オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2015-02-19 (Thu)
 何かを英語で言いたいと思った時、私みたいな英会話素人はつい頭で
 英作をしてしまうことがある。日常によく使うような当たり前の表現
 なら、慣れれば口からもすぐに出てくるのだろうけれど、ちょっと
 複雑なことを言おうとすると、英作してしまうくせはなかなか直らな
 いものだ。

 それは後天的に英語を外国語として学んだ人間の宿命みたいなもので、
 娘の友達でさえそういう傾向がすでにある。

 この間、電車で娘が英検2次対策の本をパラパラ見ていた時のこと。
 友達がどれぐらい難しいの?と一緒に見ていたそうだ。

 その友達ももちろん優秀で、2級はすでに受かっている。
 次に受ける参考にということだったが、高いビルのせいで自分の家に
 日があたらなくなっている絵を見て、

 「日照権の侵害ってどういうんだろう?
  言うの難しくない?」

 と聞いてきたそう。娘は

 「そんなもの日照権がわからなくても、
  状況を簡単な英語で説明すればすむし、
  隣に高いビルがたって日が当たらなく
  なりましたでいんじゃない?」

 あまり語彙力に自信がない娘だから、適当に簡単に言い換えてしまえ
 ば、大抵は何とかなるという超楽天的発想で乗り切ろうとする。
 だからこそ英会話で詰まることは、あまりないのだろう。
 でも、そのせいで語彙があまり豊富じゃないという大きな欠点がある
 のだけれど、話す分に関しては難しい単語を駆使しなくても伝えるこ
 とはできてしまうから、いつまでたっても語彙が増えず困るのだ。

 私なんかはそれ以前の問題で、言いたいことが出てこないなんていう
 ことがたくさんありすぎて、この前も時計の針って何て言うんだろう
 と、ど忘れしてしまった。

 これはさすがに本当の針という意味のneedleじゃないことぐらいは
 わかる。何か他にもっとシンプルな言い方だったはず。

 日本語だとお湯という言い方だって英語的発想で言うと、実に簡単な
 hot waterで済むのだから、針もそんな感じだったよなと、頭の中で
 必死に考えてしまった。

 気持ち悪いので調べたら、clock handでよかった。

 確かにその通りだよなと納得してしまった。私は所詮この程度なので、
 シンプルに言い換えることすら悩むと思うが、娘ならどうしただろう。

 難しい内容で他に言い換えられないような場合は、やはり語彙力が物を
 言う。すべて誤魔化してというわけにはいかないだろうから、上級に
 なればなるほど語彙もある程度はすらっとでてくるレベルにしておか
 ないといけない。

 そう考えると限りなく不安になる。

 英語が上達する人は、こんなことで悩むのではなく、その場で調べて
 納得してまたそういう状況があった時に、そこで調べたり聞いたりす 
 ることで、サバイバル的に覚えていくのかもしれない。

 娘も英語の歌を聴いていて、わからない単語に遭遇すると、すぐに
 電子辞書を引いている。今までそんなことはしなかったのに、好きな
 歌手の歌詞だから、知りたいという衝動に駆られ、すぐに調べるよう
 になったのだから、きっかけも重要ということだ。

 今その意味を知りたいからすぐに調べてもう次にはそれが使えるよう
 になる・・・日々そんな中で暮らしていれば、英語もきっともっと
 上達するんだろうな・・・・

 単語集で勉強するのは、受験向けなので、どうしても強制感が強く
 いつまでも覚えていて使える物にはなかなかならない。
 でも、それをやらないと難しめの語彙は増えないし、英語がほとんど
 必要ない国民としては、その覚えたはずの英単語を維持して使えるよ
 うにすることがいかに難しいか・・・本当日本が英語公用語にでも
 ならないと、受験で鍛えたはずの単語力なんてすぐになくなってしま
 うのだなと痛感している。

 世界で活躍するスポーツ選手とかが英語が上手いのも使う必要性が
 あるからだろうし、会社で海外駐在とかになると必然的に上手くなる
 し、やはり実践で鍛えるのが一番ということなのだろう。

 いつかは海外に出る気持ちが芽生えてきた娘だから、英語をやらない
 といけないという動機は出来たわけだ。

 後はどれだけ自分で頑張って新しい単語を習得してくれて使えるよう
 に準備してくれるかだけだ。

 私のような老化した脳には、ちときついことだけれど、彼女はまだ
 若いので何とか乗り越えて行くと信じるしかない。

 
 
 
 中国語も同じようにかなり
 忘れてきている今日この頃・・・
 単語の発音と読みだけは、未だに
 ほとんど忘れていないのが救いだけれど
 なんかもう一度中国語会話教室に通い
 たくなってきたまめっちママに
 励まし応援よろしくお願いします
 (通っても使うあてはないんだけどね・・・)
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育


スポンサーサイト
* Category : 英語表現
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

語彙力 * by Camay
うちの娘にも同じような感じがあります。
話す時に困らないから、学ぼうとしてくれず、向上心がないのです。
語彙力を増やすともっとスマートに話せるのになぁ。。なんて思ってくれると嬉しいのですが。

試験の為に覚えた単語は
覚えただけじゃなく、頭の中で探しながらでも少しずつ使おうとしているようなので、いつか身に付けてくれるといいなと思っています。

まめっちママさんの娘さんは
海外を視野に入れられているようなので、その際は短期間で一度に大量の語彙が増えそうですね!

鍵コメント様へ * by まめっちママ
中国語の教室の情報ありがとうございます。
もうすっかり忘れてきたので、勉強しなおさないといけない
レベルです。また今度ゆっくりお話きかせてください。
私も再開する時は候補の一つに考え手おきますね。

Camay様へ * by まめっちママ
コメントありがとうございます。
海外の大学は正直うちでは経済的にきついなあと思います。
ただ、外へ目を向け、英語の重要性を再認識してくれて
もう一度英語熱が復活し始めたことはよかったです。
もう随分英語から遠ざかっていて、英会話スクールに最後に
通ったのが今から5年前なので、それ以来そういう場をもうけ
ず、学校の英語の授業のみだったので、もう英語そのもの
を忘れてないか心配するぐらいでした。でも、細く続けて
きたことは、時間はかかってもなくなりはしないのだという
ことだけはわかったのが収穫です。
英語以外のことに夢中になっていた娘が再び英語を頑張って
みようかなと思えるようになってきただけで今までやってき
てよかったなと思います。
語彙はね、なかなか増えませんが、少しでもいいから進歩
したらそれでよしとしています。大学受験にとりあえず
成功して欲しいなという気持ちでいっぱいなので、今は
そちらをメインにしつつ英語ももう少しだけ頑張ってみる
という感じで行くつもりです。

個別記事の管理2013-07-29 (Mon)
 娘は、学校で友達から
 「なんでJOはそんなに英語できるようになったん?」と聞かれる
 ことがある。
 
 「変なおばさんが家に来てDWEの教材を
  お母さんがつい買ってしまったからやねん」

 「なんやそれ?うちにも来てほしかったわ。」

 なんていう会話をしてお笑いのネタにしているらしい。
 
 そののりで、当時の色々あったことを娘は思い出し、学校や家
 でプリスクールの話をすることがある。

 「あの頃はうち、ものすごくいやな子だったかも。
  先生にえげつないこと言った記憶があるねん。
  ちゃんと掃除してたのに、早くしなさいって
  言われたから、つい言ってしまってんけど・・」

 「なんて言ったん?」

 「I'm doing it now.
  Just be quiet! そしたらさ
  先生から
  It's incredible rude.
  って切れられた。
  Just はまずかったわ。
  お前はだまっといたらええねんみたいな
  言い方されたら、怒るよね。」

 幼稚園児の言ったことなので、本気で怒ったわけではないだろう
 けれど、今でも先生に叱られたことははっきり覚えているところ
 を見ると、こういう経験から学んだ英語だからこそ忘れずにいる
 のだろう。

 他にも色々思い出したようで、

 「そんなこともわからんの。
  今さっき言ってたやん。
  話を聞いてなかったの?」

 なんていう生意気なことも友達に言ってしまったとか・・・・
 
 こういうことが今の娘が言動に神経を使いすぎる元になってい 
 るのかも・・・・人を傷つけることを言わない。しない。幼い
 頃の貴重な体験は、決して無駄ではなかったようだ。

 子供は時として残酷だから、本当のことを言い過ぎてしまうけれ
 ど、そうやって自分を反省し、他者への思いやりを持つことを
 学んで行くのだろう。

 先生、すいませんでした。それでも娘をかわいがってくださって
 本当にありがとうございます。

 



 昔のことをやたらはっきり覚えている娘・・・
 その記憶力、定期テストでも発揮してほしいよ
 と思ってしまうまめっちママに励まし応援
 よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



 

 

 

 
* Category : 英語表現
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2011-07-30 (Sat)
 冠詞と言えば、英語の中でも日本人がとても苦手とするところで
 いつまでたっても慣れない、上手く使えないというのが正直な
 感想だ。勉強である程度はわかっても、この場合はどうなの?
 これは何で冠詞がついてないの?とか色々ありすぎて、それこそ
 私のような英語嫌いの人間には余計に勉強がいやになる原因でも
 あった。

 娘は勉強から英語をスタートしたわけではないので、冠詞の
 付き方を意識したことはないが、法則の細かいことは、ほとんど
 わかってはいない。

 大まかに一つしかないものにtheがつくとか、一度出てきたもの
 が次にもう一度話題になった時にtheになるとか・・・・そういう
 のは感覚でも理屈でもわかっているようだけれど、それ以外の
 もっと複雑なものは正直どうしているのか・・・・・

 たぶん適当で間違いだらけだと思う。

 そんな娘でも、中学にもなると少しずつ文法的なことに目がいく
 ようになり、この間、実に素朴な疑問を投げかけてきた。

 丁度学校で太陽系の惑星の名前をやっているので、それの単語
 テストがあるからスペルの確認をしていた時のこと。

 配られたプリントには当然ながらthe sun the earthと書いて
 あったが、他の惑星には冠詞のtheがないことに気付いた。

 一つしかないものにはtheではなかったのか?
 なんでこうなっているのだろうと思うのは当然のことで、今まで
 そんなことは考えもしなかったことが気になり出した。

 英語をたくさん聞いていて読んでいたので、自然にそういう
 パターンも頭には入っていたかもしれないが、あらためてテスト
 になると、そんないい加減なものでは、外国人として学んでいる
 英語なのだから疑問に思えてくるのは当然だ。
 私達が日本語を考えずに話せているのは、日本語ネイティブだか
 らで、勉強して習得するとなると、なぜと思うことが山ほど出て
 くると思う。

 思いつくだけでも、なぜ数える時に、一ぴき、二ひき、三びきと
 なるのかとか・・・・全部ひきじゃだめですか?みたいなこと
 が、もしも外国人なら必ず疑問に思うはず。

 話を戻すが、惑星の名前は、人名からつけられているわけで、
 ビーナスにしても、マーズにしても美の女神と戦いの神という
 ように、それ自体が惑星単独の一つしかない名前ではないという
 ことを娘は知らなかった。

 でも、こういうことを最初に知ってしまうと、きっと話せなくな
 りそうな気がする。些細なことが気になり、口から英語を出す事
 が怖くなるからで、これでいいのかな?とか、間違っていると
 恥ずかしいとか・・・。そうなるのは正直あまり好ましくはない。
 ただ、娘は細かい性格ではないので、幸いにも全然気にならない
 で英語を口に出来る子だったので、そこは大雑把な性格でよかっ
 たと思う。

 とにかく話すことを一番に考えるのなら、文法はあまりいらない
 と言う人がいるのは、こういうことがあるからだと思う。
 でも、それをずっとやっていたら永遠にそれ以上の進歩はないの
 だけれど・・・・

 どこかでがっつり勉強することも必要で、そうでないなら街中で
 何かを売っている怪しい日本語を操る外国人と変わらないと思う。
 通じるけれど生活はできるかもしれないけれど、決して尊敬され
 たり一目置かれる英語にはならない・・・・そんな自己満足の
 英語力に娘をしたくはない。

 これからも疑問に思うことはたくさん出てくると思う。
 その度、少し立ち止まって自分の英語を振り返ってみるのも悪く
 はない。

 


 学校まで長い距離を歩いているのに
 ちっとも体重が減らない娘に励まし
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育 
* Category : 英語表現
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

No title * by バニラ
私も未だに冠詞の使い方、よく間違えますよ。
で、説明ですが、太陽はいっぱいあります。夜空に光り輝く星はいっぱいありますよね?アレって、みんな太陽ですから。

だから英語でTheをつけることで、地球人の指す「太陽」を特定します。
ひとつしかないものにTheをつけるのではなく、こそあど言葉のように「指定」する役目が冠詞です。一方、火星とか土星とかは、一つしか存在しませんね。だから、Theは必要ありません。

もっとも、外国人が日本語のこそあど言葉の使い方を間違ってもわかるように、英語ネイティブも私が間違った英語を使っても理解してくれます。直されますけどね、ははは!
英語の冠詞よりも、日本語のソレとアレの違いを説明するの、難しいですよ。
距離にして何メートル何センチから違いを線引きするか、ものすごく曖昧です。

バニラ様へ * by まめっちママ
そうなんですか。知りませんでした。
学校とかでは人名由来だからと習っているようです。
一つしかないものにはtheと教えられているのが普通のようですが
違ってたんですね。でも納得しました。確かに恒星ははいくつも
存在しますよね。その中で自分達の地球の太陽を指すものは一つしか
ないですものね。
日本語のそれとあれの線引きは実際難しいですね。それこそ自分の
感覚で使っているような気がします。

* by ルーシー
バニラさんの太陽の説明、
へぇへぇボタンで納得!

私は最近、外国人の知人がご自分の日本人の友人に私を紹介してくれたんだけど、
「コノワァ、ルーシーサンデス。」
と紹介されました。
こちら、この、の使い分けも外国人には難しいのかしらね?

ルーシー様へ * by まめっちママ
日本語は結構難しい言葉だと思います。
これはとこれがの使い分けも難しいし、助詞もかなり難しい
んじゃないかしら。
私達が冠詞が難しいと感じるのと同じかなと思います。
それにしても私の高校時代は、まともにそういう解説をして
もらったことないんですよね。先生には恵まれなかったな・・・・
読んで訳しておけばいいみたいな先生ばかりで・・・
英語全然わかりませんでした。
それにリスニングなんて授業中もしたことないし・・・
今の娘達はそれと比べると格段に環境が良すぎますね。
うらやましいです。

個別記事の管理2010-10-16 (Sat)
 過去記事で娘が超簡単な英単語でいつも必ず忘れるものがあると
 いう話を書いたが、昨日はeggplant(なすび)を忘れ、やはり
 日常に英語を使わないので、そういう生活でしか出てこない単語
 ほど逆に忘れるのだということがはっきりした。

 こういう現象があると、親はあたふたして大変だ英語忘れたと
 なるのだけれど、英語のアニメも、ドラマ「ハンナモンタナ」を
 見ていても、特に問題無く見られるし、ちゃんと私に意味を訳し
 てくれるので、英語を忘れているのではない。

 そう言えばなすびなんてドラマに滅多に出てこなさそうだし、
 映画のシーンにもありそうもない。仮にそういうのが出てくると
 笑えるかもしれない。日本の昔の朝の食事シーンなどでは
 出てくる可能性があるかもしれないが、まあアメリカドラマで
 は、せいぜいトーストやシリアルやパンケークぐらいだろうから
 娘が目にしないものを口から言えないのは、ある意味仕方ない?
 ことなのかもしれない。

 うちでは別にそれを特別大変なことだとは思わないので、仮に
 その単語が出てこなくても、状況で何かわかるだろうし、日常
 生活をもしも海外ですることになれば、そんなものはすぐに
 目にしてその場で理解できることだ。

 だから日本で英語を使って生活しようなどとは全然思わない。
 子供のバイリンガルは、ちょっと油断するとすぐに忘れて
 使えなくなるという強迫観念があるようだが、それはたぶん
 こういうちょっとしたことなのだと思う。

 もちろん放っておくと、どんどん他の単語も忘れる可能性も
 無いわけではないが、もう中学生になるのだから、これから
 学校でも英語が始まり、英語を耳にしない日や目にしない日
 などないだろうから、このまま忘れるなどということは
 恐らくないだろう。

 ここまで維持できれば、子供の英語もやった甲斐があったと
 いうもの。何事も継続していれば、0パーセントになるなど
 ということはない。あきらめてしまうのか、続けるのか・・・
 その忍耐こそが成功と失敗を分けるのだと思う。



 朝から模試に行った娘。
 その後も個別指導の授業と自習がある
 土曜日も日曜日もゆっくり朝寝ていられない
 親子に応援クリックよろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育

 人気blogランキングへ


   
* Category : 英語表現
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by なー
興味深いタイトルでした!確かに!忘れやすい単語はありますよね。
これは私も該当します。

大人の英語には多読と言いますが中々上手くいきませんし語彙もすぐ忘れます。右脳を鍛えなくては!と七田先生の本を買ったりしています(泣)
親子で英会話はまだまだ長い道のりです(>_<)

なー様へ * by まめっちママ
なぜか娘は特定の単語をよく忘れます。
クジャクなんか何度言っても忘れるので、
まるでそこだけ記憶が抜け落ちるのかと思う
ほどです。

でも、そういうことってありますよね。
日本語でも単語が出てこないことって。
まあ「なすび」は忘れないですけど(笑)

親子で英会話は、なかなかできないです。
子供が恥ずかしがって英語力云々より、親とは
英語で話したくないなんて年頃になるので・・・
そのあたりが難しいので、うちでは最初から
日本語でしか会話しませんでした。

* by バニラ
うっかり忘れること、ありますよね。
私は忘れるだけじゃなくて、言い間違える事もあります!

今朝も・・・道端で犬を散歩させている人がいて、夫が「大きい犬だね。秋田犬かな?」と言ったので、私は、「いや、あれはシベリアン・ハスキーだよ!」と言いたかったのに、出てきた言葉は、英語のシベリアン・ハスキーの”サイベリアン・ハスキー”といつも口にしている娘のオモチャが混じり、思いっきり「いや、あれは”シルバニアン・ファミリー”だよ!」と大きな声ではっきり、くっきり言ってしまい、夫に「はぁ?何言ってんの?」と笑われました。ってか、自分で言っておいて、自分でも大うけしてしまいました。
ええ、私の英語力なんてこんなもんですよ!

バニラ様へ * by まめっちママ
言い間違いありますね。
私の場合は、それ以前の問題で単語そのものを
知らないので、レベル低すぎです。(汗)
バニラさんの場合は、うっかり言い間違えただけ
だから、私とはレベルが違いすぎますよね。

でもおもしろい合体です。(爆)

個別記事の管理2010-03-20 (Sat)
 娘は人前でやたらと英語をひけらしたりする子ではないが、聞か
 れたら英語を教えることもあるし、英語をよく知らない友達の
 発音のおかしさに違和感を感じることもあるようだが、基本的に
 英語を前面に出して自分が得意になるようなことはなく、英語
 をやっていましたと言わなければ、誰も気づかないだろうなと
 思うほど、普段は日本語の世界に同化している。

 どちらかというと、ちょっとかじった子供の方が英語わかるよ
 と思い切り間違えた英語をひけらかす傾向にあるそうだが、
 間違ってもどんどん口に出すことで伸びるというような感じで
 はなく、聞きかじったことを知ったかぶりしてこれが正しいと
 言い張るらしく、聞いていてちょっと嫌な気分になってしまう
 と言う。

 「he haveとか言うねん。おかしいって聞いた瞬間に
  わかるけど、大きな声でその子がこれでいいねんとか
  言いまくってうるさかった。」


 中学1年生ぐらいのレベルの話だが、私達は確か三人称単数が
 どうのこうのという説明を受けて、法則を理解して覚えたと記憶
 している。

 私も以前ちょっとだけ中学生の算数と英語の家庭教師をバイト
 でやっていたことがあるが、中学生に説明するには、やはり
 そういう説明からしかできなく、なんとなく感覚でhe haveは
 違うってわかるなどというようなことは言わない。

 でも、娘はなんで自分がその違いをわかるのかわからない、
 耳から聞いておかしいと思うから何となくわかると言う。
 これはまさしく日本語でどうしてそういうのか説明されて
 習得したわけではないけれど、数の数え方でも1本を
 いちほんとは決して言わないことと似ている。

 自然にいっぽん、にほん、さんぼんと使いわけている。
 こういうネティブ感覚は外国人には、なかなかわからない。

 幼少期から英語をやってよかったと思える一番のメリットは
 このネイティブ感覚と言ってもいいかもしれない。

 ここだけは中学から英語を始めた人に何となくわかるなどと説明
 しても決して理解しない部分だと思う。
 リスニングが得意になったり発音が美しくなるのはよく言われて
 いるが、実のところはこの説明できない感覚を身につけるという
 ことが最大のアドバンテージと言えるのではないか。

 私は小さい頃からピアノをずっとやっていた。
 そのおかげで例えばレからスタートして音階が上がっていくと、
 どこにシャープがつくかなどが、考えなくてもわかる。
 普通にドからスタートした音階の場合、どこにもシャープや
 フラットは付かないが、レからだとどうなるかを瞬時に頭で
 理解するのは、後天的にギターを始めた旦那にはわからない
 そうだ。なぜ私がすぐにファとドにシャープがつくと言える
 のか、どうやっても理解はできなく、ずるいよと言う。

 私は頭の中で音を出し、どこが半音になっているかでわかる
 のだが、そんなことは理屈で学べない部分なのだと言う。
 それで一生懸命音楽理論で学ぼうとしている旦那を見ていると
 英語を早期からやるたった一つのメリットはこのなんとなく
 の部分であって、大人が苦労するのは、これを理屈で学ぶから
 なのだろう。

 娘は何となくの感覚がかなりネイティブに近いものがあるようだ
 が、このなんとなくが勉強をさぼる原因にもなり、後々かなり
 苦労して学んだ人に抜かれる元凶でもあるので、これはこれで
 よかったのか悪かったのか、それがわかるのはもっと後のこと
 で、このまま何となくの感覚に頼って終わりにするのか、
 ちゃんと理屈づけて学ぶのかは、親がきちんと導いてやらねば
 いけない
と思う。

 娘は一応文法も英語で習ってはいたので、単に聞いて覚えた 
 だけではないが、それでも今後は学力として身につけていく
 英語も大事になるだろうから、車輪のように両方ともが
 補い合って回るようにしていきたいと思う。
 




 3月は携帯を乗り換える絶好の機会で、キャンペーン
 がおいしすぎるのに、まだ携帯本体の分割払いが
 残っている今の携帯をどうしようと悩むまめっちママに
 愛の応援クリックをよろしくお願いします。
 (iphoneほしい・・・・)
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 


* Category : 英語表現
* Comment : (8) * Trackback : (0) |

* by ごま
こんにちは。
いつも読み逃げばかりですみません(T-T)

そうですよね~。
やはり小さい頃からやっていたからわかる「感覚」ってありますよね。
私も常にそう思っています。
いっぽん、にほん、さんぼん、とかそういう細かいところが説明無しですんなり出てくるっていうその「感覚」がネイティブなんですよね。
私は子供の頃アメリカ人が回りにたくさんいる状況でしたが、アメリカ人の子が日本語覚えていったんで、私の英語は。。。。。(笑)
だから「He have」って言われてもあまり違和感感じなかったりします。
娘さんのその感覚大切に保っていきたいですね^^

ごま様へ * by まめっちママ
回りにアメリカ人がいても日本語がうまくなって
くるというのすごくわかります。
娘のプリスクールにもアメリカ人の男の子がいた
んですが、英語しか話せない子なので、純粋の
ネイティブだと喜んだんですが、なんと逆インター
状態で、彼の日本語が向上しました。(爆)
そんなもんですよね。回りの環境に左右されるので、
現地の言葉が上手くなるのはしょうがないですね。

おっしゃるとおり・・・ * by Cassis
いいなあ、音階の感覚。うらやましい~!

ネイティブ感覚か。なるほど~。
そういうのは確かに大きくなってからでは難しいですね。

私は小2から週1で英語教室に行っただけなんですが、それでも発音とかアクセントとか、そういうのって「なんとなく」でできるので、授業をナメきりまして・・・
焦りを感じた高3のときにはすでに、「ボキャ貧&曖昧な文法知識」しかありませんでした(;_;)

「簡単」と思っても、「これって意味あるの?」と思っても、教科書をナメちゃいかんです。。。

Cassis様へ * by まめっちママ
確かに教科書なめてはいけませんよね。
なんとなくわかるから英語の勉強は苦労しないと
いうのは、後々高校生ぐらいで大きくその欠点が
表れてきます。
娘にもそれだけは避けてもらいたいなと思ってます。
今は好きなだけ見たり聞いたりで話せる使える英語を
学んでもらってもいいけれど、もう少ししたら確実に
学力としての英語もやっていかないといけないですしね。

タイムリーです。 * by Rumichi
まだまだ娘さんの場合より前段階ですが、まさにタイムリーな話題でした!ありがとうございます。

感覚でわかるのと理屈でわかるのでは、本当に質が違うんですよね。うちも師匠の性格的に勉強をさぼるタイプになりそうな気配が出てきたので、色々と方法を探っています。親の私達が英語での語りかけを増やせば、それはそれでどんどん吸収していくとは思いますが、そのノリで日常会話レベルで止まると本当に使える英語にはならないんですよね。私は今翻訳にチャレンジしていますが、むしろ日常会話英語とは全く別の世界・・・。英語の構造から理解していないと言語になりません。なんだかんだで子供はあっという間に成長しますので、親としての方向性ははっきりしておかないとと思いました。

まめっちママさんはさすが教師だっただけあって、娘さんの得て不得手もわかっていて、導き方、見守り方が的を得ていますよね~見習うこといっぱいです!

お久しぶりです。先日はメール、ありがとうございました。 * by フルーツトマト
こんにちは~
ハンドル名変えたんですが、メールアドレスから
分かりますでしょうか?



感覚で理解する、ということとはちょっと違うのですが、最近子供に中1数学を教え始めて、4-(-8)の
計算の説明に、ううむ。。。v-388となっています。マイナスを引くって、実生活で
言うとどうなんでしょう?公式どおりにやってあまりその意味を考えてこなかった私には、実際の
例が思いつかず、「たとえば、借金がなくなるとか??v-15」というような説明しか思いつかず。

せっかく、塾で小6までの基礎は終わったんだから、中1数学くらいなら簡単だし、と始めたものの
いきなり苦戦しています。なんかいい本ないでしょうか~?

サイドバーの”1日10分!「英語回路」育成計画 世界名作編―速読・速聴 ”が気になって、気になって、購入してしまいそうです。





Rumichi様へ * by まめっちママ
感覚でわかるというのは、羨ましい半面
危ない気もして十分親が導いてやらないと
いけないなあと思います。
生活して話す英語と仕事で翻訳したりする世界は
本当に違いますものね。
まず日本語がしっかりしていないと翻訳はできません
しね。勉強として英語の構造も理解して更に日本語
のベースもしっかりしていてはじめて物になる英語
というのか、そういう世界に到達できるんでしょうね。
言語って奥が深いですね。

勉強してもしても足りないってよく言いますよね。
出来る人ほどそう言うのですごいなといつも尊敬
してしまうんですが、娘もまだまだという気持ちで
頑張ってくれるかな・・・・

フルーツトマト様へ * by まめっちママ
もちろん誰かわかりますよ。(笑)
マイナスの概念って意外と難しいです。娘は
方程式で移行するのがどうも理解しにくいらしく
なんで単純なことがわからないんだろうと思った
んですが、単にこうやるんだということでは納得
いかなかったようです。
子供はひっかかるところというか、こだわるところ
を持っているようですね。
大人なら何ということはないのに、そこで考える
か?みたいになることもあります。

そうですね。何かいい説明の仕方あったらいいん
ですが、う~ん、そういうのってどう言えばいい
でしょうね。何かまた思いついたらメールします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。