オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2015-09-07 (Mon)
 久しぶりに娘としばらくだけ勉強した。
 添削の古文の問題を解くのを側で見ていて、アドバイスしてやっ
 たのだけれど、文法問題を細かくやりすぎると、進まないので、
 ざくっと意味を取れるようにポイントの訳仕方だけを上手にマス
 ターしてくれればいいなという思いで、自分で辞書を引かせて
 私は極力全部教えることなく見ていた。

 ただ、娘は全部完璧にイメージできないと、さらっと次には進め
 ないタイプなので、涙がたくさん出て海のようになって、枕が浮
 くぐらいになったなんていう大袈裟な表現が出てきたりすると、
 もうそこで止まってしまい、

 「枕は浮かんやろ。
  枕が涙で濡れるならわかるけど
  浮くって何?」


 みたいにイメージ仕切れないような場面に遭遇すると、固まって
 しまう。

 そこは軽く流して、次にいこうよと思うのだけれど、昔の人のち
 ょっと大袈裟な恋愛表現が理解できず、おちがよくわからない話
 が多すぎると言う。
 まあ娘には適当にそういうものだと割り切る考えはないので、何
 事も納得しないと進めないというのは、困ったことだなと思う。

 とことん突き詰めて理解するのは、悪い事ではないけれど、大体
 の意味がつかめて流れに乗るというのも大事で、そんなことでい
 ちいち考え込んだら、到底時間も足りないし、問題の本質を見失
 ってしまう。

 これは問題をこれからたくさん解いていって、設問の選択肢から
 類推する能力なども鍛えていかないといけないと思っているので、
 この2年のうちに何とかしておいたい最重要課題なのだ。
 
 理系なので、国語をそれほどやっている場合ではないし、来年は
 きっとそれどころではなくなっているだろうから、今しかできな
 いと思うと、余計に焦る。ただ、理解力はあるので、こちらがこ
 れは絶対に覚えておかないとまずい単語だからと言えば、割とす
 んなり覚えそうな感じではあるので、何とか頑張って得意科目に
 してやりたいと思う。

 娘は古文も英語みたいに覚えられたらいいなと言う。
 アニメかなんかで古文語でしゃべってくれたら、英語みたいに
 聞いてるだけで頭に入りそうな気がするからだそう。

 ただ、入試には現代語を古語訳するのは出ないし、そこまで求め
 られていないので、そういうのは非現実的ではあるのだけれど・・

 意外と面白いなとも思う。何なら自分が大学に入ったら作るわな
 んて言うので、まあそういうのあったらきっと便利だろうね。
 その前に単語集の古語300個ぐらいは全部すっきり覚えてくれと
 思う。それをしてからの話だよと・・・・・

 こんな感じで、娘はブーブー言いながらも、問題を解いていた。
 私が用事ででかけたので、その後どうしたのかは知らないけれど
 適当に区切りのいいところまでやって、家に戻ってきた時には、
 数学をやっていたので、たぶん飽きてしまったんだろう・・・
 まあそんなもんでしょう。理系の子に古文は面白くないだろうし
 それほど重要科目でもないので、やはり数学と理科に力を入れざる
 をえない。

 私は自分が文系だったので、古文、漢文は面白いと思えるけれど、
 娘にはどこがどう面白いのかよくわからないみたいで、親子と
 言えども、全く違うのは仕方無いことだと思う。

 とりあえず二学期の中間が始まる前に何とか仕上げてしまいたい
 と思うので、ちょっと発破をかけないといけなさそうだ。


 


 旦那のパソコンが調子悪くて、初期化したのに
 データーのバックアップを戻すことができず、
 なんだか延々とコピーが続いていて、いらいら
 マックスになっているまめっちママに
 愛の応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



スポンサーサイト
* Category : 日々の取り組み記録
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-07-12 (Sun)
 今年の夏は宿題を最後まで溜め込んであたふたするようなことはせず
 もう早々に始めてこの7月中に終わらせたいと思っている。
 できるかどうかはわからないが、それぐらいでないと、宿題プラス
 アルファの勉強はできないし、今しか弱点克服できる時間はないから
 この夏は絶対に無駄に過ごせないという強い思いで臨んでいる。

 日曜登校は定期考査前だけと思っていたけれど、継続が決定した。
 友達が塾をやめ、独学に切り替えたこともあるし、日曜皆勤で登校
 しているのもあって、娘もその子に刺激されて、のんびりしていられ
 ないという気持ちになってきたようだ。

 一番今仲良しの友達が二人共医学部志望で、しかもとても優秀とく
 れば、娘と言えども、ぼんやりしているわけにはいかない。

 英語では負けなくても、数学で負けている娘が、それを克服するため
 には、なんとしても理系科目の得意な友達にくらいついて、離されな
 いように頑張るしかないわけだから。

 能力的に劣っているとは思わないのに、何がダメなんだろうと考えた。
 一つは注意力と集中力のなさ。これが一番大きい。計算ミスだけで何点
 も落とす娘と違って、そのあたりは完璧な二人だから、そこを何とか
 すれば、いい勝負だと思う。

 理科はできたりできなかったり、娘が勝つこともあるし、負けること
 もあるという感じで、国語はまあ理系なので、そこそこ同じぐらい。
 だとしたら数学が勝負なわけで、何とか夏休みに不得意分野を克服し
 て欲しいなと願っている。

 それで確率とベクトルの問題だけを集中してやるために、チャートで
 はない単元に特化したものを買ってみた。

 最初から難問をやらずに、まずは本当にわかっていないのかの確認の
 ために、難しすぎない問題で一度やってみて、簡単なようなら、もっ
 と難易度の高い物で勉強していけばいいだろう。

 娘にはとりあえず基礎的なことからやってみて、どれぐらい本当は
 できるのか、或いはどれだけできていないのかを確かめるという
 方向で、この夏は無駄に難しい物にチャレンジせず、易しめの問題
 を徹底演習させようと思う。

 
 
 かなり暑くなってきて、エアコンがフル活動
 してきている・・・・
 植木の水やりきらい・・・
 やると雨になるし、やらないと晴れてばかり・・・
 なんかすっきりしない気分のまめっちママに
 愛の応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



* Category : 日々の取り組み記録
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-02-12 (Thu)
 元々添削通信教育系は向いていないと思っていたけれど、見事に挫折
 してずっと休会中のZ会を再開したいなと密かに思っている。

 でも、娘は聞く耳持たずで、無駄な事にお金を使わなくていいと、実
 に素っ気ない態度で、なかなか手強い。

 学校の課題をきちんとこなし、全部完璧にできれば問題ないと言うの
 は、理屈ではあっている。でも、娘はわからないところを先生に聞く
 ということすらできないぐらいの超がつくシャイで、友達が聞きにい
 ったのを、後ろからこっそり自分も盗み聞くぐらいしかできない。

 質問をどんどんして先生を積極活用せよと思うのに、それができない
 のは困ったことだなと思う。仕方ないので、個別指導に持っていき、
 そこで教えてもらっているのだが、試験前は週一では足りず、全部
 すっきりするまで聞こうと思えば、時間が足りなさすぎるのだと言う。

 だったら時間を増やして週2にするかと思うけれど、なかなか難しく
 娘の理想は自分がわからない問題を写メで送れば全部解答解説して
 返してくれる添削ならやっていいよなのだ。

 とにかく何を見ても心を動かされることなどなく、自分のペースで
 聞きたい時に聞くスタイルを貫きたいようだ。

 娘の学校は予備校いらずの授業をしてくれるので、確かに学校の課題
 をきちんとやり、全部理解して先生を活用すれば、正直予備校には
 行かなくてもいいようになってはいる。

 でも、娘がそれを上手く活用しているとは言い難く、真剣に勉強して
 いるのかと思いきや、ふっと見ると、大好きなFOBのCDの歌詞カード
 を見ていたり・・・全然勉強に集中しているような様子がなく、一体
 いつこいつは勉強をするんだという感じで、こちらも腹が立つ。

 娘的には歌詞カードを見ているだけでも勉強になっていると思うわけ
 で、歌を聴いてわかりにくい単語が出て来ると辞書で引いているので
 教科書を見てもそういうことをしない娘なのに、好きな歌だとできる
 んだと思うと、やり方はどうであってもそれで自分が覚えられるのな
 らいいのかなと思ったり・・・

 とにかく英語に関してはそれでいいけれど、数学をやって欲しいのだ。
 添削は数学と英語を以前少しだけ試しにやったことがあるが、英語は
 恐らくいらないだろうから、数学だけでもトップレベルのライトでい
 いからやって欲しいなと思う。

 どこができなくてどう間違っているかを添削してもらえるし、単元を
 わかりやすく説明している冊子などももらえるのだから、参考書がわ
 りにしていつでも見られるのもいいと思うし、今はi padとの併用に
 なっているようなので、新しい取り組みでそれも期待できる。

 うちにはそれほど有益に使われていないi padがあるので、こういう時
 に使うべきなのだと思う。

 いつも動画視聴しかしていないのでは寂しすぎるので、私が時々電子
 書籍を読むために使ってはいるが、紙で読む方が多いので、いくつか
 漫画とか軽い読み物がダウンロードされているだけで、もう少し活用
 しないといけないなという気持ちもあるので、Z会の新しい活用法は
 かなり気になっている。

 娘がその気にならないから本当にどうしようもないのだけれど、英検
 の時もそうだったが、娘は自分がやりたいと思わないとでこでも動か
 ない性格で、こっちが洋書を読んで欲しいと思っても、どんなにすば
 らしい英語のコンテンツがあったとしても、決して乗ってこなかった。

 自分が気に入ったものでないと意地でもやらないという頑固さなので
 かけながしだって勝手に切ってしまうし、聞きたくない物はシャット
 アウトしてしまうぐらいで、こちらもいつまでも娘を子供扱いできず
 自分がやろうと思わないものを無理強いしても仕方無いと思い、英検
 もずっと放っておいたのだ。

 ただ、その間もちょろちょろと学校で新しい単語を吸収し、映画や
 DVDや洋楽などから少しずつ知らぬ間に亀のような歩みではあった
 けれど、確実に力はついていたようで、苦学したという感じはなく
 時期が満ちたから今回の英検に繋がったと言えるのではないか。

 本当に気の長い話だけれど、それでも継続するということで、後退
 するのではなく一ミリでも前進するのだということはわかった。

 人間すぐに結果を求めてしまうけれど、今必要でない物はなかなか
 頑張れないもので、娘もどうしてもという動機ができたからこそやる
 気になったということなので、勉強もそれをしないとどうしてもダメ
 なんだということがないと、そうそう楽しいものでもないだろうから
 娘のような根性なしには難しいのだ。

 私も随分気が長くなったものだと思う。旦那も娘も結果がすぐにでる
 ことを求める傾向があるのだけれど、そんなに人生甘くない。

 とんとん拍子に何でもすぐにとはいかないものだ。
 だから数学も少しずつでいいから、前進さえしてくれれば、いつか
 時期がくれば階段をポンと上がることができそうな気がするのだ。

 添削のような出さないといけないと思うものは面倒くさいというのが
 あるので、つい億劫になってためてしまうこともあるが、何か期限が
 ないと余計にだらっとしてしまって何もできはしないと思うので、
 是非今回新学年から再開して欲しいなと思うのだけれど・・・・

 宣伝の動画を見せてみたりもしたが、あまり心は動いていない様子。
 むしろ学校の行き帰りにそんなもん見られるわけないし、i padなんか
 持っていけはしないと素っ気ない。

 う〜ん・・・・どうしたものか・・・
 映像授業を家で見るというのもありだけれど、それだってネットで
 無料で結構色々見られるからいいと言うし・・・・
 
 親があれこれ気を回しても仕方無いということなのかも・・・・
 やる時はやるだろうし、自分がやりたいという衝動にかられる時が
 くれば、必ず動くでしょう。

 それまでなめくじの歩みを待ってみるかな・・・




 無料講座受講も気になるし、色々春は
 新学年への橋渡しの誘惑がいっぱいで、親も
 心をかき乱されるなあと思うまめっちママに
 励まし応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育




 
* Category : 日々の取り組み記録
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-06-04 (Wed)
 高校生になり、自主的に居残り学習して頑張る気持ちが芽生えてきた
 娘が、毎日やっていることは、とりあえず学校の宿題を手を抜かずに
 自力で必ず解くということ。当たり前すぎることのように思うかもし
 れないが、これが意外と難しいのだ。

 数学は学校の進度が超早いので、今は数Ⅱの範囲をやっているが、
 一年生で本来習うはずの数Ⅰ数Aの復習を毎日の課題として、青
 チャートの問題をとりあえず解いている。

 英語はシステム英単語という単語集が学校で使われているので、それ
 をやっているが、他にも副教材が山ほどあるので、自分で買う問題集
 などはない。

 

 先日も教材費を2万円以上振り込んできたところだ。

 私立は、検定外教科書を使うので、学費プラス副教材費がかなりかか
 る。これは入学前にはあまりわからない部分だが、余裕を持っておか
 ないと、学費以上のお金がかかるので、入ってから大変なんてことに
 なりかねず、プラス2万円は見ておいた方がいいだろう。

 年間の副教材費を月割りすると、7千円ぐらいかかっているし、それ
 に検定試験代や模擬試験の代金などもかかる。更に研修費などの積み
 立てもあるし、修学旅行費などもかかるので、実質はもっとかかるか
 もしれない。私立に通うというのは、思っている以上に大変なんだと
 実感している。

 それに見合う内容のものがないと、私立に通わせている意味がないの
 で、今の学校は確かにそういう意味では手厚い指導があるので、塾
 いらずなのが有り難い。とにかく出された課題をしっかりクリアして
 復習することで、確かな力がつくことは間違いなく、毎日のテストの
 内容も化学や物理、社会に至るまで、色々な科目がもれなく網羅され
 ているので、本気で日々の小テストを頑張ることで、自然と復習する
 環境が整っているので、こういうところが娘のような自分で上手く
 計画を立てられない子にとっては、流れについていくだけでいいのが
 助かる。

 ただ、次々と訪れるテストに少々疲れ気味で、この間中間テストが
 終了したばかりなのに、先日駿台模試があったし、もう少ししたら
 数検もあるし、その後は進研模試に全統模試と続く。
 得意のGTECもあるので、娘はやる気満々で、今度こそ満点狙いだ
 と意気込みも並々ならずで、そこはうれしいけれど、不動の一位を
 死守するのも楽ではない。帰国子女もいるし、ハーフの子も存在する
 中、英語で一位を守るのは決して簡単ではない。

 幼稚園までの知識で小学校は公立だった娘が、中学受験もして、
 英語を中断していたにもかかわらず、英語の力を落とさずに頑張る
 というのは、大変なことで、学力重視日本の受験システムの中で
 ここまで来られただけで十分頑張ったと言えるのだろう。

 今回も模試の成績がどうなるかはわからないが、昨年の駿台模試では
 英語が学年一位だったので、新しい高校入学組が増え、あきらかに
 外国人とのハーフとおぼしき生徒もいる中、いつまでも簡単に一位
 をとらせてはくれないだろうなと一抹の不安もある。

 でも、何か一つの自信が勉強というものに対して前向きな気持ちを
 持たせてくれるのも事実で、これが今の娘を支えている唯一の力
 でもあるので、他の科目を頑張ることも大切だけれど、負けない
 科目があることが心のよりどころになっていることは確かだ。

 でも、この英語に関しても、心ない言葉を言われて傷ついたことが
 ある。小さい頃からやっていたら、誰でもできるよ。そんなもん私
 だって、その頃にやってたらできるしなんて、友達に言われて随分
 娘が怒っていたことを覚えている。

 決して楽してできるようになったものなどない。
 勉強という概念を持たずに習得できたことは確かだけれど、何千
 時間という英語を聞くことで得た英語耳と英語脳は、親子でかかさ
 ずやってきたことの成果だし、その時間を作り出すために、工夫も
 たくさんしてきたのだ。だから誰でもできるなんて言ってほしくは
 ない。実際できていない人もたくさんいるわけで、娘と同じように
 幼少期にやっていた子でも、全く何も身に付かなかったという子も
 いるのだから・・・・

 中学受験をする子は大抵、英語なんかやってる場合ではなくなり、
 毎日塾の膨大な課題に押しつぶされそうになりながら、必死に頑張
 っている。だから余裕を持って英語に手を出せる子は少なく、それ 
 ができる子というのは、あまり無理のない中学に進学していること
 がほとんどだと思う。

 中にはスーパーなお子さんもいるだろうから、そういう例外は別と
 して、大抵は、うちみたいに途中までは頑張ったけれど、中断して
 勉強の方にシフトしていったというパターンが圧倒的多数だろう。

 今もなかなか英語に力をかけることは難しく、学校の課題をやる
 のが精一杯で、他の科目とのバランスを考えると、もっと上を目指し
 たいけれど、できないジレンマと闘っている。

 点数や人と比べることなくできたのが幼少期の英語で、それだから
 こそ自由にのびのびやれたのだということが今ならよくわかる。

 だからカリカリと子供に英語を勉強のように思わせてしまうことは
 絶対に避けたいことで、そうなってしまうと、もうそれは中学から
 英語を始めて、学習することで習得する大人のやり方と同じになっ
 てしまうからで、それは勿体ない話だと思う。

 子供のうちは、勉強ではないやり方で、たとえすぐに成果がでなく
 ても、長い目で見て、英語脳や英語耳を作るということに専念した
 方が後々飛躍的に伸びる土台になる気はする。

 でも、それに甘んじて何もしないでいると、後からやり始めた人に
 追いつかれて抜かされることもあるので、土台ができたら、そこか
 らはしっかり大人的学習法も取り入れて、より確かな力を身につけ
 ていくのが望ましいのだろう。

 何にせよ、今以上にこれからは他の生徒の力が確実に追いつくこと
 は間違いないので、油断せず気を抜かずに頑張ってほしいと思う。

 



 
 最近学校に居残り学習するため、
 ついお腹がすいて食べてしまうせいで
 体重が2キロぐらい増えてしまった娘・・・
 細いパンツをはくためにダイエットしたのに
 見事なリバウンド状態・・・・
 どうするんだ?あの細いパンツ・・・・
 履けないと困るんだけどな・・・・
 また私に代わりに履けと言うのか?
 それだけは勘弁して欲しいと思うまめっちママに
 愛の応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育


* Category : 日々の取り組み記録
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-03-17 (Sun)
 この二三日、娘が学校から教科書を家に持って帰ってきている。
 新しいクラスになってロッカーも変わるので、とりあえずつっこ
 んでいる物をすべてきれいにしないといけないからだ。

 それが毎日どこにそんなに入っていたのかと思うほどたくさん
 持ち帰り、四次元ポケットかと錯覚するぐらい、次々と見たこと
 ない教科書類が登場する。

 見たことないというのがすごいのだが、本当にそんなもの使って
 たんですか?というぐらい新品同様のものが持ち帰られる。

 これは一つに、私立の中高一貫校は検定教科書を一応買っては
 いるものの、実際使っているのは他のものだからで、勿体ない
 けれどきれいなままでロッカーに眠っている。

 内訳は英語関係が一番多く、NHKの基礎英会話のテキストなん
 かも一年分あって、娘がいかに学校に置いたままで何もしていな
 かったかがよくわかる。たまに持って帰ってくるけれど、大概は
 ロッカーの中で、入学当初は毎日ちゃんと全部持っていっていた
 のだけれど、そんなものは一ヶ月もすれば、どんどん置き勉と化
 し、今では宿題の科目以外はすべておきっぱなしとなっている。

 大体の子がそうなのだけれど、3年生になるにあたって、整理を
 しないと次の教科書が入らないので、持ち帰ったものの中で使い
 そうもないものを処分しようと思う。ノートはたぶん絶対に見返
 すことはないと確信している。何十冊もある過去のノートなんか
 恐らくどこに何が書かれているのかすら覚えていないし、そんな
 もの120パーセント見ないと娘も断言しているので、思い切って
 捨てることになりそうだ。

 でもたまにあれどうだったかなと見ることもゼロとは言い切れな
 い。こういう時にデジタルノートにしてあれば便利なんだろうな
 と思う。例えば必要な数学の問題で、見返しておきたい部分だけ
 スキャンして取り込んで、データ化しておくとか・・・・
 そういうマメなことをしておけば、恐らく不得意な分野の解けな
 かった問題だけを集めたオリジナルデジタルノートが作れそうだ。

 そういうのがすぐにできる便利なものがあるのを最近知った。

 

 マウス型スキャナーというもので、マウスでなぞった通りに
 そこだけスキャンできる。ものすごく性能がよさそうなので、
 これでノートの一部だけをスキャンしてパソコンに保存して
 おけば、それを必要な時に取り出して見ることができ、今ある
 無駄に多いノートもすっきり思い切り捨てることができる。

 これを娘にやれと言っても恐らくしないだろうから、私が娘に
 定期テストでできなかった箇所だけを解き直したものをスキャン
 させ、それらを集めて一つにしておけば、きっと見直すのに
 便利なんじゃないかなと思う。

 この春休みはそれを一つやってみようかな・・・
 重い腰を上げないとなかなかできないことなので、私が暇な時
 にそれをやっておきたいなと思う。でも、あまりに膨大なので
 この3年生からの分からスタートし、少しずつためていこうかな。

 他にもこんな使い方だってできそうだ。
 英語の覚えていないイディオムだけをスキャンして、自分だけ
 のオリジナルノートを作ったり・・・・・・
 
 蛍光ペンで塗って、赤下敷きで隠すというのもいいけれど、それ
 だとまたプリントが溜まって、結局なくすなんてことになりそう
 なので、こういう時こそデジタル化するのがいい気がする。

 英語の音声もまだ取り残したものがあるので、それもしないと
 いけないし、作業が結構色々あるのだけれど、私が段々ずぼら
 になってきているので、やっておけばきっと役立つのに、されな
 いままで放置しているものが多くなってきた。

 娘の小さい頃に撮りだめした映像も3分の2ぐらいしかDVDに
 できていない。

 録画したのと同じだけの時間がかかるので、ついやりたくなく
 なるからで、もっとすっきりデータを移行できたらいいのだけ
 れど、それをするには業者に頼むのがやはり早そうだ。

 膨大な労力をかけて自力で頑張るか・・・・それともすっきり
 プロにお任せしてしまうか・・・・

 お金と相談して、自分にしかできないことは自力で何とかし
 後はプロの手を借りるのも仕方無いかなと思う。

 どちらにしても便利なものはどんどん利用し、効率よく勉強し
 たい。私はそういう主義なのだけれど、これが人によっては
 紙物でないとだめだということもあるようだ。

 娘の学校の先生の中には、辞書は絶対紙と頑なに言う人がいる。
 だからプリントもものすごく多く、一応ファイルしては見たも
 のの、娘がそれを見直していることはほとんどないし、無駄に
 紙が消費されて捨てられるだけという気がして仕方無い。
 もちろん紙の良さも私はわかっているけれど、時間のかかる宿題
 を手際よく済ませ、付箋機能なども充実している昨今の電子辞書
 は手放せない最重要アイテムなのだ。
 先生の考えもわからないでもないので、辞書は学校では紙でも
 いいけれど、せめて膨大なプリントとノートぐらいは、無駄に多
 くて手をつけられなくなる前に必要部分だけデータ化しておきた
 いものだ。

 柔軟な思考がないと世の中硬直してしまうと思うのは私だけだ 
 ろうか・・・・・





 教材を買うことがほとんどなくなった今
 デジタル物に少しお金をかけてみようかな
 と考え中のまめっちママにクリックで
 応援よろしくお願いします。
 (クリックしてもお金は増えませんが・・・・・)
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育





 




 
* Category : 日々の取り組み記録
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ごま
おぉー素晴らしい!!やってみようかなって気になるところも素晴らしい!!私は最近もぬけの殻です.
でも春だし。。。と一応片付け始めましたよ。
タイムリーだったのが辞書。処分考えてるんです。だってネットがあるし辞書も古いのです。
紙の辞典で単語調べたのって多分5年くらい前。
なぜ捨てられないのか。。。。まめっちママさん背中押して〜。

ごま様へ * by まめっちママ
まめに見えるかもしれないけれど、こうでもしないと
娘って本当に整理が超下手なんです。というか全く
できません。ゴミ屋敷になるんじゃないかって思うぐらい
将来が心配です。でね、色々他にも簡単な方法考えたんで
すよ。結構楽にできる方法がまだありました。
私もちょっと楽しめそうな感じで、今回の期末試験の分
だけ作ってみました。

辞書・・・確かに捨ててもいいかも。
ネットでも調べられるし、紙は重いので邪魔ですしね。
電子辞書はごまさんは使わないのですか?
あれは便利ですよね。色々入っているから一つで国語辞典
から英語、更には検定対策の問題なども入ってたり、他に
百科事典のような感じで家庭内で調べたいちょっとした
ことも載ってるので便利です。

アプリでも辞書たくさん出てますよね。
それを買って思い切って捨てちゃいましょう(笑)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。