オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2014-05-05 (Mon)
 休みもすでに後半に突入した。
 私も旦那もなんだか忙しくて、ゴールデンウイークなのに、大し
 た所には行かず、近場ばかりをうろうろしている。

 なんだかちょっと寂しいけれど、須磨の方へ海を見に行ってきた
 ことが、唯一遊んだかな?という感じで、娘の方は宿題も多いの
 で、ひたすら家にへばりついている。

 さて、そんな我が家だが、旦那が仕事で使う英文を探すために
 ネット上の文章などを色々見ていたが、どうも素人のネイティブ
 が適当に書き綴ったブログ的な文章が、下手くそすぎて読んでい
 て誰が一体どの人とどうなったのかが全く読めず。娘にも見て
 もらったけれど、私と旦那と娘、三者三様の解釈に分かれてしま
 い、そんなにも読む人によって解釈が異なる文章では、全くだめ
 だなということで、やはりきちんとした文献を本屋に探しに行く
 ことになった。

 今までは娘の塾が終わるまでの時間つぶしで私がよくジュンク堂
 に行っていたが、今回はそこではなく、梅田茶屋町に出来た巨大
 丸善ジュンク堂に出向いた。

 ここは本当に探すと何でもある。見やすいし、紀伊國屋と違って
 フロアが分かれているので、人がそれほど混雑せず、スムーズに
 探したいものが見つかる。

 最近は娘の英語本なども全く買わないので、洋書コーナーなども
 見ることはなかったのだが、せっかく来たので、色々見ていると
 欲しい物が山ほどある。

 これを勉強してくれたらいいのになと思うものがどっさりあるの
 だが、なかなかそんな暇がなく、バイリンガルバージョンの漫画
 ぐらいなら、ちょっとの隙間でも読めるので、「あさきゆめみし」
 とかは、源氏物語を理解する上で役立つし、そろそろ読んでもい
 いかなと思った。

 


 他にも短いニュース英語が学べるものやら、参考書的なものまで、
 買いたくなる衝動を抑えるのが大変だった。

 今までなら勝手に買って来たのだが、高校生の娘はもはや親が
 勝手に買ってきたものなどやりはしない。

 しかも自分の英語は親よりできると思っているから始末が悪い。
 (実際そういうこともあるけれど・・・・

 生意気になって本当に困る。とはいえ、本気の実力は実際あるの
 で、こちらも何も言えない。模擬試験の偏差値は常に70以上ある
 し、GTECは学校では娘の右に出る子はいないし、そういう成績を
 取っている限り、親としてもうるさく言えない。
 ちゃんとできてるのに、何か文句あるの?という感じなのだ。

 そんな娘が、まだ唯一勝手に買って来てもしぶしぶやるのは、私
 の専門の古文ぐらいで、これは自分が親より全くできないことを
 自覚しているからか、さすがにえらそうな態度は取らない。

 それでも学校の先生が結構有名な予備校講師なので、学校の授業
 をちゃんと聞いていたら、出来るとか生意気な事を言い始めた。
 
 先生がよくても自分がやらないと意味ないんだと一喝したい。
 覚えないといけないことは絶対にあるし、聞いているだけでは
 できるようになりはしないのだから。

 親子というのは、教えることが難しい。
 これが生徒だったら、もっとちゃんとやれるのだけれど、本当に
 こういう時は赤の他人になりたいと思う。

 塾いらずの学校だから、余計なことはしなくてもそれなりに学校
 の勉強をしていれば、何とかなるというのも事実だけれど、やは
 りもっとこっちの参考書の方がいいのにとか、これをやらせたい
 という希望のようなものはあるわけで、特にうちは両親が予備校
 講師という職業柄、テキストや問題集には厳しい目をもって見て
 しまう傾向があり、自分で選んだ本を娘にはやらせたいと考えて
 しまうのだ。

 自主性を重んじながらも、少しだけアドバイスもしたいという親
 心・・・・娘に果たして通じるのかな・・・・






 私の初出勤が7日なので、もう後2日しか
 休みがないことが悲しいまめっちママに
 励まし応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



 
* Category : 洋書、雑誌、新聞で学ぶ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-01-12 (Thu)
 今週の土曜日から中学入試が始まる。
 去年の今頃は、当事者として緊張しまくりで、落ち着かない日々
 を送っていた。受験に絶対という言葉はない。けれども、奇跡が
 起きることはたまにある。だから最後まであきらめないで頑張る
 今年の受験生の姿を見ると、応援したくなる。

 すべての子供達にサクラが咲くわけではないが、どうか結果が
 どうであれ、すがすがしい気持ちで次のステップに歩み出せる
 ように願ってやまない。

 去年は買うものと言えば参考書ばかりで、英語関係のものなど
 一つもないぐらい、本屋に行けば受験関連本に目が行き、塾の
 テキスト代にお金がかかること以外、昔のように英語教材を
 あれこれ物色したり、洋書フェアにわくわくしたりすることも
 なく、たまに紀伊國屋やジュンク堂で子供向けの洋書や教材など
 を目にしても、ああこんなのあったなあと思うぐらいで、心は
 遠くにあるという感じだった。

 でも、今年はまた英語関連の本に興味が出てきて、娘もそろそろ
 動き出さないといけないと思うようになった。
 学校でやっている英語はものすごいスピードで進んでおり、すで
 にかなり難易度がアップしている。公立のテキストを見ると、そ
 の差は歴然としていて、恐ろしいぐらい内容は高度になっている。
 遠からず娘の英語のアドバンテージはなくなるだろう。

 前回の二つの模試では学年一位を獲得し、意地をみせてくれたが
 元々のんびり楽天家で人と競争する意識がない娘に、このまま
 ぼーと過ごしてもらうわけにはいかない。英語だけは学年トップ
 を維持していきたいと自分でも思っているのだから、不動の実力
 をつけるためにも、今年は動き出さないといけない気がする。

 漢検も日本語検定も人並み以上にはできている。
 だから英語との両立はここまでは上手く機能していると言えるん
 じゃないかと思う。もちろん世の中にはもっとすごい子が山ほど
 いるけれど、我が家の目的はバランスよく学力を伸ばすことなの
 で、今のペースで両方を上手く伸ばす方向でいいと思っている。

 英字新聞の購読と少しワーク系も取り入れながら、手薄になって
 いた理科分野の英語を補っていくことも考えている。

 

 実は、娘は生物が嫌いだ。図をみるだけでも気持ち悪いと言うぐ
 らいで、何がそんなにと思うのだけれど、理科分野の中でも物理、
 化学は得意だけれど、生物、地学は大嫌いという極端さで、学校
 の成績もこの二つが非常に足を引っ張っている。だから少しでも
 興味を持たせたいと思うのだけれど、なかなかこれが上手くいか
 ず、面白そうな本を探すのに苦労したが、これはなかなか役立ち
 そうだ。
 
 理科だけだと、いやがると困るので、娘の好きなライトノベルの
 英語版もシリーズでそろえてみようと思う。

 

 これは今一番娘がはまっている本で、漫画の方もあるのだけれど、
 原作重視の娘は小説版で読んでいる。こういうところは娘らしい
 と思う。アニメも漫画も大好きなくせに原作が小説なら、必ずそ
 ちらを読み、漫画の方には手を出さない。
 たまにアニメ版をyoutubeで見ることはあるが、それもイメージ
 が崩れると途端に拒否反応を起こし、できるだけ原作重視であま
 り大きな変更がない場合に限り、そちらも楽しんで見る、そうい
 うこだわりを持っている。

 だから声優さんの声などにもこだわりがあり、何でも英語にすれ
 ばいいと言うわけではなく、日本語のアニメの英語バージョンの
 場合、声が合っているものは好むけれど、違うものは英語では
 決して見はしない。

 こういところが幼少期とは違うところで、親が英語を与えても
 自分が受け入れるかどうかは別物で、娘が気に入らないと、ど
 んな素晴らしい教材でも宝の持ち腐れになるのが残念なのだが、
 これも成長の過程では仕方無いことかもしれない。

 他にもほしいものは山ほどあるけれど、忙しい娘には、こちらが
 勝手に購入してもやる暇ないからと素っ気ない態度を取られるの
 がおちなので、とりあえず焦らずに少しずつ英語関連本も買い足
 していって、負担のないように進めていきたい。
 

 

 
 今週土曜日は中学受験初日なので、娘の中学も
 授業が休みで、少しゆっくりできそうだ。
 USJにでも行こうかなと思う・・・・
 でも寒いだろうな・・・・それにきっと娘は
 ジェットコースター乗りまくりになる・・・・
 憂鬱すぎる・・・あのコースターは激しく気持ち
 悪くなるので、乗りたくない・・・・・
 まだ行くと決まってないのにすでにこのテンション
 の下がり具合・・・気分が滅入ってきたまめっち
 ママに励まし応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育
* Category : 洋書、雑誌、新聞で学ぶ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by うめ★hiro
こんばんは
生物系
「パラサイトイブ」とか「イエスの遺伝子」(かなり古いですね)などの小説は好み?orかえって生物がもっと嫌いになる?
宇宙系は? 核融合と原子とか 超新星爆発と生命の起源 我ら「星の子」
そのあたりから宇宙天体地学系とか
超新星爆発 ダークマタ―
なんか 自分の好みを書きました
生物も地学もおもしろい

うめ★hiro様へ * by まめっちママ
そうですね。私は物理系がだめなんですが、娘は
生物系が本当にきらいで、昆虫ダメ、植物だめ、
地学系も火山岩がどうとか、そういうのは全然だめ
で、小説も興味なさそうです。
でも、SFファンタジーは好きなんですよ。
だからスペース物はまだ幾分見たり読んだりできる
かもしれません。
子供の興味って親とは全く違うし、幼少期みたいに
何でも与えれば吸収するなんてこともないし、いやなら
やらないという意志もはっきりしてきて、もう英語育児
なんていうのは無理です。自分でやる英語学習ですね。
私がやれることは少ないです。面白そうなものを
見つけてきてその気にさせることとか、一緒に
おたくなアニメを見たりして共通の話題を作って
それを英語で見たり聞いたりする方向に持っていく
ぐらいですね。
中学生って難しい年頃です。

個別記事の管理2012-01-09 (Mon)
 英語ブログでありながら、今更何をという感じだが、受験があり、
 勉強との両立で英語だけをやるわけにはいかなくなっている中学
 生の娘にとって、幼い頃からやっていた英語というのは、あって
 当たり前、あまりにも普通にそばにありすぎて、空気のような
 ものになっていて、身に付いた感覚が他の人には共有できない
 素晴らしい宝だということになかなか気付くことができないで
 いる。普通にリスニングをしていても、大人になってから身につ
 けた人が苦労して必死で聞いている状態を、娘は何も苦労なく
 リラックスして聞いていられることや、英語を日本語に訳す必要
 がないことなども、うらやましいぐらいなのだが、それを普通に
 やっている自分を特別とは思わず、皆がそうやって英語を聞いて
 いるのだと思っている。

 この感覚こそが幼児期からやってきたたった一つのアドバンテ
 ージなので、それを消さないようにすることだけが、この何年間
 一番気を遣った部分かもしれない。

 でも、受験が終わり、中学生活にも慣れてきたので、ようやく
 少し要領よく宿題を済ませ、他のことをする暇も出てきた。
 だから今年は、今まで学校のことで精一杯だった時間をもっと
 有効に使えるようにしたいと思う。

 その手始めにもう少し学校以外の英語をやろうということで、
 英字新聞を購読することにした。娘はジュニアエラがずっと
 好きだったので、ああいう感じで記事が簡単な英語で書かれて
 いて、たまに漫画があったり、日常会話のおしゃれな表現が載
 っていたり、受験対策のような文法解説もあったりする英字新聞
 は、非常にとっつきやすくて楽しんで身に付くという感じで、
 スカイプがきらいな娘には、無理やり話す会話よりは、こちら
 の方がいいだろうし、本人もその気になっているので、頑張って
 続けてみようと思う。

 英作文の練習にもなるだろうから、そろそろ書く、読むを真剣に
 やってもいいだろう。
 
 お得な特典がついているのとポイントがたまりやすいので、楽天
 で定期購読することにした。
  ↓ ↓ ↓
 


 娘の好きそうな話題も載っていて、月々にしてみれば1000円以内
 というのが魅力だし、それぐらいならお小遣いでも読める範囲と
 いうことで、長く続けられそうだ。
 i pad のアプリでも出ているが、残念なことに今、私のi padの画
 面がどうもやばい状態で、なんだか縦線が入っていて、パソコン
 が壊れる寸前のような赤い画面が少し出初めている。修理しない
 と相当まずいんじゃないかということで、これはこれで困ってい
 る。まだそんなにたっていないのに、壊れないでほしい。
 だましだまし使っているが、何せ娘がyoutubeをガンガン見てい
 るので、きっとそのせいで壊れたのかも・・・・?

 あるいは私に言えないことがあったのかもしれない。
 踏んでしまったとか・・・・それはないと娘は言うのだが、以前
 PSPを踏んづけてしまって液晶画面が同じような症状になって壊
 れたことがあるので、どうも怪しい。

 まあ娘は嘘はつかないと思うので、信用してはいるけれど、気
 づかずに踏んだ可能性はゼロではない。

 もうどうしよう・・・・・
 修理代ってとても高いし、第一直るのかもわからない。
 なんだか噂ではi pad3が出るとかいう話もあったりするので、
 買い直しかと思ったり・・・・

 お金がいることばかりで、今年も節約できそうもない我が家だ。



 モンスターハンターにすっかりはまって
 PSPばかり最近やっている娘・・・
 3学期の成績次第でまた取り上げになるかも
 しれないのに、本当に懲りない奴だと思う。
 ちょっと今年こそは真剣に勉強に取り組んで
 ほしいと思うまめっちママに応援よろしく
 お願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

* Category : 洋書、雑誌、新聞で学ぶ
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by じょあんなT
いま学習して習得するタイプの英語の勉強を娘にさせていますけど、自然にとはいえません。
うちの場合は本人に向上心のようなものがないのでなお救いようのないものがありますが。v-12
まめっちママさんのブログでは第二言語をどう習得したかがわかりやすく書かれていて本当に信用できるんですね。一応言語習得を副専にしていたので、種明かしがされてないというか、書かれてないことが多過ぎる、みたいなブログだと本気で子供の参考にしようと思ったとき、いくらできる子の話でも・・・というものがけっこうあります。
いろんな事情で同じことができなくても、できるだけ近い効果のあることを信頼できる情報からは真似しようとすることができます。
子供も大きくなってきていますから、また自分が近い効果を願って何か考えてもそのとおりしてくれなくなってきていますけどね。
母国語のようには無理ですけど、願うは新聞レベルの英語力を獲得させることですから、これからも参考にさせてくださいね。

じょあんなT様へ * by まめっちママ
学習して習得する英語は、うちもなかなかうまく
いきません。本人に自然でない言語学習が苦痛だと
いう意識があるので、なんとかして日本にいながら
でも自然体で英語を吸収する方法はないかと模索し
ていますが、どうしても苦痛を伴う努力も必要に
なってくるので、それがうちでは一番難しいところ
だなあと思っています。
多読もうちでは無理でしたし、最近は英語は好き
じゃないなんて言い出すし、日本語の方がはるかに
好きで、日本のものは日本語で読んだり見たりする
ことがイメージも壊れないし、世界観をそのまま
保つことができるなんていう理屈をこねるもんだか
ら、英語で色々なことを見たり、聞いたりしてほしく
ても無理な部分が出てきました。アニメでも最初か
ら英語のものはいいのですが、日本アニメの複雑な
世界観を壊すような英語の吹き替えは拒否反応が
起きるそうで、本当に幼児期のように何でも親が
英語で見せたり読ませたりなんてことはできなく
なっています。子供はちゃんと自分の自我を持って
いるので、親の思い通りにはいかないことの方が
多いですね。
毎日試行錯誤ですよ。だから素直に洋書をがんがん
読んでくれるような子や、英語で何かをすることに
疑問を感じないでやってくれる子を持っていると
うらやましいと思います。ただ、子供は一人一人
違うので、そんなに簡単にはいかない子供も多い
だろうということで、そうではない子がどうやって
少しでも英語を今までの大人とは違う方法で習得
していけるかをまさに実験しているような感じです。

英語を維持していく志同じくです! * by リコ
いつも楽しく読ませていただいております♪新年コメントを頂きとても嬉しくて感動すら覚えていたところコメント忘れていました!我が子と読書傾向が同じ♪光栄です!お嬢さん才女ですから!
やったつもりがやっていない・・・こんなおっちょこちょいな私ですが、英語教育となると教育魂が燃えてきっちりしっかりと思ってしまうので、まめっちさんのように子供に合った取り組み以外、オンラインが人気だとしても他の手で維持してあげるところを見習おうと思います!息子も4月で二年生、Skypeレッスン受けるより読書していたいというタイプです。うちは定期購読でナショジオキッズをiPadで読んでいますが、動物好きにはたまらなく面白いみたいです♪あれも年間1700円くらいですから、家計に優しいです♪ 今年もまめっちさんの文才あふれるブログ楽しみです♪ iPad、早く新しいバージョンでるといいですね(笑)

リコ様へ * by まめっちママ
スカイプレッスンが上手くいかないので、本当に
うちも試行錯誤状態なのですが、どうにかして
うちの娘に合った方法を見つけようと実験中です。
ナショジオはいいですよね。定期購読するには
もってこいですね。家計に優しいのは、我が家に
とっても大事な条件の一つです。私が貯められない
人なので、この不況は家計直撃でもう大変で(笑)

i padまじでやばいんです。もう赤い線の幅が
段々広がって来てるような状態で・・・・
まずいです。でもなんかキャンペーンでi pad2が
ものすごくお得に買えるらしいのですが、すでに
i pad3の話も4の話も出てるので、待った方がいい
のかなとか・・・・色々悩みます。

個別記事の管理2011-06-10 (Fri)
 昔、娘がまだ小学生の低学年だった頃、「TIME For Kids」と
 いう雑誌を年間購読したことがある。

 その頃は、親が読んでほしいと思うものをレベルもよく考えずに
 購入していたような気がする。決して読めない訳ではないが、難
 しいことにかわりない。

 低学年には理解しにくいことも今思えば山ほどあった。
 でも、英検だけが先行したため使う教材がどんどん難しくなり
 本来の年齢とかけ離れたものになっていたことは否めない。
 今ならこれらの物でも読んで十分意味が理解できるし、大人の
 感覚で面白いと感じることも可能だが、当時は無理をして分から
 ない話題を理解しようと健気に頑張っていたのだろう。

 日本人の子供でネイティブでもないのに、目標だけは高かったの
 だと思う。もちろん進める間に進んでおくのは悪くない。勉強が
 忙しくなってきてからでは、英語に手が回らないし、中学でも
 助かることは間違いないからだ。

 ただ、中学3年ぐらいか高校生になると、出来る子は追いつくし、
 追い越すことができるのも英語という科目の宿命だ。

 もちろん英語を勉強として考えず、意思伝達の手段と考えるのな
 ら、幼少期に英語を聞いて育った子は断然有利だ。生活英語など
 も自然と身に付くので、いずれ海外に留学しても、いきなり生活
 で困らないぐらいにはしておきたいというのなら、幼少期からや
 る意味は大いにあるのかもしれない。

 専門性の高い職につくわけでもなく、特に英語で身を立てるつも
 りがないなら、今のように軽く楽しい娯楽性の高いものを聞いて
 気楽に英語をやっていればいいのだと思う。

 では、うちはどうなのだろう・・・・?
 娘は特に英語でないといけないようなものにこだわっていない。
 むしろ日本語の方が好きらしいので、何でも英語でというのは逆
 にうけつけないと言う。

 本当なら日本語アニメも英語では見たくないそうで、それは声の
 イメージが違うのが耐えられないというおたくな感覚からなのだ
 が、なんだか分かる気はする。元々日本の作品を英訳しても、そ
 の世界観を一ミリも崩さずに伝えるのは難しいものだ。

 それは翻訳物の宿命みたいなもので、その国の言葉で見たり聞い
 たりするのが一番なのは言うまでもない。だとしたら、日本の物
 は日本語で、海外の作品はその国の言葉でというのが理想なのだ
 が、より高度な英語を習得するのには多少母国語の力を借りない
 と難しいこともあるので悩ましい。

 娘の頑固な性格から、最近はランダムに英語をかけ流すのも困難
 になってきた。声のイメージが合っているもの、世界観が崩れて
 いない物は受け付けてくれるが、変な部分だけが大人になって、
 昔のように親の趣味で決めたりできなくなってきたのだ。

 何でも英語で見て読んでくれた低学年の頃とは違って、今は母国
 語の言葉遊びを楽しんでいるようなので、そこに英語で聞きなさ
 いとか、洋書を読みなさいと言ってもうざいと思われるのがおち
 で、自分から読もうと選んだ物以外は勝手に購入しても読んでは
 くれない。漫画ならいいのかというと、それも違う。
 これも世界観があるので、むやみに英語版で読みたくないそうだ。

 う~ん難しい年頃になった。かけ流しの大原則であるよく知って
 いる物であること、理解がしっかりできているものであることと
 いう基準に照らすと、逆に日本語で知りすぎている場合、英語で
 聞くのは完全な世界観破壊だそうで、じゃあどうすればいいのか
 ということになってきて、今までの幼児期の常識が完全に通用し
 なくなっている。

 最近、幼児期の英語の弊害が幾つもあると書いたのは、こういう
 今までの常識で上手くいっていたものが、大人になるにつれて
 適用しにくくなってきたということで、それに中学英語という
 受験向きのものが加わったので、余計にややこしい状態になって
 いるのも悩ましい。
 こればかりは子供が大きくなってみてはじめて分かることで、
 成長して英語も一人立ちできるのかと思いきや、また新たな問題
 に直面し、いつまでたっても生涯学習とはこのことかと思った。
 年齢に応じた悩みが出てきて、それをクリアしてもまた今度は
 違った問題に直面し、英語を極めようとすればするほど勉強は
 無限にあり、目眩がしてくる。

 もっとも娘はそこまで深く物事を考えているとはとても思えず
 適当に好きなように英語を聞くこともあれば、全く聞かない日も
 あったりと、相変わらずの楽天家をやっているが・・・・

 自分でも何かをしないといけないとは思っているようで、雑誌
 系なら読むのも気楽だからと時々買っている。
 月刊誌か年鑑だと、頻繁に発刊されないけれど、まとめて読め
 るのが便利なので、面倒くさがりの娘にはぴったりらしい。

 そういうわけで今年は久しぶりに「TIME For Kids Almanac」
 を買ってみた。
  ↓ ↓ ↓
 

 様々な分野の話が載っているので、興味のないものは飛ばしても 
 いいし、適当に暇な時に眺めていれば、それだけで十分勉強にも
 なるだろう。

 今はゆるりと楽しんでやってくれれば取りあえずOKということ
 にしておこう。




 最近いつも娘とパパが同じような格好で寝ている
 のを目撃し、親子やなあと感じてしまうまめっち
 ママに応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育
 
 

 

 
 
 

 

 
 
* Category : 洋書、雑誌、新聞で学ぶ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2011-06-05 (Sun)
 中学に入って、娘のなんちゃって英語の穴がたくさん発覚して
 から、今までのざっと流して多聴したりするだけではテスト向け
 の英語は上手くいかないと思い、文字もしっかり書いていかなけ
 ればと思うようになった。中学受験のために読む物はすべて日本
 語の歴史や地理やニュース本などになっていたし、娯楽で読む本
 も日本語ばかりで、少しでも語彙力をつけるためには、それでも
 足りないぐらいだった。

 他の子供達はうちが英語をやっている時に漢字の先取りをやって
 いたり、学校から漢字検定を受けていたりしていたので、漢字は
 正直今の学校のレベルでは、人より優れているとはとてもいえず、
 毎回漢字テストではなんでこんなにできないんだろうと嘆かわし
 くなることも多く、とにかく毎回の小テストだけはきっちり得点
 しようよと言い聞かせている。

 そんな娘だから英語だけはせめて楽勝であってほしいと思うのだ
 けれど、これがまたそうはいかず、どうでもいいことで×になる
 ことが多く、ずばり幼少期から英語をやると、受験英語とは違い
 すぎるので、親がそこを理解してよほどフォローしないと、英語
 のやり過ぎをとてつもなく後悔することになると思う。

 早期幼児英語は日本のシステムの中にあっては、それほど効果的
 とは言えないというのが、この13年間やって確信したことだ。 
 だからやるなというのではないけれど、子供の吸収力がいいこと
 に親が舞い上がり、英語への比重が高くなっている家庭があまり
 にも多いので、やはり英語はやるならサブ的なものという位置づ
 けで考えた方が絶対にいい。

 英検取得も格好いいかもしれないが、そんなものうちの娘が学校
 で一番進んでいても、何もえらいことではなく、むしろそれゆえ
 調整科目だと思ってしまってきちんと細部確認を怠るので、新し
 く始めた新鮮な気持ちの子供の方が素直に吸収していくように
 思う。

 もちろんやっていたおかげで助かる事も多いので、やらないより
 は、やっててよかったのだけれど、それでも問題点がいくつも
 出てくるので、英語は中学前にはやりすぎずに、お稽古事の一つ
 ぐらいで考えた方が、やはり長い目で見るといいように思う。

 そういうわけで、娘が今後英語をやる上で、大切なことは学校の
 テキストをきちっと見ること。かけ流しは続けていくが、洋書は
 精読、重読を進めていこうと思う。とにかく文字をよく見ること
 で、耳から鍛えた英語を確かなものにしていく作業へと移行する
 のが一番現状ではいいような気がする。

 そういうわけで、久しぶりに洋書を買ってみた。
 (前振り長っ!)
 
 
 
 あまり分厚いものは精読する気が失せるし、難しすぎるものも
 読む気がなくなるので、ぱらっと見て大丈夫なものを選んでみた。
 
 娘が言うには、
 「なんちゃって英語かもしらんけど、前後の関係から
  大体意味が推測できるものやねん。」


 なるほど、それは多読の原理でもあるけれど、大体の推測で読め
 るレベルの本は、今の自分のレベルぴったりということ

 だから辞書引きは必要無い訳だしね・・・・

 ただ、その理屈はわかっているけれど、英語ばかり読んでる暇が
 ないことと、それをやると日本語とのレベルの乖離がひどくなる
 から、できないんだよと言いたい。英語本を読めば読むほど、
 日本語的感覚から遠くなる。今まだ日本語が発展途上なのにそう
 なることは、好ましくないのではないか・・・

 
 今、娘に必要なのは英語本のレベルを上げることじゃない。
 日本語レベルを高くすることなのだから。 
 
 ところで、娘の好きなストーリーというのは、派手なアクション
 やお化けが出てきて暴れ回ったりするものではなく、読んだ後に
 考えさせられたり、近未来に本当にそういうこともあるかもしれ
 ないと思えるようなことだったりするSFだ。

 だからいきなり結末で実は宇宙人でしたとか、おちが無茶苦茶な
 ものはだめで、更に殺人推理物も嫌いで、学校の友達が結構過激
 な物を読んでいるのを見ても、それ系は読みたくないそうだ。

 注文がかなりうるさいので、本選びは娘自身にさせているが、そ
 の基準でいうと、今回の洋書はかなりぴったりの選択じゃないか
 と思う。

 良書と呼べるものは本当に多そうで実は少ないのだと思う。
 
 

 
 ひっくり返りそうなヒールのサンダルを
 はいて友達と遊びに行ってしまった娘が
 こけてないか心配なまめっちママに応援
 クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育
 

 
* Category : 洋書、雑誌、新聞で学ぶ
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

* by ルーシー
> 早期幼児英語は日本のシステムの中にあっては、それほど効果的とは言えない

これは強く同感。
英検受けて痛感したのは
英語と日本語の互換性を細かく試すところがあるよね、日本のテストは。
実際、大事なことだし。
長文の微に入り細を穿つ的な攻められ方に弱いです、うちの娘。
正確に理解してるのに解答にまごつくんです。
上手く言えないけど、
余計なこと吹き込んだってことにならないよう
注視していかないとって危機感みたいなのを持ってます。
でもアノ耳はやっぱり羨ましいよ。f^_^;)
リスニングの優位性は揺るがないと思います。



ルーシー様へ * by まめっちママ
英語と日本語の互換性これは結構苦労してます。
うちは受験ブランクが長いので、実力的には
全然足りてないですが、リスニングだけは本当
私がどれだけ頑張っても、決して追いつくことが
できないものを持ってますね。これだけが幼少期
の唯一の宝です。ぼーっとしてても意味がすっと
わかり、人と話しててもバックで聞こえてきた英語
にはちゃんと反応できるし、とにかく日本語と同じ
ですね。うらやましい限りです。
自分でも何でわかるのかわからないそうです。
日本語何でわかるのと言われて何でだろうと思う
のと同じですよね。
でも、うちは勉強っぽい英語がだめなんです。
面白くないと受け付けない。だから英検の問題集
なんて全然面白くないからやる気ゼロ。面白い
ストーリーの本とか映画とかで覚えるのは大得意
というちょっと困った英語なので、どうしたものか
娘さんは何を好んでやってました?
語彙力つけて作文できるためには、何するのが
一番いいかしら?この手のタイプの子には単語集
なんてものはたぶん受け付けないだろうし・・・
おすすめ是非教えて下さい。

管理人のみ閲覧できます * by -