葉でない
 と、親の言うことはなかなか聞けない思春期は、ぐっと我慢して
 自分がやろうと思うのを待つしかない。エンジンがかかったら、
 その時は全力で応援できるようにだけはしておこうと思うが・・

 中学生になるというのは、こういう英語から離れるリスクもある
 ということ。だからますます幼少期に貯金をしておこうと思う
 気持ちは、せっかくの投資を無駄にしたくない親の身としては
 とてもよくわかる。

 それでも、私は今もう一度子育てするとしたら、やはり英語は
 ほどほどにしかしないかもしれない。今度こそ受験はしなくて
 芸術をとことん磨く方向へ行くかもしれない。
 でも、そういう時に子供が逆のバージョンになって、勉強大好き
 なんてことになるんだろうな。

 大体がそんなもので、親が伸ばそうと思うことより他が伸びまし
 たになるのは、よくあることだ。

 小さい頃からスパルタで伸びる子供というのは、ある意味すご
 いと尊敬してしまう。うちはそんなに簡単に、はいはいとは言
 わない頑固な子だったので、努力できること自体が才能で、うら
 やましい限りだ。

 娘ももう少しそうだったらいいのにと残念がっても、仕方無い
 けれど、まだこれから自覚してくることもあるだろうから、
 もう後は自分で判断して道を切り開いていってもらうしかない。





 今日は全然インコを出していないので
 随分静かに止まり木に止まっている・・・
 ごめんよ〜・・・・・
 人間の世界は色々あるんだよ。
 娘がたまにインコになりたいという気持ち
 なんかわかる気がしてきたまめっちママに
 励まし応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育




 
* Category : 中学英語
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by マリー
「やりたい事しかやらない娘」なので、
私が一人で心臓に負担をかける毎日です。
いま楽しいのは部活の吹奏楽部。
秋の演奏会でドラムを担当するらしく、
You Tubeを見ては真似て練習しています。
英語に関しては趣味の範疇で関わるのみです。
いつかスイッチが入ってくれるのを辛抱強く、
待ちたいとおもいます!

マリー様へ * by まめっちママ
うちも全く同じタイプなので、こういう自己主張が強い子
は、親ばかり心臓に負担がかかりますね。うちも今一番
楽しいのは、実況中継を見ることで、パソコンの時間が
つい長くなるので、中学生って、もうみんなラインやら
twitterやらブログもやっていて、誘惑が多すぎて、私が
他は甘いのですが、SNSにはうるさいので、娘もtwitter
以外はやっていないのですが、パソコンとの付き合い方が
難しいです。有効に使うと、調べ物学習に便利なんですが
本当にそこは親の監視の目が多少必要かと思います。

個別記事の管理2013-08-15 (Thu)
 幼児期とは違って、英語を勉強としても学ぶ必要が出てきた中学
 生の現在、娘がどうやって新しい英単語を覚えているのかについ
 て、興味深い傾向が出てきた。

 学校では、毎朝受験用の英単語集からテストされるのだが、それ
 を例えば今日は1〜20までというような覚え方をしていくと、
 ほとんど機械的な暗記になってしまうので、娘自身もその覚え方
 で覚えた新単語は、実際の英作文ではあまり使えない。

 最近はセンテンスごとテストがでるので、構文も暗記できるとい
 う点ではよくなったが、それでも何度も読んで暗記していくとい
 う作業は変わらず、自分が日頃口からすらっと出せるかというと
 ちょっと違う気がする。

 もちろんそうやって大多数の子は英語を覚えていくのだが、実際
 英作をさせてみると、本当に使える単語は日頃しょっちゅう耳に
 している簡単な単語ばかりになり、なかなか難しい語彙を使って
 すらすらとはいかないのが現実だ。

 素晴らしいという単語一つでもniceもあれば、goodもあるし、
 wonderfulもgreatもそれは様々な言い方ができる。

 娘が言うには、

 「うちはスピーチとか何か発表する時は
  あえて難しい単語を使うようにしている。
  ネイティブが普通に色々使う語彙と同じ
  ぐらいに言い方も一つじゃなくて、大人
  の英語になるように単語を選んでる。
  だからそういう宿題が出た時こそが、新
  しい難しい単語を覚えるチャンスやねん。
  型どおりの子供みたいな英語を作文した
  くないし、先生もみんながあまりにも
  同じようなことばかり言うと、聞く気が
  なくなるって言ってたよ。」
 
 確かにそうだ。日本語で書かれた読書感想文でも、もし
 「私はこの話を読んで、主人公の○○がとても
  かわいそうだと思いました。・・・・」

 なんていう小学校低学年のような文章を中学生や高校生が書いて
 いたとしたら、幼稚な感想文だと思うだろう。

 それと同じことが英語にも言えるのだと言う。先生には日本人の
 子が書く英語がみんなそんな感じに見えるらしく、もっと間違っ
 てもいいから、ちゃんと調べて頑張って書いてほしいと願ってい
 るらしく、娘はそういう話を英語で先生がまくしたてているのを
 聞いて理解できるので、余計に自分は何とかできるだけ大人に
 近い英語を使えるように頑張ろうと熱心にパソコンで調べている。

 検索の言語も全部英語にして、片っ端から英文を読んでいる姿だ
 けを見ていると、結構ちゃんと勉強してるじゃないかと思ってし
 まうが、これが英検の単語集を地味に頑張れとなると、途端に
 やる気がなくなり、そういう覚え方ではほとんど頭に残らない
 から、いつも問題集は開かずじまいで、調べ学習の時にやって
 いる英語の勉強が今一番娘には普通に頭にすっと英単語が入って
 くる方法になっている。

 本当に娘は面倒な性格で、物事に意味がないと先に進めないとい
 う全くもって融通がきかない子だと思う。

 でもそういう勉強ほど頭には長く残るし、忘れない記憶になるこ
 とも確かなのだ。もちろん娘も点数を取る英語というのもわかっ  
 ていて、受験や模試の問題では減点されない英作をするために
 難しい構文や単語を避けて、シンプルで間違わないものを書くと
 いう使い分けをしている。

 なんだかおかしな話だが、それが受験というもので、また努力し
 た子が報われるという意味では、そういうテストしかできない
 というのが実際のところだと思う。

 海外育ちや小さい頃に英語環境が与えられた子が有利になるよう
 な入試ではなく、誰でもが中学から習った英語の知識で真面目に
 やっていれば得点できるような入試は、決して悪くはない。

 うちはたまたま英語環境に娘を置くことができたが、アドバンテ
 ージだとは思っていない。むしろ真面目にやってわずか2年で英検
 などの上の級に合格していく生徒をとてもえらいと思っている。

 そういう努力ができて、更に娘のような自然体の英語感覚が身に
 ついていたら、鬼に金棒なのだろう。

 うちの目指す英語はあくまでそういう方向なので、幼児期の英語
 やりすぎは、決してよくないなと今も思っている。
 耳を鍛え、リスニング能力を稼得したことは、よかったけれど
 それ以外では、普通に努力できる子であってほしい。そういう
 意味では、娘が今学校の英語の時間に様々な発表をする機会に
 恵まれたことは、よかったと思う。

 ただ何かを写して書くのではなく、考えてその場面にふさわしい
 単語を選んで、どういう風にネイティブが使っているのかを研究
 することは、娘の英語力をより高くしてくれるだろうから、この
 まましばらくはこの路線で行こうと思う。

 



 今日も一日暑かった・・・・
 インコは相変わらず元気で
 アスレチックをやっている。
 家に帰ってきてから、痩せた気がする
 のは気のせい?と思うまめっちママに 
 愛の応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育





 
* Category : 中学英語
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。