オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2012-08-23 (Thu)
 小さい頃から英語を聞きながら何かをし続け、そんな中でもどん
 どん英語を覚えていくことができた娘だったが、すべての物を
 簡単に覚えるわけではなく、中には何十回聞いてもゼロという
 物も存在した。

 映画の台詞やアニメなら、5回ぐらい聞くと、ほとんど頭に入っ
 たのだけれど、英単語集や英文の羅列は、ストーリーがないと
 全く頭に入らず、そんだけ聞いても覚えていないってどういう
 こと?と思うぐらい駄目駄目状態なので、この極端な好き嫌い
 をどうしたらいいものかと悩んでいる。

 好きではないものは全く覚えられない・・・・
 世の中そんなことでは渡れないと諭しても、できないものはでき
 ないと素っ気ない返事で、どんなに頑張れと言われても、無理な
 ものは無理。なんでこんな風な頭に生まれたのかとまでいう始末。
 
 普通に好きな物でも嫌いなものでも、一生懸命覚えようと頑張れ
 ば覚えられるという一般的な覚え方ができたら、どんなによかっ
 たかと言う娘。

 好きなものなら、真剣に聞いていなくてもすっと頭に入り、覚え
 てしまうのに、真剣にテキストを見て聞いても入らないものが
 あるのは、どうしようもないと悩む。
 
 確かにいやなことをやっていると私もどうしようもなく眠くなっ
 てきて、頑張ろうと思っても、進まないことはあるので、それと
 同じかもしれない。

 私の場合やっかいなことに、それが英語なので、英文を3行ぐらい
 見ると、途端に眠くなり、どうしてもやる気がでなくなる。
 不思議なぐらい拒否反応が出るのだから、困ったものだ。
 でも、仕事があるので、そうも言っておれず、眠い目をこすりな
 がら必死でテキストを見ている。

 やはり脳の中で何かやる気のおきない物質が出ているのだろう。
 人間こういう時にどうするのだろうか?
 眠い時は例えばコーヒーを飲むとか、お茶を飲むとか、ちょっと
 散歩するとか・・・・何か体を動かしたり、眠気冷ましの物を
 食べたり飲んだりすることでなんとかしようと思うものだけれど
 勉強でやる気がでない時って、気分転換に音楽?動画鑑賞? 
 どれをやっても何かこうピンとこない。

 気合いでやるなんて事は娘には通用しないので、面白くしないと
 最初から覚えようという気持ちも起きてこないらしい。

 きっちり系なら、自分ができていない部分が気になって何度も
 確かめたり、最後の詰めをしっかりするものだけれど、娘は適当
 という言葉が一番似合う子なので、大体できたらOKとなるらしく
 それがもう最大の欠点だ。

 右脳的な覚え方という感じもしないではないが、大量インプット
 をする時間がなく、継続できていないのがネックとなり、その
 効用が活かされない感じとなっている。

 もう少し私がついて一緒にシャドーイングや音読をさせた方が
 いいのかもしれないが、中学生にもなって親が一緒に勉強してい
 るというのもどうかなと思うので、やはり基本は娘が一人で頑張
 ってほしい。やり方はわかっているし、何をするかも理解してい
 るので、最後は自らメニューをこなして頑張るしかない。

 今日は比較的時間があったので、漢検のプリントと英語はアニメ
 を少しだけ日本語で見た(人物の名前とかが複雑で多すぎるため)
 
 26話を日本語で見てからもう一度最初から英語で見て、それを
 毎日かけ流すために、音声だけを録音し、最初から終わりまで通
 しでかけ続ける。これを繰り返していると、たぶん好きな物なら
 3回目ぐらいで部分的に記憶され始め、そのうちどこからでも
 言えるようになる。

 もちろん全部完璧とはいかないが、かなり詳細に次はこういう
 シーンで、こう言うよとか・・・・私が覚えていないシーンを
 ちゃんと記憶しているから、そこはすごいと思う。

 小さい時の記憶も鮮明な部分があるのは、大抵何かインパクトが
 あった時だから、忘れない記憶と覚えられる能力とは違うのかも
 しれない。覚えないといけないという義務感で覚えたものは、
 早々に忘れてしまい、自ら覚えておきたいと願ったものは、何年
 前のものでも覚えているので、やはり人間の脳は不思議だ。

 頭がいいから記憶力がいいのではなく、覚え方が普通じゃないか
 ら、忘れない・・・・

 どちらがいいのやら・・・・

 


 インコが娘の眼鏡にさかさまにとまって
 張り付いているのを見て、随分慣れたもんだ
 とちょっと安心したまめっちママに愛の応援
 クリックよろしくお願いします
 太ももにとまって娘と一緒に昼寝しているのも
 目撃した・・・・かわいすぎる・・・・
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育




 
 
* Category : 英語と右脳教育
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

どうしてもコレ覚えられない * by masyaまま
私は、日常生活でよくあります。

何度会っても、名前が覚えられない人とか
(役者さんとか女優さんとか)
食品の名前とか
物の名前とか

興味があると、一発で覚えますが。
3~4回で覚えられないと、これは一生覚えないなと自分でも思います(笑)やはり、インパクトの問題でしょうか?

旦那曰く、明らかに興味がないものは覚えていないというより、記憶からドンドン削除しているという評価です。

物の名前ならいいけど、人の顔と名前はそうはいかないですよね。特に子供がらみだと。

>大体できたらOKとなるらしくそれがもう最大の欠点だ。

この最大の欠点。私も同じです。
多分、高校生の時にこの欠点に気がついていれば人生変わってたと思います。(進学面で)

社会人になって、法律が絡む職場に進み、その欠点を当時の上司に徹底的に攻撃&改善させられました。社会人の早い段階で鬼上司に当たってラッキーでした(笑)

masyaまま様へ * by まめっちママ
やっぱり覚えられないものってあるのですね。
自分ではそこまで覚えたくないわけではないのに、
頭にどうしても入らないこともあります。

娘は性格がアバウトなので、覚えているものでも結構
いい加減です。だから覚えてないものはもう限りなく
ゼロに近い状態で、なんでそこまで拒否反応できるかな?
というぐらいなので、人間の脳って本当不思議です。

娘も大人になって誰かからこっぴどく怒られて改善させ
られれば、少しはましになるのでしょうかね?
そうなればいいのですが・・・・・

個別記事の管理2010-08-01 (Sun)
 昔、娘は繰り返し同じものを何度も見たり聞いたりして、英語を
 習得していったが、子供は覚えるのが早い分、忘れるのも何倍も
 早く、しばらく放っておくと、何ヶ月か前のことは、すっかり
 抜け落ちているということに気づき、愕然とすることがある。

 それを忘れさせないようにするためには、一年間でやることを
 あらかじめ決めておいて、3ヶ月単位で繰り返すようにカリキュ
 ラムを組んでおくと便利だ。3ヶ月と書いたのは、忘れないよう
 になるには、最低でも4回繰り返さないと定着しない
からで、
 それ以下だとその時は覚えていても、完全な記憶の定着には
 ならないので、いつまでも覚えている記憶にしたいなら、これぐ
 らいは反復しないと苦しい。

 そんな難しいことできないわと思う方も多いとは思うが、要する
 に絵本なら10冊ぐらい適当に決めてそれを一ヶ月CDの音声つきで
 一緒に読んでやり、またDVD(娘の時はビデオが主流)も5本ほど
 決めてそれを一週間単位で見せる。それを最初に選んで一カ月分
 としてかごにでも入れて、置いておくだけで、そこからは自由に
 子供の調子や気分を見ながら、出してやればいいだけだ。

 まだ3歳ぐらいまでは、ワークブックやレッスンなどをしなくても
 十分大丈夫なので、この時期は、これぐらいアバウトにやってお
 いて、むしろ知能の発達の方に力を入れて生きる力や創造力を伸ば
 したい。

 ハサミや箸などを積極的に使わせ、細かいものをつまんだり
 切ったり並べたりする作業なども意外と脳の発達に役立つので
 是非、紙を切って多少部屋が散らかっても、思う存分切ったり
 貼ったりさせてあげてほしい。

 英語と直接関係なさそうに思うが、知らないことは英語で聞いて
 も理解できないし、経験したことないことをいくらかけ流して
 みても、理解のないかけ流しは、ほとんど意味を持たないので、
 早くから難しすぎることをやるのではなく、その年齢で理解でき
 ることを英語で行うようにしないと、背伸びしても結局それが
 理解できるのは、ずっと後のことになってしまい、教材もお蔵
 入りしてしまう可能性があるので、間違っても年齢以上に難しい
 ものばかり与えるのは、やめた方がいい。

 昔、私はママ友からこれ買ったから貸してあげると言われて
 とある教材を貸してもらった。それは歴史のCDだったが、娘には
 難しすぎて到底理解できるものではなかった。
 だから興味がわかず、ちっとも覚えることなく、かけ流しを
 いくらやっても1%も覚えず、お蔵入りしてしまった。

 ところがそれが今になって役立つようになった。
 年齢が上がって学校や塾で知識として学んで始めて意味を持った
 音として耳に入ってくるようになった
からで、これも年齢の
 壁というものだったのだと今更のように思う。

 英語の力が上がるには、この経験や知識の部分が大事で、これ
 がないのにいくら生活用語を話せても、そのレベルはとても低い
 ものになってしまう。

 だから母語での勉強をうちでは重視している。母語でないと完全
 な理解は難しいことも多いので、特に大事なことを伝えたい時は
 日本語で話し、日本語で勉強するという当たり前のことを普通に
 実践している。

 一時期イマージョン(英語で教科の勉強をする)にあこがれたこと
 もあったが、イマージョンは万能ではなく、個々の能力や資質に
 大きく影響するもの
だということを現実として見てきたので、
 もろ手を挙げて賛成、全国に導入してなどとは思わない。

 今朝の新聞に全国学力テストの話が載っていたが、6年生の時に
 受けた子供達が、中学3年生でどう変わったか、学力にどう変化が
 あったのか調べたところ、6年生でつまづいた子供は、中学3年生
 でもやはりその躓きを克服できていないという結果が出ていた。

 つまり二極化が解消されず、学力の底上げがあまり上手く行って
 いないということのようだ。
 これが何を意味するのかと考えた時、ここに英語で授業などとい
 うことが入ってきたら、それこそ母語でも理解不十分な子供達
 は、もういっそう訳のわからない世界に突入することになり、
 英語ができる学生が増えるというよりは、きらいになる危険性
 の方が何倍も高くなりそうだ。

 私が考える英語教育というのは、幼少期に勉強する習慣をつけて
 おき、色々なことを経験させ、英語を特別なものと思わないぐら
 いに年齢相応のものを徐々に与えて行くことで、学力が上がれば
 英語力も上がる・・・そんな車輪のような関係だ。
 
 


 
 セミが大合唱するので、いやでも
 目が覚めてしまう・・・これも年のせいなのか?
 早くから目が覚めるし、近くは見えないし・・・
 ああ・・・・見た目だけは気をつけているけど
 体は正直だ・・・・
 老眼が進んでまじで老眼鏡がいるかもと
 悩んでいるまめっちママに励ましクリック
 よろしくお願いします
   ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
* Category : 英語と右脳教育
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by りゅうママ
理解のないかけ流しは意味がない・・っていうのは私もそうかなあと思ってます。

上の子中心にかけ流しをすると、下の子には意味ないんだろうな~とか。
その上の子が聞きたがるポケモンなんかも、実は難しすぎるんじゃないかな???とかたまに思ってます。

英語を特別なものと思わないぐらい・・本当にそんな風な教育システムが出来たらいいな~って思います。

りゅうママ様へ * by まめっちママ
二人子供がいると難しいですね。
上に合わせると下の子はついていけないし、
下の合わせると上には簡単すぎるで、困りますね。
やはり時間差で聞かせるものを変えた方がいい
かもしれないですね。
上の子が小学校に行っている間は、下中心で
帰ってきたら今度は上の子優先でとか・・・
その方がいいかも・・・
ポケモンとかは、それほどストーリーが複雑
というわけではないので、下でも絵を見て楽し
めるとは思いますが、覚えて使えるかどうかは
別ですよね。
それぞれにあったものをセレクトするのが
親の腕の見せ所かも・・・

個別記事の管理2010-04-21 (Wed)
 娘が生まれるまで、胎教はおろか何一つ具体的な子育てを考え
 ていなかった我が家は、英語をやるなんて万に一つもないと思っ
 ていた。そのことは過去記事でも何度か書いた通りで、早期教育
 には不熱心で、実は育児書は一冊も家になかった。
 だから生まれてきた時は、先入観も何もない真っ白な状態で、
 あるがままを受け入れて、とにかく毎日必死で育てにくい娘と
 格闘していた。

 でも不思議とストレスになることはなく、まめにビデオを撮影し
 本当にいっしょによく遊んだと思う。
 (そこしかほめるところがないとも言う・・・

 早期教育をしようと思っていなかったから、成果や出来具合に
 一喜一憂しなくて済んだというのも大きいと思う。

 今は0歳からすでにしっかりとしたビジョンで早期英語教育を
 されている方も多く、私のいきあたりばったりの子育てとは随分
 違うなと感心する。

 ただ昨今の虐待のニュースなどを見ていると、子育てで孤立し、
 思うように動いてくれない子供にいらだつ人がなんと多いこと
 か。子供とはそういうものなのだという大らかさがなくなって
 いるのではないかと思う。

 一部の特殊な人の話と言ってしまえばそれまでだが、今は何事に
 も答えを求める傾向が多く、こうすればこうなるはずなのに
 どうしてわが子はそうならないのか・・・例外や不意の出来事
 に対処できない人がものすごく増えた
気がする。

 虐待はしなくても、例えば一生懸命やっているのに、子供が
 落ち着きもなく真面目に取り組まないとか、思うような結果に
 ならないとか、そういうことがストレスになることは、ごく
 普通の家庭でも起こりうる。

 だから成長の速度が幼少期はものすごく差があるのに、比較して
 焦ったり、もっとやらねばといきすぎたりなど、親がブレーキを
 かけないといけないことがたくさんあるように思う。

 我が家は小学校受験をしなかったが、娘の自由奔放な性格は
 お受験向きではなかったので、行儀が多少悪くても、完璧に
 できなくてもアバウトに物事を進めても、すべて丸ごと受け入
 れてほめてくれるプリスクールは、選択としてはよかったの
 だと思う。

 自由だったからこそ、色々なことにチャレンジできたし、直接
 お受験に関係のあるような勉強を仕込まなくても、成果がすぐに
 現れないおけいこ事に熱心になっていられたのだと思う。

 正直、右脳教育などは本当にそれで成果があるのかどうかさえ
 わからないようなちょっと受け入れにくいこともやるので、
 興味のない人からすれば、そんなESPのようなことはあるはずが
 ないとか、フラッシュカードなんて早すぎて覚えるわけがない
 とか、危険な感じがしてどうも避けたいとか、そういう風に
 感じても仕方ないと思う。

 それでも、そんなことを気にせず大らかにやってこられたのは
 あまり育児本を読まなかったから、どこかの偉い人の説に惑わ
 されることなく、変に煽られたりすることもなく、また書いて
 あることを鵜呑みにして、やっちゃいけないんだと自分のして
 いることに自信がなくなったりもしなかったので、方向性が
 ふらつかず、結果的に娘の才能をある程度伸ばすことができた

 のだと思う。

 今振り返っても、娘の記憶が特殊な成長の仕方をしているのは
 この時期の多彩な働きかけのせいかなと思っている。

 娘はある特定の興味があることは、どんなに昔のことでも
 ものすごく詳細に記憶している。一度しか見ていないのに
 その記憶力は恐ろしいものがあり、ここはこういうセリフで
 こうなるのに、今見ているDVDはそのシーンがないとか・・・・
 
 全くその記憶の取り出し方は私にはわからない。
 そのくせ今やっている歴史の教科書は全く覚えないのだ。

 このアンバランスさに私はしばしば悩むことになるのだが・・・

 まあでもそんなことも些細なことに過ぎず、ここまで来たからに
 は、後はもうひと踏ん張りして来年笑顔で中学に入学できたら
 いいなと祈るだけだ。

 


 次は成功する人としない人は何が
 違うのかについての第二弾でも書こうかな
(だんだん啓発本のようになってきた・・・)
 大事なことなので、是非次も読んでみようと
 言う方はクリック応援してやってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
  
 
 

 
 
* Category : 英語と右脳教育
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-01-18 (Mon)
 最近滅多に梅田に行かなくなったので、紀伊國屋とも縁遠くなって
 いたのだが、久しぶりに行って見たら、洋書コーナーにORTのプロ
 ジェクトXの絵本がどっさり置いてあり、フェアーをやっていた。
 
 個人的にあまりこの絵は好きではないけれど、今まで本を読んでく
 れなかった男の子向けに興味のある題材、昆虫とか恐竜とか、そう
 いうものをふんだんに使って読みたいと思うような内容に仕上がっ
 ているようだ。

 中身もサンプルでちょっと見てきたが、私が見たのは、stage7ぐら
 いのもので、難しすぎず小学生の低学年ぐらいにちょうどよさそう
 な感じだった。

 ORT projectX


 ペーパーバックの洋書では早すぎる子供に、ORTはやっぱりすぐれ
 た教材だなと思った。
 うちではORTは読んでこなかったが、もしリタラシーリンクスを読
 んでいなければ、買っていたかもしれない。

 この日は、ヨドバシカメラにも行って、パソコンソフト売り場で
 かなり時間をつぶした。ここは何でもそろうので便利だけれど、
 人が多すぎて疲れる。それにわかってはいるが、店頭赤字価格か
 ら決して値段は下がらないし、値切り交渉は成立しないというのも
 関西人としては残念だ。
 (私だけかもしれないけど・・・・)

 ポイントがつくのだから、次に使えて結局同じなのだけれど
 今ほしいものが安くなるのが好きな関西人は、昔ながらの
 値切り交渉でより安くなる方が心情的にうれしい。

 近所の家電量販店では、ポイント制もあるが、ポイントのかわり
 に今安くしてほしいというお客さんのために、値引きする昔ながら
 の風景がいまだにある。

 私もエアコンと電子辞書はかなり値切り、それは限界やろという
 ところまで下がったことがあるので、やはりこの駆け引きの楽し
 みは、やめられない。
 (関西のおばちゃん化している)

 そういえば、少し前にテレビでおもしろいことを言っていた。
 関東では、袋に詰め放題が人気だけれど、関西ではその日の特価
 で目玉商品を置く方が人気だと。

 袋にジャガイモ詰め放題より、今日は豆腐が1丁10円の方が
 うれしい。これが関西人で、いつもよりどれだけ安く買えたか
 がポイントなのだ。

 たくさん買える袋詰めなら、小分けして上手に使えば得なのに
 関西人は余らせて腐ったりすると損だから、今使う物を安く
 買いたい・・・・そんな感じなのだと思う。

 こういう気質の違いが家電の買い方にも表れるのだろう。
 
 今はポイント制が主流で、私も基本的にはそっちのスタイルに
 慣れてはきたが、昔の日本橋電器街でよく値切っていた時が
 妙に懐かしい。




 紀伊國屋から脱線して関西のおばちゃんの
 話になってしまった・・・・
 いかんいかん、すっかり自分が関西の
 おばちゃんと化しているまめっちママに
 応援クリックよろしくお願いします。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング

 
* Category : 英語と右脳教育
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ごま
こんにちは。
あ~まめっちママさん、爪の垢送って、送って~(><)
煎じてのみたいです!
私は全然値切れないタイプなんです。
「どうせ言っても無駄だろう」って思っちゃうの。
でも違うんですよね~。うちの母が色んなところで10%とか15%してもらってるんですよ~。
ただ母のやり方見てると、売る側に「次につながる客だ」と思わせるみたいです。
何か買うと「テレビも買い替え時期なんですよ~。」とか「冷蔵庫もそろそろなんですよね。」なんて言ってます。
でもまめっちママさんはそういうこと言わなくても割り引いてもらえちゃうんですよね?
すごいぃぃぃ~。
爪の垢送って下さい。

それにしても住んでる地域で買い物の好みが違うって面白いですね^^

ごま様へ * by まめっちママ
ごまさんは値切れないタイプなんですね。
うちの娘もそう。気が弱くて、もし店員さんから
声かけられて色々すすめられたら、断れずに
買ってしまうとか言うんですよ。だから値切るなんて
絶対にできないそうです。
洋服なんか試着してしまったら、絶対娘は考えてみます
とは言えず、たとえ似あってなくても、それくださいとなるから、
自分でも目を合わさない、必要のないウインドウショッピングは
しないと決めてるみたいです。
その辺はしっかりしてるんだけど、捕まったら終わりみたいな(爆)

個別記事の管理2009-11-15 (Sun)
 フォトグラフィックメモリー・・・・この言葉を意識し始めたのは、最近
 になってからだ。それまで瞬間記憶というものについて、実際幼児
 教室などで見たことはあるものの、写真のように全体を脳に刻む
 などという感覚は、簡単にわかるものでもないし、いくら子供は皆
 天才だからといっても、すべての子供がそういうことをできる訳では 
 ないことを身をもって体験していたので、我が家とは直接関係ない
 ことで、娘は娘なりの他に伸ばすことがあるのだと思っていた。

 でも、いわゆるパフォーマンス的なテレビうけしそうな瞬間記憶
 とは違うが、意識の切り替えでそれとよく似た能力を発揮する
 ことがあるのだということが少しずつわかってきた。

 もしかしてこれが幼児期からやってきたことが後に現れてくると
 いうことの証明なのかもしれないが、それは私は専門家ではない
 ので、わからない。

 当時(4歳頃)娘には訓練しても、できなかったことが幾つかあった。
 ドッツによる瞬間計算、たくさんの絵や物の位置などを短い時間
 に記憶する技、波動速読・・・・これらの一見超能力っぽいことに
 思えるものはほとんど習得できなかった。

 でも、それは娘が気持ちを切り替えることができず、最初から
 やりたいと思わないで取り組んでいたからで、意識を自分で閉ざし
 ている限り、簡単なこともできはしない
のだということもわかって
 きた。

 娘は絵が結構上手いのだが、うちは絵画教室に通わせたことは
 なく、いつも好きなものを何度も眺めて模写していただけだった。

 創造力とは、無から生まれるものではなく、どこかで見たこと、
 体験したこと、それらの蓄積が頭の中で別のものとして作り
 出されてオリジナル化されていくものだと思っている。

 娘はそれが何よりも得意だったということで、好きなものを細部
 まで観察しているから、いつでもどこでもそれを再現できるほど
 記憶に定着させることができるようになった。

 つまり娘のフォトグラフィックメモリーは、一度しか見ないものを
 その場で再現する能力ではなく、好きなものに限って、普通なら
 見落とすほど小さいことや、注意書きに至るまで記憶に刻まれて、
 あたかも今それを見ながら描いているかのように再現してしまう
 能力
と言える。 

 そのことに気付いてから、彼女の描くギャグ漫画もイラストも
 英語の覚え方もすべてこの記憶法から来ているのだと理解でき
 るようになった。

 だから簡単なことでも、本人が興味をまるで示さないことは、どん
 なに頑張っても覚えたりはしない。それはそれで困るので、いや
 でもやってもらわないといけない暗記は、相当な苦痛でやっている
 のだが、受験社会の細かすぎることがなかなか覚えられず、社会
 だけが他の科目と比べて、どうしても低めにならざるを得なく、これ
 も中学受験をする娘と私を悩ませる原因になっている。

 歴史などはストーリー性があるので、興味さえ示せばどんどん覚え
 てくれるはずなのだが、どうも今のところ興味がそっちに向かず、
 得意の記憶法も効果がない。
 
 なんとか足をひっぱらない程度に覚えてもらって、得意の算数で
 カバーするという状態で頑張っている。

 こんな強制的な記憶をやらせたい訳ではないし、今まで伸びてき
 たものは、すべて強制とはほど遠い自主的かつ独創的な方法
 ばかりで、親が必死でやろうとしたものより自然体で一番いい方法
 を見つけたものほど伸びが著しい。

 だから英語も私の変な自信がない分、一番娘に合った方法を
 自然と見つけられたのかもしれない。

 親が英語を得意でなかったことで、先入観も偏見もなく、かえって
 自由に伸ばすことができたのではないかと思う。

 いかに子供にぴったりのことや方法をみつけてやれるか・・・・・
 親ができることは、それしかないのかもしれない。
 



 映画の最後に流れるスタッフ名や役者名の
 文字を真剣に見て、ゲーム攻略本の武器や
 アイテムのイラストの細部を眺めて楽しむ娘・・・・
 肝心の中身は?注目箇所が違うんですけど・・・・
 こんなどこかオタクな娘に応援クリックして
 やってください。
  ↓ ↓ ↓
 親子英語ブログランキング

 人気blogランキングへ

 ナレコム ブログランキング
* Category : 英語と右脳教育
* Comment : (7) * Trackback : (0) |

* by sa-chi21
わたしは、歴史はストーリーがあって楽しいと思うタイプの人ですー。
もうちょっとしたら歴史もん漫画なんかもよみはじめてそこからハマるかも~♪今は時間がないのと、歴史モンの漫画ってルビはうってあるものの、漢字難しいし精神年齢と内容があってくる中学校はいってから??でしょうか??

ところでまめっちゃんの絵のうまさの秘訣は
ひたすら複写だったんですね。

うちのKENがちょうどいま、コピー機遊び・・といって
図鑑をみては複写して、、
「はい~コピー機から絵がでてきました~」
といって遊んでいます。

ようやく年齢相応の絵がかけるようになって、
絵の才能というものはなさそうですが(汗)

フォトグラフィックメモリー!!
違うところにこの遊びが作用すればいいなーと
下心いっぱいでその様子を毎日眺めてます。

sa-chi21様へ * by まめっちママ
うちの娘の社会嫌いはどうにかならないかなと
思います。歴史漫画は一応そろってて読むのは
読むけれど、なんかこうぴんとこないというか・・・
聖徳太子だけは好きなんだけどね。(笑)

絵はね、真似することから始めるのが一番上達
します。最初からオリジナルにこだわっても
見たことないものは描けないんです。
なのでコピー機ごっこいいじゃないですか!
そこからそのうち自分流のものが生み出されてきて
個性も出てくると思うよ。
フォトグラフィックメモリーは、勉強にも英語にも
活かすことは可能なんだけど、さてどの方面に
それが作用するか・・そこが問題ですよね。(笑)

* by まこ
フォトグラフィックメモリーは誰でも持っているもの

ただし、それを意識して引き出せるかどうかが人によって違うのだと思われます。

特に娘さんについての青文字の部分、『記憶に刻まれて』はほぼすべての人が注意深く見ようが見まいが記憶、脳に刻まれるのだけれども、人によっては刻んだ場所を一時的に忘れたり、引き出しの鍵をなくしてしまっているという事が言えるのではないでしょうか?

診断?を受けたわけではないですが、私も一度通った道、見た景色は忘れないということがありFGMなのかもしてませんが、自分が好意を寄せたり、興味がある人に対してでもその人の顔が鮮明に思い出せなかったりします。ただ、髪を切っていたり、アクセサリーが変わってたり、顔つきが変わってたりするとすぐに気づきますが。

* by まこ
いや、専門外の話で私の経験的推察ですが^^;

まこ様へ * by まめっちママ
コメントありがとうございます。
引き出せるかどうかが鍵というのは、そうかも
しれないですね。うちの娘の場合は、そんな大した
ものじゃなく、勝手に娘が命名しただけのものなので
自分でもよくわかっていないし、単に興味があるもの
を注意深く見ていたから、覚えているだけで
いつでも何もかもを記憶できるような本物のメモリー
じゃないと思います。
ただ、絵を描く時には、よく覚えていて再現能力が
高いなあとは感じますが、私も専門じゃないので
実は全然わかってません。(笑)

* by まこ
幼い時に絵がうまい人というのは、
将来、何かしらの表現力があるため
絵以外のことでも上手くいきやすい人が
下手な人のより多いのですよ♪

ちなみに私は、自分の書きたいものを
理解してはいるのに、それを書くことが
できないお子ちゃまでした・・・
自分の『感情』を表現することが苦手ですw

まこ様へ * by まめっちママ
なるほど、大きくなって絵以外のことでも
上手くいく可能性が高いのですね。
なんかうれしくなりました。
娘も言葉で自分を表現するのは苦手なんですが
他のものでたぶん自分を表現してるんだろうなと
思います。