オークション情報!リアルタイムに更新中
>をクリックすると、他の出品が見られるよ!


子供の可能性を最大限に引き出そう


個別記事の管理2023-12-31 (Sun)
 10年以上続いている老舗ブログですが、初めての方にもこのブログ
 の趣旨をご理解いただいて、大切なお子様の進むべき指針に少し
 でもなればと思います。

 このブログには娘の歩んできた英語教育のほぼすべてが書かれて
 います。生まれる前は、ただ元気でのびのびと育ってくれることだけ
 を考えていたので、胎教などもしていませんし、まして早期教育など
 考えてもいませんでした。

 ところが、友達作りのためにふらりと立ち寄った幼児英語教室の楽し
 そうな雰囲気に惹かれ、勢いで入会したことから想定外な方向へと
 進んでしまい、その何ヶ月後、運命のDWEシステムに出会い、いつ
 しか娘は英語を自由にあやつる子に育っていました。

 英語力を知るために、英会話教室の勧めもあって、英検は小学生
 から受け始めました。順当に合格していき、2年生になった第一回
 目の英検で2級にまぐれ合格してしまったのです。

 ただ、この時の合格は中身もよく理解していないのにリスニング点で
 合格したようなもので、本当の意味での合格とは言えないとずっと
 感じていました。そもそも高校生が受けるような内容を2年生の子供
 が合格してしまうようなシステムがおかしいのであって、決してうちの
 子供が特別だなんて思えるような出来事ではありませんでした。

 そこがずっとひっかかっていて、英検はそこでストップしました。
 その後は中学受験の方へシフトしていき、英語より他の科目を勉強
 することの方が圧倒的に多くなり、娘の進みたい道も英語ではなく
 情報関係へと大きく転換しました。

 そういう娘ですが、好きな洋楽や映画、アニメなどを英語で見聞き
 だけは続けていたおかげで、高校になってすぐに英検はとりあえず
 準1だけは合格しました。
 
 本人がそれ以上を望まなかったのと大学受験が大変でそれどころ
 ではなかったのもあって、1級はまだ取得していません。ただ、大学
 での授業がより実践的になり、使う機会が増えてきたので、もしかし
 たら次に進むかもしれませんが、それも娘次第です。
 現状はTOEFLが主流なので、そちらの点数を伸ばすことになりそう
 な気もします。どちらにしても英語はずっとかかわってくるので、幼児
 にやりすぎなくても十分大丈夫なんだということだけは確かです。

 我が家では誰も英語は話しません。
 親が英語を話さなくてもちゃんと子供は英語を習得できます。
 国語が得意な理系の娘という変わった状況ではあるのですが、国語
 ができたおかげで文系学部にも対応できるというのは大きかったです。
 
 家庭内で英語を話す必要はありません。
 これだけは確信を持って言えます。
 無理に親が英語を話す不自然さより日本語できちんと教育する方
 が何倍も有意義です。
 このカテゴリーでこれを声高に言うのはなかなかの勇気がいります 
 が、そういう趣旨のブログがあってもいいじゃないかという思いで、
 この姿勢だけは変わらず貫いています。

 それぞれの家庭でやり方は様々です。
 親が英語に堪能な家庭なら一人一言語教育は苦労が少なくて英語
 習得も早いのは事実です。しかし、それはその家庭の環境だからこ
 そなのであって、みんなが真似して同じになるということではないの
 です。

 自分の家ではどうあるべきなのかをよく考えて、より適切な選択が
 できるようにこのブログを送りたいと思います。

 新着記事はこの二つ下から始まります。


 

 いつまでも老舗が居座るのも
 どうかと思って引退するつもりでしたが
 意外にも再開を待ち望んで下さっている方が
 多かったので、再び舞い戻ってきました
 そんなブログですが応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村



関連記事
* Category : 初めての方へ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2023-12-20 (Wed)
 始めてこのブログを読まれる方に、これだけは読んでおいて欲しい
 ベスト記事特集。以前に選んだ物は今回は除いていて、最近の記事
 の中から選んでみました。

 8年間に書きためた膨大な記事の中から、管理人が独断で選んだもの
 で、読者のみなさんも、もう一度あの時の記事が読みたいというのが
 ありましたら、ご一報ください。
 (随時変更あり)

 それではどうぞ。

 教育ここが知りたい第十四回〜お金をかけていないというけれど〜

 最近娘が言った英語教育への見解

 かけ流し 聞くだけ英語の本当のやり方

 びっくり仰天の小学校英語!こんな英語いらない編

 まだまだ多くのお勧め記事が埋もれているので、時々新しく入れ替え
 て行く予定。新着記事はこの記事の下からどうぞ。



 過去記事で読んでいなかったものを再発見して
 納得と思われましたら、応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 ブログ村 子供の教育


関連記事
* Category : 初めての方へ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-07-03 (Mon)
 せっかく再開したんですが、諸事情により更新があまりできなくて
 申し訳ありません。
 娘は日々成長して一人で色々できるようになりました。
 
 英語のプレゼンにも慣れてきたし、それなりに頑張っているので、
 もう何も言うことはないなという感じですね。

 日常生活の部分ではまだまだダメダメなところがありますが、英語に
 関しては、ほぼ自分のスタイルを確立していて、親の英語力なんて
 何一つ関係なかったなと確信しました。

 私の世代では、英語のリスニングはなかったので、何度聞いてもそう
 は聞こえない単語があるのですが、娘にはそういうことがほとんどな
 く、耳の回路はネイティブと言ってもいいと思います。

 それができただけでも幼少期の英語は無駄ではなかったということ
 で、英語は娘の自信を保ってくれる宝物のような存在になっています。

 こういうものを一つでも見つけられたことに深く感謝して、娘の更なる
 成長を親としては願うのみです。

 また大きな進化があったり、何か特筆しておきたいことがある時は
 更新すると思います。
 


 過去記事が膨大なので、
 お暇があれば、読んでいただけると光栄です
 それではしばしの休息です




 

 

 
 
 

 
関連記事
* Category : その他
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-06-16 (Fri)
 Part2とか書いてますが、環境アドバンテージの優位性を書きたい
 のではないのです。

 前回の記事で誤解をまねくことがあるかもしれないということが少々
 気になって、補足記事です。

 環境アドバンテージは確かに存在します。
 親が得意な分野なら子供にもそれをやらせたい、或いは何らかの
 指導ができるという、そのあたりで最初のアドバンテージがあるの
 は仕方無いことだと思います。

 英語に関していうなら、一番最たる物は現地で暮らすアドバンテージ
 がありますね。これは何よりも会話という観点からいうと、最強です。
 それがないと暮らせないわけですからw

 否応なしに英会話は上達します。
 もちろん一部日本人同士でかたまって、1年程度の留学ではあまり
 身に付かなかったという人もいますが・・・・

 でも、まあ日常で暮らす程度の英語ならどうにかなります。

 娘の大学にも帰国子女がたくさんいて、会話は確かに流暢です。
 口からすっと出て来る自然さは、現地で暮らしていたならではの
 アドバンテージと言えるでしょう。

 娘のように日本で育って外に出ていない子は、その部分に関しては
 確かに劣っていると思います。ただ、英語イコール会話ではないの
 で、実際に活躍されている方はそれ以外の部分で優秀なものを持
 っています。会話は正直一番簡単な分野です。
 そこは実践を積めばすぐに何とでもなります。

 だからこそ日本で英語で日常会話をする必要はないと言い切れる
 のです。大学で娘がやっている事を見れば、海外帰国子女だから
 有利とか、そういうことはあまりないですし、むしろ数学や国語力
 理科知識やパソコンスキルなど、他に必要なことの方が多いです。

 ある程度の英語耳と基礎部分ができていれば、十分日本にいて
 普通に暮らしているだけでも、海外滞在しなくてもなんとかなります。

 親子留学や夏休みだけの短期留学とかも魅力的なプログラムでは
 あるのでしょう。実際、何もすることがないとか、ぼ〜としているぐら
 いなら、お金に余裕がある家庭なら、短い期間でも英語環境の中に
 おいてやって、英語というものに対する壁を取り払ってやりたいとか、
 文化に触れさせたいとか、そういうことに使いたいというのも大いに
 ありだとは思うのです。

 ただ、娘に言わせると、
 「短期だけ行くメリットって何?
 なんか変わる?
 高校の同じクラスの子が短期留学(2週間)
 行ったけど、何も変化ないけど・・・」

 素っ気ないことこの上なく、やはりやるなら中途半端よりはしっかり
 身に付くぐらいの期間は行くべきなのでしょう。
 それも子供の時ではなく、中学以降にです。
 
 何もしないより働きかけるという意味では、短期留学もそれなりの
 刺激にはなりますし、全くの無意味とは私は思いませんが、娘は
 興味なしのようで、この性格もあって、うちでは娘にまかせて英語に
 関しては親がああだこうだと手を出しすぎないようにしてきたのです。

 環境アドバンテージが一番影響したなと思うのは、数学ですね。
 両親がともに文系。娘だけが理系を目指していたので、その方面の
 才能というか、資質がやはりそこまで優秀ではなかったなと・・・

 まあ大学で建築をやりたいという娘の友達に数学Ⅲの範囲を教え
 てあげられる程度にはなりましたが・・・w
 そこはさすがに腐っても娘は一応理系なので、統計学などの授業
 などでも困りはしないみたいです。

 バリバリの理系数学おたく君にはかなわないけれど、文系数学程度
 なら十分対応できるので、数学の塾講師のアルバイトもできそうです。
 情報の授業もタイピングの速度がものすごく速いので、他の友達を
 手伝ってあげられるぐらいにはなっています。

 とりあえずそこそこ使えるレベルには他のものも到達しているので、
 バランスよく実践に使えるスキルを増やしながら、英語ももう少し伸
 ばすという感じで行くのがベストかなと思います。
 (娘の場合はですよ。あくまでも我が家限定の話)
 

 何度も言いますが、物事にはバランスが大切で、やりすぎ行きすぎ
 にはくれぐれも注意して、上手に舵取りして環境アドバンテージも活
 かせるものは利用しながら、適性と相談しつつ進んでいければいい
 なということです。

 


 なんとなくまとめてしまった感がある
 記事ですが、これはという正解がないのが
 子育てですしね・・・・と言い訳してみる
 まめっちママに愛の応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村


関連記事
* Category : 大学英語
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-06-14 (Wed)
 最近この問題に深く考えさせられることが多いです。
 幼児期から色々なものに触れさせ、ジャンルも様々なものをやって
 みましたが、どれに娘の適性が一番あったのかを考えると、結果だ
 け見ると英語でした。

 幼児期に一番頑張ったものが身に付いたといえば、そうなのかもし
 れません。でも、私はちょっと違った見方をしています。

 うちの場合、幼稚園の時期にはほぼ毎日英語を聞く環境ではあった
 けれど、小学校は地元の公立でしたし、中学受験の方に早くにシフト
 したため、英語は趣味程度にしかやっていません。

 親も普通に日本語で生活していました。
 (英語で生活できるような語学力がない・・・)

 ただ、幼稚園時代にできあがった耳を活かして、洋画とアニメや
 英語ドラマはずっと見ていました。たぶん5年生ぐらいまではそれを
 続けていたと思います。

 でも、中学受験はここからが激しくなってくるので、通塾が大変で、
 英語やっている暇なんか正直ないだろうということで、そこからは
 毎日が算数や理科の問題を解く日々で、どうにか英語をかけ流して
 耳にだけは聞こえる状態にしておく程度でしかなかったわけです。

 そして中学に入ってからは、いわゆる学校の英語という文法と読解
 中心になり、そこにネイティブ講師が週に一度は授業をするという
 感じで、英語を学問としてやる日々がスタートしました。

 でも、うちにはそれがよかったのです。
 娘は英語を感覚でとらえていて、正直文法を理解してやっていた
 わけではなく、どうしてそうなるのかを人に説明できない・・・まさに
 私達がどうして日本語でそう言うのかを理屈で説明できないのと同
 じ状態だったため、そのわかっていない部分を学校で補えるという
 のが、逆にとてもためになったのです。

 世間では逆行していて、とかく英会話中心にしてしまって、なんちゃ 
 ってリスニング能力だけはつくような授業をやっていますが、それで
 は限界が来るのを全くわかっていません。

 基本の英語耳ができあがっていない子に英語のディスカッションを
 させるとか、わからないまま英語で授業を行うことが最先端かのよう
 に取り入れてみたり・・・中途半端に流行のことをやってしまう学校が
 意外と多いのです。

 そういう意味では娘の学校はそれがなくて、むしろ受験に対応できる
 基礎学力重視の英語の授業をやってくれていたと思います。
 娘の英語がおかしくならなかったのは、中学からしっかり文法をやり
 直したからで、今は英作がとても得意になり、理路整然と文章を組み
 立てることもできるようになったので、大学の英語の授業にとても役
 だっているのは間違いないです。

 娘は幼児期に生活英語の基礎を身につけ、その後学問として英語
 を学び直し、現在はそれの発展系である仕事に使えるような英語力
 あるいは、プレゼンや討論に耐えうる英語力を磨く段階に入っている
 と言えます。

 うちにとってはこれが理想的な形の英語の習得過程だと思えるので、
 今の大学に入って本当によかったと思います。
 本来は完全な理系に進む予定だっただけに、そこはちょっと進路が
 違ってしまったのですが、蓋を開けてみたら、両方の親の資質をその
 まま受け継いだような感じで、国語力は私から、英語も旦那の本職で
 二人の影響を結局強く受けて、能力の方向は多少違うけれど、その
 分野が伸びたことは事実です。

 音楽家の家はやはり両親もそうであったりすることが圧倒的に多い
 です。全くの素人の家庭で違う分野の一流が排出される確立は非常
 に低い気がします。環境的に触れる機会が多い、あるいはその道に
 精通しているので、何をやればいいのかがわかっている・・・そういっ
 った環境アドバンテージみたいなものが深く影響してくる・・・

 最近そのことをものすごく感じるようになりました。
 では、何ももたない家庭では無理なのかということになりますが、
 実はこれも持論ですが、勉強(いわゆる受験)に関してはほぼ平等
 なのです。これが一番能力に影響されない、そしてお金や環境にも
 そこまで大きく左右されない分野なのだと・・・・

 話がそれましたが、娘は学校でやっていた授業を真面目に聞いて、
 学問として興味を持てたことに関しては素直に伸びたと言えます。
 現代文が得意なのは、評論で理路整然とした内容が読みやすいか
 らで、古文のような情緒的なものや、曖昧な内容は娘にはあまり
 向いていなかったようです。

 こうしてみていると、やはり本人をよく観察して、どの分野に一番
 向いているかを見極めてその方向を伸ばせるか・・・これが一番の
 気がします。

 小さい時に親にやらされていやで仕方なかったと、よくテレビなどで
 特定の分野で一流になった方達が語っているのを聞きますが、それ
 でもやはりその分野だからこそ伸びたのだと思うのです。

 環境アドバンテージがあって、本人はいやであっても、それが結果的
 に一番合っている・・・そういうことは非常に多いです。
 うちも娘は英語より他のことをしたいという希望が強く、正直英語は
 あまり中学から力を入れていなかった分野です。

 それでもそれが一番伸びているので、努力の方向を無理に合わ
 ない方へ持って行くことは避ける方がいいのかなという気持ちに
 なっています。

 だから幼児教育も親が単にこれから役立つだろうからという理由だけ
 で自分の家庭にあっていない方法で努力の方向を間違えていること
 に気づかないとしたら、子供の本来伸びるはずだったものが伸びなく
 なってしまうことも十分あり得るなと思うのです。

 今、娘は英語でプレゼンしたりパワーポイントでスライド作成したり、
 プログラミングをやったりと、ほぼ自分が得意な分野の勉強を中心
 に大学で学んでいます。

 高校までは、好き嫌い関係なく万遍なく学ぶことが要求され、それ
 の最たるものがセンター試験だったわけです。
 それがなくなって、得意分野の勉強に専念できるようになったのは、
 大きいです。

 今も英語のプレゼンの原稿を考えています。
 それができれば、パワーポイントで図表作成して発表できるように
 形を整えていくわけです。時間がかかる課題にてこずりながらも、
 いい加減だった娘が意外にも真剣に何時間も集中して頑張る姿を
 見ていると、この分野に娘は進むべくして進んだのでしょう。

 真剣になれる物が見つかって、それのためなら努力ができるという
 のが一番だということで、今後の更なる進化を見届けたいと思います。



 
 眠い・・・・・
 ふと気づくと同じ文字が並んでいる・・・・
 最近不眠症で夜眠れないかわりに
 昼間ものすごく眠くなる・・・・・
 このこうもりみたいな生活をなんとかしたい
 まめっちママに愛の応援よろしくお願いします
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村


 
関連記事
* Category : 大学英語
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-06-07 (Wed)
 大学に入学して英語にふれる機会が今までより増えた娘。
 受験用の英語から発信型へと転換しているので、調べ物も多く、
 文献を読んだり、自分で英作したりと大忙しのようです。

 グループ討論もしょっちゅう行っているので、まさに実践で練習して
 いるというところでしょうか。

 あとからどんどんわかってきたのですが、帰国子女の比率がもの
 すごく高く、娘のような日本育ちの子がこのクラスにいること自体
 かなり希なケースだったみたいです。

 TOEFLの点数で分けられたクラスですが、10年近く海外で暮らし
 ていた生徒が最上位クラスに必ずしもいるわけではないところを
 見ると、単なる会話のうまさだけでは高い英語力が獲得できるとい
 うことではないのでしょう。

 海外生活が長かった生徒をさしおいて、上に飛び級してしまった娘
 自身は、自分よりもっとペラペラの子がいるのだから、そういう子が
 今のクラスに上がればいいじゃないと言うのですが、文章を読み解
 きまとめたりする能力や国語的読解力が必要なことも多く、総合的
 な能力がないと、ついていくのが大変という大学側の判断で、クラス
 変更はあまり認められていないのです。

 ならばせっかく与えられたチャンスを活かし、自分の英語力を伸ばす
 方向で前向きに考えたらとしか、親としてはアドバイスもできません。

 プレゼンでパワーポイントなどを使うこともできて当たり前の前提で
 授業は進みますし、大学は決して楽なところではないのです。

 私の時代とはかなり変わってきたのかなと・・・・
 娘は厳し目の中高一貫出身なので、これぐらいのハードさは慣れて
 いますが、地方から来た生徒の中には朝まで課題が終わらなかっ
 たとか、寝てないとか・・・真面目にやると相当大変な作業があって
 海外の大学並に今は入ってからも勉強させる傾向になっているのだ
 なと、ちょっと認識を新たにしました。

 もちろん中には楽そうな生徒もいるし、単位を取りやすい先生という
 のもまだまだ存在するのですが、娘はこれでも意外と真面目なので
 普段ちゃらんぽらんで、片付けはできないし、ルーズの極みみたい
 な子なのに、こと課題になると恐ろしく真剣に凝ったものを作ってい
 るのです。

 渾身の作だからと、私に見せてきたプレゼンの原稿は、国語講師の
 私が見ても理路整然としていて、本当に娘が書いたのかと疑って
 しまうほどのできだったので、現代文が得意だったのも、今思えば
 納得できます。

 正直受験勉強にはほとんどノータッチで、娘のやっている理系数学
 などはこっちが全くわからないので、ほぼお任せ放置状態でしたが
 国語の勉強などに時間をさく暇もなかったはずなのに、文系もびっ
 くりな文章力がいつのまにか出来上がっていたのです。

 特に本好きでもないし、勉強のほとんどを数学か理科にかけていた
 はずなんですが・・・・・

 こういうのを見ると、努力の方向性や適性を見極めることの重要生
 をひしひし感じてしまいます。

 この話はまた次回にしますが、娘の成長の過程をずっと見てきて、
 能力とは何なのかと最近深く考えさせられることが多いです。

 ということで、次回の記事(これがいつ出るかわからないw)を今
 しばらくお待ちください。



 復帰してもなかなか更新できない
 まめっちママを気長に応援よろしくお願いします
 (一日一回のポチだけ・・・厚かましく・・)
  ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村



関連記事
* Category : 大学英語
* Comment : (0) * Trackback : (0) |