オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2015-10-18 (Sun)
 先日、娘が急に「ゴーストバスターズ」を見てみたいと言い
 出した。昔映画館で見た時は、面白かったという感想だった
 けれど、あらためて見ると、こんな映画だっったかな?とい
 う感じで、もっと斬新で面白かった気がするのに、なぜだろ
 う、あまり特別面白いとは感じなくなっている。

 年月がたって、今はもっと特撮技術も進化したし、CGやら色
 々あるので、迫力に欠けているということなのだろうか?
 いや、最初の方も間延びした感じで、見たいと言っていた娘も
 必死で見ようとしていたが、途中から眠り半分になってしまい
 最後は寝落ちしてしまった。

 決して面白くない映画ではないし、あの軽快な歌は今も口ずさ
 んでしまうような名曲だと思う。

 発想も当時なら斬新だったのだろう。技術が映画を追い越して
 しまったのかもしれない。

 反面、「バックトゥーザフューチャー」はその大半が設定年代
 だった現在で実現しているのは、あれが近未来確実にそうなっ
 て欲しいなという夢が込められていたからで、実用化された物
 が多いというところは、先見の明があったのだと思う。

 さすがに空中を自由に跳ぶ車はまだできていないようだが、そ
 れも飛行機型の車はすでに完成しているみたいで、ピザの注文
 にいたっては、もっと進化していた。人間の想像できる物の大
 半は実現可能と言うのは本当のようだ。

 ゴーストバスターズも職業としては、そういうのがあったら、
 とても面白いとは思うが、さすがにビジネスにはならなさそう
 だ。今回は途中で寝てしまったので、次回きちんと見直すつも
 りだそう。

 娘は不自然な英語環境は決して望まないが、原作重視、元が
 英語なら英語で、日本語の物は日本語でをこの頃は貫いてい
 るので、親が日本物を英語にして見せたりするのは、もう
 かなり前からやめている。実際、彼女自身が選んで、自ら勉強
 するようになってから、英語力は確実に伸びた。

 ある程度年齢がいけば、その方が力はつくのだろう。
 幼少期は自分で計画を立てることなどできなかったから、親
 がコーディネートするのも仕方無いことだったが、中学以降
 は、さすがに親がつきっきりであれこれするのは、正直あま
 り役立つことはなさそうだ。

 ゆっくりだが、確実に英語は娘の中で言語として定着した。
 コミュニケーションの手段としての英語は、娘には外国の好
 きなミュージシャンと話したり聞いたり、文章を読んだりす
 るのに必要な日常の物にすぎないのだ。

 そこには特別な感情などなく、意志疎通できる便利なアイテム
 を手に入れたというぐらいの位置付けなのだ。
 ならばそれでいい。あくまでも手段として英語があって、そこ
 から娘は別の道を歩み出したのだから、そこに英語もちょっと
 できてよかったねと言えるおまけがついたのだと思うことに
 している。

 これからもこのスタンスは変わらない。
 大学入試に向けて今はこつこつ基礎学力を積み上げている時期
 なので、そっちを優先して、晴れて合格して娘のやりたいこと
 が自由にできる環境を与えてやりたいと思う。

 あと一年と少し。会社を設立して自分のアイデアすべてを実現
 したいという大きな夢もできた。
 そのために大学で専門的なことを学び、そしてできれば経営学
 なども学んでみたいらしい。工学部に行くのは、あくまでも
 自ら物作りをするための知識を習得するためだが、その知識を
 自ら率先して活かして形にして世に送り出すためには、自分が
 会社を設立するのだと言う。

 随分しっかりしてきたものだ。
 その夢がかなうように、今はそっと応援したいと思う。




 この頃は山や海に行って癒されて
 また仕事に戻るという日々を送って
 いる。大学入試や日々の模試の結果
 に一喜一憂するのではなく、心にゆとり
 を持って健康的に生きていきたいと願う
 まめっちママに励まし応援よろしく
 お願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育





 
スポンサーサイト
* Category : 映画で学ぶ 
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-12-24 (Wed)
 娘が前から見たがっていた映画「ベイマックス」を友達3人と一緒に
 見て来た。

 私も行く予定なので、娘が先行して見てきた感想を聞いてみたところ

 「すごくよかった。今回は字幕版で見たから。
  ママも絶対に見てきた方がいいよ。」

 
 確かにあのキャラはかわいいし、うけるだろうな。

 日本を意識した設定であるのもいい。今までの日本観っておかしなもの
 が多かったが、きちんとリスペクトされている感があるので、それだけ
 でも見たいと思ってしまう。

 昔娘が見ていたアニメに出て来る日本人の描かれ方って、どう見ても
 差別じゃね?と思うような感じで、それ日本じゃないしとつっこみが
 入る設定ばかりだったので、こういう素敵な日本とサンフランシスコ
 の合体した架空の街っていうのは、すごく好感が持てるなと思った。

 それにあの歌・・・私の好きなAIの「story 」・・・・

 それが流れて来る宣伝を聞いているだけで、見た〜いと思ってしまう。

 というわけで、今回は旦那を何としても説得して見に行こうと思う。
 とにかく日本映画しか見ない偏屈な旦那で、特にハリウッド映画の
 ドンパチに拒否反応があり、ディズニーであろうといっしょくたに
 考えているから困るのだ。

 面白い映画は山ほどあるのに、勿体ないと思う。
 まあ確かに何度か見た洋画がはずれだったというのもあって、やはり
 面白くないという頑固な考えが固まってしまったようで、今回こそは
 よかったと言わせたい。

 さて、どうなるか・・・・・

 ちなみに娘に英語はどうだったと聞いてみると、結構難しかったよう
 で、聞き取りにくい部分も多く、字幕を確認して見たとのこと。

 一度内容を把握してしまえば、その後は英語のみで聞くことができる
 から、たぶんあの気に入りようだから、DVDが出たら買うことは間違
 いなさそうだ。

 私が見た感想はまた後日アップできればする予定だ。



 ああいうのが家にいるとさぞかし
 かわいくて癒されるだろうなと
 思うけれど、うちのインコも負けずに
 かわいいと思ってしまうまめっちママに
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



* Category : 映画で学ぶ 
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-09-25 (Thu)
 ここ最近英語ネタが少なく、ほとんど勉強してません状態の娘だった
 けれど、やっと見る事ができた「アナと雪の女王」のDVDのおかげで
 意外にも、英語熱が復活。

 といっても、定期考査前なので、あまりできないのが現実なのだけれ
 ど、よほど気に入ったんでしょう。英語の歌がクリアで聞きやすいこ
 ともポイントが高いようで、正直日本語で「アナ雪」を聞く気はおき
 ないというぐらいの気に入りよう。

 確かに迫力は全く英語と違うし、英語版を先に見てからだと、日本語
 の歌は今一つの感がぬぐえないのも確かで、娘が原作はそのままで見
 るという気持ちがなんだかわかった気がした。

 だから日本のアニメも英語版になったものは、よほど雰囲気が壊れて
 いないものでないと、声を聞いただけで拒否るという頑なさを持って
 いて、やりにくいことこの上ない子なのだけれど、彼女なりの信念が
 あるのだから、親がどうこう言ってもしょうがないわけで、そこは
 好きにさせている。

 元々「レミゼラブル」にはまっていた娘なので、どういうものがつぼ
 にはまるのかは、大体わかるけれど、その勢いで、ネットにあがって
 いる「ラプンツェル」を今度は英語で見始めた。

 

 40分ぐらい見て、なかなかこれもいいなと気に入ったようで、今度は
 このDVDも買って欲しいと言い出した。

 娘が自分から欲しがるのだから、これはきっとまた何度も聞き倒すこ
 とになるだろうから、たとえ多少易しめの英語であっても、娯楽とし
 て苦痛なく聞けて、楽しめることが結局娘の英語を今まで伸ばしてき
 たのも事実なので、それはそれでいいかなと思う。

 時事英語とか、科学番組もいいけれど、たくさん聞くのは悪くないし
 好きでないと、いくら親が難しい物を子供に与えても、本人の頭に残
 らないのでは意味がないわけだから、見たいものを見るでいいのかな
 とは思う。うちは英検のためにとか、そういう目的で英語をやってい
 ないので、娘がやりたいことをやってきて、ほどほどにできるように
 なった英語を武器に学業を頑張り、バランスの取れた人格の形成を
 一番に考えてきたので、何かが著しくできないとかは避けたいし、
 できるなら運動も芸術もちゃんとできて、人のために貢献できる社会
 性を最重要視している。

 だから毎月私立の学費が大変でも、アフリカのチャイルド支援は続け
 ているし、娘もその趣旨に賛同し、家族全員がこれだけは絶対にやめ
 ずに続けようと言っているので、節約するのなら、食費を削ってでも
 やはり社会貢献をやめるのは絶対に避けようと話あっている。

 勉強ができるのに越したことはないし、それを目標に頑張るのもシン
 プルな生き方で、私は悪いとは思わない。でも、それ以上に社会に
 還元するという気持ちがあれば、巡り巡って、自分に返ってくるのだ
 とも思っている。

 情けは人のためならずとは、よく言ったものだと思う。
 結局は他者のために何かができる人間であれば、自分も幸せになれる
 ということに他ならないわけで、そういう生き方が本気でできれば
 格好いいなと思う。

 話が大きくなってしまったが、娘なりの基準で見たい物を選んでいる
 ので、私はそういう娘のサポートに徹して、せいぜいアマゾンで注文
 してやるぐらいが最近の仕事になっている。

 でも、今月はちょっと苦しいので、来月かな・・・・
 模試の代金を一年分4万円も払わないといけないので、それを先に済ま
 せてから、できればアマゾンギフト券がたまってから買おうかなと思っ
 ている。

 なんとも昔の私の使い方と比べると、今は考えて慎重に購入している
 なと、ちょっと笑えてくる。最低限の投資で最大限の効果を上げるよ
 うに工夫する術を何年間で習得したのだとも言える。

 人は成長するものなんだなと、しみじみ思うこの頃。
 娘も今よりもっと成長して素敵な大人になってくれればいいな。




 i phone6プラスの迫力は
 かなりのもので、見やすさが倍増して
 老眼の私にはめっちゃうれしい!
 新しい物はやっぱり子供みたいに手に入れると
 うれしいものだなと思ったまめっちママに
 愛の応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



 
* Category : 映画で学ぶ 
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-09-11 (Thu)
 先日、「STAND BY ME ドラえもん」を見てきた。
 次に見たいのが「猿の惑星 新世紀」なのだが、このシリーズは遙か
 昔、何度もテレビで見ていてとても面白かったことを覚えているので、
 新しい「猿の惑星」がどういう展開になっているのか興味があって、昔
 と見比べてみるのもいいなという気分で、近々見に行くつもりだ。

 それにあたって、昔の一連のシリーズをもう一度おさらい?というか
 見たくなった。何を言っても一番最初の「猿の惑星」ほど衝撃的な
 内容はないとは思うが、あの当時はああいう結末になって随分話題だ
 った名作なので、そういうのを知らない娘にも見て欲しいなと思って
 今回ものすごく安いBOXセット6枚組を買った。

 

 6枚もあってこの値段なら買いだと思う。
 
 新しい映画を見る前にもう一度見ておきたかったので、すべてのシリ
 ーズが揃っているのは有り難い。

 英語の勉強にもちろんなるだろうし、こういう映画から学ぶ方が娘の
 ような子には合っている。参考書の例文を何度CDで聞いてもなかなか
 覚えてくれず、自ら遮断してしまうような子なので、自分が聞いて楽
 しいかどうか、内容が素晴らしいかどうかで、聞く気が全く違ってく
 るらしい。

 だから気に入ればそれこそかけ流していても、勝手に頭に入っていて、
 いつのまにか全部覚えているという状態になるので、はまるかどうか
 は、賭けみたいなところもあるけれど、この値段ならたとえあまりは
 まらなかったとしても、損した気分にはならないし、私自身が見たい
 ので、それでいいかなと思う。

 やはりコストパフォーマンスが抜群にいいDVDのBOXセットは、うち
 ではなくてはならない英語勉強ツールなのだ。
 
 子供が知らないことはまだまだたくさんある。
 経験の豊富さから教えることはまだ残されていると思うから、もう少
 しだけ手を出して導いてやるつもりではいるのだけれど・・・・

 娘が素直に親の気持ちを受け止めてくれるかどうかは微妙な感じだ。
 


 


 i phone 6プラスを予約注文して欲しいと懇願する娘
 私も欲しいけれど、先立つものがなさすぎて
 何を優先的に買うか・・・困ったことだと悩む
 まめっちママに愛の応援よろしくお願いします
 (暢気な悩みだと思う・・・)
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



* Category : 映画で学ぶ 
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-05-01 (Thu)
 あまりにも流行りすぎて、少々天の邪鬼な我が家では、まだ見に
 行ってない「アナと雪の女王」の映画のDVDとブルーレイの2枚
 セットをAmazon.comで買った。

 

 北米版を日本のアマゾンでも買えるのだが、直接あちらで購入し
 た方が送料を入れても安い。

 まだ見てないのに先に購入するというのもどうかと思うが、娘が
 友達と見にいくと、いつも日本語吹き替えになり、娘は向こうの
 ものはそのまま英語で見たい主義なのに、それができないため、
 とりあえず映画は日本語吹き替えで見て、英語版は私が購入して
 おくからということで、こうなった。

 このDVDはスペイン語とフランス語と英語の音声になっている。
 なんだかお得感が漂うのに安いのがいい。

 この頃、うちではかけ流しも全くしていなくて、インプットが
 全然できていないことがちょっと気になったので、この映画なら
 娘も聞いてくれそうなので、期待している。
 
 最近の勉強は、学校英語の長文読解や日本語訳中心の英語にシフ
 トしているので、うちの目指す両方できるようにという路線から
 いうと、生の英語を聞いたり読んだりする時間が足りていない。

 もう英語を忘れるとか、そういうことはない年齢だけれど、やは
 り何もしないでいると、忘却することだってあるだろうから、そ
 こは時々てこ入れしておかないと、いくら娘が忘れにくい記憶の
 持ち主でも、さすがに心配だ。

 それでこうして時々映画のDVDを購入して、耳からのインプット
 をするようにはしている。

 他の勉強も忙しいし、好きな音楽も聴きたい。
 今時の普通の高校生をやっている娘だから、友達とLINEだって
 するし、twitterももちろんやる。

 その中に英語を昔のように聞けとばかりに流すことは、もうでき
 ないので、自主的に聞きたいと思えるような良質の映画を見せて
 英語がさびつかないようにするしかないのだ。

 逆に、英作や文法は学校からもらっている問題集などでしっかり
 やる体勢が整っているので、それをきちんとやりこなして、間違
 い易い箇所を何度かやり直せば、できるようになるだろう。

 ただ、問題を解く時に、どうやって解いているのかと聞くと、

 「なんとなく勘。
  読んで気持ち悪い、おかしいと感じるものは
  選ばないだけで、考えてやってるわけじゃない」

 なんて言うのはちょっと困る。
 こういう解き方では間違えるし、実際丸付けしてみると、間違っ
 ている箇所もちょくちょくある。

 例えば、日本語で自分が欲しかったものを発見した時に
 
 「これ、これ、これが私の探していたものなの」と
 「これ、これ、これは私の探していたものなの」を比べて

 これがを選ぶことができる感覚・・・
 こういう日本人なら考えずにこっちが自然だと思える感覚が
 英語を読んでいてもあるのだそう。
 
 考えずにどんどん解答していけるのは、時間がかからないから
 確かによさそうだけれど、全問正解ならまだしも。間違っている
 ものもあるのだから、ちゃんと理屈で一問一問考えて解いてほし
 いと思う。

 そういうわけで、まだまだ英語の勉強を多角的に見ていかないと
 いけない娘なので、映画のDVDを効果的に使いつつ、理屈で学ぶ
 英語もしっかりとやっていくしかない。



 
 もう五月。大雨もあがり、遠出でも
 と思うけれど、娘はこよみ通りで
 学校というのが、なんか中途半端で
 どうするかなと思うまめっちママに
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

* Category : 映画で学ぶ 
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。