オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2017-05-12 (Fri)
 毎度毎度喧嘩うってるようなタイトルですいません。
 娘の大学での話なんで、そういうこともあるのねぐらいに思って
 下さい。

 TOEFLの点数で英語のクラス分けがされたという話は書いたと思い
 ますが、上級生と帰国子女ぐらいしかいないクラスの中で、娘はとて
 も苦痛に感じていて、そのせいで痩せたというぐらい、娘の感覚と
 みんなの感覚がずれているようなんです。

 当然そこにいる人達は留学したい、ギャップイヤーは海外で色々
 な人とふれあって考え方の幅を広げられるとか・・・・

 まあ当たり前にほぼみんな同じ意見なんです。
 インターンシップについても、いい点はもちろんあるし、社会経験を
 大学時代に積んでおくのは建前上は悪くないと思います。
 そういう話題を英語で討論しているのですが、ほぼほぼ全員同じ
 だというから、そうかなと疑問に感じているのが娘なのです。

 実際、ただ働きの労働力にされていたり、囲い込みして就職活動の
 妨害をしたりするとか・・・きれいじゃない部分も多く、学生の間は
 大学の授業をしっかり学んで学生でしかできないことをやる期間だと
 考えるのもありだと思うのですよ。

 それがですね、一律ほぼ全員マイナスを指摘したりする意見が出ず、
 海外に行く発言しかなく、娘が発言すると寒い空気が流れるらしいん
 です。

 娘は英語さえできれば人生バラ色なんて考えていないし、日本の
 物作り技術や日本から発信するものの素晴らしさを逆に海外にと
 考えているので、外国人が日本語をもっとやりたい、日本を知りた
 いになるような創作活動をしたい方向性なんです。

 発信するために英語が必要ならそれはもちろんやるけれど、英語
 圏でかぶれてきて、日本人同士なのに授業以外で英語を話す姿
 などを見ると、痛いと感じてしまうし、実際帰国子女の生徒でも
 英語圏が長い人と一年ぐらいしか留学していない日本語が母国語
 の人では、完全に根本が違います。

 日本に帰ってきたのだから、生活言語は日本語です。
 回りもみんな日本語を話して大学生活を楽しんでいます。
 そこに英語で話し続ける人がいて、海外最高みたいな話になれば
 当然痛いと感じることだって出て来るんです。

 娘のクラスは英語が堪能な人が多いけれど、最近英語で話し続け
 ていた帰国子女の一人が疲れたのか、娘のところによってきて、
 もっと早くあなたと友達になっておけばよかったと言うんだそう。

 もちろん狭い国内だけではなく、世界に出て視野を広げること自体
 は素晴らしいことです。それは私も娘に体験してもらいたいと思い
 ますが、どんなものにもプラス面とマイナス面があるので、偏らずに
 上手にバランスを取って、双方の架け橋になれるような活動ができ
 るなら、それが一番なんですよね。

 とにかく日本はアメリカなどの制度を後から真似しがちなんですが
 国民性や日本の感覚にあってないことも多く、ただ取り入れるだけ
 なら、逆に大学生の貴重な時間を搾取するにすぎない危険性もある
 ことを知っておいた方がいいかなと思います。

 


 娘の日本大好き指向も
 偏ってると言えば偏ってるので、 
 今の授業が案外バランスを取ってくれる
 んじゃないかと実はこっそり期待している
 まめっちママに応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村




 
* Category : 日本語のすすめ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-08-21 (Fri)
 高校2年になってから受けた二つの模試が戻ってきた。S台模試と
 S研模試だが、どちらも同じぐらいの成績で、学内の立ち位置は
 まあまあというところだった。

 学内二桁は絶対取るという前提で受けているが、目標は30番以内
 なので、それにはまだちょっと足りない。

 中身を見てみると、いつものことながら英語が一番できているが、
 数学が少しずつあがってきている。ただ、つまらない計算ミスが
 あり、そこは取れないといけないでしょという大問一で間違えて
 いるのは致命的なのだが、確率ができはじめているし、難しい問
 題で正解しているので、亀の歩みだけれど、頑張りが実を結び始
 めたのかという気はする。

 問題なのは、国語だ。

 娘は決して国語が苦手ではない。むしろ現代文の評論は得意だっ
 たのだが、この二回の模試はどちらも国語が一番悪い。
 一つは古文、漢文ができていないということなのだが、主語があ
 いまいな古文は、英語のようにすっきり読めないという。

 現代文は、言葉の説明一つ一つが気になり、誰が読んでもわかる
 ように書いてくれないと、行間を読みれと言われてもどうしてい
 いのかわかりにくいということのようで、これは放置できないな
 と感じた。

 今、夏期講習で私は高3生を受け持っているが、国語のセンスが
 ある子は、知識がなくても、設問から解答を予測できる能力を持
 っていて、古文も単語を少々知らなくても、何となくわかるから
 マークだけなら、それほど勉強しなくても何とかなってしまう。

 国語は勉強しなくてもというのは、こういう子供達なのだが、娘
 は残念なことにこの手の類の子ではない。

 論理的で主語がきちんとある英文なら理解できても、古文や漢文
 は、そうはいかないので、苦戦している。
 ただ、そんな娘みたいな子でも、得点できる方法はあるし、解答
 の見つけ方は訓練次第である程度習得できる。

 それには家勉だけでは限界があるなと感じた。
 私が今使っているマーク模試の過去問を、娘もやってくれればい
 いのだけれど、親とでは上手くいかず、学校に早朝から行ってし
 まう娘は、数学と物理、化学で手いっぱいで、国語をやらないと
 いけないのはわかっていても、あえて家でそれをじゃあやりまし
 ょうかには、なかなかならない。

 「それをするぐらいなら、夏休み明けの復習テストの勉強をする」
 とか、「地理の暗記をする」になってしまい、やはり親だから甘
 えているのだというのが一番のネックになっている。

 それならば、やはり外注しようということで、一度休会していたZ
 会を復活させようと思った。前は数学と英語の受講だったのだけれ
 ど、それは学校で十分だし、英語は受講する必要もないだろうとい
 うことで、(本当は受けた方がいいのだけれど)あえて得意科目は
 受講せずに、自力ではなかなか手つかずになる国語を受けようとい
 うことになった。

 これなら問題をやって提出しないといけないわけだから、時間を
 作ってでも頑張るだろうし、私がそれを見てやれるので、添削さ
 れて戻ってきたものをチェックできるし、どこがどういけないの
 かも把握できるので、早急に手を打てると思ったのだ。

 娘もさすがにちょっと国語のできが順位を下げていることを気に
 しているので、今回はやりたくないとは言わなかった。

 数学が復調してきているので、後は国語をもっと得意科目に昇格
 させて、理科、社会が入ってくる模試に備えようと思う。

 今回模試の成績を見ていると、娘のライバルになるであろう友達
 と同点で3人同じ順位だった。それぐらい実力が伯仲している。
 ものすごくできる友達との差も実はそれほどあるわけではない。
 でも、わずかの差でもそこに何十人もの争いがあるのだと考える
 と怖い。大きなミスをすれば、たちどころに転落する危険もある
 ということなのだ。

 そういう激しい競争にすでに突入し始めているということで、の
 んびりなどしていられないなと、気がひきしまる。

 娘もいつもなら前日にちょろっとしか勉強しない夏休み明け課題
 テストの勉強をし始めている。これも大きな変化だ。
 地理の暗記に苦心しているようだが、今からやっておくことは悪
 くない。そういう類のものは直前でも間に合うと言われているが、
 娘の場合はそうはいかないのがわかっているので、人は人。

 直前の暗記で頭に詰め込めるタイプとそうでない子とでは、やり
 方も違うはず。だから人に惑わされることなく、自分に合った方
 法で、時間はかかっても最善の手段を見つけて欲しい。

 後回しにできない状況を作り出して、習慣化してしまえれば、ま
 だまだ勝算はある。毎朝自分で起きて早朝学習しに学校に行ける
 ようになった娘だから、やればできないことはないと思う。

 いつかやるではなく、いまでしょの気持ちで頑張ってくれたら
 いいなと願っている。




 8月も残り10日ほどになり、またしても
 大型台風が接近中・・・・
 仕事に影響が出ないといいけど・・・・
 大雨の仕事は出勤がつらい・・・
 駅までタクシーに乗りたくなるまめっちママに
 励まし応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



 
* Category : 日本語のすすめ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-12-28 (Sun)
 学校から一年に一度ぐらい受験の申し込みが来る日本語検定。
 特に対策をするわけでもなく、普通に学校に通っているだけだが、
 漢字や語彙、敬語などが万遍なく出題され、漢検とはまた少し違った
 日本語というものを意識する内容になっている。

 今回は3級という平凡な級なので、合格しても別に偉くも何ともない
 けれど、とりあえずは合格したので、次は2級ということになり、そ 
 のうち受けるかもしれないが、他の勉強が詰まってくると、受けない
 ままで終わるかもしれないし、そこは様子を見ながら暇ができれば、
 受けるということでよしとしよう。
 たぶん暇はなかなかできないだろうから、次はいつになるかわからな
 いぐらい先の話になるだろうけれど・・・・

 今は冬期講習の真っ最中で、私の生徒達も学校の冬休みの課題に塾の
 講習と結構大変なスケジュールの中で頑張っている。
 娘の学校からもたくさんの課題が出ていて、相当頑張らないと終わら
 ないぞと思うような量なので、娘の場合は、冬期講習などに参加して
 いる場合ではない。学校の課題が完全に消化されていないし、定期考
 査でできていなかった箇所を見ると、付け焼き刃でろくに勉強してい
 なかったのが丸わかりの答案が出てきて、きちんと解き直し、文法解
 説などをもう一度やって、覚えないといけない内容を娘と確認した。

 英語は日本語訳が上手くできていない。娘的にはどっちでもいいやん
 という日本語訳がちょっとの差で×にされてしまったりして、長文
 読解して正しい内容を選んだりするのは得意だけれど、正確な日本語
 訳には苦戦している。

 自由英作なら、他の単語で上手く言えるところを、構文を使って書く
 となると、その範囲に出てきた言い回しを覚えていないと書けないわ
 けだから、娘の勝手な自分仕様の英作では○がもらえないことも多々
 あって、なかなか学校の英語は手強い。

 今は学校ですでに大学入試の長文の日本語訳などをやっていて、かな
 り難しいレベルになっているが、娘も今までの貯金だけでは対応でき
 ないと少し焦ってきている。

 まあ英語はそれでも何とかなるけれど、古文のテストの間違いを見て
 みると、文法問題がまだまだ全然理解できていなかった。

 助動詞と助詞の識別も根本がわかっていず、私と少しずつやっている
 基礎文法もまだ完全に範囲を全部教えきっていないので、やっていな
 いところはできないし、応用問題をすっと解くのは、慣れが必要で、
 毎日復習がかかせない。

 今日は久しぶりに古文のママ塾を再開した。
 テスト期間中はなかなかできなかったので、冬休み中に対策を立てて
 おこうと、再開したのだ。

 定期考査でも出ていた助動詞と助詞の識別ができれば、口語訳も簡単
 にできたはずの箇所を間違えていたので、理屈をしっかり教え、次は
 もう絶対に間違えないように何度も確認し、覚えてもらった。

 もちろんこのまましばらく放っておくと忘れるので、明日もう一度
 聞くことにするが、こうして毎日少しでいいから、本人がやってくれ
 ることで、確実に国語は伸びしろがまだあるので、点数は上がるはず。

 うちはこれ以上塾に通うことは恐らくないので、私が本格的な先生と
 同じ授業形式で娘と向き合うことで、時間とお金の節約を国語に関し
 てはやっていこうと思う。

 英語の日本語訳は、パパ担当で難関国立の二次対策と考え、読解の
 基本の記号の付け方と、訳仕方をしっかり仕込んでもらえば大丈夫
 だろう。

 数学は学校ですでに数ⅡBが終了してもう一度数Ⅰ数Aに戻って復習
 している状態なので、前にひっかかった箇所や解釈の違いで答えられ
 なかった問題をもう一度解き直し、確率を重点的にやることで、冬の
 間に苦手分野を克服しておこうという計画は立てた。

 娘の勉強の仕方は要領が悪すぎて、これをやっておけば取れるという
 ことをしていないことが本当に多い。
 もう高校生なので、親が張り付いたりするものではないし、勉強は
 基本的に学校で授業をきちんと聞いていれば、後は覚えていくだけな
 のだ。この理想的なサイクルが機能するまでは、少し面倒を見てやら
 ないといけないかもしれない。

 親の過干渉はろくな結果にならないが、弱点がそのまま放置されてし
 まうのもよくない。塾に行かせるかわりにこちらが先生と生徒の関係
 として、向き合うということで、親目線ではない先生目線で勉強を
 教えていくということが、もうしばらくだけは必要だなと思った。

 できるだけ私情をはさまず、あくまでも生徒に教えるようにできれば
 いいのだが、娘という立場上、偉そうになったり、謙虚に聞く態度が
 なっていなかったり、ふてくされていたりすることもたまにはある
 ので、その辺りをいかにぐっとこらえて仏の心境で接することができ
 るか、そこにつきるなと思う。

 恵まれている環境は目一杯活かして欲しい。それを無駄にすることが
 どれだけ勿体ないことなのか、やりたくても出来ない生徒もいる中、
 自分の環境を粗末にしないということは、最低限の礼儀ではないか。

 日本語検定の話からまた大きく演説してしまったが、合格したことは
 素直にうれしいと思う。受かって当たり前。そう言ってしまうのは
 簡単だけど、子供にはどんなことでも何かに受かったり、進歩するの
 はうれしいことなのだ。
  
 さて、この調子で新年は要領よくテストもこなし、弱点克服に励み、
 模試の成績をもっとあげることで、高校2年生への橋渡しとしたい。




 私の仕事も29日が最終日となり、
 あと残すところ一日だけとなった。
 一日4コマ連続はさすがにちょっときついな
 と思ってしまう老体にむち打ち頑張る
 まめっちママに応援よろしくお願いします 
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育



 
 
 
* Category : 日本語のすすめ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-10-16 (Thu)
 娘の英語は、親の私が一切手を出さずに、中学入学後は一人でやって
 きた。学校の英語の進度がものすごく早いので、今ではもう学年上位
 の成績の子達は、学校英語に関してだけ言うなら、娘と変わらぬ力を
 持っている。

 模試での一人勝ちも難しくなってきて、上位10人に入るのは、油断す
 るとすぐにはみ出てしまうぐらいに力は接近している。
 前回のトップレベル模試でも娘は2位だった。
 これはとても悔しくて、娘はその日結構いらいらしていた。

 頼みの綱のGTECがまだ返却されていないので、これはたぶん自信が
 あるとは思うが、リスニングが少ない試験では娘の優位性がもうあま
 りないということだ。

 中学から英語を始めても入試英語はすぐにできるようになる。真面目
 にこつこつ勉強していれば、高校一年生ぐらいでかなりのレベルに
 到達できるということなのだ。

 こういう子がいるから、早期教育はそれほど必要ないと言われるのだ
 が、それでも前にも書いた通り、娘には英語があったからこそ、自信
 を持って学校生活を送ることができた。母国語と同じように日常的な
 英語なら聞くことができるようになったという大きなアドバンテージ
 を得たというのも事実で、弊害と恩恵のどちらがより大きかったかと
 言われたら、間違いなく恩恵の方が大きかったと言える。

 だからもう英語はこれからは学業としての英語を娘自身で頑張っても
 らうしかない。それより今しないといけないことは、やはり国語。

 日本語だからできるだろうという考えがあるので、国語を熱心にやる
 生徒は少ないし、人によっては現代文なんてセンスの問題で、勉強の
 仕方なんてわからないし、何ができるのかもわからないから、どうし
 ようもないよと諦める人もいる厄介な科目だ。

 でも、だからこそチャンスがあるのだ。英語や数学はみんなが頑張る 
 科目だけれど、国語は手薄になるから、それを強化して今よりもう
 一段上がれば、娘にとっても悪い話ではない。

 娘自身もそうなりたいと願っているのか、私と始めた古文の授業を
 それほどいやがらずにやってくれる。決してできがいいわけではない
 ので、親が見るというのは、よほど心を仏にしないとできないと思う
 のだけれど、私も叱らずにポイントだけをしっかり伝授していくつも
 りで、生徒として接している。

 間違い易いポイントはもういやというほどわかっているので、そこを
 重点的にやって、娘に要領よく必ず得点できるこつを教えたいと思う。
 とかく膨大な暗記を迫ったり、やってもできそうもないような課題を
 課すことはせず、今日はこれとこれというように、覚えることは5個
 以上にはならないようにしている。

 少ないと思われるかもしれないが、何度も出るこれはというものは
 意外と少ないもので、英語と違ってそんなに大量に単語があるわけで
 もないし、せいぜい350個から500個ぐらい覚えれば十分なのだ。

 そういうわけで勉強がし易いというのもあって、いやにならない量
 と難易度の問題をページで言うと2ページぐらいにすぎないものを
 短時間にさっとやって、少し短いなと思うぐらいの時間で終わらせ
 毎日続けるという、簡単そうで根気のいることを娘とやることにし
 たのだ。
 
 娘も私の本気度を試している。今までやろうやろうと言ってできなか
 ったので、今度は私が本気でテキストも用意して時間をわざわざとっ
 て、仕事が終わって遅く帰ってきているのに、そこからやろうとして
 いる姿を見たからなのか、とりあえずは机に向かってくれるようにな
 った。

 もっとも自分ができない国語関連だから素直になってくれるのであっ
 て、英語は自分の方ができると思っているから、そう簡単に親の言う
 ことなど聞きはしない。それは仕方無いことだと思うので、娘ができ
 ることは自分で何とかすればいい。

 自分では難しいことを私が助けてやればいいのだ。
 ただし、やり方には注意が必要だ。
 褒めることもを決して忘れてはいけない。何でそんなに知らないこと
 が多いんだと責めてしまったらそれでおしまいだ。

 わからないから習うのであって、できるのなら最初からそんな勉強は
 しなくていのだから。

 こんな感じでスタートしたママ塾だけれど、これでお金をかけずにす
 むと思うと、我ながら経済的になったものだと思う。
 素人だった英語教育は、外注することが多かった我が家だが、今度は
 幼少期とは違った新しい二人三脚の形を模索してみたい。




 娘がいつも学校に通う途中の道に
 植えられている樹がものすごく臭いらしく
 もしかして銀杏かなと思ったけれど、どうも
 そうではないみたいで、一体何が匂うのだろう
 気になって仕方無い・・・・・
 葉っぱは年中青々としているみたいなのだけれど
 つまらないことが気になるまめっちママに
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育


* Category : 日本語のすすめ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-12-21 (Sat)
 公立小学校に在籍していた頃、日々の宿題と言えば、漢字ドリル
 と計算ドリル、たまに漢字を使って短文作り、それぐらいしか
 なかったので、宿題が多すぎて困るということはなく、中学受験
 組には助かる内容だった。

 娘は昔から漢字が嫌いな子だった。といってもこの宿題のおかげ
 で、娘のような子でも普通に公立で出題されるような漢字は、特
 に勉強しなくても書けたし、問題なく過ごせていた。

 ところが私立の中高一貫校に入学してから、漢字の宿題などは
 お目にかかったことがなく、数学ばかりやっている気がして、
 確かに中高一貫の私立は進み方が早く、漢字練習などをのんびり
 やっている場合じゃないというのもあって、全くそういうものは
 家でやっているのを見たことがない状態になった。

 私はこれはどうかなと思っている。

 あまりにも無駄に多い漢字の10回書きとかは必要ないけれど
 全く放ったらかしというのも困る。数学重視はわかる。入試では
 正直、英語と数学ができればかなり有利だからで、文系であって
 も数学ができれば、それが大きな得点源となるし、英語はどこに
 行ってもはずせないものなので、これができるのとできないのと
 では、もう大学の選択肢の幅の広がり方も全然違うからだ。

 娘は幸いにもこの英語が一番成績がいいので、本当に助かってい
 る。私の生徒で現在2浪中の子がいるのだが、もし英語が中学か
 らもっと頑張ってやっておいて得意科目だったら、今頃たぶん
 ここにはいなかったと思う。そう言って後悔しているので、浪人
 生の言葉は重い。

 その一つの英語ができるということが娘を安心させてしまってい
 るので、一番できていない漢字に対する危機感が全くない。
 確かに世の中は携帯やパソコンが普及し、漢字を手書きしなくて
 も、変換さえできれば問題ないかもしれない。計算だって電卓が
 あるからと乱暴に言ってしまうとそういうことになる。

 ただ、それではだめなことは誰でも知っているわけで、漢字は
 やはりある程度書いて覚えないといけない物なので、宿題が全く
 ないというのも困るのだ。

 もちろん早朝テストや終礼テストで漢字が出題されていたことも
 あったので、漢検でいうと3級レベルの字はテキスト一冊仕上げて
 そこからテストが出題されていたので、それが唯一の勉強と言え
 るものではあった。

 ところが最近はそれも見かけなくなった。やはり数学の難問重視
 傾向にあるので、発展ばかりやらずにまずは基礎をと思ってしま
 う。さきほどの浪人生も、「いくら上に積んでも土台がぐらぐら
 しているから、積み上げられない」ということを嘆き、自分のや
 ってきた勉強のまずさにようやく気付いているので、そうならな
 いためにも、基礎重視を学校にはお願いしたい。

 公立中学の生徒を見ていると、ゆっくりでも確実に漢検などを
 クリアしていき、頑張っている子がたくさんいて、何か私立だか
 らといって間違っているのではないかと思うこともある。

 私の生徒の方が下手をすると娘より漢字力は上かも?と思うよう
 な子が結構いる。本当に国語に関しては学校に一考をお願いした
 いのだが、成績上位層の親や子供は、数学を難しくすればいいと
 思っているふしがあり、とにかく難しいことをやってほしいと
 言うような人がいるのも事実。

 学内でも基礎重視派と意見の対立があるようなのだが、講師生活
 が長い立場から言うと、やはり基礎なくして発展なしという考え
 で、頭の良い子なら基礎学力から応用発展につなげることができ
 るものなので、土台を固めないうちに次々と難しいことばかりし
 ようとするのはどうもいただけない。実際、模試の結果を見てい
 ると、普段の点数からは違った側面が見えてくる。
 成績優秀者が、基礎的な数学の問題に間違えたり、国語の点数が
 全体的に低いことなどを考えると、私の考えはあながち間違いで
 はないと思うのだが・・・・学校はよくやってくれているので、
 概ね文句はないけれど、細かい部分で言うと、きりがなく、これ
 がもっとこうだったらいいのにとか思うこともあり、その部分に
 関しては、理想通りにするためには家庭内でフォローするしか
 ない。そういうわけで、漢字は自力でこれからもやっていかない
 といけないので、今は自主勉用にとこれをやっている。

 

 後は毎回言っていることだが、古文を強くすること。
 これは色々うちに参考書がそろっているので、それを読んでもら
 うことと、より多くの問題を見ることで、こつがつかめてくるこ
 ともあるので、ぼちぼちでもいいから入試問題をやっていくのも
 いいかもしれない。今から毎日一つでもやると、3年先にはもの
 すごい力になっているだろうから・・・・

 継続は力なり。まさに今までは英語でそれをやってきたが、これ
 からは他の科目でもそういう気持ちで頑張っていかないといけな
 いと思っている。

 今の娘に必要なのは、総合力。

 それにしてもがっつり何度もやるのは、しんどいもので、反復を
 厭うような子では、この先の社会ではいやな事や面倒なことから
 逃げるようになってしまうだろうから、要領よくそれでいて時に
 は面倒なことでも頑張れるように、バランスよく育てていきたい
 と思う。



 検定料も馬鹿にならないほど高いので
 一発合格してくれる子がなんと親孝行なんだ
 と思ってしまう、庶民のまめっちママに
 応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育


 

 
* Category : 日本語のすすめ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |